2005年08月

2005年08月31日

時報

49f9a453.jpg8月31日(水)
今日は、IP電話の時報を録音しました。
NTTの時報が私の声に変わったのは、1991年。
「あの時のは、オープン・リールに録音してあるので、今では聞く事も出来ないんですよ。」という担当者の言葉に、あの日から刻まれつづけ、過ぎて行った『時』というものを痛感しました。

「時」と言えば、人生にも「時」があることを感じませんか?
先日、生徒の彩ちゃんが、「スマステでオードリー・ヘップバーンをやってたので。」と、そのビデオを持って来てくれました。(私が、大のファンなのを知っているので)
 番組では、10分のビデオインサートで、命燃え尽きるまでユニセフ親善大使として働いたオードリー晩年の姿を見事に紹介していました。
その中での女優、レスリー・キャロンのことばが心に残りました。
「オードリーの人生は、二部に分かれている。第一部では、望みうる栄光を全て手に入れ、第二部では、手に入れたものを全て還元した。」

1993年、オードリー・ヘップバーンは63才で、その偉大な人生の幕を閉じました。
奇しくもその年、私は、イエス・キリストを信じ、新しい命を得ました。

私が語る「オードリー・ヘップバーン人生の旅路」をお聞き下さい。


timesignal_117 at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月27日

屋上へ行こう!

687933e3.jpg8月27日(土)
7月に、住んでいるマンションの新理事が決まり、私もそのひとりになりました。
今回は、奇しくも全員独身!ブランチしながら今後の相談をしようということで意気投合し、まずは、修理箇所についての話し合い。
そのとき、私が「屋上も点検しません?私、見た事ないし。」と提案。早速行ってみようということになりました。「でも、着替えて来た方がいいよ。」と、私のサンドレスを指して副理事長。?と思いつつ、Tシャツとパンツに着替えて最上階へ行ってみると、、、続きを読む

timesignal_117 at 03:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月26日

平家夢幻〜新・平家物語による九つのイメージ

b10513a4.jpg8月26日(金)
今日は、「平家夢幻〜新・平家物語による九つのイメージ」というCDの録音をしました。
これは、ピアニストであり作曲家でもある斉藤友子さんが、吉川英治作「新・平家物語」からもらった(と、彼女は表現しています)イメージを曲にして、ピアノの連弾と、バイオリンによって演奏し、その物語の断片を私が朗読するというものです。
実は、この作品は、12年前に、新宿の角筈区民ホールで初演しています。
それが、今回、CDとして吉川英治記念館から発売されることになったのです。

角筈ホールでは、客席でご覧下さった、吉川英治さんのご子息英明氏が、今回は録音に立ち会って下さることになりました。
そのことに、かなりの緊張を覚えていた私でしたが、スタジオに入り、お会いしたとたん、その何とも暖かく穏やかな雰囲気に、肩の力が抜けて行くのを感じました。
むしろ、表現について、英明氏に相談し、ご指示いただけることが、どれだけ心強かったことでしょう。ただただ、自然な感覚で物語の世界に浸りきる事が出来たように思います。
「壇ノ浦の巻」で、幼いみかどの手を取り、入水しようとする二位ノ尼の台詞が、関西なまりになっていたと感心(?)されても、自分では、何も意図していませんでしたし、自覚症状がないのです。登場人物が乗り移ってしまう・・・朗読には、そんな不思議もあるのかもしれません。
それにしても、吉川英治氏の文章の何と流麗なことでしょう。
句読点のひとつひとつに、言葉を吟味し尽しては「よし!」とされて行った氏の息づかいが伝わって来るのを感じました。

さて、 ピアノとバイオリンというと、西洋音楽と思われることでしょう。でも、斉藤友子さん、西真さんのピアノ、東大路佳子さんのバイオリンは、平家の隆盛から滅亡の時代へと、聞く人を誘ってくれる「和」の音を奏でています。
発売は、「吉川英治記念館」から「平家夢幻〜新・平家物語による九つのイメージ」と題して10月中旬の予定。お聞きいただければうれしく思います。

timesignal_117 at 22:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年08月24日

