February 08, 2006

ミュンヘン

報復が齎す孤独と苦悩Munich



 

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: エリック・バナ
    ダニエル・クレイグ
    シアラン・ハインズ
    マチュー・カゾヴィッツ
    ジェフェリー・ラッシュ
    ハンス・ジシュラー
    マイケル・ロンズデール
    ギラ・アルマゴール
    イヴァン・アタル
監督:スティーヴン・スピルバーグ
2005年 アメリカ 164分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■


1972年、ミュンヘン・オリンピック。
そう聞いて思い出すのは、
日本男子バレーボール、金メダル。
対ブルガリアの準決勝の衛星中継を
夜中に観ていたのは、わたしだけではないだろう。

歓喜に沸いたわたしたちは、あまりにもその印象が強いが、
そのオリンピックで
中学生のわたしが受けた大きなショックは、
選手を巻き込んだテロが発生したことだった。

「出場するはずのイスラエルの選手は死亡しました」という、
競技会場でのアナウンサーの解説があったのを覚えている。

この作品は、その後の物語であった。


1972年9月、西ドイツ、ミュンヘン。
パレスチナのテロリスト“黒い9月”は、
オリンピック選手村に潜入、襲撃し、
結果的に、
イスラエルの選手11人が犠牲になる。

イスラエル政府は、
諜報機関モサドの精鋭5人を選び、
極秘裡に“黒い9月”幹部11名の暗殺を計画する。
チームリーダーのアヴナーは、
まもなく生まれる子供の顔を見ることなく、
非情な任務に就くことになる。

テロに対する報復は、
その後に何を残すのか。新たに何を生むのか。
彼らに課せられた任務と、
彼らに芽生える葛藤と、恐怖。

美しい風景など、ほとんど出て来ない。
時折、テーブルいっぱいの豪華な食事や、
別天地のような、ある家庭の光景や、
ふっ、と笑える場面が盛り込まれることで、
幾分、緩和されるものがあったとしても、
基本的には、閉塞した空気に支配されたまま、
164分を感じさせないリズムで一気に走ってゆく。

この作品の設定を聞きかじっただけで、
凄惨な場面が待っていることは、
観る前から予想できた。
題材が題材だけに、
物語の展開は、明るいものではないと察しもついた。

観ている途中から、重くなっていく気持ちは、
終わってからもなかなか解消されなかった。
解消する方法があるとすれば、ただひとつ。
連鎖を断絶するためには、
どちらかの報復を断念しなければならない。
だが、国家の誇りと名誉のため、
その道を誰も選ばない。

反撃を恐れず戦って、
捨石が倒れたら、補充するまで。
何の保障もなく、信じられるものは自分たちの力量だけ。
そんな組織に身を置いた5人の男たち。
彼らの「功績」が彼らに齎したものとは…
そして、彼らが辿る道とは…



終わらない悲しい連鎖は、
いったいいつまで続くのだろうか。
安住の地を持たない誇り高き民族に、
いつ、心穏やかに暮らす日が来るのだろうか。

決して、豊かな実りを約束しない、
アヴナーの行動と苦悩は、民族の運命の代弁である。
彼らの誇りや民族意識を否定せず、
平和に解決してゆく方法は、
もはや存在しないのであろうか。



◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


モサドの暗殺チームの面々は。

主演のアヴナーに、エリック・バナ。
『トロイ』での好演が印象深い。
まもなく生まれる子供を心待ちにする誠実な男が、
冷酷非情な任務の遂行と、その過程で変化してゆく内面を、
時に穏やかに、時に激しく演じる。

新・ジェームズ・ボンドに決まったダニエル・クレイグ。
敏捷で行動力に優れた青い眼のテロリスト。
その瞳の美しさは冷酷な光でもある。

爆弾専門のメンバーとして、マチュー・カソヴィッツ。
彼の雰囲気は、この作品の中でとてもいい味だ。
『アメリ』では、アメリの恋人に扮していた、
奇妙だが、憎めない温かそうな彼である。
この人は、監督としても活躍しているのだそうだ。

また、何故かわたしはこの人の出演作をかなり観た、
シアラン・ハインズ。
『オペラ座の怪人』のフィルマン、『トゥーム・レイダー2』、
『ヴェロニカ・ゲリン』『カレンダー・ガールズ』など、
活躍の幅が広い。

最後のひとりはハンス・ジシュラー。
先日、『太陽の雫』で観たばかりだ。
ここでは、
ここぞ、という時の決断力と集中力を持つ、
普段は穏健な初老のテロリストであった。


暗殺チームに関わる、ふたりの重要な男たち。
ひとりは、
ジェフェリー・ラッシュ。
この人は、出てきただけで、既に不気味に怪しい。
どこまで信じればいいのか、どこからが嘘なのか、
主人公と同じ目線で疑って見てしまう。
時代を感じさせるめがねの奥、
静かに燃えるような目は、ここでも健在である。

そして、
『ジャッカルの日』『薔薇の名前』『日の名残り』の、
マイケル・ロンズデール。
彼の一言一言に深い意味があって、
言動から目を離せない存在感であった。
こういう状況でなく、
よい関係でアヴナーに出会わせてやりたかった。


重いテーマを、さらに重くするような見事な布陣。
見ごたえのあるキャスティングであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◇



