May 11, 2011

ブラック・スワン

抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
Black Swan



■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: ナタリー・ポートマン
    ヴァンサン・カッセル
    ミラ・クニス
    バーバラ・ハーシー
    ウィノナ・ライダー
    バンジャマン・ミルピエ
    クセニア・ソロ
監督: ダーレン・アロノフスキー
2010年 アメリカ 108分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

本年度、アカデミー賞で複数ノミネート、
主演女優賞を獲得した作品が本日公開。



物語は。


NYのバレエ団に所属するニナは、引退するプリマに代わって、
期待の新星として『白鳥の湖』の主役に抜擢された。
元バレエダンサーの母が成し得なかった夢を満身に託されたニナは、
生真面目で品行方正、母と二人三脚でひたすらレッスンを積んで来た。
そんな性格や技術は、白鳥の女王を演じるには最適だが、
妖艶で危険な魅力の黒鳥を巧く表現することができない。
そのため、ニナはせっかく掴んだ主役の座を、
ライバルに奪われるのではないかと疑心暗鬼になって・・・



1人のバレエダンサーが、『白鳥の湖』のヒロインを演じきるまでの物語。
高い技術はもちろん、
相反する2つの性格の演じ分けが要求される主役を演じるために、
自分を極限まで追い込んでゆく女性を、とことん掘り下げて描いている。

『白鳥の湖』は、音楽も筋書きも、「四羽の白鳥」もとても有名だが、
わたしは、生の舞台は国内の作品を1度だけしか観たことがない。
その席もステージにとても近かったので、
ステージの上で起きる足音とか、男性が女性をリフティングする時の、
何ともいえない気合などが伝わって来て、
芸術作品を観ているというよりも、スポーツ鑑賞しているような気になったり、
王子様と姫の悲恋より、ロッドバルドの黒い姿に惹かれたり・・・
なんていう見方をしてしまったのだったが。
閑話休題。

ともあれ。
白鳥の湖の主役とは、
清純で繊細なオデット(白鳥)と、邪悪で大胆なオディール(黒鳥)を
技術的にも確かな1人のダンサーが、
2人の個性を的確に演じ分けなければならないものだったのだと、
今回、やっとそんな簡単なことが理解できた。
白鳥の湖の主役がそれほど難しいものであるのだが、
この作品についてもそれは同じことが言えるのだろう。
というか、この作品は『白鳥の湖』が二重写しになる構成であって、
ニナがオデットとオディールを演じているように、
ナタリー・ポートマンが複雑なものを抱えるニナを演じるのだから、
それはそれは、大変に難しい役柄であっただろうと思う。
恐らく、娘のために費えた夢を、偏執的に感じるほど娘に託す母の呪縛は、
ニナが魔法で白鳥に変えられた姿に重なり、
自分の目指す作品を作るために、ニナの官能を開花させようとするトマは、
耳元で堕落を囁くロッドバルドであるかにも見える。
だが、両方がなければ、お話は出来上がらないのである。
昔取った杵柄というか、少女時代にバレエをしていたというナタリーが
猛レッスンを積んでこの役を演じたらしい。
バレエのプロの目を持ち合わせないので、あくまでも素人目で見れば、
役柄に説得力があるくらいのバレエを観せてくれた上に、
ほぼ出ずっぱりで、
あれほど内側へ向かう、自分との静かで激しい闘いを演じたのだから、
ナタリー・ポートマンが主演女優賞をたくさん受賞したのは大納得。
バレエを彼女以上に踊ることができる人は星の数ほどいるのだろうが、
このニナという女性を演じることができたのは、彼女一人なのではないかと思う。

サスペンスフルで、スリラーでもある作品だが、
筋書きは予想以上にシンプルでわかりやすい。
ただ、現実と妄想の線引きができなくなっているニナの目線で描くので、
観客も、どこまでが真実であるのか、区別できなくなってくる。
ただ、明らかに精神が参っているのだろうと思う部分が増え始めると、
じゃあ、彼女はどこへ行き着くのだろうと不安に思う分余計に、
祈りのような気持ちで彼女を見守っているしかなくなる。
どうぞ、彼女が納得できる形で、舞台を務めることができますように。
トマも観客も、彼女を褒めてくれますように・・・
観客のその祈りは、どういう形となるだろうか。


