May 15, 2010

パリより愛をこめて

Wax on,Wax off。ロイヤル・バーガー。遥かなる影。
FROM PARIS WITH LOVE





■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: ジョン・トラボルタ
    ジョナサン・リース・マイヤーズ
    カシア・スムートニアック
    リチャード・ダーデン
    アンバー・ローズ・レヴァ
    シェムズ・ダマニ
監督: ピエール・モレル
2010年 フランス 95分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

ジョン・トラボルタがメインの、アクションもの…というと
いつもの傾向なら深く考えずにスルーするところなんだけれど、
‘相棒’がジョナサン・リース・マイヤーズなら話は別。
どんな内容だっていいから、と思って観に行ったのだが、
ほら、ご覧。ジョナサンがとってもいいんだから〜。



物語は。


パリのアメリカ大使館に勤務するジェームズ・リースは、
その手腕を買われているエリート外交官だが、
その一方、ゆくゆくはCIAの捜査官として、
国家機密に関する任務に就きたいと思い、密やかに活動している。
パリのサミットを控えて重要な職務をこなす傍ら、
彼は‘組織’の一員として、上級の指令を受けることになる。
果たしてそれは、アメリカから送り込まれてきた‘相棒’との行動であり、
まずは、空港の税関で暴言を吐いている彼を連れ出すことだった。

相棒の名はチャーリー・ワックス。
実力は確かな捜査官だが、スキンヘッドで毒舌の彼とコンビを組むことに、
リースは不安を覚えるのだった。
ワックスは、リースが事情を理解する暇もなく、着任早々、行動を開始。
2人は、不味い中華料理店に入り、
大量の麻薬が隠されていることを発見するが・・・



中年の凄腕捜査官ワックスと、若い外交官リースが
パリの町で大きな犯罪を追い詰めてゆく物語。
無茶苦茶な行動の男の相棒は、正反対の頭脳派で、
凸凹コンビがお互いを補い合って大活躍、
やがて、少しずつ心を開き、友情が芽生えて・・・という筋書きだろうと、
予告編を見て想像する方が多いだろうが・・・まさに、その通りである。

多くの場合、常識的な片方が、合方に反発や非難をするのだが、
今回は、一応、抵抗は試みるものの、
四の五の言う隙間もないまま、リースはワックスに引っ張られ、
あれよあれよという間に、ワックスの仕事に巻き込まれる。
けれど、
我儘で破天荒な男に見えた(実際もそうだが)ワックスの腕は本物。
狙いをつけた標的を外すことなく、百発百中で仕留めてゆく。
大使館のエリートとして働くリースにとって、
目の前でいきなり始まる銃撃戦など予測不能である。
わけがわからないまま、ワックスの指示に従い共に行動するリースは、
故あって中国製の大きな壷を抱えて歩くことになる。
もうひとつ、事情がよく呑み込めないので、
まるで、『レオン』のナタリーちゃんの観葉植物みたいに、
リースはでっかい花瓶を抱えてワックスに付いて行くしかない。
『パリより愛をこめて』じゃなく、
『パリの町を、壷を抱えて』じゃないかとツッコミそうになる。

前半は、やたら押し出しと腕っ節の強いスゴいオッサンが
旧式のやり方でガンガン飛ばしまくるので、
このままの路線で突っ走るのかと思いきや、
最新式の技術も使いこなしてしまう強かさも見せ、
これは終始、彼の独壇場となるのか・・・と思ったところで、
お話は思わぬ方向へ転び始める。
ジョナサン@リース(って、発音おんなじ)を観に来た人(は〜い)には
ここからが、待ってました、な展開に。
哀しみを湛えた彼の碧眼を観ているだけでも充分嬉しいのに、
当初の予想を覆す(それも予定通り?)、彼の活躍が始まる。
予告で気になっていたシーンになると、いよいよ、お話は本筋にはいってゆく。
事情を詳細に語られないリースと一緒に、
我々も、今彼らが直面している犯罪の標的が何かということを、
共に理解してゆくことになる。
そういうことだったのか・・・っていうか、
あれこれ、深く掘り下げないことにしましょう・・・

そうそう。
リースの恋人、キャロリンは初めて観る女優さんだったけど、
誰かに似ているなぁ、と考えていて、思いついたのが、
若い頃の、
まだまだ英国の上流階級の女性を演じていたヘレナ・ボナム・カーター。
それに、キーラ・ナイトレイを足したような彼女とか、
終盤の、公務員みたいな顔と身なりで飛ばしまくるドライバーなど、
期待してなかったところに、思わぬ見どころ(?)もあり。


