April 09, 2010

シャッター アイランド

決して結末は話さないでください
Shutter Island





■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: レオナルド・ディカプリオ
    マーク・ラファロ
    ベン・キングズレー
    ミシェル・ウィリアムズ
    エミリー・モーティマー
    パトリシア・クラークソン
    マックス・フォン・シドー
    ジャッキー・アール・ヘイリー
監督: マーティン・スコセッシ
2009年 アメリカ 138分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

暫く、映画館にご無沙汰していたけれど、
やっと今日だけ時間が空いたので、
本日公開のこの作品を観に出掛けることができた。
レオナルド・ディカプリオ主演のミステリー&サスペンス。



物語は。


1954年、連邦保安官のテディ・ダニエルズは
ボストン湾に浮かぶ‘シャッター・アイランド’に
初対面の相棒、チャック・オールと共に捜査のために訪れた。
凶悪犯であり、精神病患者である者たちが収容されたこの島で、
謎の失踪事件が発生。
テディはある理由を胸に秘め、この孤島に乗り込んだ。
出迎えたのは、厳重に武装した警備員と、院長コーリー医師。
早速、事情聴取を始めるテディとチャックだったが、
口裏を合わせるように、皆一様に何かを隠していて、
肝心の捜査に全く協力的ではなかった。
やがて、テディは信頼できる相棒チャックに、
この島に乗り込んだ、本当の理由を語るのだが・・・


謎めいた孤島の精神科病院で起きたある失踪事件と、
それを捜査する連邦保安官の物語。
ではあるのだが、物語の冒頭、
「この衝撃的な結末を、未見の人に語らないように」
「登場人物の目線、動きなどに注意してほしい」旨のテロップが出るように、
一筋縄ではいかない、二転三転、四転五転するお話だ。
このお話を、ネタバレなしで語ろうとするなら、
ここまでに留めておくのがいちばんいいだろう。

精神を病んだ凶悪犯が収容されている、謎に包まれた孤島の病院で、
あり得ない失踪事件が起こった、という前提で始まるので、
乗り込んだ連邦捜査官の目線や動きも、
彼らを出迎える病院側の警備も代表の医師やスタッフたちも、
怪しみ始めたら全てが怪しく、誰も信用できなさそうな雰囲気に描かれる。
今日はすっかり騙されてしまおう、と思って観に行ったはずなのに、
「この人はきっとXXだ」とか「怪しい。きっと何かあるぞ」とか、
頭が勝手に謎を解こうとし始める。
謎解きに挑戦するよりは、騙されたほうが面白いだろうと思うのに、
散らばった謎の欠片を見落とさないでおこうとしてしまうのは、
基本的に推理物が好きな者の特性なんだろう。
でも、それでも今回は、
謎解きをしてなんぼ、という観方をしないで、
流れに任せて観てみようと思っていた。

けれど、前述の通り、冒頭でそんな風に言われると、
(映画の前にも、「平行線云々」なんてのもあったし)
「何事が起こるんだ」と身構えてしまったりするから、
あれ、必要だったのかな、と思ってしまう。
言われるまでもなく、こういう作品の展開や結末を喋ったり、
目線や仕草に注目しないで観ることなんてないのになぁ・・・と
わざわざなコメントが邪魔だったような気もしないではないが、
それが製作者の意図なら敢えて反論しても意味ないかもしれない。
少なくとも、わたしには不要なコメントではありました。。。

冒頭で言われたから、というのではないけれど、
どうしても、全ての映像を疑い、意味を探りながら観ているうちに、
文字通り、嵐の孤島の中で起こる数々の出来事とか、
悪人にも善人にも見える人物たちとか、
まだ説明されていない主人公の内面とかが気になって、
考えまいとしても、どうしてもあれこれ思い巡らしながら観ることになる。
そして、初歩の段階とか、部分的にとかは当たってみたりするのだが、
全ての謎に到達するには、語られていない情報が明白になるのを
ただ、待っているほかはない。
そうして、意外なところへ落とされる結末に驚くことができたら、
せっかくお金を払って観ているのだから、そちらのほうが幸福だ。

謎解きミステリーやサスペンスの映画は
あんまり観るほうではないのだが、
今回は、ミシェル・ウィリアムズとエミリー・モーティマー、
この彼女たちが出るのなら、と思って観た作品だった。
また、この人の声と喋り方が好き、と思うマーク・ラファロが
かなり重要な役どころのようだと思ったのも、観た理由の1つ。
ディカプリオは好きというほどでもないけど全く嫌いじゃないし、
大御所ベン・キングズレー、マックス・フォン・シドーも
パトリシア・クラークソン、ジャッキー・アール・ヘイリーも、
それぞれが適材適所のキャスティングで、とても説得力がある。
特に、3人の女性たちがとってもいいの。
それこそ、意味のある表情や台詞が、それぞれに似合っていて、
お話の内容も内容だけれど、そっちのほうが気に入ったくらい。


