August 08, 2009

HACHI 約束の犬

冬の夜、ベッドリッジ駅で、彼らはお互いを見つけた。Hachiko A Dog's Story









■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: リチャード・ギア
    ジョーン・アレン
    サラ・ローマー
    ケイリー=ヒロユキ・タガワ
    ジェイソン・アレクサンダー
    エリック・アヴァリ
    ダヴェニア・マクファデン
監督: ラッセ・ハルストレム
2008年 アメリカ 93分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

日本の『ハチ公物語』を、リチャード・ギア主演(製作も)
ラッセ・ハルストレム監督で映画化された作品。



物語は。


日本からアメリカに送られてきた秋田犬が駅で迷子になっていた。
ホームで心細げに佇む子犬は飼い主がわからない。
大学教授のパーカーは、小さな子犬を見捨てることができず、
一晩だけのつもりで自宅へ連れ帰る。
妻ケイトは犬を飼うことに大反対。
けれど、あまりにも楽しそうなパーカーの様子を見ているうち、
ハチと名づけられた子犬を家族の一員として迎えることになる。

ハチはすっかり大きくなり、
朝は駅までパーカーを送り、午後5時にはまた駅に迎えにゆく。
その姿を周囲の人たちも暖かく見守っていたのだが・・・



迷子の子犬を拾って育てた大学教授と、
通勤時に駅まで送り迎えをしていた秋田犬ハチの物語。
ハチとパーカーの出会いから
大きく成長し、パーカーを送り迎えしている姿、
パーカーが他界した後も、5時には駅で待っているハチ、
それを見守る駅の人たちや、家族の姿が描かれる。

おそらく日本人の多くは、
このお話をなんらかの形で知っているだろうと思う。
普通は極力ネタバレしないように感想を書くのだが、
なので今回は、特に伏せる必要がないかもしれない。
わが娘など、10代の頃は全く知らなくて、
滅多に行くことのない東京で、せっかく渋谷駅に降りた時も、
「犬の銅像?別に見なくていい」と
簡単にスルーしてしまったほどだけれど。

その当時の娘のように、元のお話を知らない人ならともかく、
知っている我々にとって、観ようとする時に関心があるのは、
どんなお話なのかではなく、どう描かれるのかだ。
まして、ともすればスルーしそうな内容を
是非観たいと待っていたのは、ラッセ・ハルストレム監督だったから。
全編、軽やかで明るいコメディ『カサノバ』はともかく、
『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』や『やかまし村の子どもたち』などは
小さな子供たちを愛おしむ目線で作られている。
もちろん大人たちが主人公の作品が多いのだが、
誰かの傷ついた心をきちんと描きながら、
日常の僅かな何かを見過ごさず、そこかしこにユーモアも交えながら、
いつも誠実で真摯な立ち位置が変わらない気がする。
どことなく品が良くて、音楽が美しくて、
長く静かに心に残り続ける作品ばかり。
今回もまた、その例に漏れることがない。流石。

今回は、何だかんだ言っても犬が主人公のお話。
どんな切り口になるのだろうと思っていたら、
作品の中に何度も登場するのは、ハチの目線。
これは、ハチを取り巻く人間たちのお話ではなくて、
ハチの物語なのだと言われているようだ。
たくさん登場して、あれこれ喋っている人間たちは
あくまでも脇役なのだ。

低い位置から見上げるモノクロの画面には
ハチの言葉などはかぶさりはしないが、
その時その時の心情が推し量れる構図で、
お話の流れを止めない程度に、巧いバランスで組み合わされている。
それは、理由もわからず日本を後にする時や、
右も左もわからない異国の夜の駅で、
笑顔で抱き上げてくれた見知らぬ男を見上げた時から、
その生涯を閉じようとする時まで、ずっと変わらない。

どうしても、『忠犬ハチ公』というイメージもあり、
字幕の中にも『忠犬』という言葉が出てくるけれども、
ハチにとって、パーカーは(もちろん命の恩人ではあるが)
いちばん会いたい大好きな人というだけなのじゃないかと思う。
あの、立ち上がったら大人くらいある、力の強そうな大きな犬は、
余程の時を除いて、庭の隅の物置小屋が居場所。
とても愛され、家族の一員であると言っても、
無闇に人間の暮らす部屋には入れない。
そのあたりのきちんとした線引きも好ましく、
秋田犬に似合っている気もする。
(あるいは、人間の都合で溺愛されているペットではない様子が
 わたしの性格に合っているのかもしれない。)
だからこそ、パーカーが庭に出てきた時、通勤の時は
小屋を飛び出し、パーカーの傍にやってくるんだろう。
仕事から帰ってくるのも、駅で待っていれば、
少しでも長い時間、一緒にいられるものね。
家族たちが家の中で楽しそうな時、悲しそうな時、
ハチはいつも小屋の隙間から、切ない目をして眺めていたものね。
そう思ったのは、
あのモノクロのハチの目線があったからなんだろう。


