August 17, 2008

『篤姫』第33回

 〜皇女和宮〜Chinese lantern plant

 

 

 



ひと時、心が通い合ったかに見えた、天璋院と井伊直弼。
けれど、まもなく井伊は桜田門外で暗殺される、
桜田門外の変を描いた第32回。
そして、また新しい重要な人物が登場する第33回は。


薩摩の風景が描かれた掛け軸を眺めながら、
娘時代を懐かしむ一方、
井伊暗殺に薩摩藩士が関わったことに
心を痛める天璋院。

幕府は、孝明天皇の妹、和宮と、家茂の縁組を進めようとするが、
天皇も和宮本人も承服しない。
和宮が熾仁親王と婚約中と知った天璋院は、
政に利用される女性の立場に怒るが、
「日本国のため」=公武合体が双方に齎す利益のため、
和宮は熾仁親王への想いを胸に仕舞い込み、
幕府への輿入れを受け入れることになる。

薩摩上屋敷から、里帰りの誘いを受ける天璋院だが、
老中たちの企みであると滝山から告げられ、
逆に老中に言い返す。
薩摩では、桜田門外の変に関わった有村の処罰が行われ、
忠教は、大久保に決起に逸る同士を抑える任を与える。


たとえ、どんなに今が幸せでも、
この家庭こそが自分の家と思っても、
実家や故郷、母の手料理の味が時折、恋しくなるもの。
まして、この当時、この立場、この距離の天璋院が、
恋しいあまりに封印していた薩摩への想いが、
あるきっかけで溢れ出るのは、実に自然で痛々しいこと。
それを逆手に取ろうとするのは無慈悲だけれど、
事をスムーズに運ぼうとする男たちには
斟酌すべきことではないのかもしれない。
ま、結局は失敗しちゃうんだけど。
そうそう。関係ないけど、白井晃さん、好きだわ。

さて、今回登場した皇女和宮。
実にお恥ずかしいことながら、
わたしはこの方は名前以外、詳しいことは何も知らない。
なので、過去にどんなことがあって、今後どうなるのかも、
何の予備知識も、比較するものもなく、
和宮様を演じる、
とても庶民的に見えるこのお嬢さんも、ほとんど観たこともなく、
(『三丁目〜』に出てたのよね・・・?)
実にさらりと流して観てしまうわけですが・・・
この辺りに詳しい方からすると、どうご覧になるのでしょう。

本当のところはもちろん知る由もないけれど、
「好きな人がいるのに、兄に言われたから仕方なく、
  行きたくもない江戸へ下ってやる」のだから、
全てを自分流で貫こうとするのは、わからないでもない。
嫌々、下々の者のところへ嫁ぐなど、
宮家の姫君には、晴天の霹靂なのだろうけれど、
今後、軋轢が起こるのは火を見るより明らかなこと。
天璋院の心づくしのもてなしを、きっと喜ぶどころか、
心を閉ざすことに違いなく・・・
何だか、あんまり楽しくない展開が予想され・・・
そんなもの、観たくないよねぇ。。。

あまりにも、この辺りのことを知らないので、
少々、検索してお勉強などしてみたら、
和宮の婚約者であった有栖川宮 熾仁親王という人は、
この婚約破棄以降、反会津、親長州派の急先鋒となった、とか。
最初の妃に迎えたのが、水戸、斉昭の娘だった、とか。
あれ、古高俊太郎らと繋がりがあったのですか。
何か、そっちの方に興味を惹かれてしまう、天邪鬼なワタシ。。。

今回は、東儀秀樹さん、本職の演奏というおまけつきでございました。


★それでも、今週の家定さま★
もういい加減、このコーナーを閉じようかと思っていたところ
上様と「徳川家を守ると約束した」と天璋院さまが仰せられ、
今回もここに残ることになりました。
でももう、そんなことでしか、上様は登場されませぬ。

