March 26, 2007

蟲師

100年前の日本には、蟲がいた・・・蟲師



■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: オダギリジョー
    江角マキコ
    大森  南朋
    蒼井  優
    李  麗仙
    り り ィ
監督: 大友 克洋
原作: 漆原 友紀
2006年 日本 131分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■


原作は同名のコミック。
アニメ化もされていて、
今回、実写版で映画化された。
いつものことながら、
コミックもアニメも、全く見たことがなかったが
タイトルから連想される雰囲気に惹かれて
とても観たかった作品だった。



物語は。


100年前の日本には、
たくさんの【蟲】が棲んでいた。
人間に取り憑くと、人間の躰に異変を起こし、
我慢できるものもあれば、命取りになることもあった。

人には見えない蟲が見え、
その蟲を鎮め、蟲を逃がし、人を癒す、
蟲師と呼ばれる者がいた。

蟲師のギンコは、
蟲を祓い、人々を助けながら旅をしていた。
ある冬の雪の深い日、
小さな村に辿り着いたギンコは
大きな邸に一夜の宿を乞うた。

女主人に呼ばれたギンコは
その家の娘の奇病の原因を探り当てる。
それは
ギンコが失った過去への旅の前触れだった・・・


雪景色。若葉。木立。
旱。蝉時雨。夕立。夕暮。
美しい文字と響きで綴られる日本語そのままの、
目前に広がる景色の美しさ。
日本人にとっての原風景とは、
このような色合いと風と、
空気の湿り具合であるだろう。

古代から変わらない山並であっても、
文明が深い山合にも伝播してきた頃。
それが100年前の日本だっただろうか。
蟲と蟲師が生きていた、
最後の時代なのかもしれない。


蟲、と呼ばれるものの表現が
心惹かれる光を放っていたり、
ぞわぞわと不気味であったり・・・
決して、必要以上に脅かさない作り方が、
幻想的で神秘的だが、
全くのお伽噺だとは思えないものを感じさせる。
まるで、森林浴をしながら、
妖しい風に吹かれていると、
「何か」が耳元を掠めて行く…
なんだか、そんな感じがした。
心地良いような、心細いような、不思議な感じ。

お話は、全体にそんな流れの中で、
ギンコの秘密を探っていくことになるのだが、
正直に言えば、わたしは、
ストーリーそのものよりも、
雰囲気に馴染んで観ていることが楽しかった。
静かだけれど、全く退屈しないもの。


ただ、面白い題材を、
美しい風景を背に描くのだったら、
もう少し、演技力のある人が演じれば、
もっと味わい深い作品になってないだろうか。
中盤の大森南朋、李麗仙は安定感があるけれど、
後半はちょっとツライものがあった・・・
のだけれど、
それは、まあ、いいとしようか。


精霊でも、幽霊でも、物の怪でもない。
甲虫や羽虫などの昆虫でもない。
そこに、僅かにあるかないかの気配・・・
そこに、息づく意思・・・
特別な能力を持たない人間にとっては、
【蟲】とは、そんな感じだろうか。

虫がいい。虫が好かない。虫の知らせ。
虫の居所が悪い。肚の虫が納まらない。

何となく・・・
合理的な説明がつかない何かがある時。
日本人はそれを、
「虫(蟲?)」のせいにして説明してきたんだろうか。
それとも、
それは本当に、
日本に棲んでいる蟲たちの仕業・・・
じゃなかったんだろうか・・・



