小さな町の小さな映画館2010年、一年分の感謝を込めて

2010年12月21日

朝日新聞掲載~朗読で「氷点」の世界~

今朝の朝日新聞、東京版、多摩や武蔵野などの西東京版に
<朗読で「氷点」の世界~三浦綾子さんの思い伝えるCD~>
と題し私の朗読CD「氷点」のことが報じられました。
(地域によってタイトルが若干違います)

この記事の取材に訪れた千葉恵理子記者は、若くて、とても気さくで、スラリとした美人。
1時間半ほどの間、録音もせず、お茶を飲みながら楽しくおしゃべりに花を咲かせたという印象でした。
ですから、記者さんによくある追加質問の電話などが全くないことを、ちょっと不安に思ったりしないでもなかったのです。
ところが、記事を見てびっくり!
私が伝えたいと思ったポイントが、なんと的確にまとめあげられていることでしょう!!

新聞を読んで・・・という反響が、東京のみならず、驚くことに他県からも寄せられいます。
朝日新聞での連載が終わって45年になった「氷点」を、再び朝日新聞でご紹介いただいた、このご縁に感謝でいっぱいです。

この記事は、アサヒコムでご覧いただけます。






timesignal_117 at 23:49│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by コッコ   2010年12月22日 17:35
啓子さんの記事、お知らせいただく前に発見して、
喜んでおりました。
キリスト教のこともすんなり書かれていて、一般の新聞記事にしては、
珍しいことだなぁと感心していました。
着物姿の啓子さんのお写真も、とても素敵です!
「氷点」のCD化、ご苦労も多かったと思いますが、
完成、本当におめでとうございます!

2. Posted by 中村啓子   2010年12月22日 21:05
コッコさん、ありがとうございます。
本当に、そのままストレートに書いていただき、感謝しています。

写真も、記者さんの撮影によるものですが、実物以上に撮る腕前にも感激!(笑)

どうぞ素晴らしいクリスマスを!
3. Posted by つっちー&Aja   2010年12月23日 23:42
記事を読みたい!と思っていたので良かったです!

つっちー父が今三浦綾子さんにはまっていて、おそらく今は「塩狩峠」を読んでいて、次は「氷点」を貸してくれと言われています。

綾子さんを通した神さまパワー、すごいです!

益々氷点CDが用いられますように!

そして「次」も期待しています(^^
4. Posted by 中村啓子   2010年12月24日 00:47
つっちー&Aja さんへ

コンスタントのブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

お父様、すばらしいですね!
実は、けいこ父も「道ありき」をあっという間に読破、ただ今「塩狩峠」を読んでいます。
次は、氷点かな?
耳が遠くてCDが聞こえないので、もっぱら本を与えて(?)います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
小さな町の小さな映画館2010年、一年分の感謝を込めて