February 06, 2010

インビクタス/負けざる者たち

私がわが運命の支配者、わが魂の指揮官。Invictus







■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: モーガン・フリーマン
    マット・デイモン
    トニー・キゴロギ
    パトリック・モフォケン
    マット・スターン
    ジュリアン・ルイス・ジョーンズ
    アッジョア・アンドー
監督: クリント・イーストウッド
2009年 アメリカ 134分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

クリント・イーストウッド監督が描く、
ラグビー・ワールドカップを巡る南アフリカの実話。
イーストウッド作品なら、絶対にいい作品間違いなしだと
観る前からわかってしまう上に、それが外れないのが凄い。
そう。いい作品だと信じているのではなくて、知っているという感じ。
今回もまた、自然に拍手が沸いてくる作品だ。



物語は。


1990年、南アフリカでは
アパルトヘイトに反対する指導者ネルソン・マンデラが釈放。
4年後の選挙で、民衆の支持を受けて大統領に当選した。
それまでの少数の白人による、人種隔離政策を廃止したが、
黒人が政権を奪還し白人を排除するのではなく、
共に1つの国に暮らす国民として手を携えようと説く。

1995年に開催が自国で開催が決定している、
ラグビー、ワールドカップ。
開催国のため自動的に出場できるとは言え、
南アフリカ代表のスプリングボクスは敗戦続きで、
南アフリカの恥とまで言われたチームだった。
今尚、様々な場所や場面で
白人と黒人の対立と格差の存在を承知するマンデラは
スプリングボクスのキャプテン、フランソワを官邸に招いた。
国が1つにまとまるためには、
ワールドカップでの優勝が欠かせないと説かれたフランソワは・・・



1995年、南アフリカで開催されたラグビーワールドカップで、
弱小チームであった南アフリカ代表スプリングボクスが
優勝を果たしたという事実を映画化した作品。
マンデラの名もなき看守』という作品では、
投獄されていた27年間の一部が描かれていたのだが、
これは、釈放され大統領に就任した後の物語。
大統領であるマンデラとラグビーチームのキャプテンを軸に
マンデラのボディガードや側近たちが文字通り脇を固めて、
とても真っ当に、ストレートに物語が進んでゆく。
わたしはスポーツに関心が低くて、
ラグビーのルールも、ほとんどわかっていないし、
ラグビーのワールドカップの存在すら知らなかったくらいだから、
このようなお話を知らなかったのだと思ったら、
あまり世に知られていない事実なのだそうだ。

イーストウッド監督作品は、いつも「凄い」「素晴らしい」と言いながら、
なかなかうまく言葉に言い表せないもどかしさも同時に感じるのだが、
今回も然り。
いったい何から書き始めたら、この作品を少しでも伝えられるだろう。
まず伝わってくるのは、
マンデラ氏の、相手に対する謙虚さ、不屈の精神力、果てしない寛容さ、
教養の高さ、正しい方向へ人々を導こうとする努力と判断力。
27年間も投獄されていても尚、その相手さえ赦すことができる信条…
そうであるべきだ、と思いながらも、
凡庸な人間には、なかなか真似のできないことばかりである。

そんなマンデラ大統領からアフタヌーンティーに招かれ、
直接語り合ったスプリングボクスのキャプテンは、
その魅力的な人柄に惹かれ、大統領の願いを理解し、
自分たちのため、南アフリカのためにチームの建て直しを図る。
また、大統領の要請に従って、黒人地区の子供たち相手に
ラグビーの指導のために巡回もすることになる。
そうして、マンデラが信じた通り、
眠っていた力を引き出された男たちは、予想以上の成果を見せるのだが、
闇雲に強制するのではなく、遠回りに思える作戦によって、
能力が引き出されていくとは・・・
確かに、知識や技術は、ただ持っているだけよりも、
他人様に教えたほうが、より正確に身について離れないものだけれど、
貧しくも、輝きに満ちた目の子供たちに教えることで、
とても大事な基本に立ち返り、子供たちから元気をもらった選手たちが
生き生きしてくる姿がとても嬉しく、頼もしかった。

