March 13, 2009

ワルキューレ

女神の名のクーデター。Valkyrie




試写会にて。



■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: トム・クルーズ     カリス・ファン・ハウテン
    ケネス・ブラナー    ビル・ナイ
    トム・ウィルキンソン  トーマス・クレッチマン
    エディ・イザード     テレンス・スタンプ
    ジェイミー・パーカー  クリスチャン・ベルケル
    ケヴィン・マクナリー  デヴィッド・バンバー
    トム・ホランダー     ワルデマー・コブス
    ハリナ・ライン      デヴィッド・スコフィールド
監督: ブライアン・シンガー
2008年 アメリカ/ドイツ  121分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

3月20日に公開になったら、
是非観に行こうと思っていた作品の試写会に当選。
有難く観に出かけて来た。



物語は。



第二次世界大戦下、
劣勢にあるドイツのシュタウフェンベルク大佐は、
前線で爆撃を受け、左目や右手を失うほどの重症を負う。
彼は祖国への忠誠心が人一倍強いがゆえ、
ヒトラー独裁政権を少しでも早く崩壊させ、
戦争終結へ向けて力を尽くしたいと、
軍内部でのレジスタンスの会合に積極的に参加する。

彼は、偶々、ワーグナーの『ワルキューレの騎行』を聴き、
ある作戦を思いつく。
反乱分子によるクーデターが起きた際、
その鎮圧のために適用されるという『ワルキューレ作戦』を
自分たちの計画に利用して、
ヒトラー暗殺、独裁政権の転覆、新体制の奪取を目指すのだ。
必要ならば、危ない橋を渡ることを厭わず、
綿密に計画を練り、信頼できる人間を集めた。
そしてその日、シュタウフェンベルグは
ワルキューレ作戦を決行した・・・



過去に40回以上もあったというヒトラー暗殺計画。
戦争終結の1年前に、実際に起こった事件を元に
ドイツ軍内部によるあるクーデターに関わった、1人の大佐の物語。
強い愛国心に突き動かされるように、計画に参加する大佐と
その熱意や信念、決断力に温度差があるメンバーたちが
どのように動いて、どのように終結したのか。
歴史的事実が、その結末を語っているので、
既にネタバレ状態とも言える結末へ向かって
順序よく物語が進行する。

何がどうだったから、この計画がその方向へ向かうのか。
決して、水1滴も漏らさない綿密な計画で、
一枚岩で進んで行くとは言わないが、
落とし穴は思わぬところに潜んでいるのである。
案外、そんなささやかな理由で、
重大なことが左右されてゆくのもなのかもしれない。

歴史的事実に関わる作品の場合、
ここまでの経緯の簡単な説明文が入ることが多いが、
これも、冒頭におさらいが入る。
作品のタイトルや、「事実を元に作られている」という言葉が、
最初、ドイツ語で現れ、徐々に英語に切り替わるところは、
「ドイツのお話だけど、英語でやります」と
最初に「お断り」されている気もする。

作品全体の尺は2時間。
そこに、多くの登場人物や、作戦の機能の説明から、
実際に事を動かし、結果も配置されてあるのだから、
とても手際よく、描かれているという印象を持つ。
つまり、流れがとても掴みやすく、わかりやすい。
けれど、言い換えれば、
捻りもタメもなく、大袈裟な盛り上げもない分、
ただ整然と順序良く時間を追う構成は、
深い余韻とともに閉じるという性格のものにならない。
逆に言えば、余分なものはすっかり取り除き、
必要な部分だけで構成した物語はいっそ、潔いとも言える。

ただ、これも最近の傾向か、宣伝の謳い文句のように
作戦遂行のために与えられた僅かな時間を
緊迫感を持って描いてゆくのがメインではないので、
「あら、また勘違い」と思わせられてしまう。
描かれるのはあくまでも、シュタウフェンベルク大佐が
どのように計画に参加して、その計画がどうなったか、である。
欲を言えば、もう少し周囲の様子や、人物の内面などが
描きこまれていたら、見応えを感じたのかもしれないが、
そうなると、尺はいくらあっても足りないのだろう。


わたしたちが日本で観ることができる、ドイツを描いた映画は、
多くの場合、第二次世界大戦の頃が題材だ。
とても楽しみに待っている、『愛を読むひと』もそうなのだけれど、
(もちろん、それはそれでいいんだけれど)
作られている映画は、もっといろんな作品があるはず、と思う。
たまには、戦争が絡まないドイツのお話を
観たいと思ったりもする。



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主人公、シュタウフェンベルク大佐にトム・クルーズ。
だけれど、内容は良く知らないのに、
最初に映画館で観た予告で、「絶対に観る!!」と思ったのは
英国俳優たちの豪華なことが最大の理由。
大好きな、トム・ウィルキンソンはじめ
ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、テレンス・スタンプ・・・などなど、
この人たちがどんな風に動くのか、
それに最大の興味があったと言ったっていい。
もちろん、この人たちは普通にいいんだけれど、
この作品でいちばんかっこいい(っていうか、おいしい)のは
予備軍の隊長、トーマス・クレッチマンだ。
そもそも、登場の仕方が他に比べて別誂えの印象。
いいところを1人占めしたと思うくらいの役どころで、
お話が閉じてみたら、
この人の印象がいちばん強く残ってしまうと思う。