ワックスが容赦なく吹っ飛ばす人間たちの数や方法が、
あれで許される任務って、凄いなぁと思わないでもないけれど、
お話はお話として、その展開もすんなり受け入れて、
結局、わたしはジョナサンば〜っかり観ていたのでありまして。
きちんとしたスーツに黒縁眼鏡(*゚▽゚*)で颯爽と登場したかと思うと、
状況に応じて、徐々にその着方が崩されてゆき、
途中からは凄みが加わってきて、何かそれだけで大満足。
それに、終盤のあのシーン、だもの。筋書き云々は放っといて、
な〜んか、ぽ〜〜っと観てた気がいたします。
それにしても、
意外なことに、トラボルタとのコンビもいいもんだねぇ。
ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウの米英コンビもいいけど、
こちらの米愛コンビもいいかもしれない。
95分という、少々物足りないくらいの尺を緊張感と共に観てきたのちの、
一件落着、という晴れやかなラストシーン。
そこまでの緊張がほぐれたような空気の中、
きっと、そこを重点的に映したいわけじゃないんだろうけど、
わたしの目に留まったのは、ジョナサンの出で立ち。
黒いロングコートにジーンズというスタイルの、なんてかっこいいこと!
エンドクレジットを観ながら、
「お願い。今のとこ、巻き戻して観せて!」と真面目に願ってしまいました。




