2009年09月

2009年09月25日

山里の休日

シルバーウイークに「言葉」の講座を引き受けたために、ずっと重責(?)に苦しんでいた私でした。でも、終ってみれば万々歳!参加者の反応の良さに、本当に楽しく、祝福いっぱいの会になりました。講演や講座は、聞き手といっしょに作り上げるものなのですね。

さあ、今日は、一足遅れて私の休日。
先日、NHKで、田部井淳子さんと内田アナの北アルプス縦走の番組を見て、あまりの美しさに涙を流してからというもの、自然の中へ行きたくてウズウズしていた私は、思い立って神奈川県藤野へ出かけました。
ここは、母が最後を迎えた病院があるところです。
山里の爽やかな風の中をウオーキングして、木陰で「葉っぱのフレディ」を読む・・・というイメージだったのですが、あまりの暑さ、陽射しの強さ!そこで、表は諦めて、源泉で好評の東尾垂の湯での〜んびり。身も心も癒されてお風呂からあがったところへ、恩師の奥様が突然亡くなったという知らせが!人生には、時としてこんなことがあるものなのですね。朗読の表現について、叱咤激励してくださった奥様を思い、その朗読をいつも聞きに来てくれた母のことを思い、病院の庭のベンチに腰をおろして、越し方を偲ぶ私の目の前で、早くも紅葉しはじめた木の葉が風に揺れていました。





timesignal_117 at 23:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年09月17日

彼岸花

四ッ谷の彼岸花四ッ谷駅に降り立ち、落ち着いて電話出来るところを求めて、大好きな土手に登りました。
そこに咲いていたたった一輪の彼岸花・・・昨日、ある女性の毒気ある言葉に沈んだ私の心を、ポッと温めてくれるような赤い色です。
「『葉見ず花見ず』花は葉を見ず、葉は花を見ないから、そういうんですって」昔母が教えてくれたことを思い出しました。
「曼珠沙華」(天上に咲く花)、「死人(しびと)花」(墓所に多く生えるところから)、「捨て子花」・・・こんなに多くの名を持つ花も珍しいのはないで
しょうか。
しかも、その意味も様々。
有毒植物でありながら、鱗茎は、民間薬として、肩凝り・むくみに用いられるという特性を表しているようです。

言葉もしかり、有毒だったり、妙薬だったり・・・。
今夜の電話で妙薬を得た私は、ようやく心の平安を取り戻しました。
願わくば、自分も妙薬に・・・。


timesignal_117 at 23:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)プライベート 

2009年09月12日

心臓外科医が語る人体の驚異!

ハーベスト・タイム主催の「ハーベスト・フォーラム東京」で、明日と明後日、心臓外科医の今中和人先生の講演があります。
さも当然のように生活している今も、私たちの体内では驚くべきメカニズムが働いている!
その模様を、パワーポイントを用いてわかりやすく解説してくださる今中先生のお話を聞くうち、きっと私たちは、驚きと感謝に満たされることでしょう。
どなたでもご参加いただけますので、どうぞお越しください。

講師:心臓外科医 今中和人医師
日時:9月13日(日)15:30〜17:00(司会/夏目ふみよ)
9月14日(月)10:30〜12:00(司会/中村啓子)
会場:JELAミッションセンター1Fホール
   東京都渋谷区恵比寿1-20-26
JR恵比寿駅西口より徒歩4分
入場無料(献金の時間があります)
詳しくは、ハーベスト・タイムホームページをご覧ください。
www.harvesttime.tv



timesignal_117 at 07:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年09月06日

1週間大移動!

東京→浜松→神戸→高松→東京→裾野→東京。
8月28日〜9月3日の私の足跡です。講演、公演、番組収録と、内容もさまざま。
さすがにちょっと疲れました。

でも、息つく間もなく9日には、10月16日に内幸町ホールで行う朗読のリハーサル。
22日には、Women's conference.
(私が担当する分科会「言葉で伝える」は、金曜日現在既に申し込み者数45名とか)
10月には、公演の他に3つの講演の予定があります。
それぞれ対象が全く違うので、準備はそれぞれに行わなければなりません。
「ひとつひとつ」と、自分に言い聞かせて、焦る気持ちを押さえている私です。
書いていただいた原稿を読む仕事だけを続けて来た私ですから、ここへ来て全く新しいジャンルに分け入ったような心地。聞き手が、暖かく心を開いてくださいますように。ただ、そう祈るばかりです。


timesignal_117 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)