June 11, 2011

奇跡

自転車のベル。コスモスの種。「意味わからん」。
奇跡




■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: 前田 航基   前田旺志郎
    林   凌雅   永吉星之介
    内田 伽羅   橋本 環奈
    磯邊 蓮登   オダギリジョー
    夏川 結衣   阿部  寛
    長澤まさみ   大塚 寧々
    りりィ        中村 ゆり
    原田 芳雄   樹木 希林
    橋爪   功   高橋 長英
    監督: 是枝 裕和
2011年 日本 128分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

大好きな是枝裕和監督作品、本日公開。
今年の上半期は、印象的な邦画が多いなぁ。



物語は。


鹿児島。噴火する桜島の火山灰が降ってくる町で、平気で人が暮らすことの
「意味がわからん」小学6年生の航一。
彼は、両親の離婚で母方の実家に母とともに帰ってきたが、
また元のように家族4人で暮らしたいと願っている。
航一の弟龍之介は、父と共に福岡で暮らしており、
今もミュージシャンの夢を捨てられない父の傍で、元気で暮らしていた。
ある日、航一は、
「九州新幹線の1番列車の上りと下りがすれ違う瞬間に願い事をすれば叶う」という
「奇跡」の噂を聞きつけ、友達を誘い、福岡の弟にも連絡し、
奇跡の実現のために動き出す。
それは「桜島が大噴火をして、この町を逃げ出し、家族4人で暮らす」というものだ。
航一が誘った友達も、それぞれ叶えたい「奇跡」があって・・・



九州新幹線開通直前、離れ離れに暮らす兄弟が、
「奇跡」の実現を信じて「冒険旅行」に出る物語。
それは、子供たちの物語ではあるけれども、
そんな奇跡など起こらないに決まっている、と思う大人に向けてのお話でもある。

6年生のお兄ちゃんは、家族4人で暮らしていた日々が忘れられない。
母と共に移り住んだ鹿児島の町は、祖父母がよくしてはくれるけれども、
かつては本職にしていた祖父の「かるかん」も、ぼんやりした味だし、
火山が噴火しているのに、平気で暮らす人たちが信じられない、というように、
どこか満たされないものに囲まれていた。
弟は、両親の離婚の際に、自ら父と暮らすとついてゆき、
どうやら、庭で野菜などを育てて、結構楽しくやっているらしい。
お兄ちゃんの友達も、野球選手になりたいのでイチローの真似をしていたり、
図書館司書の先生と結婚したいと願っていたりする。
弟の周囲でも、女優になりたい女の子や、絵を巧く描きたい子がいる。
なので、みんなで一緒に「奇跡が起こる」ことを信じ、
新幹線が高速で擦れ違う場所へ出掛けてゆくのだ。

お話は、奇跡を信じて走り出す子供たちを追い、
素とも演技ともつかない、とてもナチュラルな表情や会話を拾っているのが中心。
主人公の航一と、弟の龍之介を演じるのが、
実の兄弟が組んでいる漫才コンビ「まえだまえだ」の2人。
とは言え、わたしはお笑い関係には全く知識がないので、
そう言われれば1度くらいは観たことがあるような気もする子たちでしかない。
それでも、お兄ちゃんのほうは、NHKの朝ドラ『てっぱん』で観たことがあるが、
申し訳ないけれど、弟くんの顔をしっかり観たのは今回が初めてだった。
ともあれ、この実の兄弟が演じる実の兄弟は、
もともと、それぞれにこんな個性なのかもしれないと思うくらい、
表情も台詞もとても自然で、作り上げた過剰さがないのね。
男の子たちの友達も、それそれに可愛くてとても感じがいい。
さらに、一際目を引くのが、内田伽羅ちゃん@もっくんのお嬢ちゃん。
すらっと背が高くて、この年齢で既に美人になることが確信できる綺麗さだ。
直接の絡みはないけれど、航一の祖母で出演している樹木希林さんは
さぞ誇らしく嬉しかろうと思われる。

あくまでも、子供たちが主役の作品だけれど、
脇では、とても贅沢な使い方で大人の役者たちがしっかりとサポートしている。
もちろん、映画やドラマでも十二分の活躍をされている方ばかりだけれど、
思えば、過去の是枝作品で鮮明な印象を残す人たちが多い。
特に、樹木希林、橋爪功、オダギリジョーがいい。
大ベテランのお2人はそりゃあ、もちろん良くて当たり前な気もするけど、
オダギリジョーって、ホントにまぁ、観るたびにいいんだものね。
りりィも、大昔に歌手で出始めた頃には、こんな風な役者さんになるなんて、
想像もつかなかった人でありました。


