August 27, 2009

南極料理人

イクラのおにぎり。伊勢海老のフライ。特製ラーメン。
南極料理人








■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: 堺  雅人    生瀬 勝久
    高良 健吾    きたろう
    豊原 功補    西田 尚美
    古舘 寛治    小浜 正寛
    黒田 大輔    小野 梨花
    小出 早織    宇梶 剛士
    嶋田 久作
監督: 沖田 修一
2009年 日本 125分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

料理人は言う。
おいしいもの食べると、元気が出るでしょ?
ほんとよね。
でも、これを観てたらおなかがすいて困っちゃう。



物語は。


1997年、海上保安庁に調理担当として勤務していた西村は、
本人の希望とは裏腹な巡り合わせで
南極観測隊の調理担当として派遣された。
可愛い動物たちはもちろん、ウィルスも生存できない極寒の地、
標高は富士山よりも高く、気圧が低い【南極ドームふじ】。
そこで、1年以上、8人の男たちが共に生活をして任務に当たるのだ。
気象学者の“隊長”以下、
雪氷学者の“本(もと)さん”雪氷サポートの“兄(にい)やん”
医療担当の“ドクター”、車両担当の“主任”、
通信担当の“盆(ぼん)”、大気学者の“平さん”
そして、調理担当の“西村さん”。

自分のやりたい仕事が、偶々ここにしかなかったので
派遣されてきた隊員がいれば、
何故か、企業からの派遣されてしまった者あり、
ほとんど無理矢理連れて行かれた者あり。
家族や恋人と離れ離れの生活を嘆く者あれば、楽しむ者あり。
それぞれ、専門家として与えられた任務以外でも、
共に生活をする仲間でもある。
毎日、西村が作った料理が食卓にところ狭しと並び、
彼らはいつも共に食卓を囲んでいる・・・



南極観測隊の調理担当として派遣された西村と、
共に1年余りを過ごした男たちとの、南極での日常を描くお話。
それぞれの専門分野の紹介や、
派遣された場所のおおよその説明はあるものの、
描かれるのは、美しいオーロラや、過酷な嵐などではなく、
共に暮らし、共に食卓を囲む男たちの生活だ。

日本の基地から遠く離れた内陸部、
標高は富士山より高く、ウィルスさえ生存できない孤立無援の土地で、
1年以上にわたって任務にあたる男たち。
「南極観測隊」というと、
子供の頃には、紅白歌合戦には昭和基地から必ず電報が届き、
「南極越冬隊の皆様、頑張ってください」なんて呼びかけていた…
という記憶はあるけれど、
実際には何も知っているわけじゃなかったと改めて気づく。
そこは、
過酷な気象条件のもと、野獣などに襲われる心配もないし、
ウィルスも生きられないのだから、風邪も引かないけれど、
訪ねてゆく場所も人も、訪ねてきてくれる人もない。
ただ、限られた生活スペースの中、物資の節約をしながら、
来る日も来る日も、同じ顔を突き合わせながら、
淡々と仕事をこなしてゆかなければならない。
そんな彼らにとって、最大の楽しみは1日3回の食事だ。
基地外に堆く積まれた冷凍食材を使い、
西村が丁寧な仕事をしたプロの料理が食卓を賑わせる。

『かもめ食堂』や『めがね』のフードスタイリスト飯島奈美さんのお料理が
これでもかというほど美味しそうなのは言うまでもないが、
ごく日常的なお料理なのに、かなりお洒落に見えた2作よりも、
繊細さもあるものの、がっつり食べる男たちの料理という感じがして、
(食堂内の風景や、食器なども全く違うもんね)
その美味しそうな具合は半端じゃなかった。
かなり豪華なメニューがいろいろ並んだけど、
あんな極地で、あんな過酷な環境で、逃げ出すことも許されず、
ひたすら職務に向き合う人たちに、
せめて美味しいものを食べさせてあげたくなる。
あんな場所で粗食ばっかりだったら辛すぎるもの。
何かというと食べている出演者たち、
いつも本当に美味しかったんだろうな・・・

