March 01, 2009

オーストラリア

虹の彼方に・・・Australia






■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: ニコール・キッドマン
    ヒュー・ジャックマン
    デヴィッド・ウェナム
    ブライアン・ブラウン
    ジャック・トンプソン
    デヴィッド・ガルピリル
    ブランドン・ウォルターズ
監督: バズ・ラーマン
2008年 オーストラリア 165分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■
のちに、この映画を思い出すとき、
真っ先に思い浮かぶのは、
彫刻のようなキング・ジョージの姿と、可愛いナラ、
『オズの魔法使』とその主題歌のメロディかもしれない。



物語は。



第二次世界大戦直前。
英国貴族のサラ・アシュレイは、オーストラリアの領地に居る夫が
長らく帰国しないため、ロンドンの邸宅から旅に出た。
出迎えたのは、「信頼できる男」ドローヴァー。
大量の荷物を運ぶトラックには、何故か彼の身内も乗っている。
やっとの思いで到着した家では、夫が何者かに殺害され、
サラは残された土地と牛を前に途方に暮れる。

到着したサラを迎えたのは、変わり果てた夫だけではなかった。
先住民アボリジニと、白人との間に生まれた、
ナラという少年が、親しげにサラに近づいてきた。
彼らは、「ハーフ」「ミルキー」と呼ばれ、
その存在を知られると「保護」の名の下に隔離され、
孤島の教会に預けられて、白人の教育を受けなければならなかった。

領地を守るためにサラが選んだのは、
牛を連れ、何日もかかる行程を経て、1500頭の牛を売ること。
そのために、初対面からお互いに良い印象ではなかった、
ドローヴァーを雇い、急編成のメンバーで、
遠い道程を行くことだった。

やがて、時代は第二次世界大戦へと突入して・・・



英国貴族の女性が、単身、オーストラリアへ来たところから、
逞しい女性となってゆく一方で、
第二次世界大戦に巻き込まれてゆく物語。
1つの作品の中に、異質な男女のラブロマンスがあり、
雄大で美しい自然があり、人種問題があり、戦争がある。
英国貴族と、ワイルドな豪州男のラブロマンスを軸に、
「ミルキー」と呼ばれる少年と、その祖父の呪術師キング・ジョージ、
さらには、サラやナラを陥れようとする男が登場して、
物語は盛りだくさんで進んでゆく。

映画を通して知ることは数多いけれども、
この作品の中の「ナラ」という少年のような子供たちに対して、
特別な措置が施されていたことや、
途方もない荒野を渡って取引される膨大な牛たち、
神秘的で霊的なものの存在・・・
いくつもの「オーストラリア」の顔を観る機会になるだろう。
(あんな過酷な旅の後、問答無用に売られて、
  食肉加工されるのかと思うと、牛が気の毒になったり・・・)

さらに、登場するのは、気位が高い女性、ニコール・キッドマンと
都会的なイメージが強い、ヒュー・ジャックマン。
当初は、白磁のように硬質で、
日光が似合わなそうに見える貴族であったサラと、
荒くれた、はぐれ者の牛追い男ドローヴァー、
接点がないはずの2人のラブロマンスは
ただ、もうそれだけで十二分に堪能できる美しさと雰囲気だ。
特に、荒野で馬を駆る、髭面のカウボーイが、
ある夜、髭を剃り落として正装で現れるシーンなど、
まるで、アカデミー賞のステージの階段を
歌いながら降りてくる、ミュージカル・スターのようだ。(本人だが)
思わず、「か〜っこい〜〜!」とうっとり、ヘナヘナの声が出てしまう。
放っておいたら、シルクハットを取り出して、
歌って踊るんじゃないか、と思ったりなどするのだが、
そこは、もちろん、筋書き優先です。

侮蔑的に「ミルキー」と呼ばれる少年、ナラ。
一瞬、女の子にも見えるくらいの可愛さと
ピュアな目の輝きがとても印象的。
印象的といえば、この人以上にインパクトを持つ人は、
たとえ主役といえども、勝てやしないと思うのは、
ナラの祖父の呪術師キング・ジョージ。
決して見事な体躯というのではないが、
登場するだけで、その存在感たるや、
全てのものを超越する説得力がある。

