January 15, 2011

ソーシャル・ネットワーク

窓ガラスのアルゴリズム。ネットワークの構築。唯一の友達。
THE SOCIAL NETWORK




■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: ジェシー・アイゼンバーグ
    アンドリュー・ガーフィールド
    ジャスティン・ティンバーレイク
    アーミー・ハマー
    マックス・ミンゲラ
    ジョセフ・マッゼロ
    ブレンダ・ソング
    ルーニー・マーラ
監督: デヴィッド・フィンチャー
2010年 アメリカ 120分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

本年度、アカデミー賞最有力候補との呼び声が高い、
この作品が本日公開。



物語は。


2003年ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグは、
ある夜、恋人に「性格が悪い」と別れを告げられ、
酔った勢いで大学のデータベースにハッキング、
女子学生同士を比較して人気投票するサイトを立ち上げた。
深夜の数時間で22000アクセスとなって、サーバーがダウン。
大学からは大目玉を食らうが、ウィンクルボス兄弟(双子)がそれに着目、
学内の交流を目的にしたサイト作りに協力を呼びかける。
だが、彼はウィンクルボスたちよりも面白いものを考え、
ルームメイトで資金提供者でもあるエドゥアルドと共に、
「ザ・フェイスブック」というハーバードの学生専用サイトを立ち上げた。
やがてそれは一気に広がりを見せ、複数の大学に広がってゆくのだが・・・



現在、全世界で5億人のユーザーがいるといわれるフェイスブックの、
そもそものきっかけから、急激な発展と、
それに伴って起きてしまった友人同士の訴訟の様子を描く。

わたしはPCを使い始めて10年になるが、
年齢や立場や自分の希望で考えれば、
個人的な繋がりでメールで連絡したり、検索したり買い物したり、
そのうえ、
本名非公開で、無料で、好き勝手を書いているブログがあれば、
(一応、mixiのIDもあるし、他のシステムのユーザーでもあるか…)
もう十二分なネットの活用だと信じているので、
もうそれ以上に特別何をどうしたいという願いもない。
これがどうなってるから使えるのかわかんないけど、
掃除機や電子レンジや車と同じ、家電感覚で使っているものである。
なので、エリートの若者たちの発想と行動力や成果を見ていると、
「若くて頭のいい人たちは凄いなぁ」とただ驚くばかりである。

で、お話なのだが、
そもそもの発端の、ハッキングがどのようなものか、
プログラムを書き換えるとは何か・・・なんていう専門的なことは、
イメージとしてはわかる気がするけれども、
具体的に何ひとつわかっているわけではない。
わたしには想像もつかない何か特別な知識と技術があって、
それを上手に使えば、いとも簡単にできる人たちがいて、
理屈も仕組みもわからないけど、プログラムを作り、
あっという間にネットワークの構築ができるのだろう。。。とは理解できる。
なので、冒頭のあれこれは、
わからないけどわかったつもりで前に進めることにした。
だって、「アルゴリズム」って言われても、
思い浮かぶのは、「たいそう」と「こうしん」だけだし。


描かれているのは、
彼らが若さゆえに発想し、実行し、間違いにぶつかってゆく、
1人の天才の姿である。
どんな難しそうなプログラムも、彼らの手にかかれば、
あっという間に出来てしまうことの象徴のように、
お話も早めのテンポでどんどん進んでゆく。
まるで、彼らが集中して入力している時のキーボードの音の、
嘘みたいに早い音を聞いている時のように
(ネット小説を書いているわが息子の、入力の速さは驚異的だ)
四六時中追いたてられているかのような速度である。
しかも、お話は時系列どおりではなく、
2003年の様子を、数年後の訴訟の事実の検証という形で描いている。
なので最初は、その関係が不明で戸惑うのだが、
やがて、それがよくわかるようになってくると、
どうしてその方向へ行ってしまったのか、というお話になってくる。
それこそが、この作品のテーマである。
年齢を重ねていれば大丈夫というものでもないけれども、
彼らの急激な発展も、絵に描いたような躓きも、
若さゆえ、ある意味選ばれたエリートたちゆえ、
あるいは、専攻も生まれ育ちも目的も違う者たちゆえ、とも思え、
ほろ苦い青春物語であるとも言える。
そんな彼らに起こった出来事を、夥しい台詞で綴る作品だった。


主人公はもちろん、フェイスブック創業者のマークなのだが、
わたしはどちらかといえば、彼の唯一の友達であった、
エドゥアルドの目線に立って物語を追っていた。
だって、彼が唯一、普通の感覚を持った人に思えたから。
マークを気遣い、彼の力になろうとする、
マークの唯一の友達だと信じる、優しい人だと思うから。
マークは付き合いにくい、嫌な奴だと思うけど、
人との繋がり方を知らない、恋人も見放す彼を、
あんなに大事に思ってるエドゥアルドが
どうぞ傷つかないで、と願ってしまったからなんだろう。
結果がどうであるのかは、早々にわかってしまうけれども。

