March 14, 2010

『龍馬伝』第11回

〜土佐沸騰〜ryomaden





龍馬の恋愛話と、目指す道が見つかった岩崎と、
信念と優しさの間で揺れる武市が描かれた第10回。
そして第11回は。

岩崎家に、長崎にいる弥太郎からの手紙が届く。
大活躍しているらしい様子が書かれていた…のに、
手紙と前後して、当の岩崎が帰ってきた。
長崎の芸妓に入れ揚げ、藩の公金を使い込んで御役御免になったのだ。

そんな頃。江戸、桜田門外で大老井伊直弼が水戸浪士に暗殺され、
井伊に蟄居させられていた土佐の山内は解放。
武市は、井伊暗殺は開国の報いであると主張、
土佐藩の下士の団結で、攘夷の旗頭にならんと門下生に説き、
その言葉を信じた若い下士たちは上士相手に刃傷沙汰を起こす。
上士に逆らう下士を討伐すると息巻く上士と吉田東洋の元に、
龍馬は丸腰で出向いて話し合いを要求。
吉田は、目先のことではなく藩全体を見ている龍馬の見識を評価し、
武市と後藤によって、当事者1名の切腹で和解することになる。
だが、武市は、攘夷とは吉田東洋の暗殺から始まると頑なである。

吉田は龍馬を呼び、その人材を認めて上士に取り立てると言うが、
時を同じくして龍馬が呼び出されて向かった先は、
自分の考えに賛同する下士を集め、武市が結成した、
土佐勤王党の集会だった。。。



あらららら・・・
岩崎さん、せっかく与えられた道を、自分で閉ざして帰って来たの・・・?
で、藩のどさくさに紛れて、その言い訳をしに吉田の元に出向いて、
あれれ???何っちゅうお役目を貰おうとするのよ・・・
で、真面目に監察方をやってるのか。。。
それが、本当のことかどうかはともかく、
お話をわかりやすくするためには、このポジションは悪くない。
でも、そのお立場、どうよ・・・

それにしても・・・
武市さんは吉田東洋を誤解してませんか。
ここまでの人生で、積年の恨みつらみも人一倍だろうから、
それを晴らすことが、攘夷に繋がると信じているところが辛いなぁ。
真面目で、融通が利きにくくて、簡単に方向転換ができないからこそ、
その内面は、実に繊細で柔和に違いないと思うからこそ、
毎回、毎回、この人の言動が気懸かりになってしまう。
揺ぎ無い信念を持つ武市だけれど、
いよいよ、土佐勤王党を結成するにあたり、
龍馬が必要だと信じた理由は何だったんだろう。
たぶん、丸腰で堂々と話し合いに臨もうとする豪胆さ、ではなくて、
全体を俯瞰して、武市にはっきりと物が言える見識と度胸が
ここに来て、自分にないものだとわかったから・・・かな。
それとも、何かが変わった龍馬と仲違いすることは、
得策ではないと直感的に信じたのか。

それにしても・・・
とにかく今回も他の追随を許さない存在感は、
田中泯@吉田東洋。凄い。凄過ぎる、その眼力。その表情。
今回はこの人の存在感に圧倒され、演技に魅入っていたら、
終わっちゃった、って感じです。
もちろん、香川さん、大森さんは
それぞれにいつもながらの迫力や、鬼気迫るものもあるんだけど、
なんか、全く別次元に存在するような、泯さんの静かな迫力。
ご出演が決まったと聞いた時は、吉田東洋なる人物さえ知らないくせに、
とっても大喜びでご登場が楽しみでならかなったけれど、
ここまで、周囲に異彩を放つ空気でご登場になるとは。
楽しみにしていた甲斐もあるというもの。
この方をキャスティングされた方、
どなたか存じ上げませんが、天晴れ、でございます。