その容貌よりも、もう少しばかり深刻なものを抱えた少年と、
全く何も考えていないわけはなくても、天真爛漫に暮らしている弟と、
それぞれの友達の面々。
ささやかだったり大きかったりする、夢に多少の違いはあっても、
是非叶えたいものがある子供たち。
それらは、叶ったり、「いくらなんでもそれは無理」と、
大人ならずとも、当の本人がいちばんよくわかっているような願いもあるが、
それでも、無鉄砲なまでに走り出す子供たちの可愛さと、
わかっていても、こっそり後押ししてやろうとする大人たちがとても素敵。
できることなら、本当に奇跡が起こってほしいとは思うけれど、
叶わなかった奇跡を目の当たりにして、「ただいま」と日常に戻る彼らは、
きっと少し成長していて、
その日常のあちこちに散らばっている、奇跡の欠片たちを見つけることが、
これからも、きっとできるんだろうと思う。
奇跡とは呼べないかもしれない、今回の様々な「出会い」だって、
もしかしたら、いつか何かの形に化けて、彼らの前に姿を現すかもしれない。
あるいは、夢を実現しようとしている若い世代の応援団に
わたしだってなれるのかもしれない。

一見、子供たちにだけ許された冒険のようにも見えるけれども、
いや、案外、
「大人たちよ大志を抱け、抱いた大志は捨てちゃダメだよ」と言われている気もして、
「どうせ叶わないから」と諦めるには惜しいのかもしれない、と思わせられる、
希望が鏤められたお話だった。
大人気の大作がたくさん公開されている時期ではあるけれど、
機会がある方は、是非こちらの作品もご覧あれ。