というのも、ここ最近注目のアンドリュー・ガーフィールドが
演じていたということが大きいのだとは思う。
BOY A』の主人公も、『Dr.パルナサスの鏡』のアントンも、
その悲しみを含んだ繊細さがどちらも強い印象を残しているのだが、
これこそ、彼にピッタリ!よくぞその役に彼をキャスティングしてくれたと
心底大喜びしたのが、
この春に公開になる、『わたしを離さないで』のトミー。
小説を読んでいてイメージした通りの彼で、期待が大きくなるばかりだ。
(そうだ。新作の『スパイダーマン』も彼が主演だわ)

出演者についてもう少し言えば、
主人公たちの友人で、後に仲間になるダスティンのジョセフ・マッゼロ。
昨年夏、WOWOWで放送されたのを録画した夫が
もういい加減にしてくれ、と思うくらい繰り返し観ていた、
TVドラマシリーズ『ザ・パシフィック』の主人公ユージーン・スレッジ。
ここでは、ちょっとおとぼけキャラで出てきたが、
彼は、子供の頃『ジュラシックパーク』などにも出てたのよね。
それから。
こんなにガタイのいい男前の双子がいるんだなぁ、と思っていた、
富豪の息子であるというキャメロン&タイラー・ウィンクルボス。
これが何と、アーミー・ハマーなる男前の二役だったとは!
超ビックリでございました。


さて。
オスカー最有力、とは言われていて、面白い作品であることは間違いなく、
出演者たちもそれぞれとっても良かったけれど、
作品賞候補になる感じだろうか?と思えば、そうだろうか、とは思う。
ただ、ここまでの経緯を見ていると、きっと何かに挙がるだろうから、
やはりノミネートから注目してしまうと思います。


