April 14, 2007

サンシャイン2057

太陽滅亡まであと僅か。
ミッションを遂行する人間たちが遭遇したものは・・・Sunshine



■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: キリアン・マーフィ
    真田  広之
    ローズ・バーン
    ミシェル・ヨー
    クリス・エヴァンス
    トロイ・ギャリティ
    ベネディクト・ウォン
    クリフ・カーティス
    マーク・ストロング
監督: ダニー・ボイル
2007年 UK 108分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■


トレイン・スポッティング』『28日後...』の
ダニー・ボイル監督作品。
脚本のアレックス・ガーランド、
主演、キリアン・マーフィとも、
『28日後...』と同じ顔合わせだ。

初めに言っておくとすれば、
これは、ちょっと普通のSF映画ではない。



物語は。


2057年。太陽のエネルギーが衰え、
地球は凍てつき、滅亡の危機に瀕していた。
それを打破するため、
太陽再生に必要な核爆弾を搭載した、
宇宙船イカロス2号が打ち上げられていた。

イカロス2号のクルーは、
各分野のエキスパート8人で、
キャプテンは日本人のカネダ。
地球との通信不可領域に入っても、
冷静に、順調に計画を遂行中だった。

まもなく、核爆弾を太陽に発射、
計画を実行すれば、無事、帰途につくことができる。
水星に接近したクルーたちは、
明るい気持ちで水星を見つめていた。

だがその時、
通信技師が受信したのは、不可解な信号だった。
それまでの冷静なクルーたちの関係に、
微妙な変化が起こり始める・・・



物語は、
いきなり、任務遂行中の宇宙船内部から始まる。
地球の危機的状況や、クルーの選抜や、
英雄的に宇宙船に乗り込む過程など、
地球上の事情は描れず、
無駄な明るさや、説明的な場面も台詞も一切ない。
現在の状況は、
数少ない情報から観客が見て取るだけだ。

それでも序盤は、
地球を救うSFヒーロー物かとも思うのだが、
徐々にその様相に変化が見えてくる。
ある予測不能の事態に遭遇して以降は、
当初の予測を超え、緊張の連続になる。

もし、この作品をジャンル分けするとしたら、
どんなジャンルで括られるのか、
それは、観た人によって様々になるだろう。
わたしはジャンルで括る気はないけれど、
全く、一筋縄ではいかない作品だ。


エネルギーと希望の象徴のような
太陽の赤い映像。
使命と冷静の表現のような
モノトーンの宇宙船内部の映像。
色彩も構図もとても美しい。

物語が進むにつれて、
一瞬、意図を測りかねる映像が多用され、
その積み重ねは、臨場感を齎し、
不安と緊張は、否が応でも煽られていく。

特定のヒーローを指し示す展開にせず、
シリアスなエピソードを重ねていく間に、
クルーたちの個性を浮かび上がらせ、
ところどころに小さな布石をばら撒く脚本。
巧いなぁ。

予測不能の出来事を重ね、
やがて導き出されるものは、
最早、SFでもスリラーでもホラーでも
もちろん、ファンタジーでもない。

映画を構成する、様々な要素を活用して、
この作品が描きたかったものは何か。
終盤からラストへの展開が指し示すものに、
自分の想像の域が達した時、
この作品は、SF映画の枠を超えて、
観客の中に入り込んでくるのではないだろうか。


この作品の感想は、賛否両論必至だが、
それならそれでよし。
荒唐無稽とは言いきれない、
滅亡に向かう太陽と、観る者の想像力の帰結。
ハリウッドのSFヒーロー物とは一線を画す、
英国産の、英国の物語は、
わたしにはとても面白い作品なのだった。



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダニー・ボイル監督作品に、
キリアン・マーフィが出演していると聞いて
心待ちにしていたが、予想外の公開の早さ。
おかげで、まだかまだかと待つこともなく、
この話題作を観ることができた。

キリアン・マーフィは、
特別に強い主張を感じさせないのだけれど、
気がついたら、存在が大きく見えてくる。
クルーたちの表情のアップが多いが、
彼の表情はいつものように雄弁だ。

イカロス2号のキャプテンには真田広之。
ハリウッド大作よりも、英国作品の雰囲気に馴染むと、
常々思っているのだけれど、
この作品にも、彼はとてもよく似合う。
適度な押し出し、適度な包容力と、
適度なサムライ的要素。彼の起用は成功だと思う。

2人の女性たちは、ほとんどノーメイクに近い。
ロース・バーンは、そうだと知っていなければ、
『マリー・アントワネット』で演じた役が、
ポリニャック公爵夫人だと気付かない人も多いかも。
厳しさと温かさを感じさせるミシェル・ヨーも○。