tinkerbell_tomo at 18:15│Comments(26)TrackBack(82) 日本の映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 蟲師  [ そーれりぽーと ]   March 26, 2007 20:35
原作漫画は何度トライしても何故か4巻まで読むと飽きてしまう『蟲師』。 今回も映画を観る前に予習しようと満喫で手に取ったのですが、やっぱり4巻で飽きてしまったorz 実写映画は大友克洋監督作品という事で、一味違う事を期待して観てきました。 ★★★ 原作漫画をとても...
2. 「蟲師」みた。  [ たいむのひとりごと ]   March 26, 2007 21:36
アニメも原作も大好きな『蟲師』。実写版も公開を楽しみにしていた。アニメは、限りなく原作を再現している作品であり、また映像も音楽も決してあの独特のイメージを崩すことのないクオリティの高い作品に仕上がっていた。この実写版、ジャッジメントがちょ
3. 「蟲師」蟲(自分)探しの旅を経た先に観た本当の蟲(自分)  [ オールマイティにコメンテート ]   March 26, 2007 21:49
4 「蟲師」は100年前の日本に蟲と呼ばれる妖しき生き物を癒す能力を持った蟲師と呼ばれた者の蟲の治療を描いたストーリーである。世の中には奇妙な治療法が数多いがこういう不思議な治療法があるのなら実際に観てみたいと思える作品である。
4. 『蟲師』  [ Sweet* Days ]   March 26, 2007 22:18
監督:大友克洋 CAST:オダギリジョー、蒼井優 他 STORY:「蟲師」と呼ばれる白髪の青年ギンコ(オダギリジョー)は、雪山で宿を求めある家を訪ねた。不可解な自然現象を引き起こすとされる「蟲」を鎮めることの出来るギンコは、その家に住む不思議な少女をみることに・...
5. 実写映画 「蟲師」  こりゃだめだw  [ アニメって本当に面白いですね。 ]   March 26, 2007 22:22
2  蟲師    評価:2.0   [ファンタジー]   松竹・東急系:03/24〜   監督:大友克洋   脚本:大友克洋・村井さだゆき   出演:オダギリジョー 江角マキコ      大森南朋 蒼井優 李麗仙   http://www.mushishi-mo...
6. 映画「蟲師」  [ 映画観ないとあかんてぇ?? ]   March 26, 2007 22:41
■邦題:蟲師 ■上映時間:131分 ■製作国:日本 ■ジャンル:ファンタジー、ミステリー、ホラー ■配給:東芝エンタテインメント ■公開:2007/03/24 ■日付:2007/03/24 ■劇場:ワーナー・マイカル・シネマズ茨木(劇場6) ■パンフレット:700円 ■オフィシャ
7. 「蟲師(むしし)」  [ やまたくの音吐朗々Diary ]   March 26, 2007 23:00
3月24日より公開される映画「蟲師 」の試写。 監督は大友克洋。出演はオダギリジョー、江角マキコ、大森南朋、蒼井優ほか。 累計290万部を売り上げている漆原友紀の同名人気コミックを、アニメ映像の第一人者である大友克洋監督が実写化。 かつての日本の自然
8. 【2007-42】蟲師(むしし)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   March 26, 2007 23:21
2 精霊でも幽霊でも物の怪でもない、 妖しき生きもの「蟲」(むし)。 100年前の日本。 「蟲」が引き起こす不可思議な現象を解き明かし、 人々を癒し、救う者を「蟲師」(むしし)と呼んだ。 この世の不思議は、「蟲」の仕業かもしれない。 蟲を感じたら お知...
9. 蟲師   [ 花ごよみ ]   March 26, 2007 23:55
漆原友紀人の人気漫画『蟲師』を、 大友克洋が実写映画化。   主演はオダギリジョー。 幻想的な映画です。    摩訶不思議の世界。 オダギリジョー(ギンコ)、 蒼井優(淡幽)、大森南朋(虹郎)。 キャスティングは魅力的です。 原作を読んではいないので、 不思議...
10. 映画「蟲師」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   March 27, 2007 00:01
「スチームボーイ STEAMBOY」の大友克洋監督作品。妖しき生きもの“蟲”が存在した100年前の日本を舞台に、蟲を鎮め人々を癒す能力を持つ“蟲師”ギンコをめぐる神秘の物語が、膨大な労力を費やして行われたロケハンで見出された美しく幻想的な日本の原風景の中に綴られ...
11. 映画「蟲師」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   March 27, 2007 00:03
映画「蟲師」に関するトラックバックを募集しています。
12. 「蟲師」漫画、アニメ、そして映画   [ 着物アロハ・茅kaya日記 ]   March 27, 2007 00:31
蟲師みてきました。 オダギリ効果で観に来た人は。。どうだったでしょうか?? 原作ファンとしては、おぉ!と思うところと 許せないと思うところが半々。
13. 蟲師 07076  [ 猫姫じゃ ]   March 27, 2007 01:19
蟲師 2007年   大友克洋 監督・脚本  漆原友紀 原作オダギリ ジョー 江角マキコ 大森南朋 蒼井優 りりぃ 李麗仙 ゆっくりと流れる時間、音楽も良い、ストーリー自体も興味をそそられる、独特の、すごい世界観。 だがしか〜し! 完全お手上げです、、、 ...
14. 感想/蟲師(試写×2)  [ APRIL FOOLS ]   March 27, 2007 03:04
人気コミックをジャパニメーションの巨匠・大友克洋が実写映画化! 『蟲師』3月24日公開。その昔、「蟲」と呼ばれる生命そのもののような存在がいた。不思議な現象をもたらす蟲の生態を探り、それを封じる人間は「蟲師」と呼ばれ、ギンコはそのひとり。蟲を寄せ付けてしまう...
15. 蟲師  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   March 27, 2007 05:26
2 製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 131分 監督 大友克洋 原作 漆原友紀 脚本 大友克洋 、村井さだゆき 音楽 配島邦明 出演 オダギリジョー 、江角マキコ 、大森南朋 、 蒼井優 、りりィ 、李麗仙 、クノ真季子 、守山玲愛 、稲田英幸 、沼田爆 ...
16. 蟲師  [ 5125年映画の旅 ]   March 27, 2007 06:46
2 およそ遠しとされしもの下等で奇怪 見慣れた動植物とはまるで違うとおぼしきモノ達それら異形の一群を ヒトは古くから畏れを含みいつしか総じて「蟲」と呼んだ 動物でも植物でもない、妖怪や物の怪とも似て非なるもの達である奇怪な生物『蟲』。それらを時には排除し、...
17. 蟲師  [ Akira's VOICE ]   March 27, 2007 10:21
スクリーンから降りそそぐ森林浴。
18. 蟲師  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   March 27, 2007 10:35
『蟲師』 公開:2007/03/24(03/24) 製作国:日本 監督:大友克洋 原作:漆原友紀 出演:オダギリジョー、江角マキコ、大森南朋、蒼井優、りりィ、李麗仙 アダルトな鬼太郎と若返った砂かけばばあがーーーっ!
19. 蟲師/オダギリジョー、蒼井優  [ カノンな日々 ]   March 27, 2007 10:56
3 原作コミックのことは名前だけはなんとなく聞いたことあるようなって感じで内容に関しては全く知らないんですけど、こういう時代劇ファンタジーって好きなんですよね。久々のオダジョー主演作品に胸ワクワクなんですけど、共演には蒼井優ちゃん、大森南朋さん、江角マキコさ....
20. 『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   March 27, 2007 11:57
オダギリジョーついに結婚!?相手方の母親とも話はもうしていて、何の障害もないそうで(笑)ということで、オダギリジョー結婚発表記者会見・・・ではなく映画『蟲師』舞台挨拶へ行ってきた。 今日は、役所広司・鈴木京香・堀北真希のアルババと被っていたから、そっちは完...