繰り広げられる展開に、
色眼鏡を外してみたり、わざとかけたり、
思い切って近寄ったかと思えば、うんと俯瞰してみたりして、
「ばら撒かれた謎を全部解明できました!」
「ここまではわかりました!」と、仕掛けた側に挑戦するもよし、
「今日はすっかり騙されよう」と思って第三者的に観て、
「うわぁ。こんな結末だとは思わなかった〜〜」と言うもよし。
結末が衝撃的であるかどうか、それを語りたいかどうかも、
人それぞれなんだろうと思うけれども、
ページを繰るごとに、新しい事実に遭遇する小説のように
(まさに、これは小説の映画化だけれども)
映画というよりは、小説の記述を想像してしまうようなこのお話。
二転三転の後に待っている、意外な結末には
やっぱり驚かされてしまう・・・とだけ言っておきましょう。

tinkerbell_tomo at 15:51│Comments(24)TrackBack(61) 洋画【さ】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「シャッターアイランド」  [ 日々“是”精進! ]   April 09, 2010 16:25
オリジナル・サウンドトラックシャッターアイランド「シャッターアイランド」を鑑賞してきましたマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの4度目のタッグとなるミステリー・サスペンス。「ミスティック・リバー」の原作者デニス・ルヘインの手によるトリッ...
2. シャッターアイランド /SHUTTER ISLAND  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   April 09, 2010 17:26
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click どこが「超」日本語吹替えなんだか、、、? って、既に観た人たちは口を揃えて言ってる レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ 4度目のタッグ!の...
3. シャッターアイランド  [ Akira's VOICE ]   April 09, 2010 17:29
謎はたいした事ないが, ディカプリオはたいした事ある。  
4. 『シャッターアイランド』  [ めでぃあみっくす ]   April 09, 2010 17:32
思い込みは正せない。この一言に尽きる映画でした。 予告編から謎解きの映画かと思っていたのですが、実はホニャララと語る前に、ここからは完全ネタばれレビューでお送りします。ですから未見の方は是非映画をご覧になってからお読みください。 予告編から謎解きの映画....
5. シャッター アイランド  [ ともやの映画大好きっ! ]   April 09, 2010 18:24
(原題:SHUTTER ISLAND) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) クリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」やベン・アフレック監督の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の原作を手掛けたデニス・ルヘインの同名小説を映像化。 精神を患った犯罪者だけを...
6. [映画『シャッターアイランド』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   April 09, 2010 19:31
☆忙しいので、短い感想です、スンマソン。  私は、この作品の「中くらいの謎の構造」を、あまりにも煽るかのような宣伝のやり方に、やや不満を抱きながら観た。  観る前から、監督がスコセッシである限りにおいて、あまりにも非現実的な物理トリックはなかろうと思って...
7. シャッター・アイランド  [ あーうぃ だにぇっと ]   April 09, 2010 20:11
シャッター・アイランド 3月25日@よみうりホール この映画 ディカプリオ史上最高の興行スタートダッシュだったの? ということでリサーチしてみた。
8. 映画:シャッターアイランド Shutter Island “超”日本語吹替版の感想。逝って良し!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   April 09, 2010 20:29
久々にスコセッシがおもしろい映画をとった(笑)という噂の、シャッターアイランド。 けっこうハラハラドキドキな出来らしく、それなりに期待していたのだが...... えっ?!、となったのが、“超”日本語吹替版。 あまりに気になった(笑)ので、なんとか鑑賞した。 その結...
9. 「シャッターアイランド」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   April 09, 2010 21:00
                            「シャッターアイランド」 中野サンプラザにて、試写会。 監督・マーティン・スコセッシ 今回は<超>日本語吹き替え版(何が<超>なのかよく解りませんが)の試写でした。 いや〜、謎が謎を呼ぶサスペンス・ミ...
10. シャッターアイランド  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   April 09, 2010 21:30
公式サイト。マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングスレー、ミシェル・ウィリアムズ、パトリシア・クラークソン、マックス・フォン・シドー、エミリー・モーティマー、ジャッキー・アール・ヘイリー、イライアス・コティー....
11. シャッター アイランド  [ シャッター アイランド: LOVE Cinemas 調布 ]   April 09, 2010 21:50
レオナルド・ディカプリオ主演最新作はミステリーサスペンスだ。精神障害犯罪者を収容する島“シャッター アイランド”を舞台に次々と浮かび上がる謎が主人公に襲い掛かる。共演に『帰らない日々』のマーク・ラファロ、『エレジー』のベン・キングズレー、『脳内ニューヨー...
12. 映画レビュー「シャッター アイランド」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   April 09, 2010 23:53
シャッター アイランド オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆孤島が舞台の謎解きミステリーの秀作。幻想的な心象風景が美しく、映像センスに鋭さがある。 【70点】 1954年のアメリカ。連邦保安官のテディは、精神を患った犯罪者の収容施設があるシャッターアイラ...
13. シャッターアイランド 字幕版  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   April 09, 2010 23:56