また、
「眼光の鋭いスタンリー・トゥッチ」という感じの
英国俳優、マーク・ストロングも出演。ただし・・・
これは、言うのをやめときましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆



tinkerbell_tomo at 16:27│Comments(24)TrackBack(65) 洋画【さ】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. サンシャイン 2057  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   April 14, 2007 17:55
ダニー・ボイル監督の『28日後・・・』も、アレックス・ガーランド脚本の『ザ・ビーチ』もイマイチ苦手なんだけど、[絶対絶命の危機]とか[究極のミッション]とかは大好きなので、両者のコラボレーションの本作を鑑賞してみた。【story】もしも太陽が死滅したら・・・。滅...
2. キリアン・マーフィ Cillian Murphy 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   April 14, 2007 18:09
Date of birth (location),13 March 1974,Douglas, Cork, Ireland The Best Time of Our Lives (2008) Watching the Detectives (2007) サンシャイン 2057 Sunshine (2006) 麦の穂をゆらす風 The Wind That Shakes the Barley (2006) プルートで朝食を Breakfast o...
3. クリス・エバンス Chris Evans 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   April 14, 2007 18:10
Date of birth (location),13 June 1981,Sudbury, Massachusetts, USAThe Loss of a Teardrop Diamond (2008) ファンタスティック・フォー 銀河の危機 Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer (2007) The Nanny Diaries (2007) サンシャイン 2057 Sunshine (200...
4. ローズ・バーン Rose Byrne 女優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   April 14, 2007 18:11
Date of birth (location),24 July 1979,Sydney, New South Wales, AustraliaThe Tender Hook (2008) 28 Weeks Later... (2007) Pushing Up Daisies (2007) サンシャイン 2057 Sunshine (2006) "Damages" TV Series The Dead Girl (2007) マリー・アントワネット...
5. サンシャイン 2057  [ りらの感想日記♪ ]   April 14, 2007 22:18
【サンシャイン 2057】 ★★★☆ 2007/04/14ストーリー 50年後の未来。地球上の全ての生命の源である太陽の活動が終焉を迎えよう
6. サンシャイン2057  [ カリスマ映画論 ]   April 14, 2007 22:38
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ジャンル不定のまぶしい映画  
7. サンシャイン2057  [ amapola ]   April 14, 2007 22:55
製作年:2007年 製作国:イギリス 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ 真田広之 ミッシェル・ヨー 六本木TOHO(ジャパンプレミア) 舞台挨拶についてのメモ Story2057年。滅亡の時が迫る人類の唯一の希望は、宇宙船“イカロス2号”に搭乗したエリート....
8. サンシャイン2057  [ 小部屋日記 ]   April 14, 2007 23:00
Sunshine(2007/イギリス)【劇場公開】 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ/クリス・エバンス/ローズ・バーン/ミシェル・ヨー/真田広之 評価が難しいSF大作かなあ。^^; 地球にとって、生命の源である太陽が死滅しようとしている50年後の近未来のお話。 ...
9. サンシャイン 2057/ SUNSHINE  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   April 14, 2007 23:30
           ダニー・ボイル監督最新作{/ee_2/} 何度もココでも「早く観たい!!」って言い続けたけど、ようやく公開決定! なぜ原題の「サンシャイン」だけじゃダメだったのかなー? 来月の突然の公開を前にFOXさんの試写で観てきました{/kirakira/} 脚本は『...
10. 『サンシャイン2057』  [ ラムの大通り ]   April 15, 2007 01:55
(原題:sunshine) ----ダニー・ボイル監督のSF? なんか『28日後…』を思い出しちゃうな。 「あ〜。ちょっと似ているところあるかな。 あの作品はゾンビ映画のように始まり、 途中から生き残った人間の恐ろしさにスポットを当てていた。 この映画も『レッドプラネット』な...
11. 「サンシャイン2057」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   April 15, 2007 07:14
「サンシャイン2057」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ローズ・バーン、クリフ・カーティス、クリス・エヴァンス、トロイ・ギャリティ、キリアン・マーフィ、真田広之、ベネディクト・ウォン、ミッシェル・ヨー、他 *監督:ダニー・ボイル 感想...
12. サンシャイン 2057 SUNSHINE  [ いいかげん社長の日記 ]   April 15, 2007 08:20
昨日の「UCとしまえん 」は、土曜日のレイトショーとしては、普通の混み具合。 「東京タワー 」と最後まで悩んでたんだけど。 「東京タワー 」は、テレビでストーリーがわかってるし、泣かされるのもわかってるので、ちょっと遠慮。 気楽に見られそうな「サンシャ...
13. サンシャイン2057  [ It's a Wonderful Life ]   April 15, 2007 12:25
前作「ミリオンズ」はイギリスらしい家族愛の映画でしたが、 ダニー・ボイル監督の新作はSF映画。 やっぱりイギリス人の作った映画だなぁって印象で、 ハッキリ言って娯楽色は薄い作品なんですけど、 でも最近のハリウッド製、CG多様ハデハデSF映画に比べる...
14. サンシャイン 2057(2007年)  [ 勝手に映画評 ]   April 15, 2007 18:36