一方、大統領となったマンデラには多数の警護が付くのだが、
これまでの黒人の警護班に配属されてきたのは
英国で訓練を受けた、白人のボディガードたち。
彼らの任務もまた、最初は対立から始まったのだった。
彼らがそのまま、南アフリカの現状のようでもあって、
お話が進むにつれて、理解し信頼しあえる姿もまた嬉しい。
さらに、
指導者たるに相応しい、とても篤い人格者であるマンデラだが、
一番近くで信じてほしい家族と疎遠である側面も添えられている。


役柄の見事な配置と、それを十二分に体現する役者たち。
モーガン・フリーマン(マンデラ氏の指名だという。名前だけでもピッタリだけど)
マット・デイモン(全くもってこの人以外にこの役に相応しい人がいない)
アカデミー賞にこの2人がノミネートされているのも納得。
そして、屈強そうな体躯と岩をも通しそうな眼力のボディガードたち。
(もう、誰も甲乙つけ難いほど、それぞれがかっこいいの)
重戦車同士の肉弾戦のようなラグビーの試合を
強い説得力を持って演じてみせてくれたスプリングボクスの選手たち。
それから、ほんの端役と思われる存在でも、
みなさん、本当に素晴らしいです。


わたしはここ数年の間、イーストウッド監督作品をたくさん観て来たが、
いつもそれまでとは違う題材と切り口で、違う内容を描いているのに、
本当にどれ1つも漏れ落ちなく、心に残る作品以外を観たことがない。
いつも人間たちを見つめ、端正に磨かれ説得力ある脚本で、
テーマにわずかなブレもなく、わたしたちに語りかけてくる。
まるで、我々のはるか彼方の頭上に視点があって、
その高みから全体を見渡して、スケッチでもしているように、
まだ完成を見ない大掛かりな絵の、空白部分に、
まだ描いていない題材を描いては、1つの空白を埋め、
また別の空白部分に着手して行っているように見える。
そして、それぞれ1つ1つのパートが研ぎ澄まされた感性で描かれ、
完成された部分であるので、
全部を繋げてもまた完成度が高く、素晴らしいものになる。
そんな風に感じるのだ。
そして、では、監督が次に描こうとしている部分はどこだろうと
あれこれ想像をめぐらしてみたりする。