★今週の尚ちゃん★
この人に、いつまでも注目してしまうのは、
大きくて綺麗な目に、じわっと浮かぶ涙が心に残るから。
今回も、桜田門外の変の責を受け、
弟の切腹を促す兄の思いに心を動かされる場面で、
みるみる浮かぶ涙が印象的。

★今週のポイント★
刃を突き出せば、必ずまた刃が突き出される。
日本国のため。
幕府の人間としての誇り。



tinkerbell_tomo at 21:22│Comments(10)TrackBack(28) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「篤姫」第33回  [ 日々“是”精進! ]   August 17, 2008 21:27
 第三十三回「皇女和宮」井伊の急死は、幕府を大きく揺るがした。失われた権威を取り戻すため幕府では孝明天皇の妹、和宮と家茂との縁組を進めていた。和宮に婚約者がいると知った天璋院は猛反対するが、老中の安藤は聞く耳を持たない。一方、京でも和宮の母親の観行院や...
2. 篤姫#33  [ MEICHIKUなんでもぶろぐ ]   August 17, 2008 21:28
今回から新局面に突入ということで、遂に和宮が登場となりました。まずは嵐の前の静けさということで、今後に向けた伏線を準備しておくということで、プロローグということでは良かったですね。(ただ1つ、肝心の和宮のあの髪型が似合っていないというのが痛い所ですけど......
3. ★「篤姫33」若い姑さんだぁ。。^^;  [ ・*:・ふわゆら生活・:*・ ]   August 17, 2008 21:35
今日は日曜日。。先週も観ましたが都合でブログの更新が出来ませんでした。。でも。。今日は張り切って観ました〜大河ドラマ「篤姫」〜公武合体〜井伊大老の遣り残した仕事。。弱ってきていた幕府の力を取り戻すためにとの政略結婚。。ちゃ〜〜んと引き継がれています。。...
4. 篤姫 第33回 公武合体  [ レベル999のマニアな講義 ]   August 17, 2008 21:44
『皇女和宮』内容江戸城桜田門の付近で、大老・井伊直弼(中村梅雀)が襲われ命を落とした。それは、幕府に衝撃を与えるとともに、弱体化を防ぐために、新たな動きになって現れる。それは、孝明天皇(東儀秀樹)の妹・和宮(堀北真希)を、将軍・家茂(松田翔太)の御台所...
5. 篤姫・第33話  [ ブルー・カフェ ]   August 17, 2008 21:46
天璋院(てんしょういん)と和宮(かずのみや) (PHP文庫 (う19-1))植松 三十里PHP研究所このアイテムの詳細を見る いよいよ本日から登場の和宮・・・正直前回の「桜田門外の変」を引きずっているのでモチベーションはどん底です。(横浜高校負けちまうしよお〜)でもきっと「な...
6. 【篤姫】第三十三回  [ 見取り八段・実0段 ]   August 17, 2008 21:55
いつの世も、おなごは政治の道具に使われる。公武合体の名の下、幕府は孝明天皇の妹、和宮内親王と家茂の縁組みを進めていた。天璋院には、初耳の話。孝明天皇の大反対と、和宮自身に婚約者がいる、と言う話で、この案は一旦立ち消えになったかと思われた。しかし、岩倉具...
7. NHK大河ドラマ第33回「篤姫(皇女和宮)」  [ よく考えよう ]   August 17, 2008 22:03
役割と言う重い言葉がこれほど大きく浮び上るというドラマの展開には恐ろしくも感じる。
8. 篤姫 第33回 「皇女和宮」 感想  [ くまっこの部屋 ]   August 17, 2008 22:05
薩摩から帰国してはどうかという文が届き、懐かしい故郷へ想いを募らせる天璋院(宮崎
9. 【篤姫レビュー】皇女和宮  [ 必然的なヒストリー ]   August 17, 2008 22:10