時代は今から50年後の2057年。太陽はその輝きを失いつつあり、太陽を復活させるべく、マンハッタンほどの大きさもある巨大な核弾頭を太陽に撃ち込む決死のミッションに赴くイカロス2号がその舞台。若干のネタバレありです。 うーん、サスペンスムービーなのか、パニックムー...
15. 「サンシャイン2057」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   April 15, 2007 19:21
予告を見て気になっていた「サンシャイン2057」(原題 SUNSHINE )を見
16. 『サンシャイン 2057』 ('07初鑑賞38・劇場)  [ みはいる・BのB ]   April 16, 2007 00:38
☆☆☆★?? (5段階評価で 3.5) 4月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:10の回を鑑賞{%clear_a%}
17. 『サンシャイン 2057』  [ 唐揚げ大好き! ]   April 16, 2007 06:12
? 『サンシャイン 2057』 ? 太陽の死 ?? それは人類の破滅。迫りくる謎・・・ ? 絶体絶命の危機!! ?最後の希望を託された男女8人が宇宙での 究極のミッションに挑む ? やる気の無くなった太陽に気合を入れに行く映画です。 予告編やタイトルからして『アル
18. サンシャイン 2057   [ シュフのきまぐれシネマ ]   April 16, 2007 21:12
サンシャイン 2057   4/14(土)@ユナイテッドシネマとしまえん 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィー、真田広之、ミシェル・ヨー 、クリス・エヴァンス 他 音楽:ジョン・マーフィ、アンダーワールド 配給:20世紀フォックス にして
19. サンシャイン2057  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   April 16, 2007 21:40
駄作かどうかは見る前からある程度勘で分かるものだが、でもやっぱり見てみようと思って見たら、やっぱり「サンシャイン2057」は駄作だった。
20. サンシャイン 2057  [ CINEMA DEPOT's BLOG ]   April 16, 2007 22:42
DEPOTのおすすめ度:★★☆☆☆ 公開日:2007年4月14日 配給:20世紀フォックス 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ,ミシェル・ヨー,クリス・エヴァンス 鑑賞日:2007年4月14日 MOVIX三郷 シアター12(座席数287) 【ストーリー】 地球上のあら...
21. 『サンシャイン2057』  [ 分太郎の映画日記 ]   April 17, 2007 13:24
 太陽へ向かって航行する宇宙船を舞台に、極限のミッションに挑み追い詰められるクルーの姿を描いたSF映画。真田広之やキリアン・マーフィやミシェル・ヨー、クリス・エヴァンスらが出演、監督は『トレインスポッティング』『普通じゃない』などの異色作を撮ったダニー...
22. サンシャイン 2057  [ Akira's VOICE ]   April 17, 2007 16:50
太陽が〜燃え〜ている〜♪
23. サンシャイン 2057  [ ぷち てんてん ]   April 17, 2007 19:57
ダニー・ボイル監督だ〜♪キリアン・マーフィに真田広之だけだと思っていたら、どこかで見た顔!そうか、クリス・エヴァンスもいたんですね〜〜。私は、ダニー・ボイル監督結構好きなんですよねえ。「28日後・・・」面白かった〜。「シャロウ・グレイブ」「トレイン・スポ...
24. サンシャイン 2057  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   April 18, 2007 05:15
2 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 108分 監督 ダニー・ボイル 製作総指揮 アンドリュー・マクドナルド 原作 − 脚本 アレックス・ガーランド 音楽 − 出演 キリアン・マーフィ 、真田広之 、ミシェル・ヨー 、クリス・エヴァンス 、 ローズ・...
25. サンシャイン 2057  [ Alice in Wonderland ]   April 18, 2007 12:53
ダニー・ボイル監督といえば私の中では『 トレインスポッティング』と『ザ・ビーチ』が真っ先に頭に浮かびます。この2作品はめちゃくちゃ好きだし、私は渡辺謙より真田広之に海外進出して欲しいと思っているし、密かにファンであるクリス・エヴァンスも出演しているという.....
26. サンシャイン2057  [ Diarydiary! ]   April 18, 2007 21:38
《サンシャイン2057》 2007年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? SUNSHI
27. サンシャイン2057  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   April 18, 2007 22:40
4 太陽に近づくことは、神に近づくこと!。そこにこのSF映画の醍醐味がある。 西暦2057年。地球上ではあらゆるものが凍てつき、人類は滅亡の危機に瀕していた。地球に熱を供給する太陽の活動が衰え、死滅しようとしているのだ。人類に残された最後の希望は、宇宙船“イカ....
28. 2057: A SPACE ODYSSEY〜『サンシャイン 2057』  [ 真紅のthinkingdays ]   April 19, 2007 10:15
 太陽が衰退し、50年後の地球は滅亡の危機に瀕していた。太陽を再生させるため、 核弾頭を搭載した宇宙船「イカロス2号」が8人の宇宙飛行士を乗せて太陽に向かう。 あと僅かで任務決行というその時、彼らは7年前に消息を絶????蘊H
29. サンシャイン2057(評価:△)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   April 19, 2007 13:35
【監督】ダニー・ボイル 【出演】キリアン・マーフィ/真田広之/ミシェル・ヨー/クリス・エヴァンス/ローズ・バーン/トロイ・ギャリティ/ベネディクト・ウォン/クリフ・カーティス/マーク・ストロング 【公開日】2007/4
30. サンシャイン 2057  [ ねこかん[映画/DVD/本/感想] ]   April 19, 2007 19:18
みなさん、こんにちは。今日、ご紹介する映画は、『サンシャイン2057』斬新な映像で話題を集めた『トレイン・スポッティング』のダニー・ボイル監督が放つ<究極のSFアドベンチャー>です。ところで昨日夜、映画館に行って来たんですけど、私、ついにやってしまいまし...
31. ★サンシャイン2057★  [ CinemaCollection ]   April 19, 2007 20:35