この作品は、アカデミー賞主演女優賞を獲得、
作品賞にもノミネートされたものだったが、脚本もとてもいいのよね。
また、何かに取り憑かれたように、妄信的に娘を愛する母バーバラ・ハーシー、
オデットとオディールのように、ニナの対極に居るリリーのミラ・クニス、
ビックリするような役で登場するウィノナ・ライダー、みんなそれぞれにいいのね。
さらに、
舞台監督トマは、白鳥なら完璧だが全く官能的な魅力のないニナに、
黒鳥を演じるために、自分を乗り越えるようにと指導するのだが、
それを演じるのが、ヴァンサン・カッセルというところも説得力あるキャスティング。
もちろん女性たちが巧い作品なんだけど、ヴァンサン・カッセル、よかったなぁ。

何はともあれ、
途切れることのない緊張感が最高潮になる終盤の展開が濃密で、
出ずっぱりのナタリー・ポートマンの演技を心行くまで堪能できる作品。
どうぞ、オディールが乗り移ったかのようなナタリーのバレエと、
驚きのラストも、大きなスクリーンでお楽しみくださいませ。



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の公開日。
シネコンの入り口で公開初日プレゼントを貰った。
この作品のトップに使ったのと同じデザインのポスター。
細長く丸められたポスターを、黒いサテン風のリボンで結んであったけど・・・
このポスター、わたし、どうしたら・・・
っていうか、
黒いリボンを結んで似合うのって、別のもののような気も・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆

tinkerbell_tomo at 15:19│Comments(24)TrackBack(78) 洋画【は】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「ブラック・スワン」  [ 日々“是”精進! ver.A ]   May 11, 2011 16:38
ナタリー・ポートマンの演技に、圧倒された 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105110002/ ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.05.05 サントラ SMJ (2011-04-
2. 映画レビュー「ブラック・スワン」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   May 11, 2011 16:42
Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...
3. ブラック・スワン  [ Akira's VOICE ]   May 11, 2011 16:52
羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。 
4. ブラック・スワン / Black swan  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   May 11, 2011 16:53
ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...
5. *ブラック・スワン*  [ Cartouche ]   May 11, 2011 17:02
  ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だ
6. *ブラック・スワン*  [ Cartouche ]   May 11, 2011 17:02
  ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だ
7. ブラック・スワン  [ あーうぃ だにぇっと ]   May 11, 2011 17:05
(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画
8. ブラック・スワン  [ うろうろ日記 ]   May 11, 2011 19:14
試写会で見ました。すっごく期待してしまいました。バレエの新プリマとして初舞台を踏
9. ブラック・スワン  [ シネマDVD・映画情報館 ]   May 11, 2011 21:27
ブラック・スワン 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー 内容:ニナはニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、彼女の生活の全ては踊ることに捧げられていた
10. 「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   May 11, 2011 21:39
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタリーの演
11. ブラック・スワン  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   May 11, 2011 21:47
一人二役で演じるバレエ作品に感情的な要素を強調したので、主人公のニナの精神が崩壊していく。ライバルとの競争、母の溺愛、コーチの過激な演出がニナの心の重圧になる。ニナは途中から精神的疾患にかかっていると考えられ、それを演じたナタリー・ポートマンの執念がすば
12. 『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜)  [ ラムの大通り ]   May 11, 2011 22:46
(英題:Black Swan) ----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。 「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。 ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために 映画を観ているようなものだから、 立ちあがってブラボーなんて ガラにもないことをやりたかったくら...
13. ブラック・スワン  [ LOVE Cinemas 調布 ]   May 11, 2011 23:08
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人公
14. ブラック・スワン  [ Memoirs_of_dai ]   May 11, 2011 23:28
人間の白と黒 【Story】 NYシティバレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウ...
15. ブラック・スワン  [ とりあえず、コメントです ]   May 12, 2011 00:45
ナタリー・ポートマンが昨年の映画祭の主演女優賞を総なめしたスリラーです。 彼女のどんな演技が見られるのか、とても楽しみにしていました。 バレリーナそのもののような見事なダンスを披露しながら、 役に苦悩し狂気に落ちていく主人公を迫真の演技で体現していました。
16. ブラック・スワン  [ 象のロケット ]   May 12, 2011 08:23
ニューヨーク・シティ・バレエ団の新シーズンのオープニング演目は「白鳥の湖」。 芸術監督ルロイは、キャスティング・オーディションを実施する。 可憐で繊細な白鳥だけでなく、自由奔放にして邪悪な黒鳥にもなりきらねばならないこの役は、極めて難易度の高い表現力を求
17. 映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります  [ ディレクターの目線blog ]   May 12, 2011 09:44
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)はニ
18. 背中が全てを物語る。『ブラック・スワン』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   May 12, 2011 12:42
念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。
19. ブラック・スワン  [ 風に吹かれて ]   May 12, 2011 15:30
黒鳥を完璧に踊らなければ公式サイト http://movies2.foxjapan.com/blackswan監督:ダーレン・アロノフスキー  「レスラー」ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリ
20. ブラック・スワン/ナタリー・ポートマン  [ カノンな日々 ]   May 12, 2011 21:38
最初の頃に劇場でながれていた予告編は『ガラスの仮面』のバレエ版のようなヒューマン・サスペンス・ドラマ風の印象だったんですけど、ここ一ヶ月くらいの映像は何だかホラータッ ...
21. ブラック・スワン  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   May 12, 2011 22:37
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・...
22. ブラック・スワン  [ 心のままに映画の風景 ]   May 12, 2011 23:26
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...
23. 『ブラック・スワン』  [ beatitude ]   May 12, 2011 23:26
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでな...
24. 映画レビュー 「ブラック・スワン」  [ No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) ]   May 13, 2011 03:12
ブラック・スワン  原題:Black Swan 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 バレエの世界を舞台に、白鳥の湖の新プリマの重圧から精神的に追い詰められていく様を描くサイコ・スリラー。...
25. 「ブラック・スワン」私の中の黒鳥  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   May 13, 2011 05:48
これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!
26. 映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります  [ ディレクターの目線blog ]   May 13, 2011 06:36
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)はニ
27. ブラック・スワン  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   May 13, 2011 17:00
大役に抜擢されたバレリーナが、そのプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩壊させていく様を描く「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督作。主演は本作で第83回アカデミ ...