21. 『蟲師』  [ 京の昼寝〜♪ ]   March 27, 2007 12:32
100年前の日本には、妖しく美しい蟲の世界があった。     ■監督 大友克洋 ■脚本 大友克洋・村井さだゆき■原作 漆原由紀(「蟲師」) ■キャスト オダギリジョー、蒼井 優、江角マキコ、大森南朋、りりぃ 、李 麗仙 □オフィシャルサイト  『蟲師』...
22. 映画「蟲師」を観ました!!(2007-07)  [ 馬球1964 ]   March 27, 2007 14:10
映画「蟲師」を観ました!!2007年の第7作目です。正直、意味がよくわかりませんでした。しかも虫嫌いな私に蟲ですから〜
23. 映画:蟲師 試写会  [ 駒吉の日記 ]   March 27, 2007 16:27
蟲師 試写会(よみうりホール) 「蟲師の、ギンコです」 銀髪のオダジョー、どうも『ゲゲゲの鬼太郎』のウエンツクンとかぶって見えてしまいます。原作はアニメを夜更かししててたまたま観、こういう作品もアニメ化されるんだーと結構はまってみてました。で映画化。...
24. 「蟲師」★★★  [ JoJo気分で映画三昧!+α ]   March 27, 2007 18:44
<a href="http://pub.ne.jp/TSURUkame0701/image/user/1173713390.jpg" target="_blank"></a>'06年製作、監督大友克洋さん、主演オダギリジョーさん、共演大森南朋さん、蒼井優さん、江角マキコさん他によるダーク系ファンタジー。大ベストセラー漫画「蟲師」(漆原友...
25. 蟲師 @試写会  [ シュフのきまぐれシネマ ]   March 28, 2007 07:36
蟲師  @3/13(火)@よみうりホール(試写会) 監督:大友克洋 原作:漆原友紀 出演:オダギリジョー、江角マキコ、大森南朋、蒼井優 あんだけ応募したってのに 縁取りまでしてハガキ書いたってのに 結局、プレミア試写にはハズレました ってことで
26. 蟲師(日本)  [ 映画でココロの筋トレ ]   March 28, 2007 10:54
「ステップ・アップ 」の予告で、「東京タワー」のオダギリジョーが泣かしてくれたもんだからすっかりオダギリジョー気分。 ということで予定外なんだけど「蟲師」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:オダギリジョー 、江角マキコ 、大森南朋 、蒼井優 、...
27. 蟲師  [ りらの感想日記♪ ]   March 28, 2007 19:53
【蟲師】 ★★★ 2007/03/04 試写会(6) ストーリー かつて、日本の自然には“蟲”が棲んでいた。ほとんどの人間には姿が見えない、
28. 蟲 師  [ ★しゃべりば ★ ]   March 29, 2007 00:01
風にゆれる木々、虫の声、水の音・・・時折響くのは尺八もやにけむる深い森、雪に埋もれた村。100年前の日本と言われるその場所は不思議な冷ややかさと幽玄さをたたえて息を呑むほど美しい。「蟲」によっておこる奇怪な妖しき現象も不思議な美しさでした。 虫嫌い(私も...
29. 「蟲師」観てきました♪  [ りんたろうの☆きときと日記☆ ]   March 29, 2007 03:31
☆「蟲師」 監督:大友克洋 出演:オダギリジョー、江角マキコ、大森南朋、蒼井優、りりィ、李麗仙、守山玲愛、クノ真季子 人間と自然が共存していた100年前の日本。 崖崩れで母を失い、行き倒れていた幼い少年・ヨキは池のほとりにある小屋に一人で住んでいる白髪で...
30. 蟲師(むしし)  [ 空想俳人日記 ]   March 29, 2007 07:14
そういえば 虫の報せを 聞いていた   うむ、予告で観たときは、それほど観たいとは思わなかった。なのに、私がよくふらふらと映画を見に行くことを知っている友人が「蟲師、始まったよ。行かないの」と言う。私が好きそうな映画、と言わんばかりだ。  そうか、好...
31. 蟲師  [ Kinetic Vision ]   March 30, 2007 00:08
カタツムリか巻き貝を思わせる阿と吽のように、具体的な造形がはっきりしている蟲が登場する場面は、観客にとって何が起きているのか分かりやすい。ギンコ(オダギリジョー)が見上げると天井に張り付いた阿吽から半透明の触手
32. 蟲師  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   March 30, 2007 00:54
&nbsp; 蟲を感じたら お知らせください。 &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; 評価:★5点(満点10点) 2006年 131min 監督:大友克洋       「蟲師」公式サイト 出演:オダギリジョー 江角マキコ 大森南明 蒼井優 「ゲゲゲの鬼太....
33. 『蟲師』  [ 唐揚げ大好き! ]   March 30, 2007 06:31
  『蟲師』 ? この世の不思議は 「蟲」の仕業かもしれない――。 ? 相変わらずですが、原作の漫画は未見です。 でもアニメの方は途中から見てました。 フジ系で土曜深夜・・・といっても27時位に放送してましたね。 今のアニメって大人向けなのな。   ってこ
34. 蟲師  [ 何書☆ねくすと ]   March 30, 2007 08:28
評価:△ 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ &times;:観ちゃいけない) 『あらすじ』  幼くして母親を鉄砲水で失ったヨキは、蟲師の「ぬい」に拾われる。成人と 
35. 自然の風景とVFXがとても美しい「和風ふぁんたじぃ」  [ 人生はお伽話もしくは映画のよう ]   March 30, 2007 09:34
「蟲師(むしし)」  出かける時、玄関で靴べらがぽっきり折れてしまう。「これは縁起が悪い!」という人もいるかもしれません。でも私の母はそんな時も平気な顔。「悪い
36. 映画『蟲師(むしし)』  [ うっかりはんぞう ]   March 30, 2007 10:13
「それが、在るように在るだけ…」 月曜日はメンズデーのトコロまで観に行ってきまし
37. 蟲師(試写会)  [ カリスマ映画論 ]   March 30, 2007 10:56
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 情緒とニュアンスの美しきファンタジー世界 
38. 蟲師in有楽町その1  [ 今日も夜更し ]   March 30, 2007 15:05
5時に到着。よみうりホール。並ぶこと1時間。おかげでスクリーンの大きさがとてもいい位置をキープ。映画は・・・。原作を知っている人はどうおもうだろうなどと考えずにぼおっと観た。美しい映像。日本の自然。いうなれば原風景だ。すると、映画の主題も日本の原風景とい...
39. 映画「蟲師」  [ ミチの雑記帳 ]   March 30, 2007 23:35
試写会にて「蟲師」 漆原友紀の人気コミックを、『AKIRA』の大友克洋監督が実写映画化。 原作は一話完結の形を取っているけれど、映画は4つの話・・・ギンコが蟲師として活躍する「やわらかい角」「筆の海」「雨がくる虹がたつ」と、ギンコ誕生のエピソード「眇の魚」・・...
40. 「蟲師」不可思議な事柄にも理由はあるのです  [ soramove ]   March 31, 2007 03:43
「蟲師」★★★ オダギリジョー、蒼井優主演 大友克洋監督 かつての日本には「蟲」が不可思議な 現象を引き起こしていた、 その蟲と共生し、時には行動を封じるのが オダギリジョー演じる蟲師だ。 ストーリーを追うより 不思議な時代の不思議な現象を 映画館...
41. 『 蟲師(むしし) 』  [ やっぱり邦画好き… ]   March 31, 2007 17:11
映画 『  蟲師(むしし) 』   [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2007年3月24日公開】[ 上映劇場  ] 監督:大友克洋 脚本:大友克洋 村井さだゆき 原作:漆原友紀 【キャスト】 オダギリジョー 江角マキコ 大森南朋 蒼井優 りりィ 李麗仙 クノ真...
42. 蟲師  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   March 31, 2007 23:22
