September 21, 2008

『篤姫』第38回

 〜姑の心 嫁の心〜Trachelospermum asiaticum






島津久光が兵を率いて江戸に到着、
その行動を憂う天璋院は、久光を厳しく退ける。
薩摩を出て以来、何年ぶりかで再会した天璋院と小松帯刀。
そして、生麦事件が起こった第37回。
今回、第38回は。

天璋院へ小松帯刀からの手紙が届く。
薩摩が攘夷を実行したと騒がれているが、
不幸な事故であったことが書かれていた。
だが、英国からの賠償金の請求が幕府と薩摩に届き
賠償金の支払いを拒む老中、
薩摩だけでなく、幕府にも責任があるという天璋院。

久光が江戸に滞在している間に勢力を伸ばした長州は、
公家に対し、攘夷の実行を約束する。
朝廷から家茂に、攘夷の実行を催促する勅使が到着、
攘夷は無理だと信じる家茂は、
帝にその旨を告げるための上洛を決意する。
御所側は攘夷を喜ぶが、和宮の心は揺れる。

生麦事件の後、英国との戦争が勃発間近の薩摩では、
小松帯刀が家老となる。
一方、江戸では、松平春嶽の紹介で、
土佐を脱藩した坂本龍馬が勝麟太郎を訪ねていた。
場合によっては、勝を斬る覚悟の龍馬だったが、
勝の豪放磊落な人柄と先見の明に触れ、
目からウロコの思いで、弟子入りを志願する。

勝は、家茂上洛の際、海路を取るべしと進言するが、
天璋院の、陸路での安全策の主張が通る。
家茂の身を案ずるばかりに、
無事の帰還がない場合、天璋院を恨むと告げる和宮。

文久3年2月。家茂は上洛する。


家茂上洛の理由と時期を鑑みると、
家茂の身を案じて切羽詰る気持ちになるのは、
夫を心から愛する和宮にすれば当たり前のこと。
愛しく思う人に、万が一にも災いが降りかかったら、
もう生きては行けないとまで思いつめるだろうと、
それは、観ていても辛くもあり、可愛くもあり。

生さぬ仲とは言え、
家茂を、まるで本当の息子のように思うけれども、
あくまでも、徳川将軍家の人間として、
将軍以外にできない役割を果たすことを望む天璋院。
ただただ、夫に無事でいてほしい和宮とは
立場と意見が異なるのは致し方のないことよね。
家茂が、天璋院を敬い、立てれば立てるほど、
和宮の心が閉ざされるのも仕方ないことで・・・
国の情勢がこういう場合でなければ、
「何て仲のいい若夫婦さん!」とか言いたいところだけど。

そんな和宮の心中を察して、
悩みがあるなら、母を頼れ、と観行院はいうけれど、
あの母を頼ったところで、益々混乱するかと思われ。
天璋院ゆずり(?)の直談判で、
恨み言の一つも言うほうが、話が早いというところ。

お互いに、使命を帯びた不本意な結婚をして、
嫁いだ後に、夫を愛することになった女同士。
早く和解の日が来てほしいと願います。

一方、
勝麟太郎のもとを訪ねた龍馬。
何だか線が細い気がするのは、
もともと細身で、大きな目が際立つせいかしらん。
(思えば・・・わたし、玉木宏さんという人を
  CM以外で観るのは初めてのような気が・・・いや、
  以前、WOWOWで放送されたのを観始めて、
  すぐに挫折してしまった^^;映画で、
 宮崎あおいちゃんと共演していた…のが彼だったか)

勝の言い分に感銘を受け、その場で勝に弟子入り志願。
いよいよ、
幕府側と、倒幕側に分かれる時代へと突入。

ああ、どこかで後の新選組が集まり、
都で命の遣り取りを繰り返すことになるんだわ。。。
このドラマでは描かれないだろうけど。
どうしても、どうしても、
あの面々を忘れられなくてごめんなさい。


