April 28, 2010

タイタンの戦い

神への反乱。自家用蠍。七人の戦士。CLASH OF THE TITANS




2D字幕版






■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: サム・ワーシントン
    ジェマ・アータートン
    マッツ・ミケルセン
    アレクサ・ダヴァロス
    ジェイソン・フレミング
    レイフ・ファインズ
    リーアム・ニーソン
    ルーク・エヴァンス
    リーアム・カニンガム
    ニコラス・ホルト
    ヴィンセント・リーガン
    ピート・ポスルスウェイト
監督: ルイ・レテリエ
2010年 アメリカ 106分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

3Dも公開されているけれど、わたしは今回も、
二重めがねの苦痛と目の疲労を避け、
出演する俳優の声で観るために、あえて2D字幕版にした。
(わたしはやっぱりまだこれで充分)
公開を待っていたのに、今日まで観に行く時間がなく、
お休みを待ちかねて観て来た。



物語は。


神と人が共存していた古代ギリシャ。
人々の祈りを糧に、幸福に包まれている全能の神ゼウス、
かつて、ゼウスに騙され冥界の王になったハデス。
ハデスはゼウスへの復讐と、勢力拡大を目論んでいた。
ある時、横暴な神々に対し、人間の王が反旗を翻した。
ゼウスの息子だが、漁師一家で人間として育てられたペルセウスは、
その抗争に巻き込まれ、家族を全部失ってしまう。
ゼウスは、ペルセウスを息子として神の世界に招こうとするが、
神に家族を殺されたことを許せないペルセウスはそれを拒否。
人間として、神々と戦う決意をし、
命を救ってくれた人間たちと共に、戦いの旅に出る・・・



ギリシャ神話に題材を採り、人類の存亡をかけて、
冥界の王ハデスとの戦いに挑む、ゼウスの子、ペルセウスの物語。
ペルセウスは、赤子の頃から育ててくれた人間の父を敬愛、
ゼウスと人間の女性との間の子だと知った後も、
人間として、神々と戦うことを選ぶ。
神に対する人間たちの不満が爆発した時、
運命に導かれるように、ペルセウスが人々と共に戦う時が来る。
・・・というお話。

約30年前の作品のリメイクだと聞くけれど、
残念ながら、そちらの作品は未見なので何とも言えないが、
お話がどんなに突飛であろうと、
古代ギリシャの神々が絡むお話だというと、
もう、何がどうでも何の不思議もなく、
繰り広げられる展開をただそのまま受け取って、
全編を楽しめたらいい、という感じだろうか。

今年2月公開の『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』では、
主人公パーシーは、現代アメリカの高校生だったが、
ポセイドンの息子である「デミゴッド」だと知り、神の力を得て、
戦士として活躍する冒険ファンタジーだったのだが、
今回は、全能の神ゼウスの息子のデミゴッドであるペルセウス。
設定も年代もあれもこれも違うお話だけれど、
登場人物(神)が被っているのは当然といえば当然。
でも、作品の性格が違うから、どちらもそれぞれに楽しめていいね。
とか言いつつ。
わたしが本当に楽しんでいたのは、
「だから、そんな視点でこの作品を観るのは間違い」と思うけど、
主人公の脇を固めている、これでもか、な英国俳優陣。
レイフ・ファインズ、リーアム・ニーソン、ピート・ポスルスウェイト、
さらに、ヴィンセント・リーガン、リーアム・カニンガムに加え、
マッツ・ミケルセン(この人はデンマーク出身だけど)・・・
なんて名前が並んでいたら、お話そっちのけで
この人たちの登場を喜んで観てしまうのは、
わが家なら当たり前のことだ・・・なんてことは、言うまでもない。