tinkerbell_tomo at 14:40│Comments(16)TrackBack(41) 洋画【は】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『パリより愛をこめて』(2010)/フランス  [ NiceOne!! ]   May 15, 2010 15:12
原題:FROMPARISWITHLOVE監督:ピエール・モレル出演:ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<...
2. 劇場鑑賞「パリより愛をこめて」  [ 日々“是”精進! ]   May 15, 2010 15:50
FromParisWithLove輸入盤【CD】「パリより愛をこめて」を鑑賞してきました「96時間」のピエール・モレル監督が、「サブウェイ123 激突」のジョン・トラヴォルタを主演に迎えて贈る...
3. パリより愛をこめて  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   May 15, 2010 17:53
【FROM PARIS WITH LOVE】 2010/05/15公開 アメリカ R15 +95分監督:ピエール・モレル出演:ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムートニアック、リチャード・ダーデン、アンバー・ローズ・レヴァ人生のひきがねを引け。Story:CIAの異端....
4. パリより愛をこめて / From Paris With Love  [ 勝手に映画評 ]   May 15, 2010 18:16
『TAXi』『96時間』『トランスポーター』でお馴染みのリュック・ベッソンが原案の、パリを舞台にしたアクション映画。期待を裏切らず、めちゃめちゃ派手なアクションが画面に繰り広げられます。 最初に思いついたのは、原題の『From Paris With Love』で思いついたのは、007...
5. パリより愛をこめて  [ あーうぃ だにぇっと ]   May 15, 2010 18:23
5月4日(火)連休の最中に@一ツ橋ホールで鑑賞。 連休中の試写会はややかったるい。(笑) 会場が家の近くの一ツ橋ホールでなかったらパスしてしまうところだ。 行列に並ぶ気はしなかったので開場時間過ぎに到着。 前方左サイドの席を確保する。 いっしょに行った妻...
6. パリより愛をこめて  [ Lovely Cinema ]   May 15, 2010 20:07
JUGEMテーマ:映画館でみました!人生のひきがねを引け。
7. 『パリより愛をこめて』  [ ラムの大通り ]   May 15, 2010 21:58
(原題:From Paris with Love) ----『パリより愛をこめて』? タイトル、間違っているんじゃニャい。 「ところが、これが原題の直訳。 もちろん、あの名作...
8. 映画:パリより愛をこめて From Paris with Love 96時間コンビの最新作の出来は?  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   May 15, 2010 22:06
先日アップした記事にもふれてはいるが、 「96時間」のコンビが次に作ったのがこの「パリより愛をこめて」。 当ブログでは「96時間」を激賞している(2009-08-19「96時間」Taken 褒め言葉1〜5(本文)でわかっていただきたい、必見のアクション!) ということで、この新作...
9. パリより愛をこめて  [ LOVE Cinemas 調布 ]   May 15, 2010 22:17
原案リュック・ベッソン、『96時間』のピエール・モレル監督で送るアクションエンタテインメントムービーだ。主演は『サブウェイ123 激突』のジョン・トラボルタ。共演に最近では『シェルター』が記憶に新しいジョナサン・リス・マイヤーズ。フランス・パリを舞台に繰...
10. パリより愛をこめて /FROM PARIS WITH LOVE  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   May 15, 2010 23:28
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「共演のジョナサン・リースマイヤーズと顔が似てるから、区別の為に剃ったんだ」とトラさん。 そんなことしてくれなくったって誰も間違えませんから{/m_0088/} 原案リュック・べッソン、監督...
11. レールズ&タイズ/ RAILS & TIES  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   May 15, 2010 23:29
ケヴィン・ベーコン主演、 クリント・イーストウッド監督の娘、アリソン・イーストウッドの初監督作も劇場未公開{/kaminari/} ケヴィンの新作として前からチェックしてたこの映画、新作DVDコーナーでみっけ{/m_0084/} DVDスルーにガックリ{/m_0164/} タイトルも覚えにくいっ{...
12. パリより愛をこめて  [ 象のロケット ]   May 16, 2010 02:14
パリのアメリカ大使館に勤めるジェームズ・リースのもう一つの顔は、CIAの見習い捜査官。 謎の犯罪組織を探るためアメリカから送り込まれた特別捜査官チャーリー・ワックスとコンビを組むことになったが、スキンヘッドにイカれたファッションのワックスは、目的のためには手...
13. パリより愛をこめて  [ とりあえず、コメントです ]   May 16, 2010 12:00
原案リュック・ベッソン、監督は『96時間』のピエール・モレルが創り上げたサスペンス・アクションです。 予告編を観た時から、相変わらず銃をガンガン撃っているな??と気になってしました(^^ゞ アクの強いCIA諜報員を演じるジョン・トラヴォルタのパワーに最後まで引き込ま...
14. パリより愛をこめて  [ ともやの映画大好きっ! ]   May 16, 2010 16:26
(原題:FROM PARIS WITH LOVE) 【2010年・フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 諜報員に憧れる駐仏アメリカ大使館員が、凄腕諜報員に翻弄されながらも重大事件を解決していくサスペンス・アクション。 パリのアメリカ大使館に務めるジョナサン・リース(ジョナサン・リー...
15. [映画『パリより愛をこめて』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   May 16, 2010 18:59
☆原案がリュック・ベッソンで、監督がピエール・モレルという、昨年のメチャ面白アクション作品『96時間』の二人が作り上げた新作。  今回も、悪党に容赦なく非常に面白かったが、  設定を変えただけで、見せ方は同じなので、やや新鮮さに欠けた。
16. パリより愛をこめて  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   May 16, 2010 20:38
評価:★★☆【2,5点】意図的な『007』のサブタイトルっぽいのがダサい
17. 【パリより愛をこめて】★ジョン・トラヴォ...  [ 猫とHidamariで ]   May 16, 2010 21:03
人生のひき金を引け任務のためには手段を選ばない危険な男人を撃てない見習い捜査官コンビ史上最悪の相性の二人が、巨大犯罪組織を追う―!=チラシより=パリより愛をこめてHPパ...
18. パリより愛をこめて  [ Memoirs_of_dai ]   May 17, 2010 01:28
容姿も行動も破天荒なトラヴォルタ 【Story】 CIAの異端諜報員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報活動??.
19. パリより愛をこめて とにかくむちゃくちゃ〜♪  [ 労組書記長社労士のブログ ]   May 17, 2010 09:36
【{/m_0167/}=21 -8-】 今日は世界中の労働者がおいらの誕生日を祝う日、さ〜て、大阪城でのメーデーに行ってくるかあ〜。 そして昨日の試写会はエル・おおさか(大阪府立労働センター)にて、労働者付いてるね。(意味不明〜)  若き駐仏アメリカ大使館員リースは、エー...
20. パリより愛をこめて  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   May 17, 2010 14:41
実はジョナサン・リス・マイアーズの寂しげな瞳が好きー【story】CIAの異端児諜報員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報活動の日々が一転、危険な捜査に乗り出すことになった駐仏アメリカ大使館員のリース(ジョナサン・リス・マイヤーズ...