tinkerbell_tomo at 17:09│Comments(10)TrackBack(31) 日本の映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. *奇跡*  [ Cartouche ]   June 11, 2011 20:23
  九州新幹線が全線開業の朝、博多から南下する“つばめ”と、鹿児島から北上する“さくら”、二つの新幹線の一番列車がすれ違う瞬間に奇跡が起きて願いが叶う……。そんな噂を耳にした小学6年生の大迫航一(前田航基)は、離れて暮らす4年生の弟・木南龍之介(前田旺志
2. 奇跡  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   June 11, 2011 20:33
かるかんの味わい 公式サイト。英題: I Wish。是枝裕和監督、前田航基、前田旺志郎、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、原田 ...
3. 奇跡・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   June 11, 2011 22:22
九州新幹線の博多・鹿児島中央間が開業する日、「奇跡」が起こる・・・・ そんな噂を信じた子供達の、セカイとジブンを巡る小さな冒険を描いたロードムービー。 ゼロ年代に数々の傑作を放った是枝裕和監督の...
4. 『奇跡』・・・愛すべき7人の少年少女たち  [ SOARのパストラーレ♪ ]   June 12, 2011 09:56
衝撃の『空気人形』公開から待つこと2年・・・。『後の日』、『桜の木になろう』といった“短編”を挟んでいよいよ是枝監督の長編映画公開である。例によって例のごとく、是枝つながりの友人と初日舞台挨拶が行われる新宿バルト9へ。
5. 奇跡を願って  [ 笑う学生の生活 ]   June 12, 2011 11:12
2日のことですが、映画「奇跡」を鑑賞しました。 読売ホールにて 試写会で見ました 両親が離婚し 母親と祖父母と鹿児島で暮らす兄、父親と福岡で暮らす弟 新しくできる九州新幹線がすれ違うときを見ると奇跡が起きると噂を聞きつけて・・・ 子どもたちのちょっとした...
6. 奇跡  [ 象のロケット ]   June 12, 2011 22:28
両親が離婚し、大阪で暮らしていた家族はバラバラになってしまった。 母と鹿児島で暮らす小学6年生の兄・航一と、、父と福岡で暮らす4年生の弟・龍之介は、また4人一緒に暮らせるようにと、連絡を取り合っている。 航一は、鹿児島と博多をつなぐ九州新幹線の上りと下りの一
7. 映画レビュー「奇跡」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   June 12, 2011 23:58
公式サイト◆プチレビュー◆“奇跡”を願う子供たちの成長物語の秀作。まえだまえだの2人が自然体で素晴らしい。 【85点】 両親の離婚により、母の実家の鹿児島で暮らす兄・航 ...
8. 奇跡  [ LOVE Cinemas 調布 ]   June 13, 2011 00:28
2011年3月に全線開通した九州新幹線をモチーフに、家族の絆描いたハートフルなドラマです。主演は小学生漫才コンビ“まえだまえだ”の前田航基と前田旺志郎。共演に大塚寧々、オダギリジョー、橋爪功、樹木希林といった実力派が揃う。監督は『誰も知らない』、『歩いて
9. 映画「奇跡」@シネマート六本木  [ 新・辛口映画館 ]   June 13, 2011 12:58
 試写会場となったシアター1の客入りは9割くらい。今回は「YAHOO!映画 ユーザーレビュアー試写会」に招かれました。映画終映後には是枝監督と観客のティーチインが行われた。
10. 「奇跡」  [ 俺の明日はどっちだ ]   June 13, 2011 13:29
〜 いつまでも そのままで 泣いたり 笑ったり 出来るように   曇りがちなその空を 一面晴れ間に出来るように   神様、ほんの少しだけ 絵にかいたような幸せを    分けてもらうその日まで どうか涙をためておいて ♪ くるりの岸田くんが歌う主題歌に胸..
11. 奇跡(試写会)  [ まてぃの徒然映画+雑記 ]   June 13, 2011 20:20
是枝監督がまたひとつ素晴らしい映画を届けてくれました。 航一(前田航基)と龍之介(前田旺志郎)は、両親の離婚で大阪から九州にに引っ越してきて、航一は母(大塚寧々)の実家鹿児島に、龍之介は父(オダギリジョー)の地元福岡で、離れ離れで暮らしている。離れて...
12. 奇跡  [ Akira's VOICE ]   June 15, 2011 16:22
「奇跡」という名の「日常」  
13. 奇跡/前田航基、前田旺志郎  [ カノンな日々 ]   June 15, 2011 21:45
小学生お笑いコンビ(現)「まえだまえだ」の前田兄弟による初主演映画です。お兄ちゃんの前田航基くんは3月に放送終了した朝ドラ『てっぱん』での好演が印象的でした。関西弁での役 ...
14. 『奇跡』  [ こねたみっくす ]   June 15, 2011 22:03
ほんのりした大人目線のビターテイストがあれば、ぼんやりした映画にはならなかったのに。何だかちょっともったいなくも感じる映画でした。 元々は男の子と女の子が再会する脚本 ...
15. 奇跡  [ to Heart ]   June 15, 2011 23:41
あなたもきっと、誰かの奇跡。 製作年度 2011年 上映時間 128分 脚本/編集/監督 是枝裕和 音楽 くるり 主題歌 『奇跡』くるり 出演 前田航基/前田旺志郎/林凌雅/永吉星之介/内田伽羅/橋本環奈/磯邊蓮登/オダギリジョー/夏川結衣/阿部寛/長澤まさみ/原田芳雄/大塚寧々/...
16. 奇跡  [ ここにあるもの ]   June 16, 2011 01:30
どこかに隠していた気持ちを、ちょっとだけ出してみる。 それがある時、堰を切ったように流れ出して、伝わっていく。 子供時代も大人時代も関係ない、みんなが持ってるそういう気 ...