3 100年前、日本には「蟲(むし)」と呼ばれる妖しき生き物がいた。それは精霊でも幽霊でも物の怪でもない、生命そのものであり、時に人間にとりつき、不可解な自然現象を引き起こす。蟲(むし)の命の源をさぐりながら、謎を紐解き、人々を癒す能力を持つ者は“蟲師(むし....
43. 蟲師  [ メルブロ ]   April 01, 2007 00:50
蟲師 上映時間 2時間11分 監督 大友克洋 出演 オダギリジョー 江角マキコ 大森南朋 蒼井優 評価 4点(10点満点) 会場 東芝エンタテイメント試写室(試写会)  月刊アフタヌーンにて連載中の漆原友紀先生の「蟲師」を、「AKIRA」、「老人Z」でお馴...
44. 蟲師  [ future world ]   April 01, 2007 00:54
久しぶりの試写会・・・誘ってもらったのですが。。。 蟲師という映画について知ってることと言えば、 原作がコミック・主演はオダギリジョー・蟲とはどうも昆虫ではないらしい・・・という程度。 原作知らずでどれほど楽しめるのか。。。 100年前、日本の自然界には...
45. 蟲師  [ 風のとおり道 ]   April 01, 2007 11:11
動物でもない植物でもない、生命の原生体 蟲 それらが招く不可思議な現象にふれたとき 人は、ははじめてその存在をしる・・ 蟲師ギンコが出会うヒトと蟲の物語 オダギリ ジョーさんが好きなのもありますが チラシ見て心惹かれてしまった不思議系のお話。 アニメをし...
46. 『蟲師』は、世界と共生する。  [ TATSUYAのシネマコンプレックス ]   April 01, 2007 11:16
   蟲師は観るではなく、感じる映画。 ただ、あるがままに・・・。 公開初日の24日に、梅田のブルク7で観て来ました。 当日は、1回目と3回目にオダジョーの舞台挨拶があるとあって、全席ソールド・アウト
47. 「蟲師」  [ 首都クロム ]   April 01, 2007 12:52
 綺麗でした。しかし、ただ綺麗なだけではない、うっとうしい湿り気と豊かそうな泥土と温かい気持ちが、そこには確かにありました。それと息遣い。雨にも、風にも、空にも、水にも、土にも、幹にも、葉にも…生き生きとした命が宿り、呼吸している生々しさがありました。 ...
48. 蟲師  [ いいかげん社長の日記 ]   April 01, 2007 17:24
昨日のレイトショーで「蟲師」。 既に、「UCとしまえん」での上映スクリーンは小さめ。人気ないのかなぁ? でも、5割程度は埋まってたかな? かつて、日本の自然には“蟲”が棲んでいた。ほとんどの人間には姿が見えない、原初の生命体“蟲”が…。動物でも、植...
49. 『蟲師』は、世界と共生する。  [ TATSUYAのシネマコンプレックス ]   April 01, 2007 19:54
   蟲師は観るではなく、感じる映画。 ただ、あるがままに・・・。 公開初日の24日に、梅田のブルク7で観て来ました。 当日は、1回目と3回目にオダジョーの舞台挨拶があるとあって、全席ソールド・アウト
50. 「蟲師」わけがわからないけど  [ ももたろうサブライ ]   April 01, 2007 20:33
監督 大友克洋 原作ファンには評判が悪いみたい。原作を知らない私はそこそこ楽しんだ・・・だけどあの終わり方は何?わけがわからなかった。 村に電灯がつき始めたという会話がある。電気が普及することで本当の闇がなくなって、やがて蟲が人間の周りから姿を消してい...
51. 「蟲師」  [ てんびんthe LIFE ]   April 02, 2007 02:34
「蟲師」なかのZEROホールで鑑賞 原作のコミックは読んだことがありません。帰ってきてから公式HPを覗いてみました。何だー,1度みただけで理解しちゃいけないんだ。何度もみることによってその大友ワールドに浸っていくことのできる作品らしいです。安心しました。 大...
52. 映画「蟲師」を観て  [ とみのひとりごと ]   April 02, 2007 10:30
「行け!」と「行かないで」と。
53. 蟲師  [ あ??るの日記@ココログ ]   April 03, 2007 00:07
大友克洋監督の映画『蟲師』を観た。 大友克洋の作品と言うだけで観る人は多いはず。僕もそんな一人だ。しかも、実写作品は『ワールド・アパートメント・ホラー』(1991)以来16年ぶりとなる。今回は、小椋事務所の社長が自主制作映画『じゆうを我等に』を観てオファーを送り...
54. 「蟲師」  [ てんびんthe LIFE ]   April 03, 2007 00:24
「蟲師」なかのZEROホールで鑑賞 原作のコミックは読んだことがありません。帰ってきてから公式HPを覗いてみました。何だー,1度みただけで理解しちゃいけないんだ。何度もみることによってその大友ワールドに浸っていくことのできる作品らしいです。安心しました。 大...
55. 蟲師(映画館)  [ ひるめし。 ]   April 03, 2007 11:06
蟲を感じたらお知らせ下さい。
56. 6夜 寂寥の映画、蟲師  [ 王様の千と線 ]   April 03, 2007 17:06
   映画を観る予定の人は読まないほうがいい。 春は名のみの風の寒さよ、雨の冷たさよ。 昨日、山のふもとの公園に出かけてみた。 安達太良は雪をかぶり、家の窓からは美しく格別に思えたので、 犬といちばん綺麗に見える場所を歩きたかった。 けれど、公園に着...
57. 春の映像体験映画「蟲師」は644  [ bobby's☆hiroのシネプラザ ]   April 03, 2007 20:22
12年ごとに実写映画を撮る 大友克洋監督の オダギリジョー主演 大森南朋、蒼井優、江角マキコ出演の 「蟲師」 原作は350万部の売り上げだったとか? 100年前の 日本で展開される「蟲師」と「ヒト」のファンタジー。 「蟲師」の活躍だけが描かれているのかと思いき...
58. 蟲師  [ to Heart ]   April 04, 2007 01:50
漆原友紀の大人気コミックを、『AKIRA』の大友克洋監督が実写映画化したファンタジー。 製作年度 2006年 監督 大友克洋 原作 漆原友紀 脚本 大友克洋/村井さだゆき 音楽 配島邦明 出演 オダギリジョー/江角マキコ/大森南朋/蒼井優/りりィ/李麗仙 一夜の宿を求め...
59. 蟲師  [ ライターへの道??私の観るもの、感じる事を伝えたい!?? ]   April 04, 2007 15:00
????? ??? ? 蟲師(2007年、東芝エンタテインメント.) http://www.mushishi-movie.jp/ ? 監督:大友克洋  原作:漆原友紀 出演:オダギリジョー、江角マキコ、大森南朋、蒼井優、他          一夜の宿を求めてさまよう蟲師のギンコは、ようやく
60. 〈映画〉蟲師  [ Crescent Moon ]   April 04, 2007 18:47
3 蟲を感じたら お知らせください。 「蟲師」観てきました。 一緒に行った友達が「アダルト版鬼太郎」言うの〜笑 確かに片目隠れてるし、他に妖怪みたいな人も出てこない事もない。それに「蟲師」本編始まる前に宣伝入った映画版・鬼太郎(ウエンツ)は何故に銀髪なんでし....
61. 蟲師 70点(100点満点中)07-080  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   April 04, 2007 22:23
こうだと言われりゃ、割り切れないー♪ 公式サイト 通常人には見えないが、この世に確かに存在し、様々な現象に影響を及ぼしている「蟲」という創作概念を題材とした、漆原友紀の同名漫画を大友克洋監督によって実写映画化。 大友克洋作品の魅力は、漫画、アニメ、実....
62. 【蟲師】森林浴とオダギリジョーと癒し  [ 見取り八段・実0段 ]   April 04, 2007 22:26
灰色の空に連なる墨絵のような山並み。どこまでも続く緑の草木と青い青い空。スクリーンが普段見る映画の何倍にも大きく感じる。美しい自然と映像美。その中で起こる不思議の出来事と不思議な人々。自然と人物に違和感がない。どこまでも美しい映画だった。人の手ではどう...
63. 蟲師・・・・・評価額850円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   April 04, 2007 23:19