レイフ・ファインズは、端正で繊細な役柄がとても似合う人だけど、
こういう作品の場合、
善ではない役柄で登場して、薄気味悪い雰囲気を漂わせるのが
何でこんなに、嬉しくなっちゃうくらい似合うんだろうね。
期待通りでホントに大喜び(笑)
リーアム・ニーソンは、ほとんど予告で観たイメージそのまま。
マッツ・ミケルセン、表情も立ち回りもいいよねぇ。
この人を観るためだけに再見してもいいと思うくらい◎だわ。
リーアム・カニンガムも、ヴィンセント・リーガンも
登場はそう多くはないけど、しっかりお顔を見せてもらいましたわ。

とは言いつつ、最初の登場で気づけないことも多い。
というのも、今回は特に、とてもわかりやすい主人公を除いて、
登場人物のメイクがとても念入り(?)で
気を抜いているとその人に気づけなかったりするので、
「これって誰・・・?うわ〜ぁ、あの人がこの役?」とか驚きつつ、
必要以上に画面を凝視したりしてしまう。
さらに、お目当ての俳優の確認(笑)と同時に、
「これこそ誰?何て役名の、誰?」と、
見かけない顔のチェックもするのだから、忙しいったらありゃしない。
今回は、Eusebios(エウセビエス)のニコラス・ホルトの顔が目に止まり、
「何か、気になる顔してるわ」と思って、帰って調べてみたら・・・
何と、『アバウト・ア・ボーイ』の、あの男の子!!
小学生くらいだった彼が成長して、
冥界へ行く7人の中に混じってるなんて、想像もしてなかったもの。

ほかにも、ちょっと気になるわ、というお顔もあちこちにちらほら。
これだから、英国俳優がずらっと登場する映画を
見逃せないわ、と思っちゃう。


本当なら、こんな感想が相応しい作品じゃないんだと思うけど、
またしても、こんなことしか語れないわたしなのでありました。
でも、たくさんの感想の中には、こんなのがあってもいいじゃない、と
またしても開き直るオバサンでもあるのでした。
悪しからず。

