2013年07月

2013年07月15日

共同作業

久々に夜風が心地よく肌を撫でて行きます。
本当に何という猛暑が続いたことでしょう!
お障りなくお過ごしですか?
こんなに長くブログを休んでしまいましたのに、日々ご訪問くださっていた方々に心から感謝致します。

大分遅くなりましたが、今日は、先月の北海道朗読ツアーの報告をさせていただきます。
6月28日稚内、30日旭川へ三浦綾子作「天北原野」の朗読に行って来ました。
稚内に着いた日の最高気温は13℃、風の強さが一層寒さを増強しました。
セーターにヤッケ、念のため持っていった衣服を着込んでもまだ手袋が欲しいくらい。
日本は広い!と痛感したことでした。
風と、光の稚内は全てが色鮮やかで美しく一度に好きになってしまいました。
殊に「天北原野」のラストシーンの地、サロベツ原生花園には、そのシーンさながらにエゾカンゾウが咲き誇り、夏には珍しいという利尻岳もくっきりとその姿を表していました。
イメージを沢山たくわえて臨んだ稚内市立図書館のホールには、120名もの方がお集りくださり、渡辺康子さんのバイオリンと私の朗読を、それは熱心にお聴きくださいました。
聴き手の良さが、朗読会を良いものに導いてくださることを、今回も痛感したことです。
稚内市教育委員会、市立図書館、そして、天北原野ツアーを企画なさった三浦綾子記念文学館・・・この日のために準備を整えてくださった皆様にも感謝でいっぱいでした。

翌日は、宗谷本線で旭川までひとり旅・・・。名寄、和寒、「塩狩峠」の朗読で文字からしか想像出来なかった駅を、景色を、瞼に焼き付けるまたとない機会となりました。

30日は、毎年お招きいただいている三浦綾子記念文学館で朗読。富山から駆けつけてくださった松原葉子さんのオルガン(三浦家にあったもの)に合わせての朗読に、涙を流していらしゃる方も・・・。最前列で聴き入ってくださる三浦綾子さんのご主人光世さんのお姿にも、毎回励まされます。実に充実のひとときでした。
ハードなバスツアーにもかかわらず、稚内、旭川2会場で同じ演目をお聞きくださったツアー参加者に頭が下がりました・・・が、なんとツアーでなく、単独でこの500キロの距離を移動し、両方でお聞きくださった方もいらしたとか!また、苫小牧、札幌など、遠方からも駆けつけてくださった方など、お礼を申し上げればきりがありません。

45分の朗読・・・正直に申しますと、稽古のときには、途中で疲れて、集中力を保つことが出来ません。
それですのに、本番になると、身体ごとその世界に入って行き、登場人物の気持ちになりきって台詞を口にし、その人の目線で景色を見、心を動かし、一気にエンディングまで読み続けることが出来るのです。
朗読は、お客様と一緒に作り上げる、いわば共同作業なのだということを、今回再び痛感したことでした。

さ、秋は、9月16日の横浜青葉台を皮切りに朗読や講演がいっぱい。
またどこかでご一緒に舞台を作り上げさせていただきますことを楽しみに致しております。






timesignal_117 at 22:36|PermalinkComments(7)TrackBack(0)