21. パリより愛をこめて☆人生のひきがねを引け。  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   May 17, 2010 15:54
  『ベスト・キッド』と     『ミー&ミセス・ジョーンズ』は               観てないわ(^^;)
22. パリより愛をこめて  [ ゴリラも寄り道 ]   May 18, 2010 02:25
<<ストーリー>>CIAの異端児諜報(ちょうほう)員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報(ちょうほう)...
23. パリより愛をこめて  [ そーれりぽーと ]   May 19, 2010 00:10
てっきりジョン・トラボルタが悪役なんだと思って『パリより愛をこめて』を観てきました。 ★★★★ リュック・ベッソン製作脚本作“らしく”、脚本から編集まであらゆる部分がシャープな代わりに無駄にオサレな演出、ドラマチックな部分はどこか無機質な感覚といつも通り。...
24. 『パリより愛をこめて』産業ムービーを送ります  [ 映画のブログ ]   May 19, 2010 01:56
 「産業ロック」という言葉を使い始めたのは渋谷陽一氏であろう。  氏は、世界的に売れているバンドの音楽を指して、こう呼ぶことがあった...
25. パリより愛をこめて  [ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) ]   May 19, 2010 20:23
「パリより愛をこめて」監督:ピエール・モレル(『96時間』『アルティメット』)出演:ジョン・トラボルタ(『サブウェイ123 激突』『ヘアスプレー』)ジョナサン・リース・マイヤーギ...
26. 「パリより愛をこめて」  From Paris with Love  [ 俺の明日はどっちだ ]   May 20, 2010 08:51
ウヒョー、良くも悪しくもリュック・べッソンらしいB級テイスト満載な痛快アクション、バディムーヴィー。 実のところ、悪者となる人間、そして殺される人間もほぼ全員非白人で、クスリが隠されているアジトはやはりこんな感じでしょと中華料理店が登場し、そこではうじゃ...
27. パリより愛をこめて  [ 風に吹かれて ]   May 21, 2010 09:20
一日で26人 [E:wobbly]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/frompariswithlove原案: リュック・ベッソン監督: ピエール・モレル 「アルティ
28. ★「パリより愛をこめて」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   May 22, 2010 03:07
今週の平日休みは、TOHOシネマズららぽーと横浜で1本。 マット・デイモンの「グリーン・ゾーン」とどっちにしようか迷ったけど、 トラヴォルタのスキンヘッドに魅せられて、こっちにしちゃった。
29. パリより愛をこめて  [ 心のままに映画の風景 ]   May 24, 2010 11:37
駐仏アメリカ大使館員のジェームズ・リース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)は、エリート大使館員にしてCIAの見習い捜査官。 ある日、CIA本鮮.
30. パリより愛をこめて  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   May 24, 2010 12:11
原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレルという、『TAXi』『96時間』のコンビが花の都・パリを舞台に織り成す極上のサスペンス・アクション。 物語:パリのアメリカ大使館員・リースには上司にも婚約者にも言えない秘密があった。CIAの見習い捜査官として諜報活動....
31. パリより愛をこめて  [ Movies 1-800 ]   May 24, 2010 20:46
From Paris with Love (2010年) 監督:ピエール・モレル 出演:ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス・マイヤーズ、カシア・スムートニアック パリの米国大使館に勤めるCIA見習いの若者が、アメリカからやってきた凄腕の諜報員とコンビを組んで、パリ市内をターゲットに...
32. 「パリより愛をこめて」感想  [ 狂人ブログ ??旅立ち?? ]   May 24, 2010 22:25
 いつもながらリュック・ベッソンとは、非常に「分かりやすい」映画人だと思う。 監督にせい原案にせい、基本的にやってる事は同じながら、間違えた物が出てくる事がほとんどなく...
33. 「パリより愛をこめて」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   May 29, 2010 14:48
                              「パリより愛をこめて」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原案・リュック・ベッソン 監督・ピエール・モレル リュック・ベッソン×ピエール・モレルのコンビが今回もパリを舞台に魅せてくれました! ちょい、...
34. 「パリより愛をこめて」 パリはハリウッドよりビター  [ はらやんの映画徒然草 ]   June 06, 2010 06:32
世界的にみてアクション映画といったら、アメリカのそれもハリウッドで作られたものに
35. パリより愛をこめて  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   June 07, 2010 10:32
パリより愛をこめて’10:フランス◆原題:FROM PARIS WITH LOVE◆監督:ピエール・モレル「96時間」◆出演:ジョン・トラボルタ 、 ジョナサン・リース・マイヤーズ 、 カシア・スムトゥニアク◆STORY◆パリのアメリカ大使館員・リースには上司にも婚約者にも言えない....
36. 【映画レビュー】パリより愛をこめて  [ Hisa-Bo's Walk ]   June 20, 2010 00:35
2010年/フランス 監督:ピエール・モレル 製作総指揮:リュック・ベッソン 原案:リュック・ベッソン 脚本:アディ・ハサック 音楽:デビッド・バックリー 出演:ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク他
37. 『パリより愛をこめて』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   November 16, 2010 12:33
『 パリより愛をこめて 』 (2010)  監  督 :ピエール・モレルキャスト :ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース=マイヤーズ、エリック・ゴードン、 リチャード・ダーデン、カシア・スムトゥアニ...
38. パリより愛をこめて  [ 小部屋日記 ]   December 09, 2010 10:09
From Paris With Love(2010/フランス)【Blu-ray】 監督:ピエール・モレル 出演:ジョン・トラボルタ/ジョナサン・リース=マイヤーズ/エリック・ゴードン/リチャード・ダーデン/カシア・スムトゥアニク 人生のひきがねを引け。 「96時間」の制作リュック・ベッソ...
39. パリより愛をこめて  [ RISING STEEL ]   February 24, 2011 15:22
パリより愛をこめて / FROM PARIS WITH LOVE 表向きはアメリカ大使館員であるCIAエージェントのジェームズの雑用ばかりをこなす毎日は アメリカ本国からやってきた敏腕捜査官チャーリーの出現により崩壊し...
40. パリより愛をこめて  [ いやいやえん ]   August 04, 2011 13:04
ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ共演。 型破りなCIA諜報員ワックスがなかなかに面白いキャラクターで、カーチェイスにバズーカも組み込んでの95分という尺の短さもまた作品のテンポをよくしていると思う。  とにかくトラボルタさんの銃撃ちま
41. パリより愛をこめて  [ のほほん便り ]   May 07, 2013 16:39
あらま〜、あのスキンヘッドで髭の、強引で無茶苦茶なおじさん、ジョン・トラヴォルタだったんですね。後から知って、びっくり ( ̄◇ ̄;) 製作リュック・ベッソン&ピエール・モレル監督のコンビによるサスペンス・アクション 諜報(ちょうほう)員コンビがテロリスト