tinkerbell_tomo at 21:50│Comments(52)TrackBack(138) 洋画【ま】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ミュンヘン  [ ネタバレ映画館 ]   February 08, 2006 22:53
 また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・  イスラエルとパレスチナの仁義なき戦い。復讐が復讐を呼び、際限なき憎しみが連鎖する。ご存知のとおり、スピルバーグ監督はユダヤ人であるけど、どちらが悪いなどといった次元の映画ではな...
2. 「ミュンヘン」  [ 試写会帰りに ]   February 08, 2006 23:23
中野ZEROホール「ミュンヘン」試写会。 1972年ミュンヘン・オリンピックで11人のアスリートが殺害された。深い悲しみの中、イスラエル政府が下した決断は報復だった……。史実に基づいた物語。スティーブン・スピルバーグ監督。 スピルバーグ監督の最高傑作と言われている事....
3. ミュンヘン(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   February 08, 2006 23:26
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ 【公開日】??uagQ
4. 映画館「ミュンヘン」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   February 08, 2006 23:27
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピックのときに...
5. ミュンヘン MUNICH  [ travelyuu とらべるゆう MOVIE ]   February 08, 2006 23:32
監督・製作のスティーヴン・スピルバーグ エリック・バナ主演 ミュンヘン1972年9月5日早朝 オリンピック村で パレスチナ過激派組織「黒い9月」がイスラエル選手団11人を捕らえ パレスチナ人 234 名の解放を求めます そしてテロリスト達は ミュンヘン空港からエジプト・...
6. ★「ミュンヘン」  [ ひらりん的映画ブログ ]   February 08, 2006 23:35
公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
7. ミュンヘン  [ 色即是空日記+α ]   February 08, 2006 23:36
【わたしは正しいのか?】 1972年、ミュンヘンオリンピックでイスラエルの11人のアスリートが殺された。政府が下した判断は 『報復』。事実に基づいたストーリー。   2時間44分、長いけれどわかり易くぎっちりつまってます。 今なお続くテロと報復、その....
8. 映画 MUNICH  [ プリンストンに暮らす ]   February 08, 2006 23:40
本日スピルバーグ監督の映画 Munich が全米公開されました。 ミュンヘン在住時より、この映画の製作にはとても興味を持っていたので、 早速主人とプリンストンの古い小さな映画館へ出かけてきました。 もちろんイスラエル関係紙は、ハリウッドの冷めたスープと酷評ですが、 ...
9. 映画「ミュンヘン」  [ ミチの雑記帳 ]   February 08, 2006 23:50
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃事件を、当...
10. 『ミュンヘン』試写  [ Sign of Thursday ]   February 08, 2006 23:57
昨夜、スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『ミュンヘン』(原題『MUNICH』)の試写会に行ってきた。会場は大阪厚生年金会館芸術ホール。この作品は史実に基づいて制作されおり、1972年のミュンヘンオリンピック開...
11. ミュンヘン  [ シャーロットの涙 ]   February 09, 2006 00:02
1972年9月5日ミュンヘンオリンピック開催中に「ブラック・セプテンバー」によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。イスラエル秘密情報機関「モサド」は暗殺チームを結成。・・・報復を実行していく様を事実を元に描き、そこに真の平和とは何かを問うテーマを織り込むヒュ...
4 とりあえず・・・長ッ!(笑) 2時間44分の社会派ヒューマンドラマにはスティーブン・スピルバーグ監督の並々ならぬ思い入れを感じます。長いんですけど、絶えず緊張感を漂わせ中だるみもほとんど感じられないのは流石といったところでしょうか。 +++ちょいあらすじ
13. 『ミュンヘン』  [ ラムの大通り ]   February 09, 2006 00:18
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方が…かも。 ----この映画、今日から公開だよね。 フォーンも観たけど、どうだった? 「う〜ん、ぼくは勘違いしていたね。 まずは物語を要約してみよう。 ミュンヘン・オリンピックの開催...
14. ミュンヘン  [ 映画通の部屋 ]   February 09, 2006 00:39
「ミュンヘン」MUNICH / 製作:2005年、アメリカ 164 PG-12指
15. 「ミュンヘン」  [ それ、いいかも? ]   February 09, 2006 00:42
「ミュンヘン」 謀略史観的な書物では、モサドといえば世界中の情報工作機関の中で最も優秀で最もプロ意識の高い冷徹な集団として描かれるが、この映画に登場する工作員たちはそれにはほど遠い。 水も漏らさぬ完璧な計画を立てるでもなく、表情ひとつ変えずに敵を始末するわ...
16. これで、真の平和を問う???? 「ミュンヘン」  [ 平気の平左 ]   February 09, 2006 01:07
評価:65点 ミュンヘン ネタバレあり 「宇宙戦争」のときに、コメント欄がすごいことになったので、あまりスピルバーグ作品を批判するのはよそう、と心に固く誓ったんですけど、相性が悪いのかなぁ・・・ 途中までかなりよかったのに、わかりきった主張をわざわざ主...
17. ミュンヘン  [ cinema capsule ]   February 09, 2006 01:10
ミュンヘンオリンピックで実際に起こったテロ事件。 史実を元に描かれる報復と精神のバランスを崩していく 男の姿を描く。 ★「ミュンヘン」 2005年アメリカ 164分 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン...
18. 映画『MUNICH』劇場鑑賞  [ 蛇足帳~blogばん~ ]   February 09, 2006 01:25
Steve Spielberg監督作品の映画『ミュンヘン』を観て来ました。 1972年の「ミュンヘン・オリンピック」で実際に起きた、パレスチナのゲリラ「黒い9月(Black September)」によるイスラエル選手団の人質殺害事件を基にしていて、今も続いているイスラエルとパレスチナの紛....
19. ミュンヘン  [ ショウちゃんのエーガな日常 ]   February 09, 2006 02:06
例えていえば、在日朝鮮人の監督が松竹、東宝か東映で、一連の日本人拉致事件は北朝鮮の工作員によるという映画を製作したようなもの。 というと例えがあまりに乱暴だろうか。 ミュンヘン・オリンピックで起こったパレスチナ人によるイスラエル・チームの人質監禁および、そ...
20. ミュンヘン・・世界を視野にいれた互いの理解  [ |nao-life | ]   February 09, 2006 02:07
ミュンヘンを観てきました。 上映時間が長いと言われていますが、私の感想としては、 死と隣あわせの緊張が続き、中だるみなく観ることができました。 おそらくこの緊張感は、映画館だからこそ生まれるものだと思います。 少しでも観てみたいなと感じているのでしたら、...
21. ミュンヘン  [ No Need To Argue ]   February 09, 2006 02:15
4 2005年/アメリカ/164分/日本公開日:2006-02-04 〜 (MUNICH) 監督:スティーヴン・スピルバーグ プロデューサー:スティーヴン・スピルバーグ/キャスリーン・ケネディ 脚本:エリック・ロス 撮影:ヤヌス・カミンスキー 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:エ...
22. 映画 ミュンヘン  [ ★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★ ]   February 09, 2006 02:22
スティーブン・スピルバーグ監督作品 MUNICH 1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された 深い悲しみを胸に、愛する家族を残し、枯れ葉暗殺者となる?? 真の平和とはなにか この映画は、前勉強をしておくと、より楽しめるだろう。 近代史を知って見るのと、...
23. 「ミュンヘン」■報復から何が生まれるのか?  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   February 09, 2006 02:41
この映画が言いたいことは明らかである。報復が生み出すものは、はてしない暴力と憎悪であり、それは子どもであろうとも、誰であろうとも巻き込んでいくということだ。そして、そこからは何も解決しないということである。報復によって、ある人物を殺害しても、その次の人...
24. 「ミュンヘン」  [ カズアマタノツヅリ ]   February 09, 2006 02:57
スティーブン・スピルバーグの新作映画「ミュンヘン」を見る。 ミュンヘンオリンピックでのイスラエル選手団の 殺人事件という実話が基になっている。
25. 『ミュンヘン』  [ 異国映画館 ]   February 09, 2006 03:07
2005年 アメリカ 公開日:2006/02/04 劇場鑑賞06/01/20           ミュンヘン   監 督 : ...
26. ミュンヘン  [ パレード ]   February 09, 2006 05:58
 冷たい雨の降る有楽町へ。映画「ミュンヘン」、その試写会を観るためだ。  1972年、平和の祭典オリンピックは地獄と化した。選手村へ武装したテロリスト集団が進入、イスラエル選手11人を人質に取り篭城する。その結果、選手全員が殺害されたいわゆるミュンヘン事件で...
27. ミュンヘン(2005年)  [ 勝手に映画評 ]   February 09, 2006 06:58
タイトル ミュンヘン ---感想--- 1972年のミュンヘンオリンピックで起きた11人のイスラエル人アスリートの殺害事件。この物語は、その後のイスラエル政府の報復作戦を描いた、事実に基づいた「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」に続く、スピルバーグの歴史モノ...
28. ミュンヘン  [ Big Screen ]   February 09, 2006 07:27
テーマはとってもシリアスなのだけど、映画全体は思ったほど重たくは無かったというのが第1印象です。 スピルバーグは色んなジャンルの作品を生み出していますが、この作品は、シンドラーのリスト(1993) 、プライベート・ライアン(1998)の流れを汲む感じでしょうか。 ただ....
29. ミュンヘン  [ 夢見る小悪魔 ]   February 09, 2006 07:28
ミュンヘン(オフィシャルサイト) 1972年、ミュンヘン・オリンピック開催中に発生した パレスチナゲリラ “ブラック・セプテンバー”による イスラエル選手団襲撃事件。 アスリート11名の尊い命が奪われる― パレスチナへの復讐心に火がついたイスラエル...
30. 『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました  [ 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 ]   February 09, 2006 07:46
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド)は、報復の
31. Munich  [ 遠慮無く…書くよ! ]   February 09, 2006 08:07
久々に骨太の映画を観た思いでした。胸が苦しくなりましたけど・・・。色んな見方ができる映画です。Espionageモノのとしてもかなりのリアリティーを持ってますし、パレスチナ問題
32. 『ミュンヘン』  [ Brilliant Days ]   February 09, 2006 08:18
72年のミュンヘン・オリンピック当時、この事件の報道を息を呑んで見つめ、最悪の結果にかなりショックを覚えた記憶がある。 その時はまだオリンピックに選ばれて出場するような優秀なスポーツ選手が、何故殺されなければならないのか? 彼らは何も悪くないのに!? ただた...
33. ミュンヘン  [ まったりでいこう〜 ]   February 09, 2006 08:51
暗くそして重い内容で時間は3時間近くあったように思いますが、あまりその長さは感じませんでした。むしろ話自体に引き込まれ、気がつけば食い入るように観ていたという感じです。 もとになったこの事件のことを私は知りません。なので誰もが知るオリンピックの大会で、こん...
34. 『ミュンヘン』  [ flicks review blog II ]   February 09, 2006 08:55
 ミュンヘン・オリンピックというと思い出すのは水泳のマーク・スピッツと日本のバレーボール、それからパレスチナ・ゲリラが選手村で引き起こしたイスラエル選手団の拘束と殺害。??
35. ミュンヘン  [ 【極私的】Movie Review ]   February 09, 2006 09:55
原題…MUNICH 監督…スティーブン・スピルバーグ 出演…エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ 極私的満足度…△ 事前勉強が必要だったかも? トリノ冬季五輪を目前に控えたこの時期に封切、なんともグットタイミングというか何というか…オリンピッ...
