◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

    
 『RECRUIT Card Plus/リクルートカードプラス』
  
        
 いつでも何処でもポイント還元率2.0%
           リクルートカードプラスは実質還元率が3.0-5.0%! 
                 と言う驚愕の還元率!
 
No.1     

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 

リクルートカードは

ポイント還元率が最高に高い!No.1のカード。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は、だいたい平均で0.5%程度
高還元率のクレジットカードもポイント還元率は、だいたい1.0%が主流の中
年会費無料の「リクルートカード(JCB)
             ポイント還元率が1.2%
年会費2,100円の「リクルートカードプラス(JCB)」で
             ポイント
還元率が何と2.0%にもなります!


全国の宿・ホテルを予約出来る『じゃらんnet』
全国の美容院やビューティサロンを予約出来る『Hot Pepper Beauty』
居酒屋など飲食店をクーポン価格で予約出来る『ホットペッパー グルメ』
等を運営するリクルートが発行するクレジットカードです。



リクルートカードプラスなら、
どこで使っても2%の「Pontaポイント」が貯まる最強還元率クレジットカードなのですが
 「リクルートポイント」と「Pontaポイント」の相互交換はすでにはじまっていて
2015年冬からは「リクルートカードプラス」「リクルートカード」の支払いで、
「リクルートポイント」ではなく「Pontaポイント」が直接貯まるようになるのです。

これは大きいですね。

「Pontaポイント」に切り替わることで、「リクルートカードプラス」「リクルートカード」
のポイントの使い道は
利用可能な「Pontaポイント」加盟店は、約2万3400店(2015年1月)となっており
非常に使い勝手の良い幅広い共通ポイントとなっていて使いやすくなりますね。

 また、「リクルートポイント」から「Pontaポイント」に切り替わる時に
『Pontaポイント』が直接貯まるようになっても、ポイント還元率を下げる予定はないよう
なので安心ですね。


いつでもポイント2%還元と驚愕の還元率!

付帯保険海外旅行障害保険最高3000万円

公式サイト:リクルートカードプラス(JCB)

国内旅行傷害保険最高3000万円
国際ブランドショッピング保険最高200万円
年会費初年度2,000円+消費税紛失盗難保険
2年目以降2,000円+消費税ネットセーフティ補償
電子マネー対応QUICPay特典 いつでもポイント還元率2.0%と高還元
同時発行できるカード  リクルートグループなら更にポイントアップ

 ●海外国内旅行保険が自動付帯で最高3,000万円!
海外・国内旅行傷害保険が最高3,000万円が自動付帯
(カードで旅行代金を支払わなくても保険の対象になります)。
また、年間200万円のショッピング保険などが付いており
手厚い補償が受けられます。

年会費無料なのに
ポイント還元1.2%の高還元!

付帯保険海外旅行障害保険最高2000万円

公式サイト:リクルートカード(JCB)

国内旅行傷害保険最高1000万円
国際ブランドショッピング保険最高200万円
年会費初年度無料紛失盗難保険
2年目以降無料ネットセーフティ補償
電子マネー対応QUICPay特典 電子マネークイックペイ対応
同時発行できるカード  ポイント高還元+じゃらん等ポイントアップ

年会費無料なのに
ポイント還元1.2%の高還元!

付帯保険海外旅行障害保険最高2000万円

公式サイト:リクルートカード(VISA)

国内旅行傷害保険最高1000万円
国際ブランドショッピング保険最高200万円
年会費初年度無料紛失盗難保険
2年目以降無料ネットセーフティ補償
電子マネー対応特典 銀聯(ぎんれん)カード対応
同時発行できるカード  ポイント高還元+じゃらん等ポイントアップ
 ●海外国内旅行保険やショッピング保険など、補償内容も充実!
海外旅行保険が最高2000万円(利用付帯)
国内保険が最高1000万円(利用付帯)
ショッピング保険は年間200万円など
年会費無料のカードの中で充実した補償内容になっています。
 どっちがおすすめ?
   年間270,000円以上使う方であれば
   リクルートカードプラスの方がお得
になります。
   年間270,000円というのは、月に直すと22,500円の支出で到達する金額です。