漆原友紀の「蟲師」を大友克洋が映画化すると聞いたとき、「え?何で大友克洋?」と思った物だ。 確かに彼は「AKIRA」始めアニメの監督として実績があるし、「ワールドアパートメントホラー」など実写の経験もある。 しか
64. 蟲師  [ ジャスの部屋 -映画とゲーム- ]   April 05, 2007 10:32
映画「蟲師」の感想です
65. 蟲師 試写会  [ 杏子の映画生活 ]   April 05, 2007 22:58
2006年3月24日公開予定 原作は漆原友紀のコミック「蟲師」 白髪で片目の蟲師であるギンコが、旅の途中で様々な人々と、それに関わる蟲に出会い、人智を超えた妖しい現象を解き明かし、共生へと導いていく物語。 よみうりホールで行われた試写会はほぼ満席の観客。 ...
66. 蟲師  [ 八ちゃんの日常空間 ]   April 05, 2007 23:58
個人的にはどうもオダギリジョーがダメでね。仮面ライダーで主役になった頃から「何でまた、こんな強そうな感じしないのに…」なんて違和感を覚えていたのに、子供と一緒に観てるママさんたちからイケメンヒーローと大人気になったって言うから、なぜ〜〜、とか思って。その....
67. 蟲を愛でる森の人  [ 世界の中心で、愛をうたう ]   April 06, 2007 02:43
実写映画は1991年の『ワールド アパートメント ホラー』以来。 漫画家と映画監督、二つの顔を持つ男、大友克洋監督作品。 公開2日目の初回に鑑賞。 予想通り空いていました。 ほぼガラガラ。 オダギリ ジョーに蒼井優、そして...
68. 蟲師☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   April 06, 2007 20:25
豊橋ユナイテッドシネマで『蟲師』観て来ました。yahooの試写会応募したのに、はずれたし^^;;;ちょっと期待・・・でもbloger仲間には、いまいち評価・・・それはなぜ?とはいえ、大友克洋監督・脚本といえば『スチーム・ボーイ』ではずしました(爆)ってことは^^;;
69. 【映画】蟲師  [ おきらくいんぱらさん♪ ]   April 08, 2007 17:14
先週の土曜日、3/24の公開初日にレイトショーで蟲師を観てきました。 毎度のことですが、原作をまったく知りませんし、興味もありません(笑) もちろん「AKIRA」も「スチームボーイ」も見たこともございませんが、何か?
70. ★「蟲師」  [ ひらりん的映画ブログ ]   April 09, 2007 00:51
いやいや、五作連続して「は行」の作品見てたけど・・・途切れてしまいました。 ホントは「ブラックブック」を見る予定だったけど、時間が合わず断念。 でも、こっちの作品はオダギリジョーに蒼井優だもんねっ。 ちょっと期待のムッシッシー・・・って感じ。
71. 「蟲師」  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   April 11, 2007 22:28
観てきました。 <新宿ミラノ2> 監督:大友克洋 原作:漆原友紀 脚本:大友克洋 村井さだゆき 蟲師・ギンコは、一夜の宿を求めてたどり着いた屋敷で、そこの女主人から使用人達を診て欲しいと頼まれる。片耳が聞こえなくなった彼らを見事に治療したギンコに、女主人は...
72. 『蟲師』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   April 12, 2007 17:18
感動度[:ハート:]          2007/03/24公開  (公式サイト) 幻想度[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】大友克洋 【脚本】 大友克洋/村井さだゆき 【原作】漆原友紀 【時間】131分 【出演】 オダギリジョー/江...
73. 【劇場映画】 蟲師  [ ナマケモノの穴 ]   April 15, 2007 20:43
≪ストーリー≫ 100年前の日本では、ある日突然、耳が聞こえなくなったり、角が生えたりする奇妙な現象が起きる事があった。人々はそれを、目には見えない“蟲”の仕業と噂した。そして、その蟲の姿が見え、封じることが出来る者を蟲師と呼んだ。蟲師・ギンコは、筆で書いた...
74. 『蟲師』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   April 18, 2007 22:19
感動度[:ハート:]          2007/03/24公開  (公式サイト) 幻想度[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】大友克洋 【脚本】 大友克洋/村井さだゆき 【原作】漆原友紀 【時間】131分 【出演】 オダギリジョー/江...
75. 蟲師 ??むしし??  [ シネクリシェ ]   April 20, 2007 03:02
 原作は未読なので、映画がどれくらい原作に近いかはわかりませんが、泉鏡花からの強い影響が感じられる伝奇映画です。  また、溝口健二『雨月物語』を彷彿とさせるとこ
76. 「蟲師」 映画が説明不足のため、あえて想像力を広げて観てみた  [ はらやんの映画徒然草 ]   April 20, 2007 21:04
大友克弘氏に関する僕の初体験は、氏の漫画「童夢」。 人間業とは思えない緻密な書き
77. 『蟲師』  [ たーくん'sシネマカフェ ]   May 10, 2007 01:18
深夜のアニメ「蟲師」がとても好きで、映画化が決定したとき初めはアニメではないことに不安もありましたがオダギリジョー主演と知ったときからとても楽しみにしてました。監督・脚本:大友克洋 原作:漆原友紀 出演:オダギリジョー、江角マキコ、大森南朋、蒼井優、李...
78. 蟲師  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   September 28, 2007 23:31
 『蟲を感じたら お知らせください。』  コチラの「蟲師」は、漆原友紀さんの同名コミックを大友克洋監督がオダギリジョー主演で実写映画化した3/24公開になったVFXファンタジー巨編なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  (○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・とっても....
79. 蟲師 [Movie]  [ miyukichin’mu*me*mo* ]   October 21, 2007 00:10
 映画(DVD)「蟲師」(大友克洋:監督/漆原友紀:原作)  蟲師 (通常版)video maker(VC/DAS)(D)このアイテムの詳細を見る  半年ちょい前の公開時、  主演のオダジョーが初日舞台挨拶のため  大阪まで来るってんで、  チケットとるのに並びましたよ、朝7時から。  ...
80. 蟲師−(映画:2007年131本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   November 21, 2007 22:50
監督:大友克洋 出演:オダギリジョー、大森南朋、蒼井優、りりィ、李麗仙、稲田英幸、守山玲愛、江角マキコ 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) まったりと、癒されながらの2時間11分。 絶対に眠くなるだろうと思ったのだが、予想に反して独特の世界...
81. 【映画】蟲師…の記事&私のお正月報告  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   January 12, 2008 07:51
今日は映画レビュー記事なわけですが、 その前に私のお正月の報告(というか自分のための覚え書き)。 【元旦】{/ny_kadomatsu/} ダウンタウンを観ながらカウントダウン無く{/face_ase2/}迎えた新年(2年連続)。 一旦寝た{/kaeru_night/}後、早朝4:30に目が覚め「ピンクカ...
82. 映画評:蟲師  [ 写真と映画のブログ ]   March 29, 2009 19:07
雪は降り止む気配はなく、すでに随分な厚みを作り始めている。 谷を背にした小さな村は、雪に閉ざされ、白一色に包まれようとしている。 そ??.