『ブラックブック』のカリス・ファン・ハウテンが
シュタウフェンベルクの妻で登場することや、
同じく、『ブラックブック』のクリスチャン・ベルケルも
主要人物の1人であることも知っていたが、
思いがけなかったのは、
『ブラックブック』に出演した人が他にも2人。
電話係の女性と、太った軍人。
どちらも印象的な顔や体型の人なので、すぐに思い出し、
チラリと『ブラックブック』(とセバスチャン・コッホ)を思い出し、
そうそう、このトム・クルーズの役を
ドイツのドラマ版ではセバスチャン・コッホが演じてるんだと
余計なことを考えてしまった。
(数日後、WOWOWで放送になるので、観てみます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セバスチャン・コッホ主演の
ドラマの感想はこちら↓
オペレーション・ワルキューレ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆

tinkerbell_tomo at 09:12│Comments(26)TrackBack(69) 洋画【わ】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Valkyrie (2008)  [ アヤは観た。 ]   March 13, 2009 13:15
2 監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン、テレンス・スタンプ、エディ・イザード、ジェイミー・パーカー、クリスチャン・ベルケル ナゼかやり切れな....
2. 映画「ワルキューレ」  [ Andre's Review ]   March 15, 2009 01:18
Valkyrie 2008 アメリカ ドイツ 2009年3月公開 試写会鑑賞   20日から公開の作品を一足先に試写会にて鑑賞。公開前ですが、「ブロガー試写会」の枠で当選したので、普通に感想書いちゃいますね。 舞台は第2次大戦中のドイツ。祖国ドイツを愛する軍人シュタウフェン...
3. 「ワルキューレ」あぁ〜トーマス・クレッチマンよ〜(T_T)  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   March 17, 2009 17:23
実話という事だけで、全く予備知識無く見ました。この事件のことを知らなかったので、ドキドキハラハラしながら、結構面白く見ました。4つ??..
4. 『ワルキューレ』  [ セガール気分で逢いましょう ]   March 17, 2009 18:59
『ユージュアル・サスペクツ』でその名を世界にとどろかせたブライアン・シンガー。後の『X-メン』シリーズや『スーパーマン リターンズ』では“人と違うこと”を切実な心の痛みとして綴り、ヒーロー・ムービーに
5. ワルキューレ  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   March 17, 2009 21:02
ワルキューレ ’08:米・ドイツ◆原題:VALKYRIE  ◆監督:ブライアン・シンガー「スーパーマン リターンズ」「X-メン」「X-MEN2」 ◆出演...
6. 『ワルキューレ』  [ ラムの大通り ]   March 17, 2009 22:46
(原題:Valkyrie) ----この映画、トム・クルーズがドイツ人に扮しているんだよね。 監督はブライアン・シンガー。 ちょっと異色の顔合わせだよね。 ブライアン・シンガーって娯楽大作のイメージが強いし。 「そうだね。その前が『スーパーマン リターンズ』 だし、 でも、...
7. ワルキューレ / valkyrie  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   March 17, 2009 23:24
トムちん、ドイツ人になる{/ee_3/} 『ユージュアル・サスペクツ』以来好きな監督の一人、ブライアン・シンガーの久々の新作は トム・クルーズ主演{/atten/}ということで前々から楽しみにしてました〜。 これまた実話です。これまでにも何度となく描かれてきたヒトラー暗殺...
8. 「ワルキューレ」  [ It's a wonderful cinema ]   March 18, 2009 01:02
 2008年/アメリカ  監督/ブライアン・シンガー  出演/トム・クルーズ      ケネス・ブラナー      テレンス・スタンプ  トム・クルーズ主演。監督はブライアン・シンガー。実話を基にした物語。  ヒトラーの独裁を快く思わず、祖国ドイツを憂え...
9. ワルキューレ  [ ともやの映画大好きっ! ]   March 18, 2009 01:13
(原題:VALKYRIE) 【2008年・アメリカ/ドイツ】試写で鑑賞(★★★★☆) 第二次大戦中に起こった実話を元に、非人道的なナチス政権の暴挙に疑問を抱いて反乱分子となったドイツ将校が、同志と手を組み、ヒトラー暗殺計画に及んでいく過程とその顛末を描いたサスペンス・...
10. ワルキューレ  [ とりあえず、コメントです ]   March 18, 2009 12:46
第二次世界大戦末期のドイツを舞台に、ヒトラー暗殺計画を描いた作品です。 計画の実行と失敗していく展開にドキドキしながら観ていました?? シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)はヒトラーのためではなく国のために戦っていると自負する軍人。 彼はヒトラーの目指...
11. 「ワルキューレ」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   March 18, 2009 13:45
試写会で みてきました。「ワルキューレ」公式サイト実際にあったヒトラー暗殺計画を題材にした戦争サスペンス。久しぶりのトムちん、トロピック・サンダー以来だしてかソレをカウントしていいのか^^;制服似合うし、楽しみにしてました〜で、なんか・・なんていうか、...
12. ワルキューレ  [ 象のロケット ]   March 20, 2009 12:19
第二次世界大戦末期。 シュタウフェンベルク大佐はナチス総統ヒトラーの思想や政策に絶望し、祖国ドイツの未来のため、ヒトラー暗殺を企むレジスタンスに加わった。 彼は自ら暗殺の実行犯となり、反乱軍を鎮圧する“ワルキューレ”という作戦を利用してナチス政権を転覆す...
13. 劇場鑑賞「ワルキューレ」  [ 日々“是”精進! ]   March 20, 2009 15:18
「ワルキューレ」を鑑賞してきましたトム・クルーズと「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー監督が初タッグを組んだサスペンス・アクション。実話を基に、非人道的なナチス政権の暴挙に疑問を抱き反乱分子となったドイツ将校が同志と手を組み、ヒトラー暗殺...
14. ワルキューレ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   March 20, 2009 15:27
 『ワルキューレ それは女神の名を冠した「作戦<ミッション>」』  コチラの「ワルキューレ」は、紆余曲折を経て3/20に公開されたトム・クルーズ主演のサスペンス・アクション超大作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪歴史にその名を刻む独裁者ヒトラーの暗殺....