江守徹が最初で最期のトメに!おめでとうございます。松坂さんの出番が今回までだったら、トメは有り得ませんでした。松坂さんに感謝です。良かったね〜、江守さん。『武蔵』以来のトメですか。それにしても、別に今回わざわざ江守を登場させなくてもストーリー上では何の不...
10. 篤姫 第33回 「皇女和宮」 感想  [ くまっこの部屋 ]   August 17, 2008 22:11
薩摩から帰国してはどうかという文が届き、懐かしい故郷へ想いを募らせる天璋院(宮崎
11. 篤姫(8月17日)  [ 今日感 ]   August 17, 2008 22:28
大老・井伊直弼の「美しき最期」の余韻に浸ることもなく、公武合体の話が華やかに。
12. 「篤姫」33話  [ ice-coffee ]   August 17, 2008 22:29
ホリッキー@堀北真希@皇女和宮の巻きで ありましたが
13. 大河ドラマ「篤姫」第33回「皇女和宮」  [ 真田のよもやま話 ]   August 17, 2008 22:33
先週なああんとなくデジャビュを感じてたんですけど、ようやく思い当たりました。勝海舟役でご出演の北大路欣也大先生が主演した映画「動天」!幕末の横浜が舞台で、その中で見た「桜田門外」のシーンが心のどこかに引っかかってたんです。北大路大先生は大商人の中居屋重兵...
14. 大河ドラマ 「篤姫」 皇女和宮  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   August 17, 2008 22:37
天璋院との因縁の対決。 大奥といえば天璋院対和宮。 その幕開けです。
15. 篤姫〜第33回・皇女和宮  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   August 17, 2008 23:13
天璋院(宮崎あおい)は、重野(中嶋朋子)相手に安政の大獄と桜田の門外の変について、憎しみは憎しみを生むだけとまとめます。井伊が生前進めていた公武合体、天皇家と徳川家の縁組ですが、孝明天皇の実妹・和宮(堀北真希)と徳川家茂(松田翔太)と具体化されていきます...
16. 大河ドラマ:篤姫第33話「皇女和宮」  [ 山南飛龍の徒然日記 ]   August 17, 2008 23:27
新しい展開になりましたね。江戸・薩摩・京といった複数の場所を限られた時間の中で描かれていたので、全体的に慌ただしくも感じましたが、これはこれで面白かったです。今回の話を簡単にまとめるとこんな感じになるでしょうか。・江戸家茂と和宮の縁組み話があることを知...
17. 幕府の出した空手形!!  [ 函館 Glass Life ]   August 18, 2008 10:24
それにしても孝明天皇の外国嫌いは相当なものですね{/cat_7/} 『自分の治世中に異人が日本に踏み込む事は皇祖に申 し訳が立たず国民の信を裏切り後世への恥、開港は許 さず、もし外国が強要すれば戦いも辞さず』と公言し ていたほどです{/m_0057/} 攘夷派を煽る様な発言を繰...
18. 篤姫「皇女和宮」  [ ありがとう!、あてつけじゃないよ。 ]   August 18, 2008 12:32
篤姫「皇女和宮」 『惜しまじな 君と民との ためならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも』 和宮初登場の回〜、パチパチパチ{/m_0150/}。 幾島もようやく居なくなって側近らしく見えてきた老女重野。 大老井伊がやり残した事…、それは帝の妹君と将軍家茂とを合体させるこ...
19. お盆最後の休日&篤姫「皇女和宮」  [ 芙蓉のひとりごと ]   August 18, 2008 12:54
お盆も終わり、今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか。 昨日は、ずいぶん涼しく、秋の気配さえ感じる一日でした。 お盆休みの最後の日曜日、 箱根旅行から戻ってきた娘も合流してお昼は家族4人で食事へ。 その後、彼(夫)と少し多摩川沿いを散歩などし...