tinkerbell_tomo at 19:41│Comments(14)TrackBack(42) 洋画【た】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画「タイタンの戦い (3D 字幕版)」感想と採点 ※ネタバレあります  [ ディレクターの目線blog ]   April 28, 2010 21:04
映画『タイタンの戦い (3D 字幕版)』を本日鑑賞。客席は20人程度で微妙な入り。 採点は"3D字幕版"に限って、★★☆☆☆(5点満点で2点)。その他の仕様なら、★★★☆☆(5点満点で3点)です。 ざっくりストーリー 神と人間が共存していたギリシャ時代。神々の王ゼウスを...
2. タイタンの戦い  [ そーれりぽーと ]   April 28, 2010 21:41
90年代に入ってCG技術が円熟するまで、20世紀はファンタジー映画といえばストップモーション・アニメと合成の時代でした。 そんなストップモーション・アニメのマエストロだった、レイ・ハリーハウゼン監督が最後に監督した、1981年の技術力の結晶。 今の最新技術を持ってリ...
3. タイタンの戦い (2010) 3D字幕版/サム・ワーシントン  [ カノンな日々 ]   April 28, 2010 21:43
子供の頃に観たオリジナル版は今でも私にとっては宝物のように大好きな映画です。買ってもらった映画パンフも今でも大切に持ってますし、その後も何度か繰り返し観ていますけど全然飽きることがありません。ギリシャ神話好きとしてはたまらない珠玉の名作。その作品が最新の....
4. 『タイタンの戦い』(2010年版)  [ ラムの大通り ]   April 28, 2010 22:20
(原題:Clash of the Titans) ----これって、昔作られた映画のリメイクってほんと? 「うん。ただ、前作はいま巷で言われているほど 当時、騒がれてはいないんだ。 確かにダイナメーションの神様レイ・ハリーハウゼンが 久しぶりに特撮を担当したということで話題にはなっ...
5. タイタンの戦い  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   April 28, 2010 22:37
評価:★★☆【2,5点】 壮大なはずなのに、どこかチープ。どこにも感情移入できなかった。
6. タイタンの戦い  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   April 28, 2010 22:43
 『神も、魔物も、 そして運命さえも打ち負かせ。』  コチラの「タイタンの戦い」は、特撮映画の父と呼ばれるレイ・ハリーハウゼンによるスペクタクル映画の原点と言われる81年の「タイタンの戦い」を、最新の3Dテクノロジーを駆使し、リメイクした4/23公開のアクション....
7. 映画「タイタンの戦い」3D@WB試写室  [ masalaの辛口映画館 ]   April 28, 2010 22:45
 今回の試写会は「運動部男子限定試写会」と言うことで、試写室には男ばかりのはずなのに、何故か一人女性が見に来ていました。客入りは最前列以外満席だ。今回は3D吹き替え版で...
8. 『タイタンの戦い(2010)』 ('10初鑑賞61・劇場)  [ みはいる・BのB ]   April 28, 2010 23:00
☆☆☆★?? (10段階評価で 7) 4月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:00の回を鑑賞。
9. タイタンの戦い  [ ダイターンクラッシュ!! ]   April 28, 2010 23:02
2010年4月24日(土) 21:20?? TOHOシネマズ川崎8 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『タイタンの戦い』公式サイト レイ・ハリーハウゼン先生のオリジナルは観ていない。 まあ、ハリーハウゼン先生のフィギュア付きBOXセットを購入したのに、観...
10. タイタンの戦い(通常版)/Clash of the Titans  [ いい加減社長の映画日記 ]   April 28, 2010 23:03
「ウルフマン」とも迷ったんだけど。 「こっちのほうが、迫力ありそうかな?」ということで、「タイタンの戦い(通常版)」を、金曜日のレイトショーで鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日のレイトショーの時間としては、普通かな。 「タイタンの戦い(通常版)」は、大きめのス...
11. タイタンの戦い  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   April 28, 2010 23:58
1981年の同名冒険映画を3Dでリメイクした作品だが、主人公が戦うモチベーションに違いがあるのが興味深い。ギリシャ神話の神が君臨していた時代。神々の王ゼウスの子として生まれながら人間として育った青年ペルセウスは、神の怒りを買ったアルゴス国と国民が滅ぼされるの....
12. タイタンの戦い(2010年)  [ ともやの映画大好きっ! ]   April 29, 2010 00:03
(原題:CLASH OF THE TITANS) 【2010年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1981年に公開された「タイタンの戦い」(原題:CLASH OF THE TITANS)のリメイク作品。 ギリシャ神話をベースに、神々の王ゼウスの息子として生まれながらも人間として育った青年ペルセウス...
13. タイタンの戦い(2D)  [ タイタンの戦い(2D): LOVE Cinemas 調布 ]   April 29, 2010 00:32
1981年の同名作品をリメイク。SFX技術の進歩はより豪快な迫力ある映像を生み出している。主演は『アバター』のサム・ワーシントン。ギリシア神話の英雄ペルセウスが数々の怪物たちと闘い人類を救うアクションスペクタクルムービーだ。共演にはリーアム・ニーソン、レ...
14. タイタンの戦い  [ 象のロケット ]   April 29, 2010 00:50