何だか、観た時よりも今のほうが、
たくさんの場面が思い出され、言葉が出てこなくなっている。
大好きだから、少しでも早く会いたい。
一緒にいたいから駅まで送って行く。
もう1度会いたいから、帰ってくるまで待っている。
今日、叶えられないなら明日かもしれないから、
明日、もう1度そこまで行く。
季節が変わっても、何千回それが繰り返されても、
ほかの誰が忘れても、彼だけは忘れずに帰りを待っている。
ただ、会いたいから、
いつ、彼がそこに現れてもすぐにわかるように、
ひたむきに大好きな人を待っている姿に
胸がいっぱいまで詰まりつつ、
温かい涙がほろほろほろほろとこぼれ落ちるのだ。


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それにしても。
「ここでじっとしてろ」と言われたら、是非動きたい。
「これは齧っていい」と言われても、どっちだっていい。
細い隙間があったら、是非擦り抜けたい。
邪魔なものがあったら、強行手段で潜り抜ける・・・
小さな子って、犬も人間もおんなじよね。
だから、ほっとけないし、だから、可愛いの。

そういえば。
わたし、先週も犬の映画を観たんだったわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わが近所では、日本語吹き替え版の上映が多いが、
今回は幸いにも、何とか選べる時間帯だったので、
(吹き替えの顔ぶれが苦手だったりして)
午後の遅めの時間ながら、字幕版で観ることができた。
字幕版、といえども日本人向けの日本語字幕なので、
唯一、日系人が日本語で語るシーンで、
英語字幕がついていてちょっとビックリ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