ほとんどの予備知識を持たずに観たため、
全体が、前半部分の物語だけを描くものだと思っていて、
割合、早めに決着がついたために、
途中、じゃあ、この後何が始まるの?と思ったら…
ああ、そうだったのですか、という展開。
日本人としては、多少、思いはあるけれども、
それはまた、別のお話。


1つの時代、1つの国の一角にあって、
異質な者同士が、同じ時間を共有していた。
過酷な歴史や受難、それぞれの立場や思いはあるだろうけれど、
時代や状況がどうあれ、少しも揺るがないものもある一方で
人との出会いで変わってゆくものがあった。
充分にロマンティックであり、スピリチュアルでもあり、
人間の素敵さでもあり、残酷さでもある。
そんな、オーストラリアの物語だった。


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オーストラリア人監督とオーストラリア俳優による、
オーストラリアを描いた作品。
本当に、見事にオージー一色である。
監督は、先日のアカデミー賞授賞式で、
中盤のミュージカルの演出を担当したバズ・ラーマン。
『グレート・ギャツビー』の再映画化が噂される。
この監督が作る、ギャツビー・・・
噂が本当なら、主演の人選も含めて、とても楽しみだ。

この作品は、企画の段階で、
主演にヒース・レジャーの名前が挙がったこともあったが、
ニコール・キッドマンの相手役なら、
やはり、ヒュー・ジャックマンがよかっただろう。
けれど、もしこれがヒースだったら、
どんなドローヴァーだったのだろう、とも思う。
高速で駆ける馬の背で、
上体がピクリとも動かないヒュー(あるいはスタントマン?)を見て
ヒースもあんな感じで馬に乗ってたもんね・・・と思い出す。

何となく、いい人のイメージが強かった、
デヴィッド・ウェナム(ウェンハム)は、今回、
とってもわかりやすい悪役で登場。
わたし、この人の声、というか喋り方が好き。

さらに、この人もオーストラリアの人だったんだ、と思ったのは
何も知らずに悪人の妻となる、気立てのいい女性、
真珠の耳飾りの少女』で、フェルメールの妻を演じた、
エシー・デイヴィス。
知らず知らず観ている人の中に、
オーストラリア出身の俳優は、きっとたくさんいらっしゃるのだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幸いにも、THX館で観れたのだが、
疾走する牛や馬の大群の
ずずずずず・・・・どどどどど・・・・・っていう、地響きの迫力ったら!
物凄いものがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆

tinkerbell_tomo at 16:46│Comments(18)TrackBack(58) 洋画【あ】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. オーストラリア  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   March 01, 2009 17:04
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャー・...
2. [映画『オーストラリア』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   March 01, 2009 19:10
☆3時間近い上映時間なので、もし内容が文芸大作っぽかったら、かったるいなあなどと思っていたのだが、ライトでご都合主義的な、粗も多いが、とても楽しめる娯楽大作なのでホッと安心した。  だからと言って、『紀元前一万年』ほどの凄まじい逸脱はないよ^^;  オー...
3. 映画:オーストラリア  [ よしなしごと ]   March 01, 2009 19:15
 予告編を観たときはそれほど興味をそそられなかったのですが、このブログで何度も紹介しているテレビ番組やぐちひとりの特集を観て、ちょっとおもしろそう・・・。と迷っていたんです。そんな話を会社の後輩としていたら、彼の奥様が試写会に当選しすぎたらしく、2...
4. オーストラリア  [ そーれりぽーと ]   March 01, 2009 19:30
もう映画は撮らないと言ってたはずのバズ・ラーマンが、『ムーラン・ルージュ』以来久々にメガホンを取った『オーストラリア』を観てきました。 ★★ 大好きなんですよ、赤いカーテン三部作は。 でもこれは…。 『アレキサンダー』がポシャッた代わりに、オーストラリア人...
5. 劇場鑑賞「オーストラリア」  [ 日々“是”精進! ]   March 01, 2009 19:32
「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が...
6. 『オーストラリア』  [ ラムの大通り ]   March 01, 2009 19:49
(原題:Australia) ----これ観るの、いつもに比べてちょっと遅いよ。 もう公開まで2週間しかないじゃニャい。 「いやあ、3時間近い映画は どうしても腰が引けてしまうんだよね」 ----でも監督がバズ・ラーマンだし、 その凝った映像を観ているだけで楽しんじゃニャいの。 ...
7. オーストラリア  [ 勝手に映画評 ]   March 01, 2009 19:50
第二次世界大戦直前のオーストラリアが舞台。オーストラリアの所有牧場に来たイギリス貴族婦人が、数々の困難に直面しながらも牧場の運営をする事になると言う話。まぁ、そう言う説明だとイマイチ的な雰囲気も感じますが、オーストラリアの雄大な自然と人間の戦いを描いた、...
8. 「オーストラリア」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   March 01, 2009 20:02
試写会で 観てきました。「オーストラリア」公式サイトポスターでラブラブの二人を見つつ「だ、大丈夫かなあ私・・」とそもそも不安たっぷり・・ ラブストーリーあんまり得意じゃなくてや、やっぱりこの二人の恋愛には全然興味持てませんでしたすみませんだけど前半、ア...
9. 映画「オーストラリア」(2008年、米)  [ 富久亭日乗 ]   March 01, 2009 20:06
     ★★★☆☆  監督のBaz Luhrmann 、 主演のNicole Kidman、Hugh Jackman と Australia出身の3人が手掛けた 愛と冒険のロマン。         第2次世界大戦直前の1939年、 英国貴族の夫人Sarah Ashley (Nicole Kidman)が 夫の住む北オーストラリアを訪れるが...
10. 「オーストラリア」  [ 或る日の出来事 ]   March 01, 2009 20:10
監督バズ・ラーマン、主演ニコール・キッドマンという、私が大好きな「ムーラン・ルージュ」コンビの映画なので楽しみにしていたが、いまひの..
11. 【オーストラリア】★ニコール・キッドマン★ヒュー・ジャックマン  [ 猫とHidamariで ]   March 01, 2009 20:32
本当の自分に出会える場所。  それはここではない、     遠いどこかかもしれない・・・前に進むための涙もある。オーストラリアHPオーストラリア シネマトゥデイ英題:AUSTRALIA製作年:2008年製作国:アメリカ/オーストラリア日本公開:2009年2月28日上映時間...
12. 『オーストラリア』(2008)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   March 01, 2009 20:52
4年ぶりくらいに試写会に応募したところ、珍しくも当たってしまいました。 350組700名ご招待!ということなんですが、確率はどのくらいだったんでしょうかね。とりあえずODNさん、有難う。 で、美女をお誘いしたんですが見事にフラれてしまいましたので(涙)、...
13. オーストラリア(試写会)AUSTRALIA  [ まてぃの徒然映画+雑記 ]   March 01, 2009 21:11
「ベンジャミン・バトン」に引き続き、2時間45分という長大作。こう長いのが続くと、やっぱりきっちり90分台で終わらせてくる香港映画は素晴らしいね。オーストラリアのダーウィンと北部地域を舞台にして、アボリジニの問題や太平洋戦争を織り交ぜながらストーリーは進ん...
14. 『オーストラリア』  [ めでぃあみっくす ]   March 01, 2009 21:50
ハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。 ラブロマ....
15. オーストラリア  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   March 01, 2009 21:50
公式サイト。バズ・ラーマン監督、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン。舞台のダーウィンには20年近く前行ったことがある。はっきり言って小さな田舎の港町。乾季で日差しはきついが日陰は涼....
16. オーストラリア  [ ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ ]   March 01, 2009 22:08
3 オーストラリア’08:オーストラリア ◆原題:AUSTRALIA◆監督・製作・脚本: バズ・ラーマン「ムーラン・ルージュ」「ロミオ&ジュリエット」◆出演: ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トン....
17. オーストラリア  [ SUPER BLOG.JP ]   March 01, 2009 22:44
今日は「映画の日」ということで「1000円」で観れちゃうわけ。で、とくに何を観た...
18. 『オーストラリア』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   March 01, 2009 23:29
『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャンル...
19. オーストラリア/Australia  [ いい加減社長の映画日記 ]   March 01, 2009 23:31