15. ワルキューレ  [ Akira's VOICE ]   March 20, 2009 16:32
失敗は成功のもと。  
16. ワルキューレ  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   March 20, 2009 16:55
JUGEMテーマ:映画 2009年3月20日(金) 公開 ★★★★★ 軍服にアイパッチのトムに萌える 星5っつ! 「そぉーとぉー!!!」「なんだね、吉田くん」 しっかし、悪党っちゅーのは死なんなぁ〜。 なんとこの暗殺計画以前にも40回を越えるヒト...
17. 『ワルキューレ』  [ めでぃあみっくす ]   March 20, 2009 19:41
少なくとも43回は企てられてきたというアドルフ・ヒトラー暗殺計画。その中で最大で最後の暗殺計画がこのワルキューレ作戦だそうです。史実を描いた映画ということで、ヒトラーの結末が有名なためにこの作戦の結末も分かっているはずなのに、それでも全身で感じてしまう最後....
18. ワルキューレ  [ そーれりぽーと ]   March 20, 2009 20:15
今度のブライアン・シンガー監督作は、ヒーローものからがらっと変わってヒトラー暗殺を描いた実話サスペンスもの。 『ユージュアル・サスペクツ』と、トムちんの『ミッション・インポッシブル』が融合したような妄想で期待していた『ワルキューレ』を観てきました。 ★★★...
19. ワルキューレ  [ Recommend Movies ]   March 20, 2009 20:37
『ワルキューレ』 それは、女神の名を冠した「作戦」 【出演】 トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ トム・ウィルキンソン、...
20. ワルキューレ VALKYRIE  [ 映画!That' s Entertainment ]   March 20, 2009 20:38
●「ワルキューレ VALKYRIE」 2008 アメリカ MGM Pictures,United Artists,121min. 監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン他 私は戦記ものが好きで、WOWOWでも時々過去...
21. 「ワルキューレ」 計画を成功させるためには  [ はらやんの映画徒然草 ]   March 20, 2009 21:18
本作「ワルキューレ」は実際に第二次世界大戦中にあったドイツ将校によるヒトラー暗殺
22. 『ワルキューレ』 (2008)/アメリカ・ドイツ  [ NiceOne!! ]   March 20, 2009 21:56
原題:VALKYRIE監督:ブライアン・シンガー脚本:クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦下のドイ...
23. [映画『ワルキューレ』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   March 21, 2009 00:20
☆MOVIX昭島は盛況で、『ワルキューレ』の、朝から3回目の上映も満員だった。  私は、本日、もう一本観たいので、短めの感想です^^  と言いましょうか、私はいつも、「完成度の高い作品には語ることが少ない」と言ってるので、その通りの意味です^^  完成度...
24. 『ワルキューレ』・・・悪魔に護られるヒトラーの強運  [ SOARのパストラーレ♪ ]   March 21, 2009 07:46
私たちの知る歴史においてヒトラーが暗殺された事実はない。だから冒頭で「TRUE STORY」と銘打たれる以上この作戦が失敗することは明白なのだが、それでも作戦開始からの手に汗握るスリリングな展開は存分に楽しめた。主演のトム・クルーズが若かりし頃に演じたあの海軍パイ...
25. ワルキューレ  [ 勝手に映画評 ]   March 21, 2009 07:56
第二次大戦時、ヒトラーを暗殺しようとした計画は、少なくとも43回計画されたと言われています。これは、その一つで、最後に企てられた暗殺計画を元にした映画。タイトルの“ワルキューレ”とは、本計画の名称ではなく、元々存在していて、今回の暗殺計画の際に利用しようと...
26. ワルキューレ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   March 21, 2009 13:52
スッキリと痩せてカッコ良く見えたトムがスマスマに出演したのを見たし(『トロピック・サンダー』の時とは大違い・笑)、TV放送された『トップ・ガン』も見た。楽しみだなぁ〜ワルキューレ【story】第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目、右腕、左手の指2本を失った将校・...
27. ワルキューレ  [ LOVE Cinemas 調布 ]   March 21, 2009 14:25
トム・クルーズ最新作。監督は『Xメン』シリーズのブライアン・シンガーです。来日時には『ワルキューレ』のロゴ入りヘリコプターから颯爽と降り立つトムがテレビでも流されましたね。いつものTOHOシネマズ府中では入場に行列までできていました。指定席なのに行列って…。...
28. ワルキューレ  [ 心のままに映画の風景 ]   March 21, 2009 14:42
第二次世界大戦下、劣勢に立たされ始めたドイツ。 戦地で負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、 祖国の平和のたギ..
29. ワルキューレ  [ Lovely Cinema ]   March 21, 2009 16:52
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ・ドイツ 監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ    ケネス・ブラナー    ビル・ナイ    トム・ウィルキンソン    カリス・ファン・ハウテン    トーマス・クレッチマン    テレンス...
30. 『ワルキューレ』 ('09初鑑賞34・劇場)  [ みはいる・BのB ]   March 21, 2009 17:09
☆☆☆???? (5段階評価で 3) 3月20日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:45の回を鑑賞。
31. ワルキューレ/Valkyrie  [ いい加減社長の日記 ]   March 21, 2009 17:51
今週は、3本も観たい映画が公開されるんだけど。 とりあえず、キャンペーンの対象作品ということで、「ワルキューレ 」を選択。 昼間、お墓参りに行って疲れた中、レイトショーにテクテクと。 「UCとしまえん 」は、ちょっと多めかな。 「ワルキューレ 」は、...
32. 試写会「ワルキューレ」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   March 21, 2009 17:54
2009/1/27、一番町の東宝東和試写室での開催。 当初「スニーク・プレビュー」ということでブログでの感想公開を懸念したが、 むしろ、Yahooの何とかに書いてほしい、とまで言われたので、安心して公開。 ワルキューレは、ドイツ語のWalküre(üは、uウムラウト)...
33. ワルキューレ  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   March 21, 2009 21:39