2057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか?危険で予測不可能な旅が始まる上映時間108分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2007/04/14ジャンルSF/サスペンス/ホラー【解説】「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督が宇宙空...
32. 映画『サンシャイン2057』(2007年アメリカ)  [ -bluescreenlife- ]   April 19, 2007 21:32
原題:SUNSHINE『トレインスポッティング』のダニー・ボイルによるSFスリラー。出演はキリアン・マーフィ、クリス・エヴァンス、ミシェル・ヨー、真田広之他。◎ストーリー◎地球滅亡の危機を救うため、宇宙船“イカロス2号”に登場した男女8人。彼らは可能な限り太陽...
33. サンシャイン2057  [ 5125年映画の旅 ]   April 19, 2007 22:01
4 西暦2057年。太陽をその活動を衰退させ、地球は氷河期に突入していた。人類の総力を挙げて作られた宇宙船・イカロス2は、太陽を蘇らせるために宇宙を旅していたが、水星軌道に差し掛かったところで謎の救難信号を受信する。信号を発していたのは8年前に同じ任務で地球....
34. 映画「サンシャイン 2057」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   April 20, 2007 18:09
映画「サンシャイン 2057」に関するトラックバックを募集しています。
35. サンシャイン 2057  [ そーれりぽーと ]   April 20, 2007 21:08
ダニー・ボイル監督が、また今までと全く毛色の違う世界を映像化した『サンシャイン 2057』。 でも、真田広之の名前しか頭に無いまま観てきました。 ★★★★ 太陽の急激な老化とともに滅び行く地球と人類を救う為、太陽での再生ミッションに向かう宇宙船の乗組員達を描...
36. サンシャイン2057  [ C note ]   April 20, 2007 21:30
宇宙―そこは最後のフロンティア・・・であるからして、何が起こっても不思議ではな
37. サンシャイン2057  [ 八ちゃんの日常空間 ]   April 21, 2007 06:12
かなりマニアック。ディープなSFファンしか受け入れられないんじゃないかな。サーチライトの作品とは思えないよ。でも評価は低いけど、満足度は高いのは個人的趣味なので(笑)
38. サンシャイン 2057/キリアン・マーフィ、真田広之  [ カノンな日々 ]   April 21, 2007 21:35
3 私の隣でチケットを買っていたサラリーマン風のオジサン。仕事の合間の時間潰しって感じでしたけどカウンターで受付の女性に尋ねました。 オジサン「サンシャイン2057って洋画だよね?」 すると受付の女性は 女性「いえ、日本のです」 ・・・たった今そのチケットを....
39. サンシャイン 2057  [ C'est Joli ]   April 22, 2007 00:25
3 サンシャイン 2057’07:米 ◆監督:ダニー・ボイル「28日後…」「ミリオンズ」「ザ・ビーチ」◆出演:キリアン・マーフィ 、真田広之 、ミシェル・ヨー 、クリス・エヴァンス 、ローズ・バーン 、トロイ・ギャリティ ◆STORY◆西暦2057年。太陽はすでに消滅しつつあり...
40. サンシャイン2057・・・・・評価額1500円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   April 22, 2007 01:10
今から17年前のバブル時代、NHKが70億円の巨費を注ぎ込んで、ハリウッドで製作した一本のSF映画があった。 西暦2050年、太陽が突如として膨張を初め、巨大な太陽フレアによって地球は滅亡の危機に瀕する。 人類は反物質爆弾を搭載
41. 映画「サンシャイン 2057」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   April 22, 2007 23:30
2007年29本目の劇場鑑賞です。「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督作品。宇宙空間を舞台に描く異色SFサスペンス・アドベンチャー。太陽の死滅が近づき、存亡の危機を迎えた人類の最後の希望を託され、太陽再生のために宇宙船に乗り込んだ男女8人...
42. サンシャイン2057  [ Happy days*** ]   April 23, 2007 05:37
2057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか? 危険で予測不可能の旅が始まる。 なんと真田さんが出てるではありませんか!! SFアドベンチャーと好きなジャンルだし、 ぜひ、見て見たい。 真田さんが出てるから楽しみに行って来ました。
43. 『サンシャイン2057』  [ Brilliant Days ]   April 23, 2007 11:54
ダニー・ボイル監督でキリアン・マーフィー主演ですからイギリス映画かと思ってましたら、アメリカ資本だったんですね。。 もっとホラーに近い作品かと思ってたら、意外にも「ソラリス」とか「2001年宇宙の旅」など彷彿とさせる 哲学的メッセージも感じられる作品でした。。...
44. ■サンシャイン 2057 [映画]  [ *Hello Nico World ]   April 23, 2007 18:07
『サンシャイン 2057』(2007)アメリカ  監督:ダニー・ボイル 脚本:
45. 【2007-53】サンシャイン 2057(SUNSHINE)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   April 23, 2007 19:39
3 『私たちの太陽は死にかけ、 人類は滅亡の危機に直面している。 16ヶ月前、私、カネダ船長と7名の乗組員は 太陽熱の衰退で凍りついた地球を後にした。 我々の使命は、 太陽を蘇らせること。 手遅れになる前に・・・』 20057年、人類は、太陽滅亡の危機を救える....
46. サンシャイン 2057 (Sunshine)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   April 23, 2007 21:10
監督 ダニー・ボイル 主演 キリアン・マーフィ 2007年 イギリス映画 108分 SF 採点★★★ 前にも書いたんですが、幾つになっても夏が来れば「海だぁ!山だぁ!」と大ハシャギの私。夏、大好きです。ところが夏の方はそう思っていないようで、蚊に刺されれば蚊刺過敏症のお...
47. 映画「サンシャイン 2057」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   April 28, 2007 21:06
原題:Sunshine (2007) 地球温暖化、環境破壊・・・だけど、太陽が死滅したら!?・・そしたら地球が凍りつく!?・・太陽系は太陽で成り立っている、人類滅亡の危機は救えるのか・・・ 近未来2050年のイカロス1号に続いて、2057年イカロス2号の任務もまた同じ、...
48. ★「サンシャイン 2057」  [ ひらりん的映画ブログ ]   April 29, 2007 03:35