tinkerbell_tomo at 16:03│Comments(21)TrackBack(65) 洋画【さ】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ソーシャル・ネットワーク  [ あーうぃ だにぇっと ]   January 15, 2011 16:58
10月23日(土)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ。 東京国際映画祭のオープニング上映で鑑賞。 チケットはぴあの先行発売で購入。 正規料金2,000円に加え、特別販売手数料など600円が加わり1枚2,600円。 はなしのタネに一度だけ参加してみようということで大枚はたいてみ...
2. ソーシャル・ネットワーク  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   January 15, 2011 17:11
【THE SOCIAL NETWORK】 2011/01/15公開 アメリカ PG12 120分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク ...
3. ソーシャル・ネットワーク  [ Akira's VOICE ]   January 15, 2011 17:20
成功と孤独は表裏一体。  
4. 劇場鑑賞「ソーシャル・ネットワーク」  [ 日々“是”精進! ]   January 15, 2011 17:26
「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞してきました観客が自分を含め4人って・・・。ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクションを基に、誕生からわずか数年で世界最大のSN...
5. 『ソーシャル・ネットワーク』(2010)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   January 15, 2011 18:04
原題:THESOCIALNETWORK監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス...
6. 『ソーシャル・ネットワーク』  [ こねたみっくす ]   January 15, 2011 18:08
2010年だけでなく、21世紀最初の10年を代表する顔、マーク・ザッカーバーグ。 facebookの創始者にして親友に6億ドルの訴訟を起こされた学生企業家。ハーバード大学に在籍する天才プロ ...
7. ソーシャル・ネットワーク/ The Social Network  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   January 15, 2011 18:39
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞6部門ノミネート他、各映画祭などで高評価 デヴィッド・フィンチャー監督最新作! プロデューサーに、ケヴィン・スペイシー。 全米で秋に公開、東京国際映画祭でも上映されて話題の作品、いよいよ日本.....
8. ソーシャル・ネットワーク  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   January 15, 2011 20:46
公式サイト。原題:THE SOCIAL NETWORK。デヴィッド・フィンチャー監督、ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ブレンダ・ソング、 ...
9. 「ソーシャル・ネットワーク」  [ のんびり。 ]   January 15, 2011 20:51
〔2010年/アメリカ〕 この間の、「相棒 劇場版??」に続いて、 なぜかまた、今度は「ソーシャル・ネットワーク」の試写会が当たった。 一体どうしちゃったんだ?と言いながら、顔が笑ってしまう。 すごく得した気分。 現在、世界最大のSNSである「フェイスブック」。 そ...
10. 試写会「ソーシャル・ネットワーク」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   January 15, 2011 21:54
2010/12/17、中野サンプラザ。 まずまずの入り。 開始時刻の18:30までに入りきるかな、くらいの並びだったが、 予定時刻通り始まった。 **    世界最大のSNSであるフェイスブックの創始者、マーク・ザッカーバーグの フェイスブック創設前後からの...
11. ソーシャル・ネットワーク  [ うろうろ日記 ]   January 15, 2011 22:01
試写会で見ました。フェイスブックを創った人のお話です。彼は、ガールフレンドに振ら
12. 「ソーシャル・ネットワーク」巨大SNSを創った、孤独な男の物語。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   January 15, 2011 22:39
[ソーシャル・ネットワーク] ブログ村キーワード  世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック”の創設者、マーク・ザッカーバーグの半生を描いた本作「ソーシャル・ネットワーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。半...
13. ソーシャル・ネットワーク  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   January 15, 2011 22:48
評価:★★★☆【3,5点】(18) アイディアこそ、その人に与えられた神からの贈り物
14. 映画「ソーシャル・ネットワーク」@一ツ橋...  [ masalaの辛口映画館 ]   January 16, 2011 00:35
 新春第一発目試写会だ、客入りは若干空席があるもののほぼ満席、主権は講談社さんだ。それにしても一ツ橋ホールは相変わらずピンポケ気味の非常に甘いフォーカスには絶句である。...
(原題:social network) ----これって、いま全米でスゴく話題になっている映画だよね。 東京国際映画祭でもオープニングを飾るんでしょ。 いったい、どんなお話ニャの? 「いわゆる実話系。 主人公は“フェイスブック”の創始者マーク・ザッカーバーグ。 彼は、インター....
16. ソーシャル・ネットワーク  [ Art-Millー2 ]   January 16, 2011 00:58
ソーシャル・ネットワーク 原題:THE SOCIAL NETWORK 原作:ベン・メズリック 監督:デヴィッド・フィンチャー 撮影:ジェフ・クローネンウェス 音楽:トレント・レズナー キャスト: ジェシー・アイゼンバーグ アンドリュー・ガーフィールド ジャスティン・ティ...
17. 「ソーシャル・ネットワーク」世界一バカな世界一の天才  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   January 16, 2011 01:46
世界で最も若い億万長者。 そんな人には、凡人では到底なれないのは解っている。 でもこの映画でよぉく解った。 人は天才なだけでは、「世界一若い億万長者」にはなれない。 世界一天才で、世界一バカでなくてはいけないのだ・・・・・
18. 『ソーシャル・ネットワーク』・・・きっかけは“右か左か”  [ SOARのパストラーレ♪ ]   January 16, 2011 09:27
世界最大のSNS、“フェイスブック”の創設者マーク・ザッカーバーグ。ハーバード大の天才だった彼が“フェイスブック”を立ち上げたきっかけからその成功と挫折の波乱に満ちた顛末を、その後の調停の場に集まった三者(四者?)の証言で見せていく人間ドラマ。
19. ソーシャル・ネットワーク  [ 象のロケット ]   January 16, 2011 11:56
2003年、ハーバード大学に通う19歳の学生マークは、親友エドゥアルドと、学内の出来事を自由に語りあえるサイトを立ち上げる。 それは瞬く間に広がり、巨大サイトへと一気に成長を遂げた。 しかし、それだけでは収益は上がらない。 彼らにIT企業2社を振り回した“実績”の...
1月15日公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞した。 この映画は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス) のFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が Fa ...
21. ソーシャル・ネットワーク  [ 心のままに映画の風景 ]   January 16, 2011 15:54
  2003年、秋。 ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、恋人にフラれた腹いせに、学内のデータベースをハッキングして、女子学生の顔写真を使った人気投票サイ...
22. 「ソーシャル・ネットワーク」 The Social Network  [ 俺の明日はどっちだ ]   January 16, 2011 15:54
・ 2006年の夏、最初にフェイスブックを試したときは、まだ日本語に対応していなかったこともあって何処を探しても友人はもちろんのこと、知り合いもまったく見つからず、遠く遥かな存在のものだと思っていた。 あれから3年半、フェイスブックは今年中にはユーザー数が6...