tinkerbell_tomo at 19:15│Comments(10)TrackBack(31) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」  [ 青いblog ]   March 14, 2010 20:30
あらすじ 江戸では井伊直弼(松井範雄)が水戸浪士たちに暗殺される桜田門外の変が起こる。土佐では上士によって下士が斬(き)られ、その仇(あだ)
大河ドラマ「龍馬伝」第11話は加尾が京都に言ってからすっかり考え方を変えるようになった龍馬だったが、そこに半平太の元に大老井伊直弼が暗殺された報がもたらされ土佐は一気に攘夷の機運が高まる。これを機に半平太は攘夷の機運に乗じて土佐を1つにしようと模索するが....
3. 龍馬伝11 福山龍馬クン吉田東洋にTKO負け!?  [ ぱるぷんて海の家 ]   March 14, 2010 20:38
またまた地震? 地震テロップが居座るのかと心配してたけど まあどちらも無事で何事もなくご同慶の至りです。 と安心してたら 大河の方はやっと歴史が動き始めた! と期待してたら わずか一分足らずで 桜田門外の変で井伊直弼暗殺! と言うことは 吉田松陰獄死は....
4. 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」  [ しっとう?岩田亜矢那 ]   March 14, 2010 20:44
憎っくき上士のその親玉こそが 藩主であり、元藩主の山内容堂である、 という発想自体出来ないのが 武市半平太の限界、 というか「藩主様は絶対」という田舎侍の限界であり、 そんな物をとっくに見限り 「上士にしてやる」という甘言なんぞには なんら価値観を感じない、 そ...
5. 龍馬伝 第11回 土佐沸騰  [ レベル999のマニアな講義 ]   March 14, 2010 20:50
『土佐沸騰』内容龍馬(福山雅治)がプロポーズをした加尾(広末涼子)が、半平太(大森南朋)たちの策により、京へと向かうこととなり、ショックを受ける龍馬。同じ頃、長崎へと向かったハズの弥太郎(香川照之)であったが、突然、、、、、土佐に帰ってくる。藩の金を使...
6. 「龍馬伝」第11回  [ 日々“是”精進! ]   March 14, 2010 20:57
   第11回「土佐沸騰」龍馬は、結婚を約束した加尾が京都に送られてしまうことを知り、落胆する。そんな中、弥太郎が長崎で藩の金を使い込み、解任されて土佐に戻ってきた。一方、江戸では朝廷を無視して開国をした井伊が水戸浪士たちによって殺されるという「桜田門...
7. 大河ドラマ「龍馬伝」第11話「土佐沸騰」  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   March 14, 2010 20:58
土佐に吹き荒れる嵐----------!!乙女姉の嫁入り先は、しきたりが厳しかったり、しじみを貝殻まで勿体ないと言って食べるような家のよう。あの人ならやりかねないなぁ。でもそれで前歯を欠けさせたって、笑い話しですやん(^^)なのに・・・加尾との別れ以降、沈みがち...
8. 龍馬伝 第11話  [ paseri部屋 ]   March 14, 2010 21:08
「龍馬伝」(第11話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,寺島しのぶ,杉本哲太,宮迫博之,要潤,佐藤健,島崎和歌子,奥貫薫,青木崇高,松原智恵子,菅井きん,田中泯,蟹江敬三,倍賞美津子,近藤正臣江戸では井伊直弼(松井範雄)が水戸浪士...
9. 『龍馬伝』第11話「土佐沸騰」  [ strの気になるドラマ 気になるコト ]   March 14, 2010 21:20
土佐の龍馬。乙女は実家で亭主の愚痴。龍馬は上の空。嫁に行ってしまった加尾。。 岩崎家には弥太郎からの文。 長崎で殿様の名代として外国と商いをしていると。 長崎で色町の女に入れ込んで100両使い込み、 御役御免になった弥太郎。。  その頃、江戸では大老・井...
10. 大河ドラマ 龍馬伝 11話  [ お地蔵さまの寄り道 ]   March 14, 2010 21:23
第11話 土佐沸騰 弥太郎。。。どぉしたん? また、カゴ売り。。。 次は、スパイ役に変身? なぜか?弥太郎、気になるし、憎めません。 可愛いです。     ましゃは、やっぱり今日も男前。 吉田東洋の貫禄&目力も凄い迫力があるけど、 ましゃの...
11. 「龍馬伝」 第11回、土佐沸騰  [ センゴク雑記 ]   March 14, 2010 21:39
大河ドラマ「龍馬伝」。第11回、土佐沸騰。 土佐の上士・下士が衝突? そして、今回の龍馬は、男にモテモテ?w
12. 「龍馬伝」第十一話  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮) ]   March 14, 2010 21:51
片鱗を見せ始めた男を認め始めた周囲。 第十一話『土佐沸騰』
13. NHK大河ドラマ「龍馬伝」第11回「土佐沸騰」  [ 真田のよもやま話 ]   March 14, 2010 21:55
びっくりしました。大きな地震でしたねえ、本日のは。・・・海の向こうでも地震、こちらでも地震、津波が押し寄せたり、大雪大風で千年のご神木が倒れたり、なんだか日本中が震撼しているみたいな今日この頃。龍馬伝の方でもいよいよ土佐の国に激震が起こりそうな予感でござ...
14. ★「龍馬伝#11」何かを捨てて大物になった!?  [ ・*:・ふわゆら生活・:*・ ]   March 14, 2010 21:58
乙女ねぇやんってばあいかわらず実家に入りびたりです〜そして龍馬はまだ失恋の痛手から立ち直ってはいないようです坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介)乙女(寺島しのぶ) 岩崎弥次郎(蟹江敬三) 武市半平太(大...
15. 大河ドラマ「龍馬伝」第11話  [ またり、すばるくん。 ]   March 14, 2010 21:59
第11回「土佐沸騰」
16. 龍馬伝 第11回「土佐沸騰」  [ あしたまにあーな ]   March 14, 2010 22:10
