2010年01月

2010年01月28日

イイ声で話すために

文化放送「ソコダイジナトコ」の出演を終え、まっすぐ家に帰って来ました。
マンションのお掃除のおばさんの目が「あら、朝帰り?」って言ってるように見えたのは、気のせい?
和菓子とお抹茶で一息ついて、やおらPCを開いてみると、びっくり!もう今日のブログ訪問数が、135件に達しているではありませんか!リスナーのみなさんですね。ありがとうございます。

生放送は、やはり緊張しました。
ラジオの生番組って、パーソナリティーと事前にお話しする時間がなく、CMの間にサッとブースにはいり、本番で初めてご挨拶というのが常。
まるで縄跳びの縄が回されている中に、パッと飛び込む感覚なんです。
吉田照美さん、もちろん、お顔もお声もよく存じ上げていましたが、対面は、やはりパッ!でした。
でも、本番ギリギリまでの何十秒かの間、雑談?して気持ちをほぐしてくださる気配りは、流石!
さて、いよいよトークが始まり、この仕事を夢見たきっかけ、NTTの声に選ばれた理由、時報の録り方、などを話しているうち、時間は流れ、アシスタントの唐橋さんから、ナレータースクールOKEIKOと、朗読CDの紹介が・・・。こちらからお願いしたわけではないのに、ディレクターが既にネットで調べくださっていたのです。感激しました!あっと言う間に出演時間の10分は終わり、あら?肝心な「イイ声で話すために一番大事なこと」をお話ししそびれてしまいまいした。
遅ればせながら、ここに書かせていただきます。
私が大事にしていること。それは、いい声を出そうということではなくて、そのときどき、聞き手にとって一番心地よい声とは?を思うことです。
電話が通じなくてイライラなさっている方には、「申し訳ございません」。旅から帰って、リムジンバスやモノレールで眠りたい方には、「お疲れさまでした」という思いを込めることが、聞き手にとってのいい声なのだと思っているのです。
これは、そこに自分の身を置いてみると、一番わかりやすいことですね。
聖書のマタイの福音書7章に「何事でも自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい」とあります。いい声も、まさにここがポイントなのではないでしょうか。

吉田照美さんのハイテンションな声も、今日も一日、元気にやりましょうね!と、聞き手に活力を与えてくださる「イイ声」だなと思います。(本番では言えませんでしたけど)





timesignal_117 at 11:14|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2010年01月25日

ラジオ番組「声の魅力に迫る!」

文化放送朝6時〜8時30分の情報ワイド「吉田照美 ソコダイジナトコ」私の周りでも人気の番組です。
この中の「週刊エンター」(7時30分〜7時40分)のコーナーでは、今週1週間「声の魅力に迫る!ソコダイジナいい声〜」という特集が組まれています。
今朝の「もて声」のお話、興味津々で聴きました!明日がまた楽しみです。

1週間の内容は、次の通りです。
25日(月)「声は作れる!声の調律師登場!」
     (ボイス・トレーニングスクール「ビジヴォ」秋竹明子さん)
26日(火)「美声は一日にしてならず!美声ゲット公開レッスン」
     (秋竹明子さん)
27日(水)「声のアンチエイジング!最先端医療の現場」
     (東京医大 渡嘉敷亮二さん)
28日(木)「誰もが知ってる117の声 中村啓子さん登場」
29日(金)「ほれぼれする声」リクエスト

結局は自己PRですみません。
でもでも、私自身、今日の秋竹先生のお話を聞いて、人の耳に心地よい発声をすることの大切さを再認識しました。
職場にも、家庭にも「いい声」があふれたら、イライラもかなり解消されるのでは?と思うこの頃です。

それにしても、朝7時入りの生放送は、緊張です!いい声、出るかしら?



timesignal_117 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月24日

下の下のげんげの独り言

「げんげ」って、ご存知ですか?
実はこれ、魚の名前なんです。
今朝のNHK「たべもの一直線」では、富山の魚津港から「げんげ」が紹介されました。
ツルーンとして独特の形をした「げんげ」をぶつ切りにして入れたすまし汁・・・子供の頃の食卓が懐かし〜い!
その食感は、今も舌に残っています。ぬる〜っ、びろろ〜ん、と。
苦手な人は苦手でしょうね。でも、そのだし汁のお味は、なかなかのものなんです。
「げんげ」この風変わりな名前の由来は「下の下」だといいますから、可愛そう。
甘海老と一緒に網にかかり、早く分離しないとたちまち海老が痛んでしまうという厄介者としてあつかわれて来たのです。
それが今や、スポットライトが当てられ、様々に料理され「おいしい」と喜ばれる存在に。
万人に好かれるわけではないけれど、その希少価値が評価されている・・・。

その時の状況だけでセルフイメージを低くしてはダメ、いつか、その、人とは違うところが、希少価値となる!
かつては嫌われものだった深海魚げんげクンは、まあるい目をしてそう語りかけていました。

