August 08, 2005

あすか的ガンダム

こんにちは。

小学生のとき、消しゴムのカスを糊で固めて「ねりけし」を作っていた男、
滝沢あとり@文房具再生機構です(´∀`)リサイクル、ダヨ


タイブレ読者の読者のあなた、改めてこんにちは。
今日も暑いですね(A;´∀`)

先日、職場の後輩にあるDVDを勧められました。
ガンダムSEED」です。
実は、こんなことがありました。

その後輩と昔見ていたアニメについて
話していたときのことです。

その後輩は、僕が「北斗(あすか)の拳」とか
「ドラゴンボール」の名前は挙げるのに、
「ガンダム」の名前を挙げないのが不思議だったらしいんですね。

後輩 「滝沢さん、ガンダムは見たことがないんですか?(´・ω・`)」

あとり 「え?うーん。ほとんど見た覚えがないなぁ(;´∀`)」

後輩 「それじゃ、アニメファンとは言えないっすよ!!ヽ(`Д´)ノ」



言った覚えがねぇ(;´Д`)

 

僕はたじろぎました。
普段は物腰の柔らかい彼ですが、
そのときは怒り狂ったべジータに見えました(;´Д⊂ファイナルフラッシュは勘弁


そんなわけで、崇高なるガンダムの素晴らしさを延々と説かれた上に、
最新のガンダムは絵もキレイだからぜひ見て欲しいと、
半ば強制的にDVDを借りることになったのです。


まあ、せっかく貸してくれたので、
早速見てみることにしました。

映像スタート♪

キーン!
ドガガガガ!
ボカーン!
ぱずぅぅぅー!!(ぇ)


ぬぅ。なかなかおもしろいじゃないか・・・
幻聴なのか宮崎アニメを思わせるところが無きにしも非ず(; ̄ー ̄)


僕が近代アニメのすごさに称賛を贈っているところに、
あすかが帰ってきました。

あすか 「ただいま。なに見てるの?(´・ω・`)」

あとり 「おかえり。ガンダムだよ(´∀`)」

あすか 「おー。ガンダムか。わたしも見る(人´∀`)」


あすかがガンダムに興味を示すとは意外でしたが、
強制的にチャンネルを変えられないのはありがたいと思いました。

ところが、少しするとあすかがもじもじと
なにか言いたげに僕を見始めました。


あとり 「どうかした?(´∀`)」

あすか 「ねぇ?あとり?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンダムは、いつしゃべるの?(´・ω・`)」


たぶん、最終話まで

そんなシーンは

ありません(;´Д`)

 

おい、待て!
毎度のことながら、予想外のことをおっしゃりやがるなキミは!
なんのマンガと勘違いしてるんだ!?


あすか 「え!?ガンダムってしゃべらないの?なんで?Σ(゚Д゚;)」

あとり 「いや、なんでって言われても・・・(;´Д`)」

あすか 「えー。わたし、ガンダムってずっとしゃべると思ってた(´・ω・`;)」

あとり 「つーか、そもそもガンダムって自分の意志で
     動くわけじゃないからさ(;´∀`)」

あすか 「そうなの!?Σ(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ナウシカの巨神兵は自分で動くじゃん(´・ω・`)」

 

関連性がみえねぇ(;´Д`)



なぜ、そこで
巨神兵が出てくるんだ?
完全に別物の気がするんだが・・・


あすか 「なんだー。ガッカリだよ、ガンダムー(;´Д`)」

そんなことでガッカリされてもガンダムも困ります。


僕は必死であすかをなだめましたが、
あすかは、しゃべらないガンダムに用などないと言わんばかりに、
どこぞへと去っていってしまいました。

満ちていく空虚感・・・
僕が見ている映像は、そんなにつまらないものなのか・・・_| ̄|○|||



ガンダムをよく知らないタイブレ読者のあなた。
ガンダムはしゃべりません。
覚えておいてください。

あー。次は、しゃべるロボットもの借りなきゃ(;´Д`)


ガンダムがしゃべらなくて困ったことがあるあなた。
今日も、あなたのコメントと1クリックをお待ちしております(´∀`)
 
 
 
新ブログのリンク先↓
  

Posted by time_breaker at 13:52自前ネタ・ミドル級

August 06, 2005

滝沢的帰省

お久しぶりです。

新しい記事作成画面に戸惑いを隠せない男、
滝沢あとり@浦島ネット太郎です(´∀`)ウェブタマテバコ


1ヵ月以上もの間、更新をしていなかったにもかかわらず、
ちょこちょこと見に来てくださっていたあなた。
ほんとにありがとうございます。

中には、「『どうせ更新されてないんだろーなー』、と思いながら見に行ってます」
と何気にキツイことを言ってくださった方もいました。

しかも、直接口頭で。

あ、ありがたき幸せ(;´Д`)
Tさん、あなたの友情に感謝します。



さて!
そんなTさん始め、ちょこちょこと見に来てくださっていたあなたのために
久しぶりにエントリーを書いてみたいと思います。


実は、昨日、これまた久しぶりに実家に帰っておりました。
今日は、そのお話をば(´∀`)


