2010年03月31日

最後の行進・・・な俺・・・。

この度、ブログを引っ越すことになりました。

長い間お世話になりました。

こんなふつつかな山本でしたが、今まで大事に育ててくれて本当にどうもありがとうございました。

私、幸せになります。

向こうに嫁いでも、ここでの思い出は一生忘れません。

感謝しています。

あーたくさん心配。

あー掛けてごめんねー。

一生懸命恋しました・・・サンキュ。




モーニング娘?

さ、さぁ、き、聞いたことねぇなぁ・・・。




ちなみに、引越し先ブログは、人気の「あそこ」です。


大人の事情で、具体的な名前は控えます。


何でかって、俺はもう節度のある大人だから。


大人には言いたくても言えないことがあるのよ。


どうしても知りたい方に、かなり分かりづらいけど、こっそりと・・・ほんのちょっとの、かなり少しだけのヒントを・・・


ドン!!


アメーバ















分かりにくかったよね・・・。


実は「ア○ー○」に引っ越します。


アリーナかな・・・?アラームかな・・・?アイーダかな・・・?アカーイかな・・・?ヒデカーズかな・・・?


答えはこちら

↓↓↓↓↓↓

「アリス美容室」



今までありがとうございました。

これからも前に行進し続けます。

よろしくお願いします。

ではみなさん、さよ、おなら・・・ぷぅ〜。  

Posted by timemachine3 at 23:59TrackBack(0)

2010年03月24日

大人の階段登った・・・な俺・・・。

え?

そりゃ、最初はためらったさ。

まだ俺には早過ぎるってね。

けど大人になるってのはきっとこういうことなんだと思うよ。

いいかい、大人になるのに早いも遅いもねぇ。

そいつは他の誰でもねぇ、自分で決めることなんだよ。

きっと周りの連中はそんな俺にこう言うだろう。

「おい山本、正気かい?こんなことして、お前さんどうかしちまったんじゃないか」ってね。

俺も少し前ならそっち側の人間だったさ。

けど男にはやらなきゃいけねぇ時があるのよ。

生きてれば誰だって超えなきゃなんねぇ壁ってのがあるのよ。

そんな時俺はこう思うんだ「高ければ高い壁の方が、登った時気持ちいいもんだ」ってね・・・。

え?

ミスターチルドレン?

知らねぇな・・・。

何だその4人組バンドみてぇな奴らは・・・。

とにかく俺はとんでもねぇことをやってのけたんだよ。

へっ、今でもあの時の興奮で、足が震えてらぁ。




・・・。

え?

一体俺が何をしたかって?

それはな・・・。



今日このsuicaに1万円もチャージしたんだよ!!



suica















しかも財布には1万300円しかないのにだ!!



どうだ!!

勇者だろ!!

破天荒だろ!!

命知らずだろ!!

ジャッカスだろ!!



ここだけの話、suicaに1万円を入れると、ペンギンがちょっとだけ太るんだ・・・。



嘘だよ。



お嬢ちゃん、聞いてるのかい?

なんだ、ひょっとしてあんたもこんな大胆な俺に惚れちまったのかい?

やめときな、恋なんてのはなぁ、言わばエゴとエゴのシーソーゲームなんだからよ。

え?

ミスターチルドレン?

知らねぇな・・・。

何だその桜井さんが歌ってそうなバンドは・・・。



おっとこんなこと話してたら腹が減ってきちまった。

今日は大人になった記念日だ。

奮発して、回らない寿司でも食べに行くとするか。

確か財布に1万円札が・・・。

あれ・・・300円しかない。  

Posted by timemachine3 at 02:26TrackBack(0)

2010年03月18日

15の夜・・・な俺・・・。

今日、全国の至る所でサクラが咲いた。

もっとも今回咲いたサクラは、合格発表の掲示板の前でのお話。

たくさんの15歳の喜びの笑顔が、本家の桜より少し早く、各地で咲き乱れた。



勿論自分にも15歳の時はあって、その時は類に漏れず受験競争に放り込まれ、家族に気を使わせ、皺のない脳に鞭を打ち、隣の答案をカンニン・・・いや、カヴァー・・・いやトリビュートして(時効)、挙句の果て自分の番号がない掲示板を眺めた事もあった。