tinkerbell_tomo at 16:13│Comments(18)TrackBack(63) 洋画【あ】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画:インビクタス Invictus 開始5分で既に号泣(笑) これまた強烈な1発にノックアウト!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   February 06, 2010 18:26
昨年は「チェンジリング」で、まずファースト・ダウン。 続いて、ヤバイかもと身構えたにもかかわらず、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」 そして今日、 三たびふっ飛ばされノックアウト! ナゼここまで書くかというと..... 過去触れているように、私はずっと「イース...
2. インビクタス/負けざる者たち  [ Akira's VOICE ]   February 06, 2010 18:51
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  
3. 劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」  [ 日々“是”精進! ]   February 06, 2010 19:26
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワール...
4. 試写会「インビクタス/負けざる者たち」  [ 流れ流れて八丈島 ]   February 06, 2010 19:28
“我が運命を決めるのは我なり、我が魂を征するのは我なり”素晴らしい映画でしたさすが、クリント・イーストウッド監督です今日の午後は3月1日からの新しい職場(西国分寺)へ出張してたんだけど、無理やり定刻で終わらせて、中央線で中野へダッシュして中野サンプラザ...
5. インビクタス/負けざる者たち  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   February 06, 2010 20:27
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、 モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ。原題はWilliam Ernest Henleyの詩の一篇Invictusから採られたラテン語で“unconquered”、征服されざるもの。“I ...
6. インビクタス/負けざる者たち One World〜( '∇^*)^☆Love〜♪  [ 労組書記長社労士のブログ ]   February 06, 2010 20:28
☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ〜 ☆ 【 {/m_0167/}=4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「組合役員との議論の夢」、昨夜は「労使交渉の...
7. 『インビクタス 負けざる者たち』  [ ラムの大通り ]   February 06, 2010 20:34
(原題:Invictus) あけましておめでとうございます。 ----いやあ、元旦からブログなんて えいも暇だニャあ。 「まあ、たまにはそういう年があってもいいんじゃない」 ----だけど、まだお屠蘇が残っているじゃニャい。 なのに、クリント・イーストウッド監督作品だって?...
8. インビクタス 負けざる者たち  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   February 06, 2010 20:43
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映画化し...
映画館で、公開初日鑑賞♪
10. インビクタス/負けざる者たち (試写会)  [ 風に吹かれて ]   February 06, 2010 21:06
国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play
11. インビクタス/負けざる者たち(2009年、アメリカ)  [ 泉獺のどうでも映画批評 ]   February 06, 2010 21:12
 この映画は、試写会で観ました。 監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・リーヴス、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ原題:INVICTUS原作:
12. 『インビクタス 負けざる者たち』  [ めでぃあみっくす ]   February 06, 2010 21:15
一つのチーム、一つの祖国。それがネルソン・マンデラ元大統領がただ一つ願う南アフリカの未来。 1995年のラグビーワールドカップでの感動的な史実を描いたこの作品は、「動」の物語を「静」の映画として見せるクリント・イーストウッド監督らしい、心と魂に響く映画でした....
13. インビクタス 負けざる者たち(試写会) INVICTUS  [ まてぃの徒然映画+雑記 ]   February 06, 2010 21:30
南アフリカ共和国でアパルトヘイトが廃止された後の初代大統領にして素晴らしきリーダー、ネルソン・マンデラと、南アが誇るラグビーのナショナルチーム『スプリングボクス』の物語。実は私、ラグビーをやってまして、南アで開催された第3回ラグビーワールドカップもリア...
14. インビクタス 負けざる者たち  [ あーうぃ だにぇっと ]   February 06, 2010 22:00
ぴあの三連夜試写会@ヤクルトホールで鑑賞。 全米公開前ということで厳重な持ち物検査あり。 鞄の中を見せ、金属探知機でボディーチェック受けて入場。 ヤクルトホールのエントランスを全て使用した厳戒態勢。 私は先に入場して席を確保し、後からくる妻をむかえに出た...
15. インビクタス 負けざる者たち / INVICTUS  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   February 06, 2010 22:47
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click クリント・イーストウッド監督、記念すべき30作目{/ee_3/} スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 {/warai/})。 タイトルにも...