17. 奇跡  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   June 17, 2011 16:55
奇跡を信じた子供たちと、彼らを見守り、翻弄され、癒されていく大人たちを描く「空気人形」の是枝裕和監督作。出演は、本作が映画初主演となるお笑いコンビ“まえだまえだ”の前 ...
18. 「奇跡」  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   June 17, 2011 22:19
初めての九州新幹線がすれ違う時、奇跡が起きる。 そんな噂を、親が離婚して別々に暮らす小学生の兄弟が聞き、もういちど家族四人で暮らせるよう、奇跡が起こる場所へ向かう。 果たして奇跡は起こるのか。親子は一緒に暮らせるようになるのか。 ・・・なあんていうと、兄弟...
19. 『奇跡』  [ 京の昼寝〜♪ ]   June 18, 2011 07:39
□作品オフィシャルサイト 「奇跡」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 前田航基、前田旺志郎、林凌雅、永吉星之介、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、       オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、原田芳雄、大塚寧々、樹木希林、橋爪功■鑑賞日 6月1
20. 『奇跡』は世界に溢れてる  [ 映画のブログ ]   June 19, 2011 08:08
 人形が意思を持って動き出す、という奇跡の物語『空気人形』を世に送り出した是枝裕和監督が、またもや奇跡に満ちた映画を撮り上げた。  タイトルはそのものズバリ『奇跡』なのだが、劇中で語られる"奇跡"...
21. 「奇跡」 是枝裕和監督   [ 事務職員へのこの1冊 ]   June 20, 2011 06:58
酔狂にもわざわざ東根まで行って鑑賞。 だって「歩いても 歩いても」「誰も知らない
22. 奇跡  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   July 02, 2011 05:52
 『奇跡』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)予告編を見て、子役が中心の映画だとわかったので見る気が失せてしまったのですが(子役とかペットが売りの映画は基本的には嫌いなので)、監督が、『空気人形』や『歩いても、歩いても』の是枝裕和氏であり、特に...
23. スタンドバイミー。〜「奇跡」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   July 03, 2011 23:34
映画の予告といっしょにはりつけたのは、九州新幹線のCM カンヌの国際広告祭で、金賞をとったそうな。 最近、エキッシュにはまってやたら電車にのってるせいか 見たことのない1両編成の電車をみると妙に気になってしまいます。 この映画でも 新幹線よかそっちの...
24. 「奇跡」は世界を変えること  [ くまさんの再出発日記 ]   July 09, 2011 16:05
兄は朝起きると先ず雑巾で机の上を拭く。畳の上を乾拭きする。感心だな、と思っていると、彼はこの世界に不満たらたらなのだということが分かってくる。 「わけわからんわ」 火山灰が毎日のように降ってくる...
25. 奇跡(2011-061)  [ 単館系 ]   August 16, 2011 03:33
8/14奇跡、公開終了 最終日、シネマート六本木で見てきました。 両親の離婚で博多と福岡に別れて暮らすことになった兄弟・大迫航一(前田航基)と 木南龍之介(前田旺志郎)の兄弟は 九州新幹線が全線...
26. 奇跡  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   October 11, 2011 13:48
奇跡'11:日本◆監督:是枝裕和「空気人形」「歩いても 歩いても」◆出演:前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣◆STORY◆小学生の兄弟、航一と龍之介は、両親の ...
27. 奇跡  [ 映画、言いたい放題! ]   November 23, 2011 16:36
ブログネタ:ダイエットしてる? 参加中 体重が増えて、 しかも増えたっきり落ちません。(-_-) ダイエットをしたいと思うのですが、 炭水化物大好き、甘いもの大好き。 しかも、家にいる時は、 ついいろいろ口にしてしまいます。( ^ _ ^; 映画を見ながら食べて
奇跡 監督: 是枝裕和    出演: 前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、樹木希林、橋爪功、林凌雅、永吉星之介、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、原田芳雄...
29. 『奇跡』'11・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   July 24, 2012 06:59
あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で暮らしていたが・・・。解説サン・セバスティアン国際映画祭最優秀脚本賞TAMA映画賞最優秀...
30. 『奇跡』'11・日  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   July 24, 2012 06:59
あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で
31. 奇跡  [ のほほん便り ]   December 31, 2013 15:47
2010年3月の九州新幹線全線開通に沸く九州を舞台に描く家族ドラマ家庭の事情、離れ離れに暮らす兄弟と、その仲間達が、流れ星ならぬ、鉄道の交差に「願をかける」旅ってところが泣かせます。やはり、是枝監督。子供を描かせると冴えますね。主役のまえだまえだ兄弟はもちろん