←今年通算70本目。 SFものは大画面で見なくちゃ・・って事で、 今週の週末ナイトショウは、この作品。 主演は、最近よく見るキリアン・マーフィー。 共演に、真田広之、ミッシェル・ヨーなど。
49. サンシャイン2057 金をかけた駄作です。  [ よしなしごと ]   April 29, 2007 15:23
 真田広之が出演しているハリウッド映画と言うことで話題を呼んでいるサンシャイン2057を見てきました。
50. 『サンシャイン2057』  [ ドレミファ息子の血は萌える ]   May 01, 2007 12:01
 凶暴だ。凶暴な映画だ。『サンシャイン2057』にあって太陽というものは、途方も無く凶暴極まりない装置であり、あらゆるものを無へ消滅せしめる。  なにしろ宇宙船の角度が変わって陽が当たった途端、人間は粉々に燃??ys@
51. サンシャイン 2057☆危険で予測不可能な旅が始まる  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   May 01, 2007 15:48
18日、鑑賞♪
52. 真・映画日記(1)『サンシャイン2057』  [            ]   May 01, 2007 21:44
4月30日(月・祝)◆427日目◆ 前の晩から朝まで クニオ他イベントスタッフ達と歌舞伎町の「魚民」で飲み。 朝9時過ぎに帰宅。 昼まで寝る。 午後1時半過ぎに外出。 日比谷に着いたのは4時。 スバル座で公開している『サンシャイン2057』を見る。 ツッコミ満...
53. サンシャイン2057★☆ダニー・ボイル監督最新作!  [ 銅版画制作の日々 ]   May 02, 2007 01:52
2057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか? ダニーボイル監督と言えば、ユアン・マクレガー主演の「トレインポッティング」を思いだす。ヘロイン中毒に陥った若者の生態を描いた作品だった。その後デカプリオ主演の「ビーチ」も鑑賞したが、残念ながら記憶が薄っすら状...
54. 「サンシャイン 2057」 圧倒的な力を前に人は何を見るか  [ はらやんの映画徒然草 ]   May 04, 2007 16:29
SF小説は好きなのでよく読みますが、その中でも好きなのはハードSFというジャンル
55. 映画『サンシャイン 2057』  [ ★かるぱら★ ]   May 04, 2007 17:35
死にゆく太陽を核爆弾で再生し、地球を救うのだ!   ってハナシなんだけど、 これがメインテーマと考えると違和感が残ってしまうw   そもそも最初からクルーたちには微妙な変化が見られる。 それが隠れたメインテーマだったのではないかと。   そ...
56. ブリテッシュなSF『サンシャイン2057』。  [ TATSUYAのシネマコンプレックス ]   May 05, 2007 09:39
    うわっ、太陽がいっぱい。  SF映画を久しぶりに劇場で観た。「ザ・ビーチ」や「28日後…」で知られる『ダニー・ボイル』監督が、脚本の『アレックス・ガーランド』と3度目のタッグを組んだ『サンシャイン20
57. サンシャイン 2057  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   May 06, 2007 01:56
観てきました。 <シネマート新宿> 監督:ダニー・ボイル 脚本:アレックス・ガーランド 太陽の活動が衰え始めた近未来。その活動を元に戻すため、マンハッタン島と同じ大きさの核爆弾を積んだ宇宙船“イカロス2”は一路太陽を目指す。 ご他聞に洩れず、鑑賞前は...
58. サンシャイン 2057  [ 20XX年問題 ]   May 13, 2007 12:02
レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
59. サンシャイン2057  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   September 11, 2007 12:51
【SUNSHINE】公開:2007/04/14製作国:アメリカ監督:ダニー・ボイル出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、ベネディクト・ウォン、クリフ・カーティス50年後の未来。地球上の全ての生命の源である....
60. サンシャイン2057−(映画:2007年101本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   September 15, 2007 21:44
監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 2057年、太陽の力が弱まり、地球は滅亡の危機に瀕していた。 残された手段....
61. サンシャイン2057  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   September 20, 2007 00:03
 『20057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか? 危険で予測不可能な旅が始まる』  コチラの「サンシャイン2057」は、タイトル通り50年後の地球、太陽消滅の危機を描いたSFアドベンチャーなのですが、4/14公開になったので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は...
62. サンシャイン2057  [ 映画を観よう ]   November 27, 2007 21:27
サンシャイン2057 ¥2,953 Amazon.co.jp イギリス キリアン・マーフィー、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、ヴェネディクト・ウォン、クリフ・カーティス、マーク・ストロング 監督:ダニー・ボイル 『...
63. 『サンシャイン2057』'07・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   December 22, 2007 17:04
あらすじ50年後の近未来、太陽の消滅により地球も滅亡の危機にさらされていた。人類最後の望みを託されたのは、宇宙船イカロス2号に搭乗した船長(真田広之)や物理学者のキャパ(キリアン・マーフィ)ら男女8人のエリートたち。彼らは、太陽を再生させるという究極の...
64. サンシャイン 2057  [ 映画、言いたい放題! ]   December 31, 2007 13:17
脚本ゼミのクールビューティのオススメです。 彼女は最近メキメキと腕を上げているらしく、 ゼミのセンターの機関誌に彼女の作品が載るとか載らないとか。 私は書かなくなって久しいですが、 来年は1時間ものを1本書く!と先生に約束してしまいました。( ^ _ ^; 頑張り...
65. 『サンシャイン2057』 Sunshine  [ *モナミ* ]   September 13, 2008 09:01
『サイレント・ワールド』と同じくらい、B級映画らしいB級映画でした。 映像もものすごく綺麗だし、宇宙船の中も幻想的且つ、 リアルなんだけども、B級映画でした(笑)。 アメリカ人だけが地球を救うのではなく、 多国籍軍?になったところがまぁ、進歩したかなあの...