23. [映画『ソーシャル・ネットワーク』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   January 16, 2011 19:52
☆う〜む、面白い!  が、非常に不愉快な作品でもある。  冒頭の主人公マークの、女の子とのデートでの会話の不安定さから、物語に非常に引き込まれる。  頭は良いのだが、思考回路が高スピードで、しかも拡散していて、妙なプライドももっているマークは、会話相手...
24. 『ソーシャル・ネットワーク』('11初鑑賞8・劇場)  [ みはいる・BのB ]   January 16, 2011 21:48
☆☆☆???? (10段階評価で 6) 1月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:20の回を鑑賞。
25. *ソーシャル・ネットワーク*  [ Cartouche ]   January 16, 2011 21:53
2003年。ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、高校時代から腕利きのハッカーだったが、人付き合いに関してはおくてで、今もガールフレンドのエリカ(ルーニー・マーラ)を怒らせ別れてきたところだ。寮の自室に戻り、やけでビ...
26. 「ソーシャル・ネットワーク」  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   January 16, 2011 22:40
いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの「Facebook」創設者をこんな風に軽佻浮薄なヤツに描いてよく本人のオーケーが出たな。 まだ生きているだけじゃなくて、いまがいちばん絶頂の人物をこんな風にだらしなく描いちゃっていいわけ?って思っちゃうわよね。 日本でいえば、孫正義を...
27. ソーシャル・ネットワーク  [ サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 ]   January 16, 2011 23:29
     『ソーシャル・ネットワーク』  (2010) 2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる...
28. 『ソーシャル・ネットワーク』 友達いる?  [ 映画のブログ ]   January 16, 2011 23:44
 『ソーシャル・ネットワーク』というタイトルは、とうぜんFacebookそのものが代表するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のことだと思った。  しかし、それでは映画の題材にならないだろう。デ...
29. 映画:ソーシャルネットワーク Just Brilliant! 2010年はズッカーバーグ & この映画の年!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   January 17, 2011 01:41
先日発表された、TIME誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」。 その人物は、マーク・ズッカーバーグ。 この「パーソン・オブ・ザ・イヤー」を、デビット・フィンチャーが料理するとどう仕上がるか。 それは一言で説明できる(そんな映画は珍しい) = Just Brilliant!! ...
30. ソーシャル・ネットワーク 今年はこれか!  [ 労組書記長社労士のブログ ]   January 17, 2011 10:19
【=4 -1-】 長女、再就職が内定した、今勤めている再建中の会社は、新しい経営者に業務がもうすぐ引き継がれるが、彼女は当初の予定通り辞職するために現在年休を消化中だ。 会社都合の退職にして貰うことに話は付いていたが、結果的に、失業給付は受けずに新しい仕事に...
31. ソーシャル・ネットワーク  [ SUPER BLOG.JP ]   January 17, 2011 11:43
「Facebookの映画」と呼んだ方が判りやすいのに…クールじゃないな、このタイトル…「The」をつけるつけないのレベルじゃないぞ… と感じながらソウルで観ました。 極論から言っちゃえば「女子にフラれたイケてない野郎がモテたくて奮起したら大金持ちになったんだけど、結...
32. ソーシャル・ネットワーク・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   January 17, 2011 21:19
全世界に5億人の会員を持つ、世界最大のソーシャルネットワークサービス“フェイスブック(FACEBOOK)”の誕生を描くノンフィクション。 鬼才デヴィッド・フィンチャーは、ハーバードの学生だったマーク・ザッカ...
33. ソーシャル・ネットワーク / The Social Network  [ 勝手に映画評 ]   January 17, 2011 22:35
全世界で5億人ものユーザが登録しているFacebookの創業にまつわる物語。しかしながら、制作に際してFacebook側の協力は得られず、どこまでが事実で、どこからが創作なのかが不明である。 この手の物語には、仲間内での衝突が数多く繰り広げられるものですが、Facebookの...
34. 「ソーシャル・ネットワーク」  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   January 17, 2011 22:51
いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの「Facebook」創設者をこんな風に軽佻浮薄なヤツに描いてよく本人のオーケーが出たな。 まだ生きているだけじゃなくて、いまがいちばん絶頂の人物をこんな風にだらしなく描いちゃっていいわけ?って思っちゃうわよね。 日本でいえば、孫正義を...
35. 「ソーシャル・ネットワーク」  [ ★ Shaberiba  ]   January 17, 2011 23:13
ついてくのに必死〜(笑)
36. 譲れなかった想い。『ソーシャル・ネットワーク』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   January 17, 2011 23:38
世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を実話に基づき描いた作品です。
37. ソーシャル・ネットワーク  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   January 18, 2011 00:31
開設から数年後、仲間から訴訟を起こされて弁護士と同席した主人公達の会話から、若い頃の友情とビジネスマンとしての葛藤が痛いほど伝わってきた。誰が正しいわけでもないし、誰の味方をするわけでもない。あるのは、新しいものを生み出そうとする情熱だ。Facebookを理解す
38. ソーシャル・ネットワーク  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   January 18, 2011 13:00
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック"創設の裏側を「セブン」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のデヴィッド・フィンチャー監督 ...
39. ソーシャル・ネットワーク  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   January 18, 2011 23:15
ソーシャル・ネットワーク '10:米◆原題:THE SOCIAL NETWORK ◆監督:デヴィッド・フィンチャー「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「ファイト・クラブ」 ◆主演:ジェシー・アイゼン ...
40. ソーシャル・ネットワーク(2010)☆THE SOCIAL NETWORK  [ 銅版画制作の日々 ]   January 18, 2011 23:44
東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントでの鑑賞。まもなく6000ポイント、さていつ頃フリーパスポートをゲットしようか?と思案中です。出来れば、観たい作品がたくさん続く時期にと考えているんですが、、、、。タイミングが難しいわ。 話題作、「ソーシャル・...
41. 映画「ソーシャル・ネットワーク」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   January 19, 2011 00:48
映画「ソーシャル・ネットワーク」観に行ってきました。 世界最大のSNSに成長したFacebook(フェイスブック)の創設者で、天才肌ながら奇矯な人物として描かれているマーク・ザッカーバーグと、彼の親友だったエドゥアルド・サベリンの2人を軸に展開する、ノンフィクシ...
42. ソーシャル・ネットワーク  [ to Heart ]   January 19, 2011 19:45
