January 11, 2009

チェ 28歳の革命

祖国か、死か。Che Part One







■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: ベニチオ・ベル・トロ
    デミアン・ビチル  
    サンディアゴ・カブレラ
    エルビラ・ミンゲス
    ロドリゴ・サントロ
    ジュリア・オーモンド
    カタリーナ・サンディノ・モレノ
監督: スティーヴン・ソダーバーグ
2008年 アメリカ/フランス/スペイン 132分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

伝説の革命家、
エルネスト・‘チェ’・ゲバラの半生を描く、2部作の前編。
全くと言ってよいほど、知識のない人物を
しっかり観れるだろうか、と不安に思いながらも、
観に出掛けた。観てよかった。




物語は。
    

1964年、ニューヨークで、
アメリカ人ジャーナリストの問いに答えて言う。
「愛のない真の革命を想像することは不可能だ」
彼の名は、エルネスト・ゲバラ。

1955年、メキシコ。
アルゼンチン人で医師であるゲバラは、
独裁政権に苦しむ故国を救おうとするキューバの革命家、
フィデル・カストロと運命的に出逢い、
彼の、無謀とも思えるゲリラ作戦に参加することを決めた。

1956年、
82名の仲間と小さな船でキューバに上陸した彼らは、
シエラ・マエストラ山脈に潜伏、
ゲリラ戦を重ねて、軍も増強されていった。
当初、軍医として従軍したゲバラだったが、
その卓越した能力と人望を見込まれ、
反乱軍の第2のコマンダンテ(司令官)となり、
2年後のサンタクララを襲撃することになった・・・


キューバ革命の伝説の男、チェ・ゲバラの半生を描く物語。
2部構成の前編にあたるこの作品は、
チェがフィデル・カストロと出会い、
数年にわたって山中でゲリラ戦を戦ったのち、
都市部のサンタクララを陥落させ、
キューバ革命を成し遂げたチェの、
人物と、ゲリラ戦を戦い生き抜いた日々を
まるで、ドキュメンタリーのように淡々と追う。

革命後の1964年、
革命に加わろうとする1955年、
革命の真っ只中にいる1956年以降と、
3つのパートが、割合頻繁にシャッフルされて進んでゆくが、
明らかに映像の質が違うので、
混乱することなく、物語を追うことができる。

本来は、後編にあたる部分を描く作品を作予定だったものを
それだけでは不十分であると判断されたため、
それまでの彼を描く前編が前に加えられたのだそうだ。
「さぁ。これから彼はどうするのだろう」という場面で、
まるで、連続ドラマの幕切れのように、この作品は閉じてゆく。

ベレー帽を被った肖像画などは観たことがあるが、
実は、チェ・ゲバラという人物について、
恥ずかしながら、わたしは(今回も)ほとんど知識がなかった。
こういう映画を観るたびに、同じことを言っているわたしって、
いったい、若い時に何を勉強していたのだろうか。
この年齢になってはいるが、
この人物を知る機会に恵まれたことに感謝したい。


キューバ革命について知らない者でも
いつか何かの機会に観たことがあると思う肖像画や
Tシャツなどにプリントされた彼の顔は、
すなわち、革命後40年以上経過してもなお、
衰えることのない彼への崇拝を、
わたしは偶々、別の機会に観ることになったのだろう。
それほど、
当時はもちろん、後の若者や革命家たちの中では
滅ぶことのない唯一無二の存在であり、
象徴となっているのであろう。

そこまで英雄視される人物とはどんな人間なのか。
全く知らないために、映画についてゆけるか不安だったが、
知らないが故に、逆に、とにかく観てみようと思った。
何か1つでも共感できる人物だったらいいな、と。
果たして、
なるほど、チェ・ゲバラという人物は、
没後40年経っても語り継がれるであろう経歴と人格で、
その人気がこれ以降も衰えることはないだろうと、
思わせるに充分な男なのだった。

アルゼンチン人の医師でありながら、
反乱軍の2であった男。
ゲリラ戦を強かに勝ち抜く猛者であり、
読み書きができない兵士には自ら教え、
傷ついた兵士は敵味方関係なく救い、
農民を尊敬し、弱い立場の者の立場で発想する。
軍内部の規律や秩序には厳しく、
裏切り者は容赦なく処刑するが、
革命に勝利した後も、奢らず秩序を乱さず、
名誉や権力を求めることもない。
彼の言動から感じられるのは、
中南米の小さな国の人民の誇りと自由の奪還、
そのために戦うという、ただそれだけだった。


キューバ革命を成し遂げるまでの戦闘を通して、
チェ・ゲバラという人物像がよく伝わってきた。
1つの目標を達成した彼だが、
ここで描かれている通りの人物であるならば、
これが最終目標ではなく、
次に取り掛かるべきものを見出すに違いないと、
何も知らなくても感じるのではないか。
そして、それが描かれているはずの、
本来、こちらが主題であったという後編が
とても待ち遠しく感じられて仕方ない。



