2011年02月

2011年02月28日

NZ地震に思う事

2月も今日で終わり。
ふう〜っ!という心境です。

好景気の頃と比較すれば、仕事はそんなに忙しくないのに、凪の間に間に大波が押し寄せるような不規則なスケジュール。先週は2晩、都心のホテルに泊まりとなりました。
深夜にホテルに入り、テレビのスイッチを入れたとたん、NZの地震の映像が映ったときにはびっくり!
即座にクライスト・チャーチに嫁いだ友人にメールを送りました。
「荷物は、全部向こうにあるけど、私達が今日本にいることが不思議」との返信。
朝日新聞の天声人語に「居合わせる」という言葉が書かれていましたが、そこに居合わせるか否かで運命が分かれてしまう・・・。
居合わせた故郷富山からの語学生たちを思い、心が痛みます。
命と引き換えに片足を切断したとの記事・・・新聞にポロリと涙が落ちました。

救出出来たのは、携帯電話で連絡が取れたからとか。
携帯社会の威力を感じました。
そして、こんな状況の中でも、「おかけになった電話は・・・」との私の声が聞かれるのかと思うと、はしゃぐことなく、冷たすぎず、希望を感じていただけるような話し方って?と課題がふくらむこの頃です。

とにもかくにも、今だ行方不明の28人の救出を祈ります。




timesignal_117 at 20:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年02月23日

明日放送のアニバーサリー番組

明日24日19:00〜21:43日テレ「ナイナイが大表彰!国民的アニバーサリー大ヒット博覧会SP」で、ナレーションをつとめます。

この番組は、今年2011年に、アニバーサリーを迎える大ヒット商品等を、何周年であるかのランキング別にご紹介するもの。
それぞれの商品の「ここがスゴイ!」という裏話には、なかなか興味深いものがあります。
長年愛され続ける物には、それぞれの企業の知られざるこだわりと努力があるのです。
「そこを!」ご覧頂ければと思います。

昨夜ナレーションの録り直しが終わったのは、23:30。
制作スタッフは、ほとんど睡眠が取れない日々が続いているようです。
番組制作って本当に大変。健康が守られますようにと祈りつつスタジオを後にしたことでした。

timesignal_117 at 19:18|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年02月21日

もうひとりの私

星野富弘さんの詩集を開いていたら「もう一人の私」という詩に目が止まりました。
「・・・・・・・逢いたいなあ  もう一人の私」で終わるこの詩から、空想が広がります。

もうひとりの私、私も逢いたいなあ。
「そうそう、そうなのよね!」いつもぜんぶ分かり合える私と私。
「ここんとこ、ちょっと落ち込んでるんだ」
「知ってる。めずらしく頑張ったのに、なんにも言ってもらえなかったからでしょう」
「わかる?」
「『ありがとう』とか、『良かった』とか言って欲しかったんでしょう」
「うん、誰もそのことに触れないのって、良くなかったってことなのかなって」
「じゃ、どうだった?って聞けばいいのに。変わらないな、そういうとこ。案外気がつかなかっただけってこと多いんじゃない?『人が悪意を持っていると感ずるとき、大ていの場合誤解が多い』って、三浦綾子さんのカレンダーに書いてあったわよ」
「そっか。私って、褒められたがりなのかな?」
「みんなそうよ。だから、そう感じたら、こっちから言えばいいじゃない?その人たちに『ありがとう』とか『おかげさまで』って、言った?」
「あ、言ってなかったかも」

ここまで書いたとき、電話がかかって来ました。
「昨日は、ありがとうございました!」と。
「ありがとう」・・・いい言葉だなあ。



timesignal_117 at 16:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年02月17日