原題:VALKYRIE公開:2009/03/20製作国・年度:アメリカ/ドイツ、2008年上映時間:120分鑑賞日:2009/03/21監督:ブライアン・シンガー出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン、テレ...
34. 『ワルキューレ』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   March 21, 2009 22:43
『ワルキューレ』を観ました第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンスです>>『ワルキューレ』関連原題: VALKYRIEジャンル: サスペンス/ドラマ製作年・製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ上映時間: 12...
35. 「ワルキューレ(VALKYRIE/Walküre)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   March 21, 2009 23:53
ナチスドイツ系映画おたくで、クレッチマンファン としては外せない、ワルキューレ(原題:Walküre/VALKYRIE)
36. ワルキューレ  [ 映画どうでしょう ]   March 22, 2009 13:51
映画 ワルキューレ の感想  史実をもとにしているということで、計画が失敗するこ...
37. ワルキューレ  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   March 22, 2009 14:20
 アメリカ&ドイツ  サスペンス&ドラマ  監督:ブライアン・シンガー  出演:トム・クルーズ      ケネス・ブラナー      ビル・ナイ      テレンス・スタンプ 【物語】  第二次大戦下、劣勢に立たされ始めたドイツ。アフリカ戦線で左目を失う ....
38. ワルキューレ 映画の感想  [ エンタメ日々更新 ]   March 22, 2009 18:47
ワルキューレの感想 サスペンスでありながら、結末はわかっている映画というわけで、普段の最後どうなるんだろうというドキドキ感は当然な??.
39. ワルキューレ 歴史が変わっていたかもだったのか  [ 労組書記長社労士のブログ ]   March 22, 2009 19:08
 昨日は海から早くに帰ってきて、梅田のロフトで先輩夫妻の愛娘の出産祝いを買い物、大きな荷物を抱えて梅田を歩いていたら、やたらとすれ違う人にじろじろ見られて、そして目を逸らされて、そしてぶつからないようにあからさまに避けられて・・・。 そういえば海帰りで顔黒...
40. ワルキューレ  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   March 22, 2009 20:30
評価:★★★★[4/5] 少なくとも『大いなる陰謀』よりは面白い
41. ワルキューレ  [ 利用価値のない日々の雑学 ]   March 22, 2009 21:59
筆者にとっては「2008年期待度ランキング」以来長きに待たされた待望の鑑賞である。 ワルキューレ(直訳すると「戦死者を選ぶ者」の意)といえばワグナーである。が、ブラームス信者の筆者からは、実はクラシックでは一番遠くにいる存在だ。リヒャルト・ワグナーについ...
42. 「ワルキューレ」みた。  [ たいむのひとりごと ]   March 23, 2009 15:16
予告編では、バックに流れるワーグナーの旋律に心が掻き立てられたんだけど、結局シュタウフェンベルク大佐が「ワルキューレ作戦」をクーデターに利用することを思いつくシーンにしか使用されなかったのが残念だった
43. 映画「ワルキューレ」(2008年、米)  [ 富久亭日乗 ]   March 24, 2009 07:20
     ★★★★☆  実際にあったAdolf Hitler 暗殺計画を 「The Usual Suspects 」(1995)のBryan Singer が映画化。 原題は「Valkyrie」。   第2次大戦下のドイツ。 貴族出身の独軍人Claus von Stauffenberg(Tom Cruise )は ナチスの行為に疑問を持っていた...
44. 映画『ワルキューレ』劇場鑑賞  [ 続・蛇足帳〜blogばん〜 ]   March 25, 2009 21:33
 久しぶりに映画館に行って来ました。観て来たのはブライアン・シンガー監督&トム・クルーズ主演の『ワルキューレ(英題:VALKYRIE)』、第二...
45. ワルキューレ・・・・・評価額1550円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   March 26, 2009 00:02
ユダヤ人でゲイという、ヒットラー時代のドイツだったら確実にガス室行きのブライアン・シンガー監督が、主演にトム・クルーズを迎えて作り丮..
46. 映画「ワルキューレ」感想  [ 0からオメガへ 〜小遣い稼ぎ奮闘記〜 ]   March 26, 2009 22:54
この間の日曜日は映画を観に行ってきました。 見てきたのはトム・クルーズ主演の「ワルキューレ」です。 今回は予備知識を一切つけずに観の..
47. ワルキューレ  [ 映画MAGICAL ]   March 28, 2009 00:52
反逆した。世界の為に… ★★★☆☆ 監督:ブライアン・シンガー 原題:Valkyrie 脚本:クリストファー・マッカリー ネイサン・アレクサンダー 製作年と国:2008/独・米 鑑賞日:2008.3.27(TOHOシネマ) キャスト: トム・クルーズ ケネス・ブラナー ビル・ナ...
48. 「ワルキューレ」祖国のために独裁者ヒトラーと戦ったレジスタンス集団  [ オールマイティにコメンテート ]   March 29, 2009 01:26
5 「ワルキューレ」は第2次世界大戦のナチスドイツでヒトラー暗殺計画を企てた幹部たちのワルキューレ作戦の全貌を描いた実話の歴史ストーリーである。第2次世界大戦でヨーロッパを恐怖に陥れたヒトラーの暗殺計画の中でも大規模な暗殺計画には祖国ドイツを愛した人たちのゲル....
49. ワルキューレ−(映画:2009年11本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   March 29, 2009 07:25
監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン 評価:83点 第2次世界大戦末期にドイツで実際に起きたという、ヒトラー暗殺未遂事件を映画にしたもの...
50. ワルキューレ  [ 小部屋日記 ]   March 29, 2009 22:04
Valkyrie(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作: ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ/ケネス・ブラナー/ビル・ナイ/トム・ウィルキンソン/カリス・ファン・ハウテン/トーマス・クレッチマン/テレンス・スタンプ 作戦は10分。 その瞬間に、世界はゆだ...
51. ★「ワルキューレ」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   March 30, 2009 03:26