深夜12時過ぎ。
僕は、久しぶりに実家の敷居をまたぎました。

あとり 「ただいまー!長男のお帰りだよー(´∀`)」

テーブルの上に「先に寝ます」という
母のメモが置いてありました_| ̄|○|||



どうやら時間が時間だけに家族の者たちは
先に寝てしまったようです。
仕方がないので、僕も寝ることにしました。


朝方、父と母の話し声で目を覚ます僕。
枕もとの携帯を見ると、時刻は6時を回ったくらいです。

相変わらず、早起きな夫婦だぜ(; ̄ー ̄)

目が覚めたものの、なんとなく布団の上でゴロゴロしていると、
父と母の話の内容がはっきり聞こえてきました。


ぱぱん 「おいおい。あいつが来るんだったら、来るって言ってくれよ。
      起きたら居間に人が寝てるから、驚いてビクッ!って
      なっちまったYO(;´Д`)」←微妙にカワイイぱぱん

ままん 「いや、わたしも昨日、寝る直前に聞いたんだって。
     なんか、朝希(あとり妹)の携帯に電話がかかってきたとか(´・ω・`)」

ぱぱん 「ふーん。それなら仕方ないか。
      それにしても、あいつの顔見るの久しぶりだな(´∀`)」


心なしか、父の声がうれしそうです。

くくくっ。そんなに僕と会えるのがうれしいのか。
愛いヤツよ( ̄ー ̄)

そんなことを考えつつ、話の続きに耳を傾ける僕。

ままん 「そういえば、あの子、ご飯食べてくのかしら?(´・ω・`)」

ぱぱん 「飯食う時間くらいあるんじゃないか?(人´∀`)」

正直、寝る前はご飯を食べていくか迷っていましたが、
父の声があまりにうれしそうだったので、食べていこうと思いました。

決めたよ、ぱぱん!僕は、あんたと飯食ってくぜ(`・ω・´)b


ままん 「そうよね。じゃあ、あの子の分も準備しとかなきゃ(´・ω・`)」

ぱぱん 「おう。すぐ準備してやれ。そろそろ起きるんじゃないか?
      ヤマト(あとり弟)の奴(´∀`)」

ままん 「はっ!?あなた、あれはあとりよ?(´・ω・`)」

ぱぱん 「え?あとりだったの?なんだぁ(;´Д`)」



なんだって、なんだ!?

コンチクショー!!(;´Д⊂

 

待ってくれよ。おやじ殿。
そりゃ、確かにヤマトは遠方に住んでてなかなか会えないだろうけどさ。
そんなにガッカリすんなよ(;´∀`)

思わず、布団の上で苦笑してしまいましたよ。



その後、素知らぬ顔をしてご飯を頂き、
久しぶりに親子の会話を楽しみました。

父と母は、いつ会っても僕のことを心配してくれます。
ありがたいことです。

僕は、こんな歳になってもたまに親とケンカします(特に母)
それで、「もう許さねー!ヽ(`Д´)ノ」とか毎回思います。

でも、母は次に会ったときにも、必ず屈託のない笑顔を見せてくるので、
「もう許さねー!ヽ(`Д´)ノ」という思いは、毎回、「ごめんなさい(´・ω・`)」
という思いに変わります。

小学生並みの単純さです。はい。


あなたは、今年の夏は帰省されますか?
もし、されるなら、ご両親とたくさんお話してきてくださいね♪



私信

あすかさんへ

昨晩、内鍵が閉まってました。
おかげで強制的に帰省する機会に恵まれました。
ありがとうございます。
でも、毎回、帰省すると何かと思われるので、
内鍵を閉めるのは週3回くらいにしてもらえるとうれしいです。

                       あとりより


内鍵を閉められて困ったことがあるあなた。

 
 
 
新ブログのリンク先↓
  
Posted by time_breaker at 11:50Comments(10)TrackBack(0)自前ネタ・ミドル級

July 02, 2005

滝沢的もっと!ブログ会議2

■チャプター2 「みんな、集まる」
 
19:30すぎ。
会議が始まりました。
 
司会のさきっちょと原田さんが
テンポよく進行していきます。
 
さすがに慣れている感じです♪
 
 
僕らは、前から5列目か6列目に座ったんですが、
それより前にはゲストの方々が座っていらっしゃいました。
 
ちなみに、僕の目の前にはpaperboy&coのイエイリ社長
座っていらっしゃいました。
 
にもかかわらず、
 
 
あとり 「にたん、にたん!今日、イエイリ社長が来るんだって。
     俺、めちゃめちゃ楽しみだよ(人´∀`)」
 
 
最悪の告白です・・・_| ̄|○
 
 
 