36. ミュンヘン  [ えいがの感想文 ]   February 09, 2006 09:59
監督: スティーヴン・スピルバーグ 出演: エリック・バナ ほか 「ミュンヘン」 1972年のミュンヘンオリンピックでのパレスチナ・ゲリラによるイスラエル選手11人殺害事件のその後、イスラエル暗殺部隊5人による報復の過程を描く、史実に基づいた作品。 スピルバーグ...
37. ミュンヘン、試写会  [ ITニュース、ほか何でもあり。 ]   February 09, 2006 10:02
スティーブン・スピルバーグが監督した問題作。 なかのZERO(中野ZEROホール)での開催。 1290余席の会場だが、ある程度の傾斜が確保されていて見やすい。 「トロイ」のヘクトルとしてブラピのアキレスと一騎打ちを演じたエリック・バナが、 イスラエルの特殊部隊モ...
38. 「ミュンヘン」  [ てんびんthe LIFE ]   February 09, 2006 10:10
「ミュンヘン」一ツ橋ホールで鑑賞 感想を書く事がこんなにも困難極まりないと思わせるスピルバーグ監督作品。「シンドラーのリスト」だってもう少しストーリーが解るのでこの作品よりは書きやすいと思います。とにかくスピルバーグ=誰にでも受け入れやすいエンタメ作品...
39. 「わたしは正しいのか?」  [ ~りっちの戯言~ ]   February 09, 2006 10:20
ちょっと遅くなってしまったが、2月4日(土)に映画『ミュンヘン』(公式サイトはココ)を観た縷 史実に基づいた物語で、1972年、ミュンヘンオリンピック開催中、パレスチナゲリラ「ブラック・セプテンバー(黒い9月)」が選手村に潜入し、イスラエル人選手ら11人を人...
40. ミュンヘン  [ Akira's VOICE ]   February 09, 2006 10:21
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
41. シネマ日記 ミュンヘン  [ skywave blog ]   February 09, 2006 10:28
エンターテイメントとしての映画ではなく、報道としての映画。 ドキュメンタリーではないが、真実を見つめる。そんな感想を抱きました。 国家と民族、そして家族と個人。正義の
42. 「 ミュンヘン 」  [ MoonDreamWorks ]   February 09, 2006 10:47
 監督 : スティーブン・スピルバーグ 主演 :  エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ      マチュ−・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ公式HP:http://munich.jp/ 「 ミュンヘン 」  歴史の裏に隠された、1972年...
43. ミュンヘン  [ 何を書くんだろー ]   February 09, 2006 10:59
「ミュンヘン」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  1972年、ドイツのミュンヘンで開催されるオリンピックのため、選手たちが次々と選手村へと集まる 中、ブラック・セプテンバー(黒い9月)と名乗るテロ集団によって、イスラエル人の選手、コーチ、大...
44. 『ミュンヘン』ジャパンプレミア  [ DVD映画人ブログ ]   February 09, 2006 11:18
 スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『ミュンヘン』がついに日本でお披露目となりました。  実際に起きたテロ事件を題材にしたこの映画は、不必要に当時の関係国を刺激しないように、公開まで徹底した秘密主義計画のもと情報管理されてきました。  だからかど...
45. ミュンヘン  [ メルブロ ]   February 09, 2006 11:23
4 ミュンヘン 上映時間 2時間44分 監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ジェフリー・ラッシュ  「シンドラーのリスト」「プレイベート・ライアン」でアカデミーをとったスピル...
46. ミュンヘン・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   February 09, 2006 11:57
久々に本気のスピルバーグは、やはり凄い。 暗殺者になる使命を受け入れる事で、永遠の重荷を背負ってしまった一人の男の長く悲しい心の旅を描く、ある種のロードムービー。 「ミュダ
47. 【ミュンヘン】  [ にゅるろぐ ]   February 09, 2006 12:00
1972年9月。 ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇
48. ミュンヘン・・・試写会にて  [ ESCAPE TO VICTORY ]   February 09, 2006 12:36
上映時間が2時間44分。 CM・予告を含めると3時間近く。 入場前には必ず用を足しましょう。 ラスト30分ぐらいでトイレに立つ人が非常に多かったので。      (さて、ここから映画の中身の話。ネタバレあります) この事件が発生したときは、生まれてい...
49. ミュンヘン  [ It's a Wonderful Life ]   February 09, 2006 12:50
2時間44分の長い作品ですが、 スピルバーグ入魂の力作で素晴らしい作品でした。 物語の発端なった恐ろしいミュンヘンオリンピックの惨劇事件は この映画が話題になるまで知らなかったんです。 その事件の顛末を描く作品だとばかり思ってましたが、 後日談の報...
50. ミュンヘン  [ エリ好み★ ]   February 09, 2006 15:17
席がなくて、前から三列目で観たのが悪かったのか、終わる頃にはどんよりでした(-"-;)
51. ミュンヘン  [ こっちゃんと映画をみまちょ♪ ]   February 09, 2006 15:44
頑張れ浅田真央!五輪の星となれっ!ちみなら出来るゾ!できるぞぉ〜!いけぇぇぇぇッ! えっ? 彼女、出れないんですか?・・・っていつの話しじゃ   しかし何ですな。日本がミキティだの、荒川静香の稲葉ウアーだのと盛り上がっている中、こんなトコに盛り上が...
52. 「ミュンヘン」みた。  [ たいむのひとりごと ]   February 09, 2006 16:54
エンドクレジットの後ろに見える風景、何かを彷彿させるあのツインのタワーは”今”
53. 映画「ミュンヘン」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   February 09, 2006 19:00
原題:MUNICH 1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックでのパレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー"による人質事件、そして報復の暗殺の物語が綴られる・・。 この映画、事件の関係者のコメントに基づいて創られたという。パレスチナゲリラの獄中...
54. 『ミュンヘン』  [ なんでもreview ]   February 09, 2006 19:41
「この国の未来のため」という正義。
55. ミュンヘン  [ パレード ]   February 09, 2006 19:48
 冷たい雨の降る有楽町へ。映画「ミュンヘン」、その試写会を観るためだ。  1972年、平和の祭典オリンピックは地獄と化した。選手村へ武装したテロリスト集団が進入、イスラエル選手11人を人質に取り篭城する。その結果、選手全員が殺害されたいわゆるミュンヘン事件で...
56. MUNICH -ミュンヘン-  [ 日々日和 -nicHi nicHi Biyori- ]   February 09, 2006 19:50
MUNICH 平和とは何なのか。 ミュンヘン。 本日観て参りました。 ネタばれになります。 見ようかなぁとお考えの方、これ以上は読まないで! 1972年ミュンヘンオリンピックでのおきてしまった出来事。11人ものユダヤ人アスリートたちが...
57. 映画のご紹介(92) ミュンヘン  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   February 09, 2006 20:16
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集....
58. 『ミュンヘン』★★★★・91点  [ ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ ]   February 09, 2006 21:15
『ミュンヘン』公式サイト 制作年度/国;'05/米 ジャンル;社会派ドラマ               配給;アスミック・エース  上映時間;2時間44分  PG−12 監督;スティーヴン・スピルバーグ 出演;エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ観...
59. ミュンヘン  [ きょうのあしあと ]   February 09, 2006 21:36
「私は正しいのか?」 監督:スティーヴン・スピルバーグ 脚本:トニー・クシュナー、エリック・ロス 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ、他 劇場:TOHO CINEMAS 川崎 ...
60. ミュンヘン  [ 5125年映画の旅 ]   February 09, 2006 21:53
4 スピルバーグという男は、時々こういう恐ろしい 映画を送り出してくるから侮れない。 『プライベート・ライアン』や『シンドラーの リスト』で用いた直接的残酷描写を、テロ行為と その報復という下地を元に描いたのが この『ミュンヘン』です。 映画の冒頭こそ政....
61. FUN the Academy Special … 『ミュンヘン』  [ FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して?? ]   February 09, 2006 22:17
『FUN the Sunnyday』
62. 『ミュンヘン』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   February 09, 2006 22:34
ミュンヘンオリンピック。この時代に生きた人間なのですが、どちらかといえば「負けてたまるか」に関心があったので、事件の裏までは知りませんでした。
63. ミュンヘン /MUNICH  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   February 09, 2006 22:44
試写ホールの古椅子に座って観たらさすがにお尻痛くなった〜{/ase/} 退屈〜ってことにはならなかったけど、やっぱり長い。2時間44分{/ee_3/} 「長いなぁ、、、。」と思い始めた頃、意外とあっさり終わってしまった、、、 「ターミナル」といい「宇宙戦争」といい最近ど...
64. ミュンヘン  [ 八ちゃんの日常空間 ]   February 09, 2006 22:45
本年度映画鑑賞50作目。うち劇場観賞25本目。 スピルバーグが正攻法できっちり作って狙っている作品。 どれだけの賞を取れるか見もの。 事実に基づく切なく悲しい映画だ。
65. ミュンヘン  [ Lovely Cinema ]   February 09, 2006 23:11
2005年/アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン・ハインズ    マチュー・カソヴィッツ    ハンス・ジシュラー    ジェフリー・ラッシュ 2006/2/4 映画館にて鑑賞 ★★★ スパ...
66. ミュンヘンが最有力候補か  [ Gotz BLOG for LOHAS ]   February 09, 2006 23:19
スティーブン・スピルバーグ監督の新作映画「ミュンヘン」が、第78回米アカデミー賞の最有力候補に挙げられている。しかし、アカデミー賞候補であるにもかかわらず宣伝は控えめだ。普通、映画の公開前には大々的なキャンペーンが行われるものだが、今回は政治的な理由からミ...
67. 【ミュンヘン】目には目を。。。  [ 見取り八段・実0段 ]   February 09, 2006 23:57
1972年のミュンヘンオリンピックで、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人がテロの犠牲になった。その事実に基づいた映画。実際に、このような事件があった事は全く知らず。。。ミュンヘンオリンピック事件(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』...
68. ミュンヘン・・・・・・スティーヴン・スピルバーグ  [ ぷち てんてん ]   February 10, 2006 00:00
☆ミュンヘン☆(2005)スティーヴン・スピルバーグ監督エリック・バナ・・・・・・・・・・・・・アヴナーダニエル・クレイグ・・・・・・・・・・・スティーヴ(車両のスペシャリスト)キアラン・ハインズ・・・・・・・・・・・カール(後処理専門)マチュー・カソヴィ...
69. 始まりでも「ミュンヘン」終わりでもない  [ 再出発日記 ]   February 10, 2006 00:17
「ミュンヘン」監督スティーヴン・スピルバーグ出演エリック・バナダニエル・クレイグジェフリー・ラッシュマチュー・カソヴィッツ1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件...
70. ■ミュンヘン (HR)  [ CINEMA STADIUM ]   February 10, 2006 01:32
at チネチッタ 4   2006 02/05 うひょ〜〜〜〜〜〜〜っ!! スゲェぜ、スピ兄ィ!!ときには「宇宙戦争」みたいなのがあっても、やっぱ腐っても、スピ兄ィは、スピ兄ィだった! 何よりパレスチナとイスラエルの問題を題材に一級のエンターテインメントしてるこつが...
