2010年11月

2010年11月26日

感動!氷点の世界

24日に東京に帰り、日常の仕事に戻った今、富山での出来事が、何か異次元の世界へでも行って来たような不思議な感覚で思い起こされます。

23日、富山鹿島町教会での「氷点の世界」・・・あのとき、一体何が起きていたのでしょう。
第一部、三浦文学の第一人者森下辰衛先生の解説。
第二部 松原葉子さんのリードオルガンが会堂に響き渡り、その音の中を登壇した私が「三浦綾子作、氷点」とタイトルを。葉子さんのオルガンの音が再び盛り上がると、そこはもう富山ではなく旭川市郊外神楽町・・・。
静まり返った聴衆の耳に吸引されて行くような感覚の中、声と音で奏でる氷点の世界・・・。
そこにいる200人の鼓動が、呼吸が、完全に一つになったように感じた45分間でした。

「聞き手がよかった!」と森下先生。本当にそうです!
いらしてくださった全てのみなさま、本当にありがとうございました。
また、このためにお祈りくださった方々にも心からお礼申し上げます。

さて、ここでプログラムにはない感動の第三部をご紹介しましよう。
14時にはじまった会が終演した16時すぎ、一人の若い男性が息せき切って階段を駆け上って来ました。
「あっ!」私は思わず声をあげました。それは、今は隣県に住む新聞記者の姿だったです。
この会が決まった直後から「車を飛ばして行きます!」と言っていた彼の姿が見えなかったと思っていた矢先のことでした。
「1時半に取材が終わり、最後の一言でも聞けるかと・・・」
それはまるで「走れメロス」!
私はもちろん、それを見た人々のこれからに大きな影響を与える彼の姿でした。


timesignal_117 at 23:51|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2010年11月12日

富山県のみなさまへ

インフォメーションです。

朝日新聞富山版、明日の朝刊に、23日開催の〜「氷点」の世界〜公演のことが紹介されます。
ぜひお読みください。

timesignal_117 at 21:38|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年11月09日

胸いっぱい!富山公演準備

23日の「氷点」富山公演の音合わせのために7日~今日9日まで富山へ行って来ました。
燃えるような紅葉、新雪を頂いた立山連邦・・・息を飲むような美しい秋景色が私を迎えてくれました。

出迎え、見送り、手分けして足となってくれる同級生。

「氷点の世界」を奏でる松原葉子さんの感性。ご家族の愛。

NHKと朝日新聞社の誠意に満ちた丁寧な取材。
(NHK富山での放送は、12月6日(月)18:10(予定)「ニュース富山人『富山人に聞く』のコーナーです)

何から何まであまりに恵みが多くて、東京に帰った今も胸がいっぱいです。

あの、立山町の一角で生まれた地味な私が・・・勿体ないような・・・ただただ感謝です。

23日の本番まであと2週間・・・身が引き締まる思いです。

写真は、生まれ故郷立山町からの景観。ひときわ高くそそり立つ山が、劔岳です。
NHKの撮影はここで行われました。

2010110715570000

timesignal_117 at 23:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年11月04日

朗読CD「氷点」完成!

待望の朗読CD「氷点」が、遂に完成しました!
「塩狩峠」「道ありき」につづき、ハーベストタイムから発売開始。
http://www.harvesttime.tv/book03-02-03.htm

1964年、朝日新聞社の一千万円懸賞小説に入選。
空前のロングセラーとなった「氷点」は、今も人々を惹き付けて止みません。
三浦綾子の原点とも言える「氷点」をどうしても読みたいという思いに駆られ、今年は、3月と7月の2度に渡って旭川取材、猛暑に始まった録音、そしてデザイン等の相談など、文字通り「氷点」に心血を注いで来ました。
幸い、今回も、三浦綾子研究の第一人者森下辰衛先生のお力添えで、要点を知り尽くした究極のダイジェストとなりました。

<信じ合うことが出来ない家族の淋しさ・・・人間の本質を掘り下げた先に、真実の愛とゆるしが見えて来る>ぜひお聴きいただきたいCDです。

来る11月23日(勤労感謝の日)富山鹿島町教会で、「CDリリース記念 朗読公演〜三浦綾子『氷点の世界』を開催します。

<おはなし>
『氷点の世界』・・・森下辰衛(三浦綾子記念文学館特別研究員)
<作品朗読と演奏>
     朗読・・・中村啓子
リードオルガン・・・松原葉子(富山鹿島町教会オルガニスト)
開演:14:00(開場13:30)
<チケット>前売り1,500円/当日2,000円。
<ご予約・お問い合わせ>
グレイス・アーツ(松原)TEL:076-423-6787 e-mail:grace-arts@joy.memail.jp
主催/グレイス・アーツ 
後援/朝日新聞富山総局、三浦綾子読書会

尚、県外からお越しの方々のために、宿泊費、感謝食事会を含めた「氷点」ツアーを企画、既に十数名のお申し込みを受けています。
この機会に、富山へ行かんまいけ。
詳しくは、右ニュース欄をご覧ください。






timesignal_117 at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)