tinkerbell_tomo at 20:18│Comments(20)TrackBack(50) 洋画【は】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『HACHI約束の犬』 (2008)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   August 08, 2009 21:28
原題:Hachiko:ADog'sStory監督:ラッセ・ハルストレム出演:リチャード・ギア、ジョーン・アレン、サラ・ローマー、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、ジェイソン・アレクサンダー試写会場 : 松竹試写室公式サイトはこちら。<Story>アメリカ東海岸。郊外のベッドリ...
2. HACHI 約束の犬  [ 勝手に映画評 ]   August 08, 2009 21:34
1987年の映画「ハチ公物語」のリメイク版。舞台をアメリカ東海岸の架空の街ベッドリッジに設定して作られていますが、話の大筋自体は、元々の「ハチ公物語」のままになっています。 この映画、“一応”主演はリチャード・ギアですが、本当の主演はHACHIを演じた犬達でしょう...
3. 「HACHI 約束の犬」:西葛西駅前バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   August 08, 2009 22:01
{/hiyo_en2/}この駅、地下に駐輪場があるのよ。 {/kaeru_en4/}チュウリン場? {/hiyo_en2/}そう、チュウリン場。 {/kaeru_en4/}じゃあ、ハチ公もいるのか? {/hiyo_en2/}何で? {/kaeru_en4/}チュウリン・ハチ公。 {/hiyo_en2/}・・・・・・。 {/kaeru_en4/}無視するな。 {/...
4. HACHI 約束の犬/リチャード・ギア  [ カノンな日々 ]   August 08, 2009 22:30
まさか『ハチ公物語』がアメリカでリメイクされるとは思わなかったですよね。なんでもあちらの小学校などで絵本が話題になってるんだとか。いつもなら日本の物語をアメリカに描けるわけないって否定的に感じちゃうんですけど、この作品に関しては予告編を観て「これは意外と....
5. 「HACHI??約束の犬」やっぱり秋田犬  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   August 08, 2009 22:59
世界で一番可愛いのは、やっぱり秋田犬だろう。 そして、世界で最も忠犬なのは、ハチ公と南極観測基地のタロとジロなのだ。
6. HACHI 約束の犬  [ とりあえず、コメントです ]   August 09, 2009 00:22
日本から遥々アメリカへとやってきた秋田犬の一生を描いた作品です。 観る前はどうかなあと思っていたのですけど、“忠犬ハチ公”をモデルに さらりとした一遍の詩のような雰囲気の物語を創り出していました(^^)
7. 【100.0Kg】 「HACHI 約束の犬」を観てきました♪  [ 街のクマさん 炎のダイエット日記 ]   August 09, 2009 01:19
皆さん、こんばんわ♪ ブログの更新、結構サボっちゃったかな??ご無沙汰な感じです。 もう、日付が替わってしまいましたが、今日からクマは夏休みです。実に9日間ありますので、有意義に過ごして参りたいものです。(^0^)
8. HACHI 約束の犬  [ LOVE Cinemas 調布 ]   August 09, 2009 03:22
1987年公開の『ハチ公物語』のハリウッドリメイク作品。主演のリチャード・ギアは送られて来た脚本を読んで涙がとまらなかったといいます。そんな彼が主演だけでなく製作にも参加。監督は『ショコラ』のラッセ・ハルストレム。共演には『デス・レース』、『ボーン・アル...
9. 「HACHI 約束の犬」試写会、感想。  [ Beinthedepthsofdespair ]   August 09, 2009 09:25
何だろう? 先の展開は読めて、分かっていても、ストーリーテリングが予定調和過ぎていても、やっぱり、動物物は、すっごい安易ですけど、何度も言いますが、「分かっていても」泣けます。結局、犬って、喋らないじゃないですか? だから、人とのコミュニケーションも一...
10. HACHI 約束の犬  [ Akira's VOICE ]   August 09, 2009 10:25
泣いてもうたワン。。  
11. 『HACHI 約束の犬』(@「シネマのすき間」)  [ ラムの大通り ]   August 09, 2009 10:54
-----あらあら。 えいが、またまた目を真っ赤に腫らして帰ってきたよ。 そうなることは、行く前から予想がついていたのに やっぱりニャあ。 えっ、予想がつくような映画ってニャにかって…。 それは、この時期だもの決まっているよ。 『HACHI 約束の犬』。 公開日がこれまた...
12. 日本の心。『HACHI 約束の犬』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   August 09, 2009 11:40
8月8日に劇場公開される映画。主人の帰りを待ち続ける忠犬ハチ公の姿をアメリカを舞台に描いた作品です。
13. 『HACHI 約束の犬』・・・犬と人間の主従を超えた友情の物語  [ SOARのパストラーレ♪ ]   August 09, 2009 13:41
正直DVD待ちでもいいかなと思い始めていた先週半ば、NHK朝のニュース枠内でリチャード・ギアのインタビューがあり、出社前の忙しい時間帯だったがついつい見入ってしまった。彼の話すこんな趣旨の言葉にとても惹かれたのだ。
14. 試写会「HACHI 約束の犬」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   August 09, 2009 17:45
2009/7/24、東銀座の松竹試写室。 シネマスクランブルの独占試写会。 ブロガー限定。 確か感想をアップする条件だったと思うが、 どこにアップするか指定があったかどうかはっきりしない。 **   リチャード・ギア、ジョアン・アレン、サラ・ローマー、 エリック・アバリ...
15. HACHI 約束の犬  [ 象のロケット ]   August 09, 2009 20:18
アメリカ郊外のベッドリッジ駅で、帰宅途中のパーカー・ウィルソン教授は秋田犬の子犬を偶然保護する。 「ハチ」と名づけられた子犬は、いつからか毎朝駅までパーカーを見送り夕方5時になると出迎えるのが日課となった。 駅に集まる人々の心も和ませていたハチ。 その幸せ...
16. HACHI 約束の犬/Hachiko:A Dog's Story  [ いい加減社長の日記 ]   August 09, 2009 21:26