原題 THE SOCIAL NETWORK 製作年度 2010年 上映時間 120分 原作 ベン・メズリック 脚本 アーロン・ソーキン 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 トレント・レズナー/アッティカス・ロス 出演 ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン...
43. 映画「ソーシャル・ネットワーク」の感想です。  [ MOVIE レビュー ]   January 19, 2011 23:09
「ソーシャル・ネットワーク」を観ました。この映画は、2004年にマーク・ザッカーバーグが創設したSNS「Facebook」の誕生の瞬間を描いた作品です。実話をベースに作られたそうですが、当のザッカーバーグの全面協力とはいかなかったらしいですから、どこまで真実に...
44. 「ソーシャル・ネットワーク」感想  [ 狂人ブログ ??旅立ち?? ]   January 20, 2011 19:13
 鬼才・デヴィッド・フィンチャー監督最新作は、若くしてSNSサイト「Facebook」を創設した天才・マーク・ザッカーバーグの成功と、その裏に隠された孤独を描いたノンフ...
45. 映画「ソーシャル・ネットワーク」  [ FREE TIME ]   January 20, 2011 22:44
話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞しました。
46. ★「ソーシャル・ネットワーク」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   January 21, 2011 03:37
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 その1本目。 最近話題のフェイスブック創業者のドラマ。
世界で5億人以上が登録しているSNS(交流サイト) 「Facebook(フェイスブック)」の誕生物語。 自分は未登録。 ソーシャル・ネットワークを略してSNS。 日本でのSNSといえばmixi。 邦画、ハッピーエ...
48. ソーシャル・ネットワーク/The Social Network  [ いい加減社長の映画日記 ]   January 23, 2011 21:14
日本では、まだそれほどでもないけど、世界で5億人が利用しているフェイスブック。 アクセス数で、グーグルを抜き、創業者のマーク・ザッカーバーグは、去年のマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。 ということで、マーク・ザッカーバーグの伝記ともいえる「ソーシャル・ネ...
49. ソーシャル・ネットワーク☆天才 裏切り者 危ない奴 億万長者  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   January 24, 2011 21:07
   世界最大のNSN 誕生の物語  すべてはこの男から始まった
50. ソーシャル・ネットワーク  [ 小部屋日記 ]   January 24, 2011 22:04
The Social Network(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/ブレンダ・ソング 天才 裏切者 危ない奴 億万長者 世界最大のSNSサイト「フェ...
51. 『ソーシャル・ネットワーク』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   January 27, 2011 12:36
『 ソーシャル・ネットワーク 』 (2010)  監  督 :デヴィッド・フィンチャーキャスト :ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハ...
52. 『ソーシャル・ネットワーク』  [ 京の昼寝〜♪ ]   February 02, 2011 12:11
  □作品オフィシャルサイト 「ソーシャル・ネットワーク」 □監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 アーロン・ソーキン□原作 ベン・メズリック □キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク■鑑賞日...
53. ソーシャル・ネットワーク  [ 青いblog ]   February 05, 2011 13:10
ソーシャル・ネットワーク (デビッド・フィンチャー 監督) [DVD] 解説(amazonよ
54. ソーシャル・ネットワーク  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   February 06, 2011 07:02
 すでにグラミー賞の4冠を獲得していて、さらにアカデミー賞の最有力候補ともされていますから、早目に見ておこうと、『ソーシャル・ネットワーク』を吉祥寺のバウス・シアターで見てきました。 (1)この映画はFacebookの創始者であるマーク・ザッカーバッグ氏のことを中...
55. 【映画】ソーシャル・ネットワーク  [ 新!やさぐれ日記 ]   February 07, 2011 22:04
▼動機 「Facebook」のお話だから ▼感想 ありふれたお話 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン...
56. 映画:ソーシャル・ネットワーク  [ よしなしごと ]   February 10, 2011 07:59
 世界最大SNS・Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグがFacebookを作る過程を描いた作品ソーシャル・ネットワーク、観た人に「フェースブック」を知らなくても楽しめるかを確認した後、観てきました。
57. No.236 ソーシャル・ネットワーク  [ 気ままな映画生活 ]   February 11, 2011 18:51
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51862469.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...
58. ソーシャル・ネットワーク  [ メルブロ ]   February 13, 2011 18:27
ソーシャル・ネットワーク(原題: THE SOCIAL NETWORK) 343本目 2011-03 上映時間 2時間 監督 デビッド・フィンチャー 出演 ジェシー・アイゼンバーグ(マーク・ザッカーバーグ) 、 ...
59. 映画「ソーシャル・ネットワーク」  [ itchy1976の日記 ]   February 25, 2011 19:09
ソーシャル・ネットワーク 映画 - goo 映画 ソーシャル・ネットワーク:作品情報ー映画.com 「ソーシャル・ネットワーク」オフィシャルサイト ソーシャル・ネットワーク@ぴあ映画生活 ソーシャル・ネットワーク (映画)-Wikipedia ○作品データ(映画.com) 原題:The Socia..
60. ソーシャル・ネットワーク  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   February 27, 2011 18:12
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...
61. ソーシャル・ネットワーク  [ 銀幕大帝α ]   May 27, 2011 21:48
THE SOCIAL NETWORK/10年/米/120分/青春ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・フィンチャー 製作総指揮:ケヴィン・スペイシー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー <スト...
ヤ・キュージョー 無線のつぶやき ソーシャルネットワークを鑑賞 これ、怖い話だね 共感できない方がいい 男と女に必要なのは体の連帯 マークは男にしろ女にしろ肌の連帯がない 相手がああ...
63. 映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て〜アカデミー賞受賞作品  [ kintyre's Diary 新館 ]   June 12, 2011 20:34
11-10.ソーシャル・ネットワーク■原題:The Social Network■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月1日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・フィン
64. ソーシャル・ネットワーク  [ 我が頭に巣くう映画達 ]   March 20, 2012 22:16
52点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「セブン」、「ファイト・クラブ」のデヴィド・フィンチャー、 主演はジェシー・アイゼンバーグです。 2010年度のアカデミー賞で脚本賞、脚色賞、編集賞を受賞して...
65. 「ソーシャル・ネットワーク」 牽引するのは脚本力  [ はらやんの映画徒然草 ]   October 28, 2013 22:44
現在世界最大のSNSへ成長しているフェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグを

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   January 15, 2011 17:46
こんにちは♪
字幕を追うのが大変でしたけど引き込まれる作品でした。
あの双子クン、一人二役だったんですよね。
イケメンでニヤニヤしながら見てました(笑)

オスカー最有力と言われてますがどこまでいくか気になりますね〜。
2. Posted by にゃむばなな   January 15, 2011 18:05
エドゥアルドが一番マトモな人間でしたよね。
訴訟の話し合いの席でも親友だったマークのことを心配するその姿が凄く印象的でした。
3. Posted by rose_chocolat   January 15, 2011 18:17
OPから一気に惹きつけられてしまいましたね。
あれ、何と99テイク撮ったそうです・・・
あれは実際のセリフではないと思うんだけど、脚本は秀逸ですね。

ジャスティンが何だかとっても色っぽく見えてしまったんですが、
悠雅さまはいかがでしたか? (笑)

アンドリューくん、今年はブレイクするんでしょうかね。
『わたしを離さないで』は去年の映画祭で鑑賞済みですが、
こちらのほうも本当に傑作でした。
本作と『わたしを離さないで』はもう、2011年公開映画のmyランク上位確定です^^
4. Posted by メグ   January 15, 2011 20:15
悠雅さま こんにちは!
初日の第1回上映で見てきました。すっごく面白かったです。
もともとフィンチャー監督作品は好きなのですが近年の『ベンジャミン・バトン』『ゾディアック』以上の出来栄えだと思いました。演じている俳優陣<男の子たち>もとても良かった。双子さん(実は一人)は声もお顔も特に素敵でしたが先週号のNEWSWEEK誌になんと本物のタイラー・ウィンクルボス氏がインタビューに答えていて写真を見たら「あらま、映画は美化しすぎ」でした(笑)。
「君は裁判に負けたんだろ?」と聞かれたナップスターのショーン・パーカーが言い返した台詞にぞくぞくっとしました。時代はその後、本当に彼の言うとおりになりましたから。とてもテンポが良い作品で「一気に見たー!」という感じでした。

それにしましても・・・日本列島が冷凍庫状態ですね。
寒中お見舞い申し上げます。
5. Posted by ◆yukarinさま   January 15, 2011 23:03
こんばんは♪
冒頭の2人の会話といい、その後の一晩の過程といい、
とにかく一気に飲み込めない言葉が出てくる会話が多くて、
こりゃ、大変だ、と思ったりもしましたが、
そのスピードに巻き込まれるように観ることになりました。