滝沢あとり。完全に自爆しました(;´Д⊂
 
知らなかったとはいえ、目の前にいたのがご本人だったとは・・・
 
タイブレ読者のあなた。
無知ってのは恐ろしいですね(´∀`)
 
 
 
イエイリ社長以外にも、ウェブデパの実藤さん
パソナアイの長谷川さんなどすごい方々が
ゲストとしてご出席されてました。
その中には、はあちゅうの姿も。
 
 
会が進行し、ゲストのトークタイムになりました。
何人かのゲストが話し、次はいよいよはあちゅうの番です。
 
なにか応援のことばでもかけてあげたかったんですが、
席が遠すぎてちょっと難しい状況でした。
 
仕方がないので、想い込めて祈ることにします。
 
 
 
はあちゅう
 
かわいいよ
 
はあちゅう
 
 
 
すみませんすみません。
慶応ボーイさんすみません。
台詞パクってすみません。
一度言ってみたかったんです。すみません。
 
 
僕の祈りが通じたのか(たぶん、違う)、
キレのあるトークで会場を湧かすはあちゅう。
 
うーん。やりますなぁヽ(´ー`)ノ
 
 
 
ゲストのトーク、グループディスカッションと
次々とプログラムが進行し、いよいよお開きの時間です。
この後は、2次会です。
 
周りを見てみると、けっこうたくさんの人が2次会に参加する様子。
にたんと相談して、僕らも参加することにしました。
 
 
僕らは、会議の途中で声をかけてきてくださった
起業家の方と並んで座ることにしました。
 
 
すぐに話が盛り上がり、
 
いやー、出会いってステキだなぁ(´∀`)
 
と、そんなことを考えていたとき、1人の男性が
僕と起業家の方の間に入ってきました。
 
 
男性 「どーも」
 
あとり 「?(´・ω・`)」
 
起業家 「おう。実籐。」
 
 
実藤ですと!?Σ(゚Д゚;)
 
 
 
よくよくお顔を拝見してみると、その男性は
紛れもなくウェブデパの実藤さんでした。
 
 
おおぅ!ほんとに、あの実藤さんか!!
よし。またとない機会だ。
前から聞きたかったアレを聞いてみよう(`・ω・´)b
 
 
あとり 「実藤さん。1つ伺ってもいいですか?」
 
実藤さん 「いいですよ(´∀`)」
 
あとり 「はあちゅうと遊園地に行ったとき、ほんとに絶叫系に
     乗ったんですか?」
 
実藤 「ああ・・・ほんと、ですよ(;´ー`)」
 
 
 
 
 
目、目がウツロだ(;´Д`)
 
 
聞いてはいけないことを聞いてしまった・・・
なぜか、そんな気がしました・・・
 
 
 
宴もたけなわ。
2次会も終わりが近づいていました。
 
みなさん、名残惜しそうに帰宅の途につかれている様子。
 
時計を見ると、日付が変わるまでそう時間もありません。
楽しい時間は、あっという間にすぎるものです。
 
 
今日は、楽しかったな。
来てよかったよ、ほんと。
 
心の中で、そう呟く僕。
 
あーあぁ。
もう終わりかぁ。
 
なんていうか、アレだなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泊まるとこ、
 
予約してねぇや(;´Д⊂
 
 
 
会議の数日前からハイになりすぎて、
肝心なことを忘れていた僕・・・
 
ブログについて考えるより、自分の計画性について
考えるべきだったようです・・・_| ̄|○|||
 
チャプター3へつづく
 

 
 
ここまで読んでくださったあなた。
ありがとうございます(´∀`)
 
よろしくおねがいします♪
 
 
 
新ブログのリンク先↓
  
Posted by time_breaker at 12:29Comments(8)TrackBack(1)自前ネタ・ヘビー級

滝沢的もっと!ブログ会議

おはようございます。

 

せっかく東京に行ったのに、あすかにお土産を買うのを忘れた男、

滝沢あとり@冥途の土産は勘弁プリーズです(´∀`)ミヤゲバナシジャダメ?

 

 

 

タイブレ読者のあなた。

お久しぶりです。

 

一週間以上も更新せず、すみませんでした。

ちょっとバタバタとしてたもので。

 

またちょこちょこと更新していきますので、

今後ともよしなに(´∀`)

 

 

 

さて、去る6月29日。

行ってきましたよ!