久しぶりに恋愛関連の話題がほとんど無い回になりました。今回は完全に龍馬の株が急上昇する結果となり、今後の龍馬の活躍を期待することができるようなきっかけがありました。それを吉田東洋がずばっと指摘するあたり、彼は才能があるのかもしれません。 加尾に完全に振られ...
17. 龍馬伝〜第11話 感想「土佐沸騰」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   March 14, 2010 22:10
龍馬伝ですが、庭の鶏も自由に動き回るなか坂本龍馬(福山雅治)は一家団欒で食事を楽しみます。乙女(寺島しのぶ)が岡上家について悪口雑言の限りを尽くしますが、岡上某(温水洋一)は驚異的な吝嗇家で、勿体ないからシジミの殻まで食べ尽くし歯が欠けたという武勇伝まで...
18. 【龍馬伝】第11回感想と視聴率「土佐沸騰」  [ ショコラの日記帳 ]   March 14, 2010 22:11
【第10回視聴率は、3/15(月)夕方迄に追加予定】今回、龍馬、カッコ良くて、ひっぱりだこでした♪武市さん、カッコ悪いです。弥太郎は最低でした。 江戸では、朝廷を無視して開国した井伊直弼が水戸浪士達によって暗殺されました。桜田門外の変です。 武市は塾生...
19. 【龍馬伝】第十一回  [ 見取り八段・実0段 ]   March 14, 2010 22:24
安政七年。弥太郎は藩の金を芸者に使い込み、お役ご免となって長崎から土佐に戻ってきた。この年、江戸では桜田門外の変が起こり、水戸の浪士たちの手によって大老・井伊直弼が暗殺され、土佐では、山内容堂の蟄居が解ける。幕府が帝を蔑ろにして、異国を受け入れた報いじ...
20. 『龍馬伝』 土佐沸騰  [ ふるゆきホビー館 ]   March 14, 2010 22:33
JUGEMテーマ:エンターテイメント得意満面で長崎に派遣された岩崎弥太郎。その家族が便りを読み、とくに父の弥次郎は嬉しげに何度も娘に読ませていますが・・・。ちょうどそこへ、またまた汚くなった弥太郎が唐突に帰宅。藩の金を使い込んで追放されたようです。そんな弥太郎...
21. 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」  [ くまっこの部屋 ]   March 14, 2010 22:55
加尾と一緒になることが出来なかった龍馬は一皮も二皮も剥けすっかり凛々しくなってき
22. 龍馬伝 第11話 「土佐沸騰」  [ shaberiba ]   March 14, 2010 23:27
「攘夷で国を守る!」と叫ぶ武市の本当にしたいことが・・ 土佐藩参政の東洋を引きずり下ろす事だと聞き呆然とする龍馬 「喧嘩をせんと、丮..
23. 《龍馬伝》☆11  [ まぁ、お茶でも ]   March 15, 2010 05:27
弥太郎から、お岩崎家に手紙が来た。 何度も読み直しをさせる父。 皆々さま ご機嫌よろしちゅうかえ。 ワシは、長崎で仕事に励んじゅう。 お殿さまの名代として 外国の商人とも会うて 商いの話をしゆうがじゃ。・・
24. 龍馬伝 土佐沸騰  [ のほほん便り ]   March 15, 2010 08:26
前回、甘口だった恋バナの終わりから、うってかわって骨太&ダイナミックに。ついに音をたてて歴史が動き始めました。なにかを手放して学んだ、男の脱皮&成長の巻です 結婚を約束してた加尾(広末涼子)は京都に送られてしまい、弥太郎(香川照之)は長崎で、いったんは...
25. 第11回「土佐沸騰」  [ 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜 ]   March 15, 2010 09:44
嫁入りしても、愚痴は止まらぬ…龍馬の実姉・乙女は岡上家に嫁入りしたのはいいものの、なにかと馴染めないというか、いや。実は楽しんでもいるのだろう…龍馬には、加尾のあの衝撃的な別れが頭から離れられない今、どこ吹く風だがな。しかしまあ、乙女の右隣に座っていた...
26. 大河ドラマ「龍馬伝」第11回『土佐沸騰』  [ 徒然”腐”日記 ]   March 15, 2010 15:32
若干ネタバレしますがあくまでも個人的な感想レポです。多少ウザイ突っ込みも入りますので苦手な方はバックプリーズ桜田門外の変から始まった今回・・・・・安政の大獄についてもさら〜〜〜〜っと流されちゃいましたね井伊直弼のこと、水戸藩士の思想水戸学についても何ら...
27. 福山雅治『龍馬伝』第11回★ド迫力の吉田東洋vs龍馬  [ 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) ]   March 15, 2010 16:26
『龍馬伝』第11回「土佐沸騰」  乙女(寺島しのぶ)が、夫・岡上樹庵(温水洋一)がドケチで、シジミの貝殻まで食べてしまうなどと陰口を叩いていたら、後ろで当の樹庵が聞いているという、緩〜いホームコメディを冒頭に持ってきておき、徐々にドラマを「土佐沸騰」へと向...
28. 【大河ドラマ】龍馬伝第11回:土佐沸騰  [ 山南飛龍の徒然日記 ]   March 15, 2010 18:00
物語が大きく動き出しましたね!【今回の流れ】・長崎で金を使い込んだ弥太郎が、役職を解かれて土佐へ戻って来る・江戸では、開国派の井伊直弼が水戸藩士に討たれる(桜田門外の変)・桜田門外の変に刺激を受けた半平太、土佐を攘夷に染めようと下士を鼓舞 煽りすぎるな...
29. 龍馬伝 第11回「土佐沸騰」  [ みはいる・BのB ]   March 15, 2010 20:53
『龍馬伝』 のお時間です。 まずは、あらすじ・・・・・・・
30. 大河ドラマ 「龍馬伝」 #11 土佐沸騰  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   March 15, 2010 21:10
荒れる土佐。 攘夷の嵐が吹き荒れる・・・。
31. 龍馬伝イレブン 「土佐沸騰」  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   March 15, 2010 22:50
「丸山の芸者ら 綺麗で色っぽうて 楽しゅうて楽しゅうて」百両を使い込んで、お役御免となった大馬鹿もんの弥太郎今週はギャグ・パートは、これくらいであとは、どっぷりシリアス・モード門弟を、あそこまで煽ることはないと龍馬は、武市に指摘するが「自分から世の中に...

