March 15, 2007

インサイド・マン

完璧な銀行強盗。INSIDE MAN

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: デンゼル・ワシントン
    クライヴ・オーウェン
    キウェテル・イジョフォー
    ウィレム・デフォー
    クリストファー・プラマー
    ジョディ・フォスター
監督: スパイク・リー
2006年 アメリカ 128分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■


昨年公開された時は
まだ、クライヴ・オーウェンが苦手で、
デンゼル・ワシントンと、
キウェテル・イジョフォーには興味を引かれつつ、
派手なサスペンス物は守備範囲ではない!と、
ろくに作品紹介を読むこともなく、
上映時間を調べることもなく、簡単に見送った。

夫が、派手なアクションとサスペンスを期待して
レンタルしてきたこの作品。
中身はともかく、俳優たちだけでも観ようとしたら・・・

あれれ???
ちっとも派手じゃないし、面白くて、
わたし、大好き!!な作品だった。



物語は。


白昼のマンハッタン信託銀行。
塗装業者姿の4人の強盗が武装して乱入、
50人もの人質を取って篭城した。
犯人たちは、
人質全員に強い威圧感を与えながら、
同じ作業服と覆面をさせて監禁する。

事件の通報を受けて
警察は銀行を周囲を封鎖、狙撃隊を配置し、
ネゴシエーターを送り込む。
一方、信託銀行の会長は、
秘密裡に、「辣腕」弁護士にあることを依頼する。

事件の具体的な内容が掴めず、
核心に触れられずに、捜査に逡巡が隠せない
2人のネゴシエーター。
同じ姿での監禁に、恐怖と反発を覚える人質たち。
謎の行動を取る犯人グループ。
事件は、どちらへ向って走っているのか…?


一見、よくある銀行強盗のように見えたが、
意味がよくわからない行動を取る犯人たち。
決して、狂気に苛まれているのではなく、
ある目的に向っているのだろうと想像するが、
それが何だかよくわからない。

徐々に明かされてゆく事柄も
何がどう繋がるのか、予想ができないので、
今までの経験上、
台詞を聞き逃すまいと、つい注意深く観てしまう。
だが、そんなに簡単に
お話が作られているはずがないのだ。

画面の構図、色遣い、明暗、逆光、
カメラの面白い動き方や、
聞き流したくない台詞も含め、
映像には実にたくさんの趣向が見える。
また、それとは別に時間軸が移動するので
観客は、術中にはまって、
混乱しながら物語を追うことになる。

また、
人種の坩堝のような街で起こるこの事件には、
たくさんの国の人間たちが絡み、
小さな台詞や態度に、
人種問題へのメッセージが観て取れ、
作り手の主張を感じるところである。


たくさんの謎が
やがてラストに収束するのは間違いないのだけれど、
その描き方が、徹底して淡々としており、
わかりやすい説明を入れてないので、
終盤に、イマイチすっきりせず、
仕方なく、見終わるという方が多いかもしれない。

