明星大学 劇団時間ドロボウ活動Blog

明星大学文化会演劇部「劇団時間ドロボウ」です。日々の活動の他、メインとなる公演期間に各部員が投稿します。お見逃しなく!

2014年09月

演劇にも何事にも通じること

どうも、舞台監督の小倉 達矢です。

お昼はどうも忙しなく、こんな時間です。
もうちょっと余裕を持って行動したいと思いました。
何事も最後まで余裕のある者が勝ちます。
これは別に名言とかではなく、当たり前のことです。
ただ気を抜くこととは違います。気をつけて余裕を持ってくださいね。
皆さんも余裕を持って、臨みましょう。

以上そんな気分でした。

あれれ…

おはようございます!

無職フリーターの栄です・・・嘘です!
11月の公演でキャスト兼広報を務めさせて頂く「栄」です!
前回公演では音響でした。


現在、公演準備が急ピッチで進められています。
広報では看板作りが終わりました!わーい


今日はこのくらいで失礼します!
来週の火曜日も何故だか僕が更新なのでまたその時まで!


ではでは!!

 

ヘッポコで魅力的なタイプ。好き。

皆さんどーも。お疲れ様です。ジローです。



涼しくなって来ましたね。
空気がカラッとしてきましたね。
土曜に書かなきゃ行けなかったそうですね。
すんげー遅れましたね。ごめんなさい。



まーネガティブはこんくらいにして水に流しましょう。はい流した。終わり。
来るべき星友祭に向けて僕たち美術はコツコツと大道具を作成しちょります。しかしそんな感じにまじめにやってれば大変な時もあります。ブログにウキウキで書けるような良いニュースもそうそう起こりません。大学生でも知ってる世の常ってやつです。
3年生の最後の舞台。公演に向けて一生懸命、あらゆることを頑張っても

練習場所が使えなかったり

部員同士の気持ちがすれ違ったり

どっかの3年が作業の腕なまってたり

どっかの3年が別の用で活動行かなかったり

どっかの3年が土曜のブログすっぽかしたり



も本当に申し訳ない限りですね。ここまでやって来て、未だにまだまだですね。ネガティブ戻りましたね。ネガティブーメランですね。悲しい。



それでも一緒に舞台作れるってのはこの上ない幸せです。当たり前にネガティブに悩んで、作業やってる今この時が僕は大好きです。噛みしめていられる機会があと何回しかないわけですね。



最後にここを去るときに、後味悪くしないためにも次回も頑張ろう、自分。
よし、何とかいい感じ。

オワリハジマリ

秋です!まだ少し暑いけど秋です!
少し肌寒く過ごしやすい夜が続きますね、作業が捗ります

どうもこんばんは。こんにちは。おハローございます。ケンヤです

秋というのは、どうにも忙しい季節でございます。
学校も後期が始まり、馴れぬ時間割りにおろおろしがちな後輩もいるやもしれませんな。
夏と共に終わり行くものもあります。アニメとかね
皆様はどのような「秋」をお過ごしですか?食べ物、食欲の秋、いいですねぇ。本格的にサンマが旬ですからもうマジでやばい。個人的お気に入りはポン酢で食うことです。
読書の秋もいいです。ちょっと知的に、池波正太郎さんなんか読んじゃったりして。仕掛人読み終わったら剣客商売でも読もうかな。

はてさて、部活の方は
ある程度は舞台に向けて

「順調」

…といったところである。

小道具の自分も、作業のパートナーの有り難みを噛み締めながら
日夜励んでおります、と。
キャストさん方は台本を外し、動きに専念し始めたと聞いております。

11月に向けて、みんながんばりまっしょい。

皆様、11月に是非、大学へお越しくださいませ。

劇団時間ドロボウなりの野田ワールドがどんな感じか、見に来てみてください

秋刀魚



秋刀魚です。

そう。
秋刀魚なんですよ。


漢字というのは元々輸入されたものらしいですから、そもそも日本語じゃないはずなんです。
それにも関わらず無理矢理漢字に仕立て上げられた連中がおりまして、中には「いやそれはちょっとやりすぎでしょ」というものもちらほら。


取り分け魚の漢字なんかはそれが多いように思います。
なんだよ河豚って。なんだよ海豚って。
仲間だと思うじゃん。お前ら全然関係ないじゃん。


日常を何となく過ごしているとこうした日本語のやっつけ感にすこしだけ生きる気力を奪われることもありますよね。
でもそんな中、この「秋刀魚」というやつはなんとも良く出来てるなと思うわけです。

だってすごくない?
鯖っていわれても、鮭って言われても正直、ピンとこないけど「秋刀魚」って一目みて秋刀魚って分かるもの。
秋の刀のような魚ってお前しかいないもの。
しかも美味しい。

すごいね、秋刀魚。




そんなわけでこんばんは。
今回キャストにしていただきましたbbと申します。

我らが劇団時間ドロボウの定期公演におきましては昨年の文化祭公演以来。
つまるところ1年ぶりのキャストです。

この1年の間にポチポチパソコンで台本を書いたり、グチグチ役者に文句をいったり、逆にキーキー文句を言われたり、ザーザー雨を降らしてみたりと色々やってみたので、その経験を生かして今回の舞台を素晴らしいものにしてやろうとワキワキしております。


稽古場の雰囲気もすこぶる良く、とても良い感じではないかと思う近頃です。
時折演出さんが発狂する以外は良い感じです。

それだけは超怖いです。
終始飛び交う「キャスト変更じゃ!」という怒号にビクビクしながらお芝居をしています。


良い感じです。
本当です。



まぁ冗談はさておきまして、
劇団時間ドロボウ第15回公演「パンドラの鐘」。

かの有名な野田秀樹さんが書いた戯曲になります。
定期公演におきましては3年前のシェイクスピア「夏の夜の夢」以来の既成台本です。


この「パンドラの鐘」99年の初演当時、出演した役者さんたちが口を揃えて「頭のいい人が考えることはよく分からない」と言ったそうです。

そんなバカなと笑いながら挑んだら、今まさに「よく分からない」。


よく分からない。
よく分からないけれど面白い。

恐らくこれが野田秀樹ワールドなのでしょう。

古代と現代。二つの時代を繋ぐ謎の発掘品「パンドラの鐘」。
野田秀樹さんが未来へ向けて発したこの作品を大学生の僕らがいったいどこまで表現出来るのか。


ちょっと見物だと思いませんか。









思いませんか、そうですか。

それでもいいです。
とりあえず観に来てください!

愚痴ならシェイクスピアホールで幾らでも聞かせていただきますのでとにかく、とにかく観に来てください!

必ず、必ず、良い物が観れると思います。




本当に良く出来た劇なんです。
凄いんですよ。どれくらい凄いかっていうと、ほら……秋刀魚くらい!!

無理矢理だなぁ!


以上、bbでした!、


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