16. 『インビクタス/負けざる者たち』(2009)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   February 06, 2010 23:13
1995年に南アフリカ共和国で開かれたラグビーのワールドカップでのこと。国の恥とまで呼ばれた南ア代表チームが、初出場ながら初優勝を成し遂げるという奇跡の物語で、監督クリント・イーストウッドとしての30本目の作品。試写会に当選したので、昨日ヤクルトホールで観てき...
17. インビクタス/負けざる者たち [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   February 06, 2010 23:15
原題:INVICTUS公開:2010/02/05製作国:アメリカ上映時間:134分監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。Story: 1994年、...
18. インヴィクタス??負けざる者たち  Invictus  [ 映画!That' s Entertainment ]   February 06, 2010 23:32
●「インヴィクタス??負けざる者たち  Invictus」 2009 アメリカ Warner Bros.Pictures,Spyglass Entertainment,Malpaso,134min. 監督:クリント・イーストウッド 原作:ジョン・カーリン 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリッ...
19. インビクタス/負けざる者たち  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   February 06, 2010 23:33
予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で〜すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。...
20. インビクタス/負けざる者たち  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   February 07, 2010 00:01
最後の方に近づくにつれて、感動の涙が出て止まらなかった。ラグビーの応援を普段しているわては、大男たちがスクラムやタックルでぶつかる音が迫力満点だった。マンデラ大統領の不屈の精神と、ピナール主将のリーダーシップが相乗効果となって決勝戦に昇華している。
21. インビクタス/負けざる者たち  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   February 07, 2010 00:02
偉人マンデラの理想と希望を、ラグビーとのつながりを通して描く実話だ。1994年、27年間の投獄生活から解放されたネルソン・マンデラは、南アフリカ共和国初の黒人大統領になる。アパルトヘイトにより黒人と白人の間にできた大きな溝、激しい経済格差、国際社会でのアピール....
22. 「インビクタス負けざる者たち」鑑賞  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   February 07, 2010 01:01
クリント・イーストウッド監督は今回も手堅い。上質な大人のための映画である。オリンピックを観戦する時は誰でも愛国者になる。普段スポーツに興味がなくてもだ。職業、立場、年齢その他あらゆる垣根が崩壊し、自国を応援する時ほど、”国民”としての一体感を感じる時は...
インビクタス‐負けざる者たち‐〜INVICTUS〜 監督: クリント・イーストウッド    出演: モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコ...
24. インビクタス 負けざる者たち  [ ★ Shaberiba  ]   February 07, 2010 01:12
さすが・クリントイーストウッド作品。
25. 『インビクタス/負けざる者たち』が必要なときは?  [ 映画のブログ ]   February 07, 2010 01:15
 ネルソン・マンデラと長年の友人である俳優モーガン・フリーマンは、長いあいだマンデラの人生を映画化することに取り組んできたという。 ...
26. インビクタス 負けざる者たち  [ インビクタス 負けざる者たち: LOVE Cinemas 調布 ]   February 07, 2010 01:51
『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデラ元...
27. 映画「インビクタス/負けざる者たち」感想と採点 ※ネタバレあります  [ ディレクターの目線blog ]   February 07, 2010 12:38
映画『インビクタス/負けざる者たち』を初日1回目で観て来た。観客は10名程で予想通りの入りだった。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。2.5点かな? ざっくりとストーリー 30年近く白人政権に投獄されていた黒人政治家ネルソン・マンデラ氏が南アフリカ共和国の大統...
28. 『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   February 07, 2010 14:08
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>19...
29. インビクタス/負けざる者たち  [ 象のロケット ]   February 07, 2010 14:18
1994年、黒人として初めて南アフリカ共和国大統領に就任したネルソン・マンデラは、アパルトヘイト(人種隔離政策)による人種差別や経済格差が依然として残っていることを痛感する。 スポーツを通してなら人々を団結させられるはずだと信じたマンデラは、ラグビーチームの...
30. インビクタス 負けざる者たち  [ 充実した毎日を送るための独り言 ]   February 07, 2010 14:31
・インビクタス 負けざる者たち (2月5日公開 クリント・イーストウッド監督 モーガン・フリーマン,マット・デイモン主演)「あなたは自分を傷つけた人たちを許すことができますか?」 南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と自国で開催された主将のフランソワ...
31. *インビクタス/負けざる者たち*  [ Cartouche ]   February 07, 2010 19:00
{{{   ***STORY*** 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。南アではラグビーは白人が愛好するスポーツ...