来週は薩英戦争が描かれそう。
わたしの場合、少々、予習が必要と思われまする。


★それでも、今週の家定さま★
もう、みなさま、すっかりこの方の存在を
お忘れになってはいらっしゃいませんか。
家茂の身を案ずる和宮さまを目の前に、
天璋院さまの心には、この方のことが浮かんでいてほしい、
悠雅なのでございました。

★今週の尚ちゃん★
生麦事件から薩英戦争への1年の間に、
家老にまでなってしまった、我らが尚ちゃん。
無事に自宅へ帰って来た尚ちゃんの背に
愛おしそうに寄り添うお近さんを感じながら、
何を思っていたのかしら。
未だ、心を残していないとは限らない篤姫の居る江戸との、
長い道中の身の安全。
お近さんはきっと、
心から貴方の無事のお帰りを待っていたことでしょう。

★今週のポイント★
 愛する男の帰りを待つ、妻の気持ち



tinkerbell_tomo at 18:28│Comments(4)TrackBack(26) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 篤姫 第38回 嫁姑バトル!!しずかに開幕!  [ レベル999のマニアな講義 ]   September 21, 2008 18:53
『姑の心嫁の心』内容薩摩へ向かう島津久光(山口祐一郎)の行列を横切ったイギリス人が、薩摩藩士により斬り捨てられるという、『生麦事件』が発生した。その事に関して、推定25万両もの償い金を幕府、薩摩に要求してくる。幕府は、払うつもりがないようだった。が、、...
2. 篤姫#38  [ MEICHIKUなんでもぶろぐ ]   September 21, 2008 19:12
今回のBS-hiの放送は、いつもより1時間繰り上がって17:00からの放送でした。(来週はいつもの18:00スタートに戻ります。)今回は、幕末の動乱期の物語らしく、半分はホームドラマを離れた形になって、色々と混乱した史実が出てきた物語となっていました。しかし、ここのとこ...
3. 第38回「姑の心嫁の心」  [ 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜 ]   September 21, 2008 20:52
幕末において、江戸のみならず京都の権威も再び注目されることに…その京都では、いわずもがな治安は乱れに乱れきっていた。天誅と称しての暗殺行為が横行していた。その暗殺行為に、長州藩士が加担という噂もまことしやかに流れている…京都所司代に会津藩主・松平容保が...
4. 大河ドラマ 「篤姫」 姑の心 嫁の心  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   September 21, 2008 20:53
朝廷をめぐる諸藩の動き。 そしてそれに否応なしに巻き込まれていく幕府・・・。
5. 『篤姫』第38回「姑の心 嫁の心」  [ strの気になるドラマ 気になるコト ]   September 21, 2008 20:59
2008年『篤姫』第38回。。京で力をもった薩摩藩。久光が江戸に行っている間に長州藩が。。天誅。。生麦事件。。10万ポンド=25万両の賠償金。天璋院に急ぎの文。小松帯刀より。攘夷ではなく無礼討ち。。そこに滝山。老中らは賠償金を払うつもりはないと。庭田らは薩摩が攘...
6. 「篤姫」第38回  [ 日々“是”精進! ]   September 21, 2008 21:03
 第三十八回「姑の心嫁の心」帯刀からの書状で生麦事件の実情を知った天璋院は、薩摩藩だけではなく幕府もイギリスに謝罪すべきだと主張する。一方、京では過激な尊王攘夷派である長州藩が薩摩藩に代わって政局の主導権を握り、久光と岩倉は失脚していた。そんな中、将軍...
7. 大河ドラマ「篤姫」第38話「姑の心、嫁の心」  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   September 21, 2008 21:04