それでも、男たちはみな、特別に料理を褒めることもなく、
ただ、わしわしわし、と食べる。ひたすら食べる。
「黙って食べてないで、そこで、一言、おいしい、って言いなさい!」と
どうしても作った者の側に立って思うのだが、
月日が経って、徐々にワイルドな風貌になってゆく男たちは
みな一様に、ほとんどの場合、出された食事に
誰もおいしいとも、ありがとうとも言わない。
でも、本当はわかってるよ。
誰も何にも言わないけれど、何も言わずにがつがつ食べてしまうほど、
食事が本当に美味しいこと。
きっと、幸せを感じながら、ごはんを食べていること。

でも、
時には、自分が置かれた状況に拗ねてしまう者があったり、
どうも、反りが合わない者があったり、
奇行に及ぶ者があったり・・・
それでも、特別に事件になることもなく、諍いっぱなしでもなく、
信頼関係や親しみは増してゆくにしても、
だから、何がどうということもないまま、淡々と日々を過ごしてゆく。
そのあたりの、べたべたし過ぎない間柄や、
殊更に何かを主張せず、微笑ましいエピソードが並んでいるのがいい。

特に、冒頭の引き込み方から、楽しいのだ。
生瀬勝久にそんなクサい台詞を言わせてなんぼの映画じゃないでしょ?と
一瞬思うのだけれど、それにはそれなりの理由がある台詞。
そういうことだったのか・・・
また、きたろうさんが起用されたのは、
こんなシーンがあったからだったんだわ、と思う「見せ場」(?)、
さらに、ラストも近くなり、何だかすっかりこなれた感じの堺さんが
すたすたと食堂に登場してから、メンバーがわらわらと集まり、、
食事が始まるまでのワンショットの長回し、
堺さんがそんな雰囲気であるせいか、まるで舞台の一場面みたいで、
何か、観て得した気分。
さらに、
生瀬&堺の2人は、『やさぐれぱんだ』の陰の声と青年のコンビで、
そう思って観るせいかどうか、役柄上もそんな風でもあり、
見た目や雰囲気の相性がよく、信頼関係も強そうな感じ。
やっぱり、堺さんって、いい具合に力が抜けてるこんな役柄がいいなぁ。
巧いキャスティングだったと思います(嬉)

・・・
何だか、いつまででも、あれもこれも語れそう。
でも、我が家も夕食の準備をしなくちゃならないので、
今回のお喋りはこのあたりでおしまい。
さぁ、頑張って美味しい晩御飯、作ってこよう、っと。


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この作品は、いつもの近所のシネコンでは上映がなく、
でも、やっぱりどうしても観たかったので、
私鉄の準急1本で行ける、隣県(府だが)のシネコンに初めて行ってみた。
会員カードが共通なのが嬉しい。
ポイントは普通にたまるし、サービス内容も同じだし。
ただ、わが県は早くにできたので、その分だけ古く、
3D上映もないのだけれど
こちらは後発だったために、その分新しい。
近くで上映がない作品が、ここで観ることができるなら、
今後はここまで遠征して観ることにしよう、と思うのでありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