ただ、前述のようにわたしは、
派手なアクションも、詳しい説明もあまり要らないので
含みを残した脚本を楽しみ、映像を楽しみ、
満足度の高い作品になったのだった。



tinkerbell_tomo at 01:14│Comments(14)TrackBack(16) 洋画【あ】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. インサイド・マン 06年238本目  [ 猫姫じゃ ]   March 15, 2007 04:04
インサイド・マン INSIDEMAN 2006年   スパイク・リー 監督デンゼル・ワシントン  クライヴ・オーウェン  ジョディ・フォスター  クリストファー・プラマー  ウィレム・デフォー なんて歌ってたの? チェンヤチェンヤチェンヤ?? もうあの...
2. 映画「インサイド・マン」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   March 15, 2007 12:26
原題:Inside Man ウォールストリートとブロードウェイの交わるところ、マンハッタン信託銀行のインサイド、内部情報は不明だが、フェイント&完全犯罪の実行・・。 ダイヤも秘密文書も、なぜその情報を掴んだのか不明だが、ダルトン・ラッセル(クライブ・オーウェ...
3. 『インサイド・マン』  [ Sweet* Days ]   March 15, 2007 18:38
監督:スパイク・リー CAST:デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター 他 ある日マンハッタンの信託銀行に数人の銀行強盗が押し入り、銀行にいた全員が人質となる。事件解決の為に指揮を執る刑事のフレイジャー(デンゼル・ワシントン)は...
4. インサイドマン  [ りらの感想日記♪ ]   March 16, 2007 23:36
【インサイドマン】 ★★★☆  2006/6/14 ストーリー 頭脳明晰で冷静な男ダルトン(クライブ・オーウェン)が率いる4人の銀行強盗グル
5. デンゼル・ワシントン Denzel Washington 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   April 01, 2007 01:00
Date of birth (location),28 December 1954,Mount Vernon, New York, USAAmerican Gangster (2007) デジャヴ Deja Vu(2006) インサイド・マン Inside Man (2006) クライシス・オブ・アメリカ The Manchurian Candidate(2004) マイ・ボディガード Man on Fire (2004)...
6. クライヴ・オーウェン Clive Owen 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   April 01, 2007 01:01
Date of birth (location),3 October 1964,Keresley, near Coventry, Warwickshire, England, UKSin City 2 (2006) Elizabeth: The Golden Age (2006) トゥモロー・ワールド The Children of Men (2006) Shoot 'Em Up (2006) インサイド・マン Inside Man (2006) すべ...
7. ジョディ・フォスター Jodie Foster 女優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   April 01, 2007 01:02
Date of birth (location),19 November 1962,Los Angeles, California, USASugarland (2007) The Brave One (2007) インサイド・マン Inside Man (2006) フライトプラン Flightplan (2005) ロング・エンゲージメント Un long dimanche de fiançailles(2004) ...
8. ウィレム・デフォー Willem Dafoe 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   April 01, 2007 01:03
Date of birth (location),22 July 1955,Appleton, Wisconsin, USA 本名 William DafoeThe Walker (2007) Anamorph (2007) パリ、ジュテーム Paris, je t'aime (2006) インサイド・マン Inside Man (2006) アメリカン・ドリームズ American Dreamz (2006) Before...
9. 『インサイド・マン』 (2006)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   April 22, 2007 13:08
水曜に観に行ったんだけど、書く時間が取れね〜早く書かないと感動が消えちゃう(泣予想以上の出来だと思ふ。************************『インサイド・マン』 (2006)/アメリカ監督:スパイク・リー(『マルコムX』『25時』)出演:デンゼル・ワシ...
10. 「インサイド・マン」★★★☆  [ JoJo気分で映画三昧!+α ]   August 01, 2007 00:25
'06年製作 監督スパイク・リー 主演デンゼル・ワシントン 共演クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター他による知的サスペンス。 NYの銀行に強盗が入り、ベテラン捜査官フレイジャー(デンゼル)が駆り出される。まもなく、強盗一味(クライブ他)が人...
11. インサイド・マン  [ シネマ通知表 ]   October 27, 2007 17:21
2006年製作のアメリカ映画。 全米初登場1位、興行成績$88,513,495。 デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスター、クライヴ・オーウェンら演技派スター共演によるクライムサスペンス。『マルコムX』などの社会派問題作を手掛けるスパイク・リーが、新人脚本家のデビュー作...
12. インサイド・マン:映画  [ ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介 ]   January 05, 2008 01:01
今回紹介する映画は、デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスターという豪華な出演者で繰り広げられるスパイク・リー監督のサスペンス映画「インサイド・マン」です。 インサイド・マンのストーリーマンハッタン信託銀行で強盗事件が発生。頭脳明...
13. 【映画】インサイド・マン…イマイチわかんなかったです  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   February 17, 2008 12:55
{/kaeru_fine/} 昨日の土曜日はお仕事でした{/namida/} 前日の夜まではお休みの予定だったんですけどねぇ{/face_ase1/} あと、少しだけ風邪気味{/face_kaze/}です。寒いからねぇここのところ{/face_hekomu/}…皆様は体調を崩されないようにご自愛くださいませ。 「インサ...
14. ≪インサイド・マン≫(WOWOW@2008/01/20@039)  [ ミーガと映画と… -Have a good movie- ]   March 07, 2008 19:03
インサイド・マン    詳細@yahoo映画 銀行強盗グループと事件解決に向けて奔走する捜査官、 そして現場に駆けつけた女性交渉人らの心理戦を描いたサスペンス 実はレビュー書かなかったけど以前に1度観てたのでこれが2回目 前回はちょっと分かりにく...
15. インサイド・マン  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   July 23, 2009 22:30
その時、犯人は人質全員を共犯者にした。
16. インサイド・マン  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   April 10, 2010 20:14
 コチラの「インサイド・マン」は、銀行強盗と刑事の頭脳戦をスリリングに描いたクライム・サスペンスです。ロン・ハワードが監督するハズだったけど、「シンデレラマン」を監督することになって、降板しちゃったんだそうです。  でもって、急遽「キング・オブ・コメディ....