うつ病のわてから見ると、この映画の舞台は大変に親近感がある。入院生活の経験があるので、全く違う見方ができた。ディカプリオの演技はまさに名演と言えるだろう。謎はすぐにわかる。まだ精神科治療が確立する前の悲劇だと思った。
14. 『シャッター アイランド』  [ ラムの大通り ]   April 10, 2010 00:39
※ネタバレ注。 と言ってもネタバレはしていないつもりです。 ただ、勘の鋭い方は、結果的に気づいてしまわれる箇所もあるかもしれません。 もうしわけありませんが、公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Shutter Island) ----この映画って、当初...
15. シャッター アイランド  [ そーれりぽーと ]   April 10, 2010 00:40
今時M・ナイト・シャマランの映画でもありえないくらいに「この謎を解くことは出来るのか?」と挑戦的な宣伝文句でハードルを上げまくってきたこの映画。 さらに「字幕じゃ大事なシーンを見逃してしまうから」と超日本語吹替版等と銘打ったものまで用意する程の丁寧っぷり。 ...
16. シャッターアイランド  [ 心のままに映画の風景 ]   April 10, 2010 01:22
ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。 厳重な監視の下、精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院から、レイ...
17. シャッターアイランド  [ 象のロケット ]   April 10, 2010 02:36
1954年。 ボストン沖合、絶海の孤島“シャッターアイランド”にある、精神を患った犯罪者を収容する“アッシュクリフ病院”の鍵のかかった病室から、女性患者レイチェルが失踪する。 捜査のため島へやってきた連邦保安官テディと相棒チャックにとって、唯一の手掛かりは、...
18. シャッターアイランド  [ ゴリラも寄り道 ]   April 10, 2010 04:18
<<ストーリー>>精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメヮ..
19. シャッター アイランド <超>日本語吹替版 (試写会)  [ 風に吹かれて ]   April 10, 2010 12:10
何が真実か見極めてこの謎を解け公式サイト http://www.s-island.jp4月9日公開同名小説(デニス・ルヘイン著)の映画化監督: マーティン・スコセッシ出演: レオナルド・ディカプリオ 
20. 『シャッター アイランド』・・・もうひとひねり欲しかったような  [ SOARのパストラーレ♪ ]   April 10, 2010 13:14
とりあえず面白かった。ただ、“謎解き”をしきりに強調する前宣伝に少々振り回されてしまったように思う。あれで妙な先入観を持ってしまった気がするのだが、あるいはそういう誘導のための仕組まれた宣伝だったのかな。となると公開が半年近くも延期になったこと自体詮索し...
21. シャッター アイランド(超日本語吹替版)  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   April 10, 2010 15:24
  全ての“謎”が解けるまで           この島を出る事はできない。
22. シャッター アイランド(超日本語吹替版)  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   April 10, 2010 15:37
  全ての“謎”が解けるまで           この島を出る事はできない。
23. シャッターアイランド(2009)字幕版  [ 銅版画制作の日々 ]   April 10, 2010 16:08
                              全ての“謎”が解けるまで               この島を出る事はできない。 公開初日に鑑賞しました。今回はMOVX京都で、、、、、超吹き替え版で観るべきでした(涙) レオナルド・ディカプリオ主...
24. シャッター・アイランド  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   April 10, 2010 19:03
少し前に原作を読みました〜 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイラ...
25. シャッター アイランド  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   April 10, 2010 22:04
【SHUTTER ISLAND】 2010/04/09公開 アメリカ PG12 138分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モーティマー、マックス・フォン・シドー、パトリシア・クラークソン、....
26. シャッター アイランド  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   April 11, 2010 00:31
 アメリカ  ミステリー&サスペンス  監督:マーティン・スコセッシ  出演:レオナルド・ディカプリオ      マーク・ラファロ      ベン・キングズレー      ミシェル・ウィリアムズ 【物語】  精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター ア....
27. シャッター アイランド  [ Memoirs_of_dai ]   April 11, 2010 03:45
モンスターとして生きるか、善人として死ぬか? 【Story】 精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理さ...
28. シャッター アイランド  [ to Heart ]   April 11, 2010 14:25
全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。 製作年度 2009年 原題 SHUTTER ISLAND 上映時間 138分 原作 デニス・ルヘイン 『シャッター・アイランド』(早川書房刊) 監督 マーティン・スコセッシ 出演 レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズ...
29. No.215 シャッターアイランド  [ 気ままな映画生活 ]   April 11, 2010 17:28
予告編も含めて、あらゆるメディアでこの謎に 挑みどの時点で真相が掴めるのか・・・と 煽り文句を並べた映画というのは過去に、あったけど 今回も過大解釈をせずに、観賞しました。