32. インビクタス 負けざる者たち  [ そーれりぽーと ]   February 07, 2010 20:14
もう言い切っても良い、“必ず”大きく心を揺すぶってくれる映画を届けてくれるクリント・イーストウッド監。 今度はマンデラ+スポ根もの、『インビクタス 負けざる者たち』を観てきました。 ★★★★★ 凄いと思うのは、2時間を超える大作を結構なハイペースで作り上げて...
33. インビクタス/負けざる者たち/Invictus(映画/試写会)  [ 映画を感じて考える??大作、カルトムービー問わず映画批評 ]   February 07, 2010 20:43
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワードインビクタス/負けざる者たち(原題:Invictus)キャッチコピー:ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。製作国:アメリカ製作幮..
34. 「インビクタス/負けざる者たち」  [ つれづれなるままに ]   February 07, 2010 22:28
HTB映画試写会 『インビクタス/負けざる者たち』に 行ってきました。 クリント
35. 「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS  [ 俺の明日はどっちだ ]   February 07, 2010 23:48
・ ブラボー! イーストウッド翁! いやはや、本作で30作目を迎えるというそのとどまるところを知らない創作パワーも驚異的だけど、近年に至っては作り出される作品それぞれのクオリティの高さにもまた、ただただひれ伏すばかり。 アパルトヘイト撤廃後も人種間対立が残る...
36. インビスタス-負けざる者たち-  [ 犬・ときどき映画 ]   February 08, 2010 06:44
インビスタス-負けざる者たち- [Invictus] クリント・イーストウッド監督の最新作 TrueStory <Story> 投獄生活を送っていたネルソン・マンデラが釈放され、黒人でありながら大統領に当選する。 そして1年後に控えたラグビーのワールドカップ開催。しかしナショナルチーム...
37. インビクタス/負けざる者たち  [ とりあえず、コメントです ]   February 08, 2010 12:54
クリント・イーストウッド監督&モーガン・フリーマン主演の話題作です。 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったマンデラ大統領の困難に立ち向かう姿と ラグビーのワールドカップを通して一つになっていく国民の熱気を 迫力ある試合のシーンと共に描いていました。
38. 「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム  [ はらやんの映画徒然草 ]   February 09, 2010 06:06
タイトルにある「invictus」とは聞き慣れない英語だと思ったら、「不屈」を意
39. 『インビクタス/負けざる者たち』  [ 京の昼寝〜♪ ]   February 09, 2010 12:58
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、    ...
40. 映画「インビクタス/負けざる者たち」  [ FREE TIME ]   February 10, 2010 05:34
映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。
41. インビクタス/負けざる者たち  [ まぁず、なにやってんだか ]   February 10, 2010 08:59
1月27日、科学技術館の「インビクタス/負けざる者たち」の試写会に行ってきました。 以前WOWOWで「マンデラの名もなき看守」を観て、ネルソン・マンデラを尊敬し、興味を持っていたので、ぜひ観たいと思っていた映画です。 ネルソン・マンデラを演じるのがモーガ...
42. 胸が熱くなる・・・。『インビクタス/負けざる者たち』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   February 11, 2010 10:43
南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラとラグビー代表チームの姿を通して国民の変化を描いた作品です。
43. インビクタス 負けざる者たち  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   February 11, 2010 22:44
『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
44. インビクタス/負けざる者たち  [ 小部屋日記 ]   February 12, 2010 11:18
Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッド...
45. インビクタス/負けざる者たち  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   February 12, 2010 16:58
1990年、南アフリカ共和国。豪奢なラグビー練習場でプレイする白人たちと、道を隔てた原っぱでサッカーに興じる黒人少年たち。アパルトヘイトを象徴するかの光景が広がる。だが、歴史は変わりつつあった。 隔てる道を、30年近く政治犯として捕らえられていたネルソ...
46. インビクタス/負けざる者たち / INVICTUS  [ 勝手に映画評 ]   February 12, 2010 22:24
実話を下にした映画。1994年、南アフリカの歴史上初めての全人種が参加した大統領選挙に置いて大統領に当選したネルソン・マンデラ。政治的実権も握った圧倒的多数の黒人に対し、実権を失った少数派の白人側は戦々恐々としていた。そんな状況を見ていたマンデラは、翌1995年...
47. 「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな??。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   February 13, 2010 00:30
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな??!イーストウッド監督。  南アフリカで、...
48. インビクタス / 負けざる者たち  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   February 14, 2010 12:29