この記事へのコメント

1. Posted by rose_chocolat   May 15, 2010 15:14
もう、考える暇もなく、
あれよあれよと進んじゃいましたね(笑)
スピードでがんがん、観客までも押しまくって寄り切られてしまいました(笑)
たまにはこういう作品もいいものです。

悠雅さまはジョナサンファンですか?
でしたら余計に萌えですよね〜。
2. Posted by ◆rose_chocolatさま   May 15, 2010 16:50
始まるや否や、あっという間に無理矢理引っ張り込まれ、
どんどん進んで行ってしまう、って随分久しぶり。
ほんと、たまにはこんな楽しみ方もいいですね。

ジョナサン・ファンというか、
観れるならスクリーンで観たい、お気に入り俳優の1人。
その数がやたら多いのではありますが(^^ゞ
途中まで、どうなることかと思った展開でしたが、
中盤以降はもう、ぽけっ、と観てた時間が長かったかも(笑)
3. Posted by yukarin   May 15, 2010 18:06
こんにちは♪
お目当てはジョナサンなんですね〜。
花瓶をずっと持ってるトコが可愛く思えましたよ。
意外とジョン・トラボルタとのコンビも合ってましたし、またこのコンビが見たいなぁと思います。
4. Posted by KLY   May 15, 2010 22:20
最初だけかと思ったらずーっとあの壷もってんですもんねぇ。(笑)おかげでジョナサンがちょっとな避けないキャラってのを実にコミカルに印象付けてましたけど、でも彼がいるからこそトラさんが引き立ったわけで、ジョナサンの殊勲賞に対するご褒美がラストの美味しいシーンってとこでしょうか。^^
5. Posted by ◆yukarinさま   May 15, 2010 23:41
こんばんは♪
そうなんでした。お目当てはジョナサン!って、変わり者です。
ね。いくら言われたからって、全く素直に壷抱えてついてくなんて、
やっぱり可愛いよね。

そうなんです。まさか似合うとは思わなかったのに、
終わってみたら、またこのコンビで続きが観たいわと思いました。
あったら嬉しいなぁ。。。
6. Posted by mig   May 15, 2010 23:45
こんばんは★

これは面白かったですね、トラさんとジョナサン、相性バッチリです。
ジョナサンがこれほど魅力的にみえたのも始めてです(笑)