30. シャッター アイランド / Shutter Island  [ 勝手に映画評 ]   April 11, 2010 17:43
まず最初に記しておきます。この映画は、ネタバレ禁止です。 1954年。ボストン沖合で、精神を病んだ犯罪者の収容施設が設置されているシャッター アイランド。脱出不能の施設から女性患者が行方不明に。レオナルド・ディカプリオ演じる連邦保安官テディ・ダニエルズは、その...
31. シャッターアイランド  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   April 11, 2010 18:57
 『全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。』  コチラの「シャッターアイランド」は、精神を患った犯罪者だけを収容する絶海の孤島「シャッターアイランド」を舞台に、4度目となるマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演で、描かれる4/...
32. シャッター アイランド  [ 小部屋日記 ]   April 11, 2010 19:38
Shutter Island(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/パトリシア・クラークソン/マックス・フォン・シドー/ジャッキ...
33. シャッターアイランド  [ Diarydiary! ]   April 11, 2010 20:10
《シャッターアイランド》 2009年 アメリカ映画 ?? 原題 ??SHUTTER
34. 前振りが逆効果?『シャッター アイランド』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   April 12, 2010 12:30
異常な犯罪者ばかりが収容されている孤島を舞台に描かれたサスペンス映画です。
35. 「シャッターアイランド」感想  [ 狂人ブログ 〜旅立ち〜 ]   April 12, 2010 20:55
 「アビエイター」「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオが、久々にタッグを組んでリリースするのは、精神を患った犯罪者のみが収容される絶壁の孤島「シャッターアイランド」で起きた女性囚人失踪事件に端を発する、本格ミステリーサス...
36. 『シャッターアイランド』(2009)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   April 12, 2010 21:41
原題:SHUTTERISLAND監督:マーティン・スコセッシ原作:デニス・ルヘイン出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー公式サイトはこちら。<Story>1954年9月、ボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島“シャッターアイランド”。精神を患った犯...
37. シャッター アイランド 煽(あお)り方がいただけない・・・凸(`△´#)凸  [ 労組書記長社労士のブログ ]   April 13, 2010 10:42
【{/m_0167/}=17 -6-】 すごい煽っていたでしょう、映画館の予告編でもテレビのCMでもこの映画を取り上げた情報番組なんかでも。 「錯視」を見せたりとか「全ての“謎”が解けるまでこの島を出ることが出来ない」というようなコピーだとか、観た人のインタビューでは「2回見...
38. シャッターアイランド  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   April 14, 2010 11:52
シャッター アイランド'09:米 ◆原題:SHUTTER ISLAND ◆監督: マーティン・スコセッシ「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」「ディパーテッド」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー◆STORY◆1954年9月、ボストンのは....
39. シャッターアイランド  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   April 14, 2010 22:16
超日本語吹替版にちなんで......描いてみた。 貫禄つかないでいいから、永遠の少年でいてほしかったレオナルド・ディカプリオ。  「ミ...
40. シャッター アイランド/レオナルド・ディカプリオ  [ カノンな日々 ]   April 14, 2010 22:45
シネコンで最初に宣伝ポスターを見かけたのはたしか1年以上も前だったと思うのですが、それ以来とても興味を持っていたのになかなか公開日も発表されず劇場予告編もかからずでけっこう長い月日気になり続けていた作品なんですよね。ようやく公開となってとても嬉しいんですけ...
41. シャッター アイランド  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   April 14, 2010 23:29
評価:★★★【3点】 今、あらすじを読み返すと、なんとも滑稽な・・・
42. シャッターアイランド/Shutter Island  [ いい加減社長の映画日記 ]   April 15, 2010 05:52
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのコンビ。 かなり前から予告編も流れていて、そのミステリアスな感じに期待が高まっていて。 公開日に、会社をちょっと早めに抜け出して、「シャッターアイランド」を鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方として...
43. 『シャッター アイランド』  [ 京の昼寝〜♪ ]   April 16, 2010 12:18
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パトリシ...
44. シャッターアイランド  [ ★ Shaberiba  ]   April 16, 2010 23:50
巧妙に仕組まれた映像!?確かにもう1回見直したくなる作品だ(笑)
45. シャッターアイランド・・・・・評価額1550円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   April 17, 2010 22:14
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの四作目のコンビ作は、断崖絶壁に囲まれた孤島、「シャッターアイランド」に建つ精??..
46. シャッターアイランド・・・・・評価額1550円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   April 17, 2010 22:19