この記事へのコメント

1. Posted by たいむ   March 26, 2007 21:51
TBどうもです。
原作&アニメファンですが、そのイメージを損なうことなく、当たり前のように『蟲』がいる世界を上手く映像化されていたように思います。
映画として、雰囲気を好む方にはウケているようですが、全体的に物語の評判はイマイチなレビューが多いように思います。(特に原作ファンに)

>合理的な説明がつかない何か
これを日本人は”妖怪”や”妖怪の仕業”にしたと思っているので、蟲はもっと自然で原始的なものだと思ってますが・・・蟲の定義は難しいです。
2. Posted by kayamriyon   March 27, 2007 00:31
こんばんはーーー
原作もアニメも知らないで見ると、蟲の定義は大丈夫かなぁ〜〜って、何度か思ったんですが。。。
原作の世界観にはいっていると、すでに、蟲がいるのが当たり前のような気になっているんです。
蟲も、蟲師もまったくの、想像の産物ですから、
その世界観に入り込ませる監督の腕はたいしたものだと思います。
3. Posted by 悠雅   March 27, 2007 13:41
◆たいむさま
TBとコメントありがとうございます。
いつもTBだけで失礼して、本当にごめんなさい。

原作があるものの映画化作品は、いつでも何でも、
原作ファンのダメ出しは宿命のようですね。
特に、アニメの評判がいいようなので尚更でしょうか。
どこで、原作と映画の線を引くのか、それで評価が変わりますね。

「百鬼夜行」に登場するような、
自然現象や、はっきりとした異変を擬人化したものを、
妖怪と表現したと理解してるんですが、
「蟲」とは、仰るように原始的で感覚的なものだと感じたのです。
もっと、取るに足りない空気の動きのようなもの。
そんな微妙なものを感じ取れる蟲師、という感覚で
ギンコを捉えていました。
違ってるのかもしれないですけど・・・
4. Posted by 悠雅   March 27, 2007 13:54
◆kayamriyonさま
蟲と蟲師は作者の創作だということですが、
「虫」とは似て非なる文字が存在するのだから、
定義は難しくとも、少なくとも概念は存在していた、
ということだと感じていました。
人には見えない生命体の根源のような、
凡人には、あるかなしかの微細な気配の違いとして認識されるもの…
違うかもしれないけど、そんな感じを想像します。

