最近思うんですよ、大人ってなんなんだろうって。
僕は去年には成人して、本当に最低限の常識は弁えてるつもりです。
それでも、僕が昔思い描いてた大人には程遠く、いつまで経っても辿り着けないようなそんな感覚さえ覚えます。
僕は思うんです。"大人になる"とは、理想の大人を求め続けることなのではないかと。
大人はみんな誰もが大人にはなれず、大人っぽく振る舞っているだけなんじゃないかと。
きっとみんな、大人を演じる演劇部なんです。
仮にも僕も演劇部員なんで、クソッタレみたいな表現しかできませんが、せめて後輩くん後輩ちゃんの為の先輩になろうかなって思います。

はい、僕の人生語れたんで大満足です。




はいはいどーもどーも、演劇部のやべーやつこと、molです。疑っても無駄です。
最近はブログで滅茶苦茶やりすぎたせいか、制作さんからマークされてるような気がします。ごめんなさい制作さん。そろそろ真面目に書きます(真面目に書くとは言ってない)

そうそう、我が部にも新しく一年生が入って来まして、稽古も劇も初々しい雰囲気に満たされています。 
どうやら前回公演でのオモイのループは見事にバトンタッチされたようです。あ、これamorphousのやつだったわ。
去年のこの時期のタイトルは「今日も暑いですね」(意訳)だったので、それに掛けまして今回は「いつも通り過ごしていると熱中症になっちゃいますよ」(意訳)にしました。名誉熊本県民の皆様ならわかってくれたと思います。わからなかった人は鍛錬が足りてませんね。チャレンジ一年生からやり直してください。

僕は去年のこの時期の公演では、役者ではなく美術を担当していました。その為、入部してからホール以外での公演は初めてで、驚きと発見がいっぱいです。発見はいっぱいですが経験はからっきしなので、後輩ちゃんに会場についての質問されても答えられないという事案が発生致しました。先輩の面目丸潰れです。マッシュポテトです。許せませんね。許せません。復讐してやります。

まーあれから一年経ちまして、ついに先輩になったわけですが、入った頃の部長・副部長のようなカッコイイ先輩に僕はなれているのでしょうか。入りたての頃より落ち着いたとはいえ、今でも馬鹿やってるやべーやつであることは変わりないので、先輩とすら思われてないかもしれません。まあそれも身軽でいいかな…なんて。僕は僕なりにクールなパッション燃やしてポガティブ振りまいて生きる、それで尊敬される人間になれるのかどうかはよくわかりませんが、一番僕らしく歩いていく背中を見せられたらな、と思います。

いい話でしんみりしたところで、公演の詳細を書いて締めに致します。

【公演日時】
7/15(土)
開場16:00/開演16:30

7/16(日)
開場10:30/開演11:00
開場14:00/開演14:30

【会場】
明星大学(日野市)12号館3階

新入部員の初々しい雰囲気に乗っかり、今まで書いたブログを参考にして書いてみました。
あの頃の文は読み返すと吐き気がしますね。
狂気に満ちてるというかなんというか。
誰に向けてたのかよーわからんし。
自己顕示欲の塊なんでしょうね。

ウワー。

あっ、これ人のネタだった。