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの四作目のコンビ作は、断崖絶壁に囲まれた孤島、「シャッターアイランド」に建つ精??..
47. ★「シャッター アイランド」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   April 18, 2010 03:06
今週の平日休みのシネコン2本目。 ひらりん的にはディカプリオは天才だと思ってますが、 これだーーっという、はまり役が少ないのかなーーー。 今回はバリバリのミステリーサスペンス丸出しの予告編だったので、 腕の見せ所でしょう。
48. シャッター・アイランド Shutter Island  [ 映画!That' s Entertainment ]   April 18, 2010 18:34
●「シャッター・アイランド Shutter Island」 2009 アメリカ paramount Pictures,Phoenix Pictures,138min. 監督:マーティン・スコセッシ  原作:デニス・ルヘイン『シャッター・アイランド』 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングスレ...
49. 【劇場映画】 シャッターアイランド  [ ナマケモノの穴 ]   April 20, 2010 19:16
≪ストーリー≫ 1954年9月、ボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院で、鍵のかかった病室から女性患者が煙のように消える。捜査のため、この孤島に降り立った連邦保安官のテディと新しい相棒のチャッ...
50. シャッターアイランド  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   April 21, 2010 17:12
スコセッシ監督×ディカプリオ主演の4作目は、「ミステック・リバー」の人気推理作家デニス・ルへインのベストセラー小説を原作に映画化! “閉ざされた島”にやって来た捜査官を襲う底知れぬ恐怖と謎!・・・孤島の病院を舞台に描くトリッキーなサスペンス・スリラー。....
51. 「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない  [ はらやんの映画徒然草 ]   April 25, 2010 06:30
マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオの名コンビが挑むミステリー。 あ
52. シャッター アイランド  [ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) ]   April 26, 2010 19:36
「シャッター アイランド」監督:マーティン・スコセッシ(『ディパーテッド』) 出演:レオナルド・ディカプリオ(『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』『ワールド・オブ...
53. 『シャッター アイランド』 (Shutter Island)  [ Mooovingな日々 ]   May 04, 2010 12:08
時は1954年、冷戦の真っ只中。 精神疾患のある犯罪者を隔離収容する孤島の刑務所シャッター・アイランド。厳重に管理された施設から、複数の殺人を犯した一人の女性患者が、謎のメッセージを残して姿を消した。この不可解な失踪事件の担当となった連邦保安官テディ・ダ...
54. シャッターアイランド  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   May 05, 2010 01:02
全ての“謎”が解けるまでこの島を出る事はできない。
55. 「シャッターアイランド」デカプリオの演技力  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   May 26, 2010 17:13
甘いマスクで一世を風靡したディカプリオも、最近はすっかり貫禄がついてしまったけど、演技のほうは・・・? と思っていたら、ごめんなさい。 いつの間にか、しっかり演技派俳優になっていたとは・・・・ しかし、その丸顔ベビーフェイスが災いして??
56. 「シャッターアイランド」(SHUTTER ISLAND)  [ シネマ・ワンダーランド ]   October 03, 2010 15:03
名作「タクシードライバー」や、「ニューヨーク・ニューヨーク」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの作品で知られる、鬼才マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に、メガホンを執った驚愕(きょうがく)のサスペンス「シャッターアイランド」(2...
57. mini review 10501「シャッター アイランド」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   November 13, 2010 05:42
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。原作は『ミスティック・リバー』の著...
58. シャッター アイランド  [ mama ]   February 28, 2011 00:05
SHUTTER ISLAND 2010年:アメリカ 原作:デニス・ルへイン 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、イライアス・コティーズ、ベン・キングズレー、パトリシア ...
59. 別館の予備(感想197作目 シャッターアイランド)  [ スポーツ瓦版 ]   June 05, 2011 11:56
6月5日 感想197作目 シャッターアイランド TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10907736771/1a693c0c トリック霊能力者&ゼブラシティの逆襲&ハルヒの消失& パイレ ...
60. 『シャッターアイランド』'10・米  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   June 06, 2011 21:13
なんでも、映画館では日本の配給会社が そんな超お節介なテロップを 上映前に流した
61. ■シャッター・アイランド  [ kei☆の独り言;Blog ]   November 11, 2011 00:48
原題「Shutter Island」 2010年 公式サイト 公式サイトEnglish 原作「シャッター・アイランド」デニス・ルヘイン ボストン沖合に浮かぶ、精神を病んだ犯罪者だけを収容する孤島「閉ざされた島(シャッター・アイランド)」。厳重な監視の下に運営されていたが、1954年9…

