2013年01月

2013年01月19日

静かなギャラリーで

玉川上水沿いの木立に囲まれた静かなギャラリーで、星野富弘さんの詩とエッセイを朗読とバイオリンでお送りする会を開きます。
キャパ50。お客様と身近で対話するようなひとときになればと願いっています。
主催は、昨年から一緒に活動を続けているバイオリニストの渡辺康子さん。
地元の方にぜひお聞きいただきたいとの切なる願いから、自ら企画なさったものです。
みなさまのお越しをお待ちしています。
朗読公演ポスター

    朗読公演
ー星野富弘 人と詩の世界ー
朗読/中村啓子 ヴァイオリン/渡辺康子
日時:2月11日(月・祝日)
開演:13時(開場12時30分)・15時(開場14時30分)
会場:ホームギャラリー「ステッチ」http://www.t-stitch.com
チケット:前売り1,500円、当日2,000円
お問い合わせ、お申し込み(渡辺)TEL/FAX:042-535-0472

timesignal_117 at 02:02|PermalinkComments(6)TrackBack(0)仕事 

2013年01月08日

ブランコと滑り台のおはなし

実家の近所に住むムツ子さんは、仕立ての名人。捨てようかどうしようかと迷ったコートを見事にリフォームして届けてくれました。
彼女は、元々は私の母と親しかったのですが、私とは同い年ということもあり、母亡き後もおつきあいしているのです。そんなわけで、二人が会うと、いきおい母の思い出話になります。
「昔、愛(娘)が幼稚園でブランコの順番を待ってたら、乗り終わった子が、愛を抜かして次に待ってた年少さんにブランコを渡したことがあったの。愛が悔しがってね。お母さん、こういうとき私はどうしたらいいの?ってきくのよ。そのとき、啓子さんのお母さん、なんて言ったと思う?」とムツ子さん。
う〜ん、こんな場面で、私ならなんで言うんだろう?情けないことに全く浮かばない。
ムツ子さんはいいました。「啓子さんのお母さんね、こう言ったのよ『愛ちゃんは、今日我慢するということが出来たね。えらいね〜』って」「へええ、お母さん、そんな気の利いたこと言ったの!?」と、笑いながら、内心、感心。私は母からそんな教訓的なことを聞いた記憶はないんだけど、忘れてるだけなのかしら?

そのとき、ぶらんこに絡んで滑り台のことを思い出しました。
私の甥が小学校1年生だったときのこと。滑り台の上で構えているとき、後ろにいた子が甥を押し出すように滑り出したため、その勢いで甥は滑り台から飛び出すように落下、手を怪我してしまいました。
家に帰って来た甥っ子に私は言いました。「Uくんを恨んじゃダメだよ」すると甥っ子はキョトンとして「恨むってなあに?」というのです。「僕が怪我したのはUくんのせいだって、怒る事よ」と言う私に彼はまた涼しい顔で「恨んでないよ」と返してきたのです。
人は、生まれついたときには、「恨む」ということを知らないのだ。それは、年を重ねるうちに人間についてくる垢のような感情なのかもしれない・・・そう思わされた出来事でした。
今でも思い出す度に、神様は、幼子のような信仰を最も好まれるという意味がわかる気がするのです。

timesignal_117 at 22:37|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2013年01月07日

新年の幕開けに

2013年の幕開け、おめでとうございます。
お正月休みもあっという間に過ぎてしまいましたね。
私は、5日のナレータースクールOKEIKOが、仕事はじめでした。
年末に新たなボイスサンプルを完成した人、今年こそは!と張り切る人・・・。
目も肌も生き生き輝いているメンバーに、私もまた夢がふくらみました。
今年、ひとりひとりが、着実に羽ばたいてくれますようにと。
ところで、新年の更新が遅れたため、12月28日の欄に嬉しいお書き込みをいただいていたことに、
昨日気づきました。この仕事をして来て本当によかったと感謝でいっぱいです。
今年も、「何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい」
という聖書の言葉をモットーに進んで行きたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

年賀状_2


今年の私の年賀状です。

timesignal_117 at 18:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)