ストーリーは、読めるし、ハチ公は日本だろ、みたいな気持ちもあるものの。 リチャード・ギアは、結構好きだし、どういうふうに仕上がったのか気になって、「HACHI 約束の犬 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通かな、ちょっと少なめかも。 「HACHI 約束の犬 ...
17. HACHI 約束の犬  [ 小部屋日記 ]   August 09, 2009 22:47
Hachiko: A Dog's Story(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:ラッセ・ハルストレム 出演:リチャード・ギア/ジョーン・アレン/サラ・ローマー/ケイリー=ヒロユキ・タガワ/ジェイソン・アレクサンダー/エリック・アヴァリ ベッドリッジ駅、午後5時。 駅にはいつも君...
18. 『HACHI 約束の犬』 試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   August 10, 2009 15:28
アメリカ、郊外のベッドリッジ駅。寒い冬の夜に、迷い犬になった秋田犬の子犬を保護したパーカー・ウィルソン教授は、妻ケイトの反対を押し切って子犬を飼うことに。首輪のタグに刻まれていた漢字から、ハチと名づけられた子犬は、パーカーの愛情を受けてすくすくと成長して
19. HACHI 約束の犬 日本語吹き替え版  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   August 11, 2009 00:01
秋田犬(あきたいぬ)は主人に忠実な犬で、風格を持っている。その誇り高い秋田犬HACHIが、主人のパーカー教授(リチャード・ギア)に示す愛おしい表情はどんな名優の演技もしのぐ。犬の視線や色彩感覚を模したカメラアングルが、HACHIの心情をしっかりと描き出している。
20. 〜『HACHI 約束の犬』〜 ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   August 11, 2009 20:33
2008年:アメリカ映画、ラッセ・ハルストレム監督、リチャード・ギア主演。
21. 映画 「HACHI 」 の感想です。  [ MOVIE レビュー ]   August 12, 2009 17:34
「HACHI 約束の犬」を観てきました。私がいつも行くシネコンでは吹き替えバージョンしか上映していなかったので、仕方なくと言ったら吹き替えファンの方に怒られるかも知れませんが・・・、私はたぶん、吹き替えを映画館で観たのは初めてだったと思うけど、とにかく吹き替え...
22. HACHI 約束の犬  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   August 12, 2009 19:44
わんこ祭りだ〜!第2弾! イラスト描いてて言うのもナンですが、パーカー教授はHACHIが跳びついて泥だらけになろうとも「ハッチィ〜 」 と目...
23. HACHI 約束の犬  [ 心のままに映画の風景 ]   August 13, 2009 12:02
アメリカ郊外のベッドリッジ駅。 大学教授パーカー(リチャード・ギア)は、迷子になった秋田犬の子犬を放っておけずに家へ連れ帰る。 妻ギ..
24. 『HACHI 約束の犬』 ('09初鑑賞103・劇場)  [ みはいる・BのB ]   August 13, 2009 12:29
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 8月8日(土) 神戸国際松竹 スクリーン4にて 12:35の回を鑑賞。
25. 『HACHI 約束の犬』の約束は?  [ 映画のブログ ]   August 16, 2009 01:08
 パーカー・ウィルソン教授を演じたリチャード・ギアは、「忠犬ハチ公」に違和感を覚えたという。 ---  日本人にはなじみ深い忠犬の物語の..
26. 『HACHI 約束の犬』(吹替版)  [ 京の昼寝〜♪ ]   August 16, 2009 11:07
□作品オフィシャルサイト 「HACHI 約束の犬」□監督 ラッセ・ハルストレム □脚本 スティーヴン・P・リンゼイ □キャスト リチャード・ギア(声:北大路欣也)、ジョアン・アレン(声:真矢みき)、サラ・ローマー(声:高島 彩)、ダヴェニア・マクファデン(...
27. 『HACHI 約束の犬』(吹替版)  [ 京の昼寝〜♪ ]   August 16, 2009 11:48
□作品オフィシャルサイト 「HACHI 約束の犬」□監督 ラッセ・ハルストレム □脚本 スティーヴン・P・リンゼイ □キャスト リチャード・ギア(声:北大路欣也)、ジョアン・アレン(声:真矢みき)、サラ・ローマー(声:高島 彩)、ダヴェニア・マクファデン(...
28. 『HACHI 約束の犬』  [ めでぃあみっくす ]   August 16, 2009 12:03
予告編の段階から号泣でしたが、いざ本編を見てみるとさほど号泣することはありませんでした。でもそれは決してこの映画が物足りないと感じた訳ではなく、犬に対する愛と敬意がしっかりと詰まった内容に悲しい感情ではなく温かな感情が私の心を覆ったからなんです。 個人的....
29. HACHI 約束の犬  [ 欧風 ]   August 16, 2009 18:20
金曜は試写会が当たったので行ってきた??。 今回観たのは、「HACHI 約束の犬」。ん?HACHI?って思うでしょ?そう、これは、あの日本の実話、忠犬ハチ公物語のハリウッドリメイク版。ハチ公の御主人様(メイド喫茶ではなく)はリチャード・ギア。 話としては、旅行か...
30. HACHI 約束の犬  [ 花ごよみ ]   August 16, 2009 20:25
リチャード・ギアが主演。 ウィルソン教授を演じています。 監督は、ラッセ・ハルストレム。 もう一人の主人公、 いやもう一匹の主人公は「犬」ハチ。 字幕版で見ました。   午後5時のベッドリッジ駅、 教授の帰宅を駅前で待ち続けるハチ。 とにかく目を瞠る犬の演技...
31. HACHI 約束の犬  [ You got a movie ]   August 16, 2009 22:36
監督 ラッセ・ハルストレム キャスト リチャード・ギア ジョーン・アレン サラ・ローマー ケイリー=ヒロユキ・タガワ ジェイソン・アレクサンダー  親日家のリチャード・ギアがストーリーに惚れ込み、製作にも加わっ...
32. 映画「HACHI 約束の犬」  [ FREE TIME ]   August 16, 2009 23:50
映画「HACHI 約束の犬」を鑑賞しました。
33. HACHIのご主人 『上野英三郎』さん(津市)  [ やっほっほ〜 ]   August 17, 2009 22:08
大正から昭和へと時代が変わるころ、渋谷駅で亡き飼い主を待ち続ける一匹の秋田犬がいた。犬の名前はハチ。 後に「ハチ公物語」として87年に映画化。今回、物語は海を越えハリウッド版としてリメイク。主演のパーカー役はリチャード・ギア。 ところで 本当...