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
元々、ほとんど知識がなかったのなら、
いっそ、何も知らずに映画を観たらどうかと無謀にも思い、
オフィシャルサイトも確認せずに出掛けたのだが、
映画が始まる前に流れたごく簡単な説明に
案外助けられた。
何故彼がそこにいるのか、詳細はともかく、
とりあえず、違和感なく冒頭からのお話についてゆけた。

描かれる人物も知らなければ、
出演する俳優たちもノーチェックだった。
名前と顔は知っていたが、ベニチオ・デル・トロは初めて。
それだけはわかっていたが、
ゲリラの中にロドリゴ・サントロの顔を見つけてビックリ。
彼が出演していたなんて。
また、後半に登場した若い女性、
「見たことあるな」としばらく考えていたが、やっと思い出した。
『そして、ひと粒のひかり』のカタリーナ・サンディノ・モレノ。

本編終了後に流れた予告の中に
あら、彼も出演するのね、と思うお顔を見つけた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆

tinkerbell_tomo at 16:28│Comments(18)TrackBack(71) 洋画【た】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『チェ28歳の革命』 (2008)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   January 11, 2009 17:20
原題:CHE:PARTONE/THEARGENTINE監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス公式サイトはこちら。<Story>1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のエルネスト(チェ)・ゲバ...
2. チェ 28歳の革命  [ Akira's VOICE ]   January 11, 2009 18:13
程よい予習と睡眠をとってから観ましょう。  
3. 劇場鑑賞「チェ28歳の革命」  [ 日々“是”精進! ]   January 11, 2009 18:24
 「チェ28歳の革命」を鑑賞してきました2009年1作目!!!革命家チェ・ゲバラの生と死を描く2部作の前編。ゲリラ戦士としての旅立ちからキューバ革命成功までの若き日々を追う。英雄として偶像化せず、“真実の”ゲバラを描くことにこだわったソダーバーグ監督は...
4. チェ 28歳の革命  [ そーれりぽーと ]   January 11, 2009 18:28
前々からチェックしようと思っていたガエル・ガルシア・ベルナルの『チェ・ゲバラ&カストロ』は、俺のぽすれんのリストでずっと下の方に下がりっぱなし。 結果未だにチェ・ゲバラについては名前とビジュアルしか知らない俺に、彼を語る事が出来るのだろうか。 スティーヴン...
5. 映画:チェ 28歳の革命  [ よしなしごと ]   January 11, 2009 18:29
 いつもお世話になっているRosalindaさんに誘われて、今年初めての試写会に行ってきました。題目は“チェ 28歳の革命”と“チェ 39歳別れの手紙”です。(共通公式ホームページはこちら。)
6. 映画 【チェ 28歳の革命】  [ ミチの雑記帳 ]   January 11, 2009 19:20
試写会にて「チェ 28歳の革命」 スティーブン・ソダーバーグ監督による、20世紀のカリスマ、チェ・ゲバラの一生を描く二部作の前編。 おはなし:1955年、アルゼンチン人の若き医師チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミア...
7. 「チェ 28歳の革命」みた。  [ たいむのひとりごと ]   January 11, 2009 20:28
キューバ革命を成し遂げた時、チェ・ゲバラは30歳だったとのこと。「思いっきり年下なんだよなぁ??」と、何となく思って何となく苦笑い。そういえば、「帰るなら死んだ方がましだ!」と豪語していた兄弟の年齢にも
8. チェ 28歳の革命  [ ★試写会中毒★ ]   January 11, 2009 20:29
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点) 監  督:スティーヴン・ソダーバーグ キャスト:ベニチオ・デル・トロ       デミアン・ビチル       サンティアゴ・カブレラ       ウラジミール・クルス       エルビラ・ミン...
9. チェ 28歳の革命  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   January 11, 2009 21:32
原題:CHE: PART ONE公開:2009/01/10(01/10鑑賞)製作国・年度:アメリカ/フランス/スペイン、2008年上映時間:132分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス、ジュリア・オーモンド...
10. チェ 28歳の革命/ベニチオ・デル・トロ  [ カノンな日々 ]   January 11, 2009 21:56
初めてチェ・ゲバラを知ったの劇団四季『エビータ』を観劇したときです。この作品の中で何故かゲバラがストーリーテラーを担うという演出だったのです。アルゼンチン出身の偉大な革命家というつながりなんだろうけど、何気にゲバラに興味を持つきっかけになりました。その後....
11. 『チェ 28歳の革命』  [ めでぃあみっくす ]   January 11, 2009 22:10
エルネスト・チェ・ゲバラ。医師であり、革命家であり、軍人であり、善き師であり、そして愛の伝道者でもある男。そしてこの作品はそんな偉大な一人の男を描いた崇高な映画であるように思えるほど、素晴らしいものでした。正直チェ・ゲバラについて勉強しておくか、もしくは....
12. 『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳別れの手紙』  [ ラムの大通り ]   January 11, 2009 22:20