映画サービスデーとはしご観キャンペーンということで、2本観ようと思ったんだけど。 「UCとしまえん」で新規公開されるのは、「オーストラリア」だけ^^; スケールの大きさは感じるけど、分野的には、ちょっと苦手な感じで、不安を抱えながらも鑑賞。 「UCとしまえん」...
20. 映画「オーストラリア」  [ Andre's Review ]   March 01, 2009 23:41
Australia アメリカ オーストラリア 2008 2009年2月公開 試写会鑑賞 先日、試写会に当選して観てきました。実はバズ・ラーマンは結構ファンです。 時は第2次大戦前夜。イギリス貴族夫人のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は1年間帰ってきていない夫を訪...
21. オーストラリア  [ メルブロ ]   March 01, 2009 23:51
オーストラリア 242本目 2009-3 上映時間 2時間45分 監督 バズ・ラーマン 出演 ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン ブランドン・ウォルターズ デヴィッド・ウェンハム ジャック・トンプソン デヴィッド・ガルピリル 会場 よみうりホール(試写会 166...
22. オーストラリア  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   March 01, 2009 23:53
オーストラリア出身の監督・俳優・主要スタッフが、国の威信をかけて作った大河ロマンだ。第二次大戦前夜のオーストラリアにやってきた英国貴族サラと野性的なカウボーイ・ドローヴァーの恋を軸に、悪徳牧場主との対決、1500頭の牛を連れての大陸横断、夫殺しの謎、日本....
23. オーストラリア /AUSTRALIA  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   March 02, 2009 00:37
『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、 オーストラリアずくしの本作{/ee_3/} でもこれ、アメリカ映画。 ちなみに、オースト...
24. 『オーストラリア』(2008年)を観たよ。  [ 【待宵夜話】++徒然夢想++ ]   March 02, 2009 01:24
『風と共に去りぬ』を思い出しながら、『タイタニック』以来の興奮を味わって、『オズの魔法使い』をもう一度観よう、という気分に浸る。 ??.
25. オーストラリア  [ LOVE Cinemas 調布 ]   March 02, 2009 01:39
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリア...
26. 【感想】オーストリア  [ 映画を楽しむ ]   March 02, 2009 01:59
オーストラリア ★★☆☆☆広大で過酷なオーストラリアの大地。この国が持つ、歴史的背景の光と影。温室育ちの貴婦人が自我に目覚め、無骨なカウボーイの身分を越え恋に落ちる。さらに、アボリジニハーフの少年を加えた疑似家族。あれもこれも入れようとして完全に軸がブ...
27. 『オーストラリア』 (Australia)  [ Mooovingな日々 ]   March 02, 2009 02:03
オーストラリアを見ました。バズラーマン監督、ニコールキッドマン、ヒュージャックマンほか。 故郷のオーストラリアでサラがロンドンから移住しあらたな経験から人生で本当の価値ある大切なものに気づく。乾ききった砂漠のような土地が雨期にはエデンの園のように潤う様...
28. ☆「オーストラリア」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   March 02, 2009 03:36
今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。
29. オーストラリア  [ ともやの映画大好きっ! ]   March 02, 2009 08:43
(原題:AUSTRALIA) 【2008年・オーストラリア】試写で鑑賞(★★★☆☆) 「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が、故郷であるオーストラリアの歴史を壮大なスケールで映画化。 ひとりの英国貴族の女性がさまざまな人々と出会いながら、人...
30. 「オーストラリア」 物語る本能  [ はらやんの映画徒然草 ]   March 02, 2009 09:18
「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。
31. オーストラリア  [ Akira's VOICE ]   March 02, 2009 10:18
依り所が弱くて,心に響かない・・・。  
32. オーストラリア  [ 象のロケット ]   March 02, 2009 14:09
第二次世界大戦勃発前、オーストラリアの牧場から1年も帰って来ない夫を訪ね、ロンドンからはるばるやって来た英国人貴族のサラ。 しかし夫は殺され、屋敷は荒れ果てていた。 サラは財産を守るため、カウボーイのドローヴァー、アボリジニの混血の少年ナラたちと共に、1500...
33. 「オーストラリア」みた。  [ たいむのひとりごと ]   March 02, 2009 20:43
コピーどおりの壮大でワイルドなスペクタクル作品。燃え上がるロマンスに友情や家族愛、先住民(アボリジニ)によるスピリチュアルな雰囲気までをも漂わせた、何から何までがギュギュギューっと詰め込まれたドラマチ
34. 映画 【オーストラリア】  [ ミチの雑記帳 ]   March 02, 2009 23:29
映画館にて「オーストラリア」 『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、再び二コール・キッドマンと組んだ壮大な物語。 おはなし:第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。英国貴族サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土地...
35. 【オーストラリア】  [ 日々のつぶやき ]   March 03, 2009 15:22
監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、イギリスから貴族のサラ・アシュレイがやってきた。夫を探しにはるばる来たが、夫が信頼しているという案内人の現地のドローヴァーの無骨さに驚く
36. 『オーストラリア』 (2008)/オーストラリア  [ NiceOne!! ]   March 03, 2009 21:31
原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェナム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオース...
37. オーストラリア  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   March 03, 2009 21:41
4 第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶酔して...
38. 「オーストラリア」美男美女共演!でも…。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   March 03, 2009 22:06