tinkerbell_tomo at 17:13│Comments(19)TrackBack(41) 日本の映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 南極料理人  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   August 27, 2009 19:23
 『おいしいごはん、 できました。』  コチラの「南極料理人」は、実際に南極で料理を作っていた西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を、本作が商業映画デビューとなる沖田修一監督が、主演にあたしも好き♪な堺雅人を迎え、映画化した8/22公開のハートウォーミングな....
2. 南極料理人  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   August 27, 2009 19:35
公式サイト。原作:西村淳、 沖田修一監督、堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作。海岸付近の昭和基地からさらに奥の標高3800メートルのドームふじ基地隊員の1年間の生活の物語。
3. 南極料理人  [ to Heart ]   August 27, 2009 20:01
おいしいごはん、できました。 氷点下54℃、 家族が待つ日本までの距離 14,000km 究極の単身赴任。 上映時間 125分 原作 西村淳 『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』(新潮文庫刊) 脚本・監督 沖田修一 出演 堺雅人/生瀬勝久/きたろう/高良健吾/豊原功補/西田...
4. 「南極料理人」:大島一丁目バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   August 27, 2009 20:38
{/kaeru_en4/}ハトにエサをやるのはまずいかもしれないけど、南極観測隊にはエサをやらないとな。 {/hiyo_en2/}エサ?お国のために極地でがんばっている人たちにエサとは失礼でしょ。 {/kaeru_en4/}あ、これは失言。でも、「南極料理人」に出てくる観測隊員は、探検家という...
5. 『南極料理人』  [ ラムの大通り ]   August 27, 2009 20:57
-----これって、昨年度の映画賞を総ナメにした堺雅人が 南極ドームふじ基地で、8人の男たちのために料理を作るって話だよね。 オモシロそうな、そうでもなさそうな…。 「うん。確かにイメージがつきにくいよね。 この映画では、その舞台がほとんど難局に限られている。 周り...
6. 南極料理人/堺雅人、生瀬勝久  [ カノンな日々 ]   August 27, 2009 21:24
大好きな堺雅人さんの主演映画というだけでも楽しみにしてましたけど、南極料理人というテーマもなかなか面白そうな感じで公開を楽しみにしてました。 出演はその他に、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔、小野花梨、小出早織、宇梶....
7. 南極料理人  [ 勝手に映画評 ]   August 27, 2009 21:35
南極観測隊で調理担当だった西村淳氏のエッセー「面白南極料理人」「面白南極料理人 笑う食卓」を映画化。 原作を読んだことがあるんですが、元々面白いエッセーでしたが、映画になるとは思っていませんでした。映画になっても、その面白さは失われていません。しかしなが...
8. 【南極料理人】極寒の地のゆる〜い日常  [ 映画@見取り八段 ]   August 27, 2009 21:46
南極料理人 監督:  沖田修一 出演:  堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補       公開: 2009年8月 南極って言った...
9. *南極料理人*  [ Cartouche ]   August 27, 2009 21:48
{{{   ***STORY***              2009年  日本 海上保安庁の料理担当である西村は、南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。観測隊員のために西...
10. 南極料理人  [ LOVE Cinemas 調布 ]   August 27, 2009 22:17
実際に南極観測隊の調理担当でドームふじ基地で越冬した西村淳のエッセイを映画化。主演は『ジェネラル・ルージュの凱旋』の堺雅人。他にも現在『山形スクリーム』が公開中の生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功輔ら個性的な俳優が出演。監督はこの作品が商業長編デビュー...
11. 『南極料理人』を観るつらさ  [ 映画のブログ ]   August 27, 2009 22:25
 テアトル新宿は全席指定なのに、『南極料理人』は立ち見が出る盛況だった。  同じくテアトル新宿で観た『インスタント沼』も込んでいた。...
12. 南極料理人  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   August 27, 2009 22:59
海上保安庁の料理人で、南極に派遣された西村淳氏のエッセイ「面白南極料理人」シリーズ。その西村氏の体験を映画化した作品です。「面白南極料理人」シリーズのうち、「笑う食卓」は以前、読んだことがあり、当ブログでも感想 をアップしています。 海上保安庁の料理担...
