被災地公演を終えて甲府みやげは「幸せ」

2011年10月31日

今日で18才!

18才を迎えました。
日野市の浅川で洗礼を受け、新しく生まれてから・・・。
1993年10月31日(日)その日、空は真っ青に晴れ渡り、河原に立つ私たちを太陽が暑いくらいに照りつけていました。
もし、あの日がなかったら、私は今頃どうしていたのでしょう。
増える年齢、減る仕事・・・将来に怯えていたのでは?

しかし、今、あちらこちらからお招きを受け飛び回っています。
一昨日、昨日と朗読と講演をした長野県茅野キリスト教会は、昨年に続いて二度目の訪問ということ、牧師夫妻の人柄の良さ、そして去年「氷点」の朗読を聴いて、その後受洗に至られた方との再会などで、それは温かで家族的な時間を過ごすことが出来ました。

そして、帰りには、来週朗読する甲府めぐみキリスト教会に立ちより、セッティングなどの打ち合わせ。
この教会は、私が属する日野キリスト教会の兄弟教会で、牧師は32才の若さの岩崎義幸さん(メッセージの才能抜群の熱血漢)がつとめています。
甲府駅の改札でこの夫婦と再会したときのうれしさ!まるで弟のところに遊びに来たような気分でした。

今日は、久々にハーベスト・フォーラムに出席、一歩入ったとたん、古巣へ帰ったような安心感にちょっと涙。
あちらこちらに親戚が出来、最終的に帰る家も定まっている・・・この心の平安への入り口となったのが、10月31日だったのです。(「今日はなんの日」的でした)


timesignal_117 at 23:56│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
被災地公演を終えて甲府みやげは「幸せ」