71. 「ミュンヘン 」 Munich  [ 俺の明日はどっちだ ]   February 10, 2006 09:36
頭脳警察の PANTA が、♪ 銃を取って叫べ! あるいは、♪ さようなら世界夫人よ と歌っていたあの頃、連合赤軍の浅間山荘事件が起きて心情的に多くの人たちの中に70年安保の終焉を感じ、またイスラエルのテルアビブ、ロッド空港での日本人ゲリラ奥平剛士、安田安之、岡本公...
こんばんは。 晴れた金曜日です。 今日は、本日 一足先に一ツ橋ホールにて行なわれた試写会で観させて頂いたスティーヴン・スピルバーグ氏の新作映画について。 『 ミュンヘン (MUNICH) 』 (‘05年 アメリカ) 《 STAFF 》 監督 : スティーヴン・スピルバ...
73. 「ミュンヘン」  [ 映画とワンピースのこでまり日記 ]   February 10, 2006 09:56
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件が起こる。人質となった選手11名は全員死亡。これに激怒したイスラエル機密情報機関“モサド”は、秘密裏に暗殺チームを編成、首謀者1...
74. ミュンヘン  [ 吾輩はナマケモノである。 ]   February 10, 2006 10:12
恥ずかしいながら、自宅に帰って世界地図でイスラエルを探しました。 イスラエルも、パレスチナもPLOもニュースで耳にした程度で、どこの国の事かさえ知らなかったのです。 国と家族のため純粋な愛国心から、仇を討ちに行ったアヴナーと4人の暗殺者達。 英雄と称える仲間...
75. ミュンヘン  [ Take it Easy ]   February 10, 2006 10:31
この映画どうだった?と聞かれても、 「う~~~~む…」としか答えられなかった。 いや、悪くはないですよ。 前半の最初の頃の暗殺までは、とても上質な娯楽作品的だったし面白かった。
76. ミュンヘン  [ 不良中年・天国と地獄 ]   February 10, 2006 11:08
2月7日(火)新宿ジョイシネマ2にて1972年のミュンヘン・オリンピック。選手村で、《黒い9月》と名乗るパレスチナ・ゲリラが、イスラエルのコーチや選手11名を殺害しました。本作はその事件をモデルにしています。このとき、平和の祭典オリンピックは、一瞬にし...
77. 劇場鑑賞「ミュンヘン」  [ 日々“是”精進! ]   February 10, 2006 12:28
「ミュンヘン」を鑑賞してきました。スティーヴン・スピルバーグ監督最新作。「ハルク」「トロイ」のエリック・バナ主演。今作は、1972年のミュンヘンオリンピック開催中に、パレスチナゲリラ”ブラック・セプテンバー”による、イスラエル選手団殺害事件を描き、それ...
78. ミュンヘン  [ 「月の風」シネマ日記 ]   February 10, 2006 12:34
スティーブン・スピルバーグ監督作品 エリック・バナ主演 娯楽作品も社会派作品も撮るスピルバーグらしい映画だった。 この映画は、社会派作品だ。 内容は、1972年のミュンヘン・オリンピックで起こった襲撃事件から端を発する史実に基づくことらしいが、良いか悪いかは....
79. ミュンヘン (2005) MUNICH 164分  [ 極私的映画論+α ]   February 10, 2006 12:55
 1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報...
80. ミュンヘン鑑賞  [ *+She Said+* ]   February 10, 2006 13:52
この前『ミュンヘン』を観てきました ストーリー 1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された。 深い哀しみの中、政府がくだした決断は<報復>── この映画は史実に基づいた物語である。 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中、パレスチナ...
81. ミュンヘン  [ だらだら映画・和日和 ]   February 10, 2006 15:40
満足度★★★★ 憎しみが生む悲劇の連鎖を止めるにはどうしたらいいのか? 世界はスピルバーグの問いかけに対しての正しい答えを見つけられるのだろうか・・・ あらすじ 1972年??3071
82. ミュンヘン  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   February 10, 2006 16:00
イスラエルとパレスチナをめぐる民族間の積年の憎しみ、またその戦いというものの本質は、私などにはまだまだ理解することなどできそうもない。 第三者には分かり得ない深く終わりの無い争いが続いている。 2時間44分という長さも気にならないほどの圧倒的な迫...
83. ミュンヘン----国家の絶対的物語と3人の女  [ BigBang ]   February 10, 2006 16:05
1972年9月5日にミュンヘンオリンピック会場で発生したテロ事件、いわゆる「ミ
84. ★★「ミュンヘン」観てきました★★  [ ★★かずくんままのマネー&映画日記★★ ]   February 10, 2006 16:28
今日はレディースデイだったので「ミュンヘン」を観てきました。 最近買った東宝グループのTOHOシネマズで鑑賞でしたが株の方は下降線。。。 今月権利とって売却したかったのえすが買値まで戻るのかしら??? 塩漬けになりそうです(涙) まだ感想は書いていませんが...
85. 「ミュンヘン」  アメリの恋人その理由は  [ 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記 ]   February 10, 2006 16:45
普段全く興味ないくせに、この時ばかりはスキーやスケート競技を深夜遅くまで見て(ニッポンが活躍してる時のみ)、思いきっリトリノオリンピックにうかれぽんちな気分に水をさすというスピルバーグの魂胆にハマろうかと思いましたが、実際「プライベート・ライアン」を見た...
86. ミュンヘン  [ eclipse的な独り言 ]   February 10, 2006 18:24
 主演はエリック・バナ。「トロイ」や「ハルク」で大作に連投していましたが、この
87. ミュンヘン  [ 映画日記 ]   February 10, 2006 19:04
【鑑賞】試写会 【日本公開】2006年2月4日 【製作年/製作国】2005/アメリカ 【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マシュー・カソヴィッツ 【原題】“MUNICH” 【参考著書】ジョージ・ジョ...
88. ミュンヘン  [ ちょっとお話 ]   February 10, 2006 19:14
ミュンヘン (2005  アメリカ) 監督 スティーヴン・スピルバーグ 出  エリック・バナ ( アヴナー)  ダニエル・クレイグ (スティーヴ)   キアラン・ハインズ ??
89. ミュンヘン  [ A Date With Tracey ]   February 10, 2006 19:39
いやぁ〜〜‥‥‥‥ さすがスピルバーグっ!! ‥‥などと、しょっぱなから文字をデカくして大絶賛してしまおう! そう、『ミュンヘン』! ミュンヘン、ミュンヘンミュンヘン!いやあ、すげぇじゃねーかコレ♪♪ 1972年のミュンヘン・オリンピックにおいて発生...
90. 「ミュンヘン」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   February 10, 2006 20:54
「Munich」2005USA スティーヴン・スピルバーグ(シンドラーのリスト/1993)が監督、主演は「トロイ/2004」のエリック・バナ。原作はノンフィクション小説“標的(ターゲット)は11人/モサド暗殺チームの記録”。この事件は世界中で放映され、当時TV で見た記憶がある。バ...
91. エリック・バナ Eric Bana 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   February 10, 2006 21:15
Date of birth (location),9 August 1968,Melbourne, Victoria, AustraliaRomulus, My Father (2006) ラッキー・ユー Lucky You (2006) ミュンヘン Munich (2005) トロイ Troy(2004) ハルク Hulk(2003) ファインディング・ニモ Finding Nemo(2003) (voice) The Nu...
92. ダニエル・クレイグ Daniel Craig 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   February 10, 2006 21:16
Date of birth (location),February 1968,Chester, England, UKCasino Royale (2006) .... James Bond The Visiting (2006) Infamous (2006) ミュンヘン Munich (2005) Archangel (2005) (TV) Sorstalanság (2005) ジャケット The Jacket (2005) レイヤ...
93. ジェフリー・ラッシュ Geoffrey Rush 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   February 10, 2006 21:16
Date of birth (location),6 July 1951,Toowoomba, Queensland, AustraliaElizabeth: The Golden Age (2006) Pirates of the Caribbean 3 (2007) パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest (2006) ミュンヘン...
94. ミュンヘン  [ みかんのかんづめ ]   February 10, 2006 21:55
分かっているんだけど やめる事は出来ないんだ ?? ストーリー ?? 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、 パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”による イスラエル選手団襲撃事件が起こる。 人質となった選手11名は全員死亡...
95. ミュンヘン  [ はむきちのいろいろ日記 ]   February 10, 2006 22:51
1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機...
96. ミュンヘン  [ はむきちのいろいろ日記 ]   February 10, 2006 22:51
1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機...
97. ミュンヘン  [ なにも起こらなかった一日の終わりに ]   February 10, 2006 23:56
 今日はバイトが休みなので観てきましたよ!スピルバーグの問題作ムニッチをな!!  …いや「ミュンヘン」をな!  なんで”Munich”が”ミュンヘン”と読むのかまったく理解できない私ですが、とにかく観てみました。  1972年。ミュンヘンオリンピックの選手村で...
98. 『ミュンヘン』"Munich"  [ ちんとんのホームビデオシアター ]   February 11, 2006 00:16
映画の主人公が殺人や殺戮行為をする時は、無理もないと思える"理由"が用意されてい
99. ミュンヘン??終わりなき復讐劇  [ Osaka-cinema-cafe ]   February 11, 2006 06:05
もうすぐ「トリノオリンピック」が開催されます。 平和な、民族の祭典のはずのオリンピックですが、 この映画の舞台となる1972年のミュンヘン・オリンピックでは アスリートが殺されるという事件が起きています。 その事件から今年で34年。 ちょうど僕の生まれた...
100. 「ミュンヘン」 ベスト・オブ・スピルバーグ    [ アタマにシャンプー、ココロにシネマ。 ]   February 11, 2006 12:07
☆☆☆☆ 「宇宙戦争」のようなつまらないSF映画をつくったすぐあとに、こういう名作をつくってしまうというのは、どういう頭の構造をしているのだろうと思いますが、そのような凡人にははかりしれないところが、
101. ミュンヘン その3(ネタばれありです)  [ JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD ]   February 11, 2006 12:52
しかし・・・ エリック・バナ兄貴にはやられたなあ・・・・ トロイでもそうだったけど、彼の持つ独特の「いい人フェロモン」がど~~~と出てて、それがアヴナーの苦悩する姿にぴったり。 『タフに頑張って任務をこなそうとしながら、生真面目にその任務の意義を考えてしまっ....
102. 「ミュンヘン」  [ ●○ゆるゆるシネマ感想文○● ]   February 11, 2006 19:32
「ミュンヘン」 公式サイト 劇場鑑賞 ゆづあげの好き度 ★      (満点は★5個) 2006年2月4日公開   民族としての誇り、祖国への誇り・・・。 残念ながら、私はこういった誇りをあまり持ち合わせていません。 しかし、日本も実は多民族国...
103. 【映画】ミュンヘン  [ セルロイドの英雄 ]   February 11, 2006 20:27
"Munich" 2005年アメリカ監督)スティーヴン・スピルバーグ出演)エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ハンス・ジシュラー ジェフリー・ラッシュ満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 1972...
104. ミュンヘン  [ 映画をささえに生きる ]   February 11, 2006 20:37