(Che El Argentino/Guerrilla) -----えっ、2本一緒にしゃべっちゃうの。 それって無謀じゃニャい? 「う〜ん。だけどこの映画、 もともと、プロデューサーのローラ・ビッグフォードは 第2部『39歳別れの手紙』のパート、 一般的にあまり知られていない チェ・ゲバラのボリビ...
13. ★チェ 28歳の革命(2008)★  [ CinemaCollection ]   January 11, 2009 22:40
CHE:PARTONETHEARGENTINE祖国か、死かーかつて、本気で世界を変えようとした男がいたー。上映時間132分製作国アメリカ/フランス/スペイン公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ=日活)初公開年月2009/01/10ジャンルドラマ/伝記【解説】「トラフィック」のステ...
14. 【妄想159】「CHEチェ 28歳の革命」 感想  [ 日本妄想協会 paradigm shift ]   January 11, 2009 22:46
今日が公開初日 前から楽しみにしていて 昨日は興奮して 寝坊しちゃいけないと思うと眠れませんでした お蔭で朝一の回 かなり見や??.
15. チェ 28歳の革命 |チェ 39歳別れの手紙  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   January 11, 2009 23:04
この時期毎年参加している、小学館の年末忘年会パーティ (美味しいものいっぱい食べ放題{/m_0050/})と重なってしまってどうしようかと思ったけど そこは映画ファンのわたくし やっぱ生デルトロでしょう! ってことで行って来ました ベニチオ・デル・トロ&ソダーバーグ監...
16. チェ 28歳の革命  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   January 11, 2009 23:15
連続しない人生の一部分を二部作で構成する個性的な伝記映画だ。カリスマ的な革命家チェ・ゲバラの半生を描くが、今回はカストロと出会いキューバ革命を成功に導く、最も“生きた”瞬間を描く。25kgも減量して熱演するベニチオ・デル・トロが素晴らしく、まるでゲバラに生き....
17. チェ 28歳の革命/チェ 39歳別れの手紙 ジャパンプレミア  [ メルブロ ]   January 11, 2009 23:34
チェ 28歳の革命/チェ 39歳別れの手紙 236,7本目 2008-42,3 上映時間 2時間12分 2時間13分 監督 スティーブン・ソダーバーグ 出演 ベニチオ・デル・トロ デミアン・ビチル エドガー・ラミレス カタリーナ・サンディノ・モレノ マット・デイモン 会場 TOHO...
18. チェ 28歳の革命  [ LOVE Cinemas 調布 ]   January 12, 2009 00:59
今年最初の話題作、主演でチェ・ゲバラを演じるのはベネチオ・デル・トロ。監督は『オーシャンズ13』のスティーブン・ソダーバーグです。連続公開が決定しており、この後1月31日には『チェ 39歳別れの手紙』の公開が控えています。日本人にはあまり馴染みのないキュ...
19. チェ 28歳の革命  [ 今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で ]   January 12, 2009 01:11
    = 『チェ 28歳の革命』  (2008) = 1955年。 貧しい人々を助けようと志す若き医師、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコで、フィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。 キューバの革命を画策するカスト...
20. チェ 28歳の革命  [ ネタバレ映画館 ]   January 12, 2009 09:59
自腹で観る覚悟だったのに、試写のお誘い・・・
21. チェ 28歳の革命  [ 象のロケット ]   January 12, 2009 10:50
1955年、メキシコ。 ラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいと南米大陸の旅を続けるアルゼンチン人の医師エルネスト・ゲバラは、独裁政権に苦しむ故国キューバの革命を志すフィデル・カストロと意気投合。 わずか82人で海を渡り、2万人のキューバ政府軍と戦うというカスト...
22. チェ 28歳の革命  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   January 12, 2009 10:52
JUGEMテーマ:映画 2008年1月10日 公開 ★★★★☆ 前編は★4っつです! 私もベレー帽を小粋に被りたくなりました♪ ひぃやぁ〜、デル・トロ素敵でしたぁ〜!!! っつーか、やっぱりこのチェ・ゲバラがカッコイイからだねぇ〜♪ ...
23. *チェ 28歳の革命*  [ Cartouche ]   January 12, 2009 11:30
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ 1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のエルネスト(チェ)・ゲバラは、放浪中のメキシコでフィデル・カストロと運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感を覚えた...
24. チェ 28歳の革命/The Argentine  [ いい加減社長の日記 ]   January 12, 2009 12:34
普段なら、土曜日のレイトショーなんですが。 今回は三連休ということもあって、日曜のレイトショーで、「チェ 28歳の革命 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通かなぁ。 「チェ 28歳の革命 」は、大きめのスクリーンで、3割程度。 (C) 2008 Gu...
25. チェ 28歳の革命  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   January 12, 2009 15:48
