明星大学 劇団時間ドロボウ活動Blog

明星大学文化会演劇部「劇団時間ドロボウ」です。日々の活動の他、メインとなる公演期間に各部員が投稿します。お見逃しなく!

2015年03月

繰り返す季節と


眠いです。頭がうまく働きません。
春眠を貪りたいです。枕を抱きしめて、グースカ寝ていたいです。


学校へ続く、長い坂道の桜はポンポンと咲き始め
朝の目覚めは、ぬるい気温と共に訪れるようになりました。

去年の春は何をしていたのだろうか、と思い出してみます。


豚しゃぶをモグモグ食べていました。
上野公園をブラブラしていました。
これから始まる新生活にドキドキしていました。

これから自分はなにができるのだろうか、とウンウン悩んでいました。


一年が過ぎました。

僕は今、演劇をしています。


自分の嫌なところがポロポロと現れ出てきました。
理想と現実がかみ合わずイライラすることも多いです。
どちらかというと、ネガティブなことがドンドン出てきます。

それでも、楽しいです。
それだけで、頑張れます。



残り六日です。
まじめにふざけていきましょう。


本日の更新担当、ごうつでした。
 

ういういしい


学内でよくキョロキョロと周囲を見回している子をみかけるようになりました。
新入生でしょうか。
多分、ヤバい人ではないと思います。
ヤバい人にしては笑顔が爽やかで、初々しいです。

春です。
春なんです。

今度の公演は四月新入生歓迎公演です。
あの希望に満ち溢れた笑顔をお迎えするのです。
友達出来るかな、とか。
勉強はどんなレベルなんだろう、とか。
部活とバイト両立できるかな、とか。

そんな初々しくて、甘酸っぱい悩みを抱えた彼らに負けじと、私たちも劇場にこもります。
9時~21時の部活に花見の余裕はありません。
皆陰鬱な表情で台本を肴にポッキーを貪っています。
憂い憂いしいですね。
マジで。

でも、こんな奴らでも舞台に立つとイキイキしてきます。
さっきまでの青い顔も照明に照らされて、いくらかマシに見えます。
本番は舞台メイクもしているので、多分希望いっぱいです。

希望に満ち溢れた新入生を希望に満ち溢れた私たちが迎える。
そんな構図が見事に出来上がることでしょう。


まぁ、すこし話を盛りすぎにしても、頑張っているのは本当です。

僕らの活動を新入生の皆に知ってもらいたい。
そして出来るなら一緒にお芝居をしたい。
キャストもスタッフも皆で戦います。


残り七日間。
やれることをやっていこう。
GOGO劇団時間ドロボウ!

副部長のおゆでした。



リメンバー2012

本当に突然なんですが、皆さんにとって2012年はどんな年だったでしょうか
皆さん色々なことがあったと思いますが、僕にとっては特に思い入れのある年でした
ひたすら部屋に引き込もってやるモンハンはすごく楽しかったなあ……

こんばんは、平石です。「こんばんは」よりも「こんばんわ」の方がしっくりくるタイプです

本日ついに、ついに舞台設置が完了致しました!
設置の終わった舞台を見渡すとなんとも感慨深いものがありました
思えば、最初から小道具が置いてある舞台に関わるのってはじめてな気がします
個人的な意見ではありますが舞台上に物が置いてあると『ザ・舞台』って感じがしていいですね、なんだかわくわくしますね
わくわくしますね

春ですね~

4年生の卒業がいまだに信じられないです。。・゚・(ノД`)
ゆっこです。

進級卒業入学おめでとうございます!


さぁ!大学生のみなさん!この時期がやってきましたよ!

この時期になると、控室ではいつになく真剣に紙を見つめる部員たちに出会えます。

 

そうです。履修の時期ですね!

履修ちゃんとしましょうね!

 

さて今回私は初めて看板をつくっているんですが、いやーデザインが難しい。

毎公演、何かしら新しい挑戦があるので学ぶこともいっぱいなんです。

一歩一歩、成長していきたいですね。

 

看板、どうにか見せれるようにしようと思うので

皆さま生暖かい目で見守ってくれるとうれしいです。(*・ω・)ノ



成長を感じる。


みぞたです。

山梨からブログを更新しています。

こちらはまだまだ寒いです。

本番も近くなり、忙しくなってきました。
そんな中用事とはいえ、山梨にかえって申し訳ないです。

しかし、次の練習では、山梨に帰ったブランクを感じさせないように頑張りたいと思います!

後輩たちがどんどんと上手くなっていきますね。
後輩には口では色々と言ってはいますが、成長を喜ばしく思っています。
去年から成長してるんだなーと感じます。
僕も成長しないといけませんね。

もう本番まで日数はないですが、頑張りたいと思います。
是非見に来てね。

みぞたでした。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