2008年06月

2008年06月21日

潜入!他校クラス会

どういうわけか、他所の小学校のクラス会に呼ばれてしまった。
と言っても富山の生家の近隣の小学校で、中学・高校では馴染みの顔ぶれ。中には大学まで一緒だった人も。
彼らは、東京でクラス会をと、貸し切りバスを仕立てて富山からやって来たのだ。
中学、高校時代の私と言えば、自信がなくて無口で、「中村啓子?知らない」と言う人も多い中、覚えていてもらっただけでもうれしかった。
でも、どうやら内気だったのは、私だけではなさそう。
「あの頃は、男子と女子は、ほんとんど話さなかったよな。」とHさん(私たちは男子をくん付けでは呼ばなかった)そう、当時の高校生はシャイだったのだ。
あれから幾年月、それぞれに人生の様々なシーンをくぐり抜けて来た仲間は、シャイなどというものはかなぐり捨て、がんばって来たね!とお互いを愛おしみ、称賛したい気持ちでいっぱいだ。
夜が更けるまで、話して歌って握手して・・・。
若き日に、心の多くを占めていたモテないという悩みなど、今となれば、なあんでもない。
やがてこうしてみんなで笑い合えるときが来るんだな♪

timesignal_117 at 04:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プライベート 

2008年06月20日

NHKBSフォーラム

千代田線代々木公園駅からNHK放送センターに向かう道。
左手に公園の緑の木立を眺めながら、来し方を思う。
富山の小学校で、同級生から「けいこちゃん、いい声しとるね。アナウンサーになりゃいいがに」と言われ、初めて自分の声を意識した私が、今、仕事のためにNHKへ向かっている・・・決して努力家ではない自分が、何か大きな力にここまで連れてこられた事を感じ、感謝の気持で胸がいっぱいになった。

今日の仕事は、BSフォーラム「東京大学環境学環シンポジウム」のナレーション。
これからの大学は何をすべきか・・・各専門家から様々な意見が交わされます。
確かに、専門専門で分化された教育、暗記型教育は、限界に来ている気がします。
この番組、ぜひご覧ください。
放送は、NHK BS1で、7月6日(日)15:30〜約1時間です。


timesignal_117 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 

2008年06月19日

だんだん良くなった!?

在宅ホスピス患者Tさん宅への訪問朗読ボランティア4回目。
最初と違い、私の訪問を心待ちにしていて下さることがわかる今では、訪れる足取りも軽い。
ただ、以前より容態が重くなっていらしたら・・・と、それだけが気がかり。
会う度に情が移り、日々「Tさんを癒してください」と祈らずにはいられない私なのだ。
そんな私を、今日もTさんは笑顔で迎えてくださった。髪をカットし、笑顔もこれまで以上に美しい。
「わあ、きれい!美容院にいらしたの?」と尋ねた私に「そうなの。だんだん良くなって来たのよ。時々袋(彼女は腎臓からドレインで直接尿を排泄している)をリュックに入れて上からブレザー着てね、スーパーへ買い物にもいくの」と彼女。
なんと素晴らしい!これが、以前はホスピス病棟への入院待ちをしていた人とは思えない。
(在宅ホスピスのN医院に出会った彼女は、入院をキャンセルした)
仕事を休んで看病にあたっていらしたご主人も、仕事を再開なさったという。
ご夫婦と私の3人の会話や聖書朗読の間、その部屋はいつも光に満たされているように感じる。
その証拠に私の中にも、力が漲ってくるのだ。
そして「癒されるからまた来てください」とおっしゃっていた彼女が、本当に癒されて行く。
うれしくてうれしくて、帰りはバスに乗らず、駅まで40分も歩いてしまう私♪




timesignal_117 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)プライベート 

2008年06月17日

午後6時半の車窓から

今日は5時半に六本木のスタジオを出、6時に四ッ谷から中央線に乗る。
まだ日が落ちないうちに家路につくのは、なんとなくうれしい。
でも、最近気づいたのは、この時間の車窓からの景色は深夜よりもシーンと寂しいということ。
中野を過ぎ、次第に住宅街に入るにつれ、景色はグレー一色に見えて来るのだ。
この時間、窓に灯りがついている家はほとんどない。まだほとんどの人が帰宅していないのだろう。

6時半・・・子供の頃、この時間には祖母、両親、弟、妹たち家族7人がちゃぶ台(古い!?)を囲み、学校での出来事などを話しながら、大きな器に入った冷や奴などに箸を伸ばし合っていた。

都会の夜は遅い。
9時・・・スポーツクラブの帰りに立ち寄ったカフェでおばあさん二人がコーヒーを飲みながら世間話をしていた。

車窓からの景色も今頃は、華やかなネオンに彩られていることだろう。

timesignal_117 at 22:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

相棒

ちょっと報告が遅くなりましたが、先月のある日、映画「相棒」を観に行きました。
パートナーは、エッセイストとして大活躍の三宮麻由子さん。彼女の抱えている執筆数を聞いただけで、私などは卒倒しそうです。そんな麻由ちゃん、実は大の「相棒」ファン。かねてからの約束で出かけたこの映画、手に汗握るサスペンスというだけでなく、人間味や正義感に溢れていて、私たちふたりとも大満足!というより大感激でした!そればかりでなく、私は映画館で生まれて初めての経験をしたのです。
書こう書こうと思っているうち、麻由子さんが、彼女のホームページにその時の様子を書いてくれました。
私のブログからリンクしていますので、どうぞご覧ください。リンク「三宮麻由子の箸休め」をクリックし、「麻由子のリトルエッセイ」に入ってください。6/7「最高の贅沢」が、その記事です。

timesignal_117 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プライベート 

2008年06月05日

ハプニング

土曜日、知人の結婚式の司会、日、月と講演・・・土壇場になって原稿づくりにてんやわんやの先週末ですした。
「ナレーターと司会者は違う。司会は素人です」と言うと「またまた謙遜を」と返す人がほとんどだけど、ほんとに素人なんですってば!とは言っても、今回は11年も愛を育んだ末、晴れてこの日を迎えるカップル。よかったねえと言う訳で、引き受けてしまいました。二人のおもてなしの心にあふれたあったかい披露宴を終え、飛んで帰って今度は講演準備。どうしてこう泥縄なんんだろうと毎度の反省。
深夜、ようやく形になったところで、突然PC画面が真っ黒に!え、え?保存する前・・・ということは、ワーッ、まさか!もう一度立ち上げて書類を探しても、あるわけがなかった。どうしよう!「神様、助けて〜!!」ほんとに泣いてしまった私。
蛍みたいについたり消えたりのPCは、もう怖くてあてに出来ない。それに、昼間の緊張からか、首から後頭部がジンジンして、もう限界!
翌朝、ノートに要点だけを箇条書きにしてでかけ・・・なんとか話す。暖かくお聞き下さった方々、ありがとうございました。アンケートに「ブログを見て来ました」と書いてくださった方、ありがとうございました。みなさんの好意的な眼差しにとても支えられました。
PCは、バッテリー切れ。そんなことも知らなかったなんて、情けない。

ようやく落ち着いた今日、病床への朗読ボランティアにでかけ、それはそれは、輝くような時を過ごしました。どんと晴れ(ちと古い?)


timesignal_117 at 23:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)プライベート