明日、八王子で講演します

インターナショナルVIPクラブ・・・"You are very important Person in My(God's)eyes."「私の目にはあなたは高価で尊い」(旧約聖書・イザヤ書43:4)から、「全ての人はVIPである」という理念に基づいて立ち上げられた、ビジネスマン,専門職の方々と共に語り合う集いです。
今や日本全国はもとより、世界にまで発展しているこの会の中の、VIPクラブ八王子で、明日私がお話しさせていただきます。(実は私、このVIP八王子のスタッフで、いつもは裏方なのですが)
タイトルは、「ことばは深い水のよう」旧約聖書・箴言18:4「人の口のことばは深い水のようだ」を目にしたとき、これが私のテーマだ!とひらめき、最近では、多くの講演でこのタイトルを使っていますが、内容は、その都度違います。
人生をさえ左右する言葉の力。私たちは、その言葉という生き物を、どのように用いて行けばよいのでしょうか。私の通って来た道で出会ったこと、感じたことを、朗読を交えてお話しします。
明日の会は、予約不要、入場無料ですので、どなたが何人いらしてくださるか、予測が立ちません。
だからこそ、初めての、一般の方に向けて、「ことば」に対する私の思いをお伝え出来たらと思っています。

日時:2月18日(金)19:30〜20:30
会場:JR八王子駅前 東急スクエア12F研修室
入場料:無料(カンパの箱があります)
予約:不要

新しい出会いを楽しみにしています。寒さの中ですが、お出かけいただければうれしく思います。

昨夜は、日テレの2時間スペシャルのナレーション録りが、深夜に及び、ベッドに入ったのが今朝3時半になってしまいました。来週木曜日19:00からの放送です。(右ニュース欄でご紹介)ああ、このハイテンション!覚悟を決めて楽しんで来ました(><、)





timesignal_117 at 12:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年02月10日

犬になった朝

早起きして、毎日朝日の中を散歩して・・・と思い立ってから、はや半年。
毎朝の予定は、2週に一度くらいにペースダウン。
犬がいたらきっと守れるのに・・・と、思い始めていたら、なんと今朝から犬を飼わずに犬の散歩に行けることになりました。
思いもかけない方法で知りあったご近所さんの犬の散歩に連れてってもらうことになったのです。
つまり、私は、2匹目の犬?

ピンポーン♪とチャイムが鳴って、エントランスへ降りてみれば、なんと可愛い赤毛のトイプードル!
まるで黒いボタンみたいな丸~いお目目です。
道行く人が次々に「可愛い~!」と声をかけてきて、犬の吸引力を見せつけられた思い。犬好きな人って、多いんですね。

「ここが国分寺のビバリーヒルズ」「ここがローズガーデン」と、案内されながら、まるで知らない町を歩いているような新鮮な感動を覚えた私でした。
今までの自分の散歩道が、意外に限られていたことを認識。
人って、結構固定観念の中に生きているのかもしれません。
ちょっと見回せば、すぐ近くに、見たこともない風景や、会ったこともなかった人がいるのに。

これからは、朝がちょっと充実しそうです。




timesignal_117 at 11:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年02月07日

もうすぐ春ですね♪

8日前、固いつぼみの姿で雪国から我が家にやって来た「啓翁桜」。
今はもうこんなに花開きました。
春の日差しに誘われて、玄関からベランダへお出ましです。
さあ、思い切り深呼吸!
東京の冬は、暖かいでしょう?明るいでしょう?
もう春ですね~♪

でも、明日からは、また寒くなるそう。お気をつけください。2011020713150000

timesignal_117 at 23:27|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2011年02月01日

如月の桜

2月、如月・・・春の足音を感じる月です。
大雪、火山灰など、日本列島のあちらこちらで大変な思いをなさっているみなさまには、特に喜びの春の訪れが早まりますようにと祈ります。

そんな大雪の富山から、日曜日に桜の花が届いてびっくり!
啓翁桜という早咲きの桜・・・まるで私がおじいさんになったような名前です。
涼しいところに置けば一ヶ月は楽しめるということで、玄関の上がりかまちに飾りました。
届いた時にはまだ固いつぼみばかりだったのに、昨日、今日と、ポッポッと少しづつ開いた花が、帰って来る家人を迎えてくて、うれしいかぎりです。

そして、その翌日、今度は妹の友達から、目にもさやかな桜柄のちりめん風呂敷が届きました。
こちらは、春らんまん。
帯揚げか、伊達襟にして、着物姿で春の野に出る自分を想像してワクワクしています。(想像の世界では、いくらでもきれいに出来ますから♪)

ああ、こう書いているうち、冷えきった身体が、ようやく暖まってきました。
今日のアナウンスブースは、暖房なし。寒かった~!
お風呂がわいたよう。今日はここまでにして、温まってきます♨

timesignal_117 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)