この記事へのコメント

1. Posted by 由香   April 14, 2007 18:00
悠雅さん、こんにちは!
普通のSF映画ではありませんでしたね。
私は、オカルトっぽい雰囲気を感じて、途中から怖くて仕方ありませんでした。
それに、ああいう閉塞空間でのアクシデントって心臓に悪いです。かなりドキドキさせられました(汗)
真田さんは、出番は少なかったですが、とても自然でいい感じでした。
これからもドンドン活躍して欲しいですね!
2. Posted by 睦月   April 14, 2007 22:54
こんばんわ。
不思議な映画と思いました。
おっしゃるようにジャンル分けが難しい、
さまざまな表情を見せる1作だったと思います。

私はもともとダニー・ボイルとは相性が悪くて、
ちょっと不安になりながら鑑賞した作品でしたが
・・・予想以上に見ごたえがある映画で、飽きる
ことなく鑑賞できました(苦笑)。

真田さん、思った以上に英語が上手だったような
気がしました。何かと渡辺謙さんと比較されている
ようですが・・・これからどんどん日本の代表俳優
として活躍していって欲しいなあと思います♪
3. Posted by アイマック   April 15, 2007 00:44
こんばんは♪

>これは、ちょっと普通のSF映画ではない。

ですよねえ。
まじめなアクションものなのか、ファンタジーにも思えるし・・
なんとホラーの要素まで・・・
好き嫌いが分かれる作品ですかね。
太陽の描写は迫力がありましたし、美しい映像だった。
これは劇場向きかな。
キリアンが美形俳優だということもわかった作品でした☆えへへ
4. Posted by さち   April 15, 2007 09:45
悠雅さんこんにちは♪

>ハリウッドのSFヒーロー物とは一線を画す、英国産の、英国の物語

公開前幾度となく「アメリカ映画で真田さん帰国」などという間違えた宣伝を聞き、愕然としていました。この認識ひとつで見方は変わるでしょうに。

たくさんの要素を盛り込んだ映画だと思いますが、「考える余地」を残してあるため、それ以上のものを受け取ったような気がします。
もちろん、この映画に否定的な方のご意見もよーくわかりますし、まったく悩ましいモノを作ってくれるなぁダニー・ボイル監督はっ!と思いました。
そうそう、キリアン曰く「知的な映画」らしいですよー。
5. Posted by kazupon   April 15, 2007 12:54
悠雅さん
すいません、レビューでおもいっきり「SF映画」
と書いてしまってましたが、
とてもイギリス映画だなぁって印象の作品でした。
8人のクルーがとても個性的で、全員が
ヒーロー的な性格じゃないのがとても面白いと
思いました。
SF映画はジャンルとして子供のころから好きだったので、いかんことなんですけどいろんな過去の
作品が頭に浮かびましたけど、ちょっと今風じゃないところが自分にはツボです^^
6. Posted by 悠雅   April 15, 2007 18:58
◆由香さま
こんばんは。
相当、怖い思いをなさったみたいですね。
わたしは案外、オカルト色は感じることなく、
緊迫感はあったものの、怖い、という感じがなかったです。
それよりも、たくさんの映像表現を使って、
何を伝えようとしたのか、そのほうが興味がありました。

真田さんも、ちょうどいい具合の存在感でよかったですよね。
『上海の伯爵夫人』もとてもよかったですもんね。
今後、派手じゃなくてもいいから、いい作品に出演してほしいです。
7. Posted by 悠雅   April 15, 2007 19:03
◆睦月さま
こんばんは。
睦月さんちでも書いたのだけれど、
お互い、別々に書いた感想に、いくつもの同じ言葉での表現があって、
やはり、感じるものが似てるんだわ、と嬉しくなりました。
ただ、この監督の作風との相性は、多少違うかもしれないのね。
わたしも、持ってたバッグを握り締めて身構えで観てたんだけど、
それは怖さ、というのとはちょっと違ったかも。