20. 大河ドラマ「篤姫」第33話「皇女和宮」  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   August 18, 2008 17:39
いよいよ和宮登場!!ほりっきーがどこまで皇女を演じてくれるのか、楽しみにしてました。でもちょっと眉毛の太さが気になったのですが・・・。私だけ? 今週は東京へお出かけで感想遅れました。 幾島から受け取った掛け軸を見て薩摩を、斉彬さまの言葉を思い出...
21. 篤姫 第33話 『皇女和宮』 感想  [ メガネ男子は別腹☆ ]   August 18, 2008 19:00
[篤姫] ブログ村キーワード 堀北真希ちゃん@和宮が登場の第33話でゴザイマス。 残念なお公家さんメイクなのは今は仕方がないとして、嫁入り後はどうにかして欲しいよ??。
22. 第33回「皇女和宮」  [ 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜 ]   August 18, 2008 19:16
今でこそ、日本国の中で権威と言えるものを持ちたる存在とは天皇陛下ただ1人だけとなってしまったが、江戸時代まではもう1つ…左様に権威を持ちたる存在があった。幕府の征夷大将軍という存在である。行政府の中心におわす存在として、諸大名に示す威厳を保てなければ、全...
23. 『篤姫』第33回「皇女和宮」  [ strの気になるドラマ 気になるコト ]   August 18, 2008 19:59
和宮。 公武合体の象徴とされた女性。。幾島から渡された掛け軸を眺める天璋院。  京では和宮降下についての話が、  九条尚忠によって孝明天皇と庭田嗣子にされている。  勧行院によって和宮本院にも。。  そして滝山により天璋院にも。。  老中の安藤も話を推...
24. 「篤姫」第三三話  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮) ]   August 18, 2008 20:17
井伊大老の死と故郷薩摩と皇女和宮。 第三十三話『皇女和宮』
25. 篤姫 第33回「皇女和宮」  [ あしたまにあーな ]   August 18, 2008 22:16
安政の大獄によって井伊直弼を失った徳川家は、もはや自分たちだけの力ではどうすることも出来ずに天皇家を頼ることになります。その決定に至るまでの、老中配下の力不足に本当に悲...
26. 大河ドラマ「篤姫」 第33回「皇女和宮」  [ 風のうわさ ]   August 18, 2008 22:37
井伊直弼が去り、新しく 都の人たちが登場。 この人たち、また濃いキャラが そろっていますね。 和宮が 許婚がいると聞いて、「いつの日も、女子は政治の道具に使われて、悲しい」という天璋院。 でも 篤姫のときは、本人はノリノリで、尚五郎が 悲しい思いを 全部背負...
27. 篤姫〜皇女和宮  [ うさうさ日記 ]   August 18, 2008 22:53
NHK大河ドラマ「篤姫」第33話〜皇女和宮皇女・和宮ちゃん初登場〜〜悪役だった井伊さまが退場されたので新たなる敵の登場です。(←敵?)その前に桜田門外の変の後始末から。暗殺に薩摩の人が混ざっていたけれど・・・結局切腹になっちゃいました。その知らせを運ん...
28. 篤姫第33回「皇女和宮」  [ さくら色通信 ]   August 19, 2008 22:03
ちょっと遅いんだけど、録画をみたので篤姫レビューを…。桜田門外の変が終わったらさっさと和宮編に移行です。歴史の時間に覚えた「公武合体策」のため天皇家の宮様と将軍の縁組を進めようという話が持ち上がってきます。本当は二人の結婚までには天皇家が和宮の東下りを...