13. 南極料理人  [ 日々緩々。 ]   August 27, 2009 23:18
本日公開した『南極料理人』、さっそく観て来ました〜 あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -...
14. 南極料理人  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   August 27, 2009 23:57
人が心から楽しみにしている“ごはん”には、こんなにも力があるものなのか。南極を舞台にした異色グルメ映画だが、背景には、家族への思いや仕事の誇り、非日常的空間での人間関係などがあり、見所満載だ。1997年、海上保安庁の調理担当・西村は、南極越冬隊のコ....
15. 『南極料理人』  [ 京の昼寝〜♪ ]   August 28, 2009 08:16
□作品オフィシャルサイト 「南極料理人」□監督・脚本 沖田修一 □原作 西村 淳 (「面白南極料理人」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補、高良健吾、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作■鑑賞日 8月...
16. 【南極料理人】  [ 日々のつぶやき ]   August 28, 2009 11:13
監督:沖田修一 出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補    おいしいごはん、準備中。 「海上保安庁で調理担当だった西村は南極のドーム基地に単身赴任することになった。 生物は全くいない、ウイルスさえ生きられない極寒の地でたった8人だけ
17. 南極料理人・・・・・評価額1550円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   August 29, 2009 00:17
もしもあなたが、一年間の単身赴任を命じられたとしたら・・・? しかもその行き先が、雪と氷以外何も存在しない南極大陸だったとしたら・・...
18. 南極料理人  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   August 29, 2009 01:38
南極の観測基地で、7人の観測員と一人の料理人が繰り広げる共同生活を、コミカルに描く、いわばシチュエーション・コメディー。 物語:海上保安庁の料理担当である西村は、事故にあった先輩の代わりで突然、南極ドームふじ基地に派遣される。 世間で知られる昭和基地で....
19. 南極料理人  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   August 29, 2009 06:33
評価:★★★★[4/5] 小ネタのオンパレードで、まったく飽きさせない。
20. 「南極料理人」 究極の単身赴任  [ はらやんの映画徒然草 ]   August 29, 2009 06:40
今回のサブタイトルは、本作「南極料理人」の予告の中で使っていたコピーです。 もう
21. 南極料理人  [ 象のロケット ]   August 29, 2009 13:29
1997年、海上保安庁に勤務する西村は、南極ドームふじ基地に料理担当として派遣される。 昭和基地から1000キロも離れた内陸の山の上に位置し、ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえも生存できないマイナス54℃の極寒地で、8人の南極観測隊員たちは1年半もの共同生活を...
22. 映画「南極料理人」  [ Playing the Piano is ME. ]   August 30, 2009 22:51
空腹なまま見に行くと、もうやばい、やばい! もう、お腹がグウグウなっていました! 家に帰ったら 普段は「手間がかかるから」と言って滅多に作らない 茶碗蒸しなんて、頑張って作ってしまいました。
23. 『南極料理人』  [ 京の昼寝〜♪ ]   September 01, 2009 12:12
□作品オフィシャルサイト 「南極料理人」□監督・脚本 沖田修一 □原作 西村 淳 (「面白南極料理人」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補、高良健吾、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作■鑑賞日 8月...
24. 『南極料理人』 試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   September 02, 2009 14:39
昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンもいなければウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地。日々研究に励む南極越冬隊員を支えるべく、料理人・西村が単身赴任でやってくる。孤立無援の僻地で、西村はフォアグラ、伊勢エビ、松坂牛など…絢爛豪
25. 『南極料理人』  [ kuemama。の<ウェブリブログのへや> ]   September 02, 2009 17:12
2009年/東京テアトル/125分 【オフィシャルサイト】 監督:沖田修一 出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔
26. 南極料理人  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   September 03, 2009 22:46
西村くん、どうしよう〜、楽すいぅ〜〜。 最初の夕食や朝食の場面で「どんだけメインのおかずがあるんかいっ!」とか「うわ〜堺雅人の料...
27. 男ばっかりの”コント・かもめ食堂”??南極料理人??  [ TSUTAYA×枚方駅前 ]   September 06, 2009 17:29
ハイ、Agehaです。9月になっちゃいました。 先月UPするはずだったんですが、まだ公開中の映画ですのでまあいいかと。 究極の単身赴任はペンギンやアザラシはおろかウイルスさえいないという南極。 しかも空気の薄い内陸地で基地の周りは雪と氷しかない。 ある種...
28. 南極料理人  [ 心のままに映画の風景 ]   September 07, 2009 20:51
日本から14,000キロの彼方、平均気温マイナス57℃という過酷な場所に建つ南極ドームふじ基地。 西村淳(堺雅人)は、総勢8名の男たちの食事を??.
29. ラーメン食べたい!〜『南極料理人』  [ 真紅のthinkingdays ]   September 09, 2009 23:04
 南極・昭和基地からはるか1000キロ、ペンギンやアザラシはおろか、ウィルス さえいない極寒のドームふじ基地。ここで集団観測生活を送る8亮..
30. 南極料理人  [ メルブロ ]   September 13, 2009 12:46
南極料理人 279本目 2009-39 上映時間 2時間5分 監督 沖田修一 出演 堺雅人  生瀬勝久  きたろう  高良健吾  豊原功補  西田尚美  古舘寛治  宇梶剛士  嶋田久作  黒田大輔 会場 テアトル新宿 評価 8点(10点満点)  料理人を主人公に、南極越冬隊の日々....
31. 『南極料理人』(2009)/日本  [ NiceOne!! ]   September 18, 2009 22:17
監督・脚本:沖田修一原作:西村淳主題歌:ユニコーン出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作公式サイトはこちら。<Story>海上保安庁の料理担当である西村(堺雅人)は、南...
32. 南極料理人  [ とりあえず、コメントです ]   September 24, 2009 13:00
西村淳著のエッセイ「面白南極料理人」をもとに創り上げた人間ドラマです。 家族や恋人と離れて1年以上もの間を南極で過ごす8人の男たちの暮らしぶりが可笑しかったです。 次々と出てくる美味しそうな料理にも魅せられました??
33. 南極料理人  [ とりあえず、コメントです ]   September 28, 2009 07:28
西村淳著のエッセイ「面白南極料理人」をもとに創り上げた人間ドラマです。 家族や恋人と離れて1年以上もの間を南極で過ごす8人の男たちの暮らしぶりが可笑しかったです。 次々と出てくる美味しそうな料理にも魅せられました??
34. 「南極料理人」(日本 2009年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   September 29, 2009 21:18
平均気温−54℃。 日本から離れること14,000??。 南極大陸での単身赴任。
35. 南極料理人  [ ★試写会中毒★ ]   October 12, 2009 09:40
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)     試写 にて鑑賞     2009年8月22日公開  監  督:沖田修一 キャスト:堺雅人       生瀬勝久       きたろう       高良健吾       豊原功補、他 ■...
36. 南極料理人  [ 単館系 ]   November 22, 2009 01:09
テアトル新宿で公開当初から見たかった作品。 なんだか地元川口のMOVIXに来たので見ることができました。 堺雅人さんは料理がうまい・・・・...
37. 映画 「南極料理人」 レビュー  ネタバレ有り  [ やっちんがゆく!! ]   April 06, 2010 22:56
ようやく「南極料理人」を観ることができました。 平均気温マイナス54℃という観測基地を舞台に 様々な人間模様が描かれてるんやけども...
38. 南極かたつむり  [ Akira's VOICE ]   September 23, 2010 11:13
「食堂かたつむり」 「南極料理人」 
39. 『南極料理人』'09・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   February 05, 2011 09:38
あらすじ西村は、妻と8歳の娘と生まれたばかりの息子を日本に残し、南極観測隊の料理人となるが・・・。感想新藤兼人賞金賞新人監督たちを発掘、日本映画界を背負ってゆく人材を育...
40. 『南極料理人』  [ こねたみっくす ]   February 08, 2012 16:30
この映画を見れば、普段のご飯もおいしく感じる。胃にもたれるギトギトの唐揚げも、麺から手造りのラーメンも、そして日本で食べるテリヤキバーガーも。 実際に南極観測隊の調理 ...
41. 南極料理人  [ いやいやえん ]   March 01, 2012 09:28
南極なのに豪華な食事!もっと質素な食生活をしていると思ってた。 南極という非日常の中で描き出される南極基地隊員の食事への執着は面白い。食事も美味しそうだし彼らも学生みたいにはしゃいで楽しそうでしたけど…実際の仕事にあまり時間を割いて描かれてないのはち