この記事へのコメント

1. Posted by dotto   March 15, 2007 20:36
悠雅さん〜こんばんは♪
昨日は大変だったみたいですね。
お気持ちがすっきりされたようで安心しました。

インサイドマンはすっごく面白い作品だと思います。
少々記憶の底に沈んではいますが、良く画面を見ていないと結果が分からなくなるような・・・
色々なところに謎かけがあったような気がするんですが・・・違いましたっけ?
登場人物全員の顔を覚えてる位じゃあないと駄目かなあ〜なんて当時思った気がします(笑)
クライブ・オーウェン・・・私は好きですよ!
東西問わず、大人の香りと少年のような無垢な表情を見せることができる俳優。
それが私の好みみたいです。
2. Posted by ジェリ☆ジョリ   March 15, 2007 22:03
私もこれ面白い!好き〜!!!と思った作品です。
やはりだいぶ記憶が薄くなっているのですが(すぐ忘れる…)
ひねりが効いている上にとても洗練されていて
かつスパイク・リー監督の人種・民族問題に関する主張が確かに盛り込まれていて
久々に見ごたえある映画だったな〜〜〜と満足して劇場から出た記憶があります。
公開当時あまり好意的なレビューは見かけませんでしたが
悠雅さんが同じ感想でうれしいです〜♪

春はいろんなことがありますね。
うちの息子も先日保育園の卒園式を迎えて感無量です。
悠雅さんのお嬢さんも素敵な花の咲く春の始まりですね。
3. Posted by 悠雅   March 16, 2007 09:03
◆dottoさま
こんにちは♪
いろいろみなさんにご心配かけてごめんなさい。
考えたら、ほんとに些細なことで、ぐちゃぐちゃ言ってて
全く持って面目ないです。

あらっ!dottoさんもこれ、面白かったですか?
そうですよ。
しっかり観ておいたほうが、「ああ、そういう意味だったのね」って
思うお話でしたよ。
きっとね、全体に面白かった、という印象は残るけれど、
強烈なものがないってことなのでしょうか。

クライヴ・オーウェン、
最初は「ぎゃ〜。こんな顔、イヤだぁ〜」って思ったのに、
最近はすっかり気になる存在になって・・・
わからんもんですわ。自分でも。
4. Posted by 悠雅   March 16, 2007 09:08
◆ジェリ☆ジョリさま
こんにちは♪
あらっ!ジェリ☆ジョリさんも?わたしも嬉しいです〜♪

わたしって、一体何をどう勘違いしてたんだろうと、
改めて、この作品のレビューを読みに、あちこちにお邪魔したら、
そうなんですよ。意外にみなさんの反応が悪かったです。
バリバリのアクションや、最後に爽快感がほしい方には
きっと期待はずれだっただろうと思います。
わたしなどは「そうか、こんなお話が作れるんだ…」と
へへへっ…と笑って終われる、嬉しい作品でした。

ボクちゃんの保育園ご卒園、おめでとうございます。
わが家のボクも大学卒業です。
大きくても小さくても、感慨深く嬉しいものですね。
彼らの未来に幸あれ、と願うばかりです。
5. Posted by りら   March 16, 2007 23:41
こんばんは、悠雅さん♪
ここ2、3日は色々なことがあったようですが、お気持ちがすっきりされたようでよかったです(^^)

私がこの作品で一番気になったのはデンゼル・ワシントンの顔なんです。彼、顔変わってないですか?最初は別人かと思ったくらいで……。そんなことが気になって集中できなかったような(笑)って、これは言い訳ですけど(^_^;)
6. Posted by 悠雅   March 17, 2007 00:42
◆りらさま
こんばんは〜♪
思い返せばそうするほど、大したことがないことで
凹んだり浮上したりと、みっともない話だったんですが、
本当にお陰様で嘘みたいに元通りです。