渡辺謙さんはハリウッドが、真田さんは英国が似合う気がします。
どちらも、作品を選んで出演していってほしいと願ってます。
8. Posted by 悠雅   April 15, 2007 19:08
◆アイマックさま
いわゆる、「SF映画」という感じではないですね。
監督も、それを意図してないと思いました。
いろんな要素を使って、最後に導きたい方向を
途中からあれこれ考えていました。
今も、どうかすると無意識に考えてる気がします。

できたら、これは劇場で観たほうがいいでしょうね。
何と言っても、あの太陽光線の疑似体験は
スクリーンが大きいほど、実感がわくでしょうから。

キリアン・マーフィー、本当は綺麗な人だとは思わないのだけど、
最近、どうにも琴線に触れるんですよね。
あの青い目が、どうしても心に残ります。
9. Posted by 悠雅   April 15, 2007 19:16
◆さちさま
昨日は早々にTB,今日はコメントもありがとうございます。

わたしはその宣伝を観てないので、憤慨しなくて済んだかも(笑)
ポスターが、ハリウッド製SF大作を思わせるのも間違いかもしれない。

緊迫感と、やや情報不足の脳内補填に忙しい中、
いろんな手法の映像表現が次々に繰り出されるので、
ダニー・ボイル監督は、最後に何を言おうとするだろうかと、
かなり身構えて観ていたかもしれません。
ほんと、こんな作品作ってくれるから、
考え始めたら終われないし、次回作にも期待してしまうんだわ。

「知的な映画」ですか。そう聞いたら、また考えてしまいそう…
10. Posted by 悠雅   April 15, 2007 19:23
◆kazuponさま
こんばんは。kazuponさんがどう観られるか、楽しみにしてました。
いろんなSF映画との類似や対比は流石!
わたしなど、未見のものだらけです(恥)。
わたし、考えたら、ろくにSFを観てないんじゃないかしら・・・

この作品は、わたしはかなり気に入りました。
8人のクルーの個性も、現状も、何から何まで冷静な表現に留めて、
ただお話を進めて行く描き方、結び方もよかったです。
わたしはやっぱり、ハリウッド大作よりも、
英国作品のほうが好きなんだと再認識しました。
11. Posted by 真紅   April 19, 2007 10:22
悠雅さま、こんにちは。連日お邪魔してます。TBさせていただきました。
『28日後・・』結局まだ観てないのですが、この映画でも怖かった私は観られるでしょうか?
キリアン・マーフィーかっこよかったですよね♪ 
真田さんが早々にいなくなるのは残念でしたが、最後までドキドキ、ハラハラ・・。
怖がりつつも楽しめました。
そして、え〜〜〜!あの女優さん、『マリー・アントワネット』の?!?!
全然わかりませんでした・・。
ではでは、また来ますね〜。
12. Posted by メビウス   April 19, 2007 13:36
悠雅さんこんにちは♪TB有難うございました♪

自分は『不都合な真実』を観た後しばらくしてこの映画でしたから、太陽の持つ重要性と恐ろしさを改めて知った作品でもありましたね。温暖化が深刻化してる昨今、将来あの凄まじい太陽熱が直接地球に降りそそぐのでは?と思うと、ちょっとした恐怖を覚えました。

でも途中からジャンルが変わる映画は、いざDVDになった時レンタル店の店員はどこに置こうか頭悩ますでしょうね〜(笑)ウチの近くのヘボレンタルショップは見た目でSFのジャンルに置きそうですけど(^^;)
13. Posted by 悠雅   April 20, 2007 19:53
◆真紅さま
こんばんは。お返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい。

この作品を「怖い」と仰る方が多いですね。
確かに怖いシーンはあるのですが、
そればかりではないし、それが目的の作品ではないと思うので、
怖がりながらも、全体の印象としては別の感想になりました。
『28日後...』も怖いけれど、質が違うと思いますが、
無理にお薦めするのはやめますね。ごめんなさい。前言撤回です。

キリアン・マーフィ、よかったですね。
キトゥンやダミアンとはまた違う表情、この人やっぱり凄いわ。
14. Posted by 悠雅   April 20, 2007 20:01
◆メビウスさま
こんばんは。すっかりお返事が遅くなってごめんなさい。
いつもTBだけで失礼して、重ね重ね申し訳ないです。

『不都合な真実』はこちらでの公開は冬でしたが、
わたしもあの強烈な光を観た時に、ふと、思い出しました。
この作品は太陽自身の問題が発端という設定ですが、
地球側の理由で恐ろしいことにならないとは限らないのですものね。

もし、わたしがレンタルショップの店員で、
一番相応しい棚に並べろ、と言われたら、
これをどこに置こうか、迷うと思います。
これのDVDが出たら、どこに置かれるか確かめてみたくなりました。
15. Posted by kenko   April 20, 2007 21:38
悠雅さん、こんばんは!