それにしても、真冬の日本海へ夜明け前に漕ぎ出す船での取材・・・厳しい〜!肉体労働ですね〜!
でも、漁師さんは、それを毎朝行っているんですから、鉄人です!




timesignal_117 at 22:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年01月19日

元気を貯金をする

昨日は、かかりつけ医へ検診に行きました。
「このところ、とっても元気なんです」という私にドクターは言いました。
「あなたのような人は、元気だと目一杯動き回ってしまうのよ。体調がいいときほど、ちゃんと休んだり、時間を決めて運動して、貯金をしておくのよ」
ワア、お見通し!休みだからと家にじっとしていることなど滅多にない私なのです。
しからば!と、午後がフリーになった今日は、4時間もスポーツクラブにいてしまいました。
エアロビクス、筋トレ(お風呂も2回)と汗をかき、期待を込めて乗ったヘルスメーターは・・・変わりなし。
あ〜あ、ダイエットは、一日にしてならず。やっぱり先生のおっしゃる通り、貯金ですね。
あなたも、元気なときこそ休息や運動の貯金を!





timesignal_117 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月15日

あなたは高価で尊い

「異国でひとりぽっちの私」との思いで、暗闇の中でもがいていた一人の中国人女性に光を当てたのは、聖書の言葉でした。
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している」(イザヤ書43: 4)
昨日収録したハーベスト・タイムのゲストのお話です。(2月第3週放送予定)

収録を終え、三島から東京へ、東京から中央線へ。
電車が最寄りの国分寺駅のホームに入ったとたん、全線がストップした。
日野駅で人身事故が起きたという。
日野には実家があるだけに、誰か知人ではないかとの胸騒ぎが・・・。
的中!近所の少年が、ホームから飛び降り、18才の命を断ったことがわかった。
彼の家から徒歩5分のところに、私が通う「日野キリスト教会」がある。
そこには、若き 中・高生が大勢、愛されている喜びに目を輝かせて集っている。
私に何か出来なかったのか・・・。あの輪の中に誘い「あなたは高価で尊い」ということに気付いてもらうことは出来なかったのか。
昨年は、講演などを通し、多くの人たちに語りかけることが出来た。
でも、身近な一人に対しては?
「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」(マタイの福音書22:39)の聖句が胸に迫る。




timesignal_117 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月08日

新春、私の宝物

あけましておめでとうございます。
松の内中、ブログもお正月休みしてしまいました。
みなさまは、どんなお正月をお過ごしになりましたか?

私のお正月は、充実そのものでした。
元旦は、恒例により、実家で父や兄弟一家が勢揃い。
母亡き今、長女の私が母親がわりで、黒豆も年々プクッと美味しく炊けるようになりました。
今年は、スエーデン留学中の姪がスエーデン人の青年を連れて来て、総勢10人で、大にぎわい!
初めての日本にもかかわらず、お刺身、なます、なんでもオイシイ、オイシイと、お箸を上手に操りながら食べてくれ、なんて可愛いんでしょう!と、おばさんは、大張り切り。スエーデン住宅事情の話などに目を丸くしながら、楽しい時間が流れました。
しかし、みんなが帰ったあと、妹と私は、バタッとその場でzzz・・・。
10分後、やおら起き上がり、後かたづけをしたあとは、本当にフラフラでした。
年賀状書き、大掃除、お料理・・・年末年始って、毎度のことながら大変ですね。

6日、富山県の北日本放送に招かれ、北日本文学大賞受賞作「海の娘」の朗読をしました。
今月31日11時からKNBラジオで放送されます。富山の方はお聞きください。
このところ、虜になっている朗読で、放送のお仕事がいただける、それもふるさとから・・・感謝でいっぱいでした。
私に声をかけていただいたのは、ラジオセンター長が、昨年のNHK「おはよう日本」をご覧になってのこととうかがい、富山発の素晴らしい連鎖に驚くやらうれしいやらです。
アクセントで悪戦苦闘したこともあるけれど、富山に生まれて本当に良かった!とつくづく思うこの頃です。

降りしきる雪の中、行きも帰りも定刻通りに飛行機が発着したのも、本当に感謝なことでした。
帰り際、飛行機通の木下アナが、楽しい情報をくださいました。
「飛行機の中で、キャンディーを注文すると、一個や二個じゃなくて、袋いっぱいとか、カップ一杯持って来てくれるんですよ。これは、ANAはお客様に精一杯のサービスをさせていただきます。という姿勢の表れなんです。黒飴とか、喉あめとか、注文しても応えてくれますよ」
試してみました。飴の指定までは遠慮してしまったのですが、ビニール袋にぎっしり詰まった飴の中には、黒飴も喉あめも、そして、フルーツ味各種も。感動です!
今、宝物のようにバッグに入れて持ち歩いています。
みなさまもぜひ、この宝物、入手なさってみてください。

今年も、いろんな宝物、みつけたいですね!

timesignal_117 at 10:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)