28. ジャンルはホラーだ (ブラック・スワン)  [ cinemaholic ]   May 13, 2011 21:31
Black Swan (2010) あそこまで大熱演ならアカデミー賞も文句なし!ナタリーあっぱれでした。 一言で言えば、主役の座のプレッシャーに負けてしまったバレエダンサーのお話。 だから観てる途中から、だんだんどのシーンがニナのプレッシャーが産んだ幻想(というか被害妄...
29. ブラック・スワン  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   May 13, 2011 22:11
評価:★★★★【4点】(10) ワタシの持つ女優イメージのままのキャラだった!
30. 『ブラック・スワン』 (2010) / アメリカ  [ Nice One!! ]   May 14, 2011 05:01
原題: BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン 、ヴァンサン・カッセル 、ミラ・クニス 、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー 公式サイトはこちら。 水曜に行きたかったんですけどねえ・・・。 風邪引いちゃいまし...
31. ブラック・スワン  [ Recommend Movies ]   May 14, 2011 07:00
純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… アカデミー賞・主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン見たさに劇場へ♪ ナタリーの迫力の演技に主演女優賞の座も納得! 美しく、可憐なバレリーナ・ニ...
32. ブラック・スワン  [ こわいものみたさ ]   May 14, 2011 14:59
『ブラック・スワン』  Black Swan 【製作年度】2010年 【製作国】アメリカ 【監督】ダーレン・アロノフスキー 【出演】ナタリー・ポートマン/バンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・...
33. ブラック・スワン / Black Swan  [ 勝手に映画評 ]   May 14, 2011 17:13
2011年の第83回アカデミー賞でナタリー・ポートマンが主演女優賞を授賞。合わせてナタリー・ポートマンは、この作品で出会ったフランス人振付師との婚約・妊娠を発表しています。 繊細で、傷付き易い若きプリマ=ニナをナタリー・ポートマンが、非常に上手く演じています...
34. ブラック・スワン  [ 5125年映画の旅 ]   May 14, 2011 20:41
バレリーナのニナは、美しく正確な踊りで『白鳥の湖』の主役を射止める。しかし監督は彼女に、繊細な白鳥と同時に官能的な黒鳥も演じるよう要求してきた。難しい役柄に悩むニナ。 ...
35. 『ブラック・スワン』  [ こねたみっくす ]   May 14, 2011 21:57
白鳥と黒鳥。完璧なまでに計算された白と黒を意識させる世界。 第83回アカデミー賞は主演女優賞だけでなく、作品賞も監督賞もこの映画が取るべきだったのではないか!と思わせる、 ...
36. 『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由  [ 映画のブログ ]   May 15, 2011 12:19
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
37. ブラック・スワン  [ to Heart ]   May 15, 2011 13:11
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...
38. 「ブラック・スワン」 Black Swan (2010 FOXサーチライト)  [ 事務職員へのこの1冊 ]   May 15, 2011 17:13
およそクラシックバレエほど縁遠い世界もない。あのチュチュがまずわからないし、つま
39. 「ブラック・スワン」  [ 首都クロム ]   May 15, 2011 18:17
 マシュー・ボーンの「SWAN LAKE」が大好きで、チャイコフスキーの曲を聴くだけで頭に浮かんでくるのはそちらの情景になってしまうので、これのサウンドにはかなり惑わされました。目はナタリーが踊っている(作中の演出家が振付けた設定だが)古典版を見ながら、脳に到達す
40. ◆『ブラック・スワン』◇ ※ネタバレ少々  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   May 15, 2011 19:44
2010年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー出演。
41. 映画『ブラック・スワン』  [ よくばりアンテナ ]   May 15, 2011 19:46
心理描写がね、すごかったです〜〜 サスペンスですね、これは。 バレエ団の優等生ニナは、ベテランのベスが引退するのと交代で新しい振り付けの 『白鳥の湖』のプリマに抜擢される。 しかし、『...
42. ブラックスワン(2010)◆◇BLACK SWAN  [ 銅版画制作の日々 ]   May 15, 2011 20:06
                        純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… MOVX京都にて鑑賞。話題作、ついに観ました。もうこれはナタリー・ポートマンの演技につきますね。 それにしてもスレンダーな身体、、、、。バレリーナって本...
43. 「ブラック・スワン」 自己抑制と開放  [ はらやんの映画徒然草 ]   May 15, 2011 21:33
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
44. ブラック・スワン  [ SUPER BLOG.JP ]   May 16, 2011 16:23
アカデミー賞のおかげで前評判がすごく高くなって。 超美人である。 ボクの期待も「かなり」高かった作品。 かなり観たかった…理由は… まず、監督がダーレン・アロノフスキーであること。 去年観て結構気に入った作品「レスラー」の監督ですな。 んで主演がなんと
45. ブラック・スワン  [ as soon as ]   May 17, 2011 08:35
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
46. ブラック・スワン・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   May 18, 2011 21:41
「ブラック・スワン」は、いろいろな意味で、ダーレン・アロノフスキーの前作「レスラー」の対になる様な作品である。 あの映画では主演のミッキー・ロークの人生を、主人公であるレスラーに被らせる事で、物...
47. 映画「ブラック・スワン」  [ FREE TIME ]   May 21, 2011 06:50
映画「ブラック・スワン」を鑑賞。
48. ブラック・スワン  [ k.onoderaの日記 ]   May 24, 2011 21:31
マンキーウィッツの名作、『イヴの総て』のような、女性ライバル同士のギスギスとした主役争奪戦の舞台をバレエ団に移し替え、サイコスリラーの要素を多めに加味した、ダーレン・アロノフスキー監督の新作、『ブラック・スワン』。
49. 映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として)  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   May 25, 2011 01:55
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
50. 「ブラック・スワン」感想  [ 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 ]   May 26, 2011 18:55
 「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督最新作。バレエ「白鳥の湖」の主役を演じることになったバレリーナが、清楚なホワイトスワンと、官能的なブラックスワン、二つの役の間で苦悩するうち、徐々に内なる衝動に支配され、役に取り込まれていく様を描く。  も
51. ブラック・スワン  BLACK SWAN  [ 俺の明日はどっちだ ]   May 26, 2011 19:56
圧巻の演技というのはこういうのを指すのであろうナタリー・ポートマンの演技を超えた渾身の演技にすっかり魅せられたサイコ・ホラーの衣をまとった成長物語。 そもそも映画の大きな背景となるバレエ作品「白鳥の湖」は、チャイコフスキーの音楽はもちろん、代表的な場...
52. 追いつめられて・・・  [ 笑う学生の生活 ]   May 27, 2011 23:37
22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマに選ばれた ニナ しかし 白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられなくて・・・ バレエ映画ではあるが それ以上に 心理スリラーとして要素が強くて コーチの要求、ライバルの存在 ...
53. ブラック・スワン  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   May 29, 2011 21:49
