2009年11月

2009年11月25日

☆誕生日☆

今日、11月25日は、私の誕生日。
先週から、木曜日ナレーターの後輩に美味しい和食で祝ってもらい、土曜日にはOKEIKOのクラスで生徒たちからケーキで、日曜日には教会の仲間たちに、そして当日の今日お昼には親友からフレンチで、夜は昔通った英会話教室のクラスメイトから居酒屋で祝ってもらい・・・と、もう5つも年を取った気分です(笑)

よく、誕生日なんてもうイヤ!という人がいますが、私は、いくつになってもこの日が大好き!
 
22年前・・・手術を受け、退院したばかりの私は、止まってしまった時計を持って、近所の時計屋さんに行きました。「これで2年は大丈夫ですよ」分解掃除が終ったときの職人さんの言葉に(この時計と、私の命と、どちらが先に終るのだろう)そう思ったものでした。
そしてあの日から、1回1回の誕生日が感謝に満ちたものとなりました。
完全に健康を取り戻し、東奔西走出来る今、生かされている幸せをどれだけ感謝してもし尽くせません。
年を取るということは、しあわせの数が増えるということ!(「あ」と「せ」を取ったものも増えるけど)
Happy birthday to me !!


timesignal_117 at 11:25|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2009年11月23日

口はひとつ耳はふたつ

このブログへのアクセス数にびっくり!昨日732,今日157で、たちまちレベル別ランキング1位に浮上しました。中にはロスからのオファーもあって・・・NHKの威力ですね!ご訪問くださった皆様、ありがとうございました。

さて、今日は、元アイドル、ケイ・アンナさんとランチをご一緒しました。
(ご主人の三原綱木さんは、ブルーコメッツのコンサートで、富山とのこと)
彼女が語ってくれたお母様からの教訓に、私はうならされ通し。その中のひとつをご紹介しましょう。
「人にはね、口がひとつ、耳はふたつあるでしょう?だから、自分がしゃべる2倍は、人の話を聞くようにしなさい」なるほどと思いませんか?
う〜ん、子供の頃から聞き手にばかり回っていた私も、この頃ちょっとおしゃべりになって来たかも・・・と思っていたところへ、ケイさんが大声で言いました。「また私ひとりでしゃべっちゃった!」(笑)

timesignal_117 at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年11月16日

湖のような瞳で

ハーベスト・フォーラムでは、講演前の賛美歌で、もう胸がいっぱい。感動のうちに「道ありき」のお話をすることが出来ました。

12時に講演を終えたあと、私は、三浦綾子さんの初代秘書、宮嶋裕子さんとともに、元旭川六条教会牧師、川谷先生のお見舞いに出かけました。
川谷先生は、三浦綾子さんご夫妻がこの教会に通っていらしたときの牧師で、続氷点に「まだ三十を幾つも越えていない若さに・・・」と、実名で登場している方です。
この方が、今末期がんで残りの日が少ないとうかがい、せめて枕元で朗読をと願い出た私でしたが、
「中村啓子さんが来ると聞いて、目を丸くなさった」と聞き、私は驚きました。
私の方は、小説や逸話で存じ上げているものの、先生が私をご存知のはずはないと思ったからです。
「なぜ?」と訊く私に宮嶋さんはおっしゃいました。「啓子さんの塩狩峠のCDが出たとき、川谷先生は、50枚買って、周りの方にプレゼントなさったのよ。三浦綾子さんのことを伝えようとする人を応援したいという先生のお気持ち。そういう方なのよ。道ありきが出たと知ったときも、『また50枚買わにゃのう』とおっしゃっていたんだけど、そのまま悪くなられて・・・」と。何ということでしょう!一面識もない私を励まそうと、ガンの治療費が嵩む中、50枚も!?CD「塩狩峠」も「道ありき」も、本当に好調な売れ行きです。
その陰に、このように密かに応援してくださっている方がいるのだと、敬虔な気持ちにならずにはいられませんでした。

見晴らしの良い高台のお嬢様の家のベッドに眠っていらしゃるやせ細った紳士・・・奥様が「中村啓子さんよ」と起こされると、パッチリと目を開けられました。ああ、その湖のような瞳!その澄んだ瞳を見ただけで、先生のお人柄の全てがわかる気がしました。
先生は、手袋をはめた手をふとんから出し、握手を求めて来られました。握るその手の力強さ!どんなに歓迎してくださっているかが伝わって来るようでした。私が、続氷点の、川谷先生登場の場面を朗読すると、にっこりと「大好き」(この箇所が大好きなのだそう)とおっしゃり、指で大きなOKサインを送り、次に、空
に花丸を書いてくださいました。そして、なにかおっしゃろうとして、諦めるように「しゃべれないの」と・・・。
宮嶋さんと私は、先生の手を片方づつ握り、お祈りをしました。祈り終えると先生は、やさしく頬を撫でてくださいました。まるで、我が娘を愛でるようなやさしさで・・・。涙があふれてあふれて止めることができませんでした。
初めてお会いしたのに「みんなわかってるよ。よしよし」と言ってくださっているような温かさでした。
そして、帰ろうとする私たちに、両手を耳まで上げて、ウサギさんのようにバイバイなさるのです。
こんな素敵な方がいらっしゃるでしょうか!私の頬を止めどなく流れる涙は、悲しみや寂しさではなく、感動と言った方が当たっていたと思います。
あの湖のような瞳は、決して私の瞼から離れることはないでしょう。
神様、出来る事なら先生をいやし、お話出来る機会をお与えください。



timesignal_117 at 23:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年11月15日

和気あいあい

今朝、7時からずっと「おはよう日本」をご覧になっていたという方々、申し訳けございませんでした。
(私も、その一人なのですが)今日は、韓国の火災のニュースが飛び込んだため、私のコーナーは、来週に持ち越しになったそうです。(また大きな事件などがあると、流れる可能性なきにしもあらず)


ハーベスト・フォーラムでの講演「道ありきの世界を歩いて」は、要所要所を朗読しては、そこに隠されたエピソードを話して行きました。
お客様が温かいというのは、本当にうれしいことです。和気あいあいの楽しい会となりました。
この講演、明朝10:30〜12:00にも行います。
どうぞ、いらしてください。
                              

timesignal_117 at 22:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年11月14日

明日は、盛りだくさん!