◆リクルートカードで貯めたポイントを使える主なサービス
  • ボンパレモール オンライン通販サイト                  ポイント3%
    まずポンパレモールは簡単に言えば、楽天と同じようなサイトです。
    以下のようなものを扱っています。
    • ファッション
    • 靴・バッグ
    • インテリア・家具
    • 日用雑貨・文房具・キッチン用品
    • 食品・スイーツ・おとり寄せ
    • 水・ドリンク・お酒
    • 美容・コスメ・健康
    • 家電・カメラ・オーディオ
    • パソコン・スマホ・周辺機器
    • 本・音楽・DVD
    • ゲーム・おもちゃ・ホビー
    • スポーツ・アウトドア
    • 花・ガーデニング・DIY
    • ペット・ペット用品
    • キッズ・ベビー・マタニティ
    • 車・バイク・サービス

       ただ、最大規模の楽天と比べると、まだまだ品揃えが少ない状態です。

       タイミングがあえば以下の「じゃらん」や「HOT PEPPER」でポイントを使えばいいと思います。
       この2サイトで使う予定が無ければ、「ポンパレモール」でポイントを使います。

  • じゃらんnet    全国の宿・ホテル予約サイト           ポイント2%
  • Hot Pepper Beauty 全国の美容院やビューティサロン予約サイト   ポイント2%
  • ホットペッパー グルメ 全国の居酒屋や飲食店予約サイト     ポイント2%
  • ポンパレ お得なクーポンが入手できるサイト           ポイント2%
  • じゃらんゴルフ 全国のゴルフ場予約・検索サイト         ポイント1%
       

    これらのサービスを定期的に使う方は必見です!
    ホテルの予約をする際に
    じゃらんnet 公式HP
    を使うケースがあると思うので
    年に数回でもじゃらんnet 公式HP
    を使っているのであれば、お得になります。

   2015年の春『Ponta(ポンタ)』と、リクルートが運営しているポイントサービス『リクルートポイント』
   との統合されました。
   
   統合によって、リクルートポイントの1000万人を超える会員が合流するため
   Pontaは合計会員数が7000万人規模になる予定。 


   リクルートポイントとの統合で、街中の小売店や飲食店
   または小規模のサービス事業者の提携先が一気に増加する。
   おそらく、ポイントサービスにおける、リアルでの小規模事業者との提携は
   最も多くなると思われる。
   単に大手チェーンとの提携を取る、といったこととは違う戦略。
   実は、そうした街中の小規模事業者は
   「O2O」(「オー トゥ オー」オンラインとオフライン間の送客)
   ビジネスの主戦場と見られており
   このO2Oではライバルよりも一歩先を行くことになります。

  ■飛躍的に向上する『リクルートカード』の利便性

   一方、リクルートポイントは「統合される側」だが
   ユーザーにとっては、統合のメリットは非常に大きい。
   ポイントを貯められる『リクルートカード』の利便性が飛躍的に向上するからだ。

   もともと、リクルートカードのスペックは高く
   年会費無料でポイントの還元率は1.2%。
   そして、電子マネー『nanaco』のチャージに使うと
   利用金額の1.2%分のチャージポイントが付く。
   リクルートの運営する『ホットペッパーグルメ』や『ポンパレ』などで使うと
   上記のように、還元率はさらにアップする
   といった具合だ。
   (カードの種類には、年会費2000円でポイント還元率が2%という
   上位カードの『リクルートカードプラス』もあるが
   年会費がかかる分だけ、コストパフォーマンスは低下するとみる)。

   ただ、リクルートカードには、ウィークポイントがある。
   貯めたリクルートポイントが、ホットペッパーグルメやポンパレ他の
   リクルートの運営するサービスでしか使えない点なのですが。
   まあ、税金を始め公共料金の支払い元に十分利用価値がありますね。
   
   
   つまり、ポイントの利用先がかなり限定されているイメージなのです。
   しかし、このポイントの出口の狭さは、Pontaとの統合で解消されるでしょう!
   ローソンでも使えるようになるからです。
   そうなると、リクルートカードのユーザーがかなり増えるのではないでしょうか。

   実は、Pontaは、この統合以外にも、新しいサービスをいくつか提供し始めています。

   その中でも、最も注目すべきなのは
   2014.3月からスタートしている、お買い上げポイントずっと2倍! 。
         ローソンで、『JMBローソンPontaカードVisa』
         または『ローソンPontaカードVisa』でクレジット払いをすると
        100円(税抜)につきPonta が2ポイント貯まるのです。
   何とポイント還元率は2%。
   
   この2つのカードを使うと来店ポイントも1ポイント付いちゃうんです。
 

   Pontaの実力が向上すれば

   ポイントサービスの競争が激しくなり
   ユーザーの利便性のアップにつながっていきより良くなりそうですね。

 
  さらに
  「Pontaポイント」を利用すると「リクルートカードプラス」の
  還元率は8%以上になることもあります!