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
54. ダーレン・アロノフスキー監督 「ブラック・スワン」  [ 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か? ]   May 30, 2011 21:34
どうしようかなぁ〜? 観たいとは思ってたけど… 公開から日にちが経っちゃうと、なんとなくDVDがレンタルするようになってからでも良いか?って でもやっぱ、いろいろ評判も良いし、当ブログへコメント下さった方々も「お薦め!」って言ってたので、やっと観てきま...
55. ブラック・スワン  [ ゴリラも寄り道 ]   June 04, 2011 04:31
<<ストーリー>>ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、 ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。 芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形の...
56. 『ブラック・スワン』  [ 京の昼寝〜♪ ]   June 05, 2011 21:36
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライ
57. [映画『ブラック・スワン』を観た(短信)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   June 06, 2011 21:39
☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...
58. ブラック・スワン  [ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) ]   June 07, 2011 12:29
「ブラック・スワン」監督:ダーレン・アロノフスキー(『ザ・ファイター』)出演:ナタリー・ポートマン(『ニューヨーク、アイラブユー』『マイ・ブラザー』)ヴァンサン・カッ ...
59. ブラック・スワン  [ ここにあるもの ]   June 08, 2011 01:28
ナタリー・ポートマンの演技とライトを浴びるステージでの姿、圧巻。 白と黒の対比、女と女のぶつかりあい。 舞台に上がる人達の、底知れない心理状態が垣間見れる。 予告を見 ...
60. 『ブラック・スワン』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   June 19, 2011 19:09
『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...
61. ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・  [ 労組書記長社労士のブログ ]   June 29, 2011 15:03
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が...
62. 映画「ブラック・スワン」  [ itchy1976の日記 ]   June 29, 2011 21:15
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ア..
63. 映画『ブラック・スワン』〜アカデミー賞受賞作品を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   July 05, 2011 23:36
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジョ
64. 映画:ブラック・スワン  [ よしなしごと ]   July 06, 2011 07:00
 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。
65. 映画 ブラックスワン  [ 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] ]   July 30, 2011 09:55
 バレエをモチーフにしたホラー風味の強い話題の映画、「ブラックスワン」。2010年のアメリカ映画だ。主人公はニナという、ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属する ...
66. [映画]ブラック・スワン  [ 映画とかマンガとかテキトウに ]   August 29, 2011 21:45
ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞に輝いた作品「ブラック・スワン」を紹介します。ニューヨークのバレー団に所属するバレリーナ「ニナ」がこの作品の主人公です。ニナ ...
67. [映画]ブラック・スワン  [ 映画とかマンガとかテキトウに ]   August 29, 2011 21:46
ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞に輝いた作品「ブラック・スワン」を紹介します。ニューヨークのバレー団に所属するバレリーナ「ニナ」がこの作品の主人公です。ニナ ...
68. ブラック・スワン  [ いやいやえん ]   September 07, 2011 16:30
ナタリー・ポートマンは凄かった。苛烈なバレエの世界で生き抜くニナの狂気や重圧、嫉妬、妄想や抑圧された心理を巧みに表現していたと思う。 念願のプリマの座を手にしたのはつかのま、「白鳥の湖」は白鳥と黒鳥という相反する二面性を表現しなければならず、黒鳥を演
69. ブラックスワン この名作がBDとDVDで発売中 ネタバレなし  [ 辛口評価な口コミレビュ ]   September 09, 2011 22:58
多分今年見た映画で一番演技力が凄かったのがこのブラックスワンでした アカデミー賞
70. ブラック・スワン  [ 銀幕大帝α ]   September 09, 2011 23:01
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する...
71. 2011年上半期No1 ブラック・スワン 妄想の終着駅(最後までネタバレ満載)  [ もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) ]   September 11, 2011 12:19
【福知山シネマ初日(7/2)】チェンマイ帰りの飛行機のなかで見て、大興奮の ブラック・スワン。それ以来劇場でみ見たく見たくてこの日を心待ちにしており ました。珍しく、会社の同僚と野郎3人で入場。実はこの3人で行くのは スターウォーズ3以来で、あの映画もナタリー...
72. 【DVD】ブラック・スワン  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   September 18, 2011 20:09
【監督】ダーレン・アロノフスキー 【出演】ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー 【公開日】2011/5.11 【製作】アメリカ 【ス...
73. 「ブラック・スワン」(BLACK SWAN)  [ シネマ・ワンダーランド ]   October 03, 2011 20:59
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台に、
74. ブラック・スワン  [ Yuhiの読書日記+α ]   October 10, 2011 23:16
内気なバレリーナが大役に抜てきされたプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩していく様子を描いた作品。監督はダーレン・アロノフスキー、キャストはナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー他。 <あら...
75. ブラック・スワン  [ 小部屋日記 ]   January 09, 2012 17:42
Black Swan(2010/アメリカ)【Blu-ray】 監督:ダーレン・アロノフスキー キャスト:ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ あけましておめでとうございま...
76. ブラック・スワン  [ 我が頭に巣くう映画達 ]   March 20, 2012 22:08
84点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー、 主演はナタリー・ポートマンです。 2010年度のアカデミー賞で主演女優賞を受賞しています。 バレエ「白鳥の湖」の主...
77. ブラック・スワン  [ のほほん便り ]   March 18, 2013 14:00
「純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる」まさに、そのもの物語。 白鳥のホワイト演技は絶品でも、国鳥のブラック表現ができなかったヒロインが、それを手に入れるまでの「血の滲むような」芸への執念が、かぎりなく、ホラータッチで描かれます。 元バレリーナだっ
78. ブラック・スワン : 芸術って、怖いのね  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   June 10, 2013 17:39
 今日の広島は、蒸し暑かったですよ。これから、本格的に梅雨に入りそうだし、しばらくは不快指数高くなりそうですね。ちなみに、本日紹介する作品は、今頃観てるのかよと突っ込

