July 31, 2012

イルジメ 〜一枝梅〜

irujime

일지매
製作年:2008年
製作国:韓国

監督:イ・ヨンソク
脚本:チェ・ラン
音楽:吉俣良



出演:イ・ジュンギ チョ・ミンギ ソン・テヨン ハン・ヒョジュ キム・ソンリョン パク・シフ キム・チャンワン アン・ギルガン イ・イルファ イ・ヨンア イ・ウォンジョン イ・ムンシク

イルジメ・人物



第1話「忍び寄る影」
颯爽と宝を盗み、去っていく義賊イルジメ―
時は13年前に遡る。
王の功臣イ・ウォノは息子ギョムと漢陽(ハニャン=今のソウル)へ。
そこで、泥棒の濡れ衣を着せられていた少年チャドルを、ギョムの洞察力が救う。一方チャドルの義父・コソ泥セドルは、息子のためにコソ泥をやめようと改心した。そんなセドルにある仕事が舞い込む。チャドルのためお金が必要だったセドルはイ・ウォノの命に関わる仕事だとは知らず引き受ける。
しかしこのことによってチャドルは権力者ピョン・シクの家に養子に出され、“シフ”という名前になり、セドルと離れ離れに…!
01_0201_01
01_0301_04



第2話「引き裂かれた家族」
イ・ウォノは謀反者に仕立て上げられ、息子ギョムの目の前で刺客に殺されてしまう。ただならぬ事が起きていると察し、イ・ウォノの屋敷に忍び込んだセドルの耳に、戸棚の中から助けを求める声が聞こえる…!持ち帰った戸棚から出てきたのは、なんとギョムだった!
ギョムの家族は引き裂かれ、ギョムも刺客に追われていた。
心優しいセドルは、次々と起こる衝撃的な出来事により記憶を失ったギョムをかくまい、“ヨン”と名付け、妻・タンの反対を押し切って実の子として育てることに。13年後、成長したヨンは遊びたい放題の毎日を送っていた…
02_0102_02
02_0302_04



第3話「再び現る刺客」
学堂に通うヨンを仲間と共にひどく痛めつける権力者ピョン・シクの息子シワン。気を失ったヨンは山中に放置される。
さらに、ヨンは何者かに連れ去られ、「お前はギョムか」と問い詰められ、殺されかける。帰って来ないヨンを必死に探し回るセドル。
ヨンの失踪にシワンが関わっていたことを知り、彼を殴ってしまう。
その頃、ヨンは猟師のチャンに助けられ一命を取りとめるが、チャンはヨンが謀反者の息子“ギョム”であることに気付き…。一方、シワンを殴ったセドルは捕らえられ、手首を切られる刑に…!
03_0103_02
03_0303_04



第4話「記憶のかけら」
父・セドルを救うため、ヨンは格闘賭博に出場する。
同じくセドルに育てられたシフも、シワンに仕向けられて出場することに。
シワンの企みを知らない二人は、父親を救うために必死で戦うのだった。この悲しい勝負の行方は…?!
その後、格闘賭博場からセドルの元へ向かう途中、ヨンはまたしても刺客から命を狙われる。必死で逃げるヨン。
そんな彼に、甦ってくる記憶のかけらが…
04_0104_02
04_0304_04



第5話「葬られた過去」
ヨンは自分の過去を知るシム・ギウォンが、謀反人として捕らえられる姿から父・ウォノの死を思い出し、完全に記憶を取り戻す。
しかし、シム・ギウォンが八つ裂きの刑になり、父の死謎のまま…。
ヨンは、父の復讐を誓い、母と姉の行方を捜しはじめる。
同じ頃、シム・ギウォンの甥、クォン・ドゥヒョンが謀反の真実を明かそうとするが、何者かによって殺されてしまう。
しかし彼は、密かに最期の言葉を遺していた…
05_0105_02
05_0305_04



第6話「告発」
クォン・ドゥヒョンの遺書には、イ・ウォノの死の真相が書かれていた。
ウォノの死を指示した人物は、必至でその遺書をに入れようとする。
一方、ヨンは居場所が分かった姉に会いに行くが、追われる身になった姉には会うことも助けることも出来なかった。
その後も姉の行方を捜し続けるヨンに、科挙試験の当日、姉の居所が分かったとの知らせが入る。
ヨンの科挙合格を祈るセドルとタンの気持ちを尻目に、ヨンは会場を後にする。
06_0106_02
06_0306_04