 アメリカ  ドラマ&伝記&スポーツ  監督:クリント・イーストウッド  出演:モーガン・フリーマン      マット・デイモン      トニー・キゴロギ      パトリック・モフォケン 【物語】  1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。...
49. インビクタス/負けざる者たち  [ Movies 1-800 ]   February 14, 2010 17:25
Invictus (2009年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン 1995年、南アフリカで開催されたラグビー・ワールドカップに秘められた実話を描いたドラマ。 27年にも及ぶ投獄生活から解放さ...
50. インビクタス/負けざる者たち  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   February 14, 2010 23:54
インビクタス/負けざる者たち'09:米 ◆原題:INVICTUS◆監督・製作:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「硫黄島からの手紙」◆出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン ◆STORY◆1994年、....
51. [映画『インビクタス/負けざる者たち』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   February 16, 2010 03:00
☆うーん、面白かったですねえ。  『グラン・トリノ』に続いて、テーマは、民族の「融和」であった。  前作の町内レベルから、国家レベルへと、テーマがスケールアップしている。  アパルトヘイト下、27年間を「テロリスト」として獄中で過ごしたマンデラ氏が、南ア...
52. 『インビクタス 負けざる者たち』09・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   February 18, 2010 21:56
あらすじ1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップ...
53. 「インビクタス/負けざる者たち」  [ クマの巣 ]   February 22, 2010 10:08
「インビクタス/負けざる者たち」、観ました。 1994年、27年間投獄されていたネルソン・マンデラが南アフリカの大統領となる。人種差別、貮..
54. インビクタス/負けざる者たち  [ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) ]   February 22, 2010 19:46
「インビクタス/負けざる者たち」監督:クリント・イーストウッド(『グラン・トリノ』)出演:モーガン・フリーマン(『ウォンテッド』『ダークナイト』)マット・デイモン(『オーギ..
55. インビクタス/負けざる者たち  [ Yuhiの読書日記+α ]   February 24, 2010 09:14
ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化した感動ドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。キャストは...
56. 「インビクタス/負けざる者たち」感想  [ 狂人ブログ 〜旅立ち〜 ]   February 24, 2010 21:01
 今やハリウッド有数のヒットメイカーとなった名監督・クリント・イーストウッドの最新作は、南アフリカ初の黒人大統領となった”英雄”ネルソン・マンデラ氏と、「国の恥」とまで評された弱小ラグビーチーム・スプリングボクスによってもたらされた、1995年ラグビー...
57. 【映画】インビクタス/負けざる者たち  [ 新!やさぐれ日記 ]   February 25, 2010 23:18
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。...
58. インビクタス/負けざる者たち  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   February 27, 2010 09:46
評価:★★★☆【3,5点】 「ここは、パイロットの私の全責任で遂行する!」
59. インビクタス‐負けざる者たち‐・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   March 03, 2010 23:12
21世紀に入ってから、脅威のペースで傑作・名作を生み続けるスーパー映画爺さん、クリント・イーストウッドがゼロ年代の最後に放ったのは、199...
60. インビクタス  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   March 07, 2010 07:20
 『インビクタス/負けざる者たち』を渋谷のシネパレスで見ました。  クリント・イーストウッド監督の作品については、これまでも随分とおつきあいをし、昨年だけでも『チェンジリング』と『グラン・トリノ』の2本を見ているので、この作品もぜひと思って映画館に出向きま...
61. インビクタス/負けざる者たち  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   March 08, 2010 23:13
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。
62. 【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた!  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   September 23, 2010 04:05
私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日){/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビール{/beers/}を少し飲んだので)昼過ぎまでダウン{/face_hekomu/}。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜には帰省している学生...
63. 『インビクタス/負けざる者たち』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   November 03, 2010 12:16
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、 ザック・フュナティ、グラン...

