2009年06月18日

劔岳 点の記

昨日「劔岳 点の記」の試写会に行って来ました。
(生まれ故郷立山町の招待枠に入れて頂いたものです)
圧巻でした!
「妥協も反省もない」との木村大作監督の言葉そのままにリアルに写し出される大自然の美しさと厳しさ!
瞼に焼き付いたシーンがいくつもありました。
名誉のためでなく、利益のためでもなく、ただ仕事に誇りを持って、死の山と恐れられた前人未到の劔岳に挑む男達の生き様!
心に残る言葉がいくつもありました。
そのひとつをご紹介します。
「人がどう評価しようとも、何をしたかではなく、何のためにそれをしたかが大事です」

いよいよ20日封切り!ぜひご覧いただきたい映画です。





timesignal_117 at 23:43│Comments(6)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画「剣岳 点の記」  前人未到の地に測量の三角点を設置する物語  [ 珍竹燐  ??映画とネットとWindows Mobileな日々?? ]   2009年06月27日 23:14
映画「劔岳 点の記」 評価:★★ ちょっと迷ったが「剣岳 点の記」を観た。 他に公開日である「エヴァンゲリヲン新劇場版・破」、ミッキーローク主演の「レスラー」が気になっていた。特に「エヴァンゲリオン」は破だけに今までのストーリーを覆してくれる可能性が...

この記事へのコメント

1. Posted by ジョシュア   2009年06月21日 08:44
おはようございます。
今日のハーベストタイム、画面に釘付けでした。
神様の手により聖書を書くように導かれた漫画家さんのお話は深かったです。
啓子さんが涙を流されたのもよく分かります。
高山は親友の出身地、名古屋はすぐ近く、本当に身近に感じました。

そして、富山も大切な親友のいる所。
啓子さんおすすめの「劔岳 点の記」、見逃す訳にはいきません。
2. Posted by 加藤純也   2009年06月21日 09:09
 ご無沙汰しております。 
 中村啓子さんにご連絡したくて、ブログに行き着きました。今、中国福州市・福建省の大学と、個人的に日本語を教える機会が与えられています。昨年来で合いました、18歳いの青年が、日本のアニメのフアンで、将来、声優を志しております。出来るかどうかは、僕の判断では測りかねますが、彼の願いを尊重して、励ましています。高校に入学しないで自分で、おもにアニメから日本語を学んでこられたのですが、十分ではありません。ご両親が5歳のときに離婚された家庭的な背景があります。それで、父方の祖父母に育てられてきました。お母さまとはちょくちょく会っていますし、僕たちとも面識があります。国民軍の旧将軍の祖父と祖母の家にも招かれています。7月末に、帰国を予定していますが、啓子さんに一度お会いさせていただきたいのですが、可能でしょうか。この蘭をお借りしてお伺いいたします。お忙しいのに恐縮です。よろしくお願いいたします。
3. Posted by 中村啓子   2009年06月22日 00:03
ジョシュア様
今朝もハーベストタイムをご覧いただき、ありがとうございます。私も早速、ケリー篠沢さんの漫画「新約聖書1救世主」を買い求めました。生き生きと描かれた登場人物!聖書の世界が一目で分かる傑作です。
高校生の甥っ子にあげようと思って買ったのですが、その前に、私がとりこになっています(笑)
「劔岳」も、ぜひごらんください。
4. Posted by 中村啓子   2009年06月22日 00:07
純也先生

驚きました!中国でブログをご覧くださったとは!
あらためて、インターネットの威力を感じています。
7月にご帰国の折りには、ぜひお会いしたと思います。
日野にはいらっしゃいますか?
5. Posted by エルセーヌ評判・口コミ   2009年06月23日 18:30
初めまして☆

「人がどう評価しようとも、何をしたかではなく、何のためにそれをしたかが大事です」

う〜ん!

考えさせられますね!
6. Posted by 中村啓子   2009年06月24日 19:17
エルセーヌ評判・口コミ様

初めてのお書き込み、ありがとうございます。
本当に、いかに生きるかということに通じる重みのある言葉ですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