明星大学 劇団時間ドロボウ活動Blog

明星大学文化会演劇部「劇団時間ドロボウ」です。日々の活動の他、メインとなる公演期間に各部員が投稿します。お見逃しなく!

2014年05月

じわじわり

暑くなってまいりましたね。


さて金曜の更新は照明です。

はい四月公演に引き続き今回も照明を勤めさせていただきます。


のってぃーです\( 'ω')/テテ-ン


今回は僕も照明として初の教室公演ということで…

また新しいことを学びつつ新入部員と協力プレーで今回の公演も頑張っていきたいと思います。



新しい部員を含め、部員全員で楽しく全力で今回の公演を作っていきたいですね( 'ω'=三='ω' )ブォンブォン


それではのってぃーでした!

潜水服を装備した大統領はFacebookの夢をみる

こんばんは!

お久しぶりです。
はじめましての人ははじめまして!
疾風迅雷の量平です( ´ ▽ ` )ノ

今回は演出助手という役職を与えられたので、精一杯頑張らせていただきます!

練習の状況もちょっと書こうと思います。
はい、まだ何とも言えないですが、新入生のみんなは頑張っていると思います。
初めてのことばかりなので、戸惑っているとも思います。
ですが、世の中結果が全てなので、甘いことも言ってられないね!


うん、練習も演劇も一緒で、最初の時期がとても肝心だね。
開始5分でお客さんが観てくれるかどうかが決まるそうです。
僕ももっと頑張らなきゃいけないぜ!

部員一同誠心誠意励んでいますので、是非お越しくださいm(_ _)m

そろそろ眠くなったので寝ます。
タイトルはいつも通りテキトウなので気にしないでね(^◇^)

それじゃ、おやすみ!

お金、とても、大事

日曜日は


演出です。

こんにちは。
今回の七月公演の脚本演出を務めさせていただいております、湯村桶一と申します。
「ゆむらとういち」と読みます。
お湯なので桶です。覚えやすい。

そうです。
4月に続き2度目です。
飽きたと言わずにお付き合いください。


さてさて。
我ら劇団時間ドロボウ面々は各役職もキャストも決まり、公演に向け動き出しております。

初々しい一年生達とともに和気藹々とした稽古場。

個性溢れる面々に「嗚呼、ここは演劇部」と思う毎日です。
もちろん褒め言葉です。

とはいえ、まだ立ち稽古もしていないので劇がどんなものになるかは演出の僕も分かりません。
スタッフ陣、キャスト陣の感性でもっていったいどんなものが出来上がるのか。

楽しみですね。





今回は前回の劇とはちょこっとテイストが違います。

時に明るく、
時に重く、
時に気持ち悪く、
時に奇妙。

上演中、お客様の心を何度も動かせるようなそんな劇に……











なる予定です。

まだ分かりません。
とりあえず頑張ります。


でも面白くしたいのです。
それだけは変わりません。
だから大丈夫、一緒に戦おう。


いや戦ってください、お願いします。やめて、見捨てないで、マジで、マジで。



うん。まぁ割りかし適当ですが、
スタッフさん、キャストさんに支えていただきながらのらりくらりと二度目の演出。
とりあえず楽しくやろう!

あ、僕次第か。うふ。


まだまだ先は分かりませんが皆様、お楽しみに。

是非是非ご来場ください。
後悔はさせません。


ではでは。
素敵な日曜日を。
演出、湯村桶一でした。

初めまして、こんばんは。

初めまして!新入部員、一年生の中島と申します。

今回の7月公演では、衣装を担当させていただきます。

 

衣装はキャストさんに似合う衣装を考えたりするのが主な役割です!

先輩方は2人共衣装を経験済みらしく、色々な事を教えてくれます。

私は始めたばかりなので分からないことばかりですが、とても楽しいです!

登場人物とキャストがどんな人物なのか、どんな服が似合うのかを考えたりしていますが、人によってイメージが大分違かったりするので、その違いについて話すのもとても楽しいです。

 

今度、予定では衣装の買い出しに行くらしいです。私はまだ行った事は無い為、とても楽しみにしております。

 

過去、演劇部に入った事がないため、新鮮な事ばかりでとても楽しいです。

まだ経験が浅く、入ったばっかりですが、色々な事を学んで行きたいと思います。

 

短い文章ですが読んでくれた方、ありがとうございました。新入部員、中島でした。

新入部員、はじめました。


お初にお目にかかります。

新入部員の、一年生。合津と申します。

今回の7月講演では照明を担当させていただくことになりました。

よろしくお願いします。


さて、演劇は総合芸術であるというのはウィキペディアにも載っている言葉ですが、確かにその通りだな、と実感しております。

キャストとスタッフが、文字通り汗を流し、
真摯にひとつの作品を作りあげていく。まだまだ学ぶことは多そうです。



なんて言ってますが、演劇に関わるのは初めてです。

先輩方が築き上げてきたこの劇団に加われたことに感謝しつつ

そよ風程度にはありたいと思う、今日この頃です。



文章がかたい?最初だから、これくらいでいいんです。

新入部員のゴウツでした。いじょ!




livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