”伝わる”ように話す感謝の雨は、春風にのって

2009年03月20日

富山での朗読会に向けて

5月30日に開催予定のふるさとでの朗読会に向けて、駆け足で富山へ会場視察に行って来ました。
企画会議に会場予約に走り回ってくれる同級生達。自ら中村啓子立山支局と名乗る友達も。
なんだかボンヤリしていてそそっかしい私ですが、そのせいか、周りにしっかり固めてくれる人たちがいるのは、本当に有り難いことです。
今回は、三浦綾子さん召天10周年を記念し「道ありき」を読みたいと思っています。
詳細が決まりましたら掲示しますので、地元の方々は、ぜひお越しください。

今回は、駆け足だったので、会いたい人たちに連絡も出来ませんでした。
5月にお会い出来ることを楽しみにしています。

尚、3月23日(月)の富山新聞に、私の記事が掲載されます。

timesignal_117 at 22:26│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
”伝わる”ように話す感謝の雨は、春風にのって