 アメリカ&フランス&スペイン  ドラマ&伝記  監督:スティーヴン・ソダーバーグ  出演:ベニチオ・デル・トロ      デミアン・ビチル      サンティアゴ・カブレラ      ロドリゴ・サントロ 【物語】  1955年、メキシコ。アルゼンチン人の青年医...
26. チェ 28歳の革命  [ 利用価値のない日々の雑学 ]   January 12, 2009 17:31
筆者の好きな映画ジャンルはなんといっても歴史モノ、人物モノであるが、かといって然程に高評価を下した作品というのは余りない。勿論、「シンドラーのリスト」も「恋におちたシェイクスピア」も人物モノではあるが、その人物がどう生きたかというストーリーではなく、背...
27. チェ 28歳の革命  [ ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ ]   January 12, 2009 22:06
4 チェ 28歳の革命’08:米・フランス・スペイン ◆原題:CHE: PART ONE/THE ARGENTINE ◆監督: スティーヴン・ソダーバーグ「オーシャンズ」シリーズ「さらば、ベルリン」◆出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス ...
28. 「チェ 28歳の革命」大国に屈しない政府樹立のために戦った革命家の前章  [ オールマイティにコメンテート ]   January 12, 2009 23:50
5 「チェ 28歳の革命」は1957年のキューバ革命の指導者フィデル・カストロの片腕として参加したチェ・ゲバラの28歳の時の革命に参加した軌跡を描いたストーリーである。東西冷戦時代のキューバにおいて軍事政権に弾圧されたキューバを救おうと革命運動に参加したチェ・....
29. 「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか?  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   January 13, 2009 14:07
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年1月5日21:41 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。   20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描...
30. チェ 28歳の革命・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   January 13, 2009 23:28
歴史の表舞台で活動した期間、僅かに10年と少々。 「チェ 28歳の革命」は、太く短く鮮烈な人生を送り、二十世紀の歴史に名を留める革命家、ギ..
31. 「チェ 28歳の革命」  CHE: PART ONE/THE ARGENTINE  [ 俺の明日はどっちだ ]   January 14, 2009 22:10
う〜ん、ゲバラが青年時代にオートバイで南米を旅した物語を映画化したロードムービー『モーターサイクル・ダイアリーズ』の延長線上にある映画だという勝手な思い込みは見事に粉砕(苦笑)。 そのどこにも感情移入せず、淡々とゲバラが辿った道、すなわちメキシコではじめ...
32. 「チェ 28歳の革命」 判断保留  [ はらやんの映画徒然草 ]   January 14, 2009 22:35
チェ・ゲバラ。 顔は知っている、街で売られているTシャツにその顔がプリントされて
33. その男、ゲバラ〜『チェ 28歳の革命』  [ 真紅のthinkingdays ]   January 15, 2009 09:24
 CHE: PART ONE  アルゼンチン出身の若き医師、エルネスト・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、 南米大陸縦断の旅の途中でキューバ人革宮.
34. チェ 28歳の革命  [ 映画君の毎日 ]   January 15, 2009 19:20
■ストーリー■1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の...
35. チェ 28歳の革命  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   January 15, 2009 21:43
評価:★★★[3/5] 革命家チェ・ゲバラのアイコンを見るたびに思い出す俳優がいる。
36. チェ 28歳の革命  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   January 16, 2009 00:04
公式サイト。原題:Che The Argentine。スティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、フランカ・ポテンテ、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ジュリア・オーモンド、ロドリゴ・サントロ。チェ・ゲバラ役のベニチオ・デル・トロを見るのは「悲し...
37. チェ 28歳の革命  [ 読書好きの読書好きによる読書嫌いの為のページ ]   January 16, 2009 13:06
 今日はmovix仙台のメンズデー(←男性はすべての映画が1000円で観られる日。仙台にはこういうのがあるんですよ。男女同権です)だったの...
38. 「チェ28歳の革命」端折り過ぎだが  [ ももたろうサブライ ]   January 16, 2009 21:30
監督 スティーヴン・ソダーバーグ チェ・ゲバラの半生を描いた2部作の前編。64年の国連演説とカストロに出会ってキューバ革命に成功するまでが交互に描かれる。感想 英語とスペイン語それぞれに字幕がつき、髭を伸ばしている人物の区別がつかなかったりで、ややわかり...
39. 映画「チェ 28歳の革命」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   January 17, 2009 18:38
原題:The Argentine 彼の1952年23歳の頃ラテン・アメリカ探検の旅が描かれた「モーターサイクル・ダイアリーズ」とても素晴らしい映画だった??そして偉大なる愛の革命家へ?? それは1955年7月のこと、メキシコでアルゼンチン人医師エルネスト・ゲバラ(ベニチオ・...