[オーストラリア] ブログ村キーワード  ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン共演。バズ・ラーマン監督作品。『オーストラリア人のオーストラリア人によるオーストラリア人のための映画??』「オーストラリア」(20世紀FOX)。美男美女の共演、そして名監督の演出な...
39. 「オーストラリア(AUSTRALIA)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   March 03, 2009 22:48
オーストラリア人(監督)のオーストラリア人(キャスト)による、オーストラリアを舞台にした、オーストラリアという名前の映画
40. オーストラリア  [ まぁず、なにやってんだか ]   March 03, 2009 23:44
昨日、ウェルシティ東京で「オーストラリア」の試写会を観てきました。 2時間45分の大作です。まさかこんなに長いとは思っていなかったので、会場で上映時間を言われてどよめきました??。 名作『風と共に去りぬ』を意識してる?って感じの強い女性を描いています。 ...
41. 映画「オーストラリア」  [ FREE TIME ]   March 04, 2009 00:22
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。
42. オーストラリア  [ 心のままに映画の風景 ]   March 04, 2009 16:49
イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、 オーストラリアの領地に旅立ったまま1年も帰ってこない夫に会う??.
43. 『オーストラリア』 試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   March 06, 2009 00:05
第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大な
44. オーストラリア  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   March 07, 2009 11:21
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な土地...
45. 「オーストラリア」  [ クマの巣 ]   March 08, 2009 18:31
「オーストラリア」、観ました。 第二次世界大戦下のオーストラリアで、イギリスの貴族の女性が夫の残した1500頭の牛を売りさばくために奮..
46. 「オーストラリア」試写会 大自然の迫力!  [ ノルウェー暮らし・イン・ジャパン ]   March 08, 2009 18:54
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫力...
47. オーストラリア  [ Movies 1-800 ]   March 10, 2009 23:05
Australia (2008年) 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブランドン・ウォルターズ 第二次世界大戦前、オーストラリアにやって来たイギリス人女性が現地のカウボーイや先住民の少年らとの交流を通して、人生...
48. 『オーストラリア』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   March 12, 2009 01:16
ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演のドラマ『オーストラリア』を観ましたー。 バズ・ラーマン監督作品ってことで期待は大きかったんですけど、スケールの大きさは感じつつもどうも自分には合わない作品かなーという気もしてみたり。。。 *****************...
49. オーストラリア☆世界の違う──男と女   [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   March 12, 2009 08:52
     彼らの絆が世界を変える      彼らの愛が運命を変える
50. オーストラリア  [ 青いblog ]   March 14, 2009 21:51
あらすじ。 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女
51. オーストラリア  [ Yuhiの読書日記+α ]   March 15, 2009 01:14
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛と冒険のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオースト...
52. 「オーストラリア」  [ You got a movie ]   March 15, 2009 08:37
監督   バズ・ラーマン キャスト ニコール・キッドマン      ヒュー・ジャックマン      デビット・ウエンハム      ブライアン・ブラウンほか  往年のハリウッド大作を思わせる広大なスケールと愛のストーリー。ニコール-キッドマンの扮する英国貴族...
53. 映画「オーストラリア」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   March 15, 2009 19:03
原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ イギリス貴族ながら財政的窮地に陥ったアシュレイ家、危機打開のために夫はオース...
54. オーストラリア◇AUSTRALIA  [ 銅版画制作の日々 ]   March 20, 2009 12:18
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオーストラ...
55. オーストラリア  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   June 08, 2009 11:39
2008 オーストラリア 洋画 ラブロマンス アドベンチャー 作品のイメージ:笑える、カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ、スゴイ 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン 観る前は166分の長尺とい...
56. オーストラリア  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   August 13, 2009 16:26
遥かなる異国の地オーストラリアが、一人のイギリス貴族の女性の運命を変える 【関連記事】 ►オーストラリア(ラブシーン)1 壁紙 ►...
57. 「オーストラリア」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   August 21, 2009 18:32
これぞオーストラリアという風景は見応えありました
58. mini review 09409「オーストラリア」★★★★★★☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   October 20, 2009 14:05
映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』のヒ...