神々が君臨していた古代ギリシャ時代。 冥界の王ハデスは神々の王ゼウスに、増長した人間たちを懲らしめる時が来たと進言。 アルゴス国王に、王女アンドロメダを生け贄えにしなければ都を滅ぼすと宣言する。 ゼウスの息子として生まれながらも漁師の子として育ったペルセ...
15. [映画『タイタンの戦い(2D版)』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   April 29, 2010 01:23
☆予告編映像が豪快で、粗さが感じられなかったので楽しみにしていた作品だ。  面白かった。  展開は、見る人が見れば、ありきたりに感じるのだろうが、私には新鮮だった。  冒頭の、神々に敵対意識を持った都市の王が、岬に立つゼウス像を破壊し、その崩壊した像が海...
16. タイタンの戦い◆◇CLASH OF THE TITANS  [ 銅版画制作の日々 ]   April 29, 2010 01:29
神も、魔物も、そして運命さえも打ち負かせ。 MOVX京都にて初日に鑑賞。3Dではなく通常版でした。さすが3Dが人気なのか?シアターはガラガラでした。でもね多分3Dで鑑賞しなくても良かったかもです。主演は「アバター」で一躍注目を浴びたサム・ワーシントン 。あの波...
17. 劇場鑑賞「タイタンの戦い」  [ 日々“是”精進! ]   April 29, 2010 05:27
 「タイタンの戦い」を鑑賞してきました「アバター」「ターミネーター4」のサム・ワーシントン主演で放つアクション・アドベンチャー。特撮映画の巨人レイ・ハリーハウゼンが特撮...
18. タイタンの戦い  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   April 29, 2010 08:22
【監督】ルイ・レテリエ 【出演】サム・ワーシントン/リーアム・ニーソン/レイフ・ファインズ/ジェマ・アータートン/マッツ・ミケルセン/ジ...
19. 映画:タイタンの戦い Clash of the Titans 最後まで一気に見せるリメイク活劇。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   April 29, 2010 08:29
だいたい、こういう種類の映画は、途中どこかでダレてしまう瞬間がある。 (ロード・オブ・ザ・リングにしろ、ハリーポッターにしろ) だが、この映画はストーリー展開がクライマックスに向かって収束していく構成がしっかりしていた。 (だからこそのリメイクなのだろう。...
20. タイタンの戦い  [ Akira's VOICE ]   April 29, 2010 10:11
アクションと興奮が足りない。
21. タイタンの戦い  [ 風に吹かれて ]   April 29, 2010 12:06
漁師から兵士に公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans1981年の同名映画のリメイク監督: ルイ・ルテリエ 「トランスポーター」「インクレ
22. タイタンの戦い  [ Diarydiary! ]   April 29, 2010 18:38
《タイタンの戦い》 2010年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? CLASH OF T
23. タイタンの戦い (2D)  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   April 30, 2010 15:01
かつて世界では神々が権力を求め激しい戦いをくり広げていた。 有名なギリシャ神話を映画化した1981年のアクション・アドベンチャー「タイタンの戦い」をもとに、強大な力を持つ神々と人間の戦いを最新のデジタル技術を使い、現代に再現した本作。3D版と2D版の同...
24. タイタンの戦い〜ギリシャ神話版アバター?  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   April 30, 2010 16:25
公式サイト。原題:CLASH OF THE TITANS。ルイ・レテリエ監督、サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、アレクサ・ダヴァロス、 ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、ジェイソン・フレミング。1981年版「タイタンの戦い」のリメイク。多分、3D....
25. タイタンの戦い (2D字幕版)  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   April 30, 2010 22:40
【CLASH OF THE TITANS】 2010/04/23公開 アメリカ 106分監督:ルイ・レテリエ出演:サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、アレクサ・ダヴァロス、ジェイソン・フレミング、レイフ・ファインズ、リーアム・ニーソン神も、魔物も、そして運命さ....
26. ★「タイタンの戦い」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   May 01, 2010 03:39
今週の平日休みの2本目。 「ターミネーター4」「アバター」と、立て続けにヒット作に抜擢された、 サム・ワーシントンの最新作。
27. 「タイタンの戦い<2010>」 記憶に残りにくい作品  [ はらやんの映画徒然草 ]   May 01, 2010 06:24
1981年公開のレイ・ハリーハウゼン作品「タイタンの戦い」のリメイクになります(
28. タイタンの戦い  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   May 01, 2010 15:27
もうすぐGWですね〜毎日忙しないですアワアワ・・・【story】神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、人間として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)がいた。彼は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)を倒す戦...