40. 【チェ 28歳の革命】  [ 日々のつぶやき ]   January 17, 2009 18:38
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、ジュリア・オーモンド 「医者だあったチェ・ゲバラは、フィデル・カストロと出会うことで、人生を共にし革命に挑んだ。 たった12人で独裁政権の国キューバを革命するという、無謀
41. チェ 28歳の革命  [ Diarydiary! ]   January 17, 2009 20:09
《チェ 28歳の革命》 2008年 アメリカ/フランス/スペイン映画 ?? 原題
42. [映画]チェ 28歳の革命  [ オレメデア ]   January 17, 2009 23:11
キューバ革命の指導者チェ・ゲバラを描いた映画「チェ 28歳の革命」を見てきまし...
43. [映画]チェ 28歳の革命  [ オレメデア ]   January 17, 2009 23:13
キューバ革命の指導者チェ・ゲバラを描いた映画「チェ 28歳の革命」を見てきまし...
44. チェ 28歳の革命☆かつて、世界を本気で変えようとした男がいた。  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   January 17, 2009 23:19
2009年、映画館での初鑑賞です♪ (実は16日)
45. [映画『チェ 28歳の革命』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   January 18, 2009 09:13
☆今日はいつもの<MOVIX昭島>から浮気して、<ワーナーマイカル日の出>に行った。  明日も仕事なのに、ついレイトショーに行ってしまった訳だが、感想を20分で書こうと思う^^;    ◇  これは、意表をついて地味で、でも味わい深い作品だった。  ゲバ...
46. チェ28歳の革命  [ いとし・こいし ??いとしいこいしいものごとのおぼえがき?? ]   January 18, 2009 14:33
チェ28歳の革命  1/10(土)@TOHOシネマズ西新井 ゲバラ柄のものはヒスでもあったよな記憶があるなーってくらいのPOPアイコンとしての認識のみ。実はカリスマ的な人気があった南米の音楽などをやってた方なのかと昔は思ってたりもしたくらい何もわかってなかっ
47. 【映画】チェ 28歳の革命  [ 新!やさぐれ日記 ]   January 18, 2009 21:26
▼動機 チェ・ゲバラを知りたかった ▼感想 つくりはややこしいがなかなか勉強になった。 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1964年、ニューヨークで開かれた国連総会にキューバ主席として出席したチェ・ゲバラ。彼がキューバで行った革命運動をアメリカ...
48. 映画「チェ 28歳の革命」  [ FREE TIME ]   January 18, 2009 23:13
映画「チェ 28歳の革命」を鑑賞しました♪
49. ★★★★ 『チェ 28歳の革命』  [ 映画の感想文日記 ]   January 18, 2009 23:19
2008年。アメリカ/フランス/スペイン。"CHE :PART ONE".   スティーヴン・ソダーバーグ監督。  ベニチオ・デル・トロ主演。
50. ★「チェ 28歳の革命」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   January 19, 2009 02:05
今週は三連休なので、もう一日ナイトショウで見ることに。 チェ・ゲバラものは、いまいちカリスマ革命家の生涯に興味が沸かないけど、 ベニチオ・デル・トロ主演という事で、一応見ておこうと。
51. 情熱と覚悟を持って国を考える人。『チェ 28歳の革命』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   January 19, 2009 13:01
伝説のカリスマ的革命家チェ・ゲバラがキューバ革命へと突き進む過程が描かれた作品。二部作の前編です。
52. チェ 28歳の革命  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   January 23, 2009 20:21
4 かつて、本気で世界を変えようとした男がいた__。20世紀最大のカリスマ「チェ・ゲバラ」の一生を描いた世紀の2部作! ジョン・レノンは「あの頃、世界で一番かっこいい男だった」と語り、哲学者ジャン・ポール・サルトルは「20世紀で最も完璧な男」と評した。 ジ...
53. 「チェ 28歳の革命」(アメリカ/フランス/スペイン 2008年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   January 23, 2009 22:54
生のチェ・ゲバラ。 勝利のチェ・ゲバラ。 本気で世界を変えようとした男。
54. チェ 28歳の革命  [ Movies 1-800 ]   January 24, 2009 01:02
Che: Part One (2008年) 監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、ロドリゴ・サン・トロ、デミアン・ビチル、カタリーナ・サンディノ・モレノ 中南米の革命運動に参加したアルゼンチン人、エルネスト・チェ・ゲバラの後半生を描く2部作の前編 1964年...
55. チェ 28歳の革命  [ 欧風 ]   January 24, 2009 07:11
土曜、イオン下田での映画観賞、1本目が「感染列島」。 2本目に観たのが、<a href="http://che.gyao.jp/" target="_blan
56. チェ 28歳の革命(映画館)  [ ひるめし。 ]   January 24, 2009 14:05
かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた―。
57. 映画「チェ 28歳の革命」(2008年、西・仏・米)  [ 富久亭日乗 ]   January 24, 2009 22:00