34. HACHI 約束の犬  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   August 18, 2009 21:12
毎日仕事から帰ってくる主人を駅まで迎えに行き、主人が亡くなった後もずっとその帰りを待ち続けた秋田犬・ハチ。その姿は東京・渋谷駅に銅像として残り、今も多くの人の心の中にいき続けている。 1987年に公開され大ヒットを記録した『ハチ公物語』。渋谷の駅前で帰らぬ...
35. レビュー:HACHI 約束の犬  [ シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記 ]   August 18, 2009 21:19
[日本の実話がモデル][動物物][絆][家族][年月の流れ][感動][洋画][実写][スコープサイズ][93分] 泣ける度:★★★★★ 公開日: 2009年8月8日 監督: ラッセ・ハルストレム 出演: リチャード・ギア、ジョーン・アレン、サラ・ロー....
36. HACHI 約束の犬  [ future world ]   August 20, 2009 23:54
誰もが結末を知っている物語・・・ わかっていてもやっぱり泣けるんですよね。。 ハチの仕草が全てが・・たまらんのです。。 「ハリウッドでハチ公物語」・・・まさか洋犬が忠犬? プードルやテリアはありえんし、賢そうなレトリバーやシェパードでも ‘秋田犬ハチ....
37. HACHI 約束の犬◇Hachiko: A Dog's Story  [ 銅版画制作の日々 ]   August 21, 2009 14:39
ベッドリッジ駅、午後5時。駅にはいつも君が待っていた。ハチ〜〜!と呼ぶリチャード・ギアの声が耳に残ります。 8月20日、MOVX京都にて鑑賞。毎月20日はMOVXディーということで、1000円で鑑賞できるので、仕事の帰りに行きました。日本人に愛された感動の実話“...
38. HACHI 約束の犬  [ ★試写会中毒★ ]   August 23, 2009 03:23
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)     シネマメディアージュ にて鑑賞  監  督:ラッセ・ハルストレム キャスト:リチャード・ギア       ジョーン・アレン       サラ・ローマー       ケイリー=ヒロユキ...
39. 『HACHI 約束の犬』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   August 31, 2009 01:37
上映時間が短い作品でもあったので、うまく時間の都合がついた時に観られるっていう意味では間をぬって観られた、『HACHI 約束の犬』。 犬を題材にした作品って、犬好きにはたまらないですね。 ******************** 長年日本人に愛されてきた感動の実話“ハチ公物語...
40. HACHI 約束の犬  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   August 31, 2009 22:27
 『ベッドリッジ駅、午後5時。 駅にはいつも君が待っていた。』  コチラの「HACHI 約束の犬」は、日本で一番有名かつ愛され続けているあの「ハチ公」の、1987年に本国日本でも映画化された感動の実話を、ハリウッドが再び映画化し8/8に公開されたハートウォーミング・....
41. HACHI 約束の犬  [ 週末映画! ]   September 05, 2009 14:37
映画 「HACHI 約束の犬」の感想・評論のまとめ
42. HACHI 約束の犬  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   September 10, 2009 00:46
HACHI 約束の犬’08:米 ◆監督:ラッセ・ハルストレム「カサノバ」「ギルバート・グレイプ」◆出演:リチャード・ギア、 ジョーン・アレン、 サラ・ローマー 、 ケイリー=ヒロユキ・タガワ 、 ジェイソン・アレクサンダー ◆STORY◆アメ....
43. 映画:HACHI 約束の犬  [ よしなしごと ]   September 10, 2009 03:25
 HACHI 約束の犬を観てきました。最近、出張だったり、ドラクエにはまっていたり、教習所に通ったりで記事にするのがだいぶ遅くなりました(汗)
44. HACHI 約束の犬(’09)  [ Something Impressive(KYOKO??) ]   September 24, 2009 13:51
先日、新宿ピカデリーで見ました。リチャード・ギア主演、日本のハチ公実話をハリウッド映画化、とのことで、やや気になった作品でしたが、一緒に出かけてた母がCMで見て良さそうと気になっていたようで、ということもあり「宇宙へ。」に続いて見てきました。 リチャード...
45. 「HACHI 約束の犬」(HACHIKO:A DOG'S STORY)  [ シネマ・ワンダーランド ]   February 02, 2010 21:22
「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」や、「シッピング・ニューズ」「サイダーハウス・ルール」などの作品で知られるスウェーデン出身の名匠、ラッセ・ハルストレムが、メガホンを執った大学教授と迷い犬との交情を描くヒューマン・ドラマ「HACHI約束の犬」(2008年...
46. HACHI 約束の犬  [ 単館系 ]   February 08, 2010 22:51
フジテレビジョン50周年記念作品。 ハチ公物語のリメイク。 字幕版を鑑賞。 ハチ公物語は渋谷が舞台だったですがこの作品では架空の土地の..
47. 「HACHI 約束の犬」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   February 10, 2010 09:22
う〜〜〜ん♡ HACHIが可愛い!!!
48. DS かわいい仔犬DS3  [ ゲーム 攻略 サイト ]   March 21, 2010 11:23
ペット育成ゲームのシリーズ最新作がDSで登場
49. 『HACHI 約束の犬』'08・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   May 29, 2010 18:45
あらすじ郊外のベッドリッジ駅で秋田犬の子犬を保護した大学教授のパーカーは、その子にハチと名付けて飼い始めるが・・・。感想言わずと知れた『ハチ公物語』のリメイク。日系3世...
50. HACHI 約束の犬  [ 映画 大好きだった^^ ]   December 09, 2010 12:30
2009年、リチャード・ギア主演の作品。地デジやらBSをザッピングしてたらたまたまやってて、”ちょっとだけ観てみるか”と思っていたら、ぐいぐい引き込まれて結局最後まで、 ...

