(純正デッキ用、純正ワゴン用、デリバリーBOX装着車用、ショート用共に)
gyro-flame


○使用する工具○
1、プラス(+)ドライバー
2、6mmの六角レンチ
3、細めのマジックor鉛筆
4、5.5~6mmのドリル刃と電動ドリル
5、8mmのスパナorめがねレンチ
6、ボロ布やダンボール(取り付けの際に屋根や製品が傷つかないようにする為)



【STEP1】屋根を取り外します。
1、屋根と運転席後部の支柱を固定しているボルト2箇所を6mmの六角レンチを使ってはずします。
(初めてはずす場合はかなりきつく固定されている場合があるので、怪我などしないように十分に気をつけて下さい。)

2、スクリーンと屋根を固定しているネジ7箇所を運転席側からプラス(+)ドライバーを使ってはずします。
  これで屋根がはずれます。

P37-torituke-001


【STEP2】屋根と製品を付属のボルトを使って固定します。
1、傷つかないようにボロ布やダンボールをひいて、その上にはずした屋根を裏返しに置き、製品を仮合わせします。
P37-torituke-002

取り付けのイメージができたら、屋根に穴をあける作業にうつります。
(一度にすべての穴あけをすると位置がずれやすいので、下記の手順で行う事をおすすめします。)

2、製品を合わせた状態で向かって左奥の穴(①)をマジックでなぞり屋根に穴位置をマーキングします。
P37-torituke-003

3、一度製品を屋根からはずし、屋根にマーキングした部分に5.5~6mmのドリル刃で穴をあけます。

4、再度、製品を合わせ、付属のボルト&
ワッシャー&ナットを手締めで仮固定します。

5、次に、右奥の穴(②)も同じようにマーキング、穴あけ、固定します。

6、位置だしができたので残りの右手前(④)、左手前(③)、センター(⑤)の3箇所はこの状態(①、②固定)で、1箇所ずつ穴あけ&ボルト仮固定をして いきます。

7、全体の位置を確認したら、仮固定していたボルトナットを8mmのめがねレンチとプラス(+)ドライバーを使って固定します。
P37-torituke-004


【STEP3】U字フックの取付け

1、付属品のU字フックについているナットやワッシャーをすべてはずして下さい。

2、車両の支柱にU字フックを取り付けます。

P37-torituke-005

3、次にナットを取付け、ワッシャー1枚をいれます。

P37-torituke-006

この状態でSTEP4へ。


【STEP4】屋根の取付け

はずしていた屋根&オーバーヘッドパネルを車両に装着します。
1、屋根を元の位置に戻します。最初に支柱に屋根を差込み、前側の屋根とスクリーンを固定していたネジ7箇所を締めます。
DPP_0007-01


2、支柱の下記矢印部分(パネルに当たる面)に付属のスポンジモールを貼り付けます。
  スポンジモールは裏面のシール部を剥がし、支柱側に貼り付けます。
  (走行時、振動でカウルが共振してしまう場合がございますので共振防止の役割です。)
※(デリバリーBOX用、ショート用は必要ありません)

0058-01

3、次に屋根と支柱を固定していたボルト2箇所を締めます。
DPP_0007-02

4、STEP3で装着したU字フックにオーバーヘッドパネルをはめ込み、残りのワッシャー1枚+ナットでそれぞれ固定します。


P37-torituke-008
P37-torituke-009

以上で取付け完了です。お疲れ様でした。

P37-torituke-010

※ジャイロキャノピーは使用状況により車体誤差がかなりあるので、オーバーヘッドパネルがうまく装着できない場合は支柱を留めている金具の微調整(ボルトの締め直し等)を行うと改善される場合がございます。