この記事へのコメント

1. Posted by メグ   August 17, 2008 22:32
悠雅さま こんにちは。
悠雅さんの「篤姫さま」ブログを毎回楽しみにしています♪ 実は私、和宮の登場をずっと心待ちにしていた(数少ない?)視聴者なんですよ。
昨年秋に東京上野で徳川御三家御宝を一堂にそろえた展覧会「大徳川展」に行きまして、そこで見た「和宮様婚礼調度品」のあまりの美しさに感動してしまったのです。徳川家の葵御紋と天皇家の菊御紋を一緒に蒔絵であしらった、本当に素敵なデザインの御品でした。NHK美術担当者さんにはできるだけ本物に忠実にドラマで再現してほしいものです(笑)。またその展覧会では、和宮が夫・家茂におねだりしたという西陣織も展示されていました。夫の死後に京から和宮の元に届いた御品で、和宮はその織物を見て「綾も錦も君(きみ)ありてこそ」と泣き崩れたそうです。今後のドラマが、篤姫様贔屓の視聴者でも「和宮、可愛いじゃん♪」と思える展開なら嬉しいですね。

★来春のオスカーは、もうヒースで決まりでしょう!
その日その時が来ましたら・・・「オスカー受賞も君ありてこそ」と、ご一緒に泣き崩れましょうか(涙&笑)。
2. Posted by ◆メグさま   August 17, 2008 23:15
こんばんは♪
テキトーなことばっかり書いてるのに、楽しみにして下さって恐縮です^^;
この辺りのことを全く知らないことが思いっきり露呈してしまいましたが、
これを機会にちょっと勉強しようと思っています。

わたしの『篤姫』鑑賞のお目当ては、既に退場されて、
何が観たくて観続けているのか、自分でもわかっていなくて、
今回もまた、中〜途半端な感想で申し訳ないのですが^^;
和宮様がお好きな方にとっては、やっと待ちに待った登場なのですね。
好きな人がいたのに、意に染まぬ輿入れを強いられたと思っていましたが、
家茂とは巧く行ったのですね。
既に不穏な空気が立ち込めてますが、和宮様が可愛く描かれるといいですね。

★たくさんの感想を読ませていただいても、ヒースへの絶賛ばかりですものね。
来春、どんな結果を迎えるのか…
今はまだ暫く、映画館通いがやめられないと思います。。。
3. Posted by 芙蓉   August 18, 2008 13:03
こんにちは、悠雅様
「篤姫」、初TBさせていただきました。
映画も時折見に行きますので、是非参考にさせて頂きますね♪。
同じく、ミーハー気分が抜けきらない私ですが、
これからも、どうぞ宜しくお願いします。
4. Posted by みさと   August 18, 2008 14:34
悠雅サマ、こんにちは。
前に一度書き込みさせていただいたみさとです。
家定様がお隠れになって『篤姫』これからが本番とわかってはいますが、やはり(見ていて)テンションが上がりません(^^ゞ
でも、「(回想)堺雅人」がいつ出るやもしれないとの(絶望的)思いだけで見ております・・。
これほど家定様にハマるとは思いませんでした…。

いつも悠雅サマの感想を見させたいただいていて
★それでも、今週の家定さま★の秘かなファンにございますので、家定様が出なくても、書くことがなくて「特になし」(笑)でも、よいので是非、残してくださいませ!
先のことになりますが『篤姫』11/30の放送に家定様@堺雅人様が出るようでございますよ♪
5. Posted by ◆芙蓉さま   August 18, 2008 21:19
初めまして。ご訪問、TBとコメントありがとうございます。
お花や素敵な風景のお写真に溢れた素敵なブログから、
充実の日々をお過ごしの、お名前どおりの素敵な女性と想像しています。
どうぞ、これをご縁に仲良くしてくださいませ。

長らくの子育ての日々の後、長年諦めていた映画を観始めたら、
止まらなくなって数年。
久々に、家定様目当てに観始めた『篤姫』の感想も33回。
あっちこっち、フラフラしながらの日々のお喋りブログですが
よろしかったら、どうぞまたお付き合いくださいね。
6. Posted by ◆みさとさま   August 18, 2008 21:47
こんばんは♪またお訪ねくださって嬉しいです♪

何を隠そう、これを観始めた目当ては、家定さま「だけ」ですから、
あんな素敵な家定さまに描いてくれたのはホントに嬉しかったけれど、
その分の喪失感たるや、如何ともし難いものがあります。
なので時々、堺さん出演作の映画や舞台の映像を観直したりして…
ホント、お話はこれからが佳境だというのにねぇ。。。

>★それでも、今週の家定さま★
>「特になし」
わわっ!みさとさん、それ、いただきます!
実は、未練がましいけど、回想シーンがあったときのために…と
ちょっと迷っていたんですが、そうか、その手があったのか…なるほど。
これで続ける勇気が出ました。ありがとうございます!