この記事へのコメント

1. Posted by みさと   March 14, 2010 20:16
一週間のご無沙汰にございました♪(笑…何処かで聞いたセリフ…^m^)

わたしも、今回はあっという間に終わっちゃった感じでした。
>真面目で、融通が利きにくくて、簡単に方向転換ができない
ホントにそうですよね。
武市さんの立場は、より身動きとれない立場になってしまったように思えます。
下士からは先生と慕われて、下士の上士への不満が抑えきれぬほど膨らみ、吉田東洋への恨みもで
武市自信にそれらの重圧が、
攘夷を一層突き進ませているようで、悲哀をかんじさせます。
龍馬の何にもとらわれない自由で柔軟な考え方や行動が羨ましく、でも、妬ましくもあるのかなとも感じました。

弥太郎さん、こざっぱりから小汚くなり、また、
整った身なりにはなったけれど、
ドサクサ紛れに頂いたお役はどうも?!な感じですね^_^;。
2. Posted by ◆みさとさま   March 14, 2010 22:18
ああ、そう仰ったお方も他界されてしまいましたねぇ…

さて、今回の武市、もとい、龍馬伝。
自分で自分を追い込んで、自分で首を絞めてる感じがする武市さん。
みんながイエスマンである中、苦言も反論も厭わない龍馬は、
武市にとってはやはり羨ましかったようにも思えますね。
彼のように生きたい、と心の底で一番強く願っているのは
武市さんのような気がします。
だって、あんなに仲がよかった2人なんだもの、気が合うに違いなく、
時代と生まれ育ちが違えば、柔和で有能な人材であったでしょうから。

弥太郎さん、何だかトンデモなことばっかりですねぇ。
えらい立派な身なりだけど、何でそうなっちゃうかなぁ。
弥太郎のテーマに乗って走ってた頃が、もう随分昔に感じます。
3. Posted by cinema_61   March 14, 2010 22:36
こんばんは優雅様。
おおせのとおり今回は田中泯@吉田東洋さんの演技(眼力)に圧倒されました!
この方の舞台を是非見たいと思います。