もともとSFものは好きなのですが、こういう説明を排除した観る側に不親切なSFは特に好きみたいです、私(笑)
宇宙ってロマンだから、摩訶不思議で想像不可能説明不能であってほしいんですよねぇ〜・・・たぶん(笑)

映像もキリアン・マーフィーもとても美しく、何度でも観たいような気もしました。
16. Posted by 悠雅   April 21, 2007 00:37
◆kenkoさま
こんばんは〜♪
TBとコメントありがとうございます。

SFも、本当は嫌いじゃないのだけれど、
最近のSFには魅力を感じななくなってたので、
これは何だか面白かったんですよ。

>観る側に不親切なSF
わははっ!そうかもしれない。わたしも。
これこれこういう理由だから説得力あるだろう、でなくていい。
ただ観てるだけで、あれこれ連想が広がり続けました。

キリアン、やっぱりいいですねぇ。
彼からもう目が離せない、と最近ずっと言ってる気がします(笑)
17. Posted by ノラネコ   April 22, 2007 01:21
あえてジャンルで括るなら、70年代調ハードSFということになるでしょうね。
ダニーボイルのSF的記憶をごちゃ混ぜにぶち込んだという印象です。
まあ彼らしいという気はしますが、特定のいくつかの作品にプロットが劇似なのはちょっと気になります。
観てる間中デジャヴを感じまくりでした。
それでも圧倒的なビジュアルと、世界観には魅せられましたし、好きな作品です。
18. Posted by 悠雅   April 22, 2007 15:15
◆ノラネコさま
こんにちは。
ああ、70年代調ハードSF・・・全く守備範囲外です^^;
だから、ノラネコさんがデジャヴを感じられた場面のどれをも、
新鮮とは言わないまでも、ただ普通に観てられたわけで…
だから、プロットの酷似についても全く反応できません^^;
でも、だからこそ、そのまま受け取れたのだと思うことにします。

至近距離で太陽を浴びる疑似体験、
切り取られた空間の美しさなどをしっかり楽しみ、
ラストで導かれることに想像を馳せ、自分の思考の余地がある、
わたしにとっても好きな作品になりました。
19. Posted by マダムS   April 23, 2007 12:14
こんにちは! 私も”アメリカ映画”とあちこちに書いてあるので、ダニー・ボイルなのにオカシイなぁと思って調べてみたら、やっぱりUK作品でしたね!慌てて記事直しました!!Σ( ̄ロ ̄lll)
こういったスペースものは大画面で観るに限りますね! 結構楽しめましたが、ちょっと私の悪い頭には持て余し気味ではありました。。
ああ・・そう言われてみれば、あのキャプテン役のサムライ的な行動ですと、真田さんのキャスティングも頷けますね^^
20. Posted by 悠雅   April 24, 2007 09:05
◆マダムSさま
こんにちは。お返事おそくなりました。

業界の事情など知る由もないので、
あちこちに「アメリカ映画」と書かれていると、
そうなのかな?と思うのだけれど、やっぱりUK作品でしたね。

わたしはどんな作品でも前方で観るのだけど、
これは大画面を浴びるように観ていたので、擬似体験度最高
でした。
これって、監督の頭の中にあることに全く同調できるか、
自分なりでもいいから、想像力をもってついていくかでなければ
どんなに頭脳明晰でも意味不明な作品になる気がします。

真田さんのキャスティングの意図は知らないですが、
あの役柄を観ていると、サムライを感じました。
21. Posted by ひらで〜   May 01, 2007 15:56
ご無沙汰してます。

実は公開直前までこの映画のこと知らなくて(笑)
真田さん&キリアンくん&ダニー・ボイル監督という情報だけで
観に行ってしまいました〜!
予想どうり(笑)一筋縄ではいかない展開で
ニヤニヤしながら観てました。
英国の匂いを嗅ぎながら・・・うふふ。
22. Posted by 悠雅   May 02, 2007 16:51
◆ひらで〜さま
こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰ばかりでごめんなさい。

わたしは昨年夏、『プルートで朝食を』を観た後に、
次回作はどんな作品だろう、と調べたので知ったのです。
キリアン+ダニー・ボイルというと、やっぱり期待しますよね。
うんうん、そりゃあ、一筋縄ではいかないですよね(笑)

公開はまだまだ先、と思うタイミングでの公開だったので
ずいぶんビックリしたけれど、
大喜びで出かけた近くのシネコン、あっという間に上映終了…
人気なかったみたい…寂し…
23. Posted by TATSUYA   May 05, 2007 09:53
4 悠雅 さん、グッドモーニング。
キャパを演じたキリアン・マーフィーの、吸い込まれるような瞳の蒼さにビックリした、達也です。
ホント、ブリテッシュなSFでしたね。
でも、結構好きです。
ダニー・ボイルらしい、チョッと意地悪でシニカルなウィットを感じる映画でした。
圧倒的なビジュアルとサウンドが、
神秘性・哲学性をシッカリフォローしていましたが、
単なる娯楽SFとしては楽しめない人も多いかもです。
24. Posted by 悠雅   May 05, 2007 17:52
◆達也さま
こんにちは〜♪
キリアン・マーフィーの碧眼、たしかに吸い込まれそうです。
この人の演技の幅の広さは凄いものがありますが、
今回も、この作品の中でやはり生きていた気がします。

まさに!ブリティッシュな作品、ダニー・ボイルらしい作品でした。
目の前のものに気を取られて、ミスリードされてしまうと大変。
もう少しでいいから、丁寧な部分があったら、
楽しめた方も多かったかもしれないですけど、
それも含めて、ダニー・ボイル作品、ってことでしょうか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