トラさんはズラよりもう潔くこっちでいけばいいのになんて余計なこと考えちゃいましたけど、怖過ぎか、、、 アハハ。
7. Posted by ◆KLYさま   May 15, 2010 23:45
ず〜っと持って歩いてましたね、あの壷。
言われたら素直にそのまま従うしかなかったので、
情けないといえばそうなんだけど、
前半がそうであったからこそ、後半が生きるのでしょう。

トラボルタの引き立て役だけで終わるかな、と思ったら、
徐々にジョナサンの雰囲気が変わって行って、
終盤からラストは最初とは全く違う感じになってて・・・
お互い、美味しいところは折半、というように見えました。
8. Posted by ◆migさま   May 15, 2010 23:50
こんばんは♪
面白かったですよね。
わたしは完璧にジョナサン1人がお目当てだったけど、
すっかりこのコンビがお気に入りになりました。

トラボルタというと、あんまり考えずにスルーが多くて、
ズラかどうかもよく知らなかったワタシ(反省中)。
微妙なズラよりは、こっちのほうが潔いというのは正解でしょう。
ただ、確かに怖いのは滅茶苦茶怖いです。
9. Posted by ひらで〜   May 17, 2010 15:54
こんにちは♪
私もジョナサンを観に行きました♪
やっぱり、彼ですよね〜(笑)

でも、意外にもトラちゃんがカッコよくて
ビックリでした。
このコンビで、でしたらまた観たいですよね♪
10. Posted by ◆ひらで〜さま   May 18, 2010 00:11
こんにちは〜♪
わっ、嬉しい。お仲間発見〜〜♪
作品の性質や内容以前に、ジョナサンなら観なくっちゃ(笑)

そうなの。彼さえ観れたらいいわ、と思ってたのに、
この2人のコンビなら、続編が出たら喜んで観るだろうなと思いました。
無茶苦茶だけど、ワックスが基本は優しい男なのがいいのね。
ちょっと成長したリースと、ますます元気なワックス…という設定で
もう1作くらい作って欲しいなぁ・・・
11. Posted by えい   May 18, 2010 22:04
最初はジョナサンで
途中からトラボルタがさらっていって、
で、最後はまたジョナサンが
ちゃんといいところを締める。

この映画、アクションのキレも抜群でしたが、
脚本もしっかりしてました。
やはり、映画は脚本とそれを映像化する監督の力量。
この監督、次回作にも期待したいです。
12. Posted by ◆えいさま   May 18, 2010 22:50
わたしがアクション物をあんまり観ないのは、
実はアクションに飽きちゃうことが多いのです。
「わかったから、お話先に進めようよ」とか思うのって、
アクションをちっとも楽しんでないということなんだけれど、
今回は矢継ぎ早で、あれこれ考える暇もなく無茶苦茶やるトラボルタと
それ以外のパート担当のジョナサンの、
見た目のコンビネーションも、お話の流れも面白くて、
かなりのお気に入りになってしまいました。

やっぱり映画は脚本と映像化する監督の力量ですねぇ。
で、できればそこに俳優の実力と魅力も付け加えたいところですが(笑)
この監督の次回作にも、この2人のコンビの再来にも
期待したいです。
13. Posted by 風子   May 21, 2010 09:19
わたしも、ジョナサン中心に見ました。(笑)
メガネのジョナサンもよかったですよねえ。
14. Posted by ◆風子さま   May 21, 2010 12:54
普通は、トラボルタかっこいい〜、っていう映画なんですけど、
つい、ジョナサン中心に観てしまうんですよね。やっぱり。
めがねが似合うかどうかというのも、
わたしの中ではいい男の条件ですから(笑)
冒頭のシーンなぞ、大喜びでした♪
15. Posted by アイマック   December 09, 2010 12:53
こんにちは!
トラヴォルタの暴れっぷりに目がいきますね。
ジョナサン・リース・マイヤーズとのコンビネーションもよかったです。
意外でしたよ。笑
あの女優さん、キーラに似てましたよね。
16. Posted by ◆アイマックさま   December 10, 2010 00:10
こんばんは。

やはり、トラヴォルタの無鉄砲ぶりが凄いんですが、
わたしはやっぱり自分の好みが優先されるので、
ジョナサンばっかり観ている結果に(笑)
意外にいいコンビネーションでしたよね。

若い頃のヘレナ・ボナム=カーターにキーラちゃんを足したような彼女…
と自分で書いてますが…あああ・・・
もうすっかりお顔を忘れています…(恥)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