さらに、すごい魅力が!

◆ポイント還元率UPの裏ワザが・・・!


       リクルートカードでnanacoのチャージが可能! 


  「Pontaポイント」をおトクに使うには、ローソンの「お試し引換券」がおすすめ。
  ローソンでは毎日のように、少ないポイントで交換できる商品が用意されています。
  例えば、「メントス アソートバック」は200円+税のものが50ポイントで交換できる
  つまり、1ポイント=4円分なのです。

 

  レジで「Pontaポイント」を使う場合は1ポイント=1円としてしか使えないのですが
  「お試し引換券」を利用すると、1ポイントが4円以上になることもあるのです。
  つまり、「リクルートカードプラス」で支払うと100円で2ポイント=8円分貯まるため
  実質的が還元率は8%になることもあるのです。  


      ポイント還元率が高いクレジットカードと言えばリクルートカードですが
     上手に活用することでさらにオトクな生活に生かせます。
     その「キー」はイトーヨーカドーやセブンイレブンなどで使える
  電子マネーのnanacoです。

  これをチャージするのにクレジットカードを利用することで
  クレジットカード会社のポイントが貯まるのです。

  しかも、そのチャージポイントが貯まるクレジットカードは数社しかなく
  そのひとつが高還元率のリクルートカード(JCBブランドタイプ)なのです。

 

  Q)どうして一度電子マネーにチャージするのか?
  A)もちろんポイントが貯まるからです。
     <例えば>
      1,000円をnanacoにリクルートカードを使ってチャージします。
      その時、リクルートカードプラスのポイントであるポイント還元率2.0%
      リクルートカードならポイント還元率1.2%のポイントが発生するのです。

      つまり20円・12円相当分のリクルートポイントがこの時点で貯まります。

      さらに、nanacoカードでお買い物など支払いをすると
      nanacoポイントも100円に付き1ポイント貯まりますので
      ポイント還元率1.0%となります。

 

 なんと!これがすごい!!

  <例えば>
   リクルートカードプラス(JCB)でnanacoのチャージをしたあと

  QUOカードをnanacoで支払いで買えば

  クレジットでのチャージポイント還元率2.0%

  に上乗せでトリプルなお得!


   nanacoのチャージチャージポイント還元率2.0%
   ファミマでQUOカードを購入すると
   還元率を4.3%まで上げることができます


   レジで リクルートカードプラス(JCB)を使って電子マネーのnanacoに
   チャージして2.0%付与。
   次に、nanacoでQUOカードを買うと
   1.0%のポイントが与えられますが
   1万円分のQUOカードには180円分のプレミアム(1.8%還元)が上乗せされるので
   この方法で購入したQUOカードで
   セブンイレブン・ファミマ・ローソンなどコンビニでお買いものすれば

   2.0%+1.0%+1.8%=合計4.8%

   合計で、還元率4.8%
   まで還元率を上げることができます。
   (リクルートカード(JCB)では・・・4.0%

  その他、電子マネーのチャージでもポイント付与!
リクルートカードは様々な支払だけではなく

   ・ リクルートカードプラス(JCB)     nanaco、モバイルSuica
                          へのチャージでポイント付与。
                       
    電子マネーのチャージ(入金)でも100円につき2.0ポイント付与されます。
    電子マネーのチャージで2.0%もポイントが貯まる点は他にない特徴です。

        ・リクルートカード(JCB):nanaco、モバイルSuicaのチャージでポイント付与。

        ・リクルートカード(VISA):楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
                   へのチャージでポイント付与。
    電子マネーのチャージ(入金)でも100円につき1.2ポイント付与されます。

   お得なカードですよ!


    ちょっと手間をかければスーパー高ポイント還元率のカードに
    変身しますね!



  リクルートポイントを貯めれば
  多彩なリクルートが運営しているサイトでのポイント交換が可能
  旅行だってお買い物だって、サロンの代金やお食事の代金だって
  全てポイントで出来るのです。

  リクルートカードと電子マネーのnanacoを使って
  毎日得する生活を始めませんか?
  他人よりもちょっと賢い生活を
  すぐにスタートさせましょう。

    ポイントを貯めたい方に是非おすすめです。