2009年01月13日

長渕剛のinvite.

うふっ!長渕剛にお招きを受けたわけではありませんよ。

実は、この"invite"という言葉、最近とても気になっていたんです。
それは、先日「○○さんのナレーションは、上手いんだけど・・・う〜ん、日本語の暗いとは違うんだな。つまりinviteがないんだよ」という言葉を聞いて以来のことでした。
 ☆☆☆INVITEなしゃべりってどんなんだろう?☆☆☆
昨夜、NHKの「課外授業ようこそ先輩・スペシャル」の再放送を観たとき、私は、これぞinviteだ!と、ひざをたたいた・・・というのは嘘ですが、そんな気分でした。
そこに映し出されたのは、長渕剛が、母校鹿児島県立児島南高校3年生のクラスで行った3日間の授業の模様。
長渕は、「叫び」をテーマに生徒たちに詩を書かせます。今まで表したことのない心の叫びを書き連ねた生徒たちの詩をひとつの歌詞にまとめ、真剣に曲を作る長渕・・・そのプロセスの中で、体当たりで生徒たちとかかわって行く。完成した曲を歌う生徒たちの涙・・・。別れの日、ひとりひとりをハグし、頭を撫で、涙でグシュグシュの生徒たちと別れを惜しむ。
距離がない!俺は、お前たちの味方だぞ!本気でかかわってるぞ!という気迫が伝わってくる。
こちらが心の衣を脱いだとき、相手も自然に脱いでくれる。招く、引きつける、魅了する・・・inviteなしゃべりは、そこに生まれるんだと確信しました。

それにしても今日は寝不足〜!深夜1:40分からの番組を最後まで観てしまったのだから。
と、いいつつ、こんな時刻に書かずにはいられないんだから、私、本当に長渕さんに招かれちゃったかも。



timesignal_117 at 00:38│Comments(1)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 相手をこちらにお招きする  [ DANNAブログ ーだんな雄作、フリーターからナレーターへ。 ]   2009年01月22日 19:49
中村啓子先生が、相手を惹きつける話し方について 以下のように書かれていました。 「こちらが心の衣を脱いだとき、相手も自然に脱いでくれる。 招く、引きつける、魅了する・・・ inviteなしゃべりは、そこに生まれるんだと確信しました。」 相手との距離を小....

この記事へのコメント

1. Posted by 中村啓子   2009年01月23日 17:46
だんなさん

ブログに、私のコメントをご紹介いただき、ありがとうございました。
本当に大切なことですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