August 15, 2007

ハチミツとクローバー

若い、って、いいなぁ・・・hachikuro



■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: 桜井   翔
    伊勢谷友介
    蒼井   優
    加瀬   亮
    堺   雅人
    関  めぐみ
    西田  尚美
監督: 高田   雅博
原作: 羽海野 チカ
脚本: 河原   雅彦
    高田  雅博
2006年 日本 116分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■


姪っ子の忘れ物の少女漫画を、こっそり読んでみたら、
何だか途中からすっかり切なくなって、最後まで読んでしまった・・・
そんな感じ。



物語は。


浜美大に通う竹本は、
ある日、1人の少女と出逢った瞬間に恋に落ちた。
彼女は、大学の花本先生の従兄の娘の、花本はぐみ。
繊細は容貌に似合わず、大胆な作品を描いていた。
竹本が恋に落ちる瞬間を間近で見ていた真山は、
バイト先の年上の女性、理花に恋していた。
そして、そうとは知りつつ、真山をじっと見つめる山田あゆみ。
卒業したかと思っていた森田は、突飛な言動を繰り返しつつ、
個展を目指して製作中。彼もはぐみの才能には一目置いていた。

美大に通う彼ら5人(と先生も?)の
賑やかな学生生活と、それぞれの切ない恋が描かれてゆく。


原作のコミックは見たこともないので、
原作の筋書きやキャラクターがどのように映像化されているのか、
全く知る由もないけれど、遠い昔、胸をときめかせて読んだ、
少女漫画がそのまま動いているようで、
これが映画としてどうなのか、なんて、この際、どっちだってよくなってしまった。

本当言うと、大学生の恋模様だなんて、
どう考えても守備範囲を逸脱していて、別に観なくてもいいや、と思ってたのに、
一旦観始めてみたら、たまにはこんなお話もいいかもしれない…
って思ったりして。

主人公の竹本くんの桜井翔も、彼が片想いする蒼井優も、
どっちもとっても自然で嫌味のない、等身大の可愛いさ。
普通っぽさがいいと思っていたけど、
この人の肩って、こんなに素敵だったっけ、と
加瀬亮を観て思ったり(わたしだけ?)。
(特に、ポスターの彼の座り方がいいわ)
堺雅人って、ホントにこんな役柄がいいのよね、って1人で嬉しくなったり・・・

このメンバーの中でなら、花本先生じゃなかったとしたら、
わたしも真山くんが好きだろうな、と思うと、
あゆみちゃんと一緒に、真山くんを追っかけてみたり、
彼の言動に胸を焦がしたり、振り向いてくれない彼に泣きそうになったり。

青臭さやあり得なさも感じはするけれど、
人が人と出逢って恋に落ちたり、想う人に想われない悲しさを思い出したり、
自分の行く道が見つからなかったり…いつかどこかで感じたことばかりで、
迷いも悲しみも含めて、若いっていいなぁ、って思ったりするんである。
案外、悠雅オバサン、こんなお話が好きだったんだわ…


娘が原作のコミックを読んだと言ったので、
何となく見始めたのだったけれど、たまにはこんなお話もいいかもしれないと
思ったのでありました。


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作品の感想を書こうとして、スタッフの名前を見て、
何も知らなかったので、ビックリしたのは脚本の河原雅彦。
彼は俳優であり、脚本家であり、演出家。
生の舞台に出演されているのを残念ながらまだ観たことがない。
舞台作品がDVDになったものを数本観ただけだが
かなり好きな舞台俳優さんの1人だ。
できたら、いつか舞台作品で観たいと思っている。

それは偶然知ったことだったが、
この作品をTV放送ででも観ようとしたのは、
堺雅人さんと、加瀬亮くんが出演していたから。
加瀬くん演じる真山がいいのか、彼が演じるからいいのか、
ともかく、この作品は真山くんばっかり観てたわ(笑)