あんなに似た双子の俳優がいるなんて、流石アメリカ、と思ったら、
な〜んだ、二役だったのか、と思ったけど、
それならそれで、どーやって撮影したの〜?、

オスカー、何にノミネートされて何を受賞するでしょうね。
6. Posted by ◆にゃむばななさま   January 15, 2011 23:08
もちろん、ハーバードのエリートだし、
彼は彼で大儲けしてるという前フリもあったし、
マークがいなかったらエドゥアルドだって凄い人なんだけど、
時代の最先端に駆け上がるような傑出した人の隣では、
とっても普通な感覚の人に見えてしまいましたね。
目の前で、すぐ隣で、気遣ってくれる友達が、
マークには一番必要だったのにね。。。
7. Posted by ◆rose_chocolatさま   January 15, 2011 23:21
まさに、始まるや否や、いきなり物語の核心の猛スピードの会話と展開。
あの一連のシーンで、作品の方向性がわかるようでもありました。
99テイクだったんですってねぇ。凄いなぁ…

ジャスティンですか…あんまり深く考えずに見過ごしてたかも…
何しろ、エドゥアルドの味方で観てましたから、
あの彼も胡散臭くて目障りだったというくらいで(申し訳なし)

アンドリューくん、スパイダーマンでもあるわけですもんね、
大ブレイク目前、ってところでしょうか。
『わたしを離さないで』は、カズオ・イシグロ作品との出会いの小説で、
まさか映画化されるとは思ってなかったんですが、
キャストを知った時、アンドリューくんならトミーにピッタリと思いました。
あの小説は小説として面白い作品だから、映画になるとどうかしら、と
ちょっと不安もあったんですが、傑作とのご意見に一安心。
でも、地方では、昨年の映画祭どころか、観れるかどうかも不明…
遅れてでもいいから全国どこでも観れるような公開にしてほしいと強く願います。
8. Posted by ◆メグさま   January 15, 2011 23:29
本当に無茶苦茶寒い毎日です。
明日の最高気温を聞いて、ビビッてます。。。
明日はどこへも行かないで、家であったかくしてますわ。

『ゾディアック』も『ベンジャミン・バトン』も
いい脚本と俳優さんたちの魅力と、構成の面白さもあって、
どちらも好きな作品だったんですが、
これもまた、畳み掛けるようなスピードの中に、
ほろ苦い青春物語が描かれていて、面白く観れた作品でした。

わたしはもう、アンドリューくんを是非観たかったので、
彼の悲しさと優しさと甘さが前面に出た役柄がとても似合ってたと思いますが
一方で、あの男前の双子くんが1人2役だなんて思いもせず…
登場した若い男の子たち、みんな巧かったですよね。

もちろん脚色のある筋書きだろうけれど、
何がどう脚色されたのか、ご本人たちにとって、
歓迎しない脚色はなかったんだろうか、と
余計な心配などしてしまいますが・・・どうなんでしょうねぇ。
9. Posted by SOAR   January 16, 2011 09:29
コンピュータやIT関連の知識と才能に溢れる若者たちがそれをビジネスにしたとたん、一転して人間としての未熟さが露呈してしまう。マークもイケメン兄弟も。
ビジネスの成功と引き換えにマークが失ったものは、その対価にしてはあまりに大きかったですね。

ヒューマンドラマとして見応えはありましたが、日本ではあまり受け入れられない題材かもしれませんね。ただ、フェイスブック自体の注目度は一気に上がりそうです。
10. Posted by ◆SOARさま   January 16, 2011 20:44
人間関係の構築の難しさや煩わしさや、喜びさえすっ飛ばして才能を発揮できる…
それがコンピュータの世界だとは言い切れるものではないですが、
まるでそれを絵に描いたようなネットワークの構築と人間関係の崩壊。
若さの素晴らしさと危なっかしさがどちらも端的に描かれていましたね。

ブロガーさんたちの評判、映画祭の評価、どちらもみな良いものばかりですが、
多くの日本人はどうご覧になるでしょうね。
若い方の見方と、我々世代の見方も違うでしょうし…
そうそう。
これまで日本では誰でも知ってるというわけではなかったフェイスブック、
注目度が上がるでしょうね。
11. Posted by えい   January 16, 2011 23:45
この映画、オモシロかったです。
映画の新しい表現法を見せられた気がして…。
この勢いで、オスカーまで受賞したとしたら、
そのことが、
アカデミーもだいぶ構成員が若返りしたということの証左ともなるような気がします。
12. Posted by ノラネコ   January 17, 2011 21:22
エドゥアルドに目線を誘導した事がこの映画の成功要因でしょうね。
マークは正直、エキセントリックすぎて理解不能です。
彼に比べたら凡人に近いエドゥアルドを通す事で、やっと彼の孤独や葛藤が何とか見えてきました。
まあ〜、才能としては羨ましいですが、正直天才の人生はあんまり体験したくないです・・・(笑
13. Posted by ◆えいさま   January 18, 2011 00:02
いろんな切り口で観ることができる作品ですよね。
マークという人間中心のドラマとして、
エドゥアルドのドラマとして、
あるいは、仰るように、映画の作り方として・・・
いろんな意味で、本当に面白い作品でした。