 

今日は、当日、僕がどんな風に過ごしていたかを

書きたいと思います。

 

まあ、あなたも予想はしてるでしょうが、

笑いに溢れた一日でしたよヽ(´ー`)ノ

 

では、早速いってみましょう♪

 





 

 

■チャプター1 「にたん、現る」

 

17時13分。

もっと!ブログ会議が行われる会場の最寄の駅、

御茶ノ水駅に到着。

 

 

あとり 「おおぅ!人がいっぱいいるなぁ(;´∀`)」

 

さすがは東京。

周りは人だらけです。

 

 

人込みは特に苦手ではないんですが、

知らない街で1人きりという現実が

僕を寂しい気持ちにさせます・・・・・・

 

とりあえず、友達ヅラして知らない人と

並んで歩いてみました ≡(;´Д`)≡( ´∀`)←僕と知らない人

 

 

余計、寂しくなりました。

 

 

我ながら、愚かな行為でした。

でも、そんな自分が大好きです(謎)

 

 

 

そんなアホな行動をしていた僕ですが、

実は、待ち合わせをしている人物がいました。

 

そう。


 

 

風の噂で、もっと!ブログ会議に僕が参加すると知ったにたんは、

 

「みずくさいな。来るなら言ってくださいよ」

 

と、当日、一緒に行動しようと誘ってくれたんです。

 

 

この誘いをもらった日から、僕はにたんが住んでる方に

足を向けて寝なくなりました。

それまでは向けてました。

あい。すみません(´・ω・`)

 

 

 

早速、周りににたんの姿がないか探してみます。

・・・ふーむ。

まだ来てないようです。

 

時計を見ると、会議の時間までまだ2時間以上あります。

 

でも、なるべくなら会議が始まる前にたくさん話したい。

そう思った僕は、にたんに電話をしてみることにしました。

 

 

着歴からにたんの番号を選んで、電話をする僕。

 

 

トゥルルル♪トゥルルル♪

ガチャッ!

 

 

あとり 「あっ!にたん♪いま、どこら辺?(´∀`)」

 

「おかけになった電話番号は、現在、電波の届かない位置にあるか、

電源が入っていないためおつなぎできません。おかけになった・・・」

 

 

・・・・・・にい、たん?(;´Д`)

 

 

 

そうか。

これが東京ってヤツか・・・_| ̄|○|||

 

 

意味不明の絶望感に浸ってしまいましたが、

その後、なんとかにたんと連絡をとることに成功!

 

合流するなり、「すみません!」を連発するにたん

そんな清々しい男を許さないわけにはいきません(笑)

 

 

 

その後、2人で沖縄料理を食いつつ談笑。

にたんとの一時、めちゃくちゃ楽しかったです。

 

仮にブログ会議で、

 

「『すみません。手違いで滝沢さんの席をご用意できませんでした。』

と言われても、いまなら笑って許せるな」

 

そう思えるくらい。

 

 

19時すぎ。

そんな幸せな気分で、会場へと足を運ぶ僕でありました。

 

・・・チャプター2へ続く

 





 

 


ここまで読んでくださったあなた。

ありがとうございます(´∀`)

 


よろしくおねがいします♪

  
Posted by time_breaker at 10:08Comments(2)TrackBack(1)自前ネタ・ヘビー級

June 24, 2005

ちょっとお知らせ

おはようございます。
 
例によって、仕事のために明け方に帰宅してきた男、
滝沢あとり@色気のない朝帰りです(´∀`)マア、イインデスケドネ
 
 
 
さて、今日はいつものネタはお休みして、
あなたにちょっとお知らせしたいことが。
 
実はですね。
知り合いのはあちゅうがちょっと困ってるようでして。
 
あなたもご存知かもしれませんが、明日25日、
彼女は、ミズノンノさんたちとバスツアーをやります。
 
 
ところが、直前になってキャンセルする方が出たようなんです。
それも4名。
さらに、連絡が取れない方が8名。
 
すでにバスの座席もご飯も手配済みのようで、
相当困っているようなんですよ。
 
現在、追加募集という形で空席を埋めるための告知が
「はあちゅう主義」に出ています。
 
 
ぶしつけなお願いですが、もし、あなたが
ツアー内容を見て興味を持たれましたら、
参加をご検討して頂けませんか?
 
ツアーの全容を知っているわけではありませんが、
参加して損はないはずです!いや、ほんとに!
僕自身、土日休みの仕事だったら、
絶対に参加してるツアーなので。
 
もし、万が一つまらなかったら、僕に文句言ってくれてもいいです。
「代金立て替えろ」ってのは対応できないので、申し訳ないのですが。
 
 
でも、ほんと、楽しい時間を過ごせると思うので、
よろしければぜひご検討をお願い致します。
 
「ちょっとムリっぽい」というあなたも、
せめてはあちゅうに応援コメントを贈ってあげてください。
彼女、喜ぶと思うので。
 
よろしくお願いします。
 
 
 
新ブログのリンク先↓
  
Posted by time_breaker at 06:19Comments(12)TrackBack(11)自前ネタ・ライト級