いずれにせよ、創作のものを映画で表現したならば、
受け取り手にそれは委ねられるものだと思うのですが、
これを面白いと思うか、つまらないと思うか、
原作が如何に反映されていると感じるか、そうでないか・・・
この作品を巡る意見の多様性を想像してしまいます。

原作ファンでも、主演俳優のファンでもないのに、
わたしはこの作品を気に入ってしまいました。
5. Posted by JoJo   March 27, 2007 18:48
はじめまして、TBをどうもありがとうございます!

静かに淡々と展開するお話で、雰囲気を楽しむ作品でしたね。ストーリーは、ちょっと難しく理解できないところがありましたが、日本の情緒豊かな風景に満足しました。
6. Posted by 悠雅   March 28, 2007 13:02
◆JoJoさま
こんにちは。TB返しとコメントありがとうございます。

四季の風景や、何気ない空間の妖気、
そこに宿る僅かに意思を持った生命体の気配、
それらが、日本の美しい自然のなかで当たり前に存在している…
何かそんな感じがする、独特の不思議な雰囲気がありました。
まだまだ知らない日本があちこちにありそうです。
7. Posted by りら   March 28, 2007 20:44
悠雅さん、こんばんは〜
映像が綺麗で独特の雰囲気の作品でしたね〜。
そういうところは良かったんですけど、残念ながら、やっぱりストーリーの流れが物足りなかったです〜。 って、何だか雰囲気を思い出してたら、まったりしてきたのか、語尾が伸びちゃった(笑)
8. Posted by 悠雅   March 29, 2007 01:15
◆りらさま
こんばんは♪
日本の風景も、幻想的なシーンも
綺麗な映像がたくさん見れましたね。
自然が美しい国だったんだ、と改めて思ったくらいです。

蟲師としてのギンコの仕事がもう少しあると
もっと面白い作品になったのかもしれないですね。
ぬいとの過去の出来事が占めるウェイトが大きかったですもんね。

蟲の概念を自分なりに考えている最中ですが
これが結構楽しいです。
9. Posted by ミチ   March 30, 2007 23:39
こんばんは♪
主演俳優のファンだということもありますが、森林浴効果と蟲師の癒し効果ですっかり気持ちよくなってしまいました。
ああいう風景を見ているだけでなんだか癒されますね。
さぞロケハンに力を入れたことでしょう。
電気が通る前の時代は今よりも断然闇が力を持っていたような気がします。
そして不思議もたくさんあったような気がします。
そんな不思議を起こすものが確かにあの時代にはあったのかもしれないな〜なんて思いました。
10. Posted by 悠雅   March 31, 2007 09:54
◆ミチさま
こんにちは♪
原作を知らないと、ギンコとオダギリジョーのイメージが
近いのかどうかわからないけれど、
少なくとも、映画の雰囲気と彼は合っていたように思います。

森の爽快な風や、木陰の湿気、緑や苔の匂い。。。などを
感じるような映像の世界を、たっぷり楽しんでました。
お話も難しいという方が多いけれど、
わたしはすっかり馴染んで、よくわかったつもりになってます。
いずれにせよ、あの世界を感じ、楽しむ作品なんですね。

電気が通る前の闇は、畏怖の対象になるほどに圧倒的だったでしょうね。
そりゃあ、いろんな蟲が生息してただろう、って思います。
11. Posted by TATSUYA   April 01, 2007 19:58
5 達也です。
トラバ、ありがとうです。
映画『蟲師』の評価がイマイチですが、
達也も同じく良かったと思います。
映画にテレビ的な分かりやすいストーリーを
求めないのであれば、この映画は秀作です。
もしかしたら、世界のマーケットで凄く評価される
かも知れません。
日本映画の可能性が、ここにあると言ったら
言いすぎでしょうか・・・。
12. Posted by ジェリマロ   April 01, 2007 21:20
こんばんは^^
私も原作は未読ですがとても楽しめました。
不思議な感じの俳優さんですねオダギリジョーは。
映像がとても美しくって改めて自然っていいなぁ〜と思いました。

が、DVD鑑賞しているかのごとく終始しゃべり声がして残念な鑑賞となりました><

オダギリジョーが時々ウエンツ瑛二(実写版鬼太郎の)に見えてしまいました^^;

13. Posted by 悠雅   April 01, 2007 21:30
◆TATSUYAさま
こんばんは。こちらこそ、TBとコメントありがとうございます。

これに限らず、原作が魅力的で人気が高い作品の場合、
どうしても、原作ファンは納得されないようですが、
作品の性格や表現方法が違うのですから、別物と思わなければ、
比較して批判するだけになって、楽しめないでしょう。
だから、原作との比較もできず、映画だけで楽しめたわたしたちは
かえって、よかったのかもしれません。

わたしも、これってもし海外に出したならばどうだろうと
ちょっと考えてました。
案外、評価が高いかもしれませんね。
14. Posted by 悠雅   April 01, 2007 22:31
◆ジェリマロさま
こんばんは〜♪
案外、原作を未読であるほうが、映画そのものを楽しめますね。
映像も、日本らしい風景も、蟲の表現もとても綺麗で
お話もあまり難しいと感じなかったので、
なかなかいいじゃない、と思ってたんです。

オダギリジョーという人は、
『新選組!』と『メゾン・ド・ヒミコ』しか観たことないのですが
あまり巧い俳優だとは思わないのだけれど、
独特の雰囲気のある人なのですよね。