母の想い、嫁の願い。  長州藩の勃発。ついに時代は反幕府勢力の台頭してくることに!!しかも生麦事件のせいで、イギリスでは25万両の償い金を幕府に払えと言ってきているというのだ!!攘夷は無理とか言いつつ、これでは攘夷ととられても仕方がない行動。こり...
8. ★「篤姫38」恨まれてしもたぁ〜(;><)  [ ・*:・ふわゆら生活・:*・ ]   September 21, 2008 21:22
先週はレビューお休みさせていただきました。観に来てくださった方。。申し訳ありません(*__)ペコリ大河ドラマ「篤姫」薩摩が攘夷を〜〜!?なぁ〜〜はっはっはっ宮さま軍団大喜び〜〜みなさん。。お気楽やわ〜〜宮さん。。役割を果たさなあかんえ〜。。って。。篤姫の...
9. 篤姫 第38回「姑の心嫁の心」!  [ バレルオーク日記 ]   September 21, 2008 21:28
<ウイスキーだって届かねえってことよ!>「うちはよいな」帯刀さんもほっとできるところがあって良かったです。「宮さんの役割・・」和宮様は、忘れてはいないと思いますが、果たせないことはわかっているはずです。「公方様を焚きつけるような・・」重野は知っています...
10. 篤姫 第38話 『姑の心、嫁の心』 感想  [ メガネ男子は別腹☆ ]   September 21, 2008 21:29
生麦事件で英国は幕府と薩摩に10万ポンド(当時の25万両らしい)という慰謝料をふっかけてきました! 人一人の命とはいえ、大きく出たなぁエゲレス。
11. 「篤姫」第三八話  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮) ]   September 21, 2008 21:42
愛する人の身を案じる立場の異なる女の想い。 第三八話『姑の心 嫁の心』
12. 篤姫・第38話  [ ブルー・カフェ ]   September 21, 2008 21:46
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 「誤解」「カンチガイ」「言い掛かり」・・・そんなものが世の中には、うようよあると思うんですが・・・い...
13. 篤姫38 薩英戦争の前に和篤戦争勃発やん!  [ ぱるぷんて海の家 ]   September 21, 2008 22:02
まあしかしなんですなぁ。スイーツなホームドラマのクオリティを維持しつつ、幕末の史実をも忠実に再現すると云う、本年度大河ドラマの命題は難易度が高いですなぁ。 難しいのは、大奥から一歩も出られないと言う、難攻不落の制約を受ける主人公が誰よりも的確に世界....
14. 篤姫 第38回「姑の心 嫁の心」  [ あしたまにあーな ]   September 21, 2008 22:39
今回は、嵐の前の静けさともいえるほどの静かな雰囲気の中で話が進んでいった様に思えます。天璋院も以前であれば、和宮と同じレベルで女と女の戦いを繰り広げたのかもしれませんが...
15. 【篤姫レビュー】姑の心嫁の心  [ 必然的なヒストリー ]   September 21, 2008 22:50
長州の巨魁・桂小五郎と草莽志士の俊才・久坂玄瑞が“物凄く地味”に初登場!登場の仕方が地味な上に、演じてる人が誰だか分からない(テロップが出なければ、どちらが桂か久坂か判断がつかない)。小林勝也、木村元、藤木孝をどうでもいい役でゲストとして引っ張ってこれる...
16. NHK大河ドラマ第38回「篤姫(姑の心、嫁の心)」  [ よく考えよう ]   September 21, 2008 23:01
中々良くできた人間でも、夫々の環境、立場が異なれば巧くいきないものである。 大名行列を憚らない英国人リチャードソンが無礼討ちとして殺された生麦事件もその1つであろう。 大体、知らぬ国に金儲けの為に出かけていって、その国の風習も知らずに済ますと言うのは大英...