2 「おはよう、アヴナー君。今回の君の使命だが、11人ばかりパレスチナ人を殺してもらう。君もしくは君のメンバーが捕えられ或いは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで」。というわけでスパイ大作戦inイスラエルの始まり始まり。
105. 映画「ミュンヘン」  [ おやつは300円までよ。 ]   February 11, 2006 22:03
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズetc... Official Site 2/4、公開 「プライベート・ライアン」「シンドラーのリスト」のスティーブン・スピルバーグ監督が。真の平和を世界にとう感動超大作。 ...
106. ミュンヘン??終わりなき復讐劇  [ Osaka-cinema-cafe ]   February 12, 2006 02:07
もうすぐ「トリノオリンピック」が開催されます。 平和な、民族の祭典のはずのオリンピックですが、 この映画の舞台となる1972年のミュンヘン・オリンピックでは アスリートが殺されるという事件が起きています。 その事件から今年で34年。 ちょうど僕の生まれた...
107. ミュンヘン  [ 青白い顔 ]   February 13, 2006 00:35
MunichEric Bana Daniel Craig Ciarán Hinds Average Review The second best film of the year! (Tied with Batman behind Star Wars 3)Take the 'R' rating seriouslyA good remake, but it is a remakeAsks Serious Questions About The State Of Global Confl...
108.  『ミュンヘン』  [ моя комната (私の部屋) ]   February 13, 2006 01:49
公開直前の完成披露試写。主演のエリック・バナが来日しており、舞台挨拶もあった(素敵な人だー!)。 『プライベート・ライアン』『シンドラーのリスト』など社会的テーマを扱った作品でも傑作を生み続けるスピルバーグの最新作。実話に基づいた問題作である。 19...
109. 「ミュンヘン」ストレートゆえに切実さを感じる  [ ももたろうサブライ ]   February 14, 2006 20:49
 オリンピック会場でイスラエル選手団11人が殺害された「ミュンヘン事件」は私が1贈歳の時であり子ども心に記憶がある。  もちろんその事件の意味は知らなかったし、遠い国で知らない国の人が殺されたということそのものは特に感情を刺激はしなかっただろうと思う。 ...
110. ミュンヘン  [ toe@cinematiclife ]   February 16, 2006 01:12
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばか...
111. 映画鑑賞記「ミュンヘン(Munich)」  [ けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ ]   February 19, 2006 10:01
鑑賞日:06.02.10 鑑賞場所:AMCイクスピアリ16 現在でも紛争の火種がくすぶっているパレスチナ問題。 パレスチナという一つの土地を巡って、異なる宗教、異なる民族が、あるときは共存し、あるときは敵対し、長く複雑で血なまぐさい争いの歴史が、この映画...
112. ミュンヘン  [ 映画で綴る鑑賞ノート ]   February 19, 2006 12:02
お互いが銃を向け合い、身動きが取れなくなったときに、 先に銃を下ろすのは、とても勇気がいること。 助かる保障など、どこにもありませんから。 アクション映画にありがちな、ワンシーンがとても印象に残りました。 かりに、目の前の敵を倒したとしても、 憎しみを、より...
113. 「ミュンヘン」  [ 首都クロム ]   February 19, 2006 13:55
 政治的なお話や国際関係のお話は、恥ずかしながらよく解りません。が、これは確かに、人間の愚かさに対してとても悲しくなる作品でした。  報復は報復を呼び、一つの死が次の死を呼ぶ。そして悲しみは悲しみを誘う。それは食物連鎖が永久的に続くように、命が命を継代...
114. 「ミュンヘン」  [ the borderland ]   February 19, 2006 16:26
バラエティに飛んだ作品を送り出し続けるスティーヴン・スピルバーグの懐の深さを感じました。それでも、子供は殺さないことや、家族の物語であることを考えればテーマは違っても監督の映画に対する姿勢が変わらないことがわかりますね。 ユダヤ人監督によるイスラエル側...
115. Munich  [ Boa Sorte Para Todos!! ]   February 19, 2006 16:42
ミュンヘン観てきました。スピルバーグ作品です。1972年のミュンヘンオリンピックで起きた事件をもとにした話。イスラエルの選手団がオリンピック開催中に何者かに襲われます。これに対しイスラエル政府はテロリストの犯行とみなし復讐計画し、暗殺チームが11人の標的...
116. ミュンヘン  [ kirara☆cinema heart ]   February 19, 2006 17:46
■あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲ
117. 『ミュンヘン』  [ 映画大陸 ]   February 19, 2006 22:18
 いよいよトリノオリンピックが始まりましたね。果たして日本はいくつのメダルをゲットする事ができるのでしょうか?  とまぁ〜、ありきたりな時事ネタから入ってみましたが、実は僕はスポーツの祭典と呼ばれているものにはあまり関心が無いのです。ワールドカップも今年....
118. ミュンヘン  [ ちわわぱらだいす ]   February 19, 2006 22:26
先週見損ねた「ミュンヘン」見ました~秊 いや~重たい映画だったです殮 面白くないってことじゃないからね。 3時間弱だったけど。トイレにもたたずに見入っていました。 まったく、下調べをしてなかったのでちょっと難しかった。。。 これは敵なのか...
119. 社会派超大作「ミュンヘン」見てきました  [ よしなしごと ]   February 20, 2006 00:20
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
120. 映画「ミュンヘン」  [ いもロックフェスティバル ]   February 25, 2006 03:12
この映画の背景を知るには、パレスチナとイスラエルの歴史、ならびに(この映画には
121. 「ミュンヘン」  [ ば○こう○ちの納得いかないコーナー ]   March 01, 2006 04:39
今から34年前の1972年、西ドイツ(現在のドイツ)のミュンヘンでミュンヘンオリンピックが開催された。開会式は8月26日に行われたのだが、それから10日後の9月5日に世界中を震撼させる大事件が起こった。世に言う「ミュンヘンオリンピック事件」で在る。 パレ...
122. アカデミー賞対決!「ミュンヘン」&「クラッシュ」  [ 田中陽子の映画ほめちぎり ]   March 02, 2006 03:45
世界が注目する最大の映画祭、第78回アカデミー賞授賞式が3月6日(日本時間)に開
123. 映画「ミュンヘン」  [ 渋谷でママ気mama徒然日記 ]   March 07, 2006 05:26
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ マチュー・カソヴィッツ 公式サイト ママの評価☆☆☆☆★(☆4つ) 昨日やっとやっと観て来ました。早く観たかったんですよね。 凄い話題だったし、、、、 「ト....
124. ミュンヘン   −劇場−  [ 坂部千尋のsparrow diary ]   March 09, 2006 00:11
   ミュンヘンを観終わってお家に帰った千尋に「私も超観たかったのに{/ee_3/}{/hiyo_cry2/}」と大声で訴えるマミー{/niwatori/}よく考えたらマミーは、学生運動世代で、ミュンヘン事件もリアルタイムでニュース見てて、そういやおまけにエリック・バナのファンでした{/fac...
125. ミュンヘン  [ シネクリシェ ]   March 12, 2006 08:41
 ミュンヘン事件そのものではなく、"その後のミュンヘン事件"を扱った作品。  パレスチナへの報復として、素人であるにもかかわらず刺客として抜
126. ミュンヘン、試写会  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   May 01, 2006 07:46
スティーブン・スピルバーグが監督した問題作。 なかのZERO(中野ZEROホール)での開催。 1290余席の会場だが、ある程度の傾斜が確保されていて見やすい。 「トロイ」のヘクトルとしてブラピのアキレスと一騎打ちを演じたエリック・バナが、 イスラエルの特殊部隊モ...
127. ミュンヘン  [ Diarydiary! ]   May 12, 2006 22:45
《ミュンヘン》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - MUNICH 1972
128. ミュンヘン  [ りらの感想日記♪ ]   May 17, 2006 02:33
【ミュンヘン】 ★★★☆ 2006/1/23 試写会 ストーリー 1972年9月5日、ミュンヘンオリンピック開催中、パレスチナゲリラ“ブラッ
129. ミュンヘン  [ タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 ]   August 26, 2006 12:56
4 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 164分 監督 スティーヴン・スピルバーグ 原作 ジョージ・ジョナス 脚本 トニー・クシュナー 、エリック・ロス 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 エリック・バナ 、ダニエル・クレイグ 、キアラン・ハインズ 、 ....
130. ミュンヘン 06年169本目  [ 猫姫じゃ ]   September 06, 2006 11:28
ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。 ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。  
131. ミュンヘン  [ 終日暖気 ]   December 08, 2006 22:57
『MUNICH』 2005年アメリカ初見。これまた見損ねていた作品ですけど、エリック・バナとダニエル・クレイグに合わせて「キングス&クイーン」で印象深かったマチュー・アマルリック(存在感強い!)が出演しているというので借りました。 おおお・・。これはまた真摯な...
132. 終わり無き負の連鎖〜『ミュンヘン』  [ 真紅のthinkingdays ]   December 12, 2006 09:04
 1972年9月、バレスチナゲリラ「ブラック・セプテンバー(黒い9月)」によって、 ドイツ・ミュンヘンオリンピックに参加していたイスラエル選手団11人が殺害された。 イスラエル政府は報復として、諜報機関モサドから暗
133. 『ミュンヘン』は、中東半端な映画なのか・・・。  [ TATSUYAのレンタル映画レビュー ]   December 15, 2006 00:38
9.11と11のメタファー。 ミュンヘン スペシャル・エディションエリック・バナ (2006/08/18)角川エンタテインメント この商品の詳細を見る @_@ TATSUYAのレンタル指数は88%ナリ ! スピルバーグがクリントイースダ??
134. ミュンヘン  [ 映画を観よう ]   January 25, 2007 08:53
ミュンヘン スペシャル エディション ¥2,985 アメリカ 2005年 エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、シアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ、アイェレット・ゾラー、ギラ・アルマゴール、ミシェル・ロンズ...
135. ミュンヘン  [ 映画、言いたい放題! ]   March 11, 2007 16:05
スピルバーグの社会派映画。 DVDで鑑賞。 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、 パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー(黒い九月)”による イスラエル選手団襲撃事件が起こる。 人質となった選手11名は全員死亡。 これに激怒したイスラエル機密情...
136. ミュンヘン☆いま、ひとりの父親が暗殺者となる  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   May 31, 2007 09:25
WOWOWで鑑賞♪
137. ドイツ 環境都市 観光都市 ミュンヘン  [ 建築家の旅 塚口明洋 ]   September 04, 2007 22:29
2007年8月21日から8月31日にミュンヘン、フライブルク、 シュトゥットガルト、フランクフルトからケルンを旅しました。 8月21日KLMでアムステルダム経由ミュンヘン到着。 ドイツは鉄道網が整備されているので今回は鉄道でまわる事 にしました。 大都市のほ...
138. ミュンヘン  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   June 12, 2008 21:57
 『わたしは正しいのか?』  今日は2/4公開のコチラの映画を観てきました。1972年9月5日にパレスチナの武装テロ集団”ブラック・セプテンバー(黒い9月)”によるミュンヘンオリンピック事件に端を発した事実を基に描いた映画です。  コチラの事件は、全米に中継され....