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   March 01, 2009 17:06
ヒースがもし、ドローヴァーなら、
やっぱり相手役はアビー・コーニッシュでしょうか。
でも、年齢的にはこの2人でぴったりだったかもしれませんね。
けど、ヒースにも、バズ・ラーマン監督の作品に出て欲しかったなぁ。
2. Posted by cinema_61   March 01, 2009 20:24
こんばんは悠雅様。
オーストラリアという国に対する認識が増した映画でしたが、私は2人の美しい主役と広大な領土を大画面で観れたこと、それに「オーバーザレインボウ」の懐かしい曲に満足できました。(ただ、あまりにも詰め込みすぎて焦点がボケていたような)
ヒューはアカデミーの司会者のときもかっこよかったけど、あのワイルド系もいいです。
彼は背の高いニコールキッドマンとはお似合いでしたね。(白いタキシード姿でのダンスも〜)
3. Posted by HIROMI   March 01, 2009 20:48
こんばんわ。
TBお返しできないので、コメントで失礼します。
オーストラリアの大地がワイルドで迫力ありましたね。そこでのロマンスも素敵でしたが、一番心に残ったのは、瞳のきれいなナラでした。
あの子役、これからオーストラリア映画の星に成長すればいいなあ。
4. Posted by ◆miyuさま   March 01, 2009 21:20
ヒースがドローヴァーなら、サラはアビー・コーニッシュ、だったかも。
彼女なら、気品ある英国女性も似合いそうだけれど、
そう、やっぱり年齢的にも、この2人のほうがよかったと思いましたね。