   ★★★★☆  キューバ革命の英雄Che Guevara の一生を描いた 伝記ドラマの前編。監督はSteven Soderbergh 。 原題は「Che: Part One」。     ◇  1955年、アルゼンチンの若き医師Che Guevara( Benicio Del Toro )は、 中南米の旅の途中、 キューバ政府への...
58. 『チェ 28歳の革命』 ('09初鑑賞5・劇場)  [ みはいる・BのB ]   January 24, 2009 22:00
☆☆?????? (5段階評価で 2) 1月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:55の回を鑑賞。
59. チェ 28歳の革命  [ 花ごよみ ]   January 24, 2009 22:13
カリスマ的な革命家、 チェ・ゲバラの生き方。 2部作の1作目。 監督はスティーヴン・ソダーバーグ。 主演はベニチオ・デル・トロ。 フィデル・カストロには、 デミアン・ビチルが演じています。 昔から思っていましたが、 ベニチオ・デル・トロが、 古谷一行によく似て...
60. チェ 28歳の革命/The Argentine  [ いい加減社長の映画日記 ]   January 25, 2009 02:26
普段なら、土曜日のレイトショーなんですが。 今回は三連休ということもあって、日曜のレイトショーで、「チェ 28歳の革命」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「チェ 28歳の革命」は、大きめのスクリーンで、3割程度。 【ストーリー】 医者として旅を...
61. 『チェ28歳の革命』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   January 25, 2009 22:25
『チェ28歳の革命』を観ました『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの人物像とその半生に迫る伝記ドラマ2部作の前編です>>『チェ28歳の革命』関連原題: CHE:PARTONE...
62. 「チェ 28歳の革命」 第2位  [ 映画コンサルタント日記 ]   January 26, 2009 07:00
上映スクリーン数: 248オープニング土日興収: 1.39億円『9大都市(47館
63. チェ 28歳の革命  [ 5125年映画の旅 ]   January 26, 2009 07:08
3 アルゼンチンの青年、エルネスト・ゲバラは、メキシコで出会った革命家カストロに共鳴し、彼の故国キューバを支配するバティスタ政権を打倒するために戦う事を決意をする。バティスタ政権との長い戦いの中で、ゲバラは親しみを込めて「チェ」と呼ばれるようになり、歴史に...
64. チェ 28歳の革命  [ とりあえず、コメントです ]   January 26, 2009 12:44
歴史に名を残す革命家チェ・ゲバラの人生を追った2部作の前編です。 スティーヴン・ソダーバーグ監督らしい緻密さで描かれた重厚なドラマでした。 物語はゲバラがキューバに革命を起こすため、仲間と共に密入国をするところから始まります。 彼は仲間のカストロたちとは違っ...
65. 「チェ 28歳の革命」 やってしまった・・・  [ ノルウェー暮らし・イン・ジャパン ]   January 27, 2009 10:41
相当に期待していた。観客も多かったし。 なのに・・・・・ よく分からなかった。 半分寝てしまったから? どんなに寝不足でも、映画館でほとんど寝ていたのは、これが人生2本目。 『カッコイイ』彼の生き様は、ちゃんと観ていたら、私にも分かったのだろうか???
66. 『チェ 28歳の革命』  [ 高橋孝之介の日記 ]   February 02, 2009 02:09
革命家チェ・ゲバラの姿を描いた四時間半もの映画の前編。 意外にも、というか、確か
67. 『チェ 28歳の革命』面白かった・・・  [ 自由の森学園図書館の本棚 ]   February 03, 2009 21:31
今日、『チェ 28歳の革命』を見てきました。 ちょっと予習が必要かなぁ、と思うほど、はなしがくるくる進むけど、とても面白かったです。 とにかく、主人公チェ・ゲバラが、かっこ良いです。 キューバのために、というよりは全世界の抑圧されている人々のために闘う...
68. 『チェ 28歳の革命』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   February 13, 2009 22:31
公開から1カ月近く経ってからやっと観てきました、『チェ 28歳の革命』。 新宿バルト9に日曜に観にいったんだけれど、朝8:50からの回なのに客入りは普通に入ってて、日曜の動員をなめてましたw。 ******************** 『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバー...
69. チェ★28歳の革命レビューその1  [ 銅版画制作の日々 ]   February 19, 2009 23:20
 原題:CHE PARTIE 1 またもや、鑑賞中爆睡となってしまった「チェ★28歳の革命」・・・・・・(-_-;)何とほとんど寝てしまいました(汗) 結局リベンジしてまた鑑賞することになりました。非常に重たい作品でした。だから、もうこの映画に関しては歴史のお勉強だと思...
「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」…、どちらの映画も、私は予告を見て、既に見に行く気満々になっていますが、このキューバ革命...
71. チェ 28歳の革命  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   June 11, 2010 23:08
 『かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた─。』  コチラの「チェ 28歳の革命」は、20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)の一生を描いた2部作の前編となるバイオグラフィー映画です。本作は、邦題に28歳と入っておりますが、27歳ぐらいか....