今週の平日休みは・・・ 久しぶりにラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で鑑賞。
52. 『ワルキューレ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   March 30, 2009 08:49
□作品オフィシャルサイト 「ワルキューレ」 □監督 ブライアン・シンガー □脚本 クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー □キャスト トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッ...
53. ワルキューレ 2009-15  [ 観たよ〜ん〜 ]   March 30, 2009 22:34
「ワルキューレ」を観てきました〜♪ WWII末期、アフリカ戦線で負傷したシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、トレスコウ少将(ケネス・ブラナー)、オルブリヒト将軍(ビル・ナイ)が中心となっているレジスタンスのメンバーにスカウトされる。同士のメン...
54. 映画「ワルキューレ」  [ FREE TIME ]   March 31, 2009 09:54
映画「ワルキューレ」 を鑑賞しました
55. ワルキューレ◆VALKYRIE  [ 銅版画制作の日々 ]   March 31, 2009 11:01
 ワルキューレとは→北欧神話に登場し、「戦死者を選ぶ者」との意味を持つ女神たち。その女神の名を冠した「ワルキューレ作戦」 3月27日、MOVX京都にて鑑賞。 トム・クルーズが実在したドイツ名門貴族出身の将校、クラウス・フォン・シュタウフェンベルグを演じた。こ...
56. 「ワルキューレ」  [ クマの巣 ]   March 31, 2009 14:45
「ワルキューレ」、観ました。 第二次世界大戦中、ドイツのシュタウフェンベルク大佐は激しい戦いを経て、一つの決意をする。ドイツと世...
57. ワルキューレ  [ to Heart ]   April 03, 2009 01:56
製作年度 2008年 原題 VALKYRIE 製作国・地域 アメリカ/ドイツ 上映時間 120分 脚本 クリストファー・マッカリー 、ネイサン・アレクサンダー 監督 ブライアン・シンガー 出演 トム・クルーズ/ケネス・ブラナー/ビル・ナイ/トム・ウィルキンソン/トーマス・クレッチマン/...
58. ワルキューレ  [ ダイターンクラッシュ!! ]   April 04, 2009 00:10
4月1日(水) 18:35?? TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:600円(買っていない) 『ワルキューレ』公式サイト ナチスドイツの軍人によるヒトラー暗殺、政権奪取計画の映画。 失敗が解りきっている作戦を見るという訳だが、興味はど...
59. ワルキューレ(アメリカ/ドイツ)  [ 映画でココロの筋トレ ]   April 08, 2009 14:32
劇場予告を観て気になっていた「ワルキューレ」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン 上映時間:120分  第二次世界大戦下のドイツ。 戦地アフリカでで左目を負傷した将校...
60. 映画:ワルキューレ  [ よしなしごと ]   April 11, 2009 20:34
 最近忙しく、ブログを書く暇がない・・・。今回のワルキューレでも観てきてから記事にするまで2週間も経ってしまった。う??ん、だから感想も薄味です。。
61. 映画「ワルキューレ」の感想レビューです。  [ MOVIE レビュー ]   April 14, 2009 17:24
最初この映画の予告編を観た時に「今時ヒトラー映画!?」って思いましたが・・・当時ヒトラー暗殺計画なるものが40数件も起こっていたとは知らなかったので、ちょっと興味をそそられて公開初日に観てしまいました{/face_ase2/}。 ヒトラー暗殺計画の史実に基づいた脚本な...
62. ワルキューレ  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   June 07, 2009 21:13
2008 アメリカ 洋画 アクション ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、スゴイ、ためになる 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン 「トム・クルーズ主演の歴史劇」ということで期待と不安(?)を胸...
63. ワルキューレ  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   July 28, 2009 17:09
祖国を救うために戦う・・・それが、全てを犠牲にする選択だったとしても。
64. 「ワルキューレ」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   August 15, 2009 21:49
全編に緊迫感はあったけど、冒頭の暗殺計画のところが一番ドキドキしたかも
65. ワルキューレ  [ mama ]   January 13, 2010 03:56
VALKYRIE 2008年:アメリカ 監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン、テレンス・スタンプ、エディ・イザード 第二次大戦下のドイツ。純粋に祖国...
66. 【映画】ワルキューレ…君とトムと僕と僕とトムと君と  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   January 21, 2010 22:03
え〜っと、ブログを蔑ろにし続けているピロEKです{/ase/} ちゃんとした近況報告も含めてどのくらい放置してるんでしたっけ{/hiyo_oro/}{/ase/}… 先週からはAmazonで購入したPSPとモンハンポータブルセカンドGのお陰で、他の日常生活まで疎かになっております{/face_ase1/...
67. ワルキューレ  [ Blossom ]   March 03, 2010 14:08
ワルキューレ VALKYRIE 監督 ブライアン・シンガー 出演 トム・クルーズ ケネス・ブラナー ビル・ナイ      トム・ウィルキンソン ??.
68. 『ワルキューレ』'08・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   May 20, 2010 20:55
あらすじ連合軍との死闘によって、ドイツの敗色が濃くなった第二次世界大戦末期、ドイツ人将校シュタウフェンベルクはヒトラーの危機管理オペレーション≪ワルキューレ作戦≫を巧み...
69. ワルキューレ  [ Yuhiの読書日記+α ]   October 20, 2012 23:13
第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンス。監督はブライアン・シンガー、出演はトム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、テレンス・スタンプ他。 <あらすじ> 第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左...