第7話「目の前の姉に…」
ヨンは妓生たちから姉の情報を聞き出そうとするが、春画売りの現場を押さえられ牢獄行きに。
偶然にも同じ牢獄にはシフの告発で捕まったヨニがいたが、互いに気づかない。
一方、ヨニがイ・ウォノの娘で弟ギョムを捜していたと知るピョン・シク。
ウォノを暗殺した人物からギョム捜しを命じられ、ヨニに弟の居場所を吐かせようとするが、ヨンが弟と気づいたヨニは口を割らない。
釈放されたヨンは同じ牢獄にいた官婢が姉と知り驚く。さらに処刑されると聞き…。
07_0107_02
07_0307_04



第8話「イルジメ誕生!」
父と姉を殺した人物を捜し出そうとするヨンは、捕卒になるためと嘘をつきセドルから盗みの技を教わる。
そして夜な夜な官吏の屋敷に忍び込み、父を斬った剣に刻まれていた文様を手がかりに“仇”を捜す。ある晩、戸曹判書の屋敷から剣らしき物を盗み出すが、中に入っていたのは著名な画伯が描いた絵でヨンは捨ててしまう。
だが、その絵を拾ったデシクが盗難容疑で連行。ヨンは王に再捜査を直訴するが、結局デシクが犯人とされる。そして処刑の日…。
08_0108_02
08_0308_04



第9話「初恋の少年」
かつて住んでいた屋敷の塀の上で眠っていたヨン。
ウンチェはおばが住むことになったその家の庭でヨンの姿を見つけ驚くが、ウグイスと梅にまつわる話をするヨンに初恋の少年の姿を重ね合わせ運命を感じる。
そしてヨンは戸曹判書の隠し財産を奪うことに成功。
盗んだ現場に梅の花の絵を残すことから「イルジメ(一枝梅)」と呼ばれるが、義禁府の必死の捜査も虚しく、正体は掴めぬまま。そんな中、ヨンはシフが姉を告発した人物と知り…。
09_0109_02
09_0309_04



第10話「昼の顔・夜の顔」
幼い頃に出会った少年が持っていた帯飾りを拾って以来、持ち主を捜していたポンスンだが、それがヨンのものと知り驚く。
そのヨンは天友会の歓送会に変装して潜入。“黄金のカエル”を盗み出すが、ふと父が天友会に所属していたことを思い出し、“仇”は会の一員だと確信する。
そしてウォノの命日。いまだ法事を行い続けているタンをセドルは切なく見つめていた。
一方、ヨンはシワンに連れられピョン・シクの屋敷に行くが、そこで天友会の名簿を発見。父の名が「謀反を図り自決」として抹消されていることを知り、怒りに震える。
10_0110_02
10_0310_04



第11話「運命の対峙」
家に連れ戻されるウンチェをさらい出し、物乞いたちの世話を焼く彼女を見守るイルジメ。
帰りの夜道を家まで送るが、そんなイルジメにウンチェは心惹かれていく。
そしてヨンはウンチェが「イルジメは盗んだ物を貧しい者に分け与える義賊」と思っていることを知り、盗んだ財宝を食糧や金に換えて物乞いたちの元に届けるのだった。
イルジメはウンチェの部屋から天友会の名簿を盗み出し、会員の屋敷を次々と狙う。だが名簿を戻しに行くと…。
11_0111_02
11_0311_04



第12話「やるべきことのために」
シフに刺されたヨンの傷を手当てしたコンガルは、胸の刺青からヨンの正体を知る。
目を覚ましたヨンは、傷も癒えぬまま次に狙う屋敷に忍び込む準備を進める。
一方、シフはウンチェの様子からイルジメが天友会の名簿を盗んだと察し、狙いが会員宅だと気づく。
全会員宅は厳重警備がしかれ、シフに傷を負わされるイルジメ。
目的を果たすため、ヨンはコンガルに武術を教えてくれと頼み込む。同様にシフもサチョンに武術の指導を請うていた。
12_0112_02
12_0312_04



第13話「幼い命のために」
武術の修行を終えたヨンはコンガルから刃のない剣を渡される。
人を殺すためではなく助けるために剣を使えというコンガルの言葉を胸に町へ戻ったヨン。
その頃、町では清の勅使の息子チョン・チホンが酒を飲んで馬を乗り回し、八百屋の娘ヤンスンをひき殺すという事件が起きていた。
ポンスンら民衆は使臣館に逃げ込んだチホンに抗議し座り込みを開始。
これを暴力で押さえ込もうとする義禁府のやり方を目にし、ヨンは密かにある準備を始める。
13_0113_02
13_0313_04