この記事へのコメント

1. Posted by 葉月   August 27, 2009 21:38
悠雅さんやっぱり遠征されてご覧になったようで、その値打ちがあるような作品で、ご贔屓の堺さんの見事な料理人に満足された事でしょう。
むくつけき男達の体臭まで漂ってきそうな、あの身の置き場さえない閉塞感の中での生活「ご馳走」が主役でしたね、それを心を込めて創る料理人の堺さんの優しいまなざし、誰も何も言わないけどあの至福の時間〜分かるなぁ〜どれも美味しそう
ラーメンはどうも?の私ですが、映画が終わったら早く「うま〜いラーメンが食べたい!!」と彼等と同じ気持ちになってました、役者さん皆さん良かったが特にDrの豊原さんが〜ラスト思わず笑いました、有言実行でしたね。人恋しい男達の家族のそっけない態度にもクスッと笑えます。
幸い近くのシネコンで上映で、おまけに予告編も
堺さん、例の結婚詐欺師の大佐さんでお出ましにビックリまたまた秋のお楽しみですね。
2. Posted by くう   August 27, 2009 21:45
私も堺さんはやっぱりこういう力の抜けた役が良いです〜♪
楽しかったし、堺さんはステキだったしで、
私もちょっと遠出して見に行ったのですが、行って良かった♪

髪が伸びてきた時、ちょっと後ろで結んでる
堺さんがツボです(。-_-。)
3. Posted by みさと   August 28, 2009 08:37
オハヨウゴザイマス♪

ワタクシも水曜のレディスデーにて拝見してまいりました。
堺さん演じる西村が料理を淡々と作り、それを皆が黙々と食べる。
『かもめ食堂』や『めがね』を見たときに感じた、
心に何か沁みてくるような映画だと思いました。
そして、観た後、何かを食べたくなるのも共通してますね(^^ゞ

もうご存じかもですが、「ほぼ日刊イトイ新聞」ブログでの『南国料理人』に関しての糸井さんと堺さんの対談は映画を観たあと、一層、興味深い感じで毎日の更新楽しみです。
4. Posted by ◆葉月さま   August 28, 2009 09:29
なんでわが県で上映がないのかが不思議…というか悲しいですけど、
ともあれ、遠征して観た甲斐がありました。
役者さんたちの個性が光る、まるで舞台劇のような間合いと空気の作品、
観ることができて嬉しかったです。
自分がおにぎりを作るのが上手だったことを発見したと言われてましたが、
堺さんのおにぎりを作る手つき、他のお料理を作る仕草も、
堺さんらしく、理屈で理解しての動作だったようで。
久々に、この人によく似合う役柄が観れて大満足でした。

観る前に時間があったので、ロビーのチラシを見ていたら、
あの、胡散臭くも見慣れた笑顔の赤いチラシがあったので、
これは予告があるかな、と期待してたらドンぴしゃり!
小さな画面で観てる予告とはまた違う嬉しさです。
やっぱり近くでは上映がなさそうなので、
これも、そちらまで遠征することになるんじゃないかと思います。
5. Posted by ◆くうさま   August 28, 2009 09:37
あああっ!
わたしもそれを書こうとして、忘れてました!!
ワイルドにちょい長くなった髪を、ちょこっと結んでる、
あの姿がとっても好きなのに〜〜

何でもこなせる実力者だけれど、
せっかく観るなら、こんな役柄の堺さんがいいなぁ。
言葉にしない、微妙〜な表情や笑顔は、山南さんを思い出すものあり、
多くを語らずに微笑んでるとか、黙ってどんどん行動しちゃうとか、
そんな感じの役柄がいいですわ。
でも、クヒオ大佐も観るつもりですけど(どっちやねん)
6. Posted by ◆みさとさま   August 28, 2009 09:52
こんにちは〜♪
週末から珍しく仕事が立て込み、昨日やっと時間ができたので
うきうきと出かけて参りました。