このところ、お知らせばかりで恐縮ですが、明日15日は盛りだくさんです。ぜひご覧&お越しください。

☆NHK「おはよう日本」で、私が紹介されます☆
11月15日(日)朝7:00〜のNHK「おはよう日本」で、私のライフワークなどが紹介されます。
これは、先月富山鹿島町教会で講演をしたときに、NHK富山放送局笠井大輔アナが取材してくださったものですが、思いがけず、全国放送に発展しました。
(大きなニュースがあったので、来週に持ち越される可能性も出て来ました)

☆TV番組「ハーベスト・タイム」で、私初のプロデューサー、ディレクター、リポーター番組が放送されます☆
11月14,15日と、11月21,22日の2週に渡り「『道ありき』の世界を歩く」と題して、私が「道ありき」朗読CDを制作するにあたり、旭川へ取材に訪れた模様が放送されます。
1週目は、CDの構成をお願いした、三浦綾子記念文学館特別研究員森下辰衛先生と、春光台の丘を歩きます。
2週目は、三浦光世さんへのインタビューです。
放送局や時間については、ハーベストホームページ www.harvesttime.tv をご覧ください。

☆ハーベストフォーラム東京で講演します☆
11月15日(日)15:30〜17:00と、11月16日(月)10:30〜12:00 恵比寿のJELAミッションセンターで、「道ありきの世界を歩いて」という講演を行います。
お友達をお誘い合わせの上、ご参加いただければ幸いです。入場無料。
地図など詳しくは、ハーベストホームページ www.harvesttime.tv をご覧ください。



timesignal_117 at 19:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年11月09日

富山での放送のご案内です

2日に放送されたNHKイブニングアクセスをご覧くださった方々から、「好意的な制作」「自然な会話」「深い内容」など、うれしい感想が寄せられました。
好評につき、この番組は、全国ネットでの放送に向け、動き始めているそうです。予想だにしなかったことなので、ただもう驚いています。

今、ケーブルテレビNet3で、1日の朗読講習会の模様を放送中です。
11月8日〜14日 6:00、10:00、16:30、20:00放送の「Net3パラダイス」どうぞごらんください。
古野知晴キャスターが、体験受講しています。
終ってからの彼女のインタビュー「初デイトはどこですか?」は、想定外!しどろもどろの私でした><、、


timesignal_117 at 00:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年11月02日

波に身をゆだねた富山講演

3時間前に、富山から帰宅しました。
ただもう夢の中にいるような3日間でした。

10月31日、富山鹿島町教会の200を越える座席は、ほぼ埋まり、NHKのカメラがスタンバイ。
高まる緊張!
ところが、講壇に立ったとたん、私は思いもつかなかった構成で話しはじめていました。
「道ありき」の一つのシーンを読んでは、旭川で取材してきた逸話を入れていったのです。
そして、三浦綾子さんの人生から、自分の半生へと照準を変えて行きました。
ここち良い波が次々に打ち寄せ、私も聴衆も、その波に身をまかせていたかのような1時間。
準備不足で不安だった私だけに、これは、私の力ではないと思いました。
1冊の本(三宮麻由子著『音をたずねて』文藝春秋)との出会いがきっかけで、私をお招きくださった、グレース・アーツ主催の松原葉子さん。後援をお引き受けくださった朝日新聞富山総局、(財)富山YMCA、
放送してくださるNHK富山放送局、そして、いらしてくださったお一人お一人に心からの感謝を捧げます。

さて、翌11月1日(日)も、NHK笠井アナによる密着取材は続くのでした。
朝、立山町の私の定宿、同級生のきっこちゃんの家のテラスでインタビュー。
私の生き方について、朗読への思いについて・・・。
この取材を自ら企画した笠井アナは、前日の私の講演のテープを全て聞き返すうち、インタビューの内容が全く違ってしまったのだそう。
受け狙いではない、私の根底にあるものを探ろうとするひたむきな熱意に、内心感動!
これには天も味方して、昨夜からの強風が、この間だけピタッと止み、あやしかった空からは、まるで照明の様に太陽が覗き、私たちの背後で、真っ赤に染まった木の葉と、白いススキが煌めいていたのでした。
そして、撮影終了と同時に、一天俄にかき曇り雨が降り始めたのです。

本降りになった午後、ふるさとの公民館での朗読講習会でも、カメラは回り続けました。
ここには、地元ケーブルテレビ、Net.スリーのカメラも。

以下、放送時間のお知らせをしますので、富山県のみなさま、ぜひご覧ください。
NHK富山テレビ11月2日(月)18:10〜19:00(うち6〜7分間)「イブニングアクセス富山〜この人にアクセス」コーナー。

Net3のONAIRは、少し先ですので、あらためてお知らせします。

timesignal_117 at 01:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)