第14話「イルジメ、再び!」
民衆の抗議は過熱し、義禁府は解散しなければ投獄すると警告を言い渡す。
これに刺激された民衆の蜂起は大きくなり、ついに兵士たちが民衆に矢を向けたその時、使臣館の塀の上にはイルジメが!
チホンを吊るし上げにするイルジメに民衆は声援を送るが、セドルはその腕にヨンが持っていたものと同じ髪飾りが巻かれていることに気づく。
そして山奥の小屋に向かうが、そこでヨンがイルジメであり記憶も戻っていたと知り衝撃を受ける。
14_0114_02
14_0314_04



第15話「封じられた真相」
不正に富を蓄える官吏の家に忍び込み、盗んだものを民衆に届けるイルジメ。
町ではイルジメ人気が高まる一方、義禁府はイルジメを捕らえようと躍起になるばかり。
そんな中、ウォノの息子が生きているという情報を得たキム・イッキはヨンに会おうとしていた。
父の死の真相が明らかになると思ったヨンだったが、仁祖の命令によりキムは暗殺されてしまう。
さらに清の勅使チョンは町の若者達を捕らえ、イルジメをおびき寄せる作戦に出る。
15_0115_02
15_0315_04



第16話「父の思い」
イルジメの活躍によりチョン父子は清に送り帰されることに。
皆が喜ぶ中、セドルは危険に身を置くヨンを思い、胸を痛める。
そのヨンはセドルとタンが婚礼式を挙げていないと知り、一肌脱ごうと考える。市場の人々の協力を得て式の準備は進められ、セドルとタンはようやく結ばれるのだった。
一方、シフはある男からピョン・シクが実の父ではないと聞かされ、タンに怒りをぶつける。
そんな中、イルジメの捕獲作戦が行われると知ったセドルは…。
16_0116_02
16_0316_04



第17話「最期の言葉」
ヨンを助けようとイルジメに扮して捕まったセドルは、ひどい拷問を受け瀕死の状態に。
シフに背負われタンの元に戻るが、そんな時でも二人の息子たちを案じていた…。
ヨンはセドルが忍び込んだ屋敷に侵入するが、主人はすでに殺されていた。
さらに次の標的の邸宅に忍び込むが、義禁府の役人に追われ、ついにシフに刺され重傷を負う。
イルジメの格好で戻ってきたヨンを目にしたタンは、シフからヨンを守るため二人が兄弟だと明かしてしまう…
17_0117_02
17_0317_04



第18話「復讐を前に」
ピョン・シクを犯人だと思い込んだイルジメは、ウンチェを人質にし父の死の真相を問い詰めるが、殺害を命じたのは殺されたイ・ギョンソプだと聞き愕然とする。
復讐を断念しイルジメを葬ることを決意するヨン。
一方、ポンスンもイルジメの正体を知ることに。
宮殿では清へ支援兵を送るため志願兵を募るが、ヨンの親友デシクも志願。彼らの危険を察したヨンは再びイルジメとして立ち上がる。
だがイルジメとウンチェが恋仲と知ったサチョンも動き出し…
18_0118_02
18_0318_04



第19話「大切な人たちのために」
ヨンのために死ぬ覚悟をしたポンスンはイルジメに変装、サチョンらに追い詰められたその時、コンガルが現れる。
そして自らポンスンに剣を向けると、共に絶壁から身を落とすのだった。
ポンスンが自分のために命を落としたと知り、悲しみに暮れるヨン。
だが大切な人々の命を奪った真犯人を捜し出し復讐することを誓い、宮殿に侵入する準備を進める。
イルジメの正体を知る仲間達の協力を得て、清の使臣に変装し宮殿に忍び込んだヨンは…。
19_0119_02
19_0319_04



第20話「最後の対決」
イルジメの登場により宮殿内は大騒動に。
デシクら志願兵もイルジメの指示で無事脱出し、ヨンは最後の目的である父の復讐を果たすべく仇が所持する剣を捜す。
一方、シフは偶然ある血書を目にしてしまう。そこには実父ウォノの死の真相が…。
さらに自分がウォノ暗殺の原因を作ってしまったことも知り驚愕する。
同じ頃、ヨンも父を殺した犯人が王であるという事実に衝撃を受ける。そして、ついに王との対決の時が来た…。
20_0120_02
20_0320_04





tina87 at 21:10│Comments(0)TrackBack(0)あ行 | ★韓国ドラマ

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。