17. 篤姫 第38回 「姑の心嫁の心」 感想  [ くまっこの部屋 ]   September 22, 2008 00:01
生麦事件でイギリス人を切った真意を測りかねていた天璋院(宮崎あおい)は小松帯刀(
18. 篤姫〜姑の心、嫁の心  [ うさうさ日記 ]   September 22, 2008 00:02
NHK大河ドラマ「篤姫」第38話〜姑の心、嫁の心サブタイトルどおり今回は姑と嫁との仲がさらに悪くなるお話・・・。そしてついに坂本龍馬がデビューしかも勝さんとのはじめての出会いシーンでしたね勝さんを斬りに行った割にはかなりあっさりと仲良くなってましたがつ...
19. 大河ドラマ:篤姫第38話「姑の心 嫁の心」  [ 山南飛龍の徒然日記 ]   September 22, 2008 00:06
盛りだくさんの回でしたね。家茂をたきつける天璋院、家茂上洛決定、瀧山をからかうおとぼけ天璋院、猫に怯える岩倉具視、ブラック慶喜、勝を斬りに来て師事に転じた龍馬、天璋院と勝の対面(陸路か海路か。囲碁対決却下)、帯刀が家老に出世、帯刀とお近の夫婦愛、帯刀の...
20. 【篤姫】第三十八回  [ 見取り八段・実0段 ]   September 22, 2008 00:30
攘夷は無理であると言うこと。それを帝に申し上げるために、家茂は上洛を決意する。何故、家茂が京へ上るのか。京側の女達は、攘夷の決意を御上にお誓い申し上げるのだろう。と沸き立つが、和宮は腑に落ちない様子。観行院は、そんな娘の様子を見て、外へ連れ出す。家茂さ...
21. 大河ドラマ「篤姫」第38回「姑の心嫁の心」  [ 真田のよもやま話 ]   September 22, 2008 06:46
だだっだだんっだだっだだんっだだっだっだだだだっだ??ん!なまむりなまもめなまたまぐお??っな??まむりなまもめなまなまろ??っおぉぉ????っ!{%顔文字喜びhdeco%}・・・あ、しつれい、生麦と聞きますとどうしてもついこの、早口言葉が??????(汗)。 でもこれで薩英戦争で...
22. 国を滅ぼす攘夷!!  [ 函館 Glass Life ]   September 22, 2008 10:13
朝廷の権威が高まれば高まるほど幕府の権威は 必墜するのです{/m_0156/} 御所の警固を任された薩摩ですが江戸へ行って いる隙に京を攘夷一辺倒の長州に乗っ取られた 様ですね{/cat_6/} 一部の公家と結び攘夷を旗印に京都でのさばる 長州。 いち早く攘夷派は無理だと悟った薩...
23. 篤姫「姑の心 嫁の心」  [ ありがとう!、あてつけじゃないよ。 ]   September 22, 2008 16:38
篤姫「姑の心 嫁の心」 京の都では長州藩が台頭?。 島津久光が江戸を往復している間に、長州は公家と上手くやってるのでした。 長州+公家のコラボで京は攘夷一色。 久光はなす術もなく京から薩摩へお帰り…{/m_0089/}。 幕政改革の有力諸侯の中に、長州も入ってたのに、...
24. 篤姫 第38回「姑の心 嫁の心」  [ みはいる・BのB ]   September 22, 2008 20:26
今回のあらすじ・・・
25. 篤姫第38回「姑の心、嫁の心」  [ さくら色通信 ]   September 22, 2008 21:10
ただ単に、大名行列の邪魔した人を斬り捨てただけのつもりが、相手が外国人だったためにその行為が「攘夷だ!」となってしまった生麦事件。英国から幕府と薩摩に対して賠償金を請求されますが、この件は薩摩だけの問題として賠償金の支払いを拒みました。今回はとっても攘...
26. 大河ドラマ「篤姫」 第38回「姑の心 嫁の心」  [ 風のうわさ ]   September 22, 2008 21:39
薩摩が起こした生麦事件をきっかけに、攘夷の気運が高まります。 あれは 攘夷ではなく 事故だったと、薩摩のクレーム担当係・小松帯刀は天璋院に手紙を出して 言い訳をしますが、攘夷派にとっては 今や 薩摩は英雄に。 和宮のまわりも、打って変わって 薩摩びいきになって...