ああ、どこでもみなさん、仰ってますね。
実写版鬼太郎とカブりますわね、あのヘアスタイルと雰囲気。
観た目だけじゃなく、やはり何か共通するものがある気がします。
15. Posted by あ〜る   April 03, 2007 00:12
悠雅さん、TBありがとうございます。
評判はよくないようですが、素晴らしい日本の景色に吸い込まれるようで、個人的には結構好きです。ストーリー的には盛り上がりがかけてましたが・・・(^_^;)
16. Posted by セイ   April 03, 2007 17:11
はじめまして。TBをありがとうございました。
ではこちらからも・・・

綺麗な映画でしたよね。
うちの裏山か?と思うような懐かしい気持ちになりました。
原作も大友漫画も以前から読んでいましたので
脚本がすこしさみしい話にしすぎた感はありましたが、
出会いと別れの映画だったのかなぁ・・・
17. Posted by 悠雅   April 03, 2007 23:59
◆あ〜るさま
こんばんは。せっかくコメントいただいたのに
お返事するのが遅くなってごめんなさい。

やはり、原作やアニメに思い入れの強いファンの方には
評判は良くないようですが、
原作を全く知らなければ、自分が感じたいように感じ、
楽しみたいように楽しめる作品だったと思います。

盛り上がりに欠ける、というか・・・
それまでの流れとは違う、妙な終盤の描き方のように感じました。
18. Posted by 悠雅   April 04, 2007 00:09
◆セイさま
こんばんは。TBとコメントありがとうございます。

そうですね。やはり、いちばん強い印象は映像の綺麗さでした。
日本の四季折々の風景って、こんなに綺麗だったんだと
再認識しました。

原作もアニメも、あることは知ってたけれど
全く手に取ることもなく、ただ、映画だけを観て来たので、
イメージの違いもわからないですが。

連載や連ドラではない映画の作り方をするために、
ギンコが蟲師になった過程を描いていたのだと思うので、
あのような展開になったのかもしれませんね。
ドラマみたいに、ゆっくりいろいろ説明しながら、って訳には
いかないですもんね。
19. Posted by ノラネコ   April 04, 2007 23:22
こんばんは、
コメントいただいた悠雅さんの記憶がとても興味深いですね。
古来、日本人は人の体には虫(昆虫や寄生虫とは違う類の)がいると考えていた様なので、私たちの意識の中にこの映画の「蟲」というのは自然に存在してるのかもしれません。
映画的にはもうちょっと何とかならなかったのかというのが正直な所ですが、日本人の琴線に触れる世界観ではあるのでしょうね。
20. Posted by 悠雅   April 05, 2007 21:58
◆ノラネコさま
こんばんは。
映画の感想ではないコメントをしてしまいました^^;
でも、あの妙な記憶の正体を知りたいと、やはり思います。

日本語の中に、「虫」で表現する言葉が多いといくことが
身体の中に虫がいるという意識の現われだと思うし、
それを素直に受け入れられる気がします。

わたしはノラネコさんのように、専門的な解説はできないですが
それでも、どうしても気になるところはいくつもありました。
でも、その「虫=蟲」の感覚のせいか、
あまり違和感を持たずに、普通に馴染んで楽しめました。
21. Posted by 杏子   April 05, 2007 22:57
3 こんばんは。TBさせていただきました。

私も原作を知らずに映画を観たので、そこそこ楽しめたクチです。古き日本の自然風景・事象を幻想的なタッチで描いた作品でもありましたね。
病気が蟲の仕業というのも興味深かったです。

何話分かをまとめ、くっつけたお話になっているようですが、上手くいった部分とそうでない部分の差がチグハグ感を出してしまった原因?脚本って難しいんだな〜とも思いました。
22. Posted by 咲太郎   April 06, 2007 02:41
この映画の素晴らしいところは
なんと言っても映像の美しさ
そして、大友監督の文句を言わせない壮大な世界観でしょう。
「虫」がいろんな言葉に使われているのは
我々と虫の関係が通り一遍ではないからなんでしょうね。
私は途中眠くなってしまいましたが
嫌いな映画では無かったです。

TBありがとうございました。
23. Posted by 悠雅   April 06, 2007 10:30
◆杏子さま
初めまして。TBとコメントありがとうございます。
風景をとても綺麗に撮ってある反面、
まだまだ推敲の余地がある脚本、という
映画としてのチグハグ感は否めないかもしれないですが、
全体として、原作を知らずに観たら面白い作品だったと思います。
「蟲」で表現される、何か得体の知れないもの、という感覚は
日本人にはとても素直に受け入れられる気がします。

こういう描き方、終わり方をすると、
また雰囲気の違った続編ができても面白いかもしれません。
24. Posted by 悠雅   April 06, 2007 10:34
◆咲太郎さま
こんにちは。こちらこそ、TBとコメントありがとうございます。

現代医学を持ってすれば簡単なことでも、
長らく「よくわからない不思議な病」とされたものが
「蟲」の仕業だと考える感覚が、日本人に備わっているのでしょう。
我々もそれを受け継いでいるのではないかしら。

ゆったりとした美しい風景や静かな雰囲気が
眠気を誘うかもしれないけれど、それって人の自然な欲求かも。
心地良い作品であった、とも言えますもんね。
25. Posted by にゃんこ   April 06, 2007 20:34
こんばんは
TBありがとうございます。
原作未読ですが、自分の中でなんとなく認識している
蟲という、得体がしれない、でも日本人と共存している何かって
ジブリのもののけ姫の”森”や、ナウシカの”森”に
通じるものがあるような、そんな気がします。
映像面では、ほんとに身をゆだねられるような
心地よさもあったんですけどねーー(笑)
26. Posted by 悠雅   April 07, 2007 00:07
◆にゃんこさま
こんばんは。
TBとコメントありがとうございます。
いつもTBだけでごめんなさい。

やはり、にゃんこさんも「蟲」というものを、
そのように感じてらっしゃるのですね。
わたしも最初にこの作品のチラシなどを観た時に、
『もののけ姫』や『ナウシカ』と、イメージが直結したのです。
そのせいかどうか、日本人が感じる「蟲」に強く心惹かれました。

お話は、多くの方が仰るほど不可解と思わず、
あんまり困らずに観てたのですけど、
筋書きよりも、雰囲気に同調してた気がします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