October 10, 2008

『風のガーデン』第1話

 SnowDrop@????????

〜スノードロップ〜

去年の恋の名残の涙










イラストは、【無料イラスト、フリー素材の季節の窓】さんから
お借りしました。



■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: 中井  貴一    緒形   拳
    黒木 メイサ    神木 隆之介
    伊藤   蘭     奥田  瑛二
    国仲  涼子    石田   えり
    布施   博     ガッツ 石松
    平原  綾香    平野  勇樹
    大滝  秀司
脚本: 倉本   聰
演出: 宮本 理恵子
フジテレビ開局50周年記念ドラマ
2008年10月9日放送スタート
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

10月5日永眠された緒形拳さんの遺作となったドラマ。
北海道富良野を舞台に、倉本聰氏が書き下ろした、
家族と命を見つめる物語の第1話が放送された。


物語は。


東京、高林医大病院の麻酔科准教授の白鳥貞美は
麻酔学界の権威。
冗談や駄洒落が好きで、軽妙な会話を交えながら、
苦しむ患者のために日夜を問わず働き、
寸暇を惜しんで学生たちに指導する。
日々を忙しく過ごす貞美は、春のある日、
他ならぬ、自分の体調の異変に気付いた。
その病巣をエコーで確認して、肚を括る貞美。

彼は、北海道、富良野で訪問医の父、貞三から、
6年前に勘当されてから帰省したことがなかった。
貞美の妻、冴子が他界した後、
娘ルイと、知的障害を持つ息子岳は、貞三と共に、
ブリティッシュ・ガーデン『風のガーデン』を管理している。
偶々、姉から最近のルイと岳の様子を聞いた貞美は、
富良野に暮らす娘に思いを馳せる・・・


第1話は、
東京の白鳥貞美の現在の仕事と暮らし、
貞美の故郷、富良野の、
父、貞三、娘ルイ、息子岳の様子を淡々と紹介。
どこで、どんな人が暮らしていて、
その人たちは、どんな性格で、どんな仕事で、
どんなことを考えているかを描いていると、
15分の拡大枠を含めても、
最初の回は、あっという間に終わってしまった。

放送の冒頭、静かに真摯に浮かび上がった、
【この作品を 故緒形拳さんに捧げます】という献辞。
もし、ご存命であったら、
あの声の細さを心配しているだけだっただろうけれど、
今となっては、
おそらく、相当に辛い状態を隠しても尚、
この作品に取り組まれたお姿が痛々しく感じられる。
けれども、
孫娘との会話の中に見せた、可愛いおじいちゃまの顔に
ほっと頬が緩むひと時もある。
どんな小さなシーンも見落とさないで、心して観なくちゃ・・・
優しい訪問医の緒形さんを観ながら、
テレビ画面に正対している自分に気付いた。


この作品は、緒形さんのことがなくても、
観たいと思っていたものだった。
撮影のために、2年も前から土作りから始められたという、
本格的なブリティッシュガーデンと、そこで咲く無数の花々が
どんなに綺麗だろうと、本当に楽しみだった。

最初に登場したのは、今回のタイトルにもなった
スノードロップ’。
おじいちゃんが勝手につけた花言葉
(実際には、倉本さんの創作)は【去年の恋の名残の涙】。
流石、巧いなぁ・・・
‘スノードロップ’というと、
ロシアのサムイル・マルシャーク作、
『森は生きている』(12月〔つき〕のものがたり)に登場する、
マツユキソウ(待雪草)のことだ。
意地悪な継母に言われて、みなしごの女の子が、
冬の森に捜しにゆくのが、このお花。
まだ寒い冬に、真っ先に白くて小さなお花を
恥ずかしげに地面に向かって咲かせる。
自分で撮った写真がなかったので、
綺麗なフリー素材を提供してくださるサイトさまから、
お借りしてきたイラストを、
このお花の紹介に使わせていただいた。


アジュカ、アキナセア、矢車草などなどなど・・・
本当に素朴で優しくて、
高価な器よりも、
ぽってりと厚いガラス器や、木や銅の器が似合うような、
いや、もっと正確に言えば、
青空の下、緑のそよ風の中に置いておくのが
何よりも似合うような草花が、
伸び伸びと咲き競うガーデン・・・
その場に立ったら、どんなに爽やかな香りがするだろう。
どんなに静かな気持ちになるだろう。
ここまでに育てるには、
どんなご苦労があることだろう。
まだ、お話が動き出していないのをいいことに、
普段着が似合いそうなお花の数々を
とても嬉しく、物凄く羨ましく眺めていた。

会話の中に登場した、
プルモナリア・ルイスパルマー、
プルモナリア・ラズベリースプラッシュ、というお花を知らず、
慌ててメモして、先ほど検索してみた。
ムラサキ科の宿根草だとか。
これもまた、何と可憐なお花なんだろう・・・
今度、園芸屋さんに行ったら、苗を探してみようか・・・
すっかり、このお庭に魅了されてしまうよ・・・
ちなみに、おじいちゃんによる、ルイスパルマーの花言葉は、
【早熟な乙女は わりと早く老ける】。


おじいちゃんと孫たちが敬語で会話するのも、
(決して、冷たい関係であるというのではなく)
愛犬の名前が【蛍】であることも、
何だかとっても倉本さんらしいし、
緒形さんが絶賛されたのが頷ける、
中井貴一さんのとても自然でこなれた演技もいいし、
もちろん、緒形さんの
これ以上はないほどの、優しく可愛い笑顔にもとても惹かれる。
ちょっと辛い内容になるんだろうけれど、
目を逸らさずに見つめたいお話になりそうだ。