この記事へのコメント

1. Posted by rose_chocolat   January 11, 2009 19:06
こんばんは。
大変ご丁寧なコメントありがとうございます。とても嬉しく、また恐縮もしております^^

ゲバラの人となりについて知れば知るほどに、こんな人がいるのか? っていう驚きも多いですよね。
そもそも自国民ではないのに革命を組織するというところ。
その志が、多くの人々から支持される理由なのではないかと感じます。
ソダーバーグ監督の、ゲバラへのリスペクトも十分伝わって来ますしね。
早く続編が観たいです^^
2. Posted by ミチ   January 11, 2009 19:25
早々に大河リタイアされたとのことでちょっと寂しく思っています(泣)

私も「ありふれた奇跡」第一回を見ました。
山田太一ドラマの特徴が懐かしくもあり、また最近とんと見かけないあの独特のセリフの間に戸惑ったりもしました。
ちょっと苦手な俳優さんも出ているのでコンプリできるかどうか心配なところもあります。

「チェ」はまっさらな状態でご覧になっても充分魅力が伝わってきたとのこと。
やっぱりカリスマとなった人間は違いますね〜。
私が抱えている彼への疑問が第2部で解き明かされる事を願ってるんですが、どうなることでしょうか。
3. Posted by たいむ   January 11, 2009 20:30
悠雅さん、こんにちは。
私もどうせ知らないんだから〜と、劇場備え付けのチラシとか予告編程度の知識を入れたっきりでした。
淡々と見られたのは良かったけれど、もっとチェが掘り下げられると思っていただけに、肩透かしであり、学習の必要性を思った感じです。

一応「モーターサイクル・ダイアリーズ」のDVDを借りてきたし、次回は少し違った感想になるかもしれません(笑)
4. Posted by はくじ   January 11, 2009 20:48
こんばんは。
TBありがとうございます。
こちらからはlivedoorブログへのTB設定が
できないようですのでコメントにて失礼します。

今作は2部へのプロローグ的な感じがします。
はやく2部を観たいものです。
5. Posted by にゃむばなな   January 11, 2009 22:17
トラコメありがとうございました。

チェ・ゲバラという人物がいかに素晴らしい人物であったか、この映画を見ると凄く伝わってきますよね。

このような人が今必要と思われている現代という時代がさらに淋しく感じましたよ。
6. Posted by ◆rose_chocolatさま   January 12, 2009 08:15
丁寧だなんて、とんでもない。
書かれている感想が、掛け値なくまさにその通りだと思ったんです。

もちろん、これで彼の全部がわかったわけじゃないでしょうが、
ここぞという時に彼が見せる対応が、この人の真価の表れだと思い、
長年にわたって神格化された部分もあるもしれないけれど、
象徴的に扱われる理由がわかる気がしました。
彼がこの国の人でないからか生来のものなのか、ゲリラ戦を戦いながら
冷静さを失わないのが凄いと思います。
だから余計に、39歳も楽しみになりますね。

お忙しい時期になるようですけれど、
また続編でお喋りができますように。
7. Posted by ◆ミチさま   January 12, 2009 08:21
もともと、最大に苦手な時代のお話で、興味がわいてこないこともあり、
せっかくの説明を頑張って聞いていたのに、
気がついたら、わけがわかんなくなってました…
来年は、もうちょっとわかるかと思ってるんですけど。

『ありふれた奇跡』は、逆にわたしの得意分野(笑)
期待通りの加瀬くんの演技も、懐かしいほどの脚本も
これだけは何があっても見逃すことはないと思います。
苦手な俳優…あはは。きっと違う人だろうけど、
わたしもそれを我慢して観てるのです。。。

そして、チェ、ですね。
確かに、何故、彼が他国の闘争に参加したのかというところや
詳細な内面は見えてこないのだけれど、
彼の何が多くの人を惹きつけてやまないのか、その部分に特化して
細かい部分まで描かれていたと思います。
39歳では、また違う面が見れそうですね。
8. Posted by ◆たいむさま   January 12, 2009 08:25
あれもこれも知らないことだらけだったんですが、
キューバ革命、革命家たちのカリスマ、というだけで
詳しく知ろうともしなかったので、
いい機会かと、何も知らない状態で観ることにしました。

限られた時間の中で何を描こうとするのか、
監督の思いと、観客の期待が一致しないこともありますものね。
わたしは何も知らず、何も期待しないで
描かれたものをそのまま受け取っただけだったのが幸いしたのでしょう。
彼が何故、そこまで信望されるのか、その彼がこの後どうしたのか、
わたしの興味は、映画のテーマと合っていたのかもしれません。
9. Posted by ◆はくじさま   January 12, 2009 08:27
いつもご迷惑をおかけしてすみません。
その代わりにと、いつもコメントを残してくださって
申し訳ありません。

本来、作りたかった部分を説明するための第1部らしいので
やはり、39歳を観なければ!と思いますね。
次も観たいと思わせる作り方も巧いと思いました。
10. Posted by ◆にゃむばななさま   January 12, 2009 08:38
こちらこそ、いつもありがとうございます。

「祖国か、死か」、
それが彼の究極のテーマで、その行動が少しもブレないのが、
今も尚語り継がれ、愛され続けている理由なのでしょう。

39歳の彼も、しっかりと観ておこうと思います。
11. Posted by ノラネコ   January 13, 2009 23:38
ある意味超ストイックな人物ですね。
それ故に伝説にもなるけど、同時に若くして命をおとしたんでしょうけど。
太く、短く、しかし世界を変える、という生き方はやはりどこか憧れる物があります。
>また、後半に登場した若い女性、
この人は続編ではもっと重要なキャラクターになってゆくはずですよ。
12. Posted by ◆ノラネコさま   January 14, 2009 01:09
そうですね。
まさに、仰る通り。自分にも他人にも厳しいけれど、
その厳しさと、それ以上の優しさが、秩序正しく同居していて、
行動力も判断力も肝の据わり方も桁はずれ、まさに「祖国か、死か」…となると
伝説の活動家として、後の世に名を残すのは必至というべきでしょうか。