この記事へのコメント

1. Posted by rose_chocolat   August 08, 2009 21:31
これは字幕版で鑑賞していただいた方が、ケイリー=ヒロユキ・タガワさんのシーンの意味が伝わってくると思います。 ある意味、この映画の一番伝えたいことがここに集約されているようにも思いました。

柔らかいタッチで淡々と、丁寧に作られていて、好感が持てました。
2. Posted by ◆rose_chocolatさま   August 08, 2009 21:58
吹き替え版が多い中、今回は字幕で観れてラッキーでした。
いい位置で日系人が登場するな、と思っていたら、
とっておきのシーンが用意されていましたね。
確かに、ここが一番大事なところですものね。
ここを吹き替えで観たら、どうなんでしょう。

いつも、静かな期待を裏切ることがないハルストレム監督、
今回もまた、好感度の高いいい作品を作ってくれました。
3. Posted by AKIRA   August 09, 2009 10:30
切なかったですね。。
あの目線は反則です。。^^;

感動する秀作だったんですが吹替えのせいか,
いまいち入り込めませんでした。

 次は字幕で観たい・・・。
4. Posted by maru♪   August 09, 2009 16:56
こんにちわ♪
TBありがとうございました!
こちらからもTBお返ししたかったのですが、
yaplogとlivedoorさんの相性が悪くはじかれてしまいました(涙)
コメントで失礼させていただきます。

犬達の演技が良かったですね。
彼らの演技を引き出したスタッフさんや俳優さんたちは素晴らしいと思います。
きっといい関係が築けたんだと思います。

リチャード・ギアですら脇役という描き方が好きでした。

また、遊びに寄らせていただきますね!
5. Posted by KGR   August 09, 2009 17:58
TB/コメントありがとうございます。

吹き替えが全部だめと言うつもりはありませんが、
吹き替えの評判はいまいちのようですね。

具体的にはどこがどうだったんでしょうか、気になります。
6. Posted by SOAR   August 09, 2009 18:49
モノクロのハチ目線映像が本当に巧みでしたね。
頭の傾き具合も正確にトレースされていて、まんまハチの心情が伝わる感じがしました。
夜のホームに迷い出てしまったハチを追うカメラも人間が見下ろすアングルではなく、ハチの高さ。行き交う人々の足元で戸惑うハチの様子が上手く表現されてましたね。

