2007年04月24日

介護福祉士

介護福祉士は、介護の現場で実際に高齢者や身体の不自由な方の介護をする仕事として、唯一の国家資格です。

介護福祉士はまだまだ足りない!高齢化、核家族化の進行によって家族だけで介護をすることが難しくなり、介護をプロの仕事として頼むニーズは高まっています。 また介護保険制度の普及により、介護職にはますます専門性が求められ、この有資格者の重要性は増しています。

介護のエキスパートに!介護福祉士国家資格を取得するには、養成施設に2年通うか、3年以上の実務経験を積んだ上で国家試験を受ける必要があります。

実務経験がない場合 施設や介護サービス企業で、介護アシスタントとして働きながら、ユーキャンの講座を受講するのが現実的な資格取得法。初めての仕事、慣れない作業でも、講座を受講していれば安心してこなせます。学習していない人とは格段の差がつき、評価もアップ。

tineina at 14:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