『かもめ食堂』や『めがね』はやっぱりお洒落で女性らしかったんですけど、
今回は徐々にがっつり食べる系が多くて、
それを黙々と掻き込んで行く、他に何の楽しみもない男たちが微笑ましく、
描く方法は違うけれど、食事が生活の基本であり楽しみであることを感じます。
がつがつ食べるのはお行儀がよろしくないですわよ、と言いたいけれど、
美味しいものをひたすら食べる、わが息子を見るようで
つい、にこにこと観てしまいます。

そうなのですね、『ほぼ日』で連載中と知ってわたしも読んでたんですよ。
『新選組!』放送中は組!ファンの糸井さんの連載を日々読んでたんですが
最近はもうすっかりご無沙汰状態。
でもまた、これを機会に復活したのでしたが、
糸井さんの「野心のない品のよさがある映画」、
「巧い役者を集めて芝居させない」「太字にしない」に大納得です。
7. Posted by ノラネコ   August 29, 2009 00:24
ちょうどご飯時に観たもので、結構終わるまで拷問でしたよ。
映画館の明かりがついたら、そのままレストランへ直行しましたもの(笑
やはり食をテーマにした映画は、出てくるものがおいしそうだとそれだけで幸せになれます。
食べ物の力って偉大だなあ・・・
8. Posted by ◆ノラネコさま   August 29, 2009 15:55
わたしが観たのも午前中の回。
まさに、おなかがすいてくる時間だったから大変大変(笑)
わたしは映画を観た後、ちょうどお昼時でも1人で食事しないで
少々距離ならとっとと帰ってくるんですけど、
今回ばかりは何でもいいからとにかく食べようとお店に飛び込みました。
珍しく食べたくなったラーメンじゃなかったのは残念でしたが。

ホント、食べ物の力って偉大ですよね〜
四半世紀の間、家族の「食」を預かる身としては
嬉しかったり反省したり・・・
美味しいものをみんなで食べると美味しい…基本ですよね。
9. Posted by vic   August 30, 2009 22:49
うちのダンナ、学生時代「美味しいね〜美味しいね〜♪」とはしゃぎながら食べている女性に「うまいんだったら、黙って食え!」と一喝して、その場の空気を凍り付かせた武勇伝の持ち主です。
そうですね〜。わしわしとすごい勢いで黙って食べているのが「うまい」という意味なのかも知れませんね。

私は帰宅して普段のいい加減な料理を反省して茶碗蒸しなんか作っちゃいました。

話変わりますが、私も「ブロークバック・マウンテン」大好きです。
10. Posted by ◆vicさま   August 30, 2009 23:23
まぁ!凄い武勇伝をお持ちのご主人様なのですね。
たぶん、ご主人様は「美味しい、美味しい」という言葉じゃなくて、
はしゃいでいる様子を、お行儀悪く思われたのでしょうね。
「美味しい」と言うのは間違ってないけど、限度問題ですものね。

一生懸命、心をこめて作ったお料理が、食べる人の口に合うのか?と
何と言われるだろうと期待と不安で待っている料理人にとっては、
黙ってがつがつ食べられた日には寂しいものがあるんですけどね…
でも、美味しいからこそ、物も言わずに食べたんだ、と思うことにしたんです。

わが家は現在、大食いの男2人と3人家族なので、映画を観た夜は
豪快系の、ご飯がすすむおかずをど〜んと作ってしまいました。

それから・・・まぁ!まぁ!まぁ!
『ブロークバック〜』がお好きですか?(嬉嬉)
また、あの作品について語れたら嬉しいです〜。
11. Posted by Ageha   September 08, 2009 01:34
男のひとっておいしいって言わずに
黙々と食べるでしょ?
でもおいしかったら、ものすごいスピードで
空っぽになるし、
やっぱりうれしそうな顔してるから
言わなくてもわかるかも・・?
おにぎりやラーメンのシーンは
もうホント幸せそうな顔だったし。

