今回は固定週のお話です。

 タイムシェアには長所と短所があります。
短所は、共有制リゾートであるがために
希望通りの予約が取れない事があること。

長所は豪華な広々とした部屋が経済的に
滞在できるシステムを手に入れることが出来ること。

この長所を更に生かしたのが
「タイムシェアの予約保障制度 = 固定週」
です。

固定週には2種類あり、イベント週と言われる、
「クリスマスとお正月週の固定週」と

それ以外の一般の時期に利用時期を指定して
購入する固定週があります。

画像1
 ( グランドワイキキアンPHからの眺めです )

クリスマス週は、タイムシェア業界では51週に
当たります。

お正月週は52週となります。

売却一覧の中で、52週と書かれたものは
お正月の1週間が予約保障されたものです。

(物件一覧です)
http://www.timeshareresale.kujiraclub.com/oahu.html#og

 但し、ヒルトンの場合には、自動的に予約される
日程が、土曜日チェックインで翌週の土曜日が
チェックアウトとなります。

ですので、その年によりチェックイン日が
若干異なります。

詳しくは、クラブカレンダーをご参照下さい。

( ↓ クラブカレンダー。 固定週の日程が見れます)
http://www.timeshareresale.kujiraclub.com/weekcalendar.html

タイムシェアのリセールの魅力は何といっても
価格的に安くなっていることです。

ほぼ同じ権利が、約半額ないし物件によっては
それ以上安くなっています。

日本円で1千万円する2BRのお正月週予約保証週が
約半分の500万円前後です。

リセールで節約できた予算分を、是非、今後の
ご家族旅行の航空券の予算に回して下さい。

我々タイムシェア業界の中でも
現在のリセール価格は安すぎるのでは!との見方がります。

固定週のように価値ある権利でも、値段が下がっているのが
現状で、現在はかなりお買得になっています。

中には、固定週を既にお持ちの方が、連続で固定週を
お持ちになるように追加購入される方もいらっしゃると思います。

画像1
(グランドワイキキアンのPHから見える金曜日の花火です)

ヒルトンのホクラニは、まだリセール物件での固定週は
ありませんが、(浮動週の物件はございます)
ラグーンタワー、カリアタワー、グランドワイキキアン

ハワイ島のベイクラブ、キングスランド、ワイコロアビーチリゾートなどは
かなり掘り出し物の固定週がございます。

( ↓ ハワイ島の売り出し物件です)
http://www.timeshareresale.kujiraclub.com/hawaii.html

ぜひ、この年末年始にお越しの方で、追加購入あるいは予約保証週を
ご検討されたい方はお気軽にお問合せ下さい。


アロハストリートのブログランキング クリック↓↓ありがとうございます!
アロハストリート ブログランキング