この記事へのコメント

1. Posted by AKIRA   May 11, 2011 17:40
演技,ドラマともに圧巻でしたね。

「白鳥の湖」ってこういう話だったのかぁ。
知らなかった事を体験すると同時に,
スリルと葛藤のドラマに引き込まれ,
凄い終盤に見入ってしまいました。

ポスター・・・同感です。w
2. Posted by KLY   May 11, 2011 23:13
そうそう、脚本も凄く良く出来てると思います。何で脚本賞にノミネートされないのかが解らないぐらい。ナタリーの余りの演技の凄さにそちらに注目が行ってしまうということはあるのかもしれませんけど。
人間の猜疑心や嫉妬といった醜い負の感情って誰でも経験あるけれど、それだけに生半可な演技では引きこめないと思うんですよね。ラストのステージ上に展開されるのはそんな気持ちの上に構築された、バレリーナとしての圧倒的な存在感と、プロとしての矜持のような感じもします。参りました。
3. Posted by えい   May 11, 2011 23:14
この映画には、
完全に心が持っていかれました。
観ている側の感情をどんどん高ぶらせていって、
バシッと終わる。
『八日目の蝉』もそうですが、
こういうエンディングは大好きです。
4. Posted by ◆AKIRAさま   May 12, 2011 00:08
圧巻というのは、こういう作品を言うのですね。
仰る通り、演技も内容も、少しも目が離せませんでした。

『白鳥の湖』は音楽と「四羽の白鳥」は知られていると思うんですが、
普段バレエをご覧にならなければ、ご存知じゃない方が多いことでしょう。
筋書きはシンプルな御伽噺だとずっと思って来たけれど、
逆に、これを観て違う側面から『白鳥の湖』を観た気がしました。

ポスター、どないしましょ。。。
5. Posted by ◆KLYさま   May 12, 2011 00:19
作品賞候補だったけど、脚本賞には入ってないですよね。
受賞はともかく、候補になっても良かった作品だと思いました。
もちろん、ナタリーの演技の凄さもあったんですが、
画面から目が離せなかったのは、脚本の力が大きいですものね。

品行方正で清純、外的からは守られている存在であっても、
実は眠っている、あるいは、気づいていても抑圧しているものって、
表現の仕方が難しいはずなのです。
そんな複雑な主人公を、巧く描き出している上に、
とてもリアルにナタリーが表現するものだから、圧巻の一言なのですね。
役柄を演じるために、そこまで自分を追い込む必要があるのかと思わせる、
徹底したプロ意識の表現が凄かったです。

白鳥と黒鳥、相反する性格の女を1人が舞台で演じるのですから、
生半可な理解や技量では不可能な役なのですものね。
6. Posted by ◆えいさま   May 12, 2011 00:24
思えば、ほとんど限られた空間の中で、人物も限られている中で、
全ての要素を終幕へと集約させてゆく、構成と技法に
すっかりヤラれてしまいました。