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   April 09, 2010 17:28
映画を見る前はこれが陰謀モノなら犯人は間違いなくマックス・フォン・シドーになるだろうと思ってましたが、実際に見てみるとサスペンス映画とは違うものであることに楽しめました。

しかし昨秋の公開延期の本当の理由は何なんでしょうね?
2. Posted by ◆にゃむばななさま   April 10, 2010 00:20
そうですよね。
タイプの違う作品を何本も作れそうな豪華キャスト。
陰謀モノなら、そうだったかも、というのは納得です。
ネタを知った上で、もう1度観たくなるようなお話でした。

何なんでしょうねぇ。
あんまり深く考えたことがなかったけれど…
「なるほど」と思うものなのか、「何で?」と思うことなのか…
3. Posted by 風子   April 10, 2010 12:14
二度試写会で見ましたが、2回とも吹き替え版(応募時には字幕か吹き替えか出ていなかった)だったので、昨日字幕版を見に行きました。
宣伝が大げさすぎますよねえ。試写会に一緒に行った友人が、「目の錯覚で、違って見える映像があるのかと、スクリーンをガン見しちゃったわよ。」(爆)
4. Posted by SOAR   April 10, 2010 13:18
あの前振りはほんと不要ですよねえ。となるとやはりおっしゃるように意図的なものなんでしょうね。結果的にこの点がずいぶん話題となってますし。
まあでもこういう作品って楽しいですよね。もっとびっくりの結末を見せてもらえれば最高だったのになあ〜。

騙されると言えば、伊坂作品まずひとつ読みましたよ。悠雅さんのアドバイスを参考にして初期作品から「ラッシュライフ」。なかなか面白かったです。終盤のやっつけ説明感は否めませんが、交錯する時系列の不思議さがエッシャーの絵に結びついていくのがよかった〜。
5. Posted by ひらで〜   April 10, 2010 15:36
こんにちは♪
宣伝にすっかり洗脳されて吹替版で楽しんできました(笑)

ミシェル・ウィリアムズとエミリー・モーティマー・・・
二人とも好かったですよね♪
ミシェル・ウィリアムズは切ないほど綺麗でした。
エミリー・モーティマーは最近のコメディ映画でのイメージがあって、
コメディとホラーの両方の表情が好かったです。

本作に、なんだかんだ言っても、レオくん好きだし
結構気にいってたりするんです(笑)
6. Posted by yukarin   April 10, 2010 22:44
こんばんは♪
煽りすぎの宣伝が逆効果だったような気がします。
始まる前の説明も入らなかったと思いますね。
つい最初の頃は何かあるのかと探してしまいました^^;
煽ったほどのすごいオチではなかったですが、レオの演技には見入ってしまいました〜。
7. Posted by アイマック   April 11, 2010 20:06
こんばんは!
脳が勘違いするテロップでわかってしまいました、、
なのでどうやってオチにもってくんだろうと思いながら観てました。笑
ホント流れに身をまかせてみると、見応えのある映画でした。
キャスティングもよかったですね。みなさん意味ありげな雰囲気でした。

8. Posted by ◆風子さま   April 11, 2010 20:59
まぁ、2回も試写会でご覧になれたんですね。
こちらではそんなこと、絶対あり得ないですわ。

散々流された予告でも、本編前のフリでも、
あんなに「目の錯覚」ということを言うと、
それが主題かと思う人が居てもおかしくないですよね。
目の錯覚ではなく、脳の誤認が主題なんですから、
伝えるなら、それを巧く伝えないとね。

宣伝と中身が違うのはよくあることだけれど、
リリースする側は、よほど自信があったのかな、と思います。
9. Posted by ◆SOARさま   April 11, 2010 21:05
前フリ、要らなかったと思います。
重要なのは話題性ではなく、
宣伝と中身が一致したものだと思うんですけどね。

でも、それを取っ払って、身構えずに観たら面白いと思うんですよ。
最後の最後のオチがどれだけ観る人に訴えるかなんですが、
あの宣伝や前フリのお陰で、逆にそれが弱く感じるのが勿体無いです。