この記事へのコメント

1. Posted by Campanula   February 08, 2006 23:50
こんばんは!
『ミュンヘン』は本当に”重い”映画でしたね。
PLOのアリとの会話・・・どんなに不毛な土地であろうと自分の”国”が欲しいという気持ち!それに対して自分の”国”を守りたいという気持ち!アイデンティティーの根っこにある”国”というものについて考えさせられた作品でした。
日本という”国”を大切にしなくちゃ!もっと良い”国”にしなくちゃ!なんて・・・・(突然、国粋主義者になったわけではありませんよ。真っ当な努力が真っ当に報われる国であって欲しいと思います。)
2. Posted by ミチ   February 08, 2006 23:55
こんにちは♪
昨年からこういう重い映画を立て続けに見ているような気がします。
平和に解決していく方法は本当にないのでしょうか。
人間が生きている限り紛争は収まらないという予感にいつも無力感を感じるばかりです。
3. Posted by 隣の評論家   February 09, 2006 00:43
こんばんわ。TB&コメントありがとうございました。
本当に重たい作品でしたが、見応えはかなりあったと思いました。
>こういう状況でなく、よい関係でアヴナーに出会わせてやりたかった。
おっしゃる通りです!心からそう思いますよ。キャッチ・コピーの「真の平和とは?」という一言が深く刻まれました。
4. Posted by ななんぼ   February 09, 2006 01:32
こんばんは。TBありがとうございました。
重たい作品でしたが、緊張の連続で最後まで飽きることなく観ることができました。
「争いは良くない」と思うものの、「故郷」をしっかり持ていない民族の言い分も全て否定できないものがあるし、自分はあまり世界の現実を見ていなかったことを痛感しました。ここで描かれていることも、世界の一端に過ぎないと思うと、本当にやりきれない思いがします。
5. Posted by マダムS   February 09, 2006 08:27
お早うございま〜す!
TB&コメント(コメントはmargoさんの所で見ました爆)有難うございます♪
本当にこの作品の持つテーマの深さに打ちひしがれますね・・
オリンピックはそうそう!そういえば男子バレーが強かったの思い出しましたよ!! 私も事件に衝撃を受けながらも、すぐに日本選手達の活躍に大騒ぎしたものです。
暴力の連鎖は誰かが止めないと、止まらない・・哀しいですよね・・
マシュー・カソビッツですが、いい味でしたよね^^この人もいい映画撮ってるんですよね〜。もう10年位前の作品でフランス映画『憎しみ』というのがあるんですが、つい先日のフランスでの暴動を思い出させるような移民達のやり場の無い怒りと暴力の連鎖がググと突き刺さる素晴らしい作品でした。機会があったら是非。
6. Posted by カル〜★   February 09, 2006 10:12
こんにちは。TBありがとうございます。
事件があった時、すでに生まれてはいたんですが、さすがに記憶はなく…映画を見て初めて、その凄惨さを実感しました。
重たい、ヘヴィ級の重たさでしたけど見て良かったな。そう思います。PLOのアリと階段の踊り場で語っている場面、二人の言い分がぶつかり合ってヒヤヒヤでしたけど、二人とも説得力ありました。
重たい中にある、マシュー・カソヴィッツの和み系シーンがあったおかげで長さを感じずに見ることが出来たような気がします。
7. Posted by りっち   February 09, 2006 10:21
TBありがとうございました。こちらからもさせてもらいました。
この映画について、じっくりと考察されている記事、読ませて
いただきました。自分はこの事件すら知りませんでした。元々
歴史、社会情勢などには疎いんですが、この事件があった年は
国内では浅間山荘事件があったんですよね?そのせいか昔を
振り返るような報道特番でもあまりやってないような気がします。
この映画を観て、報復によって何があるのか、いろんなメッセージ
が込められていたような気がします。
8. Posted by たましょく   February 09, 2006 10:58
 TBありがとうございますm(_ _)m

 ホント、憎しみの連鎖とゆーのは、非生産的
で、心身共に疲弊するばかりと感じます。

 あの爆破を逃れた女の子は、父親を奪われた
憎しみを誰に向けるのか。それはやがて、アヴ
ナーの子供に向けられるのかもしれないと感じ
てしまいました。
9. Posted by ノラネコ   February 09, 2006 11:56
今日は、TBどうもです。

>マイケル・ロンズデール。

観終わってクレジット流れるまで気が付かなかったです。
彼のクレジットはスピルバーグの70年代ポリティカルスリラーへのオマージュも感じますよね。
「マイノリティリポート」の時はジェシカ・ハーパをキャスティングしたり、このあたりにスピルバーグの根っからの映画好きが覗いて微笑ましいですね。
10. Posted by jamsession123go   February 09, 2006 13:05
こんにちは、jamsession123goです。
長文のレビュー読ませていただきました。
ミュンヘンオリンピックの時は、jamsession123goは、まだ小学生でした。
あまりよくは覚えていないのですが、起きてはならないことが起きた、という記憶があります。

この映画は、「スピルバーグ」ということなので、もう少しエンターテーメント性を期待していたのですが、ちょっと無理でしたね。
テーマの重要性はよくわかっていますが、映画としてみると、もう少し楽しげな部分もあってよかったなあ、というのが正直な気持ちです。
11. Posted by たいむ   February 09, 2006 17:00
TBどうもです。
素人?暗殺集団。
みんなきっとイイヤツばかりなのでしょうね。
最初の食卓の和やかさが変わっていくのがつらいですね。
こんな出会いでなければ・・・本当にそう思っちゃいます。
12. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:01
>Campanulaさま
気がついた時には、日本という平和な島国で、生命の危険に曝されず、
国土も侵害されず、それなりに自由に生きてきたわたしたち。
頭では理解できても、彼らの思いを理解するのは難しいです。
だからと言って、彼らの行動を肯定しないけれど。

>PLOのアリとの会話
煙草吸いながら、際どい会話をしていて、緊張した場面でしたが、
お互いの言い分は、どちらも否定できないものがありました。

解決への道が、まだあると信じたいのですが…
13. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:06
>ミチさま
主義主張を通そうとすればするほど、
やがて対立と紛争を生むのは明白なことだけれど、
その根底にあるものが「誇り」であるならば、
そんなに簡単に解決するものではないのでしょう。

人が人として生きている限り、どこかで対立が起こり、
不幸な結果を招くことになるんだろうな、とやはり思います。
憎しみの連鎖は、なかなか途切れないことでしょう・・・
14. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:12
>隣の評論家さま
TB,コメントありがとうございます。

みんな、立場を離れれば、とても優しい普通の人間に違いないのですね。
人間として信頼できるからこそ、たとえ相手が疑わしくても、
こちらからは裏切りたくないという、そんな男たち。
もっと平和な国で生きて来れたなら、彼らの生き方も苦しみも、
きっと今の比ではないはず。
何とか、ちょっとでも楽に生きさせてやりたいと思いました。

15. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:18
>ななんぼさま
TB、コメントありがとうございます。

問題の解決には暴力を用いないと思っていても、
もし、理不尽な方法で愛する者を傷つけられたら、
わたしだってどんな方法を取るのか、自信がありません。
だからと言って、
それ以外に方法がないとは言えないと信じたいのですが。

何とか、妥協点を見出す方法はないのだろうかと、
そう思うのも、他人事だと思うからでしょうか。
16. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:26
>マダムSさま
もう、何ということをしてしまったのでしょう、わたし。
margoさんには、再度コメントでお詫びしたのですが、
許してくださるでしょうか・・・(>_<)

あちらこちらにお邪魔していて、何かヘンだ、と思いつつ、深く考えずに大変な失態をぶちかましてしまいました。
ああ、あほなわたし・・・


マシュー・カソヴィッツ。
『アメリ』を観るまで全く知らなかったのですが、
そんなにいい作品を撮れる人だったなんて、本当に驚きでした。
いい俳優さんって、あっちこっちにいっぱいいらっしゃって、
ますます映画から目が離せなくなります。
17. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:31
>カル〜★さま
TB,コメントありがとうございます。
観て楽しい作品ではないけれど、観てよかった、と思えますね。
ただ、重すぎて、何回も観る元気はないかとも思いますが。
少しでも、この問題に触れて、そういうことが起こっていたのだ、
それはまだ連綿と続いているのだと、せめてそれだけでも理解できれば、
何も知らないよりずっとよかったと思います。
実際、事件についての記憶はあるものの、その後どうなったかは、
わたしも全く記憶になかったのです。

