ご案内ふたつとひとつ中村啓子ってどんな人?

2007年05月18日

朗読日和

4d833b68.jpg5月18日(金)

3月7日にナレーター長谷由子さんの著書「朗読日和」が出版されました。
このブログでそれを紹介する約束をしていたのに、今頃になってしまいました。(介護に没頭しすぎ?)
長谷由子さんは、俳協の小林恭治さん指導の朗読研究会「とるばとおる」でずっと一緒に学んだ仲間です。
(小林恭治さんは、由子さんの本が届いた3月8日に亡くなりました。その思い出を書きたいと思いつつ、これもなかなか出来ないでいます)
「朗読日和」〜すぐに役立つ「実践的朗読」のススメ〜は、朗読の魅力、朗読の練習、作品の選び方、朗読の実践という項目の通り、手取り足取りやさしく朗読を指導する書です。
由子さんは、なぜあんなにすぐ頭に入るのかしら?と常々感心していたその覚え方も、この本を読んで納得!
コラム欄には、私の事も書かれていますが、え?私のしゃべりをここまで分析して聞いてたの?と。驚かされました。流石何にでも人一倍関心を持つ由子さんです。
一番感心したのは、『朗読の実践』!「蜘蛛の糸」「よだかの星」などおなじみの作品の読み方について、実に事細かに解説しています。口で説明するならいざ知らず、よくここまで文章に出来たと、その努力に脱帽しました。
某有名ナレーターから「この手の本では最高」とのお墨付きを得たという「朗読日和」は、彩流社から?1,800+税で発売中です。

timesignal_117 at 10:29│Comments(7)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 柳下 美穂   2007年05月20日 19:37
久しぶりに更新されていてうれしかったです!啓子さん、すこ〜し時間に余裕ができたのかな?紹介されていた本、読んでみようかなと思います。仕事でも教会学校でも本の朗読することあるので・・・。子供たちを惹きつけられる朗読したいもの。お父さんの介護のこと祈っています。
2. Posted by 中村啓子   2007年05月21日 23:58
美穂さん
ありがとう!父の体調もいいので、少しづつちち離れ?しようかなと・・・。
でも、そうすると妹の負担が増えるので、可愛そうでね。

朗読の本、どうぞお読みください。
3. Posted by 長谷由子   2007年05月23日 09:06
長谷由子です。
立派なご紹介を載せていただきありがとうございます。
尊敬する啓子さんにそんな風に評価していただいて、恐縮してしまいます。
勝手に啓子さんのナレーションの分析までしてしまって…ついでに謝っちゃいますが、授業ではよく啓子さんのドコモのまねをして、生徒たちに受けています。スミマセン。
某マネージャーからあの本の中で槇大輔氏のインタビューと、啓子さんのエピソードが一番面白かったと言われました。…それも何だか本末転倒ですが。
でも、とにかくご協力感謝です。
今になってみると、もっとああ書けば良かった…とか、あのことも書くべきだったとか…思いは様々です。
私の朗読への思いが伝われば幸いです。   由子
4. Posted by 河野和憲   2007年05月23日 12:25
はじめまして。長谷由子さんの『朗読日和』の編集担当・河野と申します。詳細な紹介文を書いていただき、ほんとうにありがとうございました。来月6月12日には、朝日新聞の折込紙「私の財産」に、長谷さんのインタビュー記事が掲載される予定です。そちらもどうぞご高覧ください。よろしくお願いいたします。書痴樂拝
5. Posted by ごう   2007年05月23日 12:28
啓子様
初めまして。
「朗読日和」を紹介していただきまして、感謝深謝♪
何を隠そう、この本を仕掛けたのは小生です。飲み仲間の
由子さんの朗読会に何回か足を運んで、これは本になるな
と思っていました。
で、友人の編集者に企画を持ち込み、出版お運びとなりました。
嬉しい限りです。
私も、今、同じ出版社から出す予定の「紀行文の書き方」を
執筆しているところです。

ごう
http://ryokodo.cocolog-nifty.com/ryoshikantetsu/
6. Posted by 中村啓子   2007年06月25日 00:43
河野さま
今頃コメントを載せても、お読み頂けないかと思いますが、ご丁寧に書き込みをありがとうございました。大分経ってから気づき、恐縮しています。「朗読日和」ブログでご紹介あと、5日間ほど、毎日、読みたい。買いました。というメールが届きました。なんと、教師、IT関連企業など、声のお仕事ではない人達も、たのしくお読みになったようで、驚いています。その後、新聞などでもいろいろ取り上げられ、やはり書籍の力は大きいと、感心しています。
少しはご協力出来て、私もうれしく思います。
7. Posted by 中村啓子   2007年06月25日 00:47
仕掛人のごう様

お書き込み、ありがとうございました。
そうでしたか!由子さんの周囲のどこかでお会いしているかもしれませんね。
本の出版、仕掛人さまにとっては、感激も一入でいらっしゃることでしょう。
新聞などでも話題になり、本当におめでとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ご案内ふたつとひとつ中村啓子ってどんな人?