おお、伊坂作品、読まれてますか。
『ラッシュライフ』、まさにエッシャーの騙し絵を思わせる、
時間軸と人間関係が交錯する、面白いお話でしたでしょう?
今後きっと何作がお読みになるかと思いますが、
独特の世界にハマれたら楽しみがまた1つ増えると思います。
わたしもまだ、寝かせている本があるので、
時間ができたら読みたいと思っています。
10. Posted by ◆ひらで〜さま   April 11, 2010 21:24
おお、噂の「超吹替え版」でご覧になりましたか。

普段なら、いい男たちの話で終始するわが家なんですけど、
今回は、ミシェルとエミリーちゃんがとっても印象的。
パトリシア・クラークソンも良かったです。

エミリー・モーティマーは本当にいろんな役柄ができる人ですね。
コメディもシリアスも、可愛い女性もヒットマンも観たけれど、
やっぱり『Dearフランキー』の母親が好きです。

宣伝が大げさではあっても、それを除けば、
面白く観れる作品だと思いますよね。
11. Posted by ◆yukarinさま   April 11, 2010 21:30
もし、何も言わずに観せてくれたら、
また違う感想の書き方になった気がしますね。
蛇足というのはこのことかもしれません。
配給会社なのか製作者側なのか、逆効果だとは思わなかったかしら…

あれほど言うには、どんなオチだろうかと思ったんですけど、
キャストたちの好演が見所ですよね。
12. Posted by ◆アイマック さま   April 11, 2010 21:35
前フリがあったせいで、そんなことは忘れて観ようと思っても、
つい、何があるんだ、と身構えてしまいました。
なるべくあれこれ考えないで観たかったんですけどね。

キャストたちは如何様にも取れる表情を見せ、
それぞれが好演で、楽しめるところがたくさんあった、
面白い作品であることは間違いないだけに、
余分な宣伝が惜しかったと思います。

13. Posted by シムウナ   April 12, 2010 06:53
TB有難うございました。
過剰な宣伝に踊らされることなく
映画を観賞してきました。
ラストのオチに関しては、似たような映画を
過去に観てきたので驚きはなかったですが、
ラストの台詞がインパクトがありました。
この映画は真相を知ってから、事実を
確認していく楽しみ方がありますね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
14. Posted by rose_chocolat   April 12, 2010 21:49
巷ではあまり評判はよくないようですね。
わかってしまうことをわざわざわかりにくく持って行ってしまっているからなんだとは思いますが。。

一応本作は、裏側まできちんと描いていたので、
そこは受け止めてあげないといけないように感じました。
「誰かに言われてしまうと、そうなってしまう」というのは、何も精神病棟の話だけではないようにも思いますし。
15. Posted by ◆シムウナさま   April 13, 2010 00:33
宣伝に踊らされずにご覧になれてよかったですね。
真相を知って再度見直すと、きっと新しい発見があると思います。
ラストのオチ、というのは、散々描かれたことよりも、
最後の一言だと思うので、謎解きじゃなくドラマとして観ると、
きっと面白いと思います。
16. Posted by ◆rose_chocolatさま   April 13, 2010 00:39
あんなに煽られて、「さあ、謎解きしてやるぞ」と意気込んで観たら、
とってもわかりやすくて肩透かしだった方が多いのでしょうね。
わたしなんか、騙されようと思って観てるのに、
冒頭のあれこれがこびりつくものだから、
余計なテロップを流してくれたものだと思いました。
>「誰かに言われてしまうと、そうなってしまう」
わたしにとっては、冒頭のテロップがまさにそうでした。
それこそが意図なのか、と勘繰ったりもして…(笑)

謎解きがメインなら、似たような話ならいくらでもあるのでしょうが、
わたしはできるだけ邪念を横に置いて観たので、
主人公の気持ちに少し近づいて観れた気がします。
なので、途中経過も、最後の一言も、
ある意味、衝撃的なものだと思えます。
推理劇ではなく、ドラマとして観たら、
別のものが見えてくる作品だったと思います。
17. Posted by ノラネコ   April 17, 2010 22:17
これは宣伝煽りすぎですね。
確かに謎解きミステリではあるのですが、一番言いたいところはそこじゃないですから。
まあ宣伝の苦悩はわかりますが、いくらなんでも冒頭で錯視のクリップまで付け加えるのはやり過ぎでした。
心理劇としてはなかなかに面白いので、そっちも宣伝して欲しかったです。
18. Posted by ◆ノラネコさま   April 18, 2010 21:48
煽りすぎですよねぇ。いくら何でもちょっと酷い。
どこをどう宣伝すればいいのか、難しい作品ではあるでしょうが、
最近特に、わざとミスリードするような宣伝だらけで、
これが最近の中で特に酷かったです。
宣伝が間違っていたために作品が酷評されるのが惜しいです。