    



tinkerbell_tomo at 00:05│Comments(2)TrackBack(10) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 風のガーデン  [ Akira's VOICE ]   October 10, 2008 10:52
初回の感想 
2. ドラマ『風のガーデン』  [ strの気になるドラマ 気になるコト ]   October 10, 2008 21:16
「この作品を緒形拳さんに捧げます」という一文からはじまった、この『風のガーデン』。。『北の国から』も特別好きじゃなく、『優しい時間』も再放送で初めてハマった私。。緒形拳さんの訃報がなければ、このドラマを見始めることはなかったかもしれない。。フジテレビ開...
3. 風のガーデン:第1話  [ 日常の穴 ]   October 10, 2008 21:30
     この作品を故緒形拳さんに捧げます 本当に切ない。 貞三(緒形拳)と岳(神木隆之介)の他愛もないシーンで泣けた。 だめだこりゃ。まともに見れない>< 優しそうなおじ...
4. 風のガーデン 第1話 仕事、、、金、、、、命  [ レベル999のマニアな講義 ]   October 10, 2008 21:48
『スノードロップ』内容富良野で開業医をする父・貞三(緒形拳)に、娘・ルイ(黒木メイサ)知的障害を持つ息子・岳(神木隆之介)を預けたままで帰ることの出来ない白鳥貞美(中井貴一)。そんな貞美も東京の大病院の麻酔科准教授であり、患者からは名前も覚えられないと...
5. 風のガーデン〜第1話  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   October 10, 2008 22:47
風のガーデンですが、倉本聰脚本の富良野を舞台にしたドラマです。命や家族をテーマにした見ごたえあるストーリーですし、ロケーションも綺麗で、役者も豪華です。 主人公の麻酔科医・白鳥(中井貴一)は富良野を出て、東京の病院で公私とも充実していますが、過去にいろい...
6. 『風のガーデン』 第1話  [ 美容師は見た… ]   October 10, 2008 23:29
『北の国から』 『優しい時間』に続く“富良野三部作・最終章”。『拝啓、父上様』も好きだったで、倉本さんに期待し『風のガーデン』を楽しみにしてました。広大なブリティッシュガーデンは2年かけて造り上げたそうです。撮影も通常の倍の6ヶ月間かかったんですね。今朝の...
7. 風のガーデン  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   October 10, 2008 23:50
今夜の10時から、フジテレビ開局50周年記念ドラマで「北の国から」、「優しい時間」に続く富良野三部作最終章にして倉本聰最後の連ドラ「風のガーデン」が始まった。そして、今月5日に亡くなられた緒形拳さんの遺作ともなってしまった先日30日、このドラマの記者会...
8. 【風のガーデン】第1話  [ 見取り八段・実0段 ]   October 11, 2008 00:16
北海道の美しい風景と、ガーデンの色とりどりの花々と。。。空気の色さえ感じられそうなほど、癒される映像。風景とセリフの美しさを大切にするのは倉本聰の作品の特徴だ。その中で、人々の感情が交差する。不変なる物、自然。変化する物、感情、生と死。淡々と描かれてい...
9. 「風のガーデン」第1話残された時間の中で親子関係の修復作業が始まった  [ オールマイティにコメンテート ]   October 11, 2008 01:03
3 「風のガーデン」は父親に勘当された息子が末期癌を抱えながら和解していくストーリーで俳優緒形拳の遺作となったドラマである。富良野を舞台にした親子関係軸に展開するが、その内容は実に静かなながらも密度の濃いドラマとなるだろう。
10. 風のガーデン (緒形拳さん)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   October 11, 2008 20:42
◆緒形拳さん(のつもり)緒形拳さんは、毎週木曜よる10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『風のガーデン』に白鳥貞三 役で出演しています。一昨日は第1話が放送されました。●あらすじと解説と感想

この記事へのコメント

1. Posted by 季節の窓 管理人 ヨッシー   October 10, 2008 14:44
悠雅様。
こんにちは、おじゃまします。

私のつたないスノードロップをお使い下さり、ありがとう♪

私は北東北在住です。
北に住む者達は誰よりも春を待ちわびます。
そんな時、雪の中からうつむきかげんで咲くお花がこのスノードロップです。
「希望」という花言葉もあるそうですが、まさに寒い冬を乗り越えて春に希望を見いだすようなお花です。

風のガーデン・・・
緒方さん、痩せられて、声も弱々しいですね。
この作品のクランクアップの舞台挨拶の時「人はいやがおうでも、老い、病う」というような意味のことをおっしゃってました。
私は緒方さんの「復讐するは我にあり」などが好きでした。

本当に心よりご冥福をお祈り致します。

長々とごめんください。
2. Posted by ◆季節の窓 管理人 ヨッシーさま   October 10, 2008 19:03
こんにちは〜♪
今回は、美しいイラストをお借りすることができて、
お陰様で、わが家がとても華やかになりました。
そればかりか、わざわざお訪ねいただきコメントもいただいて、
重ね重ねの感謝です。どうもありがとうございます。

わたしも、『森は生きている』のお花を咲かせたくて、
1度、咲かせたことがあるのですが、巧くないのでそれっきり(悲)
わたしは関西で雪も滅多に降らない土地で暮らしているので、
いくら寒いと感じていても、北の地にお住まいの方に比べたら、
このお花への思いは薄いことだろうと思います。
雪の中で俯いて咲く小さく可憐なお花。まさに「希望」そのものですね。
このお花のことをお喋りできる機会となったドラマにも感謝です。

きちんと襟を正す気持ちで観た第1回でしたが、
緒形さんの多くを語らない優しげな佇まいをただ、
じっと見つめていたような回でした。
追悼番組が次々に放送されるので、
きっと見逃すまいと思っています。

こちらこそ、本当にありがとうございます。
これをご縁に仲良くしていただけたら嬉しいです。
また、お邪魔させてくださいね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