この記事へのコメント

1. Posted by みさと   September 21, 2008 19:57
こんばんは♪
まだ、『篤姫』を見ていないのですが、悠雅さんが
UPされているのを見まして、
「★それでも、今週の家定さま★」に反応してしまって出て参りました(^^ゞ
私、決して忘れてはおりません!
ただひたすらに、上様のご登場をお待ち申し上げております♪。その為に見ているようなものにございますから・・(笑)。
では、今から『篤姫』を見ます。(うちはまだ、地上波のアナログなので…)
2. Posted by ◆みさとさま   September 22, 2008 09:57
こんにちは♪
せっかく早めにコメントをいただいたのに、
お返事が遅くなってごめんなさい。

他の番組の関係で、昨日は17:00〜だったハイビジョン放送、
夜に野暮用で外出したので、これ幸いと感想をUPして出かけました。
帰宅したのが遅かったので、今頃のお返事です。
わが家のデジタル放送も、わたしが後先考えずに衝動買いしたTVのせい^^;
よかったのか、どうだったのか(笑)

視聴者はもちろん、出演者にさえ忘れられていないかぃ?と
寂しい思いなどしている昨今、
せめて、チラとでも回想がないだろうかと、未だに期待しているのは
少なくともわたしだけじゃなかったんですね。嬉しいです♪

ちぃとも上様は登場なさいませんが、
番組の内容はどんどん駆け足で時代や事件が走り去るので、
毎週、予習復習が欠かせない、歴史に弱いワタクシ。
上様ご登場まで、毎週必死に観て参りまする。。。
3. Posted by みさと   September 22, 2008 15:41
こんにちは。
私が『篤姫』見る前に、コメントしたくなっただけですから、どうぞ、気になさらずに。

私なんて歴史に疎過ぎて、『篤姫』を見て流れや人物を知ることが多いですよ、お恥ずかしい話。
でも、時代の流れを知ってれば『新選組』を見るときに、よいのではとの思いもあって、家定様ご退場後も見ております。悠雅さんと同じく、私も「回想」シーンをシツコク期待している一人にございますよ。本音を言えば、家定様@堺雅人サマがご退場と共に、ワタクシも退場の気持もありましたが・・(^^ゞ
それにしても、堺さんの情報がないだけに、余計に上様のご登場が待ち遠しい思いです。

 天璋院様も宮様も使命を持って大奥に入って、
政略結婚とはいえ夫を慕う妻となり、共通点もお有りになるのに、姑と嫁の立場となると、理解し合えそうで、理解し合えない面があって、もどかしい関係ですよね。
うちにも愚息がおりますので、いずれは姑と呼ばれる立場になると思うと、(お二人の気持が理解できるだけに)身につまされる感がございました。
そして、今回のお近さん、無事に帰ってきた夫に甘える姿が可愛かった♪
4. Posted by ◆みさとさま   September 22, 2008 23:52
再びのご訪問、ありがとうございます。

日本史のテスト、そんなに成績が悪くなかったはずなんだけど、
要するに、テスト前の語句の暗記ができていただけで、
歴史に特に興味があったわけじゃなかったんだと
今年は特に思い知っています。

『篤姫』と『新選組!』のキャストや描き方を見比べるのも面白いですよ。
勝海舟⇒野田秀樹、西郷⇒宇梶剛、岩倉⇒中村有志、
龍馬⇒江口洋介、徳川慶喜⇒今井朋彦などなど、
人気俳優から小劇場俳優まで、キャストの個性が素晴らしいです。
山南さんご退場の後は、また違う楽しみ方もできるかと…

今年の堺さんは、映画が3本とドラマ2本、関連のバラエティも含めると
とても出演の多い1年でしたから、
次なる作品を手薬煉引いて待ち構えているファンにとって、
何の情報もないのが寂しいところですよね。。。
でもまた、きっと何らかの新作で登場してくれる、と信じて、
気長に待っていることにしましょう。

思えば、重大な使命と共に、顔も性格も知らない相手に輿入れしたのに
使命を裏切る形になるほどに、相手を愛することができたのなら、
女性としては幸せなのだけれど。
わが家にも、自慢じゃないけど正真正銘の愚息がおりますので、
わたしも、嫁と姑の両方の気持ちが想像できて、
どちらにも、妙に感情移入してしまいました。
でも、それ以前に。。。
わが愚息にも、いつかお嫁さんが来てくれるのかしら。そっちが重要かも(笑)

お近さん…予告を観る限りでは、ちょっと。。。な来週のようだけど、
無事に、自分の元に帰って来た夫、どんなにうれしかったことでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