29. タイタンの戦い  [ とりあえず、コメントです ]   May 02, 2010 13:28
ギリシャ神話の英雄ペルセウスの活躍を描いたアクション・アドベンチャーです。 今回は2Dの試写会で観て来ました。 サム・ワーシントンの演じる爽やかなペルセウスの冒険をワクワクしながら観ていました??
30. タイタンの戦い  [ 5125年映画の旅 ]   May 04, 2010 09:58
神々の時代。全能神ゼウスと人間の間に生まれたペルセウスは、人間と神々との闘争に巻き込まれて家族を失う。冥界の神ハデスは、人間を屈服させるために巨獣クラーケンで人間の都アルゴスを襲うと警告する。ペルセウスはクラーケンを討伐するため、仲間と共に危険な旅に出....
31. タイタンの戦い(2D)  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   May 04, 2010 15:58
タイタンの戦い’10:米◆原題:CLASH OF THE TITANS◆監督:ルイ・レテリエ「トランスポーター1、2」「ダニー・ザ・ドッグ」 ◆出演:サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、アレクサ・ダヴァロス、ジェイソン・フレミング、レイフ・ファイ....
32. タイタンの戦い 3D(字幕版)  [ 小部屋日記 ]   May 05, 2010 13:43
Clash of the Titans(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:サム・ワーシントン/ジェマ・アータートン/マッツ・ミケルセン/アレクサ・ダヴァロス/ジェイソン・フレミング/レイフ・ファインズ/リーアム・ニーソン 神も、魔物も、 そして運命さえ...
33. タイタンの戦い 子ども達のギリシャ神話入門に持ってこい  [ 労組書記長社労士のブログ ]   May 06, 2010 10:31
【{/m_0167/}=22 -8-】 メーデー集会のお後にTOHOシネマズなんばにて鑑賞したけどファーストディ映画の日だしゴールデンウィークだしでたいへんな人出だった。 日本中が毎日こんなだったら景気よくなっていいんだろうなあ。  古代ギリシャ世代、アルゴス国では、人間たち...
34. 『タイタンの戦い』(2010)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   May 08, 2010 09:35
オリジナルの『タイタンの戦い』は何気にフェイバリットな作品だけに、リメイクの噂が飛び交った時は、質の悪い冗談かと思ってました。 しかしそれがとうとう実現。 レイ・ハリーハウゼンの匠の技と打って変わり、最新テクノロジーを駆使した大冒険がスクリーンに甦ってし...
35. タイタンの戦い☆神も、魔物も、そして運命さえも打ち負かせ。  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   May 08, 2010 10:08
 神と人間の存亡をかけた運命の戦いが今、始まる  。
36. 「タイタンの戦い」感想  [ 狂人ブログ ??旅立ち?? ]   May 08, 2010 11:46
 81年公開、VFX界の重鎮・レイ・ハリーハウゼンの集大成にして引退作となったSF映画を、「今もっとも旬なハリウッド俳優」サム・ワーシントン主演でリメイク。 全知全能の...
37. タイタンの戦い 3D 日本語吹き替え  [ ゴリラも寄り道 ]   May 09, 2010 04:07
<<ストーリー>>神々が世に君臨していたある時代。神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、人間として育てられた...
38. タイタンの戦い  [ テレビ徒然記 ]   May 28, 2010 20:19
公開当初は興味なかったんですが、急にマッツ・ミケルセンのファンになったので(笑)、マッツさん目当てに行って来ました♪ 私はメガネかけてるので、3Dメガネをかけるのが嫌で(3D食わず嫌い?)、通常版の字幕で見ました。 実は『ターミネーター4』も『アバター』も見て...
39. 「タイタンの戦い」 ラスボスはクラーケン  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   June 04, 2010 18:47
これって、ゲーム? 捕らえられた姫を助ける為に、勇者が立ち上がり、幾多の敵を倒したり、味方につけたり、魔法の剣をGETして、いざラスボスとの戦いが・・・・・ これから3Dゲームの時代がやってくる。 さぞ、3Dでゲームしたら迫力だろうな??と思わせる、まるで宣伝...
40. 『タイタンの戦い』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   November 03, 2010 12:19
『 タイタンの戦い 』 (2010)  監  督 :ルイ・レテリエキャスト :サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、 マッツ・ミケルセン、ジェマ・アータートン、アレクサ・ダヴ...
41. 【映画】タイタンの戦い…嫌いじゃないけど他人にオススメするほどでは無し  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   November 27, 2010 09:19
先日の金曜日(2010年10月1日)は健康診断…今回バリウム(胃透視)はパス。 昨日の土曜日(2010年10月2日)はお仕事…最近は2週間おきに休日出勤です で、本日2010年10月3日(日曜日)の予定は公園の草刈りだったけど...
42. タイタンの戦い  [ RISING STEEL ]   March 07, 2011 17:50
タイタンの戦い / CLASH OF THE TITANS 2010年 アメリカ映画 ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ルイ・レテリエ 製作:ベイジル・イヴァニク  ケヴィン・デラノイ 製作総指揮:リチャード・D・...

