朝日新聞掲載~朗読で「氷点」の世界~何も思い煩わないで

2010年12月29日

2010年、一年分の感謝を込めて

今年も余すところあと2日・・・。
これがおそらく今年最後のブログとなりそうです。

2010年・・・走り続けた一年でした。
振り返れば、鈴鹿市教育委員会をはじめ講演が7回、そして旭川と富山での「氷点」など朗読公演が3回。
その間、東京では仕事をしつつ「氷点」の朗読CD制作に邁進しました。
かつて、こんなに人前に立った年も、こんなに原稿作りに追われた年も、そしてこんなに移動した年もなかったように思います。
それらを、一度も体調を崩さずに乗り越えることが出来たのは、本当に恵みとしか思えません。
とはいえ、後半は、神経の疲労を感じずにはいられませんでした。

そんな私に、まるで天からの贈り物のように届いたのが、NTTからの感謝状。
そして朝日新聞に掲載された「氷点」CD紹介の素晴らしい記事でした。

さらに昨日、私のもとに分厚い手紙が届きました。この秋「氷点」朗読講演会にいらした方からです。
「いつも心の中が真っ暗だった自分は「氷点」に共通点をみつけた。
人はなぜ淋しいのだろうか。その淋しさはどこから来るのだろうか。自分の心の中に氷点があった。なくてはならぬもの。生きる力がない。心が凍えた。これらは、私の心に問いかける言葉だった。あれから毎週教会に通っている。神と向き合う生活によって、こんなにも心に平安を覚えることが出来るとは!機会を見て洗礼を受けたい」という内容です。
三浦綾子さんの思いを伝えたいとの私の願いは、確実に伝わったようです。
このような充実感で年の瀬を迎ることが出来た私は、何という幸せものでしょう。

この一年、お招きくださった方々、お聴きくださった方々、助け手、祈り手となってくださった方々、そして、このブログをご支援くださったあなた・・・本当にありがとうございました。

来年も、既に都内をはじめ、広島、北海道、長野などからお招きをいただいています。
どの地にも、大いなる最高の助け手とともにうかがわせていただきます。

1月13日の、新宿朝日カルチャーセンターでの「氷点」公開講座は、あと10席ほど余裕があります。
詳しくは、右側ニュース欄をご覧ください。

それでは、どうぞ祝福に満ちた2011年をお迎えくださいませ。
1年分の感謝を込めて。God bless you !

写真は、12月25日に撮った皇居前のイルミネーションです。
2010122518210000

timesignal_117 at 00:13│Comments(8)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たけお   2010年12月29日 11:31
講演会お疲れさまでした^^
お体に気をつけて頑張ってくださいね
2. Posted by 中村啓子   2010年12月29日 14:27
たけおさま

どこかの講演会関係の方でしょうか?
励ましのお言葉、ありがとうございます。
来年も、どうぞよろしくお願い致します。
3. Posted by つっちー&Aja   2010年12月29日 18:13
今年は様々な所でお会いできて良かったです。
ありがとうございました。

来る年も啓子さんの声が神さまの働きのために豊かに用いられますように
4. Posted by 中村啓子   2010年12月29日 18:23
つっちーへ

今年は、本当にあちらこちらでお会い出来て楽しい思い出がいっぱいです。
ことに羽田での○○届けのサインは、強烈な思い出!(笑)
東京駅でのお好み焼き!
富山までおかっけていただいた、感動!!
わーっ、いろいろご一緒しましたね〜。

来年も、お二人に上にますます祝福がありますように♪
5. Posted by aonosato   2010年12月30日 20:06
「餅は餅屋」または専業、っていう日本語が
好きです。頑なに、ひと筋に。

今の日本は、誘惑が多すぎますねぇ。
啓子様のお仕事には「一途」さ、を感じます。

一途な人間が報われる世の中。
そんな日本を期待します。

良いお年を。
6. Posted by い   2010年12月31日 14:14
5 啓子さん、こん@@は。

いのさん こと あ です。

今年もあと10時間。
いろいろお世話になりました。
氷点ツアー、氷点朗読CD完成、
各地講演、朗読指導、などなど、、、
人の何倍もの仕事をされましたね。

神様も喜んでいると思います。
三浦綾子さんも、天国で、「啓子さんありがとう」
と言っているのでは。

来年も、さらなる朗読CDなど、期待しています。

ありがとうございます。
7. Posted by 中村啓子   2011年01月02日 00:18
Posted by aonosatoさま

「一途」それが自分に一番足りないところだと、ずっと思い続けて来ました。
そんな私が、一途とおっしゃっていただけるようになったのかと、感慨深く読ませていただきました。
新しい自分に出会えたようで、希望が涌いてきました。
8. Posted by 中村啓子   2011年01月02日 00:21
い さんへ
天国の三浦綾子さんが「ありがとう」!?
最高にうれしいことです。
ありがとうございます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
朝日新聞掲載~朗読で「氷点」の世界~何も思い煩わないで