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   February 06, 2010 20:44
にゃはは、早速使ってますね♪
信じているのではなく、知っているんだよね〜( ´艸`)
イーストウッド監督の作品はあたしも好きで、
やっぱりハズレないですね!(・ω・)bグッ
本作は個人的にはパーフェクト!とは言えなかったのですが、
それでも思っていた以上に感動的なお話で、
素直に良かったなぁ〜と思えました。
2. Posted by えい   February 06, 2010 20:59
こんばんは。

>まるで、我々のはるか彼方の頭上に視点があって、
その高みから全体を見渡して、スケッチでもしているように、
まだ完成を見ない大掛かりな絵の、空白部分に、
まだ描いていない題材を描いては、1つの空白を埋め、
また別の空白部分に着手して行っているように見える。

これはイーストウッドを、見事に言い表している言葉だと思います。
彼の世界が最後に完成したとき、
それって、最後の審判の絵がその全貌を現した時のような
深い感動をもたらしてくれそうな、
いま、そんな予感にうちふるえています。
3. Posted by ひらで〜   February 06, 2010 21:02
こんばんは♪
素直に、感動できる作品でしたね。

難しい言葉もなく、人物も多くなくて
すっきりとストレートに描いているし
嫌な思いをするシーンもなくて
ドキドキするシーンはあったけど(笑)
観ている間中、感動しっぱなしの良い作品でした。
4. Posted by 風子   February 06, 2010 21:08
暗く落ち込む作品が多いイーストウッド監督作ですけれど、これは後味のよい、清々しさがあっていいですね。モーガンとマットのオスカーノミネートもうれしいです。
5. Posted by にゃむばなな   February 06, 2010 21:13
南アフリカが国際大会に復帰した当初から凄い強いチームだったという話は聞いたことがありましたが、その裏側にこういう物語があったとは驚きでした。

しかし相変わらずクリント・イーストウッドの演出は見事ですよね。
6. Posted by ◆miyuさま   February 06, 2010 23:38
は〜〜い、そこに反応してくれて嬉しいです(笑)
この感想を書こうとしたら、勝手にそんな言葉が浮かんで来たの。
もう、信じてるの域を超えて、観なくてもわかる、な感じ。
それくらい、イーストウッド監督の作品はどれもいい作品ばかりです。

見た目の感じや味付けが違うから、ちょっとコクが足りないように感じても、
結局、ベースになってるものは同じだと感じるんですよね。
なので、時には軽やかなテイストの作品があっていいかな、と思いました。
でも、イーストウッド監督、また違う何かを虎視眈々と狙い、
またわたしたちを驚かせ感動させてくれる作品を作ってくれることでしょう。
7. Posted by ◆えいさま   February 06, 2010 23:42
嬉しいお言葉、ありがとうございます。

いつも形は違うのに、底流を流れるものは共通していて、
ああ、イーストウッド監督らしいと感じさせられる作品ばかり…
そう思うと、何だかそんなふうに感じてしまいました。
わたしも、きっと彼が仕事を終えた時、
完成された大掛かりな絵が見れそうな気がして、
同じ時代に生きていて、彼の作品をたくさん観れることが嬉しくなって、
きっと観続けていようと思うんです。
8. Posted by ◆ひらで〜さま   February 06, 2010 23:47
こんばんは♪
今回は、チームが一丸となって相手の攻撃を阻止するスポーツであるラグビーが
お話の真ん中にあったことで、とてもわかりやすい構成で
ストレートに伝わるものがありました。
題材選びもいつも唸るものばかりだけれど、
描く手法もそれぞれに違えていて、
いったいこの監督の引き出しはどれだけあるんだろうと思います。
いい作品にまた出会えて嬉しいですよね。
9. Posted by ◆風子さま   February 06, 2010 23:50
多くの場合、重い題材を扱う監督で、
落ち込むというより、わたしは重い荷物を受け取った感じがするんですが、
今回は、軽やかな描き方で素直に伝わるものがあって
切り口は違っても、流石、イーストウッド監督だと思いました。
2人のオスカーノミネートにも納得、受賞できるといいなと思いつつ、
今回は強敵がいるなぁ、とも思います。
10. Posted by ◆にゃむばななさま   February 06, 2010 23:53
本当にわたしはスポーツに疎くて、
大会があることも、そんな事情も何にも知らなくてお恥ずかしい…
でも、こんなドラマがあったなんて、
よくぞ映画にしてくれたことだと思います。