この記事へのコメント

1. Posted by メビウス   April 29, 2010 08:23
悠雅さんおはようございます♪TB&コメント有難うございました♪

悠雅さんは出演してる俳優さんお目当てのような鑑賞みたいでしたけど、自分もクリーチャー映像目当ての鑑賞が主な目的だったので、観方としては同じのようでもあり、そしてこういう偏った鑑賞もひとつの楽しみ方じゃないかとも思いますねぇ〜。

個人的に本作の中での好きな俳優さんを挙げるならば、ドラコを演じてたマッツ・ミケルセンでしょうか♪ペルセウスに戦い方を教えたり、あれこれ指導したりする姿に兄貴のような頼もしさを感じましたねw
レイフ・ファインズは相変わらず不気味な役柄・・^^;もし続きがあるとしたら、ハリポタのヴォルデモートに続いてのラスボスキャラになってしまうかも・・?
2. Posted by ひらで〜   April 29, 2010 17:36
観たい!と思いながらも、時間が合わなくて・・・
お休みの日にちょっと遠出して
3Dに挑戦しようかしら・・・なんて思ってましたが、
私も出演者目当てですから2Dで充分ですね(笑)

お目当ての一人、マッツ・ミケルセン、
彼のために再見してもいい程、素敵でしたか〜♪
予告でも、そんな気配は感じましたが(ファンの贔屓目?)、
そんな話を聞いてしまえば、今すぐにでも観に行きたい!!

でも、明日は参観日だし、GW中は娘のミニ・バスケの試合があったり
しっかりお仕事入ってたりで・・・
でもでも、なんとか時間を空けて頑張ります♪
3. Posted by 氷雨@竜兄   April 30, 2010 01:46
この映画…実は昔金曜ロードショーでやってたのをビデオに撮ってまして、子供の頃はラビリンスやウィローと並んでヘビロテで観た大好きなファンタジー作品でした。ペルセウスがメデューサと戦うエピソードはやっぱり未だに覚えてますもんね〜。

今回のリメイクはまだ観てませんが、あのドキドキワクワク感を失わずにリメイクできてるかが気になるところではあります。

何かターミネーター4やトランスフォーマーリベンジを観てると、敢えて3Dでなくても迫力のある映像はできるのに…って思ってしまいます。3Dは専用メガネ無しで観るとむちゃくちゃ違和感ありますしね(苦笑)。
4. Posted by ◆メビウスさま   April 30, 2010 20:57
こんばんは。お返事が遅くなってごめんなさい。

そうなんです。わたしはまるっきり脇の俳優目当て(笑)
メビウスさんは、クリーチャーの映像目当てなんですよね。
でも、それも映画の楽しみ方の1つですもんね。
お金払って映画観て、楽しめたならそれが一番です。

