2013年09月

2013年09月30日

秋晴れの茅野で

昨日の日曜日、茅野市で講演をさせていただきました。
タイトルは「朗読の楽しみ」
会場の公民館の開け放たれた窓辺では、澄んだ風がカーテンを揺らし、緑の山々と秋晴れの空がこの会を見守ってくれているようでした。
この美しい茅野市は、朗読熱が盛んとは聞いていましたが、その市をあげての取り組みは、想像を超えたものでした。
たとえば、全市の新生児に「ファーストブック」が贈られ、その後も、4ヶ月検診時、小学校の入学時と、そのつど、それも一人一人に手渡しで、記念の本が贈られるというのです。
今回の講演会の中心となってくださった「読(ど)りーむ in ちの」の願いは「聴く力を身につけた”こころ と ことば” の豊かな子どもたちの育ち」だといいます。
なんて素敵な願い・・・この言葉に感動したというところから、私のお話は、はじまりました。

事務所のナレーション研究会で、学びのためにとはじめた朗読。いえ、はじめさせられたと思っていた朗読は、私にとって苦しみだった。伝わっていない、伝わっていない・・・。客席の白白とした空気を肌で感じては、泣いてばかりいた。
その朗読が、楽しみに変わったのは、この作品にある愛を伝えたい!と思う作家との出会だった。それが、三浦綾子、星野富弘、水野源三だった。
高校生、大学生、そして、被災者や身体の不自由な方などから、多くの反響が届くようになった。
忘れられないエピソードの数々・・・。
苦しかったとき、私の心を占めていたのは「評価」だった。
楽しみに変わったのは、この作者の思いを伝えたいという意志で読み、集まってくださった方と心をひとつにして、その世界浸るという経験が出来るようになってから。
まさに心と言葉の豊かなハーモニー!

ざっとこんなお話しでしたが、会場に集まってくださった方々は、実によく笑ってくださいました。
最近、受けを狙っているつもりもないところでよく笑いが起こります。私って、ちょっと変?(笑)
終演後、みなさんから「楽しかった」「楽しかった」と声をかけられました。私もまた心から楽しかったと思いました。「今度中村さんが教会に来るときには、教会へいくわ」と、声をかけてくださった方も何人も。そう茅野キリスト教会へは、もう4年連続でお招きいただいているのです。また会いたいとおっしゃっていただけるのは、本当にうれしいものですね。初対面とは思えないほど心が通い合った人たちとの再会を誓って乗り込んだ「あずさ」。山の端にかかる夕焼け雲が、やさしく美しく窓を照らしてくれました。




timesignal_117 at 23:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年09月20日

秋になったら〜「朗読」のご案内

友人から「ブログ、一ヶ月に一回くらいは更新した方がいいよ」とのメールが届きました。
なんと、2ヶ月もUPしていなかったのですね!
それでもご訪問くださっていた皆様、申し訳けございません。
ほとんど毎日のように更新しているFacebook。その分、ついブログがお留守になってしまっていました。

 こう書いている窓の外から、さかんに虫の音が聞こえます。秋になったのですね〜。
 その「秋になったら」と、延期していただいた講演活動が一気に押し寄せて来ました。
 事務所のデスクから「茅野から帰ったら、すぐ富山ですからね。原稿早めに書いといてくださいね」と念を押され、ポイントをメモしつつ、でも、でも、ナレータースクールOKEIKOの学期末の方が先、評価表を作らねばと、昨日は、PCとにらめっこ。
 やっと終わった深夜、ベランダに出て眺めた満月は、知恵の輪みたいに重なって見えました。
 名月が瞑月だわ〜。8年後には、ちゃんと見よう!と、ベッドに潜り込み、たちまち爆睡なのでした。
 
そんな中、10月14日(月・祝)に、立川市玉川上水の「ホームギャラリー ステッチ」で、朗読公演「道ありき」を開催します。(詳しくは、右側News欄を)おなじみ三浦綾子さんの自伝です。
 敗戦による価値観の激変から、自暴自棄になり、加えて結核に冒され、全く希望を失った綾子さんを変えた一人の男性・・・闇から光を見いだした綾子さんの変貌・・・その愛する恋人の死・・・瓜二つの男性の出現。「事実は小説より奇なり」といいますが、人生の先には人の思いを超えた道があることを痛感させられる自伝です。
 今回は、初めての試みとして、OKEIKOの小出浩子さんにナビゲーター役であらすじナレーションを担当してもらいます。OKEIKO受講生たちが、目を見張る上達ぶりを見せてくれている今、こういった機会を増やして行きたいと願っている私です。
 バイオリンは、今回も、元東京交響楽団の渡辺康子さんです。練習熱心で、優しい心の持ち主である彼女は、今回も安定した美しい音色を奏でてくれることでしょう。
 会場は、玉川上水の木立の傍らに立つ、明るく瀟洒なギャラリー、秋の一日、きっとあなたを別世界に誘ってくれることと思います。
 どうぞお誘い合わせの上、お越しくださいませ。お問い合わせは、私か渡辺までお願い致します。

道ありきチラシ





timesignal_117 at 19:14|PermalinkComments(318)TrackBack(0)