ホント、ヒースにはまだまだどんな監督作品にも出てほしかったけど、
バズ・ラーマン監督作品もその1人ですよね。
案外、ギャツビーなんか、ヒースなら似合ったかも…
って、いくら言っても仕方ないのですけどね。
5. Posted by ◆cinema_61さま   March 01, 2009 21:26
こんばんは。
オーストラリアのいろんな面を盛り込んで作られた作品でしたよね。
監督も主要キャストも、律儀なまでにオージー揃いで、
監督の並々ならぬ思い入れも感じました。
思えば、ストーリーは至極単純で、わかりやすい内容なのですが、
あれもこれもとたくさん描かれたので、主題が見えにくくなってるのかも。

ヒュー・ジャックマン、今観ると、どうしても司会の姿とダブりますね。
あの階段を、歌いながら下りてきてほしかったですもん(笑)
ニコール・キッドマンは確か180cmくらい、ヒューは190cmくらいですよね。
2人とも縦長で、ヒューの腰の位置が高くて、
何を着せても着映えする2人、とっても綺麗で見惚れてしまいました。
6. Posted by ◆HIROMIさま   March 01, 2009 21:30
こんばんは。
いつもTBではご迷惑をおかけしてすみません。
ご丁寧にコメントもありがとうございます。

いつ、水に出会えるかわからないような砂漠を、
1500頭の牛を連れて何日も行く、だなんて、
何てスケールがでかいんだ、と思うのですけど、
それが、オーストラリアの広さの証のようでした。

本当、主演の2人も、ラブロマンスも素敵なのだけれど、
素直で真っ直ぐなナラの瞳がとても印象的です。
成長が楽しみな子役たちはたくさんいますが、
彼は今後、どんな道を行くのでしょうね。
7. Posted by にゃむばなな   March 01, 2009 21:49
ニコール・キッドマンの相手役がラッセル・クロウやメル・ギブソンでなくてよかったですよ。
本当にヒュー・ジャックマンは今が旬な俳優さんですよね。

ここまで何事にも男前だと同じ男としても、もう何も言えなくなってしまいますよ。
ホンマに格好いい!
8. Posted by ◆にゃむばななさま   March 02, 2009 00:23
ヒースと前後して、一時期ラッセル・クロウの名前も挙がってましたもんね。
ワイルドさを強調しても、スマートに振舞っても、
いずれにせよ、洗練された出で立ちは、
ヒュー・ジャックマンのかっこよさには、誰も及ばない気がします。
時期が近いために、アカデミー賞の司会やショウで見せた素敵さも相俟って、
ますます彼の人気が高まるのではないかしら。

ヒット作のシリーズもいいけれど(未見ですが)
この人ならでは、のミュージカル作品を、
是非、近いうちに作ってもらいたいと願っています。
9. Posted by ANDRE   March 02, 2009 00:26
こんばんは!

ちょっと前まで、
オーストラリア俳優といえば
メル・ギブソンだったように思うんですが、
本当に良い俳優さんがいっぱい出てきてますね〜。

個人的にはケイト・ブランシェットも
どこかで顔を出して欲しかったなぁなんて思います。


ドローヴァー御乱心みたいになりそうですが、
ヒュー・ジャックマンには
歌って踊ってというのをどうしても
期待してしまいますよねぇ。

ニコール・キッドマンには歌のシーンがあっただけに
なおさら残念でした。
10. Posted by ◆ANDREさま   March 02, 2009 08:46
こんにちは。
国ごとの英語を聞き分けられない、わたしのような日本人にとって、
アメリカもUKもオーストラリアも、言われなければ誰がどこの国だと
あんまり考えなかったのですけど、
(子供の頃は、英語もフランス語もわからなかったので、
全部がアメリカ人だと思ってましたが/笑)
思えば、オーストラリアの俳優って、たくさんいらっしゃるのですよね。

わたしも、ケイトがどこかに登場したらいいのに、とか、
じゃあ、ジェフリー・ラッシュやエリック・バナも…とか
どんどん妄想が広がってしまいました。

昨夜、またWOWOWでアカデミー賞ダイジェストでヒュー・ジャックマンを観て、
この人の素敵さと達者さを再確認。
全然関係なくても、歌って踊ってほしいと勝手に思ってしまいます。
いつか、早い時期に、彼のミュージカル作品を作ってほしい…
バズ・ラーマン監督、その線で考えておくれよ、と思います。
11. Posted by たいむ   March 02, 2009 20:46
悠雅さん、こんにちはー。
大スクリーンで見てこそ、って作品でしたねー。
オーストラリアずくし。どれだけ監督が拘ったのか・・・と、見えないところも含めて物凄いパワーを感じた気がしました。