PLOのアリが登場したことで、この作品がより鮮明に見えてきた気がしました。
18. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:38
>りっちさま
TB、コメントありがとうございます。

仰るように、この年は札幌オリンピック直後に浅間山荘事件があり、
中学校の教室のTVで、浅間山荘の中継を観た記憶があります。
その後、まだまだ凄惨な事件が日本人の手で起こされたのでした。
これはリアルタイムで報道を観た年代だからこそ覚えていますが、
歴史として、どこまで教科書で教えることがあるのでしょうね。

重いテーマでしたが、ここから少しでもメッセージを受け取らなければ
もったいないような作品でした。
19. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:43
>たましょくさま
TB、コメントありがとうございます。

たましょくさんのコメントを読んで、
『ビハインド・ザ・サン』というブラジル映画を思い出しました。
民族間というよりも、個人的な恨みと報復が、世代を超えて、
延々と続いてきた作品でした。

『ミュンヘン』を観て、
少しでも考えることができてよかったと思う反面、
所詮、傍観者でしかない無力感に襲われます。
20. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:47
>ノラネコさま
>マイケル・ロンズデール
少し前にDVDで観た『日の名残り』の印象が強かったので、
ああ、あの時のあの人、という目で観ていました。

映画を、あまり監督の名前で観ないので、
詳しいことがほとんどわかっていなくて申し訳ないです。
スピルバーグの作品、という特徴も
考えたらあんまり意識して観ていませんでした…^^;
21. Posted by HiRcoky   February 09, 2006 19:48
TBありがとうございます。
この映画を観ていろいろと考えさせられました。
でもこの映画のように観た人それぞれが意見を持てる映画はすばらしいと思います。
まぁ賛否両論はありますが。。
それにしてもこの文章、読みやすかったです!
私も見習わせていただきます。
こちらからもTBさせていただきますね。
22. Posted by 悠雅   February 09, 2006 19:58
>jamsession123goさま
TB,コメントありがとうございます。
小学生だったんですか…(何年生ダッタンダロウ…ワタシハ何歳年上ダロウ…)
事件の詳細は覚えてないのに、また、
ミュンヘンの次のオリンピックがどこであったかなど、
以降の記憶は全くないのですから、如何にこの事件から受けたショックが、
わたしにとって大きかったか、ということでしょう。

映画として楽しむことは、本当は必要なのでしょうが、
この、重大かつ微妙な問題は、
ただこれを発表しただけで大変なことみたいですから、
マシュー・カソヴィッツの笑える部分だけで精一杯だったのかもしれません。
23. Posted by 悠雅   February 09, 2006 20:24
>たいむさま
TB、コメントありがとうございます。
まさか、爆弾担当者が・・・だなんてね!
それでも、あれだけのことをやってしまうというのは、
誰にでもテロリストになり得るということか?などど、
余計なことまで考えたりしました。

みんな、普通の男たちだったんですよね…
この連鎖は、やはり不幸を生み続けると思います。
24. Posted by 悠雅   February 09, 2006 20:33
>HiRcokyさま
TB,コメントありがとうございます。
この作品は、こうしてお話させていただくと、
内容について真剣に語り合うことが多く、やはり観て、考えて、
言葉にすることで自分の考えを整理もでき、
他の方のご意見も聞けて、観て本当によかったと思いました。

また、
わたしの年代ではHiRcokyさんのような方とお話する機会もないので、
ブログにお邪魔して、いろんな情報をいただけて嬉しかったです。
これからもどうぞよろしくお願いします。
25. Posted by マダムS   February 09, 2006 21:59
度々お邪魔します(^^)v
あっはっは・・コメントの件は大丈夫ですよ〜margoさんとは実は親しいお友達でお人柄もとても良い方なので、笑っておしまい〜♪だと思いますよ。私も夜など疲れている時にTBとコメント繰り返す作業しているとうっかり間違えそうになります。同じ所TB送りそうになったりね〜^^これでなんだかすっかり悠雅さんに親近感持っちゃいましたわ うふふ。
26. Posted by たろ   February 10, 2006 09:53
お早うございます。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼いたします。

長文の記事を読ませて頂きました。
この作品は、デリケートで難しい国際社会の問題が題材であるため評価が難しい映画ですね。
そして、パレスチナとイスラエルを中心とした中東問題は複雑に入り組んでいるので改めて学んでみたいと感じる作品でありました。

また遊びに来させて頂きます。
改めまして、今度共よろしくお願い致します。
ではまた。
27. Posted by こでまり   February 10, 2006 09:55
TBありがとうございました。
重い作品でしたね。見終わった後、心の中にど〜んとなにかが居座ってしばらく取れませんでした。
こういう映画は、平和ボケしている日本人以外にも、今争いをしている当事者に見て欲しいです。
でも本人達は“正しいのは自分達”と思っているし、長年の因縁がありますから、そう素直には受け入れてくれないでしょうね・・・
28. Posted by さわわ   February 10, 2006 15:54
TBありがとうございました!
"誇り"は持つべきものですが時には誇りを捨てることで違う誇りを手に入れることが出来るのではと思ったりしました
重い内容でしたが、たくさんの人に観て欲しいと思います
29. Posted by 請給我回電話。   February 10, 2006 16:59
TBありがとうございます。生き残ってもその後の人生があまりにも悲惨ですね。
30. Posted by 悠雅   February 10, 2006 18:59
>ふたたび、マダムSさま
もう一度お越しいただいてありがとうございます。

コメントの件、margoさんは気を悪くされたでしょうが、
笑って許してくださることを祈るのみです。

TBを2回送ってみたり、コメントしようとして忘れたり、
いろいろおバカなことをしてしまいますが、
コメントする場所を間違えてしまったのは初めてです(^^ゞ
いい加減すぎて、自分で自分が嫌になりますわ、ほんま。

これに懲りずに、どうか仲良くしてくださいね。
ああ、ほんまに、あほなわたし・・・
31. Posted by 悠雅   February 10, 2006 19:02
>こでまりさま
いつも、TB、コメントありがとうございます。
清々しく観終われるとは思ってなかったですが、
思った以上に、心に重くのしかかりました。
やはり、漠然とした「事件」だったものが、
実際に手を汚した人たちの、人間の部分が見えたせいでしょうか。

憎しみの連鎖は何も生まないことに、
当事者だって気付かないはずないと思うのですけどね・・・
でも、ここまで来たら退くに退けないのでしょうか。
32. Posted by 悠雅   February 10, 2006 19:09
>さわわさま
いつも、TB,コメントありがとうございます。

冷静になったら容易に出せる答えに、
長い年月、辿り着けないまま、ここまで来てしまったのでしょうね。
誇り高く居続けるということと、報復するということは、
やはり違うことだと思うけれど、
やはり当事者たちひは届かないことかもしれませんね。

たくさんの人に観て、考えてもらう。
それがこの作品の使命のような気がします。
33. Posted by 悠雅   February 10, 2006 19:12
> 請給我回電話。 さま
TB,コメントありがとうございました。

そうですね。
生き残っても、悪夢の中で一生暮らすことになるのかも。
彼らが、ゆっくりと眠れる夜は来るのでしょうか。
34. Posted by みみこ   February 10, 2006 19:13
色々考えさせられる映画でしたよね・・。
私、主演の彼・・初対面だったんですよ。
過去作品のイメージがなかったので新鮮に感じました。
ちょいなで肩で・・笑・・手足長いのね・・・
35. Posted by 悠雅   February 10, 2006 19:36
>たろさま
コメントの順番、間違えてしまいました。
ごめんなさいm(__)m 最近、益々酷くなるわたしの注意力散漫の度合い…

民族間の摩擦や衝突を経験したことのない日本では
(有史以前はわかりませんが)
なかなか実感できない問題で、想像の域を出ないのですが、
こういう解決策の見出せない問題に直面し続ける民族に、
少しでも早い平穏を祈るしかできない、今のわたしたち。
何とかいい方法はないのでしょうか・・・

またお邪魔させてくださいね。
36. Posted by 悠雅   February 10, 2006 19:45
>みみこさま
わたしは、主演のエリック・バナは『トロイ』で観たのだけれど、
時代モノで扮装があったので、ちょっと感じが違いました。
ただ、わたしの『トロイ』での印象は、
ブラッド・ピットや、オーリーより、彼のほうが強かったんです。
そんなこともあって、これは内容の重さを覚悟で観に行きました。

確かに、手足、長かったですね。
これから、また注目、ですね。
わたしのタイプとはちょっと違うけど(笑)
37. Posted by margot2005   February 10, 2006 21:03
こんばんは!マイ・ブログの書き込みの件全然気にしないでくださいね。昨日は風邪を引いて、仕事から帰るなりずっと朝まで眠っておりまして、パソコも開けないでおりましたの。
さてミュンヘン・オリンピック見てる(オリンピックお宅なので...)のですが、バレー・ボールの試合等あんまり記憶になくて...この事件の報道は少し記憶に残っています。なにせ古い話ですから...。
スピルバーグ作品は基本的に好きなので観に行きます。前のトム主演映画はどうしようもなかったですが...これは彼の心意気が伝わる素晴らしい作品だと思いました。
trackback送りましたがうまく送れたかな??