この作品はあんまり評判がいいとは言えないけれど、
それでも、マッツ・ミケルセンの好漢ぶりは好評ですね。
お目当てのうちの1人だったので、とっても嬉しかったわぁ。
レイフは、役柄を聞いただけできっとこんな感じと思ったけれど、
もし、続編でもあろう日には、ラスボス決定でしょう(笑)
この人が演じるなら、どんな役柄でもOKですわ♪
5. Posted by ◆ひらで〜さま   April 30, 2010 21:01
こんばんは。お返事遅くなりました。

時々あるんですよね、観たいのに時間が合わないことって。
それが続くと悲しくなっちゃいます。
でも、主婦は子供の都合を優先しなくちゃならないですもんね。
お仕事があったら余計、どうしようもない…
これも、うっかりしてたら上映回数が一気に減る感じだったので、
わたしも慌てて観て来たのでした。

古典的で何でもありな展開の中、
マッツ・ミケルセンの演技と存在感は抜群でしたよ。
ひらで〜さんも、きっと同じようなことを思われるはず。
どうか、何とか時間ができてご覧になれますように(祈)
6. Posted by ◆氷雨@竜兄さま   April 30, 2010 21:07
まぁ、そうだったんですか。
じゃあ、きっとうちでも録画可能だったんでしょうけど、
その頃は全くノーチェックでした。
わが家の子供たちも、『ウィロー』はビデオを買ったほど好きで
いったい何回観るの、と思うほど観たと思いますよ。

オリジナルが優れているからドキドキワクワク感が強いのか、
観る人の年齢でその価値観は変わるのか、
リメイクをご覧になっても、それは変わらないのか…
わたしにはわかりませんが、楽しめる出来だといいですね。

確かに、3Dでしか表現できないものはあるでしょうから、
全く無しでいいとは思わないですが、
わたしは個人的には、自分の目への負荷が軽くならなければ
当分、3Dは遠慮しとこうかと思います。
7. Posted by yukarin   April 30, 2010 22:45
英国俳優陣いいですねぇ♪
全体的には普通な感想なんですけど、俳優で楽しめる作品なのかもしれませんね。
私はリーアム・ニーソン目当てでつい一点集中しちゃってました(笑)
8. Posted by ◆yukarinさま   May 01, 2010 20:33
アメリカ作品の中で、いつも光る英国俳優たち。
今回もまた、たくさんの顔が観れて嬉しかったです♪
こちらも『ウルフマン』同様、内容に目新しさはないけど、
キャストで楽しめるなら、それはそれでよし、としました。
もちろん、リーアム・ニーソンも観たいうちの1人だけど、
レイフ・ファインズも是非観たかった1人。
英国人ではないけど、マッツ・ミケルセンもとってもGood!でした。
9. Posted by アイマック   May 05, 2010 14:42
こんにちは!
3Dでみましたが、2Dでも十分な映画でしたよ。
リーアム・ニーソンのゼウスは、はまり役でしたが、ゼウスが好色な神だとは知らなかったなー。笑
確かに俳優さんのメイクがきつくて、マッツ・ミケルセンもはじめ分からなかったですよ。
巨大なサソリ、メデューサ、クローケンと戦うシーンは迫力あって楽しめました。
ペガサスは黒馬なんだなあ。
10. Posted by ◆アイマックさま   May 05, 2010 23:23
こんばんは〜。
3Dでご覧になった方で、そう仰る方が多いですねぇ。
わたしは思った以上に眼が疲れるのがイヤで2Dにしたんですが、
案外、正解だったかも・・・

全能の神ゼウス、と思ってたけど、結構好色(笑)
でも、威厳ある姿はリーアム・ニーソンはぴったり。
マッツ・ミケルセン、最初わかんなかったですよね。
筋書きはあってないようなものですから、
観る人それぞれ、楽しめるポイントを見つけた者勝ち(笑)
そうそう。ペガサスって黒かったのねぇ…と思いましたわ。
11. Posted by ひらで〜   May 07, 2010 15:39
やっと、観てきました♪
怪物とのバトルばかりの映画だとばっかり思ってましたら、
かなり人物で楽しめて嬉しかったです。
3Dの方がいいかな〜と考えてなんていないで、
さっさと観に行けばよかった(笑)