牛の運命は、そういえば〜って。喜んでいる場合じゃなかったのね(^^;
12. Posted by ミチ   March 02, 2009 23:32
こんにちは♪
後半、太平洋戦争が始まると途端に落ち着かない気分になりました。
やっぱり日本人としてはばつが悪いというか・・・。
日本軍兵士たちの日本語がまあまあだったことは救いでした。

ナラの成長物語も見ものでしたよね。
親の育て方が良かったのか、本当にイイ子!
ひねくれてなくて、しかも運命を受け入れているような、小さいのに達観しているような。
彼の旅立ちには拍手でした。
13. Posted by rose_chocolat   March 03, 2009 21:34
TBをおつけしたつもりでしたがまだでした。遅くなってしまいまして f^^;

>『真珠の耳飾りの少女』で、フェルメールの妻を演じた、
>エシー・デイヴィス。
この方もオーストラリアの方なのですね!
同じ英語圏なだけに、アメリカ・イギリスの俳優さんと見まがうことがありますね。

オーストラリア賛歌、でしたね。
水も滴るいい男&いい女&いい景色(笑) グラビアのように美しかったです。
14. Posted by ◆たいむさま   March 04, 2009 00:26
近くで観れることろはいくつもあったんですが、
大きなスクリーンとTHXのハコを選んで大正解。
もう、あの牛や馬の地響きの重厚感と言ったら、凄かったです。
できるなら、なるべく大きなスクリーンがお薦めですね。

食うや食わず、水だって充分に飲めなくて、その挙句に…
なんて、余計なことを思いついてしまいました…(笑)
15. Posted by ◆ミチさま   March 04, 2009 00:30
本当は、それが前編に渡って描かれるのかと思った前半が終わって、
「で、何が始まるの」と気楽に構えていたので、
後半はやっぱり居心地がよくない思いでしたね。
嫌〜になる表現がなかったことが救いでもありました。

ナラ、可愛かったですよね!
本当に、素直に育ったいい子らしい表情もよかったし、
彼なら、おじいちゃんの血を真っ直ぐに引いているだろうと
思わせるものもあって、最後の選択は納得。
いろんなところで監督のこだわりを見た作品でした。
16. Posted by ◆rose_chocolatさま   March 04, 2009 00:37
時々、何故かTBを受け付けないタイミングもあるようで、
何度もお手間をおかけしてごめんなさいね。

オーストラリア人、と言っても、何代か遡れば、
英国やアイルランドの人が多かったりするのですから、
どこの国でもあんまりよくわからないのは当然なのですが、
調べてみたら、オーストラリアの俳優さんって、
思った以上に欧米の作品に出演していることが多いんですね。

せっかく、お金と時間を使って観に行くのだから、
いい男や美しい風景を観せてくれると、尚更嬉しいものですね。
ヒュー・ジャックマン、ホントに素敵でございました。
17. Posted by ひらで〜   March 12, 2009 09:39
こんにちは♪
やっと観ました〜(^0^)

広大な自然に負けない美男美女に
てんこ盛りのお話・・・映画を観たぞ!という
満足感でいっぱいになりました♪

ハリウッドでの彼らの活躍を見るのも楽しいのですが、
やっぱり自国が舞台だと本領発揮とばかりに素敵でした。
ジャックマン主演のバズ・ラーマン監督による
ミュージカル映画・・・私もぜひお願いしたいです!
18. Posted by ◆ひらで〜さま   March 12, 2009 15:24
こんにちは〜♪
ご覧になれましたね〜(嬉)

ほんとに、美しくてどこまでも広い大地と、
どんなスタイルをしても、美しい主人公たち。
存在感のある人物や、ビックリしてしまう思いがけない展開も含めて
おなかいっぱいになるほど、オーストラリアを満喫した感じですね。
ああ、ヒュー・ジャックマン、かっこよかったわ(惚)

思った以上に、オーストラリアの人たちはハリウッドで活躍してますが、
自分の国で、自分の国の人たちと作った作品、
随所に強い思い入れを感じました。

ね!観たいでしょう?ヒュー・ジャックマン主演の
バズ・ラーマン監督によるミュージカル。
ああ、観たい観たい♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