この記事へのコメント

1. Posted by ANDRE   March 15, 2009 01:16
こんばんは。

予告やポスターを観ると、
「10分間」のハラハラドキドキが
味わえる作品のように思ってしまったんですが、
意外とそこはあっさりとしていて、
「あれれ」という感じでしたね。

ドイツの映画は結構好きなんですが、
大戦がらみではないものも割と多いですよ。

「ビヨンド・サイレンス」
「グッバイ・レーニン!」
「ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア」
「マーサの幸せレシピ」
なんかは結構好きな作品です。
2. Posted by seagreen   March 15, 2009 20:19
私も近くのシネコンでの試写会が当たり、夫と見てきました。
脇役のベテラン勢がいいですよね。
なにより、お気に入り俳優のトーマス・クレッチマンに目が行ってしまいましたわん♪
3. Posted by ◆ANDREさま   March 15, 2009 20:54
わたしも試写会に当たって観ることができました。

宣伝を信じたらいけないと、最近特に思ってるのに、
つい、10分間のミッションが中心だと信じてしまいました。
でも、後に続くお話が実は重要なのだと観てたらわかりましたが。

セバスチャン・コッホのドラマも観ましたが、
映画のほうがずっと派手に作られてると思いました。

オススメのドイツ作品、
よく覚えておきますね。
4. Posted by ◆seagreenさま   March 15, 2009 21:00
今回はプレミアは欠席ですか?

もちろんお目当ては英国のおじさまたちでしたが、
トーマス・クレッチマンに目が行くというよりも、
彼だけがかっこよく作られていましたから、
わたしが観ても彼の印象が1番強かったですよ。
彼かセバスチャン・コッホが主役だったら
もっとよかったのにねぇ。
5. Posted by seagreen   March 16, 2009 11:08
舞台挨拶付き試写会は当たりませんでしたが、レッドカーペットイベントが当たって、生トムと奥さんを見てきました。
6. Posted by ◆seagreenさま   March 17, 2009 06:57
いつもなら生で観られてるのに、
今回はどうしたのかしらと思ったんですよ。
それならよかったですね。
7. Posted by miyu   March 20, 2009 15:26
う〜ん、あたしもどちらかと言うと淡々と描くよりも
もっと彼らの内面に迫っても良かったんじゃないかなぁ〜
と思いましたね。
スリリングさは感じられるのだけど、
そして少し彼らの葛藤や信念が感じられただけに、
もっとそこを掘り下げた方がより好みだったかと思いました。
8. Posted by ◆miyuさま   March 20, 2009 16:45
全編を通して、真面目に事実を積み上げているという印象でしたね。
それに、日本での宣伝が、作品の本質とは違うところにあって、
余計に、予想と違うものだと思ったのかもしれません。