その時は家族に当たり、勝手に人生の悲しみを背負い込んで、世の中で一番不幸な人間な気でいた。

それでも今こうして、バカみたいな30歳を楽しく過ごせている。



丁度今の半分だったあの頃、先の事とか周りの事なんかちっとも考えてなかった気がするなぁ。

ただ何となく周囲の友達が走ってるから自分も取り残されないように一緒になって走ってただけだった。

この年の頃はきっとみんな自転車に乗っているようなものなのかも。

ほら自転車って走り続けてないと倒れてしまうでしょ。

本当は後ろにスタンドが付いているのに、前ばかり見ているからその事に気が付かないでいる。

だから15歳って一番疲れる時だし、一番辛い時だし、一番悩む時だし・・・けど一番残る時なんじゃないかなぁって思う。

そんな15歳って・・・なんか・・・素敵やん・・・。




笑顔で家族とご馳走を囲んでいる人、涙を拭いながらそれでも次を見ている人、一足先に社会に飛び出す人、それぞれの15の夜を過ごしているだろう。




様々な人が様々な方向から向き合った高校受験、本当にお疲れ様でした。




頑張った後は、きっとこんな素敵なご褒美が待ってるよ。



卒業証書















さぁ、好きなだけ蓋を「カッポン、カッポン」していいんだよ。  

Posted by timemachine3 at 23:25TrackBack(0)

2010年03月17日

あっ!!・・・な俺・・・。

あっ!!


あっ  

Posted by timemachine3 at 02:30TrackBack(0)

2010年03月11日

ベッピンさんな女性・・・な俺・・・。

CD















お友達の植村花菜ちゃん。


彼女と初めて知り合ったのはもう三年くらい前。


ラジオのゲストに来てもらったのがきっかけで、その時に生でギターの弾き語りをしてくれたせいもあってか、沢山いるゲストの中でも特に印象深く心に残った。。


見た目はすごく綺麗で少しばかり臆してしまう程なのに、話すとまるで昔から知ってる男友達みたいに妙に心地良くて、な〜んだこの人はどこにでもいる気さくな人なんだ、なんて油断していると、一たびギターを持って歌う彼女の可憐で力強い姿にさっきまでにはない茫漠とした距離を感じて、歌い終わるとまた例の同級生に戻る。


二枚目と三枚目をどちらも併せ持った彼女は、もはや地上最強だ。


いや失礼、地上最強は範馬勇次郎である。




まぁ、とにかく素敵な人で、曲を聴いていくうちに彼女のライブにも足を運ぶようになり、逆に自分達のライブにも遊びに来てくれたり、そのライブで彼女の曲を使わせてもらったり、逆に彼女もライブで自分達の漫才をやって・・・は、いない・・・けど、いつかは無理矢理にでも・・・。




そんな今すごく注目されてるシンガーソングライターの彼女が、3月10日の今日CD「わたしのかけらたち」を出した。

これに収録されてるおばあちゃんとの思い出を歌った「トイレの神様」がすごく話題で、泣ける曲だって各メディアに沢山取り上げられていた。

本当に自分のように嬉しかったしけど、遠くに行ってしまう気がしてちょっとだけ淋しかった。




そんな彼女に昨日、初めて出会ったあの時のあのスタジオで久しぶりに会うことができた。

とってもとっても楽しくて、何だか三年前のあの時と全然変わらないあの頃のまんまだった。




そしてその時にまた彼女を歌声を聴いて、思った。




きっとこの人はこの先、みんなを紅白や武道館に連れて行ってくれるんだろうなぁ、って。




そんな花菜ちゃん、もうあなたは身も心も十分ベッピンさんだよ。  

Posted by timemachine3 at 03:12TrackBack(0)