オスカー…どうでしょうね。
オスカーに限らず、時代に合った方向へ世代交代と新陳代謝が必要なところは
たくさんあるのではありますが、
この作品をどう扱うだろうなぁ・・・
それも含めて、益々、オスカーの行方が楽しみです。
14. Posted by ◆ノラネコさま   January 18, 2011 00:06
なるほど…そう言われてみれば全くもってその通りです。
エドゥアルドがあの位置にいるからこそ、わたしたちはお話を理解し、
人物たちをよく見ることができるんですものね。

自分の好きなこと、得意分野だけに集中して取り組んで、
凄い結果を出して、1度くらい大儲けしてみたいわ、とは思うんですが(笑)
それがそうではないから、わたしなどの人生はちょうどいいのでしょう。
本当の友達すら失っては、生きているのがつまらないですものね。
15. Posted by mezzotint   January 18, 2011 23:59
悠雅さん
今晩は☆彡
とにかく凄いとしか言いようがありません。
頭の中は一体どうなっているのかと、、、。
実際にマーク・ザッカーバーグのインタビューを
ちょっと観たのですが、そんなにインパクトは
なかったです。まあそれだけでは何ともいえませんが。本人も映画観たそうです。会社をあげての鑑賞
だったそうです。ちょっと違うと、大学の講演で
発言したそうですよ。
16. Posted by ◆mezzotintさま   January 19, 2011 22:54
こんばんは。お返事が遅れました。

PCを便利に使っているけれども、ネットの仕組みも何にもわからない者にとって、
一見、簡単そうに見える作業がどんなに大変なこともわからないですが、
本当に彼らの頭の中はどんな構造なんだろうと思います。

実在の人物の、実名での映画化にしては、「ついこの間の出来事」で、
まだまだ若いご本人たちは、どのような感想を持ったのかと思います。
脚色の部分もあるとは聞きますが、人物像そのものが既に、
脚色されてたりするのかしら・・・
どこがどこまで本当で、どこから脚色なのかはわかりませんが、
それでも、映画として面白い作品ですよね。
17. Posted by ひらで〜   January 24, 2011 21:48
こんばんは♪
天才的な若者たちのお話だからどこまで理解できるか
心配でしたが(笑)、
語られていることは、“ほろ苦い青春物語”でしたから、
そのあたりは十分楽しむことができました。
専門的なことは何一つ分かりませんでしたけど(笑)

アンドリュー・ガーフィールドくん、これからの活躍が楽しみな働きでしたね。
ジョゼフ・・マッゼロくん、気がつかなかった・・・
子役時代の映画を何作か観てますが、
大人の彼、知らなかったからなぁ〜

オスカーのノミネート、いよいよですね♪
オスカーの作品賞にもっとも近いとも言われてるらしい
アメリカ製作者組合(PGA)賞は『英国王のスピーチ』でしたから、
最後まで分かりませんね、楽しみです♪
気になるのはコリンだけどね(笑)
18. Posted by ◆ひらで〜さま   January 24, 2011 23:46
こんばんは♪
ネットは毎日便利に使ってるけど、
「はて。彼らは何の話をしてるんだ?何をどうしてるんだ?」と
ぽかんとするところは前半にありましたが(笑)
お話の本筋がそこになくて助かりました。
本当に、ほろ苦い青春物語でしたよね。

アンドリューくんは本当にいいお働き。
『わたしを離さないで』の役も彼にピッタリだと思うので、とっても楽しみ。
今後の彼はきっとあっという間に大人気者になるでしょう。

ジョセフ・マッゼロくんは、
夫があんなにしつこく『ザ・パシフィック』を観なければ、
わたしも「彼は誰」と調べなかったんですが、
それを飛ばしてしまうと、気づけなくて当たり前だと思いますわ。

オスカーのノミネート、いよいよですねぇ。
GG賞は何故かオスカーとカブらないし、PGA賞はそうだったらしいですものね。
かなり期待度が高いのですが、さて、コリンはどうかしら・・・
ホント。誰より何より気になるのはコリンです。
19. Posted by シムウナ   February 13, 2011 20:21
TB有難うございました。
映画冒頭5分の会話シーンに引き込まれました。
あまり好きになれないなぁ〜友達としては
どうかなぁ〜と最初の印象でしたが、
フェイスブックに登録された元彼女にメールを
送った後の行動を見ていると…
最初の印象と大きく変わりました。
20. Posted by ◆シムウナさま   February 15, 2011 00:19
いつもご丁寧にありがとうございます。
冒頭の会話が全体の流れを予告しているようでしたね。
きっと友達にはなりにくいタイプでしょうが、
天才には天才ゆえの性格や苦悩もあって、
それが彼の人間らしさを感じさせたので、印象も大きく変わりましたね。
21. Posted by miyu   February 27, 2011 18:14
アンドリュー・ガーフィールド、確かに大注目ですよね。
ジェシー君も頑張ってましたね^^
マークってきっとあんなんだったのだろうなぁ〜って
思えるほどでしたよね〜。うん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