爆破計画だけならまだしも、彼らが目指したその後までを描くとなると、
どうしても、あのような感じになるのでしょうが…
難しいところですね。
9. Posted by にゃむばなな   March 20, 2009 19:33
トム・ウィルキンソンのあの嫌らしさ、たまりませんでしたね。
これが『恋におちたシェイクスピア』でドモっていたあのおじさんか?って思えるほどでしたよ。

本当にこの映画はあの豪華な脇役陣抜きでは語れない映画でした。
いや、本当に素晴らしかったです。
10. Posted by ◆にゃむばななさま   March 20, 2009 23:19
トム・ウィルキンソン、わたし本当に大好きなんですけど、
心底いい人を演じても、老獪なヤツを演じても、
がっかりさせられた覚えがないですものね。

彼を含めて、主人公の脇の豪華英国俳優を観に行ったんですけど、
それがまた、大正解でしたね。
ただ、ドイツのお話を英語で英国人が演じるのは…という違和感は
多少残りはしますけれども。
11. Posted by なな   March 21, 2009 10:41
こんにちは!
一足先にご覧になられたのですね。
私は昨日観てきました。
トムが出るからエンタメの要素が強いのかと危惧していましたが
おっしゃるように淡々と事実を手堅く追ってくれて
ドキュメンタリーみたいな一面もありました。

こんな史実があったなんて!
それをそのまま映画化してもらえるだけでも
大変に興味深い作品でした。
出演陣,豪華でしたよね!

トーマス・クレッチマンは最初主役の予定だったみたいで・・・・
彼が主役の作品も観てみたいなーと思いました。
軍服姿,キマリすぎ!
12. Posted by ◆ななさま   March 21, 2009 17:20
こんにちは。
珍しく、試写会に当選して一足お先に観せていただきました。
結末の予想はついても、具体的な内容など何も知らなかったので、
こんな作戦があって、そんな思いの人たちが集まったのだということを
知ることができる、とてもいい機会でしたよね。
映画を通じて知る歴史って、結構たくさんありますね。

そうそう。脇の英国俳優陣の豪華で贅沢なこと!
唯一、それが理由だったんですけど(お恥ずかしい)
観終わって、いちばん印象に残るのは、
いつ観てもドイツの軍服姿も凛々しいトーマス・クレッチマン。
この人が主役だったらよかったのに!!と思ってたら、
本当に、当初はこの人が主役の予定だったんですってね。
わたしも他所様にお邪魔して、初めて知ったのですよ。
そう聞けば尚更残念な気持ちが強くなるのですが、
トム・クルーズファンの方に怒られてしまいますね。
13. Posted by KGR   March 21, 2009 18:10
トーマス・クレッチマン。
旧東ドイツの元水泳選手。
西への脱出の際に凍傷で指を何本か失う。

レーマー大佐もドイツでは有名な人物のようです。
レーマー大佐のインタビュー記事(の和訳)を
ネットで見つけて読みましたが、興味深かったです。
14. Posted by ◆KGRさま   March 21, 2009 22:02
トーマス・クレッチマンのそんな経歴が、
あの登場シーンだったのでしょうか。

KGRさんのお言葉で、
オットー・エルンスト・レーマー、wikiで調べてみました。
映画やドラマに描かれたのとは少々違うようでしたが、
この大佐も、波乱万丈の経歴をお持ちなんですね。
この前後の行動や発言、確かに興味深いですが、
映画の中ではそこまで言及されていないので、
何も知らなかったら、素通りしてしまうところでした。
彼もまた、キーパーソンの1人だったわけですね。
15. Posted by ゆかりん   March 21, 2009 22:04
こんばんは♪
ドイツのお話が英語なのはちょっと違和感ありましたけど^^;
歴史を知る上ではとても興味深い作品でした。

セバスチャン・コッホ主演の作品はWOWOWで放送されてたんですね〜入ってるのにうっかりしてました。
余計に気になります、、、
16. Posted by ◆ゆかりんさま   March 21, 2009 22:33
こんばんは〜♪

ドイツのお話なのに、英国人中心の英語での映画ですからね、
どうしても違和感と、「え?いいの?」とか思っちゃいます。
でも、映画にしてくれなければ、知る機会もなかったかもしれないので、
やっぱり、作ってくれて感謝、ですね。

ドラマ版、4月7日に再放送になります。
是非、録画などされて、お時間のある時に。
映画とは違う描写なども面白いし、
セバスチャン・コッホの
立端のあるシュタウフェンベルクも素敵ですよ(そこかぃ)
17. Posted by たいむ   March 23, 2009 15:24
こんにちは!
私も、ついつい近未来兵器を駆使した、一分一秒を争うような展開を期待しちゃってたところがあるのですが、単なる発端くらいの役割には、あらら〜となりました。

十分地味なのだけど、もっと地味に掘り下げた人間模様中心の作品だったらと私も思いました。その場合トムはいらないのだけど(笑)
18. Posted by ◆たいむさま   March 23, 2009 22:59
こんばんは〜♪