若い女性。そうなのですね。
ちょっとオフィシャルサイトなどを覗いてみたら、
なるほど、でした。
彼女に向かって言った言葉に、「じゃあ、それはないのか」と思ったんですが
その後、いろいろあるんですね。
それも見どころの1つなのでしょうか。
後編(というか、ここからが本題?)が待ち遠しいです。

13. Posted by 真紅   January 15, 2009 09:30
悠雅さま、こんにちは〜。TBさせていただきました。
ゲバラについて、私もほとんど知らないのですが(アレイダの回想録も読みかけで挫折)、ガエルくんの『モーターサイクル・ダイアリーズ』大好きなんですよ。
もし未見でいらしたら、第二部公開までに是非ご覧になって下さいませ!
そうそう、読みかけで挫折といえば、私昨年『贖罪』も挫折したんです・・・。
でもいつか、再挑戦したいとは思うのですが。
ロドリゴ・サントロはうれしいサプライズでしたね♪
第二部のあの俳優さんって、誰だろう・・・。
ではでは、また来ますね〜。
14. Posted by ◆真紅さま   January 15, 2009 18:23
こんばんは。TBとコメントありがとうございます。

Tシャツにプリントされた顔と名前以外、
何をした人だったかさえ、あやふやな記憶しかなかったゲバラ。
最初は、観てわかるだろうかと迷ったけれど、観てよかったです。
なるほど、この人なら今も多くの人の心を掴むだろうと思いますもの。
どちらでも1セットのように、『モーターサイクル〜』の名が挙がっているのに、
ガエルくんが苦手で今までスルーしていたわたしは今頃、
少々の後悔。でも、来月BSで放送があるので、この機会に観ようと思います、

まぁ!真紅さん、『贖罪』、挫折ですか。
あれほど読書されてる真紅さんなのに、余程合わなかったのでしょうね…

第2部の「あの人」、カメオ出演みたいですけど、
上映終了後の予告ではしっかり顔が映ってました。
誰でも知ってる人ですから、第2部ですぐわかるでしょう。
そうそう。ノーチェックで観たので、ロドリゴにビックリ!
金ぴか巨大クセルクセスと違って、自然な表情が見れて嬉しかったです♪
15. Posted by ひらで〜   January 17, 2009 23:28
こんばんは♪
今年一番最初に劇場で観た作品となりました。

私もどんな人なのか知らずに観ましたが、
先入観がなかったのが好かったのでしょうか、
自然にそういう人なんだ、と“感じて”観ることができました。

デル・トロさんの雰囲気もまた素敵でした。
他の作品でしたら、『21グラム』がお薦めです。
明るいお話ではないのですが、
悠雅さんならば、わかってもらえそうなので♪

ロドリゴ・サントロはもう少し観たかった!!
16. Posted by ◆ひらで〜さま   January 18, 2009 08:32
こんにちは。
今年も、年始早々観たい映画がたくさんで、
自分の時間と映画の折り合いをつけるのが難しいですね。

時には、知らないことがいい効果を生むことがあるものですねぇ。
自分なりのイメージや先入観がまったくなかったことで
そのまま、筋書きを追っているうちに、
この作品が描こうとしたことを感じ取れたのだと思います。
お互い、あんまり予習もしないで観て、正解だったかも。

これまで、ただデル・トロの濃さに食わず嫌いだったのですけど、
『21グラム』も観ようかと手に取りながら、そんな理由で断念して(恥)…
また、今後もきっと機会があるだろうから、
覚えておくことにしますね。

そうそう!ロドリゴ・サントロ!!
帰宅して、オフィシャルサイトで何を確認したかというと、
『39歳』に彼が出演しているかどうか(笑)
やっぱり、もうちょっと観てたかったですもんね。
いろんな意味で続編(というか、こちらが本編らしい)が楽しみです。
17. Posted by sannkeneko   January 23, 2009 23:16
こんばんは。
そして遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。

キューバと言えばカストロとサルサしか連想出来ず、
キューバ革命にも無知なものでただただ必死に追いかけて見ていました^^;
一応チェ・ゲバラの存在は知っていましたが、
どうして彼が語り継がれるのか、
人となりがあちこちから見えてくる映画でした。


18. Posted by ◆sannkenekoさま   January 23, 2009 23:34
こんばんは。
こちらこそ、ご挨拶もせず失礼してしまいましたが、
今年もどうぞよろしくお願いします。
(今年は大河も、火曜10時もリタイヤです…)

知っているようで、実は何にも知らないも同然だったキューバと
チェ・ゲバラという人物。
なので、筋書きをそのまま追うしかなかったのですが、
わたしも、この人が今も尚、支持され崇拝されているのかが
わかる気がしました。
39歳も、是非観たいと思わせられますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