イーストウッド監督に外れなし、とは思いつつ、
今回もまた、題材選びや演出に唸らされました。
11. Posted by くう   February 07, 2010 01:47
ほんとに、自然と拍手が湧く作品。。。
見ていて何度も声が出そうになったり
拍手しそうになったりしましたよ〜!
ラグビーには全く無知なんですが、そんな事
全く関係ない興奮でした^^

イーストウッドの作品は、本当に毎回毎回素晴らしいです。

>どれ1つも漏れ落ちなく、心に残る作品以外を観たことがない。

ですね。
次はどんな絵を見せてくれるのかと、またまた期待したくなります。
12. Posted by ◆くうさま   February 07, 2010 16:57
思ってた以上に、ラグビーを知らない方が多くて一安心…
わたしもルールも何もさっぱりわからなくて。
でも劇中で「ボールを横か後ろにパスするだけ」なんてことを言ってたので
劇中の試合も何となくわかった感じにもなってよかったです。
わかってても、手に汗握る感じと、こみ上げる爽やかで熱い思い…
これはスポーツならでは、ですね。

本当に何をどんな風に取り上げても、きちんとした作品を作ってくれる。
しかもコンスタントでどれも外れがないというのがとにかく凄いです。
次回作も楽しみに待っていましょう。
13. Posted by HIROMI   February 09, 2010 19:59
TBありがとうございました。私の方からはうまくいかないみたいです。お返しできずすみません。
社会背景は深刻だけど、今までのイーストウッド作品と違って、重苦しさがなく、幸せなラストがうれしかったです。どんな題材でも完成度を落とさないのがさすがですよね。
14. Posted by ◆HIROMIさま   February 09, 2010 21:32
せっかくTBを送ってくださったのに、受信できてなくてごめんなさい。
ご丁寧にコメントを下さって、ありがとうございます。

現在も、決して良好とは言えない情勢のようですが、
今にも増して深刻だった、当時の南アフリカ…
皆が目先のことしか見えてなかった時に、
先を見通した判断ができる、寛大な心のマンデラ氏を
とても敬意を持って真摯に描かれていたと感じられました。
どんな題材でも一流品の作品を作ることができるイーストウッド監督、
流石の作品でした。
15. Posted by ノラネコ   March 03, 2010 23:14
21世紀に入ってからのイーストウッドは、もはや神懸ってますね。
全ての作品がこれからの人類に対する大いなる遺言に見えます。
前作がアメリカ人への遺言だとしたら、これはもう少し引いた視点からの世界への遺言でしょうね。
この作品も、私にはまるで現在の日本を比喩しているかのように見えました。
16. Posted by ◆ノラネコさま   March 04, 2010 10:45
いろんな形で提示される、イーストウッド監督のメッセージ、
切り口や風合いが違うことで、それがより鮮明になっていて、
全てがこの監督の中にある、人類への遺言であり、
神懸っている、という表現に納得です。
わたしたちは、たくさんの遺言を受け取ってきたし、
これからもまだまだ、それが続いてゆくのでしょう。
精力的に送り続けられる作品群を前にして、
これはまさに神が彼に与えた使命なのではないかとさえ感じます。

有能な政治家というのは、人間的に魅力あふれる人であってほしい…
そんな願いが届かなさそうな日本の国民として、
政治家たちに是非観てほしいと思います。
どれだけそのメッセージを受け取れるのか、よくわからないですけど。
17. Posted by ヒガシ   February 06, 2011 13:42
4 いつも別館ヒガシ日記など映画TBで御世話なっております。

ライブドアからアメブロTB出来ますが
アメブロからライブドアにTB出来ない事が多く
コメント入れさして頂きます。

TBアル http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10783311171/b2da6dc2ですので
是非ともTB&コメント待っております。

アパルトヘイト問題が中心で勉強なり、ラグビーも予想したより良かったですね。
18. Posted by ◆ヒガシさま   February 06, 2011 15:31
いつもTBではご迷惑とお手間をおかけします。

見応えのある人間ドラマでしたね。
映画を通して知る歴史的事実は多いですが、
この作品を通して、知り得たものが多かったです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