この記事へのコメント

1. Posted by ノラネコ   June 11, 2011 22:27
いやーそうだと思いますね。
子供の話だけど、大人の方が思うところあるんじゃないでしょうか。
特に私は前田兄が世界をとったのにはグッときました。
今の時代に観ると、彼の選択は重いですよね。
2. Posted by SOAR   June 12, 2011 13:37
お兄ちゃんの心の動きや移ろいがポイントでしたね。最初と最後に登場するベランダでの彼のシーンを対比させると面白いなと。
「意味ワカラン」桜島への思いが郷土愛に変わるにはもう少しかかるのかもしれませんが、その兆しははっきりと伝わりました。

小さな大冒険で大きな奇跡は起こらなかったけれど、おっしゃるようなそのカケラたちに彼らはたくさん触れたのだと思います。
元の日常に戻ったようできっと何かが変わったはず。
そこにもまた奇跡があるように思いました。

タイトルに「奇跡」と付く邦画の鑑賞作品としては今年3作目ですが、“奇跡度”の一番地味な本作が一番“奇跡”を思わせてくれました。
3. Posted by ◆ノラネコさま   June 12, 2011 19:06
観ている間は、子供たちの思いつきや計画にハラハラしながら、
子供っていいなぁ、と思ってもいたのですが、観終わってみたら、
大人に向けてのメッセージが篭っていたと気づきました。
ええ、ええ、あのおにいちゃんの土壇場での決心。
彼はみんなを率いながら、1人であれこれ考えて、
必死な思いで二者択一をしたのでしょうね。
そんな思いに応えないでどうする、大人たちよ!と思います。
4. Posted by ◆SOARさま   June 12, 2011 23:22
「意味わからん」とぶつぶつ、燻っていたお兄ちゃん。
この1泊冒険旅行は、彼にはとても大きな成長をもたらしましたね。
そう、冒頭とラストのベランダのシーンが何よりそれを物語りますね。
一気にあれもこれも変わるものではないけれど、
とても端的な部分で変わった姿を観ると、
彼の中の葛藤や成長がとてもはっきりと見て取れます。

ほんまや、ほんまや・・・
そういえば、今年は「奇跡」と名のつく邦画を3作観たんですよね。
仰る通り、奇跡度が一番低いこの作品が、一番「奇跡」を語ってますね。
サブタイトルに「〜の奇跡」って言わないほうが素敵だな…
5. Posted by AKIRA   June 15, 2011 17:02
素敵で優しいお話でした。
めっちゃ好き♪

おっしゃる通り大人へのメッセージにも聞こえました。
『汚れるな!無垢を取り戻せ!』と。

政治家に観てほしい・・・。^^;
6. Posted by ◆AKIRAさま   June 15, 2011 21:37
是枝監督作品は絶対の信頼がありますが、
今回もやはり、いい作品を見せてくれましたね。
ええ、わたしもとっても好きです。

こんな出会いや成長を、大人だってまだまだできるはず。
長い人生の中で自分で背負ってる何かを1つ1つ取り除けば、
まだまだ無垢なものを失ってはいないはず。

大人になっていいところと、忘れてはいけないことを
取り違えちゃいけないですね。
7. Posted by にゃむばなな   June 15, 2011 21:57
結局お願いが言えなかったというのはリアルな感じがしていいですよね。
それにしてもまえだまえだの兄はどうも好きになれんですたい。
弟クンは天真爛漫で面白いのですが、お兄ちゃんはしっかりしすぎなのかな?
8. Posted by ◆にゃむばななさま   June 16, 2011 10:44
あの旅での、お兄ちゃんの健気な成長があのシーンですね。
おお、あのお兄ちゃんはちょっと苦手ですか。
小さい頃からずっと言われてきた、「お姉ちゃんはしっかりしてる」を
思い出してしまいました。
しっかりなんてしてないのに、天真爛漫に振舞えない上の子である自分。
嫌になるけど、生まれる順番は選べないですからね。
9. Posted by 葉月   June 17, 2011 15:16
この兄弟コンビ漫才喧しくてあまり好きでないのですが、流石子供の心理描写の上手い是枝監督でしょうか、自然な子供達の姿に時々ホロリとさせられていい映画でしたね。
特に伽羅ちゃんすらりとして綺麗〜以前「徹子の部屋」?希林さんが「孫娘はあちら様に似て良かった!私共の方でなくて・・・」と話されてた事思い出し成る程、前途楽しみなお嬢さん、希林婆様は台所でお尻を振る(ハワイアン)後姿だけで名演技笑わせますし、初共演おめでとう!
一緒に観た友人の感想ですが(オダギリさんファン)*ジョーさん、こんな役いいなぁ〜一番よく似合ってるよ、毎日小学生を相手にしてる彼女曰く
子供ってどうしてこんなに走るんや〜と思うけど今日も凄く走ってたなぁ〜と笑っていましたが、
「羨ましいエネルギーやわ」と応えた私です。
10. Posted by ◆葉月さま   June 17, 2011 22:26
普段、バラエティを全く観ないので、どんな漫才をするのか知らないんですが、
漫才はともかく、この映画にはピッタリだったかもしれませんね。
新幹線がすれ違う時間に…って、流れ星じゃなんだから、と大人は思うけど、
素直に信じて実行に移す、あのひたむきさや可愛さ、
見守る大人たちの程よい援助、どれもが素敵でした。

流石、もっくんのお嬢ちゃん、よく似たお顔ですらっとしてて綺麗でしたね。
彼女はきっと、素敵な美人になるでしょう。とっても楽しみです。

オダギリジョーは、本当にこういう役がいいですねぇ。
同じ是枝監督の『空気人形』の彼の役柄も面白かったし、
本当に力加減ひとつで成立しないような役どころを
巧く演じることのできる人だと思います。

子供たちは、本当によく走ります。
3歳児だって、わたしが追いつけないくらい早く走るけど、
小学生になったら、もう絶対体力で負けることでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