堺雅人さんは、優しそうで適度に力が抜けていて、
知的だけどちっともかっこよくなくて、
いつも幸薄く寂しそうな感じがよく似合うのね。
この人の舞台作品をもっともっと観たいけれど、
映画でももっとお顔が観たいです。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆



tinkerbell_tomo at 20:13│Comments(10)TrackBack(14) 日本の映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ハチミツとクローバー  [ 八ちゃんの日常空間 ]   August 16, 2007 00:18
ラブ・ストーリーというより青春映画といった感じだが、どうしても櫻井翼をフィーチャーしたアイドル映画の粋を越えていないような気がする。 とはいうものの、「美術」と「青春」を上手くミックスして片思いの切なさをきれいに表現している。簡単にあきらめて次狙うと言う....
2. 映画『ハチミツとクローバー』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   August 23, 2007 01:19
人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった、まいっちゃうな・・たまたま並んでいたスピッツの『ハチミツ』とスガシカオの『クローバー』、その2枚のアルバム・・・ 竹本祐太(櫻井翔)は花本はぐみ(蒼井優)に一目惚れ、森田忍(伊勢谷友介)もまた、はぐ...
3. ハチミツとクローバー/櫻井翔、蒼井優  [ カノンな日々 ]   August 23, 2007 10:25
4 美大が舞台の青春群像劇なんてまさに私の大好物、好きなバナナは食べ物です、です。さらに嬉しいことに加瀬亮くん、関めぐみちゃん、蒼井優ちゃん、堺雅人さん、西田尚美さんと大好きな俳優ら思わず小躍りしちゃいますヨ。苦手な伊勢谷友介くんもいるけどまぁヨシとしておき....
4. ハチミツとクローバー  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   August 23, 2007 23:08
月刊「コーラス」に連載され評判を呼んでいる美大を舞台に学生たちの青春を描いた羽海野チカの同名漫画の映画化です。 浜美大に通う、竹本、森田、真山、あゆの4人は、花本研究室で知り合った仲間。ある日、竹本は花本教授のいとこの娘で浜美大に入学してきたダイナミック...
5. ハチミツとクローバー  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   August 24, 2007 00:16
 『恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい』  コチラの"ハチクロ"こと「ハチミツとクローバー」は、7/22公開になった羽海野チカ原作の人気少女マンガの映画化です。美大に通う男女5人が繰り広げる全員片想いの切なく甘酸っぱい青春ラブストーリーですっ♪  ...
6. DVD「ハチミツとクローバー」  [ 日々のつぶやき ]   August 27, 2007 09:28
監督:高田雅博 出演:櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみ 人気コミックを映画化。 原作はものすごい人気のようですね??私は未読ですが・・。 「同じ美大に通う男女五人。それぞれが片想いしていたり、気になる存在の人がいたり、傷ついたり悩んだりし
7. ≪ハチミツとクローバー≫  [ ミーガと映画と… -Have a good movie- ]   September 11, 2007 09:37
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) ¥4,260 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/09/08) 製作年度 2006年 上映時間 116分 監督 高田雅博 原作 羽海野チカ 出演 櫻井翔 、伊勢谷友介 、蒼井優 、加瀬亮 、関めぐみ 、堺雅人 、...
8. ハチミツとクローバー  [ 終日暖気 ]   December 05, 2007 00:30
2006年 日本 初見。 おぉぉ・・・ファンタジーですわ。 加瀬君のおかげでいろんな映画を見られますわ。 まずタイトルに照れて、普段なら逃げちゃいますもん。 (ハチミツじゃなく、蜂蜜でないと照れる) お目当ての加瀬くんは、真山くんという年上の女性に恋す...
9. 『ハチミツとクローバー』  [ Sweet*Days** ]   January 23, 2008 08:46
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)(2007/01/12)櫻井翔、蒼井優 他商品詳細を見る監督:高田雅博 CAST:桜井翔、...
10. 『ハチミツとクローバー』’06・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   February 21, 2008 23:01
あらすじ浜美大に通う純朴青年、竹本(櫻井翔)。彼は花本研究室で知り合った森田(伊勢谷友介)真山(加瀬亮)、あゆ(関めぐみ)ら先輩美大生達と騒がしくも楽しい学園生活を送っていた。そんなある日、花本先生(堺雅人)の姪のはぐみ(蒼井優)が入学してくる。竹本は...
11. ハチミツとクローバー  [ C'est Joli ]   May 11, 2008 23:32
3 ハチミツとクローバー’06:日本 ◆監督・脚本:高田雅博◆出演:櫻井翔/ 伊勢谷友介/ 蒼井優/ 加瀬亮/ 関めぐみ ◆STORY◆美大生の竹本は、サークルで知り合ったはぐみに恋をする。そんな2人の前に現れたのは、自信過剰で図々しい森田。最初は森田に...
12. ハチミツとクローバー  [ Blossom Blog ]   August 22, 2008 22:59
ハチミツとクローバー 監督 高田雅博 出演 櫻井翔 伊勢谷友介 蒼井優     加瀬亮 関めぐみ 堺雅人 日本 2006
13. ハチミツとクローバー  [ Yuhiの読書日記+α ]   July 12, 2010 00:01
羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。監督は高田雅博、キャストは櫻井翔、伊勢谷友介、蒼井優、加瀬亮、堺雅人他。 <あらすじ> 浜美大に通う竹本(櫻井翔)は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみ(蒼井優)に恋心を抱く。彼女は大学の教授・花...
14. 「ハチミツとクローバー」 素直な恋ごころを忘れたくない  [ はらやんの映画徒然草 ]   June 07, 2011 19:19
大学はデザイン系でした。 映画の中で描かれているように学内のそこかしこで、誰かが