福山@龍馬は、今回三味線で唄うところがヨカッタです。
(やはり本業が役にたちましたね〜)
できればもう少しストーリー展開が早くなればと思うしだいです。(外国映画の見すぎ?)
4. Posted by くう   March 14, 2010 22:57
>ここまでの人生で、積年の恨みつらみも人一倍だろうから、
それを晴らすことが、攘夷に繋がると信じているところが辛いなぁ。

そうなんですよね。。。
あの時の東洋への恨みが、ここまで来ちゃったと言う感じ。
そして、武市は、もう引き返すことができなくなってしまっているのですよね。
虎之進を守れず切腹に追い込み、そんな自分を
どんなに歯がゆく思っても。

田中泯さん、どんな表情も素晴らしいですね^^
今まで注目した事が無かった役者さんなのですが。。。
あの眼力で見られたらすくみそうです〜^^;
5. Posted by ふるゆき   March 14, 2010 23:04
コメントでは、はじめまして。
TBでお世話になっているふるゆきと申します。
先ほど、間違いでTBを二重にしてしまったようなので、片方を削除していただければと思います。
うっかりミスでお手間をかけ、申し訳ありません。

今回のドラマは、こちらでも書かれているとおり、東洋の迫力ある芝居が凄かったですね。
こういう脇役がある作品は、ほんとに見ごたえがあります。
それと、三味線のシーンは、私もさすが福山龍馬と感じました。
6. Posted by ◆cinema_61さま   March 14, 2010 23:24
こんばんは。
本当に、田中泯さん、凄かったですねぇ。
見所は多々あるはずの今回なのに、泯さんの眼力に圧倒されて、
あっという間に終わってしまいました。

福山さん、歌ってましたね。
これはファンの方は大喜びだと思ってたんですよ。
とか言いつつ、わたしはほとんどこの人の歌、知らないんですが(^^ゞ

『新選組!』の時も同じような意見が多かった気がしますが、
有名で華々しく見える京都での出来事の前に、
故郷でのことをしっかり描いて行こうとするんだな、と感じて、
わたしは、全く知る機会がなかった出来事を興味深く観ています。
外国映画もいろいろあるから、どんな展開もアリなんですが、
ま、これは1年間かけて描くけれど、短い主人公の一生ですから、
ゆっくり腰を据えて行きましょうよ。
7. Posted by ◆くうさま   March 14, 2010 23:31
決して逃れることができなかった出自のこと、
水戸に先を越された焦り、
直接は描かれないけれど、様々な思いが武市の中にある気がして…
本当は、時代や生まれが違えば、もっと違う生き方があったはず…
そんなことを思うものだから、
かっこいいはずの龍馬よりも、武市が誰より気になります。

田中泯さん、本業は舞踏家ですから、独特の色気があるんですが、
今回は特に眼力や表情、声もいいですね。
昨年、NHKで放送された中国の農村部での舞踏活動のドキュメンタリーが
思いのほか良かったんですが、
映画なら『たそがれ清兵衛』が有名だけど
『メゾン・ド・ヒミコ』の泯さんがお気に入りです。
8. Posted by ◆ふるゆきさま   March 14, 2010 23:35
こちらこそ、いつもTBだけで失礼しています。
今回は、とてもご丁寧なコメント、申し訳なく思います。
当方はちっとも手間ではありませんので、お気遣いはご不要です。
次回以降も何かの理由で二重になっても、こちらで片方を削除しますので、
どうぞ、お気遣いなくお願いしますね。

田中泯さん、このドラマで一躍人気と注目が集まりそうですね。
これまでもとても素敵な方なんですけど、
今回はもう、圧倒的な存在感。
脇役の充実は、面白いドラマの重要な要素ですものね。
今後の泯さんはじめ、脇役の方々の演技に注目しています。
9. Posted by 間諜X72   March 17, 2010 06:30
田中泯さんの演技が好評ですね。
賃金カット(半額)。リストラ。
我々サラリーマンも毎日ビクビクしています・・・・・(^^;
吉田東洋。誰かが背負わなければならない仕事を背負ったと思います。

武市半平太のあの純粋さもいいですね。
10. Posted by ◆間諜X72さま   March 17, 2010 16:34
コメントありがとうございます。

好評ですねぇ、田中泯さん。
顔も姿も声も、震えるくらいの存在感ですものね。
この時代、明日はわが身、と戦々恐々な部分もありますよね。
いずこも同じ、恐怖や心配がないわけではありません。。。
不勉強なことに、これまで知る機会がなかった吉田東洋を
こんなに注目して観ることになるとは思っていませんでした。

どうしても、誰よりも心配してしまう武市半平太、
今後の動向の大筋は訊いてはいるのですが、
どう描かれてゆくのか・・・やはり一番気懸かりで観ると思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