ふるさとの味

3e08b763.jpg8月24日 ふるさとの味
ふるさと富山に住む友人から、梨が送られて来ました。
私の家族は、私が高2のとき東京へ引っ越したので、こういうふるさと便は、格別有り難く感じられます。
果物って、その年によって味が違うんですね。今年の梨は、それはもう甘くって、ほっぺが落っこちそうです。
そう言えば、人の身体には、生まれ育った土地のものが一番合うって聞いた事がありました。
富山の食べ物と言えば、今年はまったのが、母の親友清田道子さん(79才)が、息子さんを手伝って丹誠込めて作っている「フルーツトマト」んもーう甘くで、ほんとに果物みたい!
私は、いきなり10個もパクパク食べてしまいました。
差し上げた方たちも大喜びで、「東京で売れば絶対ヒットするのに!」と絶賛でした。
おいしいトマト作りにかけた、清田さんの10年に及ぶ努力の結晶です。
それにしても、土に親しみ、仕事に生き甲斐を持っている人は、健康ですね。
私の母は、寝たきりになってしまったけれど、同級生の道子さんは、今もトマト作りと家事に汗を流しているんですもの。
清田さんちのメールアドレス、ご紹介しておきますね。
9月のトマトが、これまた格別においしいんですって。
(有)季実どり e-mail:kimidori@ma.net3-tv.net
(梨じゃなくてトマトやさんですよ!)

timesignal_117 at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月23日

日傘

日傘8月23日(火)
失ったものが帰って来るって、うれしいものですね。
私は、「うっかり」ではちょいと右に出る人がいないくらいの名人(?)なんです。
この夏になって2回も日傘をなくしました。
前回買ったのは、7月18日、これを1ヵ月もしないうちになくしてしまった時には、彩ちゃんから「短い命でしたねえ。」と言われてしまいました。
今度こそと、ちょっと奮発、マイナスイオン効果なる傘を買ったのが8月18日、それなのに、なんと3日後の21日に、もうなくしてしまったんです。
それは、多摩モノレールの中、ちょっとウトッとした時、目的の「万願寺」というアナウンス(これが自分の声)!ハッとして飛び降りたら、手元に日傘がなかったというわけ。
でもでも、今回は、すぐに連絡した為、今日、高幡不動駅で受け取ることが出来ました。
帰って来た水色の傘・・・買ったときよりうれしくて、もう離さないわ!と誓いました。
今度どこかでこの日傘を見かけたら、私にお知らせ下さい。???

timesignal_117 at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月20日

楽しい気分

はなちゃん8月20日
ナレーションスクールOKEIKOは、今日が学期末(3月〜8月、9月〜2月の半年を1学期としています。)つうしんぼを手渡したあと、みんなで銀座へ繰り出しました。
写真は、卒業生高野涼子さんの愛娘、花ちゃん3才です。かわいいでしょ!私と遊んでいるうち「なんだか楽しい気分になって来ちゃった!」と、それはもうケラケラ!!
私にもあったな、「なんだか楽しい気分になって来ちゃった」こと。そう、12年前、キリスト教の洗礼を受けたとき。あれからなんだかずっと楽しくて、ルンルンしています♪

timesignal_117 at 02:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月19日

乃木坂の蝶々

蝶々8月19日
今日は、赤阪のオトヤと言うスタジオで、キューピーマヨネーズラジオCMの録音でした。
このCMは、超ロングラン!おそらく、私の人生最長のものになるでしょう。
だからとっても感謝していて、我が家のマヨネーズは、もちろんキューピーです。
無添加で安心なんですよ♪(添加物にはちょっとうるさい私です。)

その帰り道、乃木坂駅の階段の踊り場に、こんなきれいな蝶々がとまっているのを見つけました。あんまり暑いから、熱帯と間違えたのかしら?それとも、誰かが標本のひとつを落として行ったのかな?
すっごくきれいだけど、コンクリートは似合わない。
なんでも、自分に似合うところにいないと、折角の魅力が台無しになるのかもね。
この蝶の名前、ご存知の方は、教えてください。


timesignal_117 at 02:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月18日

はじめまして。

525d91df.jpgはじめまして、中村啓子です。
やっと念願の「ブログ」を立ち上げることができました。
この開設は、私が主宰するナレーションスクール「Okeiko」の生徒あやちゃんの協力によるものです。
今日からみなさんに私の声をお聞きいただけると思うとワクワクします。
これから、日々出会ったこと感じたことを書き込んでいきますので、お時間がおありの時にのぞいてみてください。

みなさんはどんな夏休みをお過ごしですか?
私はお盆の間、実家に帰っていました。といっても都内、日野市ですが( ^ ^ )
母が入院中のため、日頃父ができない冷蔵庫の掃除などに大汗を流してきました。
この写真は、実家の網戸にとまっていた「セミ」です。
お腹側からなんて滅多に見れないので思わずシャッターを押してしまいました。




timesignal_117 at 13:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)