それから、何ナニ?何ですか?11月30日の放送にお出になる?
わ〜い!嬉しい耳より情報、ありがとうございま〜す♪
その日まで、楽しみに待っていられます。わ〜いわ〜い!
7. Posted by garagie   August 18, 2008 22:15
鶴太郎が旧500円札なのに吹いた。
上様お隠れ後、巻きが入ってますね。あんな事やらこんな事やらすごい駆け足で、でもサラーっとやっちゃうのでしょうね。まあクライマックスはアレしかないでしょうが(一応最後までちゃんと見ます)。
あ、ところで来週の「スマステ」はゲストに堺さんをお迎えして(新選組コンビだな)「大奥」のお話を特集するそうですよ。
8. Posted by ◆garagieさま   August 19, 2008 08:02
わたしは元々、大河ドラマは史実の説明ではなく、
史実を基に、人間たちのドラマを自由に描くものだと理解しているのですが、
今回は特に、歴史の教科書の太字部分こそ、サラリと流し、
篤姫の心情に特化した描き方をしているので、
多くの史実ファンには物足りない脚本であることでしょう。

>まあクライマックスはアレしかないでしょうが
「アレ」の意味に気付けないくらいなので、
毎回、ドラマはドラマとして、「史実」だというところを
少々勉強することにしました。ま、あまり身につかないと思いますが。

『スマステ』、いつ誰がどんな放送をしているのか覚えがなかったので、
検索して調べてみたら…そういえば、何度かゲスト目当てに観た記憶が…
ありがとうございます。
お知らせいただかなければ、わたしは絶対観ない番組で
見落とすところでした。早速、録画予約しました!
9. Posted by みさと   August 19, 2008 10:01
こんにちは。
ワタクシも、未練がましい一人にございます(^^ゞ

11月30日放送の『篤姫』は、「週刊ザ・テレビジョン」にNHKの佐野統括の話で載っていたのを、私、立ち読みにて読んだ記事です♪
延命願いなども多く寄せられたとも書いてありましたが、延命願いなどで、急遽、家定様シーンの追加収録されたものではなく、前から収録予定されていたようです。
この分の収録は8/6にあったようで、この日が堺さんのクランクアップだったそうです。
11/30放送の前にも家定様「回想」でのシーンもあるとの噂も聞いておりますの要チェックにございますよ(笑)

それと、明日8/20はNHK福岡での「篤姫様と家定様のトークショー」の放送もあるので楽しみにございますね(*^_^*)♪♪♪
10. Posted by ◆みさとさま   August 19, 2008 21:19
再度のご訪問とコメントありがとうございます。
ホントにね…あんなに素敵に描いてくれたもんだから、
後を引いて困りますわ。

そういうところに情報源があるのですねぇ。
わたしは主にTVで放送される映画情報が欲しいので、
『TV TARO』でチェック、『TV Navi』の連載エッセイは立ち読み^^;
『週刊ザ・テレビジョン』は手に取ったこともなかったです。
やっぱり、延命嘆願が寄せられてたんですね。
そうだと思いましたわ。山南さんの時も凄かったらしいですから。
そうですね!11月30日、絶対観なくちゃ、録らなくちゃ♪

そうそう、トークショーですね!忘れてました(ダメダメ)
明日はその時間は映画館にいると思うので(笑)
是非、録画してチェックいたしますわ。
どうもありがとうございますm(__)m

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