年齢も重ねてるし、体重も変わってるかも、だから
変わっても仕方ないのでしょうけれど、
「デンゼル・ワシントンだ」と思って観たせいか、
顔が変わったかどうか、全く気にしてませんでした。
別人に見えるくらい変わってましたっけ?
(ああ、不注意なわたし…)
ということは、りらさん、
あんまりこのお話を楽しめなかったのですね。
それって、やっぱり残念でしたね…
7. Posted by rose_chocolat   April 22, 2007 13:09
本当に、ありえない話なんですけれども、
そのありえなさが映画ならではといいますか、
観客もうまく化かされてしまったなあ〜〜と感心した1本でした^^;
8. Posted by 悠雅   April 22, 2007 16:20
◆rose_chocolatさま
こちらにもありがとうございます。

不評が多い理由もわかるのですけど、
わたしも実に面白いと思って観てました。
設定はあり得ないかもしれないけれど、
ところどころで、思い返せば本当に可笑しいシーンもあって、
いろんな意味でわたし好みの作品でした。
9. Posted by JoJo   August 01, 2007 00:32
悠雅さん、こんばんは!いつもTB送らせていただいてます、JoJoです。お世話になっております!

この作品、おっしゃる通り、あくまで淡々と、徹底してクールに描いていましたよね。ハデなアクションも、何もなかったのに、非常に面白いと思いました。でも、注意深く観ていたつもりなんですけど、ラスト、いまひとつ腑に落ちなかった・・・もう一度観て、スッキリしようと思います〜!
10. Posted by 悠雅   August 02, 2007 00:48
◆JOJOさま
こんばんは。TBとコメントありがとうございます。
お返事が遅くなって、それにJOJOさんちにコメントできなくて、
あれもこれもホントにごめんなさい。
これに懲りず、これからもよろしくお願いしますね。

これは期待してなかった分だけ、
あまりにも好みの作風に、すっかりはまり込んでしまいました。
ラストは、「そういえば…」と思い出すシーンがあって、
ニヤリと笑うというオチでしたからね、
わたしはかなりツボにはまりましたけど、
スッキリしない方が多いだろうと思いました。
もう1度ご覧になって、スッキリされたでしょうか・・・
11. Posted by miyu   April 10, 2010 20:15
悠雅さんが書かれている含みを残した脚本ってのが
しっくりとぴったりとするような作品でしたね。
ちょっとついていけない、と戸惑うところもあったので、
あたしも思わず必死に見てしまいました。
面白かったです。
12. Posted by ◆miyuさま   April 11, 2010 20:53
派手なアクションもなく、すっきり明快なものがないので、
評判があんまりよろしくない作品だけれど、
わたしはこれ、大好きなんですよね。
脚本の匙加減も演じている人たちも、
どれもわたしの好みのゾーンにぴったりでした。
13. Posted by あけぼん   November 25, 2010 23:38
こんばんは、悠雅さま。
私はやっと今日衛星放送での録画を観たんですが、面白くて好きな作品でした。

評判がよくないのは意外です。
好みの俳優さんもいっぱいで、デンゼル・ワシントンが複雑な内面の刑事を楽しそうに演じてるし、プラマーおじさまは素敵でしたし。
脚本もよく出来てると思えました。
おっしゃるように匙加減がよいのですよね。
すっきり明快ではないけれど、見事な手際に加え、死者が出ない作品なので後味もよく、エンドロールも好きでした。



14. Posted by ◆あけぼんさま   November 26, 2010 09:49
こんにちは。
今読み返してみると、案外あっさり感想を書いてるのが自分でも意外なほど、
わたしはこの作品が好きなんです。
評判があまりよくなかったのは、派手なアクションものか、
わかりやすいサスペンスだと勘違いさせるものがあって、
期待はずれだった方が多かったせいだろうと思います。
でも、よく観たら本当に面白くてよくできたお話なんですよね。
とってもわかりやすくてスッキリするのが受けるとは思うけれど、
わざとそう作ってしまうところが好きな理由の1つ。
何度観ても楽しめるところもいいですわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