宮古島より timpab 日々の織り模様

image

すっごく久しぶりに、ブログを更新します(^o^)

先週から、自宅で織物教室をやっています。
織物を習いたい!というあいちゃんのご希望で実現しました。

10回講座で、最初の5回は織る前の準備。
たて糸をかける作業です。
糸巻きから、整経、仮筬通し、巻き込み、そうこう通し、筬通しなど、いろいろな行程があります。
そしてあとの5回は織り織り!

今回はあいちゃんのご希望で、オーガニックコットンのきなりのショールを織ることになりました(^o^)

熱心なあいちゃん、予定より早く進んでいます。今日は4回目の講座で、そうこう通しをしました。3回目まで、二人とも熱中しすぎて写真を撮るのも忘れてました。
織物話に花が咲いて、楽しすぎます。

合間に、糸紡ぎもして、手紡ぎの糸も紡いでいますよ。あいちゃんはお家でもがんばっています。これをショールのよこ糸に入れると、手紡ぎ糸はボコボコしてかわいいです。

こんなショールができる予定♪
image

image

やっと先日のオーガニックコットンの糸で織り始めました~。
1月末からのキビ刈りが、昨日やっと終わりました。この期間だけは、何もかも我慢でとにかく夜更かし禁物、睡眠をとる!っ感じでしたので、機織り機も泣く泣く放置されておりました。
気付けば一ヶ月...。
今日から織れるぞ🎵
ポカポカ陽気のあったかい日です。窓を閉めてると暑いぐらい。

緯糸は、オーガニックコットンの糸と、手紡ぎのインド綿、ペルー綿を10センチずつ交互に織り込んでいます。
ボコボコしているところが手紡ぎ糸です。
あえてどれも染めず、糸の質感の違いや自然の綿そのものの微妙な色の違いを楽しめるようなショールにしようと思っています。
マニアックかしら...?
初めての糸でちょっと織るのが難しいですが、手触りはいいはず!
image

image

またまた、先日からのオーガニックコットンのお話ですが...
今日は整経という、経糸をそろえる作業をしました。
この糸なんかすごい。作業中、さわっているだけで幸せになる...(´ー`).。*・゚゚
こんなに糸に感動したのは初めてかも。
作った人のこだわり、愛情を感じます。
癒すという言葉はあまり使いませんが、作業していると癒される...。
傷を回復させ、包み込み、暖かなパワーを送る、まさに、癒しですね。そんな力がある気がします。

いつもは染めや柄を考えますが、これは染めもなにもせずに無地で織りたくなりました。
染めるときれいですが、やはり糸には負担がかかります。
それでも普段は染めますが、この糸に限ってはもったいないと思いました。
自分が使うならこのままがいい。
この糸このままの手触りをショールに残したい。
つけているだけで幸せになるショールを作ってみたいです。image

このページのトップヘ