感謝しろ〜っていうたら
だったらもっと腕あげろ〜って
・・・いまだにつっこまれそうでコワイです。
(オイ!何たべさせてんねん・・・・)
こういう食べ物メインの映画は
実はわが身をふりかえってドキドキするのです。
あ〜もう少しなんかこう
感動してくれるような
「お?すごいじゃん!」って思ってくれるようなもんが
作れないかな〜と。
・・・だからって1匹ン万円のイセエビを
人数分買って
遠近法ムシのエビフライはムリですが。(爆)
12. Posted by ◆Agehaさま   September 08, 2009 21:18
「おいしい」と言ってほしくてもなかなか言わないのが男。
もし、懇切丁寧にあれもこれも褒めながら食べたら
病気か、何かよからぬことを考えているのか?と疑いそう(笑)
あんな感じでちょうどいいんでしょう。

長い人生の半分は家族のための食事作りの毎日の連続だけれど、
思えば、感謝してほしいとか、感動させたいとか、思ったことなかったなぁ…
特に、2人の子の育ち盛りの頃は、もう必死。
消費する食材の量は半端じゃなかったですからね、
高級食材だの何だの、使ってたら大変大変!!
経済的で栄養のバランスがよくて、量が確保できるものが最優先でしたわ。
最近は、その頃からすると嘘みたいな量でいい分、
料理に対する自分の気持ちが萎えてしまうことが多くて・・・
それを反省してしまうんですよね、こういう映画観ると。。。
13. Posted by 真紅   September 09, 2009 23:25
悠雅さん、こんにちは!
いや〜、この映画よかったです! めっちゃいい映画ですね。
実はさほど期待しないで観に行ったのですが、大当たり☆でした。
いろんな方の感想記事を読ませていただいたのですが、堺さん、人気ありますね〜。
最後の「・・・、うま!」もよかったです。
ラストの長回し、最高でした。
TBさせていただきました♪
14. Posted by ◆真紅さま   September 10, 2009 20:28
こんばんは〜♪
うん、原作は未読だけれど、前評判もとてもよかったものだから、
わたしはしっかり期待して、公開を楽しみに待ってたんです。
なので、近くで公開されないと知ってガッカリガッカリ…
でも、ちょっと足を伸ばして県外遠征した甲斐がありました。

ほんの数年前までは「堺雅人?誰〜?」って言われたのに、
(『新選組!』でかなり知られたと思ってただけにショックだったり)
昨年の『篤姫』効果と3本の映画でどどど〜〜んと人気が上がりましたね。
本当に巧い役者さんなのに、なかなか生かしてくれる脚本に出会わないと思うけれど、
この西村くんは、堺さんにぴったりで嬉しかったです。
あの、舞台っぽい長回し、流石でした。
15. Posted by やっちん   April 09, 2010 05:51
トラックバックありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
16. Posted by ◆やっちんさま   April 10, 2010 00:17
こちらこそ、TBとコメントをありがとうございました。
そして、またまたこちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いします。
17. Posted by ヒガシ   September 19, 2010 12:19
4 いつも別館ヒガシ日記など御世話なってます。

ライブドアからアメブロTB出来ますが
アメブロからライブドアにTB出来ない事が多く
コメント入れさして頂きます。

TBアル http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10652361689/7ab68b51 ですので
是非ともTB&コメント待っております。

1年も8人だけで、逃げ場無い所で暮らすの大変ですけども、内容は面白く感動する感じでしたね。
18. Posted by にゃむばなな   February 08, 2012 16:16
普段何気なく食べているご飯がおいしく思える映画でしたね。
この映画を見るとどんなご飯を食べてもおいしく思えると同時に、男らしくガツガツ食べるのもまたおいしさを感じる食べ方なんだなぁ〜と思いました。
19. Posted by ◆にゃむばななさま   February 09, 2012 23:48
日々の食事を作ってる側から言うと、
せっかく綺麗に盛り付けても見向きもしないし、美味しいとも言わないわ!、と
あの男たちに思ったりもしたんですが(笑)
でもね、男たちが一心不乱に食べているところって嫌いじゃないんです。
物も言わずに子供みたいに食べる男、好きですわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