『八日目の蝉』はちょっと苦手そうな題材だな、と思ったまま
映画館で観る機会を作るかどうかまだ迷っているんですが・・・
わたしも、こういう終わり方をする作品、好きですわ。
ごじゃごじゃ言うより、どれだけ心に残るでしょうね。
7. Posted by maru♪   May 12, 2011 01:09
TBありがとうございました!

livedoorの方にはTBが反映しないので、コメントで失礼します(涙)

凄い映画でしたね・・・ そして凄い演技です。
仰るとおり、ナタリーよりバレエを踊れる人はいますが、
ナタリー以外にこの役を演じられる人はいないと思います。
そのくらい圧巻の演技でした。

ラストのつぶやきが・・・
黒鳥のシーンから心臓がバクバクしながら見てたのですが、
あの一言で号泣してしまいました。
体が震えてしばらく動けない感動は久しぶりです。
8. Posted by ◆maru♪さま   May 12, 2011 20:37
いつもTBではご迷惑をおかけしてごめんなさい。
ご丁寧にコメントありがとうございます。

ホントに…もっと違う言葉で表現したいと思うのに、
凄い、凄い、とばかり言ってる気がします。
わたしはバレエダンサーの力量を見る目がないですが、
たとえナタリーがどれほどの努力をされて撮影に臨んだにしても、
プロのダンサーに及ぶことはないだろうと想像します。
でも、そこを差し引いても余りある演技にはただただ圧倒されるばかりです。

流石に、バレエをされている方の観方は、わたしより深いものがあって、
感動も一入だったのだと思います。
いい作品に出会えた時は、本当に映画好きでよかった、と思いますね。
9. Posted by yukarin   May 12, 2011 23:14
こんばんは♪
主演女優賞は納得ですね。
本当にナタリーの演技とバレエのシーンは素晴らしかったです。
久々に鳥肌がたった作品でした。
10. Posted by ◆yukarinさま   May 13, 2011 21:00
こんばんは〜♪
納得ですよね。とにかく圧倒されてしまいます。
ナタリーがこの役を演じるために努力をしたことって、
きっと本当にたくさんあったんだろうと想像します。
バレエはもちろんだけど、あれだけの心理描写を確実に演じるのって、
そんなに簡単ではないと思うんです。
そんな全てが、画面から伝わってきた作品でした。
11. Posted by cinema_61   May 13, 2011 21:27
久しぶりに映画らしい映画を観て感動しました!
ストーリーは少女マンガにもあるような解かりやすいものでしたが、観客への伝え方が抜群でニナの心理がスクリーンを通して強く伝わってきました〜
ナタリーの演技は素晴らしく、主演女優賞も納得ですね。(レオンの時の少女が・・・・・)
私もヴァンサン・カッセルが良かったです〜

印象的な音楽とも相まって衝撃的なラストでした。
12. Posted by ◆cinema_61さま   May 13, 2011 23:33
ナタリーのオスカー獲得が納得の作品でした。
ニナの心境を描くとスリラーになることが、シンプルなお話を彩る効果になって
お話が進むに従って、緊迫感の増す構成も迫真の演技も凄かったです。

ヴァンサン・カッセルもわかりやすい役だったけれど、
自分の理想の作品を作るために必要であるならば、
ウブなダンサーを妖艶な女に変える役割など何でもない、と言うような監督は、
ちょうどいいくらいの色っぽさだったから、
わたしはかなり気に入って観ておりました。

誰もが知る『白鳥の湖』のメロディと、ニナの心境とバレエがシンクロして
雪崩れ込むラストの衝撃・・・
思っていた以上に強烈な印象を残す作品だと思います。
13. Posted by rose_chocolat   May 14, 2011 05:10
公開から2日遅れで鑑賞したら、みなさんの感想が凄まじいことになってました(笑)
量もさることながら絶賛ですね。 私もですが。

ポスターいただいたんですね。 いいなあ♪
パンフ買いましたが素敵でしたよね。
14. Posted by にゃむばなな   May 14, 2011 21:47
この映画を見て一度じっくりと「白鳥の湖」を音楽だけでも聴きたくなりました。
多分聴きながら頭の中ではニナが白鳥と黒鳥の姿で踊っていること間違いなしなんですけどね。