全くもって仰る通り、これ、謎解きミステリよりも、
主題は別のところにあって、そう思ってネタを知って見直すと
また違う面白さがある作品だと思いますもの。
19. Posted by KYO@暴走特急   January 29, 2011 10:46
4 いつもありがとうございます。
悠雅さまのご紹介文を拝読し、先に皆様のコメント欄も開きたい誘惑から逃れ、楽しみながら観ました。
主人公の深い哀しみ……。
劇場と違い、画面も小さくて迫力に欠けますが、後からコメントを拝見いたしましたら、「酷い宣伝」をスルーできて良かったようです。
次回もよろしくお願いいたします。(*^_^*)
20. Posted by ◆KYO@暴走特急さま   January 31, 2011 22:58
こんばんは。
せっかくコメントいただいたのに、ちょっと忙しくしており、
すっかりお返事が遅くなって申し訳ありません。

なるべく、ネタバレしない感想にして、
コメントも細部には直接触れないようにしているつもりでも、
やっぱり、この作品は特にどんな情報もないほうが楽しめるので、
そうされて正解だったと思います。

スクリーンで観ることの楽しさや迫力などを味わうことはできないけれど、
DVDや配信にも、いい面もあるわけですねぇ。
なるほど、酷い宣伝ややりすぎと思える諸々がスルーできて幸いでした。

KYOさんは謎を解き明かそうとしながらご覧になったでしょうか、
それとも、余分な雑念なくこの世界に入り込まれたかしら…
これは、できればすっかり騙されてしまったほうが、
作品を楽しめると思います。
そうして、主人公の気持ちにシンクロして、主題に近づけると思います。
次もまた、いい作品に出会えますように。
21. Posted by KYO@暴走特急   February 01, 2011 22:35
こんばんは。
こちらこそ、不定期気まぐれな訪問にお返事いただきまして、ありがとうございます。
お忙しい中、ご丁寧なレスをいただき恐縮しております。
「綺麗な景色」「変な制服」「怖い顔」など、深く考えることなく観賞できました。
雑念ない方が楽しめる作品ですね。
いまだに解らない謎もあり…もう一度、じっくり観たい作品です。
悠雅さまの紹介文、本当に助かっています。
映画に詳しくなくて、作品の良し悪しの判断もできず、以前はタイトルだけで選んで観終わってから「睡眠時間、返せー」が時折ありました。
悠雅さまの文章から「これは私に合いそう」と選んだ作品は、時間を忘れてしまう作品ばかりです。
また、悠雅さまや皆様のコメントで知らなかった側面も垣間見えて、更に楽しめるようになりました。
劇場公開時の宣伝なども。(^-^)
悠雅さまの50音リストと配信リストを見比べて選ぶのが楽しみです。
今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
22. Posted by ◆KYO@暴走特急さま   February 02, 2011 22:19
再びのコメント、ありがとうございます。
いえいえ、いつでもどこでも、ご都合がよろしい時だけご訪問下されば、
わたしはそれで充分なのです。
というか、わたしの見方や観る作品はかなり偏りがありますから、
配信される大作やアクション物も、わたしがスルーしたものが多いはずで、
また、観たくても観れていない名作も潜んでいる可能性も多いので、
面白い作品を見逃されるのではないかと身が縮む思いです。
ネット上には、とても的確に、信頼できる感想をお書きの方も多いので、
是非、そちらの方々の感想もご参考にされてくださいね。

でも、わたしの感想がいつもお役に立てているなら本当に光栄です。
感想本文だけじゃなく、コメント欄が大賑わいの作品は、
面白い作品である場合が多いかもしれません。
いずれにせよ、ご参考になれば幸いですが、
いつか、無駄な安眠妨害をしてしまうのではないかと冷や汗ものです…
23. Posted by kei☆   November 11, 2011 00:55
前フリ、あったのを思い出しました。それで全然関係ないただウロウロしている患者さんに注目してしまったり…。
ある意味すっかりハマりこんで、意外な結末でございました…。
24. Posted by ◆kei☆さま   November 11, 2011 19:12
あったんですよ、公開時には、妙な前フリ。
あれがあったせいで、みんな必要以上にあちこり余計な気を配ってしまって・・・
そんなことがなくても、面白く観れる作品だったと思うんですが。

これは、「騙されなかったぞ」と威張るよりも、
すっかり騙されてしまうほうが面白いと思うんです。
そう思うのに、つい頭は考えよう、考えようとするのではありますが。
でも、そんな中でも意外な結末に出会ったなら、
映画を楽しめた証拠なのでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