38. Posted by 悠雅   February 10, 2006 22:40
>margot2005さま
こんばんは。
本当に失礼してしまったのに、快くお許しいただいて感謝します。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
TB,届いています。ありがとうございます。

ミュンヘン・オリンピックは、
男子バレーボールは毎週、TV番組(『ミュンヘンへの道』)があって
一時期熱中していたのです。それ以外は、何にも覚えてないんですけどね。

わたしはミーハー(死語?)なので出演している俳優優先で観てしまい、
監督で選ぶことがほとんどない(っていうか、あんまりわかってない)のです。
観た後で、「この作品好きだなぁ」と思って初めて監督の名前を見るくらい(笑)。
最近、ちょっと好きな監督の傾向が自分でもわかってきましたが、
基本的にはまだまだです。
これを機会に、どうぞ仲良くしてくださいませ。
39. Posted by jester   February 11, 2006 12:41
こんにちわ。jesterといいます。TBありがとうございます。
素敵なレビューもよまさせていただきました。
この映画、最近のスピルバーグの中では、jester的にはヒットでした。
いろいろ考えるヒントをくれる映画は大好きデス。
続きを書いたので、TBさせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。
40. Posted by Ken   February 11, 2006 20:46
悠雅さん、こんにちは!
TBありがとうございました。
>基本的には、閉塞した空気に支配されたまま、
164分を感じさせないリズムで一気に走ってゆく。
こんな重い映画で3時間弱、ダレそうなものですが、最後まで緊張感が途切れることなく観ることが出来ましたよね。
これは、エリック・バナの好演、及びやはり娯楽映画監督であるスピルバーグの飽きさせない演出力によるところ大だと思いました。
ジェフリー・ラッシュ、『シャイン』の頃は王道な俳優さんだなあ、と思っていたのですが、怪優路線を走り始めたような気がしますね(笑)。
41. Posted by 悠雅   February 11, 2006 22:40
>jesterさま
はじめまして。
こちらこそ、TB、コメントありがとうございます。

平和的な解決が難しい問題ですが、
やはりそれを世界中の人が知らないで済ませないほうがいいと、
この作品を観て思いました。
自発的に情報を取りに行かなければ、滅多に入ってこないこんな問題を、
映画という形で観る機会に恵まれて、よかったと思ってます。
そして、ご覧になった方がどう思われたかを知りたくて、
あちこちお邪魔してTBを繰り返してしまいます。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。
42. Posted by 悠雅   February 11, 2006 22:49
>kenさま
こんばんは。
トリノ・オリンピックの開会式の、オノ・ヨーコのメッセージを
偶々、これを観た直後だけに、実感に似た思いで聞きました。
長い作品を最後まで引っ張って行くテクニックに長けた監督、
ということなのでしょうね。
大事なメッセージを伝えるためには、是非必要な力ですyほね。

ジェフェリー・ラッシュ、
わたしは『レ・ミゼラブル』の彼が好きですが、
この人を見たら、演技力や存在感の信頼が厚い一方、
何かしてくれるぞ、と思わせてくれますよね。
それも怪優路線の成せる技でしょうか(笑)
43. Posted by おりょん   February 21, 2006 12:10
私もTBを。
一口に「民族間の争い」と言っても、
そこには長年掛かって築き上げられてしまった
宗教観や歴史観の根本的な違い、
周辺諸国や植民地時代の統治国(西洋諸国)の思惑、
そんな要素がつたのように絡み合っているワケですから、
そう簡単に「エイヤーッ!」と解決するワケ、ないんですよね。
ただ、そういう歴史を踏まえて今日があることを、
知ると知らないとでは大違いだと思いますし。
こればっかりは、地道にゆっくりと解決していく他、
ないんでしょう。

ちなみに。
俳優業より監督業に専念したかったマチュー・カソヴィッツ。
「もしもスピルバーグから出演依頼があったら、出るよ!」と
エージェントに言ってたら本当に出演依頼があった、という
インタヴューを前に読みました。
44. Posted by 悠雅   February 21, 2006 20:35
>おりょんさま
すみません。わたしのTBの設定のせいか(よくわかってません…)
TBが反映されなくて、申し訳ありませんm(__)m

日本人の想像では、なかなか理解し難い問題。
日本人でよかった…とだけ言っていてはいけないと思いつつ、
さて、わたしは何ができるの?と翻って考えると、
何も知らないより、せめて、一端でも知ることかもしれません。
でも、先は長いのは間違いないでしょう…

あらぁ。
マチュー・カソヴィッツにそんなエピソードが。
この人の監督作品は、まだ機会がなくて未見ですが、
俳優としか知らない者にとっては、監督に専念されるのも、
何だかもったいない気もします。
才能のある人って、やっぱり居るんですよねぇ。
これからは、この人の監督作品もチェックリストに入れて…と。
さて、どこまで広がる?このリスト。
45. Posted by 武田   December 08, 2006 23:15
悠雅さま、こんばんは〜♪
コメントいただき、ありがとうございました。
劇場でご覧になられたのですね。
>重いテーマを、さらに重くするような見事な布陣。見ごたえのあるキャスティングであった。
ほんまにそうですね!
見おわって、色々なことを考え込んでしまいましたけれど、こういう一連の事件があったのだということを知ることができてよかったし、現在が現在のようでなくなった時の自分に対する自問ができたのも良かったと思います。アヴナーの赤ちゃんとまさに同年代なので、アヴナーや彼等の仲間が父のように思えてしまいました。
46. Posted by 悠雅   December 09, 2006 00:38
武田さま
こんばんは〜♪
TBがどうしても反映されず、申し訳ないです。

ミュンヘン・オリンピックが中学1年生で、
日本男子バレーボール金メダルとテロの落差があまりにも強くて、
とにかくこれは観たい!と思って観に行きました。

武田さんはあの赤ちゃんと同世代?
ということは、赤ちゃんと中学生の年齢差があるってことね…
(そこに落ち込んでるのか自分)

どんな理由でこんなことが起こったのかわからないまま長年過ごし、
映画を観に行って、その後の出来事に触れ、
世界で起こっていることの悲惨な現実の一端を観て、
自問しながら、これという最善策が見つからないことに
また悲しくなってしまいました。
47. Posted by 真紅   December 12, 2006 09:23
悠雅さま、こんにちは。TBさせていただきました。(TB、たくさんですね〜、ビックリ!)
長尺ゆえ、敬遠していた作品なのですが、観てよかったです。
政治的に繊細なテーマですが、スピルバーグだからこそ撮れた映画だと思いました。
イスラエル・パレスチナ問題について、もっと知らなければならないですね・・。

日曜日、ホームセンターにチューリップの球根を買いに行ったら「もうないです」と言われました、ガガーーン!!
遅いよ、自分・・と情けなくなりつつ、春の花をどうしようか考えています。
ではでは、また遊びに来ますね。
48. Posted by 悠雅   December 13, 2006 16:00
真紅さま
こんにちは。TBとコメント、ありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

観ようとした動機が当時のオリンピック放送。
中学生の記憶にこびりついた事件が、
今頃映画で甦り、違う顔を見せてくれました。
共通のひとつの土地を共有できない民族と宗教の抗争は
妥協点を見出すことすら難しいのでしょうね。
曖昧な知識でいい加減な意見が言えないほどの深刻さですね…

それから・・・
チューリップの球根、って秋になったらすぐ出てますよね。
春になったら、お花を咲かせた苗がた〜くさん出回るんだし、
お花が咲いた鉢を買ってくれば、大丈夫!
まだまだ間に合います、って。
49. Posted by TATSUYA   December 15, 2006 00:40
4 達也です。
クリントの硫黄島2部作に
関連する流れで、つい最近『ミュンヘン』を観ました。
この映画は撮影、編集から音響に至るまで、
超一流のプロの仕事に感じられます。
でも、何かが足りないと感じます。
その理由は、観た後のカタルシスの無さかもしれません。
クリントの硫黄島の共同作業で、
スピルバーグが更に進化することを
期待しています。

@_@ トラバさせてくださいね。
50. Posted by 悠雅   December 15, 2006 22:06
TATSUYAさま
こんばんは。
この作品を観るきっかけが、硫黄島2部作だったのですね。
これはわたしは2月に観たのですけれど、
今年は、戦争やテロの実話の映画化が多かったですね。
そのどれもが、最終的には同じテーマに行き着きます。

描かれ方に思いはいろいろあるでしょうが、
観てよかった作品のひとつだったのではないでしょうか。

TBありがとうございます。
51. Posted by ひらで〜   May 31, 2007 09:40
こんにちは♪
TBありがとうございました。
お返事が遅くなってごめんなさい。

『ミュンヘン』のお話については映画を観るまで全く知らなくて、
かなりショックを受けました。
この映画をWOWOWで観た次の日に
『パイレーツ〜3』を観に行き、あらためて
ジェフリー・ラッシュの役の懐の深さにすっかり心を奪われております。
こんな映画の見方しかできない自分に苛立たしさも感じながらも
開き直るしかないなぁと思っています。
だって、いい男が出てるから・・・それだけははずせないから(^^;)
52. Posted by 悠雅   May 31, 2007 19:59
◆ひらで〜さま
こんばんは。こちらこそTBとコメントありがとうございます。

わたしは中学生でリアルタイムでニュースで観ていたのですが、
その後の報復があったなど、全く知らなくて…

世間で大賑わいの海賊と無縁に生きておりますので、
ジェフリー・ラッシュの役どころを知らないのですけど、
この人の巧さと存在感は格別ですよね。

映画を観る時の最重要な要素は、如何にいい男が出ているか、
それはわたしも全く同じですよ。
主人公に魅力を感じなかったら、観に行かないことが多々・・・
いいじゃないですか。映画の楽しみ方は人それぞれ。
魅力的ないい男を観なくなっちゃあ、わたしたち、おしまいですって。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