とにかくナタリー・ポートマンの演技は凄すぎます!
15. Posted by ナドレック   May 15, 2011 17:32
TBありがとうございました。
ところが、せっかくいただいたTBが消失してしまいました(@_@)
おそらくFC2ブログの不具合だと思います。
お手数をおかけして恐縮ですが、もしよければTBを再送願います。
16. Posted by ◆rose_chocolatさま   May 15, 2011 20:19
あはは。たくさんの方がご覧になって、ほとんどが絶賛でしたね。
ええ、これは面白かった(というのも違う気もしますが)ですよね。

初日プレゼントのポスター・・・要ります?
お近くなら進呈するところなんですが。
パンフはよほどでない限り買わないんですが、
中身を確認できずに買うものですから、買ってよかったなら何よりでした。
17. Posted by ◆にゃむばななさま   May 15, 2011 20:23
今後、『白鳥の湖』を聴くと、ニナが頭の中で踊るでしょうねぇ。
いつかどこかで何かを放送してくれたらいいのに、と思います。

ええ、ホントにナタリーの演技は凄かったです。
オスカー獲得は当然ですね。
18. Posted by ◆ナドレック さま   May 15, 2011 20:32
livedoorも不調が多いので、こちらのせいかもしれません。
わざわざご連絡いただきありがとうございます。
先ほど再送しましたが、また消えてしまったら
お手数ですが再度ご連絡ください。
よろしくお願いします。
19. Posted by ナドレック   May 16, 2011 08:24
再送ありがとうございました。
今度は無事に反映できました
20. Posted by ◆ナドレック さま   May 16, 2011 23:22
ご丁寧に、再度のご訪問とコメントをありがとうございます。
今回は無事に反映されてよかったです。
今後ともよろしくお願いしますね。
21. Posted by ノラネコ   May 18, 2011 21:45
観ていてこれほど疲れた映画は久しぶり。
「ハートロッカー」以来かも。
二ナの鬱屈した心が大爆発を起こすクライマックスの黒鳥パートは圧巻でした。
物語的にはちょうど「レスラー」と対になるような感じなのですが、役者の素のイメージを物語にそのまま転化するというパターンは、アロノフスキーの専売特許になりそうですね。
22. Posted by ◆ノラネコさま   May 18, 2011 22:50
疲れましたね。相当に集中して観てたのでしょうが、
確かに、疲れ方は『ハートロッカー』に近いものがありました。

機会もあったのに、何となく『レスラー』を未見なのですが、
たくさんの方が仰るように、これと対を成す作品なのだったら、
観ておけばよかった、と今頃思ったりします。
役者の素のイメージを物語に転化するのって、意地悪とも言えるし、
役者を信頼しているとも思えますね。
ミッキー・ロークもナタリーも、数々の映画賞で評価されたのが、
確かな証拠ということでしょうか。
23. Posted by メビウス   September 18, 2011 20:09
悠雅さんこんばんわ。ご無沙汰しております。

公開時ちょっとお勉強期間だったのでDVDで遅ればせながらの鑑賞となりましたが、確かにこれはナタリーが演技派女優として高く評価されてる理由が分かる作品だったように思えます。バレエだけでも大変だったと思いますし、それに加えて白鳥と黒鳥の二面性の演じ分けも凄いものがあり、演目の白鳥の湖に詳しくなくともラストシーンなどは自分もかなり見入ってましたね。

もちろんナタリーだけじゃなく、官能と狂気の表現をふんだんに取り入れたストーリーも見応えがありましたし、それになんか画面が手持ちカメラのように『ブレ』させる演出(?)も見受けられて、それがまた不気味な映像などに一役買っていたかなぁなんて事も感じてしまいました。
24. Posted by ◆メビウスさま   September 19, 2011 21:10
こんばんは。こちらこそ、すっかりご無沙汰しています。

仰る通り、ナタリーの演技力が試され、証明された作品だったと思います。
以前に生のバレエで『白鳥の湖』を観た時には、
1人で演じわけるとは気づいていても、
そこには相当な実力が必要とされることに全く気づかずにいました。

思えば、1人の女性の激しい葛藤を描くお話で、
たくさんの要素が含まれた、見応え充分の作品だったのですよね。
内容も、それを描く脚本も、それを演じる俳優も、
全てを表現する映像も、どれも素晴らしかったと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