この記事へのコメント

1. Posted by cinema_61   August 16, 2007 23:51
こんばんは悠雅さま。
私、この映画、映画館で観ました!
周りが若者ばかりだったので恥ずかしかったけど、自分の大学生生活を思い出し・・・・こんなこともあったっけ?などと懐かしく鑑賞しました。
加瀬亮くんがいい味だしてましたね〜彼30歳くらいなのに、あんな役もできるんだ〜桜井くんも普通っぽくて役柄に合っていましたよね。
ただ、伊勢谷くんの鼻がやけに高くて(いわゆる鷲鼻?)気になりました。ハンサムだけど私の好みでは・・・・・。蒼井優ちゃんは、大学に必ず一人はいる、男子の視線を一身に集める女の子を好演してましたね。
2. Posted by 悠雅   August 17, 2007 23:20
◆cinema_61さま
こんばんは〜♪
わ!映画館でごらんになったんですか。エライ!
わたしは大学生の経験がないので、想像するしかなかったけれど、
その頃の感情などはまだ思い出せるのだと、驚いていました。

昨年末にようやく知った加瀬くん、
最近、立て続けに何作か観たけれど、
何だかこんな作品で彼にぽわ〜んとなっておりまして^^;
桜井くんも自然で嫌味がなくていい感じ。
わたしはすっかり、あゆちゃんに肩入れしてました^^;
それに、何と言ってもわたしの注目は堺雅人さん!
この人のこんな役柄が大好きです。
3. Posted by かのん   August 23, 2007 10:35
こんにちわ。
TBありがとうございます。
私は映画館で2度観ちゃいました。
原作もとっても素敵なんですよ。
ボロボロと泣きながら読んでて
最終巻は終わってしまうのが
とても寂しかったです。

映画と原作を比較してとかじゃなくて
映画のキャラクターたちによって
より一層愛着が沸いてしまった感じです。
4. Posted by ◆かのんさま   August 24, 2007 22:24
こんばんは〜♪
こちらこそ、TBとコメントありがとうございます。
いつもTBだけで失礼してごめんなさい。

映画館で2回ご覧に・・・わかります。
わたしも録画ながら何度も観たくらい、
こんなオバサンでもすっかり好きになりましたもの。
わたしは原作は全く知らないのだけれど、
娘は全部読んだとかで、ラストを聞いてびっくり。
そんなお話なのだったんですね。

原作ファンの方にとって、どうなのだろうと思ってましたが、
なるほど、そういうこともあるんですね。
好きな作品がより一層好きになれるなんて、
嬉しいことですよねぇ。
わたしも何だかもっと好きになった気がします。
5. Posted by aki   September 27, 2007 21:27
悠雅さん、こんばんは〜♪

悠雅さんのレビューで気になっていたこの作品DVDで観ました(嬉)
ホント若いっていいですよねぇ…切なさもピカピカしてる感じ…(意味不明)
みんな可愛くてつい私も応援したくなってしまいました。

中でも、私もやっぱり真山くんと山田さんの恋に引き込まれました。あの一途さとお互いに右向け右のままの状態の恋に無理して左を向こうとしない事の優しさってあるよなぁってつい思ってしまったり。←比喩が下手で(汗)とにかく山田さんの気持ちが切なくて可愛かったわ!