映画の宣伝を鵜呑みにしてはいけない、と常々思っていながらも、
つい、「10分間」がメインのお話かと思っちゃいました。
サスペンスを観たかったわけじゃないから、大きな落胆ではなかったけれど、
本当の主題はその後なのね?と気づくまで、時間がかかってしまいました。

どういう展開であれ、わたしは別にトムでなくても、なのだけど(うわっ)
計画の発端から終焉までを描くことと、尺を考えたら、
これで精一杯だったのかもしれないとも思ったり…
そのあたりのバランスって、とっても難しいものだろうな、なんて、
ちょっと、いい子の発言なんかしたりして。
19. Posted by ななんぼ   March 25, 2009 21:48
こんばんは。

作戦がリアルタイムで進行していくので、結末を知っているのに緊張しっぱなしで観続けてしまいました。
緊張が緩む「間」を持たせないで、淡々と展開していったからかもしれませんね。

男たちの熱き戦いを、ブライアン・シンガー監督ならではの演出で魅せた!と感じました。

歴史に疎かったので、「こういう人物が存在したのか」と知ることができる作品に出会えたのは嬉しかったです。

20. Posted by ◆ななんぼさま   March 25, 2009 22:49
こんばんは。

計画の発端から進行、終焉までを、とても真面目に
順序よく、事実を積み重ねて作られていたので、
まるで、その場に立ち会っているような緊張感がありました。
結果はわかっていても、やはり、力が入る見方になってしまいます。

教科書に載っていない歴史、
今までの人生で、無縁だった歴史の1コマを映画で知る機会は多いですが、
今回もまたこうして、国や時代が違う現代の日本でも
歴史を知る、いい機会になったと思います。
21. Posted by ノラネコ   March 26, 2009 00:14
コンパクトに手際よく描いてますけど、ややダイジェスト感がありました。
3時間くらいあっても良いから、キャラクターの内面をも少しじっくり描いてくれたらさらに良かったと思います。
良い人悪い人が明確すぎて、ちょっと浅い感じを受けてしまいました。
22. Posted by ◆ノラネコさま   March 26, 2009 11:11
余分なものをあれこれ排してもなお、描くべき情報が多すぎて、
ドキュメンタリーのような、ダイジェストのような感じが
どうしても強くなってしまいますね。
こういう題材は、少々時間が長くなっても、
人物が丁寧に描かれていたほうが、見応えや満足感が残るんですが、
製作側の意図は、サスペンス色を強調するほうに
力点が置かれたのかもしれないですね。

この計画に辿り着くまでの主人公の心情が描かれていたら、
わたしたちを含めて、もっと評価が高い人が多かったでしょうね。
23. Posted by あるふぁ007   March 26, 2009 22:45
はじめまして。
ぼくもワルキューレ観てきました。
悠雅さんの記事で、
もう一回映画を観た気持ちになりました。
確かに、時間が足りない気がしましたね。
大河ドラマくらいあってもいいかも(笑)
24. Posted by ◆あるふぁ007さま   March 28, 2009 11:04
はじめまして。
TBとコメントをいただいていたのに、
すっかりお返しが遅くなってごめんなさい。

わたしも、これを大河ドラマのような時間の使い方をして、
主要人物の人となりと計画の一部始終を描けたらいいのにと思いました。
映画として巧く纏まっているけれども、
やはりそのあたりに物足りなさ感が残るのですね。こういう歴史の事実を知る機会になったので、
観てよかったと思う作品でしたけれど。
25. Posted by youko   December 10, 2009 12:48
こんにちは。またお邪魔します。

昨日録画しておいた『パリは燃えているか』を見始めたら、冒頭ヒトラーが
将校の反乱に遭い、負傷した、というところがありました。

’えっ?これって、ワルキューレのことだよね?’
と、思わず声に出てしまいました。

映画ではワルキューレの’ワ’の字も言ってませんでしたが、、、

公開当時に見たときには全然知らなかった事件を40年以上経った
今になって、セバスチャン・コッホのTV映画やトムクルの映画で全容を
知ることになるなんて、思いもしませんでした。

確かにヒトラーの暗殺未遂事件が数多くあったことは知られていましたが、
私は具体的なことは何一つ知りませんでした。

英国の名優たちに囲まれた映画版は、ちょっとトムには気の毒
だったような気がしますが、家族に対する情愛も描かれたトム版、
私は嫌いじゃないです。


26. Posted by ◆youkoさま   December 10, 2009 22:00
こんばんは♪

知らず知らずに観ていて、気に留めてなかったことが、
うんと時間が経って、何も関係ないと思ったものが一気に繋がってくる…
わたしも、似たようなこと、何度かありましたもの。
うっそ〜、これってそういうことだったのぉ〜?と
いきなり声に出してしまって、家族をビックリさせてしまいます。

ずいぶん年齢を重ねて、いろんなことを知っているつもりでも、
世の中、知らないことのほうが何百倍も多くて、
よくぞ今、知ることができた、と思うことばかりです。

このワルキューレ作戦については、わたしも全く知る機会がなくて、
映画になったからこそ、知り得たものでした。
主演には全く惹かれないけれども、脇役の英国俳優がとっても魅力的だ、と
そんな理由で観たものの、その内容と緊迫感にあっという間の上映時間でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