マッツ・ミケルセン♪
好かったです〜!!
ビジュアル的には『キングアーサー』方が好きだけど、
役柄的にはこっちの方が素敵♪
・・・と好き勝手語ってます(笑)
他の英国俳優たちも楽しめて収拾がつかない程でした。
12. Posted by ◆ひらで〜さま   May 07, 2010 20:55
ご覧になれましたか〜(*^_^*)
どうしても予告の映像ではそんな感じもありましたもんね。
3Dの方が大迫力かもしれないけど、どうも3Dと相性がよくないので、
あえて2Dで観たんですけど、それでも悪くなかったですよね。

同じ作品を観ても、注目するところが違って当たり前にしても、
こんなに出演者のことばっかり言ってるのも珍しいかも(笑)
でも、楽しかったポイントを思いつくまま書いてたら、
結局、俳優のことばっかり…(苦笑)
ま、それも感想の1つ、ということで。

それにしても
やっぱりよかったでしょう?マッツ・ミケルセン。
こんな感じの彼を観れただけでも十二分でした〜♪
13. Posted by youko   May 15, 2010 00:39
こんばんは。

毎年流星群を観察する、あのペルセウスのお話だし、リーアム&レイフ
のシンドラーコンビが天界と冥界の王だし、ギリシア神話大好き
だし、見逃せないとは思っていました。

でも、きっと大音量だよな〜、いやだな〜、どうしようかな〜と二の足
踏んでいたところに、悠雅さんのところで、マッツも出ていて、
しかもGoodだというお話が!これは行くっきゃない!

非情なレジスタンスも、苦悩する作曲家も、勿論素敵でしたが、
う〜ん、ドラコもトリスタンもホント、よくあってますね。マッツ!

でも、皆すごいメイクで、始まって暫くは’誰?これ?’状態でした。

リーアム&レイフは予告編を観ていたのですぐにわかりましたが、
(あと ピート・ポスルスウェイトは判り易いお顔立ちなのですぐ)他は?

そんな中で、『アバウト・ア・ボーイ』の彼を識別できたなんて、さすが
悠雅さん!かわいい坊やがいるな〜程度でスルーでした。

しかも、私としたことが、エンドタイトルで名前を見るまでアレキサンダル・
シディングに気づかなかったなんて!

レイフの『ロレンス1918』でのファイサル以来、お気に入りだったのに、、、

ハンニバル(勿論人食いではなく、象でアルプス越えたほう)のDVDを
見つけたときには、小躍りしてしまいました。

あの大音量の中にもう一度身をさらす元気はないので、DVDが出たら、
あの人この人、片っ端から確認しなくては!
どなたか、写真と名前と役名を一覧にしてくださらないかしらと、
つい思ってしまうのでした。でもとっても楽しめました。
14. Posted by ◆youkoさま   May 15, 2010 09:16
こんにちは。
youkoさん、大音量が苦手でらっしゃいましたか。
それは辛いものがあったでしょうか。
わたしは案外、そのあたりは平気で、楽しんでおりました。

ストーリーは荒唐無稽だけどシンプル、何を楽しむかはその人次第ですが
わたしも早い時期に出演者のチェックをしていたので
マッツ・ミケルセンもお目当ての1人で公開を待っていました。
『アバウト・ア・ボーイ』の彼を識別できたんじゃないですよ。
彼って誰かな?と調べてわかったんです。
いくらわたしでもそこまでは無理、無理(笑)

アレクサンダー・シディグ、ですね。
彼は本当に登場時間が短かったので、わかりにくかったですね。
わたしも顔を見ながら、ここに書くのを忘れたくらいですから。

わたしも、「これ誰?」と思ったら、国内外の複数のサイトを調べて、
顔と名前と出演作をチェックしてみます。
でないと、スッキリしないですもんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