悠雅さん、加瀬亮くん良いですね!!特にこの役の彼は惚れますねストーカー入ってましたけど^^
それと堺雅人さんの人懐っこいけど寂しげなあの笑顔もなんとも魅力的な役者さんですねぇ!
楽しみがまたまた増えました。悠雅さん素敵なレビューをありがとうございました(#^.^#)
6. Posted by ◆akiさま   September 29, 2007 11:20
こんにちは。毎日、諸々あってすっかりお返事が遅れました。
いつものことながら、ごめんなさい。

わわっ!レンタルで?何だか責任を感じますが…
でも、楽しくご覧になれたご様子、よかったです。
どんなに悩んでも苦しんでも、若いっていいよねぇ…って
何度も思っちゃうお話でした。

>あの一途さとお互いに右向け右のままの状態の恋…
ああ!よくわかります。ホントにそうですそうです。
すっかり山田さんに肩入れしてしまったわ…

そうでしょ!?真山くん@加瀬亮くんに惚れちゃうでしょ。
堺雅人さんって、優しい声と表情だけれど、
舞台に立つとオーラが凄いんですよね。
もっと彼の魅力を生かす役柄があればいいのに、って思います。
楽しみが増えましたねぇ。
こうしてわたしたちは元気に生きてゆくのですねぇ♪
7. Posted by 武田   December 05, 2007 00:41
悠雅さま、またまたこんばんは^^;
コメントをいただき、ありがとうございました。(TB、毎度お手数おかけしてしまって<m(__)m>)

加瀬君祭第2弾は、この作品と相成りました〜。
ちょっとタイトルからして照れてしまって、最後までいけるかしら・・と心配しつつ見たのですけど、(困って早送りしてしまった部分もあったのですが・・。桜井くんゴメン)懐かしい少女漫画特有の砂糖菓子のような可愛らしさが香る作品ですね。

>特に、ポスターの彼の座り方がいいわ・・
おおお!そうですよね!
この足の角度と太さのバランスがすごく好みです♪(また言ってる・・)
真山くんがしゃがんでくれるシーンにも実は心を奪われてしまいました。
そうそう、堺さんて私、初でした。
邦画もちゃんと見ないといけないと思う昨今です^^;
8. Posted by ◆武田さま   December 05, 2007 09:39
こんにちは〜♪実はここで今か今かとお待ちしてましたく(*´ー`)
第2弾はこちらと知って、実は嬉しかったのです。
いや、わたしもせっかくの竹本くんの青春物語は脇に追いやって、
基本的には、主人公は真山くん状態で観ておりまして^^;
何だか一気に中学生みたいな気持ちが甦ってきてビックリ!でした。

でしょでしょでしょ。
いいのですよ、このポスター。
そして、あのおんぶですね。そうそうそうそう・・・(病気)
最近、観直したばっかりに、声が頭の中から離れず困ってます(重症)

堺さん、基本は舞台の人なんですけど(素敵なのですよ、舞台の堺さん)
数年前の大河ドラマはかなりの人気が出たのです。
邦画もいい作品に出会うことがあって、
今更ながら、自分の鑑賞の範囲の狭さを実感しているところです^^;
9. Posted by non   January 23, 2008 10:00
悠雅さん、こんにちは♪

若いって良いなぁ・・・っていう作品ですよね。
でも残念ながらあまり響いてくる物はありませんでした。
しかし加瀬君は良いですよぉ〜♪
彼に愛される女性が羨ましい・・・ストーカーされたい・・・
叶わぬ恋に苦しむ加瀬君が可愛かったです☆

ところで悠雅さん・・・ヒースが・・・ヒースがぁ・・・
あの若さで・・・まだまだこれからなのに・・・
本当に残念でならないです・・哀しいです・・・(涙)
10. Posted by ◆nonさま   January 23, 2008 23:19
こんばんは♪

わたしは一気に30年も前に戻ったような気持ちで
すっかりお話に入り込んでしまったんです。
今まで、何度も観直してしまったくらい、大好きなのです。
というのも、やはり加瀬くんの功績が大きいのかしら(笑)
彼が演じたからこそ、なのでしょうね。
だから、ドラマは全く観れないのです。

nonさん、ヒースのこと、知らせてくれてありがとうね。
改めていただいたコメントにお返事させていただきますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