あの日本語で語りかけるシーンは全編英語だからこそ効果的なんだと思います。近隣の各シネコンすべて吹替えだったため妥協してしまいましたが、できればオリジナル音声で観たかったです。
7. Posted by ◆AKIRAさま   August 09, 2009 19:41
どっちかというと犬が好き、という程度のわたしだけれど、
我が家に迷い込んだ子犬を飼った経験があって、
その時の安心したよう(に感じた)な目や、
我が家の家族以外には絶対に懐かなかった怖がりの犬を思い出しました。
そのせいでもないんでしょうが、涙が自然にどんどん出てきて止まらなくて…

わたしは珍しく字幕版が選べたのでとても自然に観ることができたけれど、
吹き替えしかないところが多いのが困っちゃいますよね。
何かの機会に、字幕でご覧になれますように・・・
8. Posted by ◆maru♪さま   August 09, 2009 19:51
せっかくTBいただいたのに、受け取れなくて申し訳ありません。
時々、相性の悪さがあるようで、ご迷惑をおかけしてしまいます。
これに懲りず、今後ともどうぞよろしくお願いします。

子犬、成犬、老犬と、それぞれ違う犬だったのはよくわかりつつも、
まるで1匹のような違和感のなさ。
どの犬も、本当にリチャード・ギアが大好きという表情を見せていますもんね。
この作品の主演男優賞はハチたちですね。

人間たちにとってのハチを描くのではなく、
ハチがどんなにパーカーを愛したのか、というお話に
素直に心打たれるのですね。
こんな作品になっていて、出会うことができてよかったですね。
9. Posted by メグ   August 09, 2009 19:51
悠雅さま こんにちは。
関東地方だけだったかもしれませんが、20数年前に上映された日本版「ハチ公物語」が土曜日にTV地上波放映されました。そしてそのオリジナル映画は、見終えて「あれ?『ハチ公物語』ってこんな映画だったの?」といういささかガッカリ感が残ったのですが、はてさてリメイク版は・・・と思いましたら、さすが!ハルストレム監督の手にかかるとこのような美しい映像のシャレた良質作品に変身するのね、と感心いたしました。皆さんもおっしゃってますがハチ目線映像のアイディアがとっても良かったです。最後は・・・わかっていてもやっぱり涙が幾度も流れ落ちました。
ハチ、可愛い!!演技がとても上手でしたね♪
10. Posted by ◆KGRさま   August 09, 2009 20:01
こちらこそ、いつもありがとうございます。

わたしは単純に、吹き替えの顔ぶれがちょっと苦手かな、と思って、
幸い、字幕版があったので迷わず選べたんですが、
そんな個人的趣味は別にしても、
どうしても、唯一日本語だから生きる場面が曖昧になるので、
字幕のほうがよかったという意見が多いのでしょう。

この作品に限らず、日本全国どのスクリーンでも
どちらか片方というのではなく、選べるような上映だといいんですけれど。
11. Posted by ◆SOARさま   August 09, 2009 20:08
ただ単に、低い目線から風景を撮るのではなく、
ハチの感情を感じ取らせる映像であるのが素晴らしかったですね。
モノクロの画面が挿入されるタイミングも長さも傾き加減も
気持ちはすっかりハチになって撮影され組み入れられたものだと思えます。
それほど、犬を愛し犬に愛されている人たちが作った作品だったのでしょう。
それがそのままストレートに伝わるので、
わたしたちはわかっていても、素直に涙を誘われるのですね。

わたしが通うシネコン2つも、片方は全部吹き替えばかり、
辛うじて、1つのシネコンが1日のうち少しだけ字幕で上映してくれたので、
今回は残念な思いをしなくて済んだのですが、
できれば、何とか選べる上映にしていただきたいですね。

これから上映される作品も、吹き替えに妥協せざるを得ないものが多そうで
だんだんフラストレーションがたまりそうな気がします。
12. Posted by ◆メグさま   August 09, 2009 20:19
こんばんは♪

ひょっとしたら、関西でも放送があったのかもしれませんが、
わたしは全く気づかなかったので、やはり関東だけだったかしら…
わたしは、おおよその筋書きは知っていても、映画は未見だったと思いますが、
案外観てみたら、肩透かしな感じなのかもしれないですね。

でも、流石、流石。ハルストレム監督ですね。
「この監督の作品にハズレなし」と思う監督はたくさんいらっしゃいますが、
ハルストレム監督はその中でも絶対間違いない、と思うお1人ですよね。
題材だけならスルーかな、と思ってたのに、監督を信じて観に行って正解でした。

ハチの感情がそのまま伝わるハチ目線のモノクロ映像がよかったですよね〜。
監督のコメンタリつきでDVDで見直したいです。
13. Posted by にゃむばなな   August 16, 2009 12:02
犬を形だけの主人公にしなかったのは、やはり製作陣が犬好きだからなんでしょうね。
私もハチ目線の映像があったことには凄く好感が持てましたよ。
14. Posted by ◆にゃむばななさま   August 16, 2009 16:52
人間にとっての犬のお話ではなくて、
ハチの、パーカーとの出会いと暮らしと再会を待つ日々の物語であったことが
何より嬉しい作り方でした。
ハチ目線があったことで、つい忘れがちな犬たちの視野や心情を想像できましたよね。
人間の都合でペットとして溺愛する付き合い方をしせず、
心からの友達として付き合っている人たちが作った作品だということが
とてもよく伝わる作品でした。
15. Posted by Ageha   August 19, 2009 23:03
字幕で見れないならスルーだったんですが
ちょうどいい時間帯に字幕版が見れて良かったです。
日本語で語りかけるシーンは字幕版でこそ生きてくるので、出来たら字幕で見てほしい作品。

最初こそ、アメリカで秋田犬、
ギア様のヘィハチ〜はすんごく不安だったんですがど〜してど〜して号泣でした。

あくまでも主役はハチだってのも良かったし、
忠義というより
全身でありったけの思いをパーカーにぶつけてくるハチの愛に感動したのでした。
16. Posted by ◆Agehaさま   August 20, 2009 18:40
わたしも田舎にしては珍しく、幸いにもギリギリで字幕版が観れたのですけど、
案外、吹替え版しかないシネコンが多いようで、
字幕で観たくても観れなった方が思いのほか多かったようです。
吹替えのほうが都合がいい方も多いでしょうが、
できれば、選べるような上映だったらよかったのにと思います。

確かに、何故、アメリカで秋田犬?と思いましたよね。
でも、流石ハルストレム監督、泣かせる演出じゃないのに
涙が次から次へと誘われてしまいました。

当初のイメージは「忠犬」だったけれど、ハチは忠義云々ではなく、
ただ、パーカーが大好きだから会いたかった、それだけだったんですよね。
それがハチの気持ちになってわかるモノクロの目線が素晴らしかったです。
17. Posted by miyu   August 31, 2009 22:27
あの隙間のある小屋で寝泊まりしていて、
強風の日に家に入れてもらって、
それ以降なし崩し的に家に入っちゃうのかな?
と思ったら、そうでなかったですよね。
おっしゃるように、人間の自分勝手な溺愛じゃないところが、
ハチにとっても心地良かったのかもしれませんね。
18. Posted by ◆miyuさま   September 01, 2009 09:30
最初は、家族と一緒の生活スペースに寝起きして、
溺愛されていくんだろうかと思ったんだけど、
嵐の夜以外は、お祝いであろうと、悲しい夜であろうと、
いつもハチを人の生活に巻き込まない・・・
人と犬の生活に一線を画していたところがとっても好きだったし、
それが秋田犬に似合っているようにも思いました。
19. Posted by なな   September 05, 2009 23:13
わたしは字幕版と吹き替え版と両方観ました〜
もちろん字幕版の方が好みですが
吹き替えのパーカー教授の声(北大路さん)も思ったよりずっとよかったです。
しかし教授の娘役の吹き替えは棒読みでした・・・。

ハチの一途さは,「忠犬」のそれというよりは
やはり「大好きな相手への愛」ですよねぇ。
生涯の大半を教授を待つことに費やしたハチの物語は
私には恋物語のようにも思えました。
20. Posted by ◆ななさま   September 06, 2009 17:08
まぁ、両方ご覧になったんですか。
娘役はもちろん、北大路さんの声も不評が多いのですけど、
ななさんはそうでもなかったご様子、よかったです。
「これは嫌だ」と思って観るのと「OK」で観るのとでは
全体の印象まで変わってしまいますもの。

そもそも、植えつけられたイメージが「忠犬」なのだけれど、
それが本当は違うのかもしれませんよね。
本家ハチも、パーカーのハチも、
ただ、それぞれの大好きな相手である教授に会いたかっただけだと思います。
わたしも、